既卒は就職できないって本当?僕が既卒で就活してわかった真実

「既卒になると、ほとんどの企業が相手にしてくれなくなる」「既卒になると、正社員になることができなくなり、人生終了」と一部で言われています。このような話を聞くと、「一生、正社員になれないのか」と心配になりますよね。

しかし、大事なのは噂でどう言われているかではなく、実際にはどうなのか、ですよね。

さて、実際には、どうなのでしょうか?27歳、職歴なし、空白期間あり、という厳しい条件で既卒就活をした私が、就活したからこそわかる既卒就活の実態をご紹介します。

フジワラ

この記事では私の100%の実体験をお伝えします!

そもそも「既卒」とはどういう意味か?

既卒とはどういう意味?

既卒とは、就職市場で生まれた言葉ですので、実は明確な定義はありません。しかし、一般的には「学校(大学、専門学校など)を卒業してから3年以内の、一度も正社員就職したことがない人(社会人経験がない人)」を指すことが多いです。

似たような言葉に「第二新卒」がありますが、こちらは「大学卒業後に正社員就職したが、3年以内に離職した人」を意味するため、就業経験がある/ないで大きな違いがあります。

既卒として就活を始める前に、まずは自分がどういった立ち位置なのか、知っておきましょう。

ここがポイント!

既卒:学校を卒業してから正社員で働いた経験がない人

第二新卒:学校を卒業して正社員になったが3年以内に離職した人

既卒/フリーターの就活に強い!無料登録しておくべき神サイト

既卒で就職活動を頑張りたいけれど、「どんな就職サイト/サービスを使って就活すればいいの…?」と、悩んでいませんか?

そこで、私が既卒として就活した時に利用した、「既卒歓迎」のホワイト企業の求人を紹介してくれる就職サイトをご紹介します。無料なので登録しておいて損はないと思います!

既卒で就職できないってホント?既卒の就職率から見えてくること

さて、まず既卒の就職率はどのくらいなのでしょうか?既卒の就職率がわかれば、「既卒は就職できるのか、できないのか」ハッキリしますよね。マイナビの調査結果を見てみましょう。

既卒の就職率は45%

以下は、マイナビが行った「2018年度マイナビ既卒者の就職活動に関する調査」の調査結果です。新卒の学生の内定率は、83.4%となっています。一方で、既卒の学生は内定率が45%となっています。

既卒の内定率は、新卒の約半分ということが分かります。新卒で就活をするか、既卒で就活をするかで、内定率は大きく変わるようです。このデータだけみると、既卒の就活が厳しいと言われる所以がよく分かります。

フジワラ

確かに新卒の就職内定率と比べると、低いと感じるかもしれません。しかし、それでも45%の内定率が出ているという方に着目しましょう。

既卒の就職は厳しい闘いだが、就職できないわけではない

確かに、新卒者に比べれば低い数字ではありますが、未経験、職歴なしの若者でも、45%は正社員になっているわけですから、「既卒になったら就職できない」「既卒になったら人生終了」とは、到底言えない結果だといえるでしょう。

また、2012年の既卒者の内定率は23%でしたが、2018年の既卒者の内定率をみると大幅に改善していますよね。新卒の就職状況も改善してきていますから、この改善傾向は、今後も続くと思います。

就職を希望する人の3人に1人以上は内定できているので、「就職ができない」は大げさだと思います。

キヨちゃん

数年前に比べるとだいぶ改善されてるんですね。既卒生を受け入れてくれる会社の数が増えてるって、既卒の私としても何だか嬉しいです。

既卒で就職できない人が多い一番の原因とは?

とはいえ、30%ですから決して高い数字ではありませんよね。この数字だけ見ると「やっぱり既卒の就活は厳しいのか」と思うかもしれません。ただ、あまり心配する必要はありません。というのも、既卒の内定率が低いのは「そもそも就活を頑張っていない」人の数字が混じっているからです。

60%の既卒者は、就職活動をあまり頑張っていない

スクリーンショット 2015 11 17 12 00 13

これは先程のマイナビ調査で、既卒者に対して、在学中と卒業後で就職活動の行動量がどのように変わったのか?を聞いたアンケートの調査結果です。

在学中に比べて、行動量が「かなり増えた」「やや増えた」は全体の40%に過ぎません。60%は「変わらない」「やや減った」「かなり減った」なのです。

同調査によれば、内定者に比べて、無い内定で卒業してしまった既卒の学生は、在学中の就活の行動量が半分程度だとわかっています。たとえば、内定者のエントリー数は55社、エントリーシート提出が20社なのに対して、無い内定で卒業してしまった既卒のエントリー数は24社、エントリーシート提出は11社でした。

行動量の少なさが一番の原因

仕事検索

つまり、「在学中にも内定者の半分程度しか行動していない人が、既卒で条件が厳しくなっているのにも関わらず、在学中とくらべて行動量が変わっていない、あるいは減っている」わけですね。

これが60%もいるわけです。厳しい言い方ですが、就職率が低くなっても仕方ないといえるでしょう。

ユウキ君

「まだいいや」と思っていつまでも行動に移さないのはダメという事ですね…

このように、既卒の就職率が低い一因に「既卒には、就活をそもそも頑張っていない人が多い」ことが挙げられます。だから、単純に内定率30%という数字だけで「既卒の就活は厳しい」と悲観的になってはいけません。

大丈夫。27歳既卒・職歴なしの僕でも就職できた

このように既卒の低い就職率は「そもそもあまり頑張っていない」人たちの数字が含まれています。だから、あまり悲観的になる必要はありません。

フジワラ

27歳で塾講師のアルバイトしか経験がなかった僕でも大丈夫でした。その体験談を少しだけお話しますね。

27歳、職歴なし、既卒、ニート期間ありでも2社内定できた

実際、たとえ既卒でも適切な方法で努力すれば、正社員の内定を決められます。実際、私は27歳、職歴なしで塾講師のアルバイト経験のみ、既卒、卒業後にニート期間あり、という厳しい条件で就活をしましたが、2社から内定を獲得できました。

「どうせブラック企業でしょ?」と思うかもしれません。しかし、もちろん、正社員の求人です。内定先はどちらもきちんとした会社で30で年収600万を目指せ、2ヶ月の研修期間があり、残業代も出るところです。

こんな条件の悪い僕でも内定できたのですから、「既卒は就職できない」なんて嘘っぱちです。とはいえ、何もしなければ既卒の就職が厳しいのも事実。では、既卒で内定を決めるには、どうすればよいのでしょうか?

既卒の就職を成功させる3つのポイント

既卒就活の成功ポイント

1.既卒歓迎の求人を受けていく

リクナビ・マイナビの既卒可求人は「既卒も応募しても良い」だけで、基本的には新卒向けです。応募しても、新卒と比べられてしまうため不利になります。また、ハローワークの求人も、社会人経験者がライバルになることが多いため、あまり上手くいきません。(条件の良くない企業も多い)

正社員の内定を決めるためには、リクナビ・マイナビだけを使うのではなく、他の就活サイトも使って「既卒歓迎」の求人を受けていかなければなりません。

既卒歓迎の求人を見つけるには、既卒向けの就活サイトを利用しましょう。

既卒の就活サイトには様々なものがありますが、中でも「既卒歓迎」の優良企業の求人を多数紹介してくれる就職サイト「ウズキャリ既卒」がオススメです。既卒からでも優良企業への正社員としての内定を有利に目指せます。

既卒サービス「JHR就職エージェント」

「JHR就職エージェント」では、既卒・第二新卒・フリーターの就活に強く、業種・職種選びから面接のポイントまで丁寧にサポートしてくれるので、カウンセリング実施から1週間で内定を獲得することができました。

紹介実績も総合広告代理店/上場大手の不動産企業/企画・マーケティング会社など、上場企業や有名企業など5000件以上もの取引があるため、大手の求人サイトにはない、独自の求人を紹介できる点が強みのひとつです。

私が実際に使って感じたJHR就職エージェントの強み

  1. 上場企業や有名企業など、ご紹介件数5000社以上もある
  2. 満足度96%!専門アドバイザーによる選考対策が魅力!
  3. 丁寧なカウンセリングで就職活動の不安や悩みを解消

JHR就職エージェントの無料登録はこちら

既卒サービス「ハタラクティブ」

ハタラクティブ
ハタラクティブ

私が実際に使った中でおすすめしたいのは「ハタラクティブ」です。利用者のほとんどが既卒・フリーターで、社会人経験ゼロの人を対象に色々な就活支援をしてくれます。

私が使ったハタラクティブのおすすめポイント

  1. 求人の質が高く、既卒から上場企業の正社員になれる!
  2. 一人で就職活動をするより、圧倒的に内定しやすい
  3. 他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート

求人の紹介だけでなく、既卒の就活を知り尽くしたキャリアコンサルタントによる、「自己分析サポート」「履歴書・エントリーシートの添削」「模擬面接」のサービスを提供していて、既卒の就職を徹底サポートしてくれます。興味がある人は以下をチェックしてみてください。

ハタラクティブの詳細を見てみる

既卒サービス「ウズキャリ既卒」

私も利用しましたが、特におすすめなのが「ウズキャリ既卒」です。とにかくサポートが充実しており、企業面接ごとに、1回2時間をかけ、合計20時間以上にわたって徹底的に面接対策をしてくれます。

私が使ったウズキャリ既卒のおすすめポイント

  1. ブラック企業を完全排除している(そもそもUZUZがホワイト企業大賞特別賞を受賞している)
  2. 既卒採用に積極的な企業を10社以上紹介してもらえる
  3. 一人で就職活動をするより、圧倒的に内定しやすく最短2週間で内定も可能!

離職率や残業時間が慢性的に長いなどの、厳格な基準でブラック企業を徹底排除しているため、内定者の定着率も95%と非常に高いです。

ウズキャリ既卒の詳細を見てみる

2.既卒の面接でよく聞かれる「ネガティブ質問」に備えよう

既卒の面接でよくあるネガティブ質問

  1. なぜ既卒になってしまったのか?
  2. 卒業後の空白期間には何をしていたのか?
  3. 就職活動をしなかったのか、それとも失敗したのか?

既卒になると上記のようないわゆる「ネガティブ質問」というものを面接時に高い確率で聞かれます。これらの質問に上手く答えなければ、内定は遠のきます。上手く切り返せるように、自分なりに回答を整理しておきましょう。

以下の記事では、回答例つきでこれらの頻出質問の答え方を解説しています。

面接で「既卒になった理由」を聞かれた時の効果的な回答法

2020.03.09

既卒の面接で「空白期間」を質問された!実際に私が使った回答を徹底解説【例文あり】

2020.02.19

3.とにかく行動量を増やす

上で述べたように、受けている会社の数は内定率と大きな相関関係があります。受ける会社が多ければ多いほど、内定するチャンスが増え、正社員として働ける可能性があがるのです。

確かに、既卒可の求人を探すのは大変ではありますが、各種ナビサイトや上記のサービスを駆使して、最低40社にはエントリーし、20社以上にはエントリーシート・履歴書を提出するくらいの行動はしたほうが良いでしょう。

キヨちゃん

既卒の就活は何より「早く動き出すこと」と「積極的に活動すること」が大切ですね!

既卒の就活は厳しいばかりじゃない!就活サイトをうまく活かしてとにかく動こう

就活サイトに無料登録

適切な努力さえすれば、既卒でも内定をとるのは難しくありません。「既卒だから無理」と諦めずに積極的に就活をしていきましょう。27歳の僕でも内定できたのですから、あなたに内定できないわけがありません。

そもそも就活の仕方が分からない、不安だという既卒の方は、私が実際に使った無料の就活支援サイトである「ウズキャリ既卒」を使ってみることをオススメします。

キヨちゃん

転職エージェントは「自分に自信がない人」でも大丈夫。私もそうでしたが、まず1度カウンセリング(無料)を受けてみると、新しい発見があるかもしれません。

この記事で紹介したサービス

  1.      「ハタラクティブ」:求人の質が高く、既卒から上場企業の正社員になれる!    
  2.      「DYM就職」:既卒の就職率96%!DYM就職なら、2000件以上の既卒向け求人の中から様々な職種の仕事を選ぶことができます。
  3.      「JHR就職エージェント」:内定率92%!上場企業や有名企業など、ご紹介件数5000社以上も!

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

1
JHR就職エージェント(内定率92%!上場企業や有名企業など、ご紹介件数5000社以上も!)

JHR就職エージェントに登録すれば、求人紹介だけでなく「面接対策」「自己PRやエントリーシートの添削」のサポートが受けられ、内定後や入社後にも丁寧にサポートしてくれるため利用者の満足度は96%!

imasia_9065120_S2
ハタラクティブ(未経験・フリーターから有名企業の正社員へ)

既卒フリーターの内定実績No1!他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポートや、既卒から上場企業の正社員になれる求人多数

3
ウズキャリ既卒(既卒の内定実績86%!他社の10倍時間をかけて、就活をサポート)

他社の10倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート!離職率の高いブラック企業は紹介しないポリシーを貫いています。

4
ベンチャーセールス(採用決定率95%!他の求人サイトにはない優良求人が400社以上も)

顧客満足度97%!専門アドバイザーによる丁寧なサポートが魅力!

imasia_9065120_S5
DYM就職(就職率96%!就職できるまで二人三脚!親身な就職サポート!)

DYM就職なら、2000件以上の求人の中からエンジニア・企画・マーケティング・事務・管理・クリエイティブ等、様々な職種の仕事を選ぶことができます。