既卒とはどういう意味?既卒3年以内なら新卒扱いって本当?

「新卒と違い、既卒になると就活が厳しくなる」などとよく言いますが、「そもそも既卒ってどんな意味なの?」とわからずに困っていませんか?

既卒とは、そのまま読むと「既に学校を卒業した人」ですよね。すると、「え?じゃあ、社会人で転職する人も既卒なの?」と混乱してしまいますよね。

そこで、「既卒とはどういう意味なのか?」既卒の定義をどこよりも詳しく解説いたします!

すぐわかる!既卒とはどういう意味?

既卒とは?

既卒は元々日本語にある言葉ではなく、就職の採用市場で生まれた言葉です。採用市場で「既卒」という言葉を使う場合、既卒とは、高校・大学・専門学校・短大などを卒業し、正規職員としての職歴が無い求職者のことを指します。

つまり、すごく簡単に言えば「学校を卒業した後に、正社員として働いた経験がない人」のことを就職市場では既卒とよびます。

大学卒業後、特に正社員としての就業経験がなければ、採用活動では「既卒」として扱われます。

既卒と第二新卒の違いは?

よく混同される第二新卒との違いも解説しておきます。第二新卒とは、第二新卒とは「大学を卒業して正社員として就業したが、3年以内に離職した求職者」のことを指します。

つまり、「学校を卒業した後、働いたことがない人」が既卒で、「学校を卒業した後、働いたことがあるが、短期間で退職した人」が第二新卒です。

フリーターは既卒に含まれるの?

卒業後に、フリーターとして仕事をしていた場合は、「既卒」に含まれるのか、気になる方もいると思います。

既卒とは、学校を卒業した後に、正社員としての職歴がない人にのことをいうので、卒業後にフリーターとして働いている方も既卒に含まれます

卒業後3年以内なら新卒扱いってホント?既卒の採用における扱い

次に、既卒の就職活動を理解するために、既卒が採用市場でどのように扱われているかを解説していきます。

既卒でも「新卒枠」で選考が受けられる

スクリーンショット 2018 09 07 16 25 25

「既卒になると、新卒枠での選考を受けられない」というイメージを持っている方が多いかもしれません。実際、過去にはそうでした。

以前は、既卒者はスキルが問われる「中途枠」で選考をされていました。しかし、それは既卒者に厳しすぎます。

そこで、厚生労働省が卒業3年以内の既卒者をスキルを問わない『新卒枠』で応募を受け入れるように通達を出したのです。

この通達を受け、多くの企業が卒業後3年以内の既卒者をスキルを問わない「新卒枠」で選考してくれるようになりました。

70%の企業が既卒者を「新卒枠」で受け入れ

スクリーンショット 2018 09 07 15 55 29

この図からもわかるように、近年では、70%もの企業が既卒者を、スキルを問わない「新卒枠」で応募を受け入れ、選考しています

新卒枠での応募では、中途のようにスキルが問われないため、既卒でも大きく不利にはなりません。

『卒業後、何年まで新卒枠で受け入れるか」は企業によって違う

ただ、厚生労働省の通達は、法的効力がない『要請』です。だから、企業によって「卒業後、何年まで新卒枠で応募を受け入れてくれるか?」には違いがあります

スクリーンショット 2018 09 07 15 55 54

グラフを見ればわかるように、厚労省に従い、卒業後3年以内までなら、半数以上(52%)の企業が「新卒枠」で応募を受け入れてくれます

逆にいえば、卒業後3年を過ぎると、新卒枠で受け入れてくれる企業は1割以下になってしまいます。

企業の中には、1年以内でしか新卒枠で受け入れてくれない企業もあるので、新卒枠を狙う場合は、できるだけ早めに就職活動をはじめましょう

既卒の就職はどれぐらい厳しいのか?

既卒者でも、スキルを問わない新卒枠で選考を受け入れられるとはいっても、既卒者は新卒に比べて、不利なイメージがありますよね。実際どうなのでしょうか?

既卒の就職率は改善したが、新卒に比べると厳しい

スクリーンショット 2018 09 07 15 56 05

図から見てもわかるように、既卒者の就職内定率は、絶望的だった2012年あたりに比べると、大きく改善しています。

ただ、2017年の新卒の内定率は83.7%ですから、新卒枠で受付るといっても、既卒の就職は新卒に比べてかなり厳しいのです。

既卒が新卒に比べて不利になってしまう理由とは?

既卒が不利になる理由としては、主に以下のようなものがあります。

  • 同じ能力なら、出来るだけ若くてフレッシュな人材の方がよい
  • 在学中に内定をとれなかったのは、コミュニケーション能力が低いなどそれなりの理由があったのでは?とマイナスに勘ぐられてしまう
  • 在学中に積極的に就職活動をしなかったのは、仕事への意欲が低いからでは?と勘ぐられてしまう

このように「就職しなかったのには、何かの理由があるはずだ」とネガティブに勘ぐられてしまうのですね。

実際、既卒で就職活動をしていると「なぜ在学中の就職活動は上手くいかなかったのだと思いますか?」とほぼ100%に近い確率で聞かれます。

つまり、既卒になると、企業が「ネガティブチェック」のような態度で選考をしてくるので、どうしても新卒に比べ、不利になってしまうのです。

既卒で確実に内定を勝ち取るには?大事な3つのポイント

1.『既卒歓迎』の求人を受けていこう

スクリーンショット 2018 09 07 17 32 52

既卒になっても、リクナビ・マイナビ等のサイトから、新卒枠で応募をすることは可能です。しかし、新卒サイトからの応募では、ライバルが新卒になるため、どうしても不利になってしまいます。

そこで、重要なのが、新卒向けのサイトだけでなく、既卒専門の就職サイトを活用し、「既卒歓迎」の求人を受けていくことです。

既卒歓迎の求人であれば、既卒であっても一切不利にならず、内定が得やすくなります。実際、私が利用した既卒就職サイトの「ウズキャリ既卒」では、利用者の内定率は83%を超えています。

企業の不安を払拭しよう

スクリーンショット 2018 09 07 17 34 50

また、面接で聞かれる「就職活動に失敗した理由」「なぜ既卒になったのか?」「空白期間には何をしていたのか?」に上手く答えられるように準備をしましょう。

企業が既卒を避けるのは「問題がある人物なのでは?」と勘ぐって、不安になっているから。

だから、きちんと自己分析をして「こういう点が至らなかったからだと思います。今は、克服のために〜という努力をしています」と改善する姿勢を示せば、企業の不安を払拭し、内定を得ることは可能です。

実際、私も27歳、職歴なしという状況でしたが、2社から内定を獲得することができました。既卒は確かに不利ですが、諦めずに行動すれば、内定を取ることは決して難しくありません。

3.とにかく行動量を増やしていこう

スクリーンショット 2018 09 07 17 19 21

既卒では条件面で新卒に比べて不利になります。だから、チャレンジの機会は多い方が良い。できるだけ多くの会社にチャレンジすれば、その分、チャンスが増え、内定できる確率も上がります。

マイナビの調査によれば、在学中に内定が取れなかった人のエントリーシート提出数は11社、内定者のエントリーシート提出数は20社です。行動量が内定/無内定に大きな相関があるのですね。

既卒なら、大学の授業がない分、就職活動に時間を割けると思います。諦めずに、積極的に求人を受けていけば、既卒でも内定を取るのは難しいことではありません。

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

imasia_9065120_S1
ウズキャリ既卒(既卒の実績No1!他社の10倍時間をかけて、就活をサポート)

既卒になると、新卒の時のようにナビサイトが使えなくなり、既卒歓迎の求人を探すのに苦労すると思います。既卒求人の見つけ方を知らないと、「どうしよう」と途方に暮れてしまいますよね。そこで、既卒採用の求人を見つける効率的な方法をご紹介します!

2
ハタラクティブ(既卒・未経験OKの求人が多数。大手企業の求人も紹介可能)

既卒の面接は、新卒とは少しルールが違います。「既卒ということは、新卒の時に上手くいかなかった問題のある人物なのでは?」と色眼鏡で見られ、その懸念を払拭するべき受け答えをしなければならないからです ...

imasia_12756285_S3
リビーキャリア(既卒の就職カウンセリングに強み。求人数がやや少ない)

既卒の面接は、新卒とは少しルールが違います。「既卒ということは、新卒の時に上手くいかなかった問題のある人物なのでは?」と色眼鏡で見られ、その懸念を払拭するべき受け答えをしなければならないからです ...

imasia_14141661_S-2 4
いい就職(地方に支店が多く、地方の既卒者に最適。求人は玉石混交)

既卒になると、履歴書の書き方がわからず困りますよね。新卒の時のように大学指定の履歴書を使うべきか?市販のものを使うべきかでも迷いますし、職歴欄にアルバイト経験を書くかどうかでも迷うはずです ...

imasia_13676025_S 5
ジェイック(ニート・高齢でも求人を紹介してくれる。ただし、営業系の求人が多い)

「既卒になると就職できないんでしょ・・・?」と思っていませんか。既卒だから就職できないわけではありません。実際、私は27歳、職歴なしという立場でしたが、2社の内定を獲得することが出来ました ...