既卒から逆転できる就活方法6選!実は企業からの需要が高いワケとは

この記事はこんな人に向け

  • 既卒から優良企業に就職して人生逆転したい
  • 逆転するための具体的な就活方法を知りたい
  • 正直、本当に正社員になれるの?

新卒一括採用の文化が根深い日本では、既卒になると就職の難易度が上がります。不利だとしても正社員になって、同世代からの遅れを取り戻したいですよね。

実際、私も既卒時代は新卒採用を逃してしまった自分が就職できるか不安でした。

ただですね。企業からの既卒の重要は高く、就活の仕方さえ間違わなければ、待遇の良い企業の内定だって獲得できます。決して、「既卒=人生終了」ではないんです。

そこで今回は既卒から就職を成功させた私の実体験を基に、企業が既卒生を求める理由や既卒就活のポイント、既卒になったら人生終了とされている原因、既卒から逆転するための質問を紹介します。

既卒から逆転可能!企業が既卒生を欲しているワケ

ここがポイント

既卒とは、大学・短大・専門学校・高校などの卒業後に一度も正社員として勤務したことのない者。

(引用:既卒とは マイナビジョブ20’s

企業が既卒生を求めている理由は、超高齢化社会や少子化問題など人口不足により若手人材が足りていないため。さらに追い討ちをかけるように、長期定着してくれる若手社員が減っています。

事実、厚生労働省の調査によると、入社後3年以内に離職してしまう新卒者の割合は32%にも昇るんです。
(参照:構成労働省 新規大卒就職者の事業所規模別離職状況

企業を継続的に業績を伸ばしていくためには若手人材が不可欠です。そのため、企業は若手人材である既卒生を求める傾向があります。

既卒/フリーターの就活に強い!無料登録しておくべき神サイト

既卒で就職活動を頑張りたいけれど、「どんな就職サイト/サービスを使って就活すればいいの…?」と、悩んでいませんか?

そこで、私が既卒として就活した時に利用した、「既卒歓迎」のホワイト企業の求人を紹介してくれる就職サイトをご紹介します。無料なので登録しておいて損はないと思います!

既卒から逆転するために把握しておくべき現状

前述した通り、既卒の需要は高いです。しかし、新卒の方が有利なことや若さのおかげで市場価値が高いことを忘れてはいけません。そのため、できるだけ早く就活に取り組む必要があるんです。

ここでここでは、既卒から逆転するために把握しておくべき現状を紹介します。

既卒から逆転するために把握しておくべき現状

  • 新卒の就職率に比べて既卒の就職率はかなり低い
  • フリーター歴が長くなるほど就職には不利になる
  • ハローワークは事務的な対応しかしてくれない

新卒の就職率に比べて既卒の就職率はかなり低い

現状、新卒の就職率に比べて既卒の就職率はかなり低いんです。

事実、マイナビの調査によると、内定率は新卒者が82.6%に対し、既卒者は43.3%と大きな開きがありました。
(参照:2019年度 マイナビ既卒者の就職活動に関する調査

新卒の方が有利なのは揺るぎませんが、既卒にもチャンスはあります。実際、既卒でも本気で就活すれば、1〜2ヶ月程度で内定を獲得できます。

フジワラ

ただ、「既卒は立場的に追い込まれている」という認識が薄く、就活に対する意識の低さが問題です。企業側は働く意識の薄い人材を見抜くので、いつまでも選考を突破できません。

そのため、就職活動を成功させたいなら、本気で対策を練ってください。

フリーター歴が長くなるほど就職には不利になる

フリーター歴が長くなるほど就職には不利になるので、早めに行動しなければなりません。なぜなら、フリーターと正社員ではスキルに差があり、社会とのギャップが広がっていくため。

事実、厚生労働省の調査によると、フリーター歴6ヶ月以内の男性の就職成功率は約7割ですが、1年を超えると約6割に下がります。
(参照:厚生労働省 若年者雇用を取り巻く現状

既卒歴が長いだけでも市場価値が下がり、受け入れてくれる企業も減ってしまうんです。受け入れてくれる企業が減れば、待遇の良い企業に入社するのも難しくなりますよね。

そのため、1日でも早く就職活動をスタートさせることをおすすめします。

ハローワークは事務的な対応しかしてくれない

既卒就活の場合はハローワークを利用するのはおすすめできません。なぜなら、ハローワークは事務的な対応しかしてくれないため。

ハローワークを利用するデメリット

  1. 企業の詳細を教えてくれない
  2. 無料で求人を掲載できるのでブラック企業が混じっている

多くのハローワークでは応募する企業の情報をあまり把握していません。そのため、企業研究は完全に1から自分で行う必要があります。

就職エージェント・サイトに求人情報を載せる場合、企業側は掲載料を支払ったり、求職者が入社した際にエージェントへの成果報酬が発生したりします。つまり、求人募集にはお金がかかるんです。

ここに注意!

  • しかし、ハローワークは無料で求人を掲載できるので、金銭的に余裕がないブラック企業でも求人を掲載できてしまいます。

そのため、既卒から待遇の良い企業へ就職したいならハローワークを利用してはいけません。

既卒から逆転できる就活方法6つのポイント

既卒就活を成功させるためにはコツがあります。新卒と同じ就活方法ではなかなか内定を獲得することはできません。
正しい就活の方法を知る→対策を練る→失敗した原因を改善することを繰り返せば、きっと納得のいく結果がついてきます。

そこでここでは既卒から逆転できる就活方法ポイントを6つ紹介します。

既卒から逆転できる就活方法6つのポイン

  • 既卒特化型就職エージェントを利用する
  • 新卒枠ではなく中途採用枠で選考を受ける
  • 大手なら知名度の低い企業を狙う
  • 長期の有給インターンを受けてみる
  • 既卒になってしまった理由を他責にしない
  • 就活期間は1ヶ月間と決めて短期決戦で臨む

既卒特化型就職エージェントを利用する

既卒就活をするなら、既卒特化型就職エージェントを利用することをおすすめします。なぜなら、既卒生は就活は孤独になりがちですが、エージェントなら就活のプロと二人三脚で選考に挑めるため。

就職エージェントでは以下のサポートが受けられます。

既卒特化型転職エージェントのサポート一覧

  1. 無料カウンセリング
  2. 求人紹介
  3. 面接対策
  4. 応募書類の添削
  5. 内定後の収入交渉
  6. 面接日の日程調整

初めての就職活動でもカウンセリングにより、あなたの仕事に対する価値観や適性を把握してくれます。そのため、自分に合った求人を紹介してくれます。

面接対策や応募書類の添削を受ける度に、自分の就活の知識やスキルが高まっていきます。

ユウキ君

推薦状により、アドバイザーから企業へプッシュしてもらえるので、選考突破しやすいですね。

既卒サービス「第二新卒エージェントneo」

第二新卒エージェントneo

私も利用しましたが、特におすすめなのが「第二新卒エージェントneo」です。その名の通り、既卒・第二新卒・フリーター向けの就職支援サービスです。就職/転職満足度No.1の実績を誇り、全てのサービスを無料で使うことができます。

私が使った第二新卒エージェントneoのおすすめポイント

  1. 担当コンサルタントが内定獲得まで完全フォロー
  2. 厳選した企業の未経験OK求人を紹介してもらえる
  3. サービスの満足度が高く過去実績も確か

過去に22,500人以上の支援実績があり、そのうち10,000人以上は職務経験無しの人達です。
未経験で活動の方法が分からないからこそ、イチから丁寧に教えてもらいたい。既卒という立場での活動だからこそ、きちんと準備して優良企業に入りたい。そんな人に向けたサービスとして、業界で確かな実績を残しています。

第二新卒エージェントneoの詳細を見てみる

既卒サービス「ハタラクティブ」

ハタラクティブ
ハタラクティブ

私が実際に使った中でおすすめしたいのは「ハタラクティブ」です。利用者のほとんどが既卒・フリーターで、社会人経験ゼロの人を対象に色々な就活支援をしてくれます。

私が使ったハタラクティブのおすすめポイント

  1. 求人の質が高く、既卒から上場企業の正社員になれる!
  2. 一人で就職活動をするより、圧倒的に内定しやすい
  3. 他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート

求人の紹介だけでなく、既卒の就活を知り尽くしたキャリアコンサルタントによる、「自己分析サポート」「履歴書・エントリーシートの添削」「模擬面接」のサービスを提供していて、既卒の就職を徹底サポートしてくれます。興味がある人は以下をチェックしてみてください。

ハタラクティブの詳細を見てみる

既卒サービス「マイナビジョブ20’sアドバンス」

マイナビジョブ20’sアドバンスは、大学・大学院を卒業した人で、未就業の方向けの就職支援サービスです。利用者の対象を絞っているため、普通の就活サイトよりもライバルが少ないのも特徴です。

マイナビジョブ20’sアドバンスの特徴

  1. 既卒を積極的に採用している企業に多数出会える「特別選考会」へ案内してくれる
  2. 仕事擬似体験型研修があるから、就職後のミスマッチが少ない
  3. 最短2週間で内定をもらうことが可能

本来持っている、一人ひとりのパーソナリティを評価する選考会になるから、既卒で未就業という経歴がハンデになることもありません。

登録すると、個人の適性・志向性に合わせた職種別研修を行い、その中で仕事を疑似体験できるため、就職後とのイメージのギャップをおさえることができます。「せっかく就職したのに、嫌な仕事内容だった」なんてこともないでしょう。

実績として、最短2週間で内定を獲得できるため、スピーディーに就職したい人におすすめです。

マイナビジョブ20’sアドバンスの無料登録はこちら

※新宿・大阪オフィスに来社できる方のみを対象としたサービスになりますので、来社が難しい方はサポート対象外になります

新卒枠ではなく中途採用枠で選考を受ける

既卒就活をするなら、新卒枠ではなく中途採用枠で選考を受けることをおすすめします。なぜなら、新卒枠で就活して有利になる人はごくわずかなため。

ここがポイント

青少年雇用機会確保指針とは、学校卒業後3年以内の既卒者は新卒で応募できるようにする指針。企業側ににも採用した場合、奨励金が支給される。
(参照:厚生労働省 募集採用に当たって3年以内既卒者は新卒枠で応募受付を!!


ここに注意!

  • 新卒枠でも採用さやすいのは、「留学」や「親の介護」などやむを得ない理由で既卒になった場合です。

基本的には「何か問題があるかもしれない既卒より経歴がまっさら新卒」の方を企業は好みます。

そのため、新卒枠で受けても現役と比べられて不利になるだけなので、未経験者OKの中途採用枠に応募しましょう。

大手なら知名度の低い企業を狙う

既卒から逆転を狙う場合は大手なら知名度の低い企業を狙うことです。なぜなら、世間への知名度を必要としない優良大手企業も存在するからです。

一般的な大手企業のイメージは、CMをうてる露出度の高い大きな会社です。CMは莫大な広告費用がかかるので、企業の財政状況が良いことは間違いありません。

しかし、大手企業の定義はネームバリューだけではありません。知名度が必要としてない大手企業も存在します。それがBtoBビジネスを展開している企業です。

ここがポイント

BtoBとは、取引先の相手は企業であるビジネス形態。一方、BtoCは消費者に対するビジネス形態。

BtoBビジネスを展開しているの例

  1. 素材・部品メーカー
  2. コンサルティング
  3. デベロッパー

例えば、自社で製造した家具をオフィス用品として売る場合は取引相手も企業になります。BtoBは消費者に知られなくても、ビジネスが展開できるので広告費がかかりません。

フジワラ

知名度が低い場合でも身につくスキルや待遇が一級品の会社はありますよ。

長期の有給インターンを受けてみる

既卒から逆転を狙う場合は、長期の有給インターンを受けてみることです。なぜなら、面接で使えるアピールポイントになるため。有給インターンは実際の企業での経験なので、評価対象になりやすいです。

例えば、志望業界で働いている経験や数字の伴う実績があれば、「社会人経験のない」という中途採用では不利になりやすいポイントを軽減できます。

現在は既卒でも長期の有給インターンを既卒でも受けれます。特にベンチャー企業なら正社員より安価な労働力を手に入れられるので、受け入れに積極的です。

そのため、以下の有給インターン紹介サイトを使用して、実施企業を探すことをおすすめします。

長期の有給インターン紹介サイト

  1. キャリアバイト
  2. ゼロワンインターン

既卒になってしまった理由を他責にしない

既卒になってしまった理由を聞かれたバイアは言い訳しないことが重要です。なぜなら、「この人は仕事でミスをした場合でも他人のせいにするかもしれない」と判断されてしまうため。

キヨちゃん

既卒になった理由は「自分をよく見せようと見栄を張って嘘をつかず、正直に真実を話すべき」です。

勉強不足や情報収集を怠っていたなど反省している方が企業側の印象は良い場合があります。サークル活動に熱中しすぎて就活できなかった場合は、以下のようにまとめましょう。
伝え方の例
軽音サークルでライブに出たり、CDを作ったりすることに夢中で就活が疎かになってしまいました。将来のことを優先するという状況判断ができず、楽しい方に流されてしまいました。
今後は状況をきちんと見極めて、優先すべき仕事の判断を誤らないように気をつけていきます。

自分の考えが甘かった(反省)→今後に活かすという流れで話せば説得力のある内容になります。

ここに注意!

  • 嘘をつくことはやめてください。相手は面接のプロなので、嘘は見抜かれてしまいます。

面接は企業の業績に貢献できる人を探すこと+一緒に働く信用できる人を探す場です。大事な場面で嘘をつく人に信用して仕事を任せられませんよね?

そのため、採用担当者からの信用を勝ち取るためにも正直に回答しましょう。

就活期間は1ヶ月間と決めて短期決戦で臨む

就活期間は1ヶ月間と決めて短期決戦で臨んでください。なぜなら、既卒の就活の平均期間は1ヶ月程度のため。

しかし、3ヶ月以上内定が出ない場合は、就活のやり方自体が間違っている可能性が高いです。そこで一度就活の方法を見直すために就職エージェントに相談してみてください。

逆転不可?既卒になったら人生終了とされている原因3選

「既卒になったら人生終了」とされていた時期がありました。しかし、実際は既卒でも内定は獲得できたり、新卒入社した人以上に活躍していたりします。

ネガティブな話題は頭に残りやすいので、広まっただけです。噂に惑わされて自信を失っていると、時間を無駄にしてしまいかねません。

そこでここでは、既卒になったら人生終了とされている原因を3つ紹介します。

既卒になったら人生終了とされている原因3選

  • 既卒就活は難易度が高いとネットで言われているため
  • 新卒就活と比べて既卒就活を認知している人が少ないため
  • 受けられる求人が減るため

既卒就活は難易度が高いとネットで言われているため

既卒になったら人生終了とされている原因は、既卒就活の難易度が高いとネットで言われているため。
インターネットは就活のお貴重な情報源です。しかし、匿名で書き込める分、実際に既卒で就活したことがない人の意見など信憑性の薄い内容も混ざっています。
そのため、ネットを使うなら全てを鵜呑みにするのではなく、確実な情報を見極めなければなりません。

フジワラ

実際、既卒の就職難易度は上がりますが、感じ方は人それぞれです。

例えば、大手30社に落ちた既卒生Aくんは難易度が高いと感じます。しかし、地元企業を数社受けて、内定を獲得した既卒生Bくんは新卒就活との難易度の変化を感じません。
受ける企業との相性や企業規模次第で難易度は異なります。そのため、ネットのネガティブな情報は鵜呑みにせず、「自分なら就職できる」と自信を持って、選考に臨みましょう。

新卒就活と比べて既卒就活を認知している人が少ないため

既卒になったら人生終了とされている原因は、新卒就活と比べて既卒就活を認知している人が少ないため。

「既卒」という言葉を知らない人がいるんですよね。「就職浪人」と呼ぶことも多く、「1年間就活して内定を獲得できなかった」というイメージが根付いている場合もあります。

学校卒業後はストレートで企業へ入社するのが一般的な事例とされるので、「既卒=人生終了」という考え方をする人が一定数いるんです。

しかし、現在は既卒で就活する人も多く、既卒向け就活サービスも充実しています。そのため、既卒がネックになる可能性は低くなっていますね。

受けられる求人が減るため

既卒になったら人生終了とされている原因は、受けられる求人が減るため。

新卒の場合は大手の就活サイトに登録すれば、数多ある企業に応募可能でした。しかし、既卒になると、「既卒可」「未経験者OK」など全ての求人に応募できるわけではありません。

中途採用は基本的に実績とスキルで評価されるんです。そのため、社会人経験のない既卒には不利になる可能性が高いですね。

キヨちゃん

未経験者OKの企業は教育体制が整っている企業が多く、経験も十分に積めます。

そこでスキルを身につければ、市場価値を上がり、数年後に優良企業へ転職できるチャンスも夢ではありません。

既卒から逆転するための質問まとめ

ここでは既卒就活の際の質問をまとめてみました。これから興味があるところがあれば、ぜひチェックしてみてくださいね。

正社員とフリーターの違いとは?

正社員とフリーターは将来的に大きな差がついてしまいます。そこで決定的に違うのは金銭面や安定性の高さですね。

正社員とフリーターで将来的につく差は、以下の通りです。

正社員とフリーターの差

  1. 収入が少ない:安定した収入が毎月得られる。昇給や賞与もある。
  2. 結婚するのが難しい:経済的に不安的だと相手も結婚に躊躇する。
  3. 解雇されるリスク:正社員より優先順位が低い。
  4. 将来もらえる年金額が少ない:厚生年金に加入できない。
  5. 社会的信用が低い:収入が途絶える可能性があるので、ローンが組めない。

今後の安定した生活を送りたいなら正社員になった方がメリットが大きいですね。

新卒の時に落ちた会社に入るためのポイントは?

大切なのは企業が求めている人物像を分析することです。なぜなら、過去に採用されなかったのは何か企業とのミスマッチがあったため。

そのミスマッチの原因の把握+対策を立てる必要があります。また、新卒時とは求められるポイントも、¥今現在とは異なるので把握しておいてくださいね。

アピールすべきポイント

  1. 前回をどう変わったのか
  2. 身に付けたスキル
  3. 企業が求めている人物像とマッチする強み

しかしですね。他にもあなたを求めている会社はたくさんあります。そのため、視野を広げて自分と相性の良い企業を探すのも重要ですよ。

既卒から大手企業へ就職する難易度が高い理由は?

有名大手企業の就職難易度が高い理由は今も人気が高く、人手不足と無縁の企業も多いため。待遇が良い企業も多いので、離職率が低いんです。

そこで既卒より、フレッシュな新卒や即戦力の転職者で人材を補充する傾向があります。

ここに注意!

  • 既卒は正社員の勤務経験がないので、「既に社会人の基礎スキルが身についている」という強みもありません。

そのため、教育コストが新卒と同様にかかるなら、経歴がまっさらな新卒を選んだ方がメリットが大きいんです。

既卒からでも逆転して優良企業へ就職できる!早めの行動と正しい就活の知識が重要!

今回は企業が既卒生を求める理由や既卒就活のポイント、既卒になったら人生終了とされている原因、既卒から逆転するための質問を紹介しました。

では、記事の内容をまとめます。

記事の内容まとめ

  • 企業は若手人材である既卒生を求めている
  • フリーター歴が長くなるほど就職には不利になる
  • 既卒特化型就職エージェントを利用する

既卒を求める企業は多く、優良企業への就職も無理な話ではありません。しかし、新卒の方が明らかに有利である点やフリーター歴が長さがネックになることは把握しておく必要があります。

そのため、早めに行動を起こして、既卒なりの効果的な就活方法を実践することが内定獲得の一番の近道です。

そこで就職活動に不安がある人は、今回紹介した既卒特化型就職エージェントに無料相談してみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介したサービス

  1.      「第二新卒エージェントneo」:就職/転職満足度No.1!既卒・フリーターなら活用必須!    
  2.      「マイナビジョブ20’sアドバンス」:最短2週間で内定!既卒採用に積極的な企業を10社以上紹介してもらえる    
  3.      「ハタラクティブ」:既卒フリーターの内定実績No1!他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

1
第二新卒エージェントneo(就職/転職満足度No.1!過去の就職成功者は15,000人以上)

就職できるまで二人三脚で、圧倒的に親身になって就職をサポートしてくれる!

imasia_14141661_S-2 2
マイナビジョブ20’sアドバンス(最短約2週間で内定獲得!既卒で就活するなら登録必須!)

マイナビが既卒の採用意欲が高い企業を厳選して紹介してくれる!

imasia_9065120_S3
ハタラクティブ(未経験・フリーターから有名企業の正社員へ)

既卒フリーターの内定実績No1!他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポートや、既卒から上場企業の正社員になれる求人多数

imasia_9065120_S2
DYM就職(既卒の就職率96%!就職できるまで二人三脚!親身な就職サポート!)

DYM就職なら、2000件以上の既卒向け求人の中からエンジニア・企画・マーケティング・事務・管理・クリエイティブ等、様々な職種の仕事を選ぶことができます。

5
ウズキャリ既卒(既卒の内定実績86%!他社の10倍時間をかけて、就活をサポート)

他社の10倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート!離職率の高いブラック企業は紹介しないポリシーを貫いています。