第二新卒の面接で好印象を与える逆質問の例!質問のコツと注意点5選

第二新卒の面接で好印象を与える逆質問の例!質問のコツと注意点5選

「面接の逆質問で良い印象をつけたい!」と思う一方で、

疑問

  • 面接官が逆質問をする意図は?
  • 逆質問で聞いてはいけない内容はあるのか?
  • 例文があれば参考にしたい

と悩んでいませんか?

実際、私の友人も第二新卒時代は「どんな内容の逆質問をすべきなのか?」と迷っていました。

だだですね。面接官が逆質問の時間を設ける意図とチェックしているポイントを知っておけば、質問すべき内容が分かってくるんです。また、内容次第で評価が悪化する質問もあるので注意が必要になります。

そこで今回は第二新卒で優良企業への転職を成功させた友人へのインタビューを元に、第二新卒の面接で逆質問の時間を設ける意図や面接で逆質問する際のポイント、面接で逆質問する際の注意点、逆質問で聞くべき質問の例文を紹介します。

第二新卒の面接で逆質問の時間を設ける4つの意図!

面接で逆質問の時間を設ける意図は明確にあります。それを知らずにありきたりな質問をしたり、質問自体をしなかったりした場合は入社意欲が低いとみなされ、採用を見送られるかもしれません…。

それぐらい逆質問は重要視されているんです。そこでここでは、面接で逆質問の時間を設ける意図を4つ紹介します。

第二新卒の面接で逆質問の時間を設ける4つの意図!

  • 自社への志望度の高さを知るため
  • 質問の仕方からコミュニケーション能力を測るため
  • 応募者と社風とのマッチ度合いを知るため
  • 返答によって会社の魅力を応募者に伝えるため

自社への志望度の高さを知るため

第二新卒の面接で逆質問の時間を設ける1つ目の意図は、自社への志望度の高さを知るため。

企業への関心が高い人はホームページや会社概要を読みこみ、そこでは見つからないような疑問を持ちます。

趣味や好きな人に対しては聞きたいことがたくさん浮かび上がっていく場合が多いですよね。

逆質問もそれに近いと考えてみてくださいね。

採用担当者も応募者が何社も並行して選考を受けていることは重々承知です。そのため、面接官は質の高い質問(的確かつ詳細)ができているかどうかで入社意欲の高さを測っています。

質問の仕方からコミュニケーション能力を測るため

第二新卒の面接で逆質問の時間を設ける2つ目の意図は、質問の仕方からコミュニケーション能力を測るため。

面接官が答えやすい質問をしたり、伝わりやすいような工夫がされていたりと同じ内容の質問をしたとしてもコミュニケーション能力が垣間見えるんです。

面接官が注目する主なポイント

  1. 抑揚
  2. 表情
  3. 言葉遣い
  4. マナー
  5. 会話がスムーズに成り立つか?
  6. 伝わりやすい構成か?(考えを上手くまとめた質問)

そのため、質問の内容以外もチェックされていると考えておきましょう。

応募者と社風とのマッチ度合いを知るため

第二新卒の面接で逆質問の時間を設ける3つ目の意図は、応募者と社風とのマッチ度合いを知るため。

逆質問は自由度が高いので応募者の性格や仕事への価値観が反映されるんです。

例えば、成果主義の会社で「ノルマを達成できなかった場合はどんな対処をするのか?」「インセンティブなしの給与でも生活は成り立つか?」など弱気な質問をしてしまうと、適正なしと判断されてしまいます。

ただですね。社風とマッチしない企業へ入社して苦労するのは自分です。

フジワラ

自分とのマッチ度合いを図る気持ちで逆質問するのもアリかもしれません。

返答によって会社の魅力を応募者に伝えるため

第二新卒の面接で逆質問の時間を設ける4つ目の意図は、返答によって会社の魅力を応募者に伝えるため。

面接とは優秀な人材を探す目的だけではなく、自社のアピールをして今後の志望者を増やす目的もあります。自分自身の逆質問の内容も重要ですが、面接官の返答次第では今後選考に進むべきかの判断材料にすべきですね。

返答のチェックポイント

  1. 質問に合った返答をしてくれるか
  2. 自分が持っているイメージとのズレはないか

採用担当者の回答が自分の考えとマッチしていたり、感銘を受けるような内容だったりした場合は入社後のミスマッチを起こす可能性が低いんです。

そのため、面接官の返答を聞いて、しっかりと企業を吟味しましょう。

既卒/フリーターの就活に強い!無料登録しておくべき神サイト

既卒で就職活動を頑張りたいけれど、「どんな就職サイト/サービスを使って就活すればいいの…?」と、悩んでいませんか?

そこで、私が既卒として就活した時に利用した、「既卒歓迎」のホワイト企業の求人を紹介してくれる就職サイトをご紹介します。無料なので登録しておいて損はないと思います!

第二新卒が面接で逆質問する際の5つのポイント!

面接は自分をアピールする場です。そのため、逆質問から入社意欲やスキルが伝わるような内容がベターですね。

ただですね。露骨なアピールは減点対象になりかねないので、塩梅が難しいんです…。

そこでここでは、第二新卒が面接で逆質問する際のポイントを5つ紹介します。

第二新卒が面接で逆質問する際の5つのポイント!

  • 入社後をイメージした内容の質問をする
  • 異なる角度の質問を複数用意する
  • 福利厚生・待遇面の質問は前職と絡めて聞く
  • 自分の考えやスキルを交えた質問をする
  • 面接官個人に対して質問してみる

入社後をイメージした内容の質問をする

第二新卒が面接で逆質問する際の1つ目のポイントは、入社後をイメージした内容の質問をすることです。

例えば、入社後の一日の具体的なスケジュールを質問することで、入社後の自分の姿をイメージしてもらいやすくなります。

入社意欲が強いから出る質問なので、第一志望群であることの意思表示として捉えてもらえる可能性が高いんです。

入社後をイメージしてもらいやすい質問の例

  1. 同年代はどんな仕事をしているのか?
  2. 応募部署のメインとなる仕事内容は?(HPで記載していない場合)

ここに注意!

    入社を前提に話すのは謙虚さが足りないという評価につながりかねません…。

異なる角度の質問を複数用意する

第二新卒が面接で逆質問する際の2つ目のポイントは異なる角度の質問を複数用意することです。

例えば、募集部署の仕事内容についてばかり質問すると「熱量はあるけど、視野が狭い」などマイナスなイメージがついてしまう可能性があるんです。

ここに注意!

    同じ角度の質問しか用意していないと面接の途中に説明があったり、集団面接で質問が被ったりした場合は逆質問することがなくなるかもしれません。

そのため、以下のように最低でも3〜5つ以上の異なる角度の質問を作成しておきましょう。

異なる角度の質問

  1. 応募部署の仕事内容について
  2. 福利厚生・待遇面について
  3. 活躍している先輩について
  4. 勉強しておくべきことについて
  5. 面接官個人について

そのため、「もし、入社できた場合は」くらいのニュアンスで伝えましょう。

福利厚生・待遇面の質問は前職と絡めて聞く

第二新卒が面接で逆質問する際の3つ目のポイントは、福利厚生・待遇面の質問は前職と絡めて聞くことです。

なぜなら、内定も出ていない応募者に労働条件や給与などについて質問されるのは面接官的にあまり気持ちが良くないため。

また、質問が待遇面や福利厚生面だけだと「業務には興味がないのか…?」と判断され、採用を避けられてしまう可能性もあります。

ただですね。正直、働く上で給与や残業時間、手当などは知っておきたい内容です…。そこで前職と絡めた上で質問するのをおすすめします。

例えば、「前職では通常時は週〇時間、繁忙期には週〇時間の残業があったのですが、御社はいかがでしょうか?」など聞いてみましょう。

キヨちゃん

いやらしさが多少消えて、面接官も比較的質問に答えやすくなるかもしれませんよ!

自分の考えやスキルを交えた質問をする

第二新卒が面接で逆質問する際の4つ目のポイントは、自分の考えやスキルを交えた質問をすることです。

なぜなら、面接でのアピールが不十分でも逆質問で挽回できる可能性があるため。

アピールすべき内容の例

  1. 語学力を活かしたい→今後、貿易関係部署でも働けるのか?
  2. リーダーシップやコミュニケーション能力に自信がある→若手でも新規プロジェクトに関わっていけるのか?

以上のようなスキルのアピールをしつつ、意欲を伝えられるような質問は評価されやすいですね。

面接官個人に対して質問してみる

第二新卒が面接で逆質問する際の5つ目のポイントは、面接官個人に対して質問してみることです。

なぜなら、面接を担当した人の心を掴めないと選考突破に繋がらないため。

面接官個人に質問することで、他の応募者よりも強い印象をつけられるんです。

面接官個人への質問の例

  1. 〇〇様から見て、御社で活躍する上で共通する必要な心構えやスキルはありますか?
  2. 御社の社風を象徴するようなエピソードがあれば、教えて頂けると幸いです。
  3. 〇〇様も転職して入社したとお聞きしました。転職直後に気をつけていたポイントはありますか?

面接官が自分で考えて答えを出す必要のある質問をしましょう。加えて、気持ちよく回答できる内容の方が良い印象を持たれる可能性が高まりますよ!

これはNG!第二新卒が面接で逆質問する際の4つの注意点!

ここまでは逆質問の重要性を紹介してきました。実際、的外れな質問は大きく評価に響くんです。ただですね。ここでNGな質問を把握しておけば、失敗を防ぐことできるかもしれません。

そこでここでは第二新卒が面接で逆質問する際の注意点を4つ紹介します。

これはNG!第二新卒が面接で逆質問する際の4つの注意点!

  • 質問をしない
  • 面接官が答えられない質問をする
  • 事前に調べれば分かることを聞く
  • 面接中に質問された内容をもう一度聞く

質問をしない

第二新卒が面接で逆質問する際の注意点は質問をしないことです。

なぜなら、本当に新しい環境で仕事をしたいと考えている場合、疑問が湧かないわけがないため。企業への関心や入社意欲の無さなどネガティブな印象がついてしまいます。

逆質問は面接での失敗を取り返せる最後のチャンスでもあるんです。

ユウキ君

自分からチャンスを捨てるのはもったいないですよ!

面接官が答えられない質問をする

第二新卒が面接で逆質問する際の注意点は面接官が答えられない質問をすることです。なぜなら、面接官の立場によっては把握していない情報もあるため。

面接官が答えられない質問の例

  1. 面接官(人事部):エンジニアの1日のスケジュールを問う。出身部署でないと分からない場合が多いため。
  2. 面接官(現場責任者):会社の今後の戦略を問う。社外秘であることが多いため。

そのため、面接官が答えやすい+自分が聞きたいことを質問すべきですね。

事前に調べれば分かることを聞く

第二新卒が面接で逆質問する際の注意点は事前に調べれば分かることを聞くことです。

なぜなら、企業研究をせずに応募したことが分かり、応募先企業へ失礼なため。志望度が低いと判断されるかもしれません。

採用担当者は忙しい業務の合間を縫って、面接に時間を割いています。特に役員クラスや部署の長などの場合は「この質問をこの人に聞くのはふさわしいか?」を考えてみましょう。

ここに注意!

    数増しのための逆質問は評価を下げかねませんよ!

事前に調べればわかる内容の例

  1. 応募職種の仕事内容
  2. 会社の沿革や事業内容
  3. 取引先企業
  4. 扱っている商材
  5. 従業員数
  6. 給与体系

そのため、質問を作成する際にはHPや求人票の募集要項に記載されていないかを確認してくださいね!

面接中に質問された内容をもう一度聞く

第二新卒が面接で逆質問する際の注意点は面接中に質問された内容をもう一度聞くことです。

なぜなら、以前説明されたことを聞いてしまうと「話を聞いていないこと」が露見してしまい、マイナスな評価につながるため。

特に会社の沿革などは説明されている場合が多いですね。また、自分にダイレクトに関わってくる内容ではないので、逆質問しても評価が上がりにくい内容かもしれません。

そのため、面接官に同じ内容を説明させないように話はきちんと聞きましょう。

面接官からの印象がアップする!第二新卒が逆質問で聞くべき質問の例5選!

ここでは面接官からの印象がアップしやすい逆質問と評価を上げるポイントをまとめました。気になる質問があれば、参考にしてみてくださいね。

1.どのような人が御社では活躍するのか?

どのような人が活躍しているかを聞くことで、入社意欲の高さを証明できるんです。活躍している人物像と自分のマッチしている部分があればアピールしてみてくださいね。

活躍している人物像が自分とタイプが違う場合はミスマッチを起こすかもしれません。そのため、選考に進めていくかを考え直した方が良いですね。

2.〇〇のような前職の経験がありますが、入社までに勉強しておくべきことはありますか?

転職先で役立つ実務経験やスキルがあること+入社へ熱意もアピールできる質問ですね。

ただですね。3年未満の実務経験では即戦力とは言い難いかもしれません。そのため、謙虚な気持ちを持ちつつ、適度にアピールをしましょう。

3.斜陽業界と呼ばれる中で、今後はどんな展開や対策を考えているのでしょうか?

企業の業績が安定している場合は市場や業界の状態について言及しましょう

なぜなら、企業の業績が良くても、業界の市場規模が縮小傾向にあると今後も安泰とは限らないため。

そこで斜陽業界を生き抜く上で、会社がどのような戦略を立てているのかを確認してみてください。将来性の高い会社なら現状を打開できるような対策を打ち出しています。

ただですね。この手の質問は自分自身の意見を問われる場合もあるんです。

そのため、事前に自分の意見を用意しておくと、面接官に好印象を与えることができるかもしれませんよ!

4.〇〇の資格を持っているのですが、御社の仕事で活かすことはできますか?

逆質問で長所をアピールする際は、さりげなく伝えましょう。なぜなら、強みをアピールすることに固執しすぎると、強みと質問のつながりが強引になってしまうため。

「〇〇を活かしたいのですが」と話し始めると、自分の長所が謙虚に伝わる+入社意欲の強さも見せられます。

フジワラ

どうしてもアピールしたかった長所を逆質問を利用して話すのに有効ですね。

5.御社でリーダーやマネージャーとして昇進していくために、どのような能力が求められますか?

やる気+志望度の高さをアピールできます。なぜなら、評価体制への質問は入社後の具体的なイメージを持っていることが伝わりやすいため。

「〇〇さん(面接官)が関わってきた人の中で」をつけると、自身の経験を振り返って答えを出すので、面接官の人となりがわかりやすくなります。

加えて、返答に対して自分の考えを持って返せば、面接官の中であなたの印象がかなり残るかもしれませんよ!

面接の逆質問対策なら第二新卒特化型転職エージェントの利用がおすすめ!

第二新卒特化型転職エージェントでは、転職のプロであるキャリアアドバイザーなら逆質問対策もきちんと行ってくれるんです。

企業の内部事情に詳しく、採用担当者ウケの良い質問を教えてくれるかもしれません。

また、他にも以下のようなサポートを受けられるんです。

第二新卒特化型転職エージェントのサポート一覧

  1. 無料カウンセリング
  2. 求人紹介
  3. 面接対策
  4. 応募書類の添削
  5. 内定後の収入交渉
  6. 面接日の日程調整
  7. 推薦状の記入
転職エージェントは第二新卒に特化した求人を紹介しています。求人を出している企業も第二新卒を欲しているので、経験の無さなどで落ちることはほぼありません。

むしろ、若手を教育して戦力にしたい企業が多いので、第二新卒とのニーズが合致しています。

推薦状により「短期離職しているが職種への適性あり」など不利な経歴をリカバリーしてくれるんです。

そのため、転職を成功させたい場合は第二新卒特化型転職エージェントの利用をおすすめします。

第二新卒の転職相談なら転職エージェントがおすすめ!選び方と転職のコツ

2021.04.28

86%が大企業に内定!
既卒サービス「ハタラクティブ」

ハタラクティブ
ハタラクティブ

私が実際に使った中でおすすめしたいのは「ハタラクティブ」です。利用者のほとんどが既卒・フリーターで、社会人経験ゼロの人を対象に色々な就活支援をしてくれます。

私が使ったハタラクティブのおすすめポイント

  1. 最短2週間で内定!あっという間に就活終了
  2. 86%が大企業に内定!大企業を諦める必要なし!
  3. カウンセリング実績:110,000人!未経験に特化した充実のサポート!

正直、学歴や経歴に不安があり、大企業に行くのはあきらめている既卒の人も多いかもしれません。しかし、ハタラクティブでは86%の利用者が社員1,000名以上の大企業に内定しています。

自己分析や面接など、マンツーマンでのサポートや未経験OK求人・採用に意欲的な企業の求人が集まっており、サポート体制が充実しています。

興味がある人は以下をチェックしてみてください。
ハタラクティブの無料登録はこちら

既卒サービス「第二新卒エージェントneo」

第二新卒エージェントneo

私も利用しましたが、特におすすめなのが「第二新卒エージェントneo」です。その名の通り、既卒・第二新卒・フリーター向けの就職支援サービスです。就職/転職満足度No.1の実績を誇り、全てのサービスを無料で使うことができます。

私が使った第二新卒エージェントneoのおすすめポイント

  1. 担当コンサルタントが内定獲得まで完全フォロー
  2. 厳選した企業の未経験OK求人を紹介してもらえる
  3. サービスの満足度が高く過去実績も確か

過去に22,500人以上の支援実績があり、そのうち10,000人以上は職務経験無しの人達です。
未経験で活動の方法が分からないからこそ、イチから丁寧に教えてもらいたい。既卒という立場での活動だからこそ、きちんと準備して優良企業に入りたい。そんな人に向けたサービスとして、業界で確かな実績を残しています。

第二新卒エージェントneoの詳細を見てみる

既卒サービス「DYM就職」

私はフリーター期間が長かったので、書類選考で落とされてしまうことが多く、面接で挽回するためにかなりの数の企業に応募していました。

しかし、DYM就職なら企業側と信頼関係を構築しており、書類選考や一次選考を免除してくれるので、履歴書を書きまくる苦労がいりません。

既卒の就職成功率は過去3年間、45%前後とかなり低い水準です。DYM就職は既卒就活について知り尽くしたキャリアドバイザーの手厚いサポートもあり、既卒の就職成功率は業界トップクラスを誇ります。

面談可能な拠点は全国28箇所あるため、地方でも対面でも面接のフィードバックを受けることができるのが強みです。

私が実際に使って感じたDYM就職の強み

  1. 企業との信頼構築はあり、書類選考、一次選考免除
  2. 既卒就活の戦い方を知っているキャリアアドバイザーがサポート→内定率業界トップクラス
  3. 電車で1本の場所で面談が受けられた

60秒で完了!DYM就職の無料登録はこちら

まとめ:第二新卒の面接で逆質問は重要視される!逆質問が重要な理由や作成ポイントを理解しよう!

今回は第二新卒の面接で逆質問の時間を設ける意図や面接で逆質問する際のポイント、面接で逆質問する際の注意点、逆質問で聞くべき質問の例文を紹介しました。

では、記事の内容をまとめます。

記事の内容まとめ

  • 逆質問の時間を設ける意図やポイントを意識して作成すべき
  • 面接官の印象が悪化するような質問を避ける
  • 第二新卒特化型転職エージェントを利用する

逆質問は重要性が高いので、蔑ろにはできません。逆質問が必要な意図を知り、作成する際のポイントを知った上で質問を考えましょう。

ただですね。気になる質問を好奇心のままにしてしまうと、面接官からの印象が悪化する場合もあるんです…。そのため、面接官が答えにくい質問や事前に調べれば分かるような質問は避けてくださいね。

第二新卒は1〜3年目までと非常に短い期間です。

そこで面接にまだ自信が持てない方は今回紹介した第二新卒特化型エージェントへ無料相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介したサービス

  1.      「DYM就職」:書類選考、一次選考免除! 業界トップクラスの実績を誇る    
  2.      「ハタラクティブ」:既卒フリーターの内定実績No1!既卒でも上場企業の内定が狙える!    
  3.      「第二新卒エージェントneo」:就職/転職満足度No.1!既卒・フリーターなら活用必須!

監修者プロフィール

フジワラ
運営者:フジワラ
27歳の元既卒生。 大学在学中から続けていた塾講師のアルバイト経験のみだったが、一念発起して就職活動に取り組み、既卒の立場で2社から内定を獲得。実体験を元にした確かな情報提供を心がけていきます。

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

imasia_9065120_S1
ハタラクティブ(既卒・フリーターでも86%が大企業の内定を獲得!)

既卒フリーターの内定実績No1!他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポートで86%が大企業に内定!大企業を諦める必要なし!

2
第二新卒エージェントneo(就職/転職満足度No.1!過去の就職成功者は15,000人以上)

就職できるまで二人三脚で、圧倒的に親身になって就職をサポートしてくれる!

imasia_9065120_S3
DYM就職(就職成功者14,000人の実績!親身な就職サポート!)

DYM就職なら、2500件以上の既卒向け求人の中からエンジニア・企画・マーケティング・事務・管理・クリエイティブ等、様々な職種の仕事を選ぶことができます。

imasia_14141661_S-2 4
マイナビジョブ20’sアドバンス(最短約2週間で内定獲得!既卒で就活するなら登録必須!)

マイナビが既卒の採用意欲が高い企業を厳選して紹介してくれる!

imasia_14141661_S-2 5
えーかおキャリア(定着率97%!事務職、広報、営業など、あなたの希望を叶える仕事をご紹介!)

内定率は転職エージェントの4倍を誇る充実のサポート!求人紹介、面接対策や内定後のキャリアプランを含めて、2人3脚であなたの就職・転職を徹底サポートします。