内定がないまま卒業したらヤバイ?既卒の就活を成功させる3つのポイント

「内定がないまま卒業した…でも、留年する金銭的余裕はない…」と、内定なしで大学を卒業してしまう人は少なくありません。

大学を卒業した人は「既卒(大学を卒業したが、社会人経験がない人)」として就職活動をすることになります。しかし、既卒の就活情報はあまり知られていないので、不安になってしまいますよね。

では、内定がないまま大学を卒業してしまった後に、正社員としての就職を決めるにはどうすればいいのでしょうか?無内定で卒業し、既卒で就活をして正社員になれた私が、大事なポイントを解説します!

内定がないまま卒業した後の就職事情とは

内定がないまま大学を卒業すると、就職市場では「既卒」という扱いになります。私も元々は既卒で、大学卒業後に就活をしましたが、正直厳しかったです。

imasia_13873585_S

株式会社ディスコの調査によると、既卒者を新卒として内定を出した企業はたったの14.2%だったようです。

imasia_13873585_S

また、株式会社マイナビの調査からも、新卒の内定率が83.4%なのに対して、既卒は45.0%まで落ちていることが分かります。

このように、内定がないまま卒業した後に就職活動をしても、一筋縄ではいきません。また、新卒の一括採用がまだまだ主流なので、求人数は新卒よりも既卒の方が少ないことを知っておきましょう。

既卒の就活に強い!既卒で就活するなら登録すべき神サイト

既卒で就職活動を頑張りたいけれど、「既卒者は、どんな就職サイトを使って就活すればいいの…?」と、悩んでいませんか?

そこで、私が既卒として就活した時に利用した、「既卒歓迎」のホワイト企業の求人を紹介してくれる就職サイトをご紹介します!

でも、大学を卒業した後でも意外と内定はとれる

imasia_13853148_S

冒頭で、既卒の就活の厳しさについて触れましたが、実際はそこまで不安に感じる必要はありません。

例えば、既卒者を新卒として内定を出した企業は14.2%とお伝えしましたが、そもそも既卒者の応募が来ずに内定を出せなかった企業も交じっているので、この数字を真に受けないほうがいいです。

また、既卒の内定率は新卒の約半分ですが、それでも確率は1/2ですし、2014年度の内定率と比べると約1.5倍改善しています。

実際に、私も既卒として就活をして、1社だけでなく2社からも内定をもらえました。内定がないまま卒業しても、その後しっかり就活をすれば内定を獲得できるのです。

内定がないまま卒業した既卒が就職を成功させる3つのポイント

imasia_11404141_S

それでは、私も実際にしていた、就活の進め方をご紹介したいと思います。内定がないまま卒業した既卒でも、この3つのポイントを守って就活をすれば、内定近づくでしょう。

逆に言えば、以下でご紹介するポイントは既卒就活の基本ともいえるので、守れないと内定は遠ざかっていくでしょう。

1.既卒になったら使うべき就活サイトはどこ?

imasia_11421623_S

まず、既卒の就活で絶対に外せないのが、就活サイトへの登録です。ただでさえ既卒向けの求人が少ない中で、就活サイトなしで応募企業を探すのはかなり困難です。

しかし、新卒の時はマイナビとリクナビという王道の就活サイトがあったのでよかったですが、既卒はどこの就活サイトを使えばいいのか迷ってしまうと思います。私もいろんな就活サイトに登録しては、失敗した経験があります。

そんな中でも、この就活サイトはかなり使える!というものがありましたので、以下でご紹介します。気になったら、みなさんも利用してみてください。

内定がないまま卒業した人は迷わず「マイナビジョブ20’sアドバンス」へ!

imasia_13873585_S

まず、2018年4月~2019年3月に大学・専門学校を卒業(予定)し、内定がない、だけど就職したいという人は、迷わず「マイナビジョブ20’sアドバンス」に登録しましょう。

2019年3・4月限定で、19卒向けに企業紹介と就職活動を徹底的にサポートしてくれます。

内定がないまま卒業した(しそう)19卒を積極的に採用したいという企業を多数紹介してくれるため、最短2週間で就職することも可能です。

内定から入社まで、専任のアドバイザーが既卒ならではの就活をしっかりサポートしてくれます。サービスは3・4月限定になるため、今すぐ登録しておくことをおすすめします。

30秒で完了!マイナビジョブ20’sアドバンスの無料登録はこちら

就活を支援してくれる既卒向けのエージェントに相談してみる

既卒でも、引き続きリクナビ・マイナビは使えますが、あくまでも新卒向けなので、既卒で選考を受けるとやや不利になります。なので、「既卒ターゲット」に求人を出している企業に出会える、既卒専門のエージェントも利用しましょう。代表的なエージェントとしては「ウズキャリ既卒」「ハタラクティブ」があります。

既卒向けの就職エージェントが紹介する企業は、当たり前ですが、既卒者の採用意欲が高いです。だから、リクナビを使うよりも、エージェント経由で受けていったほうが、圧倒的に内定は出やすいです。

実際、「ウズキャリ既卒」と「ハタラクティブ」では利用者の内定率は80%を超えています。マイナビの調査を圧倒する内定率をが出ているわけですね。

利用は無料なので、本気で就職したいのであれば、ぜひ相談してみてはいかがでしょうか。

ウズキャリ既卒の詳細はこちら

ハタラクティブの詳細はこちら

2.エントリー数を増やして就職成功率を大幅に上げる

imasia_13873585_S

エントリー数を増やせば内定率も上がる、単純なことなのに、実際に行動に移せていない人は多いです。
上記のグラフは、マイナビが行った「2018年度マイナビ既卒者の就職活動に関する調査」で、在学中に内定がないまま既卒になってしまった人の、在学中の行動量(青)と、内定をとった学生の行動量(緑)を比較しています。

内定者の平均エントリー数26社なのに対して、内定がないまま卒業した既卒者の在学中のエントリー数は14社。

エントリー数に関して、内定者と無内定者で2倍近い差があることが一目瞭然です。とにかく企業の選考をどんどん受けて、少しでも内定する可能性を上げていくのが、既卒の就活では重要になります。

3.既卒だからこそ聞かれる質問には万全の対策を

imasia_13873585_S

既卒の就活が厳しいといわれるのは、既卒に対して企業が持っているネガティブイメージを、面接でポジティブなものに変えられていないからです。

新卒と既卒の面接はまったく違います。一番大きく変わるのは、面接官からの質問内容です。大多数の人が大学卒業と同時に就職する中で、内定がないまま卒業して既卒になったことを企業側は気にするため、質問を通して「怠けて既卒になったのではないか」「何か大きな欠点があるのではないか」などを確認しています。

以下で、既卒の面接で頻繁に聞かれる質問と回答例を2つご紹介しますので、参考にしてみてください。

Q.なぜ既卒になってしまったのですか?→「理由+反省」が必須

まず、既卒になった理由はほぼ確実に聞かれます。採用に直接関係なくても、興味本位で聞いてくる面接官すらいるくらいです。

おそらく、ポジティブな理由で既卒になった人はいないのではないでしょうか。そうなると、本当のことは話づらいと思います。しかし、だからといって嘘をつくのはご法度。

ネガティブな理由で既卒になってしまったとしても、「理由+反省」の組み合わせで説明すれば、面接官への印象をよくすることができます。

回答例

私は、アルバイトに没頭するあまり、就活に取り掛かるのが遅くなり、内定がないまま卒業してしまいました。当時は、アルバイトと学業を両立しながら就活をするなんて無理だと決めつけていましたが、よく考えると、周りの友人は要領よく進めていました。アルバイトが忙しかったのは事実ですが、アルバイトと就活を両立していた友人にアドバイスをもらうことをしなかったことが、一番の反省点です。

この反省から、友人とキャリアアドバイザーから就活の進め方のアドバイスをもらって、今もアルバイトを続けながら就活と両立させています。

Q.卒業後は何をしていましたか?→自分なりの取り組みをアピール

既卒には、卒業してから就活を始めるまでに「空白期間」があると思います。この空白期間をどう過ごしたかを聞かれることもかなり多いです。

内定がないまま卒業したうえに、空白期間中も何もしていないとなると、面接官は採用したいとは思いません。

空白期間をどれだけ肯定的にアピールできるかで、内定をもらえるかどうか決まるといっても過言ではありません。

回答例

私は語学関係の仕事に就きたくて、就活を行っていましたが、語学力不足によって筆記試験(語学力テスト)で落ち続けてしまい、内定がないまま卒業してしまいました。

自分の課題は明確だったので、本格的に就活を再開する期限を半年後にして、その半年内に「TOEIC850点以上」「海外に短期留学する」という2つを目標にして、語学力を高める勉強に集中していました。カナダへ留学して、本場の英語を体感しながらヒアリング力とスピーキング力を養いつつ、テキストを使ってライティング力(長文読解や文法など)を高めました。結果、TOEICで880点を獲得することができ、留学した経験でビジネス会話も容易にできるくらいにまで成長できました。

この経験から、語学力が身についただけでなく、目標に向かって全力でやりきることの大切さを学びました。

時間がたつほど、就活は不利に。思い立ったらすぐ行動しよう

imasia_15432350_S

内定がないまま卒業した後の就職活動で、一番のポイントは「すぐに就活をはじめる」ことです。

大学卒業後に就職をしていない時間は「空白期間」になります。空白期間が長ければ長いほど、既卒の就職は不利になります。ただし、空白期間は1年以内の場合あまり面接で突っ込まれません。

だから、空白期間を突っ込まれない卒業後1年以内の間に、内定を目指したいところですよね。

では、いつから始めるべきなのでしょうか?

HP3

これはマイナビ既卒調査(2015)の、既卒の内定時期(終了時期)を示したグラフです。7~10月のピークは新卒枠の内定、3月のピークは既卒枠の内定と考えてください。

既卒の就活であっても、新卒と同じ3月からスタートしましょう。新卒枠の内定は6月~10月までで出尽くしてしまいます。このピーク時期にあわせるには、新卒と同じ3月から就活を始めるべきです。

また、ご紹介した「マイナビジョブ20’sアドバンス」は3・4月限定なので、早めに登録して相談しておくと、いい企業が残っていて、納得のいく就職ができやすいです。

まとめ:内定がないまま卒業しても大丈夫!困ったらすぐにエージェントへ

内定がないまま卒業してしまうと、既卒として就活を始めることになります。新卒の就活と比較するとですが、既卒の就活は簡単ではありません。しかし、どうやって就活するかで、内定率を約2倍に上げることは十分可能です。

卒業後すぐに就職したいという人は、3・4月限定で最短2週間で内定できる「マイナビジョブ20’sアドバンス」、少しブランクがある人は内定率86%を誇る「ウズキャリ既卒」に登録して、就活をバックアップしてもらいましょう。

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

imasia_14141661_S-2 1
マイナビジョブ20'sアドバンス(最短2週間で内定へ!3・4月限定でNo.1の既卒就活サービス)

内定がないまま卒業しても大丈夫!大手マイナビが3・4月限定で、既卒者を積極採用したい優良企業を一気にご紹介。既卒の就活ノウハウも専任のアドバイザーが丁寧に教えてくれ、内定をとるまでしっかりバックアップしてくれます。

imasia_9065120_S2
ウズキャリ既卒(既卒の内定率は業界トップクラスの86%!他社の10倍時間をかけて、就活をサポート)

既卒になると、新卒の時のようにナビサイトが使えなくなり、既卒歓迎の求人を探すのに苦労すると思います。既卒求人の見つけ方を知らないと、「どうしよう」と途方に暮れてしまいますよね。そこで、既卒採用の求人を見つける効率的な方法をご紹介します!

imasia_13676025_S 3
DYM就職(既卒・フリーターでも優良企業の正社員に!ただ、営業職の割合が少し多い)

履歴書を提出しても、既卒というだけで落とされることが多いですが、書類選考なしで面接に進めるので心配いりません。さらに、優良企業を紹介してくれる上に寄り添って就活サポートしてくれるから、相談からの就職率は驚異の96%という実績が出ています!

4
ハタラクティブ(既卒・未経験OKの求人が多数だが、厳選されるため紹介数は少ない)

既卒の面接は、新卒とは少しルールが違います。「既卒ということは、新卒の時に上手くいかなかった問題のある人物なのでは?」と色眼鏡で見られ、その懸念を払拭するべき受け答えをしなければならないからです ...

imasia_12756285_S5
doda新卒エージェント(求人の質が高く、サポートも充実しているけど、既卒3年以上の人は利用不可)

既卒の面接は、新卒とは少しルールが違います。「既卒ということは、新卒の時に上手くいかなかった問題のある人物なのでは?」と色眼鏡で見られ、その懸念を払拭するべき受け答えをしなければならないからです ...