第二新卒のキャリアプラン作成ステップ5!質問の意図と答え方まとめ

第二新卒のキャリアプラン作成ステップ5!質問の意図と答え方まとめ

「第二新卒で転職する前にキャリアプランを立てておきたい!」と思う一方で、

疑問

  • キャリアプランを立てる必要性とは?
  • キャリアプランの立て方を教えてほしい
  • キャリアプランに関する質問への答え方は?面接官がチェックしているポイントは?

と悩んでいませんか?

私の友人も第二新卒時代はキャリアプランの立て方が分からず、転職活動に迷いがありました。

面接でキャリアプランについて問われた際にも上手く答えられなかったそうです。

ただですね。キャリアプランの立て方を知っておくと、自分の理想の働き方が分かります。加えて、質問に上手く答えられれば、選考突破率もグッとアップするんです。

そこでここでは、第二新卒の転職を成功させた友人へのインタビューを元に、キャリアプランの概要やキャリアプランを立てるメリット、キャリアプランを作成するためのステップ、面接官がキャリアプランを質問する意図、面接でキャリアプランを問われた際の答え方と例文を紹介します。

キャリアプランとは理想の働き方を実現するために作成する行動計画のこと

ここがポイント

キャリアプランとは、理想の働き方を実現するために作成する行動計画のこと。将来像を叶えるために必要なスキルや実績を把握して、逆算して計画を立てられる。

昨今、終身雇用が崩れつつあり、一人一人がキャリア構築について考える必要が出てきました。

例えば、「営業部長になる」のが目標なら「10年後まで実現させたい」「そのために必要な実績やスキルを得る」など具体的な行動に落とし込むのが重要なんです。

そこでキャリアプランを明確化することで、理想の働き方を実現できる可能性が高まりますよ。

キャリアパスとキャリアビジョンとの違い

キャリアプランと類似して、キャリアパスとキャリアビジョンという言葉があります。キャリアプランと混同しないように意味を覚えておきましょう。

ここがポイント

キャリアパスとは、キャリアを得るための道のこと。目標とする役職に就くまでの過程であり、どのように昇進していくかを具体的に示している。

ここがポイント

キャリアビジョンは将来的に叶えたいと願っている目標のこと。最終的ななりたい自分像+働き方や生き方を含めた概念でもある。

キャリアプランとの違いは、計画より決意に近いことです。

違い

  1. キャリアプラン:転職や起業を視野に入れたキャリア全体の計画。
  2. キャリアパス:所属中の企業内で出世していくための計画。

ここがポイント

キャリアビジョンは将来的に叶えたいと願っている目標のこと。最終的ななりたい自分像+働き方や生き方を含めた概念でもある。

キャリアプランとの違いは、計画より決意に近いことです。

違い

  1. キャリアプラン:継続した努力が必要な目標を設定して、実現のために計画すること。
  2. キャリアビジョン:現状の予想ではなく、必ず成し遂げると決意すること。

既卒/フリーターの就活に強い!無料登録しておくべき神サイト

既卒で就職活動を頑張りたいけれど、「どんな就職サイト/サービスを使って就活すればいいの…?」と、悩んでいませんか?

そこで、私が既卒として就活した時に利用した、「既卒歓迎」のホワイト企業の求人を紹介してくれる就職サイトをご紹介します。無料なので登録しておいて損はないと思います!

第二新卒がキャリアプランを立てる3つのメリット

第二新卒がキャリアプランを立てる3つのメリットは以下の通りです。

第二新卒がキャリアプランを立てる3つのメリット

  1. 仕事や転職に対するモチベーションが高まる:目標がなく、毎日会社と自宅の往復にうんざりしている人はキャリアプランを立てると、仕事のモチベーションが上がるかもしれない。
  2. 他の転職者との大きく差別化を測れる:ゴールが明確化されており、話に一貫性が出る。選考での説得力のあるアピールができる。企業側には魅力的に映りやすい。
  3. 今やるべきことや数年後以内に達成すべき目標が明確になる:転職先選びに迷いがなくなる。

そのため、キャリアプランは転職活動を始める前に立てておきましょう。

第二新卒がキャリアプランを作成するためのステップ5

第二新卒の場合、前職の仕事選びで失敗した方もいるかもしれません。企業のネームバリューや待遇に惹かれて、再度ミスマッチを起こさないように気をつける必要があります。

ただですね。将来的に理想の働き方を実現させるためにはそれらに注意するでは不十分なんです…。そこでキャリアプランを練ることが必要になります。

ここでは第二新卒がキャリアプランを作成するためのステップ5を紹介します。

第二新卒がキャリアプランを作成するためのステップ5

  • 退職理由を曖昧にしない
  • 将来的に自分が実現したいことを明確にする
  • キャリアプランの中にライフプラン(人生設計)を入れておく
  • 現状の自分のスキルや実績を把握する
  • 目標から逆算してこれから必要なスキルや経験を考える

退職理由を曖昧にしない

第二新卒がキャリアプランを作成するためのステップ1は、退職理由を曖昧にしないことです。なぜなら、退職理由を理解しないまま転職しても、再度短期離職してしまう可能性が高いため。

前職の退職理由→改善すべきポイント

  1. 職種とのミスマッチ→向いている職種を探す
  2. 労働時間が長い→月の残業が20時間未満の企業を探す
  3. ノルマが厳しい→個人主義の仕事よりチームワークを重視する仕事を探す

退職理由を明確にすることで、次の転職先ではミスマッチを起こす可能性が減り、キャリアプランに沿った会社を選べるようになりますよ!

将来的に自分が実現したいことを明確にする

第二新卒がキャリアプランを作成するためのステップ2は、将来的に自分が実現したいことを明確にすることです。

なぜなら、やりたいこと(目標)を決まれば、転職の指針になるため。

例えば、「大手企業の商品企画部でヒットメーカーになりたい」など仕事で成し遂げたい目標を設定すべきですね。

また、5・10年後区切りで実現可能な目標を定めておきましょう。

理由は遠い将来として10年後の目標を掲げ、中間地点として5年後の目標を定めると、段階を踏むことで目標達成のイメージが湧きやすくなるため。

フジワラ

10年後は現実味を持って考えることが難しく、漠然とした内容になりがちです…。

ただですね。5年後なら具体的な目標が立てやすくなります。

ここに注意!

    5年後の目標は今後の予測ではありません。挑戦する価値があり、努力が必要な目標を設定した方が仕事へのモチベーションアップにつながりますよ!

キャリアプランの中にライフプラン(人生設計)を入れておく

第二新卒がキャリアプランを作成するためのステップ3は、キャリアプランの中にライフプラン(人生設計)を入れておくことです。

なぜなら、キャリアプランとライフプランを別々に考えるとどちらかを諦めなければならない可能性があるため。

今は以下のような多様な働き方があり、人の理想とするライフプランも様々です。

多様な働き方の例

  1. リモートワーク:オフィスへ出社せずに働く
  2. デュアルワーク:2つの地域を拠点にして働く
  3. ワーケーション:働きながら休暇を取る

ライフイベント(結婚や出産)を見通した上でキャリアプランを立てられるようになるなど働き方の自由度が上がりますね。

現状の自分のスキルや実績を把握する

第二新卒がキャリアプランを作成するためのステップ4は、自己分析で過去を振り返り、現状のスキルや実績を整理して強みを把握することです。

なぜなら、目標までの計画が練りやすくなるため。自己分析をする際は以下の書籍やツールを利用するのがおすすめですね。

おすすめの自己分析ツール・書籍

  1. ストレングス・ファインダー
  2. メモの魔力(巻末の自己分析1000問)
  3. グッドポイント診断

目標から逆算してこれから必要なスキルや経験を考える

第二新卒がキャリアプランを作成するためのステップ5は、目標から逆算してこれから必要なスキルや経験を考えることです。

今までのステップで、目標達成のために自分に足りていないスキルや経験が分かりました。そして、これから取り組むべき内容が明確化されたと思います。

今後取り組むべき内容の例

  1. スキルや知識を増強する
  2. 資格の取得する
  3. 市場価値を上げるために実績を上げる

取り組むべき内容を実行していけば、キャリアプランの実現へ着実に近づいていきますよ!

面接官がキャリアプランを質問する2つの意図

キャリアプランに関する質問に対して上手く答えられなかった経験がある人もいるかもしれません。ただですね。キャリアプランを質問する意図は明確に存在します。

面接官の意図を汲んだ回答をすれば、選考突破率がグッと上がるんです!そこでここでは、面接官がキャリアプランを質問する意図を2つ紹介します。

面接官がキャリアプランを質問する2つの意図

  • 志望動機がどれくらい具体的に定まっているのか知るため
  • 短期離職するリスクを軽減したいため

志望動機がどれくらい具体的に定まっているのか知るため

面接官がキャリアプランを質問する1つ目の意図は、志望動機がどれくらい具体的に定まっているのか知るため。

具体性が高いキャリアプランを設定している方が入社意欲が高いと判断できます。

本気で志望している場合は入社後に成し遂げたい仕事や関わりたい仕事を思い描き、キャリアプランに含めている場合が多いんです。

加えて、キャリアプランの内容が応募企業の事業計画と一致していれば、企業研究を徹底して行っており、入社意欲の強さの表れになります。

キヨちゃん

つまり、キャリアプランを聞けば、志望動機が具体的に定まっている=入社意欲の高さが分かるかもしれません。

短期離職するリスクを軽減したいため

面接官がキャリアプランを質問する2つ目の意図は、短期離職するリスクを軽減したいため。

入社後にキャリアプランが実現できないと知って、すぐに辞めてしまう人もいるんです。企業側は採用に費やしたコストや時間が無駄になるだけでなく、再度人員を補充するために募集をかけ直す必要があります。

ユウキ君

企業側はリスクを回避するために、長期的に定着できる可能性の高い人材を採用したいんです。

そのため、キャリアプランについて質問して、自社とミスマッチを起こさないかをチェックしています。

【例文あり】第二新卒が面接でキャリアプランを問われた際の答え方

第二新卒が面接でキャリアプランを問われた際の答え方のポイントは以下の通りです。

回答のポイント

  1. 具体的な内容になっているか:「応募先企業で」「いつまでに」「どんな仕事をしていたいのか」をアピールする。
  2. それは実現可能な目標かどうか:現実離れした目標は信じてもらえない。目標達成のプランをきちんと説明できるかどうかが大切。
  3. 意欲だけでなく行動に移しているかどうか:異業種から転職希望者が「来年には営業部のトップになる」という目標を掲げているとします。ただ、何の準備もしていなければ、説得力が全く出ない。

回答例
私はブルーオーシャンを積極的に開拓していく御社で、商品企画部の中心的な存在になりたいと考えています。

その実現のためには前職での営業経験を活かし、新たに参入する黒物家電の商品知識やお客様のニーズなど役立つ情報を提供します。

同時に、御社の商品企画のノウハウを得て、自らの引き出しを増やし、消費者の生活に本当に必要な製品を企画できるように工夫する所存です。

職種未経験者なので、現在は書籍やネット、会社の同僚から知識やノウハウを得ている段階です。ただ、前職の経験を応用できるため、早めに戦力になれるはずです。

近い将来には商品企画部の中心人物として成果を残していきます。

第二新卒の転職でキャリアプランを立てる際は第二新卒特化型エージェントを頼るべき!

第二新卒の転職でキャリアプランを立てる際は第二新卒特化型エージェントを頼りましょう。なぜなら、転職のプロであるキャリアアドバイザーがキャリアプランの作成をサポートしてくれるため。

転職エージェントでは最初にヒアリングを行ってくれます。

また、キャリアプランの作成について分かりやすく教えてくれたり、質問することで自分でも気づかなかった強みや理想の働き方に気づけたりするかもしれません。

第二新卒特化型転職エージェントでは他にも以下のようなサポートが受けられます。

第二新卒特化型転職エージェントのサポート一覧

  1. 無料カウンセリング
  2. 求人紹介
  3. 面接対策
  4. 応募書類の添削
  5. 内定後の収入交渉
  6. 面接日の日程調整
  7. 推薦状の記入

面接対策では毎回フィードバックをもらえるんです。良かった点と改善すべき点が分かるので着実に内定へ近づいていけますよ!

そのため、第二新卒特化型転職エージェントの利用するのがおすすめですね。

人気企業に転職成功した職務経歴書を参考にしよう

人気企業に転職成功した人は、どのような職務経歴書を作成したのでしょうか。
転職成功者の回答から、考え方、アピールポイントを学んでみましょう。

「職務経歴書完全攻略まとめ」では、なかなか見ることのできない職務経歴書を数多く掲載しています!

第二新卒のキャリアプランに関するQ&A

ここでは第二新卒のキャリアプランに関するQ&Aをまとめました。気になるところがあれば、チェックしてみてくださいね。

「キャリアプランは特にない」と回答しても良いのか?

「キャリアプランは特にない」と回答するのは避けましょう。

なぜなら、将来について真面目に考えていない印象がついてしまったり、仕事に対して受け身な印象がついたりするため。

そこでできるだけ質問には具体的に答えるべきですね。また、以下のような回答は採用を見送見送られる可能性が高いので避けましょう。

NGな回答例

  1. 応募先企業では実現できないキャリアプランを伝える:採用担当者は自社で活躍してくれる人を採用したいため。やりたいことができないとすぐに辞めてしまうリスクがある人は避けられる。
  2. 自分のスキルアップについてのみ回答する:採用担当者は会社の戦力になる人を採用したいため。「スキルを高めた上で会社へどんな貢献をしたいのか」まで伝えるべき。

「将来の夢」を聞かれる理由と質問への答え方は?

将来の夢を聞かれる理由はあなたの自主性や熱量を判断するため。

企業側はあなたが自ら目標を設定して、自主的・能動的に動ける人材かどうかを判断しています。就業意欲の高さを測る判断材料でもありますね。

回答のポイント

  1. 仕事に関する夢か:「仕事を通じて社会にどう貢献したのか」などを話す。
  2. 企業の考え方とマッチした夢かどうか:企業の理念に合わない場合はミスマッチを起こす可能性が高いと判断されやすい。
  3. その企業だから叶う夢かどうか:どの企業でも当てはまる夢では志望度の高さが伝わらない。

回答例
私の夢は商品企画職として消費者の生活を豊かにして、自社の発展に貢献できる人材になることです。

御社を志望した理由はユーザーファーストの理念を色濃く反映した製品を開発しているためです。

ヒット商品を生み出すためには競合他社の製品の研究をしたり、顧客の隠れたニーズを知り、企画に活かしたりすることが重要なことは自覚しております。

前職では白物家電の企画に携わり、上記のような意識で仕事に取り組んでいきました。そのノウハウを生かし、即戦力として自社の業績に貢献できると自負しております。

御社のユーザーファーストの理念を体現し、消費者の生活が潤うような製品を生み出したいと思っています。

まとめ:第二新卒の転職成功の鍵はキャリアプランの作成が握っている!

既卒サービス「キャリアパーク就職エージェント」

私が実際に使った中でおすすめしたいのは「キャリアパーク就職エージェント」です。20代に特化した就活支援サービスで様々な支援をしてくれます。

私が使ったキャリアパーク就職エージェントのおすすめポイント

  1. 特別フローで通常よりも早く内定が取れる
  2. 平均面談回数4回以上、圧倒的に親身な就活サポート
  3. 優良企業の求人が多い
求人の紹介だけでなく、既卒の就活を知り尽くしたキャリアコンサルタントによる、「自己分析サポート」「履歴書・エントリーシートの添削」「模擬面接」のサービスを提供していて、既卒の就職を徹底サポートしてくれます。興味がある人は以下をチェックしてみてください。 キャリアパーク就職エージェントの詳細を見てみる

今回はキャリアプランの概要やキャリアプランを立てるメリット、キャリアプランを作成するためのステップ、面接官がキャリアプランを質問する意図、面接でキャリアプランを問われた際の答え方と例文を紹介しました。

では、記事の内容をまとめます。

記事の内容まとめ

  • キャリアプランの作成は手順通りを行えば簡単にできる
  • キャリアプランを問う意図は入社意欲の高さを判断する+短期離職するリスクを軽減するため
  • 第二新卒特化型転職エージェントを頼るべき

キャリアプランを作成することで数年後の目標を明確化されて、今やるべきことが分かります。仕事や転職に対するモチベーションが高まるのが最大のメリットですね。

キャリアプランを作成するのは一見難しそうです。しかしですね。今回紹介した5ステップを使えば誰でも簡単に作成できます。

キャリアプランに関する質問は入社意欲の高さを判断する+短期離職するリスクを軽減する意図があるんです。

しっかりとキャリアプランについて説明できれば、企業側の懸念点を払拭できるかもしれません。

第二新卒は社会人1〜3年目までと非常に短い期間です。

キャリアプラン作成の他にも転職の悩みがある方は、今回紹介した第二新卒特化型転職エージェントへ無料相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

監修者プロフィール

フジワラ
運営者:フジワラ
27歳の元既卒生。 大学在学中から続けていた塾講師のアルバイト経験のみだったが、一念発起して就職活動に取り組み、既卒の立場で2社から内定を獲得。実体験を元にした確かな情報提供を心がけていきます。

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

1
ウズキャリ既卒(既卒の内定実績86%!他社の10倍時間をかけて、就活をサポート)

他社の10倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート!離職率の高いブラック企業は紹介しないポリシーを貫いています。

imasia_9065120_S2
DYM就職(既卒の就職率96%!就職できるまで二人三脚!親身な就職サポート!)

DYM就職なら、2000件以上の既卒向け求人の中からエンジニア・企画・マーケティング・事務・管理・クリエイティブ等、様々な職種の仕事を選ぶことができます。

imasia_14141661_S-2 3
えーかおキャリア(定着率97%!事務職、広報、営業など、あなたの希望を叶える仕事をご紹介!)

内定率は転職エージェントの4倍を誇る充実のサポート!求人紹介、面接対策や内定後のキャリアプランを含めて、2人3脚であなたの就職・転職を徹底サポートします。

4
ベンチャーセールス(採用決定率95%!他の求人サイトにはない優良求人が400社以上も)

顧客満足度97%!専門アドバイザーによる丁寧なサポートが魅力!

imasia_9065120_S5
ハタラクティブ(未経験・フリーターから有名企業の正社員へ)

既卒フリーターの内定実績No1!他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポートや、既卒から上場企業の正社員になれる求人多数