転職活動は在職中に行うべき!メリット・デメリットと転職のコツ5選

転職活動は在職中に行うべき!メリット・デメリットと転職のコツ5選

「在職中に転職先を決めて退職したい!」と思う一方で、

疑問

  • 在職中に転職活動を行うメリット・デメリットは?
  • 在職中に転職活動を行う際のコツを知りたい
  • 転職活動で有給を取っても大丈夫?

と悩んでいませんか?

実際、私の友人も在職中に転職活動を行なっていた際は忙しさ+会社へバレないように活動する難しさを感じていました。

ただですね。在職中に転職活動を行うコツを知っておけば、会社にバレる心配もなく、忙しさも緩和されるんです。また、在職中に転職した方が有利に転職活動を進められるので、先に退職するのはやめておきましょう。

そこで今回は在職中の転職活動を成功させた友人へのインタビューを元に、転職活動を在職中に行うメリットとデメリットや在職中の転職活動の履歴書の書き方の注意点、在職中の転職活動を成功させるためのコツ、在職中に転職活動を行う違法性について紹介します。

転職活動は在職中に行うべき!3つのメリットとデメリット

転職活動は在職中に行うのをおすすめします。なぜなら、退職後に転職活動を行う際にはリスクが伴うため。

ここでは在職中に転職活動を行うメリット・デメリットを紹介しつつ、退職後に転職活動を行うリスクについても触れています。

フジワラ

これを読めば、在職中に転職活動を行うべき理由が分かりますよ!

在職中に転職活動を行うメリット

仕事により心身に悪影響が出てしまっていたり、長時間労働で転職活動どころではない人など退職後に転職活動をした方が良い人も一定数います…。

ただですね。基本的には在職中に転職活動をした方が圧倒的にメリットがあるんです。そこでここでは、在職中に転職活動を行うメリットを3つ紹介します。

在職中に転職活動を行うメリット

  • 金銭的な不安がない
  • 職歴にブランクがない
  • 人事に好印象を与えやすい

金銭的な不安がない

在職中に転職活動を行う1つ目のメリットは、金銭的な不安がないことです。なぜなら、在職中なら収入が途切れないため。

転職活動中に必要な費用

  1. 交通費
  2. 書類代
  3. 印刷代
  4. 衣服代(スーツなど)
  5. 生活費

在職中なら金銭的な不安を抱くことはありません。一方、退職後は貯金を切り崩しながらの転職活動になります。

転職活動が長引いて金銭面に困窮すると、冷静な判断ができなくなるかもしれません。

焦りがあると、転職の目的が「条件にあった企業への転職する」から「生活のために転職する」へ変化してしまい、入社後に後悔する可能性があるんです。

キヨちゃん

もし、転職活動が上手くいかなかった場合でも現職に留まるという選択肢を残しておけるため、セーフティーネットの役割にもなりますね。

職歴にブランクがない

在職中に転職活動を行う2つ目のメリットは、職歴にブランクがないことです。なぜなら、職歴の空白期間が長さから「就労意欲が低い」と判断する採用担当者も一定数いるため。

実際、空白期間が長いとスキルが低下していたり、生活リズムを戻すのに時間がかかったりします。

ただですね。在職中に転職活動を行えば、現職を退職した直後に転職先へ入社できるため、心配ありません。

人事に好印象を与えやすい

在職中に転職活動を行う3つ目のメリットは、人事に好印象を与えやすいことです。なぜなら、在職中の転職活動を行っている点も評価してくれるため。

好印象を与えやすいポイント

  1. 責任感:現職の仕事を投げ出さずに転職活動と両立している。
  2. 計画性:時間がない在職中でもスケジュールを組んで選考に参加している。

採用担当者によっては、要領の良さや責任感の強さを汲み取ってくれるかもしれません。

在職中に転職活動を行うデメリット

退職後の転職活動と比較して、在職中に転職活動を行う方がメリットが大きいのは事実です。

ただですね。在職中に転職活動を行うのは必要以上に忙しくなったり、企業のニーズに答えられなかったりと難易度が高いんです。それが原因で在職中の転職活動を断念してしまう人もいます。

そこでここでは、在職中に転職活動を行うデメリットを3つ紹介します。

在職中に転職活動を行うデメリット

  • 現職の仕事を並行して行うので忙しい
  • すぐに入社できる人材を求めている場合は採用を見送られやすい
  • 現職の会社に転職活動中であることがバレてしまう

現職の仕事を並行して行うので忙しい

在職中に転職活動を行う1つ目のデメリットは、現職の仕事を並行して行うので忙しいことです。

なぜなら、時間が足りないと企業研究や面接の準備が不十分になりやすいため。企業独自の強みなどの情報を仕入れたり、自己PRを練ったりするのが難しくなります。

加えて、面接の日程を合わせにくいんです。企業によっては平日の営業時間外や休日に選考を行ってくれる一定数あります。

しかしですね。現状はそこまで柔軟に対応してくれる企業が多くありません…。

すぐに入社できる人材を求めている場合は採用を見送られやすい

在職中に転職活動を行う2つ目のデメリットは、すぐに入社できる人材を求めている場合は採用を見送られやすいことです。

なぜなら、欠員補充を目的に中途採用を行っている企業はできるだけ早く働き始めてほしいため。

例えば、新規プロジェクトが8月から始める場合、即戦力の人でも9月入社希望なら採用を見送る可能性があります。採用活動は求めている時期に必要なスキルを持った人材を集めることが目的になります。

そのため、在職中の場合は入社時期に融通が利きにくく、不利になるかもしれません。

現職の会社に転職活動中であることがバレてしまう

在職中に転職活動を行う3つ目のデメリットは、現職の会社に転職活動中であることがバレてしまうことです。なぜなら、退職するまでの数ヶ月間、仕事がしにくくなるため。

上司から仕事を教えてもらっても「転職するから意味ないかもな」と思われる可能性がありますね…。

転職活動がバレる例

  1. 同僚に転職活動中であることをバラされる:社内で噂が広まるのは早い。
  2. 普段と違う様子からバレる:定時帰宅が増えたり、私服OKの会社でスーツ出社が増えたりすると勘づかれやすい。

そのため、転職活動をしていることを悟られないように注意しましょう。

既卒/フリーターの就活に強い!無料登録しておくべき神サイト

既卒で就職活動を頑張りたいけれど、「どんな就職サイト/サービスを使って就活すればいいの…?」と、悩んでいませんか?

そこで、私が既卒として就活した時に利用した、「既卒歓迎」のホワイト企業の求人を紹介してくれる就職サイトをご紹介します。無料なので登録しておいて損はないと思います!

在職中の転職活動の履歴書の書き方の注意点3選

在職中の転職活動を行う際は退職後の転職活動や新卒就活時の履歴書の書き方とは少し異なります。その違いを知っておかないと、転職活動で不利になるかもしれません。

そこでここでは、在職中の転職活動の履歴書の書き方の注意点を3つ紹介します。

在職中の転職活動の履歴書の書き方の注意点3選

  • 職歴は時系列に沿って記入する
  • 退職予定日or入社可能日を具体的に記入する
  • 連絡が取りやすい時間帯・方法を記入する

職歴は時系列に沿って記入する

在職中の転職活動の履歴書の書き方の注意点は、職歴を時系列に沿って記入することです。

現職の在籍期間の短さを気にしている人もいるかもしれません。しかしですね。最近は期間より企業での経験を重視する企業が増えてきているんです。

そのため、勤務先で得たものが少しでもあるなら自信を持って職歴を記載しましょう。

ここに注意!

    在職中の場合は職歴の最後に「現在に至る」の記入を忘れずに!

退職予定日or入社可能日を具体的に記入する

在職中の転職活動の履歴書の書き方の注意点は、退職予定日or入社可能日を具体的に記入することです。

どちらを記載するか

  1. 現職を退職することが決まっている場合:退職予定日
  2. 具体的な日程が決まっていない場合:入社希望日

現職で退職を申し出る場合は1ヶ月前には書面で伝えなければなりません。

そのため、応募先企業への入社可能日が明確に出せない場合は「〇月以降でご相談させてください」と記載しておきましょう。

連絡が取りやすい時間帯・方法を記入する

在職中の転職活動の履歴書の書き方の注意点は、連絡が取りやすい時間帯・方法を記入することです。なぜなら、平日の日中は現職の仕事をしており、連絡が取りにくいため。

もちろん、採用担当者も考慮はしてくれます。ただですね。何度も電話してもつながらないと、ネガティブな印象を持たれてしまうかもしれません。

そこで、履歴書の「本人希望記入欄」を利用しましょう。

本人希望記入欄に記載する内容

  1. 連絡が取りにくい時間帯
  2. 連絡が取りやすい時間帯
  3. 連絡が取りやすい手段
本人希望記入欄の例
現在就業中のため、平日10〜19時まではお電話に出られない場合があります。12時から13時は休憩時間のため、出られる可能性あります。恐れ入りますが留守番電話にメッセージを残していただくか、メールにてご連絡いただけますと幸いです。

「いただけますと幸いです」という表現を使うことで一方的な要求ではなく、円滑なコミュニケーションを取りたいことを伝えられます。

ユウキ君

連絡が取りやすい時間帯も記載されているので、採用担当者が電話もしやすくなりますね。

仕事との両立は無理?在職中の転職活動を成功させるための5つのコツ

転職活動と仕事の両立はかなり厳しいかもしれません。ただですね。転職活動のコツを知っておけば、在職中でも余裕を持って、効率的に内定を獲得できるんです。

そこでここでは、在職中の転職活動を成功させるためのコツを5つ紹介します。

仕事との両立は無理?在職中の転職活動を成功させるための5つのコツ

  • 転職エージェントを利用する
  • 職探しや企業とのやり取りは私用のPCorスマートフォンを利用する
  • 有給を利用して面接を受ける
  • 引き継ぎ資料を転職活動中に作っておく
  • 同僚に転職活動について話さない
フジワラ

加えて、現職で転職活動を行なっていることがバレないようにする方法を紹介するので、参考にしてみてくださいね。

転職エージェントを利用する

在職中の転職活動を成功させるためには、転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントを利用すべき理由

  1. 効率的に転職活動を進められる
  2. 転職のプロであるキャリアアドバイザーからのサポートを受けられる
  3. 推薦状により内定獲得率がグッと上がる

転職エージェントのキャリアアドバイザーは企業に面接日の日程調整をしてくれたり、希望通りの求人を紹介してくれたりとかなり手間が省けるんです。

転職エージェントでは他にも以下のようなサポートが受けられます。

転職エージェントのサポート一覧

  1. 無料カウンセリング
  2. 求人紹介
  3. 面接対策
  4. 応募書類の添削
  5. 内定後の収入交渉
  6. 面接日の日程調整
  7. 推薦状の記入

アドバイザーは求人掲載中の企業の採用担当者と密接な関係を築いています。

推薦状により「貴社が新規プロジェクトで必要になる〇〇スキルあり」など転職が有利になるような文言を書き添えてくれるんです。

そのため、転職エージェントの利用をおすすめします。

人気企業に転職成功した職務経歴書を参考にしよう

人気企業に転職成功した人は、どのような職務経歴書を作成したのでしょうか。
転職成功者の回答から、考え方、アピールポイントを学んでみましょう。

「職務経歴書完全攻略まとめ」では、なかなか見ることのできない職務経歴書を数多く掲載しています!

職探しや企業とのやり取りは私用のPCorスマートフォンを利用する

在職中の転職活動を成功させるためには、職探しや企業とのやり取りは私用のPCorスマートフォンを利用しましょう。

理由

  1. 会社のPCやスマホだと管理者に履歴を見られて、転職活動がバレる可能性があるため。
  2. 会社のWi-Fiをつないで転職サイトを見ると、ネットワーク履歴からバレてしまう可能性があるため。
  3. 転職エージェントや企業の採用担当者から仕事中に連絡がかかってくる場合があるため。社内にいる時はやり取りを控えるべき。

そのため、転職活動関係の情報は自宅で管理する+やり取りは自分のスマートフォンを利用しましょう。

有給を利用して面接を受ける

在職中の転職活動を成功させるためには、有給を利用して面接を受けましょう。なぜなら、現職の業務中に面接を受けにいくのは就業規則違反になる可能性があるため。

前述した通り、平日の営業時間外や休日に選考を行ってくれる企業が多くありません。そのため、面接が決まり次第、早めに有給を申請しましょう。

引き継ぎ資料を転職活動中に作っておく

在職中の転職活動を成功させるためには、引き継ぎ資料を転職活動中に作っておきましょう。なぜなら、適当な引き継ぎをして退職すると後任者や会社へ迷惑がかかるため。

欲を言えば、退職の旨を伝える1ヶ月前から準備しておくのが理想です。

イレギュラーな対応が発生するなどスケジュール通りに引き継ぎが進むとは限りません…。そのため、転職活動と並行して、引き継ぎ資料の作成を進めましょう。

キヨちゃん

引き継ぎ資料+資料で伝わりにくい部分は口頭で説明してあげるのがベターですね。

同僚に転職活動について話さない

在職中の転職活動を成功させるためには、同僚へ転職活動について話さないことです。なぜなら、どこから話が漏れるか分からないため。

例えば、社員食堂や居酒屋で同僚に転職活動について相談していたとします。しかしですね。上司が偶然居合わせて、話を聞いている可能性も0ではありません。

前述した通り、転職活動がバレてしまうと気まずい状況で数ヶ月過ごさなければなりません…。

ユウキ君

基本的に同僚に転職活動の話はしないor自宅など他の誰にも聞かれないところで信頼できる同僚にだけ話すのをおすすめします。

在職中に転職活動を行うことが違法になる場合がある?

在職中に転職活動を行うことは違法ではありません。なぜなら、日本国憲法により職業選択の自由が定められているため。

ここがポイント

日本国憲法第22条第1項:何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。

(引用:Wikipedia 職業選択の自由

しかしですね。会社によっては就業規則で在職中の転職活動が禁止されている場合があるんです。懲戒免職になるケースは稀ですが、注意してくださいね…。

懲戒免職になる可能性がある行為

  1. 会社のPCなど私的な転職活動のために利用した
  2. 就業中に転職活動を行なった(面接へ行った)

大抵の会社では在職中に転職活動をしても問題ありません。そのため、転職活動を始める前に就業規則を確認してみましょう。

まとめ:在職中の転職活動を効率よく進めるなら転職エージェントを利用しよう!

今回は、転職活動を在職中に行うメリットとデメリットや在職中の転職活動の履歴書の書き方の注意点、在職中の転職活動を成功させるためのコツ、在職中に転職活動を行う違法性について紹介しました。

では、記事の内容をまとめます。

記事の内容まとめ

  • 在職中に転職活動を行うべき
  • 転職活動を行なっていることが現在の職場でバレないようにする
  • 転職エージェントを利用する

在職中に転職活動を行なった方が金銭的にも安定するため、納得いくまで転職活動を行えます。それが理想の職場への転職につながるんです。

だですね。在職中の転職活動が職場にバレると気まずい思いをするかもしれません…。

対策としては企業とのやり取りは私用のPCやスマホを利用したり、同僚へ転職活動について話さないようにしたりしましょう。

在職中の転職活動は多忙を極めます。転職活動を成功させるためには効率的に行動しなければなりません。

そこで転職エージェントなら面接日の日程調整をしてくれたり、希望通りの求人を紹介してくれたりと手間が省けるんです。

在職中の転職活動を検討している方は、今回紹介した転職エージェントに無料相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

監修者プロフィール

フジワラ
運営者:フジワラ
27歳の元既卒生。 大学在学中から続けていた塾講師のアルバイト経験のみだったが、一念発起して就職活動に取り組み、既卒の立場で2社から内定を獲得。実体験を元にした確かな情報提供を心がけていきます。

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

1
ウズキャリ既卒(既卒の内定実績86%!他社の10倍時間をかけて、就活をサポート)

他社の10倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート!離職率の高いブラック企業は紹介しないポリシーを貫いています。

imasia_9065120_S2
DYM就職(既卒の就職率96%!就職できるまで二人三脚!親身な就職サポート!)

DYM就職なら、2000件以上の既卒向け求人の中からエンジニア・企画・マーケティング・事務・管理・クリエイティブ等、様々な職種の仕事を選ぶことができます。

imasia_14141661_S-2 3
えーかおキャリア(定着率97%!事務職、広報、営業など、あなたの希望を叶える仕事をご紹介!)

内定率は転職エージェントの4倍を誇る充実のサポート!求人紹介、面接対策や内定後のキャリアプランを含めて、2人3脚であなたの就職・転職を徹底サポートします。

4
ベンチャーセールス(採用決定率95%!他の求人サイトにはない優良求人が400社以上も)

顧客満足度97%!専門アドバイザーによる丁寧なサポートが魅力!

imasia_9065120_S5
ハタラクティブ(未経験・フリーターから有名企業の正社員へ)

既卒フリーターの内定実績No1!他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポートや、既卒から上場企業の正社員になれる求人多数