就活失敗してニートになる原因と内定獲得のコツ5選!ニート脱却法とは

就活失敗してニートになる原因と内定獲得のコツ5選!ニート脱却法とは

「就活に失敗したニートだけど正社員になりたい…!」と思う一方で、

疑問

  • ニートからの脱却方法とは?
  • このままニートを続けているとどうなるのか?
  • ニートから正社員になる方法を知りたい

と悩んでいませんか?

実際、私も就活に失敗したフリーター時代はニート同然の生活を続けていました。就職活動がトラウマになり、なかなか一歩目を踏み出せませんでした。

でも、心配ありません。就活に失敗しても納得のいく就職先に巡り会えるんです。そのためには就活に失敗した原因を知り、改善点を洗い出すことが重要になります。

そこでここでは、ニート同然の状態から優良企業へ就職した私の実体験を元に、就活失敗してニートになる人の割合や就活でのメンタルの保ち方、就活に失敗してニートになった原因、内定を獲得するためのポイント、ニート期間が長いと就活が不利になる理由を紹介します。

ニートとは15〜34歳までの家事・通学・就業をせずに職業訓練も受けていない人のこと

ここがポイント

ニートとは、15〜34歳までの家事・通学・就業をせずに職業訓練も受けていない人のこと。

ニートになりやすい人の特徴は以下の通りです。

ニートになりやすい人の特徴

  1. 自分に自信がない人
  2. 心配性の人
  3. 物事に悩みすぎてしまう人

就職活動で内定が取れない状況が続くと、メンタルが弱ってくる人もいるかもしれません。

例えば、圧迫面接で嫌な思いをしたり、内定を獲得した友人との差を感じて自分を卑下してしまったりする場合があります。

フジワラ

上記のような人はストレスを受けやすく、無気力状態→ニートになってしまう可能性が高いんです。

就活に失敗してニートになる割合は7.8%

事実、文部科学省の調査によると、大卒ニートになった人は7.8%でした。

大学卒業者の進路の内訳

  1. 進学した者:11.9%
  2. 正規で就職した者:72.9%
  3. 非正規で仕事に就いた者(フリーター):1.6%
  4. 進学も就職もしていない者(ニート):7.8%

(参照:文部科学省 平成29年度学校基本調査(確定値)の公表について

ちなみに大卒ニートの人数は約4万人です。周りに就職浪人やニートがいない人は不安かもしれません。しかし、全国的にこれだけの人が同じ境遇で苦労しています。

そのため、必要以上に不安にならず、ニートを脱却できるように就活を進めていきましょう。

既卒/フリーターの就活に強い!無料登録しておくべき神サイト

既卒で就職活動を頑張りたいけれど、「どんな就職サイト/サービスを使って就活すればいいの…?」と、悩んでいませんか?

そこで、私が既卒として就活した時に利用した、「既卒歓迎」のホワイト企業の求人を紹介してくれる就職サイトをご紹介します。無料なので登録しておいて損はないと思います!

就活失敗しても焦る必要はない!ニートを脱却するための就活でのメンタルの保ち方3選

就活失敗して落ち込んでいる人もいるかもしれません。

そこでまずは就活のことはなるべき考えずに、期限付きで休息を取りましょう。一定期間、就活から離れてみると視野が広がり、気持ちを切り替えられる場合があります。

徐々にメンタル面が回復してきたら、就活を再開してみてください。そこでここでは、ニートを脱却するための就活でのメンタルの保ち方を3つ紹介します。

就活失敗しても焦る必要はない!ニートを脱却するための就活でのメンタルの保ち方3選

  • 選考落ち=人格否定ではないと知っておく
  • 新卒採用だけが就活ではないと割り切る
  • 就職先はここだけではないことを意識する

選考落ち=人格否定ではないと知っておく

ニートを脱却するための就活でのメンタルの保ち方は、選考落ち=人格否定ではないと知っておくことです。

なぜなら、面接で落ちてしまうのは企業が求める人物像と学生がマッチしなかっただけのため。

例えば、どんな優秀な人材でも体育会系の営業職には向かないと判断されれば、不採用になる場合もあります。能力があるから受かるという簡単な問題ではないんです。

つまり、あなたを否定しているわけではありません。ただ単に相性が合わなかっただけと割り切った方が良いですね。

キヨちゃん

むしろ、入社後のミスマッチを起こして、短期離職する方が自分と企業とってデメリットですよ!

新卒採用だけが就活ではないと割り切る

ニートを脱却するための就活でのメンタルの保ち方は、新卒採用だけが就活ではないと割り切ることです。

なぜなら、日本では今も新卒一括採用+終身雇用制度が主流なので「このレールから外れてはいけない…!」とプレッシャーがかかりやすいため。

新卒採用は実務経験やスキルを問われない、ポテンシャル重視の採用です。自分の実力以上の会社へ入社できる可能性もあります。

ただですね。既卒で就活する方法もあるので、新卒で入社できなかったことで自己否定する必要はありません。そのため、新卒採用だけが就活ではないと割り切りましょう。

既卒から逆転できる就活方法6選!実は企業からの需要が高いワケとは

2020.10.27

就職先はここだけではないことを意識する

ニートを脱却するための就活でのメンタルの保ち方は、就職先はここだけではないことを意識することです。

事実、独立行政法人中小企業基盤整備機構の調査によると、日本の企業数は約360万社もあります。

(参照:独立行政法人中小企業基盤整備機構 日本を支える中小企業

第一志望に固執しなければ、同業他社を受けたり、類似業界を受けたりするだけでも幅広い選択肢が生まれるんです。

ユウキ君

志望度の高い企業に落ちても、どんどん他の企業の選考へ進んだ方が得ですよ!

就活に失敗してニートになった主な3つの原因

就活失敗には必ず原因が存在します。準備不足だったり、自分の価値観ではなく周りの価値観に左右されてしまったりなどですね。

ただですね。原因が分かれば、改善点を講じることができるため、内定獲得率はグッと上がるかもしれません。

そこでここでは、就活に失敗してニートになった主な原因を3つ紹介します。

就活に失敗してニートになった主な3つの原因

  • 企業へ自分を採用するメリットを提示できていなかったため
  • 大手企業志向に陥っていたため
  • 面接対策を十分にできていなかったため
キヨちゃん

自分に近い原因があれば、対処法を参考にしてみてくださいね。

企業へ自分を採用するメリットを提示できていなかったため

就活に失敗してニートになった1つ目の原因は、企業へ自分を採用するメリットを提示できていなかったため。

企業側はあなたがしたいことより、入社して貢献できるかどうかをチェックしているんです。

例えば「アルバイトで売上を伸ばすための工夫をしていたので、入社後に御社の売上を向上させたい」とメリットを提示している人の方が採用したいと感じる可能性があります。

また、企業分析や自己分析が甘いと、効果的なアピールはできません。企業としては長期的に業績に貢献できる人材を欲しているんです。

企業分析と自己分析で行うこと

  1. 企業分析:企業の方針や求める人物像、同業他社にはない強みなどを把握しておく。
  2. 自己分析:自分の強みや性格、スキルなどを把握しておく。

自分の強みや性格が企業の方針や求める人物像と一致していれば「ミスマッチを起こさずに長期定着できる」と採用担当者に判断してもらえます。

新卒採用はポテンシャルが重視されるので、企業とのマッチ度合いの高さをアピールできるかが鍵になるかもしれません。

自分の強み・弱みを知りたい方は、以下の自己分析ツール・書籍を使用してみましょう。

おすすめの自己分析ツール・書籍

  1. グッドポイント診断
  2. ストレングス・ファインダー

大手企業志向に陥っていたため

就活に失敗してニートになった2つ目の原因は、大手企業志向に陥っていたため。

当たり前ですが、大手企業は倍率が高いので採用されにくいんです。優秀な人材が集まりやすく、採用基準も高くなりますね。

実際、私も「友人が大手企業や有名企業への内定に決まった」という話を聞くとマウンティングされた気分になり、より企業の知名度を気にするようになってしまいました…。

自分にマッチした社風や適性のある仕事へ就くことの方が企業の知名度より重要です。

そのため、本当に就職したいと思える企業でないなら、既卒就活では大手企業を避けましょう。

面接対策を十分にできていなかったため

就活に失敗してニートになった3つ目の原因は、面接対策を十分にできていなかったため。

面接は減点方式なので、話した内容が良くても一緒に働きたくないと思われてしまえば、内定は獲得できません。

面接でチェックされるポイント

  1. 身だしなみ:髪の毛は短く整えられているか・髭は生えていないか・スーツにシワはないかなど。
  2. ビジネスマナー:目を見て話す・ドアは3回ノックするなど当たり前のマナーを実践する。

面接が苦手な人もいるかもしれません。ただですね。面接は慣れが重要なので数をこなしていけば、抵抗は次第になくなっていくんです。

そこで、既卒特化型就職エージェントで模擬面接を受けてみましょう。毎回フィードバックがあり、改善点と良かった点を教えてもらえるので、着実に内定へ近づけますよ!

第二新卒の面接で好印象を与える逆質問の例!質問のコツと注意点5選

2021.05.06

就活に失敗したニートが内定を獲得するための5つのポイント

就活に失敗しても落ち込む必要はありません。なぜなら、既卒を欲している企業は多いため。

ただですね。新卒就活と同じような進め方をしていたり、モチベーションを維持できなかったりすると内定はなかなか獲得できないかもしれません。

そこでここでは、就活に失敗したニートが内定を獲得するためのポイントを5つ紹介します。

就活に失敗したニートが内定を獲得するための5つのポイント

  • 既卒特化型就職エージェントを利用する
  • 空白期間を問う質問に答えられるようにする
  • 中小企業や知名度の低い優良企業に絞って応募する
  • 新卒時と行動量を落とさない
  • 企業へ応募する前に口コミサイトで評判を調べておく

既卒特化型就職エージェントを利用する

就活に失敗したニートが内定を獲得するには、既卒特化型就職エージェントを利用しましょう。

なぜなら、既卒就活のプロであるキャリアアドバイザーのサポートを無料で受けられるため。

既卒就活は中途採用枠での応募になるため、就活の進め方など初歩的な内容からきちんと教えてくれるんです。

既卒特化型就職エージェントのサポート一覧

  1. 無料カウンセリング
  2. 求人紹介
  3. 面接対策
  4. 応募書類の添削
  5. 内定後の収入交渉
  6. 面接日の日程調整
  7. 面接日の日程調整

キャリアアドバイザーは推薦状により、企業へ求職者をプッシュしてくれます。

アドバイザーと企業の採用担当者は密接な関係を築いている場合が多く「〇〇さんの推薦なら面接だけでもしてみるか!」と選考突破率がグッと上がるんです。

そのため、既卒特化型転職エージェントを利用するのをおすすめします。

既卒サービス「ハタラクティブ」

ハタラクティブ
ハタラクティブ

私が実際に使った中でおすすめしたいのは「ハタラクティブ」です。利用者のほとんどが既卒・フリーターで、社会人経験ゼロの人を対象に色々な就活支援をしてくれます。

私が使ったハタラクティブのおすすめポイント

  1. 求人の質が高く、既卒から上場企業の正社員になれる!
  2. 一人で就職活動をするより、圧倒的に内定しやすい
  3. 他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート

求人の紹介だけでなく、既卒の就活を知り尽くしたキャリアコンサルタントによる、「自己分析サポート」「履歴書・エントリーシートの添削」「模擬面接」のサービスを提供していて、既卒の就職を徹底サポートしてくれます。興味がある人は以下をチェックしてみてください。

ハタラクティブの無料登録はこちら

既卒サービス「DYM就職」

私はフリーター期間が長かったので、書類選考で落とされてしまうことが多く、面接で挽回するためにかなりの数の企業に応募していました。

しかし、DYM就職なら企業側と信頼関係を構築しており、書類選考や一次選考を免除してくれるので、履歴書を書きまくる苦労がいりません。

既卒の就職成功率は過去3年間、45%前後とかなり低い水準です。DYM就職は既卒就活について知り尽くしたキャリアドバイザーの手厚いサポートもあり、既卒の就職成功率は業界トップクラスを誇ります。

面談可能な拠点は全国28箇所あるため、地方でも対面でも面接のフィードバックを受けることができるのが強みです。

私が実際に使って感じたDYM就職の強み

  1. 企業との信頼構築はあり、書類選考、一次選考免除
  2. 既卒就活の戦い方を知っているキャリアアドバイザーがサポート→内定率96%
  3. 電車で1本の場所で面談が受けられた

60秒で完了!DYM就職の無料登録はこちら

既卒サービス「ウズキャリ既卒」

私も利用しましたが、特におすすめなのが「ウズキャリ既卒」です。とにかくサポートが充実しており、企業面接ごとに、1回2時間をかけ、合計20時間以上にわたって徹底的に面接対策をしてくれます。

私が使ったウズキャリ既卒のおすすめポイント

  1. ブラック企業を完全排除している(そもそもUZUZがホワイト企業大賞特別賞を受賞している)
  2. 既卒採用に積極的な企業を10社以上紹介してもらえる
  3. 一人で就職活動をするより、圧倒的に内定しやすく最短2週間で内定も可能!

離職率や残業時間が慢性的に長いなどの、厳格な基準でブラック企業を徹底排除しているため、内定者の定着率も95%と非常に高いです。

ウズキャリ既卒の詳細を見てみる

空白期間を問う質問に答えられるようにする

就活に失敗したニートが内定を獲得するには、空白期間を問う質問に答えられるようにしましょう。なぜなら、空白期間があると、不真面目な印象がついてしまうため。

ただですね。やむを得ない理由の場合は採用担当者からの印象が悪化しにくいので、そのまま伝えてみてください

やむを得ない理由の例

  1. 家庭の事情(両親の介護など)
  2. 病気
ユウキ君

他の理由の場合はネガティブな発言は避けて、空白期間で行ったことを前向きに伝えた方が良いですね。

中小企業や知名度の低い優良企業に絞って応募する

就活に失敗したニートが内定を獲得するには、中小企業や知名度の低い優良企業に絞って応募しましょう。なぜなら、若手人材が集まらず、人手不足に陥っている企業は多いため。

知名度が必要としない優良企業の特徴はBtoBビジネスを展開していることです。

ここがポイント

BtoBとは、取引先の相手は企業であるビジネス形態。一方、BtoCは消費者に対するビジネス形態。

BtoBビジネスを展開しているの例

  1. 素材・部品メーカー
  2. コンサルティング
  3. デベロッパー

BtoBは消費者に知られなくても、ビジネスが展開できるので広告で知名度を上げる必要がないんです。

そのため、企業選びの際は知名度に固執せず、事業内容も確認しておきましょう。既卒者を欲しいと思っている企業も多いので、就職できる可能性はありますよ!

新卒時から行動量を落とさない

就活に失敗したニートが内定を獲得するには、新卒時と同様に行動量を落とさないことです。なぜなら、活動量は内定率と比例しやすいため。

事実、マイナビが行った既卒者の就職活動に関する調査によると、活動量が増えた既卒生の内定率は36.2%で、減った学生より10%以上高かったんです。

(参照:新卒採用サポネット 2020年度マイナビ既卒者の就職活動に関する調査

既卒は応募できる求人自体が少なく、活動量が落ちてしまうかもしれません。そのため、既卒生は受ける業界や職種の視野を広げて見るのをおすすめします。

フジワラ

自分では認識していなかった強みを活かせる業界や職種、企業に出会えるかもしれませんよ!

前述した通り、面接は慣れが重要なので第一志望の企業にこだわらず、多くの企業へエントリーしてみてくださいね。

企業へ応募する前に口コミサイトで評判を調べておく

就活に失敗したニートが内定を獲得するには、企業へ応募する前に口コミサイトで評判を調べておくことです。

なぜなら、企業のHPや採用担当者への質問では企業の実態は掴めないため。採用担当者は採用人数のノルマがあるので、企業の悪い部分や本音を話しにくい立場なんです…。

そこで企業口コミサイトを利用してみてください。企業口コミサイトは現職の社員や退職した社員が本音を書き込んでおり、企業の実態が分かるんです。

特に企業風土は入社してみないと分からないので、念入りに確認しておくのをおすすめします。

そのため、企業研究を徹底して、ミスマッチを起こす可能性を減らしましょう。

代表的な企業口コミサイト

  1. en Lighthouse
  2. 転職会議
  3. OpenWork

就活失敗後にニート期間が長い場合はどうなるの?

ニート期間が伸びると、就職活動で不利になってしまう可能性が高いですね…。

事実、厚生労働省の調査によると、フリーター期間が6ヶ月以内の人の就職率が約6割に対して、1年以上の人の就職率は5割でした。

(参照:厚生労働省 若年者雇用を取り巻く現状

そのため、空白期間が短いうちに就職活動を始めるのをおすすめします。

ニートの社会復帰の方法まとめ!就職の事前準備や正社員になる方法

2020.12.01

まとめ:就活失敗したニートでも納得する企業の内定を獲得できる!活動量を減らさないようにしよう!

今回は、就活失敗してニートになる人の割合や就活でのメンタルの保ち方、就活に失敗してニートになった原因、内定を獲得するためのポイント、ニート期間が長いと就活が不利になる理由を紹介しました。

では、記事の内容をまとめます。

記事の内容まとめ

  • 就活に失敗した原因を知って改善点を講じる
  • ニート期間が短いうちに就活を再開する
  • 既卒特化型就職エージェントを利用する

就活に失敗した原因は人それぞれです。しかしですね。準備不足だったり、自分の価値観ではなく周りの価値観に左右されてしまったりした傾向があります。

そこで「就職エージェントで積極的に面接対策を受ける」「大手企業思考を捨てる」など原因から対処法を講じてみましょう。

ニート期間が伸びると就職成功率が落ちるかもしれません。また、モチベーションが維持できずに活動量が減ると内定からどんどん遠のいてしまいます。

ニート期間が短いうちに就活を再開するのがベターです。就活再開を検討している方は、今回紹介した既卒特化型就職エージェントへ無料相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

ニートは就職できない?就活成功のポイントやおすすめの転職エージェント3選!

2020.06.30

この記事で紹介したサービス

  1.      「ウズキャリ既卒」:離職率の高いブラック企業は紹介しない!他社の10倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート。    
  2.      「ハタラクティブ」:既卒フリーターの内定実績No1!既卒でも上場企業の内定が狙える!    
  3.      「DYM就職」:2000件以上の既卒向け求人から選べる!

監修者プロフィール

フジワラ
運営者:フジワラ
27歳の元既卒生。 大学在学中から続けていた塾講師のアルバイト経験のみだったが、一念発起して就職活動に取り組み、既卒の立場で2社から内定を獲得。実体験を元にした確かな情報提供を心がけていきます。

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

imasia_9065120_S1
ハタラクティブ(未経験・フリーターから有名企業の正社員へ)

既卒フリーターの内定実績No1!他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポートや、既卒から上場企業の正社員になれる求人多数

imasia_9065120_S2
DYM就職(就職できるまで二人三脚!親身な就職サポート!)

DYM就職なら、2000件以上の既卒向け求人の中からエンジニア・企画・マーケティング・事務・管理・クリエイティブ等、様々な職種の仕事を選ぶことができます。

3
ウズキャリ既卒(既卒の内定実績86%!他社の10倍時間をかけて、就活をサポート)

他社の10倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート!離職率の高いブラック企業は紹介しないポリシーを貫いています。

imasia_14141661_S-2 4
マイナビジョブ20’sアドバンス(最短約2週間で内定獲得!既卒で就活するなら登録必須!)

マイナビが既卒の採用意欲が高い企業を厳選して紹介してくれる!

imasia_9065120_S5
就職カレッジ(最短2週間で内定!内定率80%以上)

外食・投資用不動産・アミューズメントなど、離職率の高い業界は紹介しません!また、正社員の求人以外は紹介しない優良エージェントサービス!