新卒で転職したいなら第二新卒枠が狙い目!リスクや内定獲得のコツ

新卒で転職したいなら第二新卒枠が狙い目!リスクや内定獲得のコツ

「新卒1年目だけど転職したい!」と思う一方で、

疑問

  • 新卒1年目での転職は不利になる数年間は今の職場で我慢すべきなのか?
  • 数年間は今の職場で我慢すべきなのか?
  • 1年目で転職を成功させる方法を知りたい。

と悩んでいませんか?

実際、私の友人も新卒1年目の頃は「今より待遇の悪い会社にしかいけないよね…。」と転職を諦めていました。

ただですね。新卒1年目は第二新卒枠に当たるので企業から重宝されているんです。転職のコツを掴めば、今より待遇の良い企業へ転職できる可能性も十分にあります。

そこでここでは、新卒1年目で優良企業への転職を成功させた友人へのインタビューを元に、第二新卒枠として扱われる新卒1年目なら転職できる理由や転職する際のリスク、転職する際の注意点、内定を獲得するためのポイントを紹介します。

新卒1年目で転職したい!第二新卒枠なら転職できる可能性アリ!

新卒1年目で退職した人の割合は多く、転職できる可能性も十分にあります。事実、厚生労働省の調査によると、大卒1年目で退職した人の割合は11.5%でした。

(参照:厚生労働省 新規大卒就職者の事務所規模別離職状況

ここがポイント

第二新卒とは学校を卒業度1〜3年で、転職または就職を志す25歳前後の若手社会人のこと。

新卒1年目は第二新卒扱いになり、企業から重宝されるかもしれません。事実、マイナビの調査によると「第二新卒を積極的に採用したい」と考えている企業は約6割もありました。

(参照:マイナビジョブ20’s 第二新卒とは?

第二新卒が企業から重宝される理由

  1. 社会人として基礎的なスキルが身についているため:基本的なビジネススキルが身についており、研修を省いてすぐ実務に移れる。教育コストもカットできる。
  2. 柔軟性があるため:即戦力社員は前職の業界ルール・仕事のやり方・前職の独自の文化が染みついている。一方、第二新卒は前職の社歴の短さから素直に指示やルールに従ってくれやすい。
  3. 新卒同様の若さがあるため:新卒の離職率が高い+新卒採用に苦戦しており、若手人材を確保・教育して、戦力にしたい。

そのため、第二新卒として扱われる新卒1年目は転職が成功する可能性が十分にあるんです。

新卒1年目に転職する際の4つのリスク

新卒1年目は第二新卒扱いになり、転職できる可能性は十分にあります。ただですね。短期離職者というだけで、採用を見送る企業も多いんです。

第二新卒はスキルや実績よりポテンシャルを評価してもらえますが、新卒就活ほど応募できる企業がありません。

そのため、新卒就活のようにすぐ内定を獲得できるわけではないんです。そこでここでは、新卒1年目に転職する際のリスクを4つ紹介します。

新卒1年目に転職する際の4つのリスク

  • 2・3年目の第二新卒より転職が不利になりやすい
  • 短期離職者として扱われる+選考落ちが多い
  • 応募できる求人が少ない
  • 年収が下がる可能性がある

2・3年目の第二新卒より転職が不利になりやすい

新卒1年目に転職する際の1つ目のリスクは、2・3年目の第二新卒より転職が不利になりやすいことです。

第二新卒はビジネススキルがあることで早めに戦力になりやすいメリットがあります。しかし、新卒1年目の場合はスキルが十分に身についていないと判断する企業があるんです。

事実、独立行政法人 労働政策研究・研修機構の調査によると、新卒1年目と2〜3年目の退職者で1年以内に正社員になれた人は以下の通りでした。

正社員になれた割合

  1. 新卒1年目:男性39.1%・女性32.1%
  2. 新卒2〜3年目:男性53.4%・女性36.8%

(参照:独立行政法人 労働政策研究・研修機構 若年者の離職状況と離職後のキャリア形成Ⅱ

そのため、新卒1年目は2・3年目の第二新卒より転職が不利になりやすいんです。

短期離職者として扱われる+選考落ちが多い

新卒1年目に転職する際の2つ目のリスクは、短期離職者として扱われる+選考落ちが多いことです。

なぜなら、入社してすぐに転職活動をしている=「軸がブレている」「忍耐力がない」とネガティブな印象がついてしまうため。

短期離職をされると、採用コストが無駄になってしまいます。

そのため、問題があるかもしれないリスクのある人材は避けて、即戦力や新卒を採用した方が良いと考える企業が多いんです。

応募できる求人が少ない

新卒1年目に転職する際の3つ目のリスクは、応募できる求人が少ないことです。なぜなら、新卒採用で一度採用活動を終了した企業が多いため。

受けられても、あまり条件の良い企業ではないかもしれません。

フジワラ

新卒2〜3年目になると、受けられる企業数も増えるので優良企業を狙うなら、今の会社でスキルや経験を積むのをおすすめします。

年収が下がる可能性がある

新卒1年目に転職する際の4つ目のリスクは、年収が下がる可能性があることです。なぜなら、第二新卒は新卒と経験やスキルに大差がなく、即戦力の人材ではないため。

例えば、新卒3年目以降なら同業他社への転職ならスキルや実績次第で大幅に年収アップするのも不可能ではありません。

一方、新卒1年目の場合は同じ業種でも年収ダウンを提示される可能性がありますね…。

新卒1年目で転職する際の注意点3選

ここまでで、

分かったこと

  1. 新卒1年目でも転職はできる
  2. 今より高待遇の企業へ転職するのは難しい

ことがわかりました。そこでここでは、新卒1年目の転職を成功させるために注意しておくべき点を3つ紹介します。

新卒1年目で転職する際の注意点3選

  • 転職先が決まる前に退職しない
  • 退職理由を他責にしない
  • 新卒就活との違いを理解しておく

転職先が決まる前に退職しない

新卒1年目で転職する際の注意点は、転職先が決まる前に退職しないことです。なぜなら、退職後の転職活動は精神的にも経済的にも追い詰められやすいため。

転職活動が長引くと「早めに転職先を決めないといけない」と焦ってしまい、冷静な判断がつかなくなってしまいます。

加えて、退職して働いてもいないのでお金はなくなっていくんです。結果的に現職の会社より悪い待遇の会社へ転職してしまうかもしれません。

ここに注意!

    「会社を辞めてフリーターをしていました!」という空白期間の回答は印象が良くありません。理由は衝動的に行動するタイプだと思われて「自社でも同じことを繰り返すのでは?」と不安視されるため。

転職活動は在職中に行うべき!メリット・デメリットと転職のコツ5選

2021.06.08

退職理由を他責にしない

新卒1年目で転職する際の注意点は、退職理由を他責にしないことです。

なぜなら、他人や前職の会社の責任にしていると「またすぐに辞めてしまうのでは…?」と思われてしまうため。

他責の退職理由の例

  1. 上司との相性が悪かった
  2. 社風とミスマッチだった
  3. 仕事がつまらない内容ばかりだった

会社や上司が全面的に悪いかもしれません。ただですね。自分なりに反省点を出せる方が好印象です。そこで以下のような流れで退職理由を伝えるのをおすすめします。

退職理由の伝え方の流れ

  1. 〇〇という理由で退職した
  2. 短期離職したことを反省し、同じ失敗をしないことをアピールする
  3. 反省を活かして、会社にどのように貢献できるかを伝える
キヨちゃん

上記の流れで話せば、誠実な印象になりやすく、内定獲得に近づけるかもしれません。

【例文つき】短期間での退職理由を伝える際の注意点!選考突破率が上がるコツ

2021.01.25

新卒就活との違いを理解しておく

新卒1年目で転職する際の注意点は、転職活動と新卒就活との違いを理解しておくことです。

新卒就活と転職活動の違い

  1. 新卒就活:多くの企業へ応募して、説明会に参加する。
  2. 転職活動:自分とマッチする長期間働き続けられる会社をピンポイントで探す。

新卒入社ですでにミスマッチを起こしているため、よく見極めて転職先を探さなければ、同じ状況に陥ってしまうかもしれません。

そのため、新卒就活のように多くの企業へ応募するのではなく、受ける企業の情報をきちんと収集して応募するかどうか決めましょう。

第二新卒の転職は成功しやすい!転職で注意すべき点・転職成功ノウハウ6選

2020.08.18

新卒1年目で内定を獲得するための5つのポイント

新卒1年目の転職難易度は高くありません。

しかしですね。理想とする条件の企業へ転職するには闇雲に求人へ応募するだけでは厳しいんです。デメリットが多い分、準備や工夫が必要になります。

そこでここでは、新卒1年目で内定を獲得するためのポイントを5つ紹介します。

新卒1年目で内定を獲得するための5つのポイント

  • 第二新卒特化型転職エージェントを利用する
  • 今後のキャリアビジョンに沿って転職先を決める
  • 内定までの日程を決めて転職活動を行う
  • 譲れない条件を把握する
  • 自分の強みと企業が求める人材の合致する部分をアピールする

第二新卒特化型転職エージェントを利用する

新卒1年目で内定を獲得するには、第二新卒特化型転職エージェントを利用しましょう。なぜなら、転職のプロであるキャリアアドバイザーのサポートが無料で受けられるため。

第二新卒特化型転職エージェントでは第二新卒に特化した求人を保有しています。求人を出している企業も第二新卒を欲しているので、経験の無さなどで落ちることはほぼありません。

むしろ、若手を教育して戦力にしたい企業が多いので、第二新卒とのニーズが合致しているんです。

第二新卒特化型転職エージェントのサポート一覧

  1. 無料カウンセリング
  2. 求人紹介
  3. 応募書類の添削
  4. 面接対策
  5. 内定後の収入交渉
  6. 面接日の日程調整
  7. 推薦状の記入

アドバイザーは求人掲載中の企業の採用担当者と密接な関係を築いています。

推薦状により「短期離職しているが職種への適性あり」など不利な経歴をリカバリーしてくれるかもしれません。

既卒サービス「ウズキャリ既卒」

私も利用しましたが、特におすすめなのが「ウズキャリ既卒」です。とにかくサポートが充実しており、企業面接ごとに、1回2時間をかけ、合計20時間以上にわたって徹底的に面接対策をしてくれます。

私が使ったウズキャリ既卒のおすすめポイント

  1. ブラック企業を完全排除している(そもそもUZUZがホワイト企業大賞特別賞を受賞している)
  2. 既卒採用に積極的な企業を10社以上紹介してもらえる
  3. 一人で就職活動をするより、圧倒的に内定しやすく最短2週間で内定も可能!

離職率や残業時間が慢性的に長いなどの、厳格な基準でブラック企業を徹底排除しているため、内定者の定着率も95%と非常に高いです。

ウズキャリ既卒の詳細を見てみる

既卒サービス「DYM就職」

私はフリーター期間が長かったので、書類選考で落とされてしまうことが多く、面接で挽回するためにかなりの数の企業に応募していました。

しかし、DYM就職なら企業側と信頼関係を構築しており、書類選考や一次選考を免除してくれるので、履歴書を書きまくる苦労がいりません。

既卒の就職成功率は過去3年間、45%前後とかなり低い水準です。DYM就職は既卒就活について知り尽くしたキャリアドバイザーの手厚いサポートもあり、既卒の就職成功率は業界トップの96%を誇ります。

面談可能な拠点は全国28箇所あるため、地方でも対面でも面接のフィードバックを受けることができるのが強みです。

私が実際に使って感じたDYM就職の強み

  1. 企業との信頼構築はあり、書類選考、一次選考免除
  2. 既卒就活の戦い方を知っているキャリアアドバイザーがサポート→内定率96%
  3. 電車で1本の場所で面談が受けられた

60秒で完了!DYM就職の無料登録はこちら

既卒サービス「えーかおキャリア」

おすすめなのが「えーかおキャリア」の転職エージェントです。とにかくサポートが充実しており、求人紹介、面接対策や内定後のキャリアプランを含めて、2人3脚であなたの就職・転職を徹底サポートしてくれます。

私が使ったえーかおキャリアのおすすめポイント

  1. 入社後の定着率97%(入社後のミスマッチをなくすため、休日・残業といった聞きづらい部分もすべて伝えてくれます)
  2. 1対1のサポート体制
  3. 内定率が他の転職エージェントの4倍!

事務職・広報・営業など、自分の希望を叶える仕事・職種を紹介してくれるため定着率は97%を誇ります!事務職で働きたい方や1日で内定の実績もあり、早く内定がほしい方にもおすすめです

えーかおキャリアの詳細を見てみる

第二新卒におすすめの転職エージェント5選!選び方や効率の良い利用方法

2020.08.18

今後のキャリアビジョンに沿って転職先を決める

新卒1年目で内定を獲得するには、今後のキャリアビジョンに沿って転職先を決めましょう。

辞めることを目的にするのではなく、理想のキャリアを実現することを目的にして、今は何をすべきか考えてください。

キャリアビジョンの定め方

  1. 5・10年後にどんなビジネスパーソンになっていたいか?
  2. 具体的には仕事をしたいか?
  3. どんな職場で働きたいか?

キャリアビジョンが曖昧だと、転職が成功しても再び悩んだ場合に辞めたくなってしまうかもしれません。

ユウキ君

一方、キャリアで実現すべき目的が決まっていれば、今すべきことに集中できるのでモチベーションを維持しやすくなりますよ!

第二新卒のキャリアプラン作成ステップ5!質問の意図と答え方まとめ

2021.05.25

内定までの日程を決めて転職活動を行う

新卒1年目で内定を獲得するには、内定までの日程を決めて転職活動を行いましょう。

リクナビNEXTによると、平均的な転職活動期間は3〜6ヶ月と言われています。
(参照:リクナビNEXT 転職活動にはどのくらいの期間がかかる?ケース別・転職活動スケジュール

転職活動のスケジュールの例(3〜6ヶ月で内定を狙う場合)

  1. 自己分析:約2週間
  2. 企業の情報収集・書類作成:約2週間
  3. 応募・面接:約1〜4ヶ月
  4. 内定・退職準備:約1ヶ月

上記のように計画を立てると、今すべきことが明確化されて、転職活動に集中しやすくなります。

そのため、大手企業へ転職するには、ゴールから逆算してスケジュールを練ってみてくださいね。

譲れない条件を把握する

新卒1年目で内定を獲得するには、譲れない条件を把握しましょう。なぜなら、全ての条件に沿った企業はほぼ存在しないため。

退職理由は譲れない条件の裏返しである可能性があるので、明確化してみてください。

退職理由=譲れない条件の例

  1. 年間休日が100日もなかった:年間休日120日は欲しい
  2. 残業時間が月80時間近くあった:残業時間は月20時間未満が良い
  3. 専門性は高いが仕事の幅は狭い:裁量権の大きい仕事がしたい

これらの条件を軸に仕事を選ぶのをおすすめします。現職で仕事を辞めたくなった理由を対処できる職場なら、ミスマッチを起こす可能性がグッと下がりますよ!

譲れない条件ばかりだと好条件で企業へ応募することになり、内定を獲得しにくくなるかもしれません。そのため、譲れない条件と妥協できる条件は明確に区別しましょう。

自分の強みと企業が求める人材の合致する部分をアピールする

新卒1年目で内定を獲得するには、自分の強みと企業が求める人材の合致する部分をアピールしましょう。

職歴が1年未満の場合はアピールできるような専門的なスキルはないかもしれません。ただですね。第二新卒を求めている企業ではスキルや実績は求めていないんです。

そこで以下のような強みをアピールしてみてください。

強みの例

  1. 素直さ
  2. やる気
  3. 学ぶ姿勢

これらを絡めて前職での業務経験を語れば、ポテンシャルが評価されて内定を獲得できる可能性が高まりますよ!

自分の強みを詳しく知りたい方は以下の自己分析ツール・書籍を利用してみましょう。

おすすめの自己分析ツール・書籍

  1. グッドポイント診断
  2. ストレングス・ファインダー

企業が求める人物像は企業のHPやキャリアアドバイザーor採用担当者への質問で知ることができます。

そして、自分の強みと企業が求める人材の合致する部分をアピールできれば、企業へ長期的に貢献できる人材であることを伝えられます。

そのため、まずは自分の強みと企業が求める人物像を把握してみてください。

【例文つき】転職で採用担当者に好印象を与える自己PRの作成ステップ4

2021.03.03

新卒1年目で転職が成功する人と失敗する人の特徴は?

新卒1年目で転職が成功する人と失敗する人の特徴は以下の通りです。

新卒1年目で転職が成功する人

  1. 学歴やスキルに自信がある人:高学歴=ポテンシャルが高いと考えられているため。また、プログラミングスキルや飛び込み営業など他の新卒にはないスキルがあると転職でも有利に働く。
  2. キャリアダウンを嫌がらない人:やりがいを求めて転職する場合、年収は下がるが自分にあった企業と出会える可能性が高いため。

新卒1年目で転職が失敗する人

  1. 慎重になりすぎてしまう人:条件を妥協できず、応募に時間がかかってしまう。慎重になりすぎるとタイミングを逃して転職しにくくなってしまうため。
  2. 大手企業思考の人:多くの大手企業は新卒採用至上主義なので、中途採用枠の難易度が高いため。

転職が成功する人の特徴に当てはまる場合は転職を検討してみましょう。

まとめ:新卒1年目でも転職できる!一人で抱え込まずに転職エージェントへ相談しよう!

今回は第二新卒枠として扱われる新卒1年目なら転職できる理由や新卒1年目に転職する際のリスク、新卒1年目で転職する際に注意点、新卒1年目で内定を獲得するためのポイントを紹介しました。

では、記事の内容をまとめます。

記事の内容まとめ

  • 第二新卒は企業から重宝されている
  • 新卒1年目で転職する際のリスクを把握しておく
  • 第二新卒特化型転職エージェントを利用する

第二新卒は企業から重宝されており、転職できる可能性は高めです。

ただですね。新卒1年目は2〜3年目と比べて、ビジネススキルが十分に身についていないと判断する企業があったり、応募できる求人が少なかったりと転職するリスクがあります。

それでも転職する場合は第二新卒特化型転職エージェントを利用しましょう。求人掲載している企業も第二新卒を欲しているので、経験の無さなどで落ちることはほぼありません。

第二新卒は異業種へ転職するチャンスになります。

新卒1〜3年目と短い期間なので、転職を検討している方は今回紹介した第二新卒特化型転職エージェントに無料相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介したサービス

  1.      「ウズキャリ既卒」:離職率の高いブラック企業は紹介しない!他社の10倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート。    
  2.      「DYM就職」:既卒でも大手企業の内定が狙える!    
  3.      「えーかおキャリア」:【最短2週間で内定】業界トップクラスの実績を誇る!

監修者プロフィール

フジワラ
運営者:フジワラ
27歳の元既卒生。 大学在学中から続けていた塾講師のアルバイト経験のみだったが、一念発起して就職活動に取り組み、既卒の立場で2社から内定を獲得。実体験を元にした確かな情報提供を心がけていきます。

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

1
ウズキャリ既卒(既卒の内定実績86%!他社の10倍時間をかけて、就活をサポート)

他社の10倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート!離職率の高いブラック企業は紹介しないポリシーを貫いています。

imasia_9065120_S2
DYM就職(既卒の就職率96%!就職できるまで二人三脚!親身な就職サポート!)

DYM就職なら、2000件以上の既卒向け求人の中からエンジニア・企画・マーケティング・事務・管理・クリエイティブ等、様々な職種の仕事を選ぶことができます。

imasia_14141661_S-2 3
えーかおキャリア(定着率97%!事務職、広報、営業など、あなたの希望を叶える仕事をご紹介!)

内定率は転職エージェントの4倍を誇る充実のサポート!求人紹介、面接対策や内定後のキャリアプランを含めて、2人3脚であなたの就職・転職を徹底サポートします。

4
ベンチャーセールス(採用決定率95%!他の求人サイトにはない優良求人が400社以上も)

顧客満足度97%!専門アドバイザーによる丁寧なサポートが魅力!

imasia_9065120_S5
ハタラクティブ(未経験・フリーターから有名企業の正社員へ)

既卒フリーターの内定実績No1!他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポートや、既卒から上場企業の正社員になれる求人多数