既卒でニートになったらヤバイ?既卒ニートだった私が就職するためのポイントを徹底解説

内定が決まらずに大学を卒業すると、既卒でニートの状態になってしまいますよね。すると、「アルバイトもしていないし、就職活動をしても、ニートのことを突っ込まれて落とされそう」と不安になり、就職活動が怖くなっていませんか?

しかし、結論から言えば、既卒でニート期間があっても、正社員の就職をすることは十分可能です。

そこで、既卒でニート期間があっても正社員の内定を決めるポイントを徹底解説します!

既卒でニートになったらおしまい?就職は諦めるべきなのか

imasia_13873585_S

内定がないまま大学を卒業し、とくに働くあてもなかった既卒ニート。「周りと比べて引け目を感じた」「経済的にやばくなった」など、様々な理由で就職を決意することがありますよね。

しかし、既卒でさらにニートともなると、面接官にいい印象を持たれずに選考で落とされてしまうのではという、不安に駆られてしまうでしょう。

ただでさえ厳しいといわれている既卒の就活。ニートともなると、より一層厳しくなるのは仕方ありません。既卒ニートは就職を諦めなければならないのでしょうか?

もしかしたらあなたはニートとは違うのでは?

その前に、自分は既卒だけどニートに該当するのかどうか、確認してみましょう。「既卒=ニート」と勘違いしている人がいますが、実際は全く異なります。

既卒・・・大学・短大・専門学校などを卒業後、正社員として勤務したことのない人
ニート・・・「Not in Education,Employment or Training」の略で、現在教育を受けているわけでもなく、働いているわけでもなく、就業訓練を受けているわけでもない人

つまり、アルバイトをしていたり、資格取得や技術を身につけるために勉強をしている人はニートでなく、普通の既卒です。ただの既卒者は、以下の記事で詳しい就活方法を解説していますので、ぜひ参考にしてもらえれればと思います。

既卒の就活に強い!既卒で就活するなら登録すべき神サイト

既卒で就職活動を頑張りたいけれど、「既卒者は、どんな就職サイトを使って就活すればいいの…?」と、悩んでいませんか?

そこで、私が既卒として就活した時に利用した、「既卒歓迎」のホワイト企業の求人を紹介してくれる就職サイトをご紹介します!

ニート期間のある既卒でも就職することは十分可能

imasia_13873585_S

大学を内定がないまま卒業し、しばらくニート期間を過ごしていたニートでも、もちろん就職できます。

もちろん簡単ではありませんが、就活の進め方とアピールの仕方次第では、いくらでも就職のチャンスはあります。

20~29歳のニートの人数が、2017年の時点で過去最少レベルとなっていることから、ニートから抜け出して就職している人がしっかりいることが分かります。

既卒でニートになってしまったからといって、就職を諦める必要はまったくありません!

職歴なしの既卒でも”いい人材”であれば企業は採用したい

職歴のない既卒ニートを、なぜ企業は採用するのでしょうか。それは、あなたが“いい人材”である場合です。いい人材と言葉を濁したのは、企業によってその定義が異なるからです。

採用枠を埋めるために妥協して内定を出すくらいなら、いい人材の応募を待って慎重に採用活動を行うという、一括採用ではなく「通年採用」をしている企業が増えてきています。

既卒者の採用にも積極的で、通年採用を行っている代表的な企業には、ソニー株式会社や楽天株式会社、ヤフー株式会社などがあります。

内定をもらえなかった既卒で、くわえてニートだからといって、仕事ができない人とは限りません。繰り返しお伝えしますが、アピール次第では職歴のない既卒ニートでも採用してもらえるのです。

大学を卒業してから3年以内の人は「マイナビジョブ20’sアドバンス」を積極的に使っていこう

大学卒業後3年未満の既卒・フリーター・ニートの人は、迷わず「マイナビジョブ20’sアドバンス」に登録しましょう。

既卒者を積極的に採用したいという企業をたくさん紹介(10社前後)してくれるだけでなく、書類選考なしで面接を受けられるため、履歴書選考で落とされることもなく、面接で自分をしっかりアピールできます。

プロの就活アドバイザーが個別でサポートしてくれることもあり、最短約2週間で就職することも可能です。特に19卒での就活に失敗したけど本気で就職したいという人は、利用しておくことを強くおすすめします。

※新宿・大阪オフィスに来社できる方のみを対象としたサービスになりますので、来社が難しい方はサポート対象外になります

面接でニート期間をネガティブにみせないための工夫が重要に

imasia_13873585_S

それでは、どうすれば既卒でニートであっても就職できるのかというと、面接でニート期間をネガティブにみせないようにしましょう。

面接官は「就活を怠けて既卒になったのではないか」という考えに加えて、「働かないことへの危機感がないからニートとして過ごしていた」と思っています。

これらの懸念点を払拭できなければ、既卒ニートは就職できないといっても過言ではないくらい、とても重要になります。

ここからは、ニート期間をポジティブにみせるためのポイントを見ていきましょう。

1.そもそも卒業後1年以内なら、ニート期間について突っ込まれない

imasia_13873585_S

既卒の場合、卒業後1年以内のニート期間なら問題になりません。

ニート期間が1年以内の場合、その空白期間について聞かれても「その期間は就職活動を続けていました」と言えば、面接官も納得してくれるからです。既卒者として就職活動を続けると、アルバイトは並行できないのが普通なので、ニートはそこまで問題にならないのです。

また、大学卒業後、ニート期間(空白期間)が1年以内の場合は、履歴書でも空白が目立ちません。

大学卒業が2017年で2019年まで履歴が何もない…という場合は、突っ込まれることがありますが、2019年大学卒業で現在が2019年という場合は、ほとんど問題視されません。

このように、卒業後のニート期間が1年以内と短い場合は、面接であまり問題になりません。だから、大学を卒業して既卒になってしまったら、できるだけ早く既卒としての就職活動に打ち込んで下さい。ニート期間が長いと突っ込まれやすくなり、時間が経てば経つほど不利になってしまうからです。

条件のいい新卒枠の求人にも積極的に応募しよう

「既卒3年以内は新卒枠として受け付けを」という通達が、厚生労働省から各企業に下りてきました。そのため、既卒を新卒と同じ枠の採用対象にする企業がかなり増加しました。

つまり、既卒でも新卒の求人に応募できるのです。新卒の求人と若年者向けの転職求人を比べると、新卒求人の方が条件がいいことが多いです。とにかく応募を集めるためだけでなく、将来の幹部候補としての期待値が込められているのです。

既卒向けの求人だけで調べると数を少なく感じるかもしれませんが、新卒枠の求人も候補に入れれば、選択肢は一気に増えますよ。

2.既卒ニートの状態で一年以上経ってしまった場合の対処法

imasia_13873585_S

ニート期間が短い場合は問題にならない。では、1年以上、ニートの状態が継続してしまった場合はどうでしょうか。残念ながら、ニートの状態が1年以上続いている場合は、面接で問題視され、突っ込まれることがあります。

だから、既卒でニートの状態が1年以上経ってしまった場合は、空白期間について質問された時の対策をしておかなければなりません。

「ニートの現状から脱するための努力」を面接で語れると強い

就職活動を始めるにあたり、「全く何もしていない」だと印象が悪いので、1ヵ月程度でもいいのでどこかでインターンをやり、「ニートではいけないと思い、努力を始めた」と面接で答えられるようにするといいでしょう。

私の場合、ある零細企業で1ヵ月インターンをして、それを半年くらいやったことに誇張して「ニート期間はあったけど、今は頑張っている」という印象を与えられるようにしていました。

ニート期間があったとしても「このままではいけないと思い、こんな努力をはじめた」と述べられれば、マイナスの印象をプラスに変えていけます。

まずはアルバイトで成功体験を積んでから就職するのもあり

おそらく、この記事を読んでいる人は、就職を考えている人だと思います。そんな人たちに提案するのはどうかと思いますが、まずはアルバイトから始めるという手もあります。

アルバイトをして、ニートではなくフリーターになれば、幾分かアピールポイントが増えますし、何もしていないニートよりも印象はよくなります。

また、「接客で月間○○万円売り上げた」「バイトリーダーとして10人をまとめていた」など、成功体験を積めるかもしれません。成功体験は、就職でも転職でもとても評価されます。

もし、インターンはちょっと…というのであれば、アルバイトから始めてみましょう。

3.既卒のニートでも使える就職サイトはどこ?

imasia_13873585_S

既卒でニートの状態になると、「こんな状態じゃ使える就職サイトもないんじゃないの?」と不安になってしまいますよね。しかし、既卒でニートの状態でも、上場企業の求人を多数紹介してくれるサイトはいくつもあります。

既卒でニート期間が1年以内の場合

厚生労働省の通達で、既卒でも大学卒業後3年以内なら、新卒枠で選考を受けられるようになっているため、既卒でも新卒向けの求人に応募できます。

新卒向けの求人を探すには、やはり「リクナビ」「マイナビ」が便利です。双方とも、「既卒可」の条件で求人を絞り込み検索できます。既卒可の求人にどんどんアタックしていきましょう。

また、すでにお伝えした、求人検索だけでなく就活サポートがつく「マイナビジョブ20’sアドバンス」もおすすめです。2019年3・4月限定なので、いい求人がたくさん残っているサービス開始序盤のうちに登録しておくといいですよ。

既卒でニート期間が1年を超える場合

ニート期間が1年を超える場合、新卒枠の選考では「既卒になった理由」や「空白期間」について、かなり厳しく突っ込まれ、なかなか内定が出ないケースもあります。新卒枠の選考は「瑕疵がない人材」が好まれるからです。

正社員の内定を確保するために、リクナビだけではなく、既卒向けの就職サイトも利用しましょう。代表的なサイトに「ウズキャリ既卒」があります。

既卒専門の就職サイトで、「既卒歓迎」の求人を多数紹介してくれます。企業も既卒向けに求人を出しているので、空白期間にも寛容です。

既卒向けに求人を出している企業を受けた方が、内定の確率は当然上がります。実際、内定率でいくと、ウズキャリ既卒が86%となっており、(2019年3月時点の公式サイトを参考)既卒の内定率42%と比較すると、かなりいい数字です。

内定率の高い就職エージェントをうまく利用して、正社員の内定を勝ち取りましょう。

「既卒ニートだから仕事を選べない」と悩む必要はなし!

imasia_13873585_S

最後に、就職はできても既卒でニートという経歴だったら「仕事を選べないでしょ」「どうせ営業か工場」だと思っているかもしれませんが、それは間違っています。

むしろ、仕事を選べないのは新卒の方です。総合職として一括採用され、入社後に各部署に割り振られるため、希望していない仕事を任せられることが多々あります。結果、こんなはずじゃなかったと、半年以内に辞める人さえいます。

しかし、既卒の場合は職種ベースでの募集になるので、そういった意味では、実は既卒は自分で選んだ仕事につけるのです。しかも、例えばウズキャリ既卒を利用しておけば、エンジニアやデザイナー、事務、企画など幅広い仕事を紹介してくれます。

まとめ:既卒ニートになっても終わりじゃない!対策すれば意外と簡単に就職できる

既卒でニートになってしまった場合、就職できるのかどうかについてお話してきました。簡単ではないですが、就職エージェントに相談したり、ニート期間を肯定的に語る対策をしておけば、就職することは十分可能です。

ニートになってしまった、終わった。そう悩まずに、まずは動き出しましょう。既卒ニートの期間が長くなればなるほど就活が不利になってしまいます。どうすればいいか分からない人は、この記事でご紹介したエージェントに登録して、専門のアドバイザーにフォローしてもらうことをおすすめします。

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

imasia_13676025_S 1
DYM就職(既卒からでも優良企業の正社員を目指せる!利用者の就職率は驚異の96%)

履歴書を提出しても、既卒というだけで落とされることが多いですが、書類選考なしで面接に進めるので心配いりません。さらに、優良企業を紹介してくれる上に寄り添って就活サポートしてくれるから、相談からの就職率は驚異の96%という実績が出ています!

imasia_9065120_S2
ウズキャリ既卒(既卒の内定実績86%!他社の10倍時間をかけて、就活をサポート)

既卒になると、新卒の時のようにナビサイトが使えなくなり、既卒歓迎の求人を探すのに苦労すると思います。既卒求人の見つけ方を知らないと、「どうしよう」と途方に暮れてしまいますよね。そこで、既卒採用の求人を見つける効率的な方法をご紹介します!

imasia_14141661_S-2 3
マイナビジョブ20'sアドバンス(既卒に特化したマイナビ。豊富な実績で内定も可能)

大手マイナビが、既卒者を積極採用したい優良企業を一気にご紹介。既卒の就活ノウハウも専任のアドバイザーが丁寧に教えてくれ、内定獲得までしっかりバックアップしてくれます。

4
パーソルテクノロジースタッフ「U_29」(未経験からIT業界の安定・優良企業を目指せる)

IT業界の専門職を目指すならオススメのパーソルテクノロジースタッフ!無料プログラムでフリーター、既卒からステップアップできます。

5
ハタラクティブ(既卒・未経験OKの求人が多数だが、厳選されるため紹介数は少ない)

大手人材会社であるレバレジーズの、20代に特化した就職エージェント。内定率が80%を超える上に、利用者の半数以上が上場企業に就職しているという立派な実績もあります。