【例文つき】短期間での退職理由を伝える際の注意点!選考突破率が上がるコツ

この記事はこんな人向け

  • 面接で退職理由を聞かれた時の答え方を知りたい
  • 面接官からの印象を悪化させない回答例があれば、参考にしたい
  • 退職理由は履歴書に記載すべき?

短期間で退職した場合でも伝え方次第では採用担当者にプラスな印象をつけられます。とはいえ、採用担当者が退職理由で注視しているポイントが分からない人もいますよね。

実際、短期離職の経験がある私の友人も退職理由の伝え方には困っていました。

ただですね。ここで紹介する退職理由を答え方のコツと例文を参考にすれば、内定獲得率はグッとアップします。

そこで今回は、短期離職経験後に優良企業へ転職を成功させた友人へのインタビューをもとに、面接官が短期間での退職理由を聞くワケや退職理由を伝える際の注意点、退職理由を前向きに変換するコツと例文、履歴書での離職理由の記載方法を紹介します。

面接官が短期間での退職理由を聞く3つのワケ

短期離職した場合、中途採用では確実に退職理由を問われます。短期離職したことを責められているように感じてしまい、動揺してしまう人もいます。

ただですね。実際の質問の意図を知っておけば冷静に対処できるかもしれません。そこで、ここでは面接官が短期間での退職理由を聞くワケを3つ紹介します。

面接官が短期間での退職理由を聞く3つのワケ

  • 自社では長期定着できるかを確かめたいから
  • 仕事に対するストレス耐性があるのか知りたいから
  • 仕事に対する考え方を知りたいから

自社では長期定着できるかを確かめたいから

面接官が短期間での退職理由を聞くワケの1つ目は、自社では長期定着できるかを確かめたいから。また短期離職されると採用コストや時間が無駄になり、大きな損失をなります。

採用コストの例

  1. 広告や人材紹介会社へ支払うコスト
  2. 業務を行うための設備を整えるコスト
  3. 入社後の育成コスト

そのため、会社の業績に数年間貢献してもらわないと、採用活動としては赤字の場合が多いんです。

仕事に対するストレス耐性があるのか知りたいから

面接官が短期間での退職理由を聞くワケの2つ目は、仕事に対するストレス耐性があるのか知りたいから。

例えば、圧迫面接にはストレス耐性を見るという意図があります。ストレス耐性がないと、壁にぶつかった際にすぐに投げ出すかもしれません。

フジワラ

退職理由はネガティブな内容になりやすいので、ストレス耐性が露見しやすいんです。

例えば、毎日の残業時間が2時間程度と毎日の残業時間が5時間程度+休日出勤を余儀なくされている人がいたとします。ストレス耐性は人それぞれです。

しかしですね。残業時間を退職理由に挙げている場合は、後者の方がストレス耐性があると判断されやすいんです。

採用担当者はストレス耐性がある=プレッシャーや責任がかかる仕事を任せられるかにもつながります。そのため、採用するメリットがあるかどうかを測るものさしになりやすいんです。

仕事に対する考え方を知りたいから

面接官が短期間での退職理由を聞くワケの3つ目は、仕事に対する考え方を知りたいから。

例えば、「営業ノルマが求められるのがキツかった」という退職理由の場合、数字を追う意識の強い体育会系の社風の会社との相性は良くありません。

企業側も入社後のミスマッチを防ぐため、仕事に対する考え方から会社の独自の文化や風土に馴染めるかを判断しています。

既卒/フリーターの就活に強い!無料登録しておくべき神サイト

既卒で就職活動を頑張りたいけれど、「どんな就職サイト/サービスを使って就活すればいいの…?」と、悩んでいませんか?

そこで、私が既卒として就活した時に利用した、「既卒歓迎」のホワイト企業の求人を紹介してくれる就職サイトをご紹介します。無料なので登録しておいて損はないと思います!

短期間での退職理由を伝える際の注意点4選

前職の環境や上司が原因で短期離職してしまった人が多いかもしれません。しかしですね。ありのままの退職理由を伝えてしまうと、採用を見送れてしまう可能性もあるんです。

そこで、ここでは短期間での退職理由を伝える際の注意点を4つ紹介します。

短期間での退職理由を伝える際の注意点4選

  • 退職理由は他責にせず、前向きな内容に変換する
  • 嘘を付かずに正直に答える
  • 質問への返答には堂々と答える
  • 「キャリアチェンジ・ステップアップ・スキルアップ」などワードに気を付ける

退職理由は他責にせず前向きな内容に変換する

短期間での退職理由を伝える際には、退職理由を他責にせず前向きな内容に変換しましょう。

なぜなら、前職の不満をそのまま伝えてしまうと、「自社でも不満を言うのでは?」と不安視される可能性があるため。

不満をそのまま伝えるのではなく、前向きな内容に変換して話すと入社意欲の高さをアピールできますよ。

退職理由を前向きに変換した例

  1. 営業ノルマが厳しかった→個人の競争ばかりで職場がギスギスしていた。チームとして働いてみたい。
  2. 成果が給与に反映されなかった→評価体制の整った実力主義の会社で働いてみたい。

面接官からの印象をアップさせるためにも、退職理由を前向きな内容に変換してみることをおすすめします。

嘘を付かずに正直に答える

短期間での退職理由を伝える際には、嘘を付かずに正直に答えてください。なぜなら、採用担当者は多くの面接の場数を踏んでおり、嘘はほとんど見抜かれるため。

退職理由が嘘っぽいと思われれば、質問を深堀されてしまいます。嘘を積み重ねる必要があるので、ボロが出る可能性が高いんです。

ここがポイント

面接で誤魔化せても、入社後に嘘がバレて解雇される可能性も0ではありません。

そのため、退職理由は伝え方を変えたり、前向きに捉えたりした方が採用担当者からの印象も良いなりますね。

質問への返答には堂々と答える

短期間での退職理由を伝える際には、質問への返答に堂々と答えましょう。なぜなら、退職理由について自信がなさそうに話すと、「実は他に伝えにくい事情があるのでは?」と捉えられてしまうため。

キヨちゃん

面接では声の大きさや口調、表情も話す内容と同じくらい印象を左右します。

そのため、真剣な表情でハッキリと退職理由について話せば、採用担当者の印象もアップしますよ!

「キャリアチェンジ・ステップアップ・スキルアップ」などワードに気を付ける

短期間での退職理由を伝える際には、「キャリアチェンジ・ステップアップ・スキルアップ」などワードに気を付けてください。なぜなら、使い方次第でマイナスな印象になってしまう場合もあるため。

マイナスな印象になる理由と使う際のコツ

  1. キャリアチェンジ:短期離職では挫折した印象を持たれてしまう。新しい職種で前職の経験を活かせることをアピールした方が良い。
  2. ステップアップ・スキルアップ:「能力を上げるための入社」だと捉えられると、「自分のための転職」というニュアンスが強くなってしまう。「会社の業績に貢献する」というフレーズも入れた方が良い。

そのため、上記のワードを使う際には細心の注意を払いましょう。

【例文つき】短期間での退職理由を前向きに変換する6つのコツ

短期間で転職した場合、転職活動で不利に働く場合は多くなります。しかし、前述した通り、退職理由は前向きな内容に変換するだけでも面接官に与える印象はガラッと変わる場合もあるんです。

そこで、ここでは短期間での退職理由を前向きに変換するコツと例文を6つ用意しました。

短期間での退職理由を前向きに変換する6つのコツと例文

  • 人間関係が悪い
  • 長時間労働が常態化していた
  • 給与や待遇に不満があった
  • 体調不良になった
  • 家族の介護が必要になった
  • 労働条件が募集内容と異なっていた

ユウキ君

自分に近い退職理由があれば、ぜひ参考にしてみてくださいね。

人間関係が悪い

人間関係が悪いという理由で退職した場合は、そのまま伝えてはいけません。

なぜなら、「この人にも問題があり、自社のメンバーと上手くやっていけないかも…。」とマイナスな印象がついてしまうため。

人間関係の悪さへの不満は「良好な関係のチームで働きたい」という裏返しです。そのため、コミュケーションが取りやすい職場であることを伝えてみましょう。

例文

    前職の会社では営業ノルマが厳しいこともあり、社員は個人の成果に固執していました。同僚とはライバル関係で協力体制を取ることが難しい職場でした。

    御社は少人数チームの結束が強く、協力しやすい環境だと大学の先輩では〇〇さんにお話をお聞きしました。そこで、私もチームのために個人の力を活かしてみたいと思い、転職を決断しました。

長時間労働が常態化していた

長時間労働が常態化していた場合も正直に伝えることはおすすめできません。なぜなら、伝え方を間違うと「就業意欲が低い」という印象がついてしまうため。

効率的な仕事を行うためにも十分な余暇時間は必要です。そこで、仕事の生産性を上げるために余暇時間を使い、会社に貢献することをアピールしてみましょう。

例文

    前職では繁忙期に関係なく、常に月の残業時間が100時間を超えていました。会社の業務で追われて、エンジニアとしてスキルアップのための学習をする時間が取れない状況でした。

    そこで余暇時間を利用し、会社の戦力として大きく業績に貢献できるようなスキルを身に付けたいと考え、転職を決意しました。

給与や待遇に不満があった

給与や待遇に不満があった場合は退職理由を述べた後に、応募企業へ転職する必要性を伝えましょう。なぜなら、「給与アップすれば、自社以外での良いのでは?」と思われてしまうため。

給与の不満は「仕事内容と給与が釣り合っていない」という正当な評価を望んでいることの裏返しです。そのため、評価体制が整っている企業の風土に共感していることを伝えましょう。

例文

    前職では入社2年目に年間の営業成績で部署1位を獲得しました。しかし、年功序列型の企業だったため、昇給額は微々たる額でした。

    そこで30代の役員を起用するなど年齢を問わずに実績に対して正当な評価してもらえる自社に興味を持ち、転職を決意しました。

体調不良になった

体調不良になってしまった場合は、正直に伝えることが大切です。なぜなら、離職期間がある場合はその理由を聞かれる可能性が高く、誤魔化すのは難しいため。

フジワラ

伝えるコツは「現在は回復しており、業務に支障はございません。」と最後に付け加えることです。

例文

    前職は長時間労働や休日出勤が常態化していたこともあり、体調を崩して退職いたしました。しかし、現在は療養の甲斐もあり、医師から「業務に支障はない」と診断を受けております。

家族の介護が必要になった

家族の介護が必要になった場合も正直に伝えましょう。なぜなら、自分では解決しようがない問題のため。

ここに注意!

  • 介護との両立をする可能性がある人材は「また状況次第では辞めてしまうかも…」「責任のある業務は任せにくい」など敬遠されてしまうかもしれません。

そこで今は状況が改善しており、仕事に支障がないことを伝えましょう。

例文

    父の脳梗塞で倒れ、介護が必要になったので前職を退職しました。当時は実家に一番近い私が介護を担当していました。現在は介護施設に入所しており、私も再就職したいと考えております。

    今回のことを経て、兄夫婦が地元へ帰ってきてくれました。緊急時は対応を任せられるため、業務に支障はございません。

介護の状況を聞かれる場合があるので、以下の内容を具体的に答えましょう。詳細が分かった方が採用する際の安心感につながりやすいためですね。

説明すべき介護の状況

  1. 病名
  2. 介護の必要度
  3. 介護の体制
  4. 介護サービスの利用状況

労働条件が募集内容と異なっていた

労働条件が募集内容と異なっていた場合も正直に伝えてください。なぜなら、全面的に会社側が悪い場合が多いため。

伝える際のポイントは「与えられたポジションで精一杯努力したこと」+「前職では希望していた業務には付けないこと」です。

例文

    広報職採用として前職に入社しましたが、実際に配属されたのは営業部でした。ショックでしたが、営業職から広報職を異動した前例もあったので、「部署内で売上1位」を目指して業務に励んでいました。

    しかし、面談の際に「現時点で広報職の定員は一杯なので異動は先になる」と伝えられました。営業職の経験は無駄にはなりませんが、今後のキャリアプランを考えると広報職の経験が必要なので、退職を決意しました。

短期間での退職理由を履歴書にどう書くべき?

基本的に短期離職の理由は履歴書に記載しない方が良いですね。なぜなら、面接官の第一印象を悪くしてしまう可能性があるため。退職理由は書面だと前職の不満だと捉えられやいんです。

そのため、退職理由は面接で丁寧に説明した方が選考突破率はグッと上がりますよ!

以下のように記載することをおすすめします。
短期間での退職理由を履歴書にどう書くべき?

ただですね。以下のようなやむを得ない理由の場合は、記載した方が面接の際に状況を理解してもらいやすくなります。そのため、記載した方が良いかもしれません。

やむを得ない理由の例

  1. 経営不振による事業縮小・リストラ
  2. 求人情報や面接で提示された労働条件と異なる

短期間での退職理由を考える際は転職エージェントを利用すべき!

短期間での退職理由を考える際は転職エージェントを利用してみてください。なぜなら、転職のプロであるキャリアアドバイザーが丁寧な面談により、一緒に内容を考えてくれるため。

豊富な転職ノウハウにより始めての転職でも手厚くバックアップしてくれるので、無料面談だけでも受けてみることをおすすめします。

転職エージェントのサポート一覧

  1. 無料カウンセリング
  2. 求人紹介
  3. 面接対策
  4. 応募書類の添削
  5. 内定後の収入交渉
  6. 面接日の日程調整
  7. 推薦状の記入

また、アドバイザーは掲載企業とのつながりがあり、推薦状で転職者を企業へプッシュしてくれるんです。 そのため、「〇〇さんの紹介なら選考してみるか」となりやすく、選考に有利になります。

既卒サービス「マイナビジョブ20’sアドバンス」

マイナビジョブ20’sアドバンスは、大学・大学院を卒業した人で、未就業の方向けの就職支援サービスです。利用者の対象を絞っているため、普通の就活サイトよりもライバルが少ないのも特徴です。

マイナビジョブ20’sアドバンスの特徴

  1. 既卒を積極的に採用している企業に多数出会える「特別選考会」へ案内してくれる
  2. 仕事擬似体験型研修があるから、就職後のミスマッチが少ない
  3. 最短2週間で内定をもらうことが可能

本来持っている、一人ひとりのパーソナリティを評価する選考会になるから、既卒で未就業という経歴がハンデになることもありません。

登録すると、個人の適性・志向性に合わせた職種別研修を行い、その中で仕事を疑似体験できるため、就職後とのイメージのギャップをおさえることができます。「せっかく就職したのに、嫌な仕事内容だった」なんてこともないでしょう。

実績として、最短2週間で内定を獲得できるため、スピーディーに就職したい人におすすめです。

マイナビジョブ20’sアドバンスの無料登録はこちら

※新宿・大阪オフィスに来社できる方のみを対象としたサービスになりますので、来社が難しい方はサポート対象外になります

既卒サービス「えーかおキャリア」

おすすめなのが「えーかおキャリア」の転職エージェントです。とにかくサポートが充実しており、求人紹介、面接対策や内定後のキャリアプランを含めて、2人3脚であなたの就職・転職を徹底サポートしてくれます。

私が使ったえーかおキャリアのおすすめポイント

  1. 入社後の定着率97%(入社後のミスマッチをなくすため、休日・残業といった聞きづらい部分もすべて伝えてくれます)
  2. 1対1のサポート体制
  3. 内定率が他の転職エージェントの4倍!

事務職・広報・営業など、自分の希望を叶える仕事・職種を紹介してくれるため定着率は97%を誇ります!事務職で働きたい方や1日で内定の実績もあり、早く内定がほしい方にもおすすめです

えーかおキャリアの詳細を見てみる

既卒サービス「就職カレッジ」

特におすすめなのが「就職カレッジ」です。とにかく定着率が91%と高く、「外食」「アミューズメント」「投資用不動産」などの離職率が高い業界は紹介しない徹底ぶりです。

私が使った就職カレッジのおすすめポイント

  1. 正社員の求人のみ紹介(派遣・契約社員・バイトの求人は紹介しない)
  2. 就職成功率81%!業界トップクラス
  3. 面接対策や履歴書の書き方まで、フリーター・未経験・既卒専門の無料就活講座で丁寧にレクチャー!

離職率が低い、残業時間が少ない、福利厚生が充実しているなど、厳しい審査基準をクリアした優良・ホワイト企業のみを厳選して紹介してくれるので安心です!

就職カレッジの詳細を見てみる

まとめ:短期間で退職した場合でも転職できる!退職理由を伝えるの際はコツや例文を参考にしよう!

今回は、短期離職経験後に優良企業へ転職を成功させた友人へのインタビューをもとに、面接官が短期間での退職理由を聞くワケや退職理由を伝える際の注意点、退職理由を前向きに変換するコツと例文、履歴書での離職理由の記載方法を紹介しました。

では記事の内容をまとめます。

記事の内容まとめ

  • 退職理由は他責にせず前向きな内容に変換する
  • 基本的に短期離職の理由は履歴書に記載しない方が良い
  • 転職エージェントを利用する

短期間で離職しまった理由は前向きな内容で変換して伝えることが重要です。なぜなら、企業側は就業意欲があり、長期的に定着できる人を求めているため。

ただし、嘘はついてはいけません。前述した退職理由の伝え方のコツや例文を参考にしてみてくださいね。

退職理由は履歴書に記載すると、採用担当者からの印象が悪くなってしまう場合がほとんどです。履歴書では退職理由を伝えるスペースがほとんどありません。

そこであなたの人柄や就業意欲が伝わりやすい面接で話した方が選考突破できる可能性は高まりますよ。

離職後に長い空白期間があると、就業意欲が低いとみなされ、市場価値がどんどん下がってしまいます。そのため、転職検討している方は今回紹介した転職エージェントに無料相談してしてみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介したサービス

  1.      「就職カレッジ」:「外食」「アミューズメント」「投資用不動産」などの離職率が高い業界は紹介しない!ホワイト企業の特別ルートへご案内!    
  2.      「えーかおキャリア」:定着率97%!事務職、広報、営業など、あなたの希望を叶える仕事をご紹介!    
  3.      「マイナビジョブ20’sアドバンス」:最短約2週間で内定獲得!既卒で就活するなら登録すべき    

早期退職しても今より満足できる企業に転職できる!

「ウズキャリ既卒」の詳細を見てみる

監修者プロフィール

フジワラ
運営者:フジワラ
27歳の元既卒生。 大学在学中から続けていた塾講師のアルバイト経験のみだったが、一念発起して就職活動に取り組み、既卒の立場で2社から内定を獲得。実体験を元にした確かな情報提供を心がけていきます。

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

imasia_14141661_S-2 1
マイナビジョブ20’sアドバンス(最短約2週間で内定獲得!既卒で就活するなら登録必須!)

マイナビが既卒の採用意欲が高い企業を厳選して紹介してくれる!

imasia_14141661_S-2 2
えーかおキャリア(定着率97%!事務職、広報、営業など、あなたの希望を叶える仕事をご紹介!)

内定率は転職エージェントの4倍を誇る充実のサポート!求人紹介、面接対策や内定後のキャリアプランを含めて、2人3脚であなたの就職・転職を徹底サポートします。

3
ウズキャリ既卒(既卒の内定実績86%!他社の10倍時間をかけて、就活をサポート)

他社の10倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート!離職率の高いブラック企業は紹介しないポリシーを貫いています。

imasia_9065120_S4
就職カレッジ(最短2週間で内定!内定率80%以上)

外食・投資用不動産・アミューズメントなど、離職率の高い業界は紹介しません!また、正社員の求人以外は紹介しない優良エージェントサービス!

imasia_9065120_S5
ハタラクティブ(未経験・フリーターから有名企業の正社員へ)

既卒フリーターの内定実績No1!他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポートや、既卒から上場企業の正社員になれる求人多数