転職で手に職をつけるならおすすめの職種11選|転職のコツまとめ

転職で手に職をつけるならおすすめの職種11選|転職のコツまとめ

「手に職をつけて今後の仕事に役立てたい!」と思う一方で、

疑問

  • 手に職をつけるとどんなメリットがあるのか?
  • 具体的にはどんなキャリアを歩めるのか?
  • おすすめの職種を教えてほしい

と悩んでいませんか?

私の友人も手に職をつけたいと考えて転職活動を始めたものの、資格取得の時間に時間がかかりそうだと一時は断念していました。

ただですね。手に職をつける=資格取得ではありません。手に職をつけるとは個人でも重宝されるスキルを身につけることです。

そこで今回は転職で手に職をつけることに成功した友人へのインタビューを元に、手に職をつけることの概要や手に職をつけるメリット・デメリット、手に職をつけるなら転職でおすすめの職種、転職で手に職をつけるためのポイントを紹介します。

手に職をつけるとは個人でも求められるスキルを身につけること

ここがポイント

手に職をつけるとは、個人でも求められるスキルを身につけること。

今は手に職がないと収入が上がっていかなかったり、次の仕事を探しにくかったりします。そこで専門職のように個人でもスキルがあるような職種が重宝されているんです。

例えば、美容師は田舎でも都会でも美容院があれば、仕事に困ることがありません。そのため、手に職をつけると、どこでも重宝される人材になれる可能性があります。

既卒/フリーターの就活に強い!無料登録しておくべき神サイト

既卒で就職活動を頑張りたいけれど、「どんな就職サイト/サービスを使って就活すればいいの…?」と、悩んでいませんか?

そこで、私が既卒として就活した時に利用した、「既卒歓迎」のホワイト企業の求人を紹介してくれる就職サイトをご紹介します。無料なので登録しておいて損はないと思います!

手に職をつける=資格取得ではない

手に職をつける=資格取得ではありません。なぜなら、資格より能力が重要なため。

転職活動でも資格を持っている人材より戦力になる人材を重視しています。そのため、資格がなくても仕事ができる場合は実務経験を積みましょう。

フジワラ

資格を持っていても転職先で活かせなければ、意味がありませんね…。

手に職をつけるメリット・デメリット

手に職をつけることはメリットが多いです。しかしですね。デメリットも少なからず、存在します。

今後自分が選ぶ職種のデメリットを許容できるかを判断するためにも、手に職をつけるメリット・デメリットを把握しておきましょう。

手に職をつけるメリット

手に職をつけるメリットは以下の通りです。

手に職をつけるメリット

  1. どこに住んでも仕事に困らない:職場があれば、すぐに転職できるため。
  2. 良い条件を提示してもらえる:スキルや経験値が高いと判断されすいため。
  3. 女性のキャリアに最適:出産や育児などライフイベント後に復職しやすいため。

上記のように手に職をつけると、選択肢が広がったり、仕事を辞めた後にすぐに転職先が見つかりやすかったりなどセーフティーネット的な役割を果たしたりしますね。

手に職をつけるデメリット

手に職をつけるメリットは以下の通りです。

手に職をつけるデメリット

  1. スキルや資格の取得に時間的なコストがかかる:レベルが高い資格やスキルは年単位で時間がかかるため。
  2. 需要がなくなると稼げなくなる可能性がある:AIに仕事を代替される場合もあるため。人にしかできない仕事という視点で仕事を選ぶ必要がある。

仕事や資格選びの際には慎重になりましょう。高望みしたり、将来のことを考えずに決めたりすると、後悔するかもしれません。

転職で有利になるおすすめの資格14選!資格を有効活用する転職のコツ

2021.08.16

【キャリアに自信がある人向け】転職で手に職をつけるならおすすめの職種5選

自分の転職できる職種を選択するしかありません。なぜなら、転職活動では実績やスキルが重視されるため。

前職の実績がある人は、おすすめする職種で活かせそうな経験をアピールすれば、転職できる可能性が高いです。

そこでここでは、キャリアに自信がある人が転職で手に職をつける際におすすめの職種を5つ紹介します。

【キャリアに自信がある人向け】転職で手に職をつけるならおすすめの職種5選

  • システムエンジニア
  • Webマーケター
  • ファイナンシャルプランナー
  • 宅地建物取引士
  • Webデザイナー

システムエンジニア

システムエンジニアの仕事では、システム開発のために自分で仕様書を作成してプログラマーに指示を出したり、顧客のニーズを汲み取り、必要なシステムの機能が何かを把握する必要があります。

マネジメント能力や折衝能力など営業職でのスキルが活かされやすい職種かもしれません。

SEの働き方

  1. 社内SE
  2. 客先常駐型
  3. フリーランス

上記のように働き方もざまざまなので、自分に合った働き方を探してみてくださいね。

Webマーケター

キャリアに自信がある人が転職で手に職をつける際におすすめの職種は、Webマーケターです。

なぜなら、近年多くの企業がオウンドメディアを持つようになり、Webサイトを最適化することが重要になったため。

Webサイトを最適化するとは

  1. 広告の運用効果を上げる
  2. ユーザーのサイトの滞在時間を延ばしたり、サービスへの申込を増やしたりする施策を考える
  3. ユーザーが検索から入ってくるように検索順位を上げる

転職にはマーケティングの知識+HTMLやデータ分析の知識を身につける必要があります。

ただですね。未経験者を歓迎する求人はあまり多くありません。そのため、見つけ次第すぐに応募しましょう。

ファイナンシャルプランナー

ここがポイント

ファイナンシャルプランナーとは、個人や中小企業の資産を分析して、資産運用のアドバイスを行う仕事または国家資格のこと。

キャリアに自信がある人が転職で手に職をつける際におすすめの職種は、ファイナンシャルプランナーです。

なぜなら、ファイナンシャルプランナーの資格を持っていると活躍できる業界が多いため。

ファイナンシャルプランナーが活躍できる業界

  1. 金融
  2. 保険
  3. 不動産
  4. 証券

上記のような業界で活躍できるので、仕事に困りにくい職種かもしれません。ただですね。国家資格なので、資格取得には時間がかかる傾向があります。

そのため、勉強時間と天秤にかけて転職を検討しましょう。

宅地建物取引士

ここがポイント

宅地建物取引士とは、不動産契約を行う際に同席して、重要事項を説明する仕事または資格のこと。

キャリアに自信がある人が転職で手に職をつける際におすすめの職種は、宅地建物取引士です。なぜなら、宅地建物取引士の資格は仕事に直結しやすく、転職先にほぼ困らないため。

契約書に適正な不動産取引を行ったことの証明になる記名・捺印をすることは宅建士しかできないんです。

加えて、法律上、1つの事務所内で従業員5人に対して1名以上は宅建士を設置しなければなりません。そのため、上記のような独占業務や法律上の決まりにより、宅建士には需要がありますね。

Webデザイナー

ここがポイント

Webデザイナーとは、クライアントの要望に沿った企画やWebページを作成する仕事のこと。デザインスキル+HTMLやCSSをコーディングするスキルも必要。

キャリアに自信がある人が転職で手に職をつける際におすすめの職種は、Webデザイナーです。なぜなら、HTMLやCSSのコーディングは比較的習得が簡単なため。

未経験でも転職しやすく、企業でスキルが身につけた後は独立して、フリーランスとして場所を選ばずに活動できる可能性もあります。

キヨちゃん

今後のWeb業界の需要は高いのでおすすめの職種ですね。

【第二新卒・フリーター向け】手に職をつけるなら転職でおすすめの職種6選

短期離職の経験があったり、正社員の経験がなかったりと中途採用枠では不利になりやすいキャリアの人もいるかもしれません。ただですね。第二新卒・フリーターでも手に職をつけることは可能です。

そこでここでは、第二新卒・フリーターが転職で手に職をつける際におすすめの職種を6つ紹介します。

【第二新卒・フリーター向け】手に職をつけるなら転職でおすすめの職種6選

  • 施工管理
  • 営業職
  • プログラマー
  • インフラエンジニア
  • 福祉・介護職
  • CADオペレーター

施工管理

ここがポイント

施工管理は、建設の現場を管理する仕事のこと。現場監督とも呼ばれている。

第二新卒・フリーターが転職で手に職をつける際におすすめの職種は、施工管理です。なぜなら、建設業界では人材の高齢化により若手人材不足の状態が続いているため。

加えて、大きなイベントがあったり、介護施設など必要な建築物があったりすれば、仕事がなくなることありません。

ユウキ君

日本の建築物の多くは、高度経済成長期に建てられているため、修繕作業もありますね。

営業職

第二新卒・フリーターが転職で手に職をつける際におすすめの職種は、営業職です。なぜなら、未経験でも採用されやすい+今後の需要もあるため。

コロナ禍により対面での商談は減っていきますが、企業において商材を売る職種はなくなりません。経験から自分なりの営業ノウハウを構築できれば、キャリアアップも狙えます。

歩合制の会社なら実績次第でかなりの収入を得られるかもしれませんよ。

プログラマー

ここがポイント

プログラマーとはコンピューターを動かすためのソフトウェアやシステムを専門のプログラミング言語を使ってコーディングしていく仕事のこと。

第二新卒・フリーターが転職で手に職をつける際におすすめの職種は、プログラマーです。なぜなら、特別な資格がいらず、未経験でも年齢次第でポテンシャル採用されやすいかもしれないため。

JavaScriptやPythonなど時代にあったプログラミング言語を取得する+変化の激しい業界なので学習や情報収集を欠かさないことが大切ですね。

インフラエンジニア

ここがポイント

インフラエンジニアは、企業の情報システムを構成するコンピューター機材の構成をデザインしたり、安定したネットワーク環境を整えたりする仕事のこと。

第二新卒・フリーターが転職で手に職をつける際におすすめの職種は、インフラエンジニアです。

なぜなら、企業のシステムを動かすネットワークインフラが動いている限り、仕事がなくなることはないため。

プログラマー同様に年齢次第でポテンシャル採用されやすい職種ですね。スキルを覚える範囲が比較的狭く、業務もある程度ルーティン化されていますよ。

福祉・介護職

第二新卒・フリーターが転職で手に職をつける際におすすめの職種は、福祉・介護職です。なぜなら、高齢社会の日本において必要な職種のため。

サービススキルが問われる仕事はAIに代替されにくいのもメリットかもしれません。

現在は待遇が良いと言えませんが、国も福利に関して力を入れていく方針なので今後はどんどん待遇は改善されていく可能性が高いです。

CADオペレーター

ここがポイント

CADオペレーターとは、建築士が書いた設計図面をCADデータに起こしていく仕事のこと。

第二新卒・フリーターが転職で手に職をつける際におすすめの職種は、CADオペレーターです。なぜなら、コロナ禍でオフィスのリノベーション需要が増えているため。

加えて、デザインや設計もできると市場価値が高まる可能性があります。建設業界の中でもかなりテレワークに向いている職種なので、おすすめですね。

第二新卒の転職で有利な資格10選!資格を活かした転職法と選び方

2021.05.10

転職で手に職をつけるための4つのポイント

転職で手に職をつけることは難しくありません。ただですね。自分に合った職種かつ今後の需要がある職種を探して、内定を獲得するには工夫が必要です。

そこでここでは、転職で手に職をつけるためのポイントを4つ紹介します。

転職で手に職をつけるための4つのポイント

  • 転職エージェントを利用する
  • 自己分析により自分に向いている職種を把握する
  • 今後も市場価値の高い職種を選択する
  • 資格取得の勉強と転職活動は並行して行う

転職エージェントを利用する

転職で手に職をつけるには、転職エージェントを利用しましょう。なぜなら、転職のプロであるキャリアアドバイザーが自分の希望する条件に沿った求人を紹介してくれるため。

最初の無料面談で希望する条件を伝えると、キャリアアドバイザーから複数の求人が送られてきます。

自分はそれを吟味して応募するだけなので、忙しい在職中でも効率的に転職活動を進められるんです。

転職エージェントのサポート一覧

  1. 無料カウンセリング
  2. 求人紹介
  3. 面接対策
  4. 応募書類の添削
  5. 内定後の収入交渉
  6. 面接日の日程調整
  7. 推薦状の記入

加えて、キャリアアドバイザーは企業の採用担当者と密接な関係を築いています。

推薦文でプッシュしてもらえれば、「未経験者だけど、〇〇さんの推薦なら面接してみようかな」と選考突破しやすいんです。そのため、転職エージェントを利用してみてくださいね。

86%が大企業に内定!
既卒サービス「ハタラクティブ」

ハタラクティブ
ハタラクティブ

私が実際に使った中でおすすめしたいのは「ハタラクティブ」です。利用者のほとんどが既卒・フリーターで、社会人経験ゼロの人を対象に色々な就活支援をしてくれます。

私が使ったハタラクティブのおすすめポイント

  1. 最短2週間で内定!あっという間に就活終了
  2. 86%が大企業に内定!大企業を諦める必要なし!
  3. カウンセリング実績:110,000人!未経験に特化した充実のサポート!

正直、学歴や経歴に不安があり、大企業に行くのはあきらめている既卒の人も多いかもしれません。しかし、ハタラクティブでは86%の利用者が社員1,000名以上の大企業に内定しています。

自己分析や面接など、マンツーマンでのサポートや未経験OK求人・採用に意欲的な企業の求人が集まっており、サポート体制が充実しています。

興味がある人は以下をチェックしてみてください。
ハタラクティブの無料登録はこちら

既卒サービス「第二新卒エージェントneo」

第二新卒エージェントneo

私も利用しましたが、特におすすめなのが「第二新卒エージェントneo」です。その名の通り、既卒・第二新卒・フリーター向けの就職支援サービスです。就職/転職満足度No.1の実績を誇り、全てのサービスを無料で使うことができます。

私が使った第二新卒エージェントneoのおすすめポイント

  1. 担当コンサルタントが内定獲得まで完全フォロー
  2. 厳選した企業の未経験OK求人を紹介してもらえる
  3. サービスの満足度が高く過去実績も確か

過去に22,500人以上の支援実績があり、そのうち10,000人以上は職務経験無しの人達です。
未経験で活動の方法が分からないからこそ、イチから丁寧に教えてもらいたい。既卒という立場での活動だからこそ、きちんと準備して優良企業に入りたい。そんな人に向けたサービスとして、業界で確かな実績を残しています。

第二新卒エージェントneoの詳細を見てみる

既卒サービス「DYM就職」

私はフリーター期間が長かったので、書類選考で落とされてしまうことが多く、面接で挽回するためにかなりの数の企業に応募していました。

しかし、DYM就職なら企業側と信頼関係を構築しており、書類選考や一次選考を免除してくれるので、履歴書を書きまくる苦労がいりません。

既卒の就職成功率は過去3年間、45%前後とかなり低い水準です。DYM就職は既卒就活について知り尽くしたキャリアドバイザーの手厚いサポートもあり、既卒の就職成功率は業界トップクラスを誇ります。

面談可能な拠点は全国28箇所あるため、地方でも対面でも面接のフィードバックを受けることができるのが強みです。

私が実際に使って感じたDYM就職の強み

  1. 企業との信頼構築はあり、書類選考、一次選考免除
  2. 既卒就活の戦い方を知っているキャリアアドバイザーがサポート→内定率業界トップクラス
  3. 電車で1本の場所で面談が受けられた

60秒で完了!DYM就職の無料登録はこちら

既卒の内定者が教える!既卒者が使える就職エージェントBEST5

2019.11.21

自己分析により自分に向いている職種を把握する

転職で手に職をつけるには、自己分析で自分に向いている職種を把握しましょう。なぜなら、適性のある職種に就くと、仕事にやりがいを持てるようになりやすいため。

例えば、ゲームが好きでゲーム会社の営業職になれたとしても、営業職に向いていなければ仕事で結果を残せません。もしかしたら、ゲーム自体も嫌いになってしまう可能性もあります。

一方、自分の強みを把握して、黙々と作業できるプログラマーなど適職につければ、結果が出やすくなります。

周りから頼られることも増えれば、自己肯定感も上がり、仕事にやりがいを見出しやすいんです。そのため、好きな仕事より自分の向いている職種を選びましょう。

適職を探すためには、まず自分の強みを把握できる自己分析ツール・書籍を利用してみてくださいね。

おすすめの自己分析ツール・書籍

  1. グッドポイント診断
  2. ストレングス・ファインダー

【状況別】おすすめの自己分析ツール10選!選び方と転職で有利になる点

2021.09.24

今後も市場価値の高い職種を選択する

転職で手に職をつけるには、今後も市場価値の高い職種を選択しましょう。なぜなら、他の人が持っていないスキルを持つ職種は貴重なため。

フジワラ

将来的にも市場価値が高い職種は「AIに代替されない職種か?」「今後も需要があるか?」という視点で選ぶのがおすすめですね。

資格取得の勉強と転職活動は並行して行う

転職で手に職をつけるには、資格取得の勉強と転職活動は並行して行いましょう。なぜなら、資格取得に時間がかかり過ぎてしまうと転職のタイミングを逃してしまうため。

例えば、退職後に資格取得をしている場合は空白期間が伸びてしまい、就業意欲が低いと判断されてしまうかもしれません。

加えて、自分の条件を満たした待遇の良い求人はすぐに無くなってしまいます。そのため、資格取得の勉強と転職活動は並行して行ってください。

キヨちゃん

資格取得できていない場合でも履歴書に自由記入欄に「〇〇(資格名)取得に向けて勉強中」と記載しておきましょう。転職先の実務で役立つ資格の場合は志望度の高さをアピールできますよ!

まとめ:転職で手に職をつけるには工夫が必要!

今回は手に職をつけることの概要や手に職をつけるメリット・デメリット、手に職をつけるなら転職でおすすめの職種、転職で手に職をつけるためのポイントを紹介しました。

では、記事の内容をまとめます。

記事の内容まとめ

  • 手に職をつける意味を把握する
  • 適性のある職種を選ぶ
  • 転職エージェントを利用する

手に職をつけることは資格を取得することではありません。個人でも求められるスキルを身につけることです。

そこで今後も需要のある自分に合った職種を選びましょう。好きな仕事より評価される可能性が高く、仕事にやりがいを持てるかもしれません。

自分に合った待遇の良い求人はすぐに無くなってしまいます。転職を検討している場合は、今回紹介した転職エージェントに無料相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

再就職に有利な資格13選!資格の選び方や再就職のコツも紹介!

2020.10.19

この記事で紹介したサービス

  1.      「DYM就職」:書類選考、一次選考免除! 業界トップクラスの実績を誇る    
  2.      「ハタラクティブ」:既卒フリーターの内定実績No1!既卒でも上場企業の内定が狙える!    
  3.      「第二新卒エージェントneo」:就職/転職満足度No.1!既卒・フリーターなら活用必須!

監修者プロフィール

フジワラ
運営者:フジワラ
27歳の元既卒生。 大学在学中から続けていた塾講師のアルバイト経験のみだったが、一念発起して就職活動に取り組み、既卒の立場で2社から内定を獲得。実体験を元にした確かな情報提供を心がけていきます。

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

imasia_9065120_S1
ハタラクティブ(既卒・フリーターでも86%が大企業の内定を獲得!)

既卒フリーターの内定実績No1!他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポートで86%が大企業に内定!大企業を諦める必要なし!

2
第二新卒エージェントneo(就職/転職満足度No.1!過去の就職成功者は15,000人以上)

就職できるまで二人三脚で、圧倒的に親身になって就職をサポートしてくれる!

imasia_9065120_S3
DYM就職(就職成功者14,000人の実績!親身な就職サポート!)

DYM就職なら、2500件以上の既卒向け求人の中からエンジニア・企画・マーケティング・事務・管理・クリエイティブ等、様々な職種の仕事を選ぶことができます。

imasia_14141661_S-2 4
マイナビジョブ20’sアドバンス(最短約2週間で内定獲得!既卒で就活するなら登録必須!)

マイナビが既卒の採用意欲が高い企業を厳選して紹介してくれる!

imasia_14141661_S-2 5
えーかおキャリア(定着率97%!事務職、広報、営業など、あなたの希望を叶える仕事をご紹介!)

内定率は転職エージェントの4倍を誇る充実のサポート!求人紹介、面接対策や内定後のキャリアプランを含めて、2人3脚であなたの就職・転職を徹底サポートします。