ニートの面接での頻出質問と回答のポイント|面接時の振る舞い方

「ニートから正社員になりたい!」と思う一方で、

疑問

  • 面接でニート関連の質問に対する上手い答え方を教えてほしい
  • 面接が恐くなくなる方法は?
  • 面接官から怒られることはあるのか?

と悩んでいませんか?

私もニート同然だった時代は面接が怖くて仕方がありませんでした。

ただですね。ニートが困る質問の内容を事前に把握しておけば、面接を恐れる必要はありません。面接では形式的な質問が多いので、対策は十分に可能です。

そこで今回はニート同然の状態から優良企業への就職を成功させた私の実体験を元に、面接でのニートへの頻出質問や頻出質問に対する回答作成のコツ、ニートが面接を成功させるためのポイントを紹介します。

ニートが困る質問でも事前に内容が分かっていれば面接は恐くない

ニートが困る質問でも事前に内容が分かっていれば面接は恐くありません。なぜなら、面接では形式に沿った質問をされる場合が多いため。

フジワラ

面接の事前準備+人と話す練習をしておくだけでも内定を獲得できる可能性はグッと上がりますよ!

既卒/フリーターの就活に強い!無料登録しておくべき神サイト

既卒で就職活動を頑張りたいけれど、「どんな就職サイト/サービスを使って就活すればいいの…?」と、悩んでいませんか?

そこで、私が既卒として就活した時に利用した、「既卒歓迎」のホワイト企業の求人を紹介してくれる就職サイトをご紹介します。無料なので登録しておいて損はないと思います!

面接でのニートへの頻出質問4選

ニートの面接で必ずと言っていいほど聞かれる質問があります。答えにくい内容ばかりなので、把握+対策しておかないと面接中に困るかもしれません。

そこでここでは、面接でのニートへの頻出質問を4つ紹介します。

面接でのニートへの頻出質問4選

  • なぜニートになってしまったのか?
  • 空白期間に何をしていたか?
  • 業界や自社について調べたか?
  • 長く仕事を続けることはできるか?

なぜニートになってしまったのか?

この質問がニートが面接を受けるのが怖いと感じる理由を大きく占めているのではないでしょうか。正直、ニートになった理由を、面接官の印象を悪化させずに答えるのは難しいですよね。

ただですね。ニートになった理由が聞かれずに面接が終わることはありません…。そこで答える際に以下のようなポイントを意識しましょう。

ニートになった理由の答え方のポイント

  1. 嘘をつかない
  2. 環境や他人のせいにしない
  3. ポジティブな言い方を心がける

「仕事や学校の人間関係が悪かった」より「挑戦したいことができた」の方が面接官に与える印象が良くなります。

嘘はつかずに言い方を工夫して、ポジティブに聞こえるようにしてみてください。

ここに注意!

    環境や他人のせいにしていると、「またすぐに理由をつけて辞めてしまうのでは…?」と採用担当者から懸念されてしまいます。

空白期間に何をしていたか?

「空白期間に何をしていたか?」という質問はニート期間が長いほど回答が難しくなります。面接官を納得させるためには事前に答えを用意しておくのが得策です。

ここに注意!

    正直に「何もしていませんでした」と答えるとかなり印象が悪化してしまいます。

「空白期間に何をしていたか?」の解答例

  1. やりたいことを探していた
  2. 家事手伝いをしていた
  3. 病気の療養をしていた(本当の場合のみ)

怠惰な印象がつかないような回答を考えておきましょう。

キヨちゃん

この質問は別にニートだったことを責めているわけではないので冷静に対処してみてくださいね。

既卒の面接で「空白期間」を質問された!実際に私が使った回答を徹底解説【例文あり】

2020.02.19

業界や自社について調べたか?

この質問には事前に念入りに企業研究をしておかないと答えられません。

なぜなら、「業界や自社について調べたか?」という質問の後に業界や企業について質問されるので、知識がないことがすぐにバレてしまうため。

事前に調べておくべき項目

  1. 企業理念
  2. 資本
  3. 設立年
  4. 従業員
  5. 事業内容
  6. 業界における企業の位置付け
  7. 業界自体の成長度合い
  8. 競合他社との違い

上記のような内容まで調べておけば、志望動機を回答する際に「応募先企業を選んだ理由」に説得力が増します。そのため、事前に企業研究を行っておきましょう。

企業に興味がある=志望度が高いという証明になるので、チャンスでもあります。

長く仕事を続けることはできるか?

採用担当者はこの質問により「また同じような理由で辞めてしまうのでは…?」と懸念しています。ここではっきりと回答できないと採用を避けられてしまうかもしれません。

企業側は短期離職されると採用コストが無駄になるので、長期的に定着できる人材を欲しています。

そのため、反省しつつ、今後のビジョンを話して、採用担当者に自社で働いている姿を想像してもらいましょう。

ニートの面接での頻出質問に対する回答作成のコツ3選

ここまででニートの面接での頻出質問はほぼ抑えました。では、どのような回答が採用担当者に好印象を与えるのでしょうか。

ここでは、ニートの面接での頻出質問に対する回答作成のコツを3つ紹介します。

ニートの面接での頻出質問に対する回答作成のコツ3選

  • 言い訳しない
  • 空白期間で出した成果or今後の展望を話す
  • 採用後にすぐ辞めないことをアピールする

言い訳しない

ニートの面接での頻出質問に対する回答を作成する際のコツは、言い訳しないことです。なぜなら、企業の採用活動は一緒に働く同僚を探す目的もあるため。

質問に対して言い訳する人は他責思考が強いと考えられ、「入社後もミスを誰かのせいにして反省しなさそう」「職場の空気が悪くなりそう」など悪い印象がついてしまうかもしれません。

そのため、質問への回答では言い訳しないでくださいね。

空白期間で出した成果or今後の展望を話す

ニートの面接での頻出質問に対する回答を作成する際のコツは、空白期間で出した成果を伝えることです。

ニートの期間に出した成果の例

  1. 家事を手伝っていた
  2. 介護していたので体力に自信がある
  3. アルバイトの経験がある

また、特に成果がない場合はニート期間を反省→今後の展望の流れで話しましょう。

例えば、「大学まで出してくれた親に迷惑をかけてしまったことは深く反省しています。これからは親孝行もできるように御社の〇〇事業に貢献していきます。」などですね。

ユウキ君

正直に話すことで採用になる場合もあるので話してみてもいいでしょう。

採用後にすぐ辞めないことをアピールする

ニートの面接での頻出質問に対する回答を作成する際のコツは、採用後にすぐ辞めないことをアピールすることです。

なぜなら、短期離職が出ると採用担当者の社内評価も下がってしまうため。短期離職しそうな人材は採用を避けられてしまいます。

企業側としても採用コストが無駄になるので、デメリットが多いです。

そのため、質問の回答から入社意欲や志望度の高さが分かるような内容を伝えて、短期離職しない人であると判断してもらうしかありません。

ニートが面接を成功させるための5つのポイント

面接に苦手意識があるニートも多いのではないでしょうか。

ただですね。大きな声で話すだけで印象が良くなったり、面接の練習を行うだけでもスラスラ回答が言えるようになったりと面接の難易度はそこまで高くありません。

場数を踏めば、誰でもある程度話せるようになるのが面接です。自分で面接のハードルを高くしている場合もあるので、もっと楽に臨んでみてくださいね。

そこでここでは、ニートが面接を成功させるためのポイントを5つ紹介します。

ニートが面接を成功させるための5つのポイント

  • 絶対に嘘はつかない
  • ニート特化型就職エージェントで面接対策を行う
  • ハキハキと話して話に説得力を持たせる
  • 自己分析により自分の強みを把握する
  • 企業が求める人物像と自分の強みがマッチする部分をアピールする

絶対に嘘はつかない

ニートが面接を成功させるためには、絶対に嘘はつかないようにしましょう。なぜなら、面接での嘘はバレる可能性がかなり高いため。

例えば、正社員として仕事をしていたなど嘘をついた場合は経歴詐称になり、懲戒免職になるかもしれません。

年末調整時のために取り寄せる源泉徴収票には前職の会社名や退職日が記載されているので、確実にバレます。

面接官は面接のプロです。別の些細な嘘でも質問を重ねるうちに嘘を見抜かれてしまう可能性がありますね。そのため、嘘をつくのは絶対にやめてください。

ニート特化型就職エージェントで面接対策を行う

ニートが面接を成功させるためには、ニート特化型就職エージェントで面接対策を行いましょう。なぜなら、転職のプロであるキャリアアドバイザーから面接に関する的確なアドバイスをもらえるため。

面接対策の度にフィードバックがもらえるため、改善点と良かった点が明確になり、確実に内定へ近づいていけるんです。

また、ニート歴が長い人ほど上手くコミュニケーションが取れなくなっている可能性もあります。話すことに慣れたり、本番さながらの緊張感を味わえるのも面接対策のメリットですね。

ニート特化型就職エージェントには他のサポートも充実しているので利用してみるのをおすすめします。

ニート特化型就職エージェントのサポート一覧

  1. 無料カウンセリング
  2. 求人紹介
  3. 面接対策
  4. 応募書類の添削
  5. 面接日の日程調整
  6. 内定後の収入交渉
  7. 推薦状の記入

ニートやフリーターなど就職活動初心者のサポートをメインに行っているので、初歩的な質問でもしやすいのがありがたいですね。

既卒サービス「ハタラクティブ」

ハタラクティブ
ハタラクティブ

私が実際に使った中でおすすめしたいのは「ハタラクティブ」です。利用者のほとんどが既卒・フリーターで、社会人経験ゼロの人を対象に色々な就活支援をしてくれます。

私が使ったハタラクティブのおすすめポイント

  1. 求人の質が高く、既卒から上場企業の正社員になれる!
  2. 一人で就職活動をするより、圧倒的に内定しやすい
  3. 他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート

求人の紹介だけでなく、既卒の就活を知り尽くしたキャリアコンサルタントによる、「自己分析サポート」「履歴書・エントリーシートの添削」「模擬面接」のサービスを提供していて、既卒の就職を徹底サポートしてくれます。興味がある人は以下をチェックしてみてください。

ハタラクティブの無料登録はこちら

既卒サービス「第二新卒エージェントneo」

第二新卒エージェントneo

私も利用しましたが、特におすすめなのが「第二新卒エージェントneo」です。その名の通り、既卒・第二新卒・フリーター向けの就職支援サービスです。就職/転職満足度No.1の実績を誇り、全てのサービスを無料で使うことができます。

私が使った第二新卒エージェントneoのおすすめポイント

  1. 担当コンサルタントが内定獲得まで完全フォロー
  2. 厳選した企業の未経験OK求人を紹介してもらえる
  3. サービスの満足度が高く過去実績も確か

過去に22,500人以上の支援実績があり、そのうち10,000人以上は職務経験無しの人達です。
未経験で活動の方法が分からないからこそ、イチから丁寧に教えてもらいたい。既卒という立場での活動だからこそ、きちんと準備して優良企業に入りたい。そんな人に向けたサービスとして、業界で確かな実績を残しています。

第二新卒エージェントneoの詳細を見てみる

既卒サービス「マイナビジョブ20’sアドバンス」

マイナビジョブ20’sアドバンスは、大学・大学院を卒業した人で、未就業の方向けの就職支援サービスです。利用者の対象を絞っているため、普通の就活サイトよりもライバルが少ないのも特徴です。

マイナビジョブ20’sアドバンスの特徴

  1. 既卒を積極的に採用している企業に多数出会える「特別選考会」へ案内してくれる
  2. 仕事擬似体験型研修があるから、就職後のミスマッチが少ない
  3. 最短2週間で内定をもらうことが可能

本来持っている、一人ひとりのパーソナリティを評価する選考会になるから、既卒で未就業という経歴がハンデになることもありません。

登録すると、個人の適性・志向性に合わせた職種別研修を行い、その中で仕事を疑似体験できるため、就職後とのイメージのギャップをおさえることができます。「せっかく就職したのに、嫌な仕事内容だった」なんてこともないでしょう。

実績として、最短2週間で内定を獲得できるため、スピーディーに就職したい人におすすめです。

マイナビジョブ20’sアドバンスの無料登録はこちら

※新宿・大阪オフィスに来社できる方のみを対象としたサービスになりますので、来社が難しい方はサポート対象外になります

既卒の内定者が教える!既卒者が使える就職エージェントBEST5

2019.11.21

ハキハキと話して話に説得力を持たせる

ニートが面接を成功させるためには、ハキハキと話して話に説得力を持たせましょう。なぜなら、面接官が納得する理由を話せていても元気がないと説得力が出ないため。

例えば、「御社の戦力になります」と小さい声で話していても、本当に戦力になるのか不安視されてしまいます。内容と声のトーンが合ってないだけで採用を避けられてしまうかもしれません。

フジワラ

また、第一印象は数秒で決まります。採用担当者に良い印象を与えらえれれば、良い部分を探してくれるはずです。

自己分析により自分の強みを把握する

ニートが面接を成功させるためには、自己分析により自分の強みを把握しましょう。就業経験がなければ、学生時代の経験でも構いません。

経験を時系列順に思い出して、強みを発揮したエピソードを書き出してみてください。

強みの例

  1. 素直
  2. 誠実
  3. 協調性
  4. 忍耐力
  5. 行動力
  6. 集中力
  7. 前向き
  8. 柔軟性

自分の強みを知っておくと、適正のある仕事が選びやすくなります。キャリアアドバイザーに強みを伝えて、求人を探してもらうのも一つの手段ですね。

【状況別】おすすめの自己分析ツール10選!選び方と転職で有利になる点

2021.09.24

企業が求める人物像と自分の強みがマッチする部分をアピールする

ニートが面接を成功させるためには、企業が求める人物像と自分の強みがマッチする部分をアピールしましょう。なぜなら、企業があなたを採用するメリットになるため。

採用活動の一番の目的は将来的に企業の業績へ貢献できる人を獲得することです。応募先企業で活躍できる強みがあれば、業績に貢献できる社員に成長できる可能性があります。

また、企業が求める人物像=社風にマッチした人材です。社風に馴染めないと短期離職してしまうかもしれません。企業側は採用コストを無駄にしたくないので、採用を避ける傾向があります。

求める人物像を把握する方法

  1. 企業のHPや求人情報を調べる
  2. 社長の書籍やインタビュー記事を読む

そのため、企業が求める人物像と自分の強みがマッチする部分をアピールしてみてくださいね。

ニートの面接に関するQ&A

ここでは、ニートの面接に関するQ&Aをまとめました。気になるところがあれば、チェックしてみてくださいね。

実際にニートを叱る面接官はいるのか?

ニートを叱る面接官は一定数います。ただですね。叱る理由はストレス耐性を見極めるためです。前述した通り、短期離職されると企業側にはデメリットがたくさんあります。

面接官も叱りたくないけど叱っている場合もあるんです。それを考えると、叱責にも耐えられるかもしれません。

面接官の好印象につながる逆質問は?

面接官の好印象につながる逆質問は以下の通りです。

面接官の好印象につながる逆質問

  1. 御社で活躍している人の特徴は?:入社後に活躍したいという意欲が感じられるため。
  2. 入社日まで勉強しておくべきことは?:入社後に迷惑がかからないように準備したいという意思が伝わるため。
  3. 具体的な業務内容は?:応募職種に興味を持っていることが伝わるため。

逆質問は自分の印象を良くする絶好の機会なので、逃さないようにしましょう。

ここに注意!

    「特にありません」と志望度が低い印象になりやすい回答をしたり、待遇や給与に関する質問は自分の利益しか考えていないと思われたりと、マイナスな評価につながるのでNGです。

第二新卒の面接で好印象を与える逆質問の例!質問のコツと注意点5選

2021.05.06

就職できないニートの特徴は?

就職できないニートの特徴は以下の通りです。

就職できないニートの特徴

  1. ネガティブな人:ネガティブになると顔色が悪くなったり、覇気がない印象になったりと面接でのマイナスな評価につながりやすいため。ニート期間は充電期間と割り切って、前向きに考えるべき。
  2. 職種に偏見がある人:肉体労働は大卒がやる仕事ではないなど偏見があるため。職業をフラットに見るところから始める必要がある。
  3. 行動力がない人:「受からないから受けるだけ無駄」と求人に応募しないため。とにかく行動に移すべき。
  4. 反省できない人:過去を振りかえらないと自己分析できないため。反省して過去を振り返るのが大切。

上記のような場合はニートでいる方が楽になってしまい、なかなか正社員になるための行動を起こせません。そのため、まずは考え方から変えていくのをおすすめします。

まとめ:ニートは面接を恐れる必要はない!頻出質問は事前準備次第で対策できる!

今回は面接でのニートへの頻出質問や頻出質問に対する回答作成のコツ、ニートが面接を成功させるためのポイントを紹介しました。

では、記事の内容をまとめます。

記事の内容まとめ

  • 面接でのニートへの頻出質問は事前準備次第で対策できる
  • 採用後にすぐ辞めないことをアピールする
  • ニート特化型就職エージェントを利用する

面接でニートへ質問する内容はおおよそ決まっており、事前に質問を把握して企業研究や自己分析をして回答を用意できます。

回答の内容次第では面接官の好印象につながり、内定獲得にグッと近づくかもしれません。

ただですね。ニートが最も懸念されている点が継続力です。採用後にすぐに辞められてしまうと企業側には大きなデメリットがあります。

そのため、「短期離職しそうだな」と判断されれば、採用を避けられてしまいます。

すぐに辞めないという説得力を出すためには回答の内容はもちろん、ハキハキ話すなど面接での所作も重要ですね。

ニート特化型就職エージェントでは面接対策により、所作や回答の内容の改善点を教えてもらえます。

空白期間は伸びるほど就職の難易度は上がります。就職を検討している場合は、今回紹介したニート特化型就職エージェントに無料相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

既卒の内定者が教える!既卒者が使える就職エージェントBEST5

2019.11.21

この記事で紹介したサービス

  1.      「ハタラクティブ」:【内定率86%】既卒フリーターの内定実績No1!
  2. 「第二新卒エージェントneo」:【就職/転職満足度No.1!】過去の就職成功者は15,000人以上!
  3. 「マイナビジョブ20’sアドバンス」:就職/転職満足度No.1!既卒・フリーターなら活用必須!  

監修者プロフィール

フジワラ
運営者:フジワラ
27歳の元既卒生。 大学在学中から続けていた塾講師のアルバイト経験のみだったが、一念発起して就職活動に取り組み、既卒の立場で2社から内定を獲得。実体験を元にした確かな情報提供を心がけていきます。

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

imasia_14141661_S-2 1
マイナビジョブ20’sアドバンス(最短約2週間で内定獲得!既卒で就活するなら登録必須!)

マイナビが既卒の採用意欲が高い企業を厳選して紹介してくれる!

imasia_14141661_S-2 2
ハタラクティブ(未経験・フリーターから有名企業の正社員へ)

既卒フリーターの内定実績No1!他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポートや、既卒から上場企業の正社員になれる求人多数

imasia_14141661_S-2 3
第二新卒エージェントneo(就職/転職満足度No.1!過去の就職成功者は15,000人以上)

就職できるまで二人三脚で、圧倒的に親身になって就職をサポートしてくれる!

4
ウズキャリ既卒(既卒の内定実績86%!他社の10倍時間をかけて、就活をサポート)

他社の10倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート!離職率の高いブラック企業は紹介しないポリシーを貫いています。

imasia_14141661_S-2 5
えーかおキャリア(定着率97%!事務職、広報、営業など、あなたの希望を叶える仕事をご紹介!)

内定率は転職エージェントの4倍を誇る充実のサポート!求人紹介、面接対策や内定後のキャリアプランを含めて、2人3脚であなたの就職・転職を徹底サポートします。