ニートの社会復帰の方法まとめ!就職の事前準備や正社員になる方法

ニートの社会復帰の方法まとめ!就職の事前準備や正社員になる方法

この記事はこんな人向け

  • ニートが社会復帰するための方法を知りたい
  • 仕事を継続するコツを教えてほしい
  • ニートに適した仕事はある?

ニートが社会復帰するのは難しいことではありません。とはいえ、長期間ニートをやっていると、自分が働いている姿を想像できないですよね。

実際、私もフリーター時代はほとんどニートのような生活を送っていたので、自信が持てずに働くことから目を背けていました。

ただですね。きちんと社会復帰するための事前準備を行えば、働くハードルは一気に下がるんです。ニートから正社員へ就職して、自立できるようになる可能性も十分にあります。

そこで今回はニート同然から正社員への就職を成功させた私が、ニートの社会復帰が難しい原因やニートから社会復帰できる人・できない人の特徴、社会復帰するための事前準備、正社員として就職するためのポイントを紹介します。

ニートの社会復帰が難しいとされる4つの原因

ニートは、ブランク期間が生み出した問題と元々の資質によって社会復帰の難易度が上がっています。まずは原因を把握しておくことで、自分がどのタイプに当てはまるのか確認しておきましょう。

そこでここでは、ニートの社会復帰が難しいとされる原因を4つ紹介します。

ニートの社会復帰が難しいとされる4つの原因

  • ストレス耐性が低い
  • コミュニケーション能力に問題がある
  • 社会人としての基礎スキルが身についていない
  • ニート期間が長い

ストレス耐性が低い

ニートの社会復帰が難しいとされる1つ目の原因は、ストレス耐性が低いため。

企業は長期的定着してくれる人を探しています。

 

フジワラ

短期離職されると、採用コストが無駄になってしまったり、再度求人を募集する手間がかかったりするんです。

 

そのため、ストレス耐性が低く、短期離職しそうなニートは採用を避けられてしまう傾向があります。

コミュニケーション能力に問題がある

ニートの社会復帰が難しいとされる2つ目の原因は、コミュニケーション能力に問題があるため。

例えば、家に引きこもって家族とも会話もない状態だと、自分の考えを伝えたり、相手の話の意図を汲んだりする能力が低下していくんです。

そのため、就職活動の面接で落とされる可能性が高まってしまいます。

社会人としての基礎スキルが身についていない

ニートの社会復帰が難しいとされる3つ目の原因は、社会人としての基礎スキルが身についていないため。

以下のような最低限のマナーやスキルが身についていないと、選考を突破できません。

社会人としての基礎スキル

  1. 時間を守る
  2. 人に対しての気遣いができる

採用担当者は履歴書や面接で社会人としての基礎スキルがあるかを判断しています。

ニート期間が長い

ニートの社会復帰が難しいとされる4つ目の原因は、ニート期間が長いため。

例えば、ニート歴10年の人とニート歴1年の人では、生活リズムを戻したりアルバイトを始めたりする難易度にも大きな差があります。

また、20代前半なら市場価値が高いので就職先の選択肢は豊富です。一方、30代後半の場合は就職先の選択肢は限られてしまいます。

そのため、ニート歴が浅く、若いうちに行動を起こすことが重要なんです。

既卒/フリーターの就活に強い!無料登録しておくべき神サイト

既卒で就職活動を頑張りたいけれど、「どんな就職サイト/サービスを使って就活すればいいの…?」と、悩んでいませんか?

そこで、私が既卒として就活した時に利用した、「既卒歓迎」のホワイト企業の求人を紹介してくれる就職サイトをご紹介します。無料なので登録しておいて損はないと思います!

ニートから社会復帰できる人・できない人の特徴

ニートから社会復帰できるとできない人の差はそこまでありません。毎日の生活で身についた習慣や意識の問題なんです。そのため、些細なことを改善するだけで、社会復帰できる可能性はグッと上がりますよ。

ここではニートから社会復帰できる人の真似をして、社会復帰できない人を反面教師にしてみてください。

ニートから社会復帰できる人の特徴

ニートから社会復帰できる人の特徴

  1. 前向きな思考ができる人
  2. 規則正しい生活を心がけている人
  3. 身の丈に合った仕事を選んでいる人
  4. 論理的な思考が身についている人

前向きな人は仕事で失敗しても落ち込むのはほとほどに、次に活かそうと努力します。ビジネスではその姿勢が評価されやすいので、早めに内定を獲得しやすいんです。

昼夜逆転により、生活リズムが狂っていると社会復帰が難しくなります。働き始めると、朝から行動する必要があるからです。突然、生活リズムを変えるのは難しいので、規則正しい生活を心がけ徐々に朝型の生活へシフトした方が良いですね。

自分の身の丈に合った仕事を選ぶのが大切です。職歴なしから選べる職種や企業は限られているので、就職難易度の高い大手企業へ就職するのは厳しいかもしれません。

まずは自分を必要としている企業へ就職して、スキルを身につけてからキャリアアップするなど現実的なビションがある人が社会復帰を成功させています。

ビジネスでは論理的な思考が必要不可欠です。ビジネスは感情のみで様々な判断がなされるのではなく、客観的な事実やデータから判断することが必要になるからです。

 

キヨちゃん

論理的思考をアピールする方法は結論→理由→具体例→結論の流れで話すことです。

 

これはPREP法といい、論理的な話を展開する際に使われています。面接の質問に分かりやすく、簡潔に答えられれば、面接官の評価も上がりやすいですよ。

ニートから社会復帰できない人の特徴

ニートから社会復帰できない人の特徴

  1. ネガティブな思考が染み付いている人
  2. 行動力がない人
  3. 仕事を選り好みしている人
  4. 前職や就活時の失敗を引きずっている人

ニート期間は休養期間だと割り切って、前向きに考えられる方が就職は上手くいきます。ネガティブ思考になると、顔色が悪くなったり、覇気が感じられなくなったりと面接官にもあまり良い印象を与えません。

行動力とは企業へ応募して、面接を受けるレベルのことです。しかし、「どうせ自分には就職は無理」と最初から諦めている人もいます。それではいつまで経っても内定を獲得することはできません。

工場勤務などブルーカラーの仕事への偏見が社会復帰の邪魔をしている場合もあります。どんな仕事にも役割ややりがいがあるんです。

 

ユウキ君

どんな職種であれ、適性がありそうならチャレンジしてみるのをおすすめします。

 

過去は過去、今は今と割り切ってください。例えば、大手企業に入社して、すぐに辞めてしまったことを悔いても過去には戻れません。今できる最善を尽くした方が人生は好転しますよ。

ニートが社会復帰するためにしておくべき4つの事前準備

ニートが社会復帰するのは難しくありません。ただですね。無理やり社会復帰した場合は就職できても、体がついていかず、すぐに退職してもとの生活に逆戻りしてしまうかもしれません。

そんな最悪な状況を避けるためにも、ニートが社会復帰の際にしておくべき事前準備を4つ紹介します。

ニートが社会復帰するためにしておくべき4つの事前準備

  • ニートになってしまった原因を把握しておく
  • 体力をつける
  • 派遣・アルバイトを始める
  • 職業訓練校に通ってスキルを身につける

ニートになってしまった原因を把握しておく

ニートが社会復帰するためにしておくべき事前準備の1つ目は、ニートになってしまった原因を把握しておくことです。なぜなら、社会復帰する際に改善すべき点が見つかりやすくなるためです。

学生時代や前職を振り返り、自分がニートになった原因を書き出して、思考を整理しましょう。

ニートになってしまった原因の例

  1. 理想が高すぎた
  2. 就活で何度も落ちてしまい、自信を失った
  3. 金銭的に裕福なため、働く理由を見出せなかった
  4. 趣味に没頭しすぎた
  5. 人間関係が苦手

また、就活ではニートになった経緯を聞かれる場合もあるので、しっかり説明できるようにしておいてくださいね。

体力をつける

ニートが社会復帰するためにしておくべき事前準備の2つ目は、体力をつけることです。なぜなら、いずれ正社員になるなら週5日・毎日8時間以上働く必要があるためです。

アルバイトでも最低4時間以上シフトを入れるのが条件になっている場合もあります。そのため、少しでも運動しておくのをおすすめします。

おすすめの運動

  1. ウォーキング
  2. サイクリング
  3. 筋トレ

体力をつけておいて損はありません。そこで、以上のような負荷の軽い運動から始めてみましょう。

派遣・アルバイトを始める

ニートが社会復帰するためにしておくべき事前準備の3つ目は、派遣・アルバイトを始めることです。なぜなら、すぐに雇ってもらえるためです。正社員雇用の場合は就職まで時間がかかるのがネックになります。

その点、アルバイトならすぐに雇ってもらえるので働くことへの恐怖心をなくしたり、家族以外とコミュニケーションを取ることで面接へのハードルを下げられたりできるんです。

まずは働くことに慣れることが肝心なので、以下の短い期間のアルバイトから始めてみましょう。

おすすめのアルバイト

  1. 派遣の単発バイト(警備、コンサートスタッフなど)
  2. 数週間限定の短期バイト(データ入力・引越しなど)

また、アルバイトをするには決まった時間に起きる必要があり、自然と昼夜逆転していた生活習慣が整っていきます。そのため、まずはアルバイトは社会復帰へ向けての第一歩におすすめですね。

職業訓練校に通ってスキルを身につける

ニートが社会復帰するためにしておくべき事前準備の4つ目は、職業訓練校に通ってスキルを身につけることです。なぜなら、就職に有利になるためです。

ここがポイント

職業訓練校とは、再就職を目指す人向けに様々な職種の知識やスキルを学べる施設。

ハローワークへ通い、「求職者支援コース」を受けることをおすすめします。

求職者支援コースの内容例

  1. PCスキル
  2. Webデザイン
  3. 経理事務
  4. 介護

職業訓練は無料で受けられるので、就職する前に受講しておきましょう!

ニートが社会復帰後に正社員として就職するための5つのポイント

社会復帰できたら、正社員を目指すことをおすすめします。「正社員はキツい」というイメージがあるかもしれません。
しかし、収入面と福利厚生面など正社員へ就職していた方が将来的に得をするんです。就活の方法次第で正社員へ就職できるので、以下のポイントを参考にしてみてくださいね。

ニートが社会復帰後に正社員として就職するための5つのポイント

  • ニート特化型就職エージェントを利用する
  • 自己分析により適性のある仕事を知る
  • 企業研究をして社風とマッチしそうな企業を受ける
  • 面接での頻出質問の回答例を考えておく
  • 空白期間の説明をきちんとできるようにする

ニート特化型就職エージェントを利用する

正社員として就職するためには、ニート特化型就職エージェントを利用しましょう。なぜなら、未経験者歓迎求人を多数保有しているため。

ニートが転職する際には未経験者を受け入れている企業へ就職するのが一番です。未経験者を受け入れている企業は、教育体制が整っている場合が多いんです。
また、中途採用枠は基本的に実務経験のある求職者と競う必要がありますが、未経験者歓迎求人ならライバルも未経験者なので採用率がアップするのです。

ニート特化型エージェントのサポート一覧

  1. 無料カウンセリング
  2. 求人紹介
  3. 面接対策
  4. 応募書類の添削
  5. 内定後の収入交渉
  6. 面接日の日程調整

アドバイザーが手厚くサポートしてくれるのも就職エージェントのメリットですね。

既卒サービス「ハタラクティブ」

ハタラクティブ
ハタラクティブ

私が実際に使った中でおすすめしたいのは「ハタラクティブ」です。利用者のほとんどが既卒・フリーターで、社会人経験ゼロの人を対象に色々な就活支援をしてくれます。

私が使ったハタラクティブのおすすめポイント

  1. 求人の質が高く、既卒から上場企業の正社員になれる!
  2. 一人で就職活動をするより、圧倒的に内定しやすい
  3. 他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート

求人の紹介だけでなく、既卒の就活を知り尽くしたキャリアコンサルタントによる、「自己分析サポート」「履歴書・エントリーシートの添削」「模擬面接」のサービスを提供していて、既卒の就職を徹底サポートしてくれます。興味がある人は以下をチェックしてみてください。

ハタラクティブの詳細を見てみる

既卒サービス「For A-career」

おすすめなのが「For A-career」の転職エージェントです。とにかくサポートが充実しており、求人紹介、面接対策や内定後のキャリアプランを含めて、2人3脚であなたの就職・転職を徹底サポートしてくれます。

私が使ったFor A-careerのおすすめポイント

  1. 入社後の定着率97%(入社後のミスマッチをなくすため、休日・残業といった聞きづらい部分もすべて伝えてくれます)
  2. 1対1のサポート体制
  3. 内定率が他の転職エージェントの4倍!

事務職・広報・営業など、自分の希望を叶える仕事・職種を紹介してくれるため定着率は97%を誇ります!事務職で働きたい方や1日で内定の実績もあり、早く内定がほしい方にもおすすめです

For A-careerの詳細を見てみる

既卒サービス「マイナビジョブ20’sアドバンス」

マイナビジョブ20’sアドバンスは、大学・大学院を卒業した人で、未就業の方向けの就職支援サービスです。利用者の対象を絞っているため、普通の就活サイトよりもライバルが少ないのも特徴です。

マイナビジョブ20’sアドバンスの特徴

  1. 既卒を積極的に採用している企業に多数出会える「特別選考会」へ案内してくれる
  2. 仕事擬似体験型研修があるから、就職後のミスマッチが少ない
  3. 最短2週間で内定をもらうことが可能

本来持っている、一人ひとりのパーソナリティを評価する選考会になるから、既卒で未就業という経歴がハンデになることもありません。

登録すると、個人の適性・志向性に合わせた職種別研修を行い、その中で仕事を疑似体験できるため、就職後とのイメージのギャップをおさえることができます。「せっかく就職したのに、嫌な仕事内容だった」なんてこともないでしょう。

実績として、最短2週間で内定を獲得できるため、スピーディーに就職したい人におすすめです。

マイナビジョブ20’sアドバンスの無料登録はこちら

※新宿・大阪オフィスに来社できる方のみを対象としたサービスになりますので、来社が難しい方はサポート対象外になります

自己分析により適性のある仕事を知る

正社員として就職するためには、自己分析により適性のある仕事を知ることが重要です。なぜなら、自分の性格や仕事の適性が分かれば、ミスマッチを起こす可能性を限りなく減らせるため。
例えば、黙々と作業することが得意な場合は工場でのライン業務、人と話すことが得意なら営業職など適性のある職種へ就職するのがおすすめです。

 

フジワラ

得意なことを仕事にすると、人から頼られることが増え、やりがいが持って働くことができますよ。

 

以下の自己分析ツールを利用したり、就職エージェントで相談したりして自分の適性を見つけましょう。

企業研究をして社風とマッチしそうな企業を受ける

正社員として就職するためには、企業研究をして社風とマッチしそうな企業を受けてみてください。なぜなら、社風と合わない企業に入ると、ストレスがかかりやすいため。

例えば、大人しい性格の人は体育会系の社風の企業で馴染みにくい可能性が高いんです。社風は企業の分野や価値観、社員の行動にも現れます。

 

キヨちゃん

合わない社風の企業には相性の合う人は少ないかもしれません…。

 

社風は基本入社してみないと分かりません。しかし、口コミサイトなら現職の社員が書き込んでいるので、企業の実態を知ることができるんです。

複数のサイトで重複している情報があると、信憑性の高い情報と言えますね。そのため、以下の口コミサイトで社風について調べておきましょう。

代表的な口コミサイト

  1. 転職会議
  2. en Lighthouse
  3. OpenWork

面接での頻出質問の回答例を考えておく

正社員として就職するためには、面接での頻出質問の回答例を考えておきましょう。なぜなら、ニートの就活では働く意欲を問う質問が多く、きちんと回答できないと採用されにくくなってしまうため。

頻出質問の例と答え方のポイント

  1. 前職を退職した理由は?:理由を正直に答えた上で、過去を反省していることを伝える。
  2. 無職期間に何をしていたのか?:自分なりに取り組んでいることを伝える。

無職期間にしてきたことを書き出しておくと、質問に答えやすくなりますよ。

空白期間の説明をきちんとできるようにする

正社員として就職するためには、空白期間の説明をきちんとできるようにしておいてください。なぜなら、正直に「何もしていなかった」と答えてしまった場合、選考へ不利に働いてしまうため。
とはいえ、正社員で働いていたことを捏造してはいけません。

ここに注意!

  • 源泉徴収票や年金手帳、雇用保険被保険者証の提出を求められた際にバレる可能性が高いんです。

そのため、面接を受ける前に「資格の勉強」や「アルバイト」などを始めておきましょう。空白期間を説明しやすくなったり、業種と関係性が深い内容なら就職にも有利になったりしますよ。

有利になりやすい資格・バイトの例

  1. 飲食業界:飲食店のホールスタッフ経験
  2. ゲーム業界:デバッカーの経験
  3. 事務職:日商簿記2級程度

ニートの社会復帰に関するQ&A

ここではニートの社会復帰に関するQ&Aをまとめました。気になったところがあれば、チェックしてみてくださいね。

ニートが社会復帰におすすめの職種は?

ニートから社会復帰するなら未経験者を受け入れている業界・職種を選ぶのをおすすめします。なぜなら、ニートからでも就職しやすく、教育体制が整っている企業も多いため。

未経験者を受け入れている企業は人手が足りていない場合が多く、新しい人材に短期離職されることは大きな損失になります。そのため、研修やOJTなどを丁寧に行って、長期定着してもらえるように工夫しているんです。

未経験者を歓迎している主な業界・職種

  1. 製造業
  2. サービス業
  3. 運送・配送業
  4. 介護業

仕事を継続するためのコツは?

仕事を継続させるためのコツは、完璧を求めないことです。完璧を求めると、ミスをした際に必要以上に自分を責めてしまうため。
誰でも最初から完璧に仕事をこなせるできるわけではありません。仕事に慣れていくことで、ミスが減っていくいんです。仕事が上手くいくようになれば、自信がつき、自然と仕事仲間とも打ち解けていけます。

 

ユウキ君

継続していけば、やりがいも感じられるようになりますよ。

 

まとめ:ニートから社会復帰するのは難しくない!事前準備が重要!

今回は、ニートの社会復帰が難しい原因やニートから社会復帰できる人・できない人の特徴、社会復帰するための事前準備、正社員として就職するためのポイントを紹介しました。
では、記事の内容をまとめます。

記事の内容まとめ

  • ニートになった原因を把握しておく
  • まずはアルバイト・派遣から始める
  • ニート特化型就職エージェントを利用する

ニートになった原因を把握することで、社会復帰する際に改善すべき点が分かったり、仕事選びで避けるポイントも分かったりするんです。

長期のニート生活で体力が落ちたり、コミュニケーション能力が下がったりしていることが、社会復帰を送らせています。まずは無理せずに、短期のアルバイトや日雇い派遣で働くことで体を慣らしてあげましょう。

将来的なことを考えれば、正社員として就職した方がお得です。受ける企業によっては就職の難易度も高くありません。

就職に興味を持った方は、今回紹介したニート特化型の就職エージェントで無料相談してみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介したサービス

  1.      「ハタラクティブ」:既卒フリーターの内定実績No1!他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート    
  2.      「For A-career」:定着率97%!事務職、広報、営業など、あなたの希望を叶える仕事をご紹介!    
  3.      「マイナビジョブ20’sアドバンス」:最短2週間で内定!既卒採用に積極的な企業を10社以上紹介してもらえる

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

imasia_9065120_S1
ハタラクティブ(未経験・フリーターから有名企業の正社員へ)

既卒フリーターの内定実績No1!他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポートや、既卒から上場企業の正社員になれる求人多数

imasia_14141661_S-2 2
For A-career(定着率97%!事務職、広報、営業など、あなたの希望を叶える仕事をご紹介!)

内定率は転職エージェントの4倍を誇る充実のサポート!求人紹介、面接対策や内定後のキャリアプランを含めて、2人3脚であなたの就職・転職を徹底サポートします。

imasia_14141661_S-2 3
マイナビジョブ20’sアドバンス(最短約2週間で内定獲得!既卒で就活するなら登録必須!)

マイナビが既卒の採用意欲が高い企業を厳選して紹介してくれる!

imasia_9065120_S4
DYM就職(既卒の就職率96%!就職できるまで二人三脚!親身な就職サポート!)

DYM就職なら、2000件以上の既卒向け求人の中からエンジニア・企画・マーケティング・事務・管理・クリエイティブ等、様々な職種の仕事を選ぶことができます。

5
ウズキャリ既卒(既卒の内定実績86%!他社の10倍時間をかけて、就活をサポート)

他社の10倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート!離職率の高いブラック企業は紹介しないポリシーを貫いています。