ニートの空白期間があっても就職できる!履歴書の書き方のコツと例文

ニートの空白期間があっても就職できる!履歴書の書き方のコツと例文

「履歴書に空白期間があるけど就職したい…!」と思う一方で、

疑問

  • 選考に落ち続けているのは空白期間が原因?
  • 空白期間を誤魔化したらバレる?
  • 選考を突破できるような空白期間の伝え方を教えてほしい

と悩んでいませんか?

私も履歴書の空白期間があったので書類選考が突破できず、苦しい時期がありました。

でも、心配ありません。履歴書の空白期間があっても伝え方次第で選考を突破できます。また、ニートだった期間を偽ると、経歴詐称に当たるのでやめておきましょう。

そこで今回は、ニート同然から優良企業の内定を獲得した私の実体験を元に、履歴書にニートの空白期間があっても就職できる理由やニートの空白期間の嘘がバレる理由、採用担当者が履歴書でチェックしているポイント、履歴書の書き方のコツ、ニートの空白期間の伝え方の例文を紹介します。

履歴書にニートの空白期間があっても就職できる!20代のうちに動き出すのが鍵!

履歴書にニートの空白期間があっても20代のうちなら就職できる可能性は高いんです。なぜなら、20代はポテンシャル採用される可能性が高いため。

フジワラ

若手人材は業種への適性があれば、教育して戦力にしようとする企業が多いんです。

一方、30代になると就職活動の採用基準がスキルやキャリアに大きく影響されます。特に就労経験がない場合は就職活動を成功させるのが難しいかもしれません。

そのため、ニートが就職活動を行うなら20代のうちがベターですね。

既卒/フリーターの就活に強い!無料登録しておくべき神サイト

既卒で就職活動を頑張りたいけれど、「どんな就職サイト/サービスを使って就活すればいいの…?」と、悩んでいませんか?

そこで、私が既卒として就活した時に利用した、「既卒歓迎」のホワイト企業の求人を紹介してくれる就職サイトをご紹介します。無料なので登録しておいて損はないと思います!

ニートの空白期間の嘘がバレる4つの理由

履歴書に空白期間があると、書類選考を突破しにくくなってしまいます。しかしですね。ニートだった期間を誤魔化すのはNGです。

なぜなら、面接に進めても面接のプロである採用担当者には見破られてしまうため。もし、内定獲得後にバレた場合は経歴詐称にあたり、解雇になる可能性もあります。

そのため、空白期間を偽るのはおすすめできません。ここでは、具体的にどんな方法で嘘がバレるのかを紹介します。

ニートの空白期間の嘘がバレる4つの理由

  • 前職調査を行う企業があるため
  • 経歴の話でボロが出やすいため
  • 雇用保険や源泉徴収の内容に矛盾が生じるため
  • 年金手帳の加入経歴が矛盾するため

前職調査を行う企業があるため

ここがポイント

前職調査とは、前職の企業へ直接問い合わせたり、企業や個人の情報の調査を行う興信所を使ったりして、採用する人材の前職を調査すること。目的は職歴やトラブルの有無を知るため。

ニートの嘘がバレる理由は、前職調査を行う企業があるため。

特に興信所が調査する場合は前々職の勤務先まで調べられる場合もあるので、経歴詐称がバレる可能性は高いですね。

前職調査の概要

  1. タイミング:内定を出す前に調査する場合が多い。面接で前職調査を実施することを伝えられることもある。
  2. 調査されやすい業界:信用の必要な業務が多い警備業界や金融業界など。借金の有無の調査対象になる。

そのため、前職調査を行う企業の場合は経歴詐称がバレる可能性がかなり高いですね。

経歴の話でボロが出やすいため

ニートの嘘がバレる理由は、経歴の話でボロが出やすいため。

面接では応募書類に記載された内容を深掘りされます。採用担当者は面接のプロなので、業務内容の質問をした際に吃ってしまうと、嘘が見抜かれる可能性が高いんです。

そのため、面接中に嘘がバレて、選考落ちするかもしれません。

雇用保険や源泉徴収の内容に矛盾が生じるため

ニートの嘘がバレる理由は、雇用保険や源泉徴収の内容に矛盾が生じるため。面接をやり過ごせても、入社後には雇用保険被保険者証や源泉徴収票を提出する機会があります。

前職の情報が記載されている書類

  1. 雇用保険被保険者証:入社時に提出を求められる。前職の企業名や退職日などが記載されている。
  2. 源泉徴収票:年末調整時に提出を求められる。前職の情報が読み取れる。

提出すると情報が合わないので怪しまれたり、提出しなくても隠しごとがあるようで不審がられたりするので、経歴詐称がバレる要因になりやすいですね。

年金手帳の加入経歴が矛盾するため

ニートの嘘がバレる理由は、年金手帳の加入経歴が矛盾するため。年金手帳からは過去の加入日が分かるので、応募書類に書いた前職の在職期間の矛盾が見抜かれてしまうんです。

ここに注意!

    履歴を消すために年金手帳を再発行しても、雇用保険の情報からさらに怪しまれる要因になりますよ!

採用担当者は将来的に業績で貢献できる+長期的に定着できるかを見極めている

ニートは職歴より志望動機や自己PRを充実させるべきです。なぜなら、志望動機や自己PRをどのように伝えるかによって、選考突破率がグッとアップするため。

採用担当者がチェックしているポイント

  1. 志望動機:企業への理解や入社意欲を伝えることで長期的に定着できることをアピールする。
  2. 自己PR:自分の「できること」や「経験」が企業の業績に貢献できることをアピールする。
キヨちゃん

ニートの場合は「将来的に業績で貢献できる」より「長期的に定着できるか」を重要視されやすい傾向があります。

理由は採用した人が短期離職してしまうと、採用コストが無駄になってしまうため。再度募集をかける必要があり、時間も手間もかかるんです。

また、採用担当者にも採用人数のノルマがある場合があります。そのため、長期的に定着できなさそうな人は採用を避けられるかもしれません。

ニートの空白期間で採用担当者からの印象の悪化を防ぐ!履歴書の書き方のコツ4選

空白期間(ニート期間)があると書類選考の突破率はかなり下がってしまいます…。

なぜなら、「忍耐力がなさそう」「すぐに辞めてしまいそう」とニートに悪い印象を抱いている採用担当者が多いため。

前述した通り、短期離職者が出ると、採用コストが無駄になってしまいます。つまり、長期的に定着できることをアピールできれば、書類選考突破率はグッと上がるかもしれません。

そこでここでは、空白期間による採用担当者からの印象の悪化を防ぐ履歴書の書き方のコツを4つ紹介します。

ニートの空白期間で採用担当者からの印象の悪化を防ぐ!履歴書の書き方のコツ4選

  • 空白期間をきちんと説明できるようにする
  • 自己PRでは自分の強みが会社に貢献できることを伝える
  • 志望動機では応募先企業ではないといけない理由を伝える
  • 空白期間をリカバリーするには履歴書の備考欄を利用する

空白期間をきちんと説明できるようにする

履歴書の書き方のコツは、空白期間をきちんと説明できるようにすることです。

職務経験がない場合は、仕事の経験を作りましょう。社会保険に入る必要のない日雇いバイトなどがおすすめですね。

ユウキ君

1〜2週間も働くと、1つの仕事の経験について語れるようになります。

「アルバイトで生活費を稼ぎながら暮らしていた」という理由は、面接官の印象が悪化することを防げるかもしれません。

そのため、空白期間をきちんと説明できるように仕事の経験を作りましょう。

自己PRでは自分の強みが会社に貢献できることを伝える

履歴書の書き方のコツは、自己PRでは自分の強みが会社に貢献できることを伝えることです。

まずは、自分の強みを把握するために自己分析を行いましょう。自己分析の方法は過去を振り返りながら、以下の項目に答えていくことです。

自己分析の質問の例

  1. ストレスを感じるポイントは?
  2. 得意なことは?
  3. やりたいことは?

ここに注意!

    強みは何でも良いわけではなく、応募先企業の採用ニーズにあったものを選びましょう。

自分の強みを発揮した具体的なエピソードを用いて、自己PRを作成してみてください。説得力が増し、会社に貢献できることが伝わりやすくなりますよ。

【例文つき】転職で採用担当者に好印象を与える自己PRの作成ステップ4

2021.03.03

志望動機では応募先企業ではないといけない理由を伝える

履歴書の書き方のコツは、志望動機では応募先企業ではないといけない理由を伝えることです。

なぜなら、就職先がどの企業でも良いと考えていることがバレてしまうと、就労意欲が低い=短期離職しやすいとみなされてしまうため。

そこで業界・企業研究を行い、競合他社にはない強みを見つけてみましょう。

企業研究の方法

  1. 企業のHP・サービスサイト・採用サイトをチェックする
  2. 就職エージェントのキャリアアドバイザーへ質問する
  3. 企業口コミサイトを参考にする

転職で志望動機を書く際のコツと例文!選考突破しにくくなるNG表現も紹介

2021.01.28

特に企業口コミサイトは現職の社員や退職した社員が本音を書き込んでおり、企業の実態が分かるんです。入社後のミスマッチを防ぐために情報収集にも使えますね。

代表的な口コミサイト

  1. 転職会議
  2. OpenWork
  3. en Lighthouse

ここに注意!

    給与や福利厚生など待遇を志望動機にすると、書類選考で落とされる可能性が高まるかもしれません。

好待遇は基本的に実績のある人が対価として提示される条件です。待遇を求めるのは実績がある状態になってからにしましょう。

空白期間をリカバリーするには履歴書の備考欄を利用する

履歴書の書き方のコツは、空白期間をリカバリーするために履歴書の備考欄を利用しましょう。なぜなら「ニートはスキルや経験がない」と判断する採用担当者もいるため。

アルバイトでも社員と同レベルの経験を積んでいる場合もあるんです。

例えば、アルバイト経験がある場合は備考欄に「アルバイトで〇〇を担当しており、正社員と同じ業務範囲を担当しておりました。」と記載しておきましょう。

空白期間をリカバリーするには履歴書の備考欄を利用してみてくださいね。

選考突破できる可能性が高いニートの空白期間の伝え方の例文3選

面接に進めた場合、より詳細に空白期間の説明を求められます。そこで面接官が納得するような内容を伝えられれば、内定獲得にかなり近づけるんです。

そこでここでは、選考突破できる可能性が高いニートの空白期間の伝え方の例文を3つ紹介します。

選考突破できる可能性が高いニートの空白期間の伝え方の例文3選

  • 資格取得の勉強をしていた場合
  • 特に何もしていなかった場合
  • 体調を崩していた場合

資格取得の勉強をしていた場合

資格取得の勉強をしていた場合は正直に伝えましょう。就業意欲の高さをアピールできるので、空白期間がプラスに働くかもしれません。

例文
空白期間は日商簿記1級を取得するために勉強をしておりました。未経験から実務に入るのは厳しいと感じたためです。独学で資格を取得する際に、情報を取捨選択する力が身につきました。経理職として基本的な業務をこなすのはもちろん、より効率的な方法を取っていけるような提案をしていきたいと思っています。

フジワラ

資格を取る過程を伝えることで、自分が主体的に学ぶ人間だとアピールできます。

そのため、資格取得の勉強をしていたことは就職で有利になりますね。

特に何もしていなかった場合

就職活動や資格取得など特に何もしていなかった人もいるかもしれません。その場合は空白期間はリフレッシュ期間にしていたとアピールしましょう。

例文
前職では営業職として休日出勤が当たり前の職場で働いていました。しかし、退職をきっかけにメリハリをつけて働くことの大切さに気づき、心身のリフレッシュに勤めました。今後は前職のスキルを貴社で役立て、業績に貢献できるよう、尽力したいと考えております。

キヨちゃん

最終的に就業意欲があることを伝えられれば、前向きな印象を与えられるかもしれません。

ニートになった経緯は自分から説明しておくと、採用担当者の不安を払拭できる可能性が高まります。

体調を崩していた場合

もし、体調を崩していた場合は、正直に病状について伝えましょう。なぜなら、採用担当者は「既に完治しているのか」「今後はきちんと働けるか」をチェックしているため。

ユウキ君

現在は治療が完了しており、業務に支障がないことをアピールしてください。

例文
前職は家電メーカーの商品開発職でしたが体調を崩し、退職後は療養しておりました。現在は完治しており、業務への支障はございません。これまでのスキルや経験を活かし、貴社の商品開発の発展に貢献させていただきたいと考えております。

履歴書の空白期間に不安がある場合は書類を添削してくれるニート特化型就職エージェントを利用すべき!

履歴書の空白期間に不安がある場合は書類を添削してくれるニート特化型就職エージェントを利用するのがおすすめです。なぜなら、キャリアアドバイザーは就活のプロなため。

書類添削では毎回フィードバックがもらえます。良い点と改善点を教えてもらえるので、着実に選考突破へ近づけるんです。

転職サイトではたくさん求人がありすぎて、どれに応募すれば良いか分からないかもしれません。

しかしですね。転職エージェントでは最初に無料カウンセリングでヒアリングを行い、条件に沿った求人を紹介してくれます。

自分は紹介された求人から気になった企業に応募するだけで良いんです。

ニート特化型就職エージェントのサポート一覧

  1. 無料カウンセリング
  2. 求人紹介
  3. 面接対策
  4. 応募書類の添削
  5. 内定後の収入交渉
  6. 面接日の日程調整
  7. 推薦状の記入

キャリアアドバイザーは推薦状により、企業へ求職者をプッシュしてくれます。

アドバイザーと企業の採用担当者は密接な関係を築いている場合が多く「〇〇さんの推薦なら面接だけでもしてみるか!」と選考突破率がグッと上がるんです。

そのため、ニート特化型就職エージェントを利用するのをおすすめします。

ニートは就職できない?就活成功のポイントやおすすめの転職エージェント3選!

2020.06.30

まとめ:履歴書にニートの空白期間があっても伝え方次第で内定を獲得できる!

今回は履歴書にニートの空白期間があっても就職できる理由や空白期間の嘘がバレる理由、採用担当者が履歴書でチェックしているポイント、履歴書の書き方のコツ、ニートの空白期間の例文を紹介しました。

では、記事の内容をまとめます。

記事の内容まとめ

  • 採用担当者は将来的に業績で貢献できる+長期的に定着できるかを見極めている
  • 空白期間は書き方や伝え方次第で採用担当者の印象アップを狙える
  • ニート特化型就職エージェントを利用する

採用担当者は将来的に業績で貢献できる+長期的に定着できるかを見極めています。特に長期的に定着できるかは重要です。

なぜなら、短期離職されると採用コストが無駄になってしまうため。そこで短期離職しそうなニートは避ける傾向があるんです。

しかしですね。空白期間は書き方や伝え方次第で採用担当者からの評価を変えられます。

履歴書の自己PRや志望動機でリカバリーしたり、面接での受け答えでアピールできたりすれば、内定獲得に大きく近づくんです。

就職するならポテンシャル採用されやすい20代が最大のチャンスです。30代でもできるだけ若いうちに行動を起こした方が内定獲得できる可能性は上がります。

就職活動を検討中の方は、今回紹介したニート特化型就職エージェントに無料相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

監修者プロフィール

フジワラ
運営者:フジワラ
27歳の元既卒生。 大学在学中から続けていた塾講師のアルバイト経験のみだったが、一念発起して就職活動に取り組み、既卒の立場で2社から内定を獲得。実体験を元にした確かな情報提供を心がけていきます。

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

1
ウズキャリ既卒(既卒の内定実績86%!他社の10倍時間をかけて、就活をサポート)

他社の10倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート!離職率の高いブラック企業は紹介しないポリシーを貫いています。

imasia_9065120_S2
DYM就職(既卒の就職率96%!就職できるまで二人三脚!親身な就職サポート!)

DYM就職なら、2000件以上の既卒向け求人の中からエンジニア・企画・マーケティング・事務・管理・クリエイティブ等、様々な職種の仕事を選ぶことができます。

imasia_14141661_S-2 3
えーかおキャリア(定着率97%!事務職、広報、営業など、あなたの希望を叶える仕事をご紹介!)

内定率は転職エージェントの4倍を誇る充実のサポート!求人紹介、面接対策や内定後のキャリアプランを含めて、2人3脚であなたの就職・転職を徹底サポートします。

4
ベンチャーセールス(採用決定率95%!他の求人サイトにはない優良求人が400社以上も)

顧客満足度97%!専門アドバイザーによる丁寧なサポートが魅力!

imasia_9065120_S5
ハタラクティブ(未経験・フリーターから有名企業の正社員へ)

既卒フリーターの内定実績No1!他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポートや、既卒から上場企業の正社員になれる求人多数