【保存版】意外と見つかる!既卒採用の求人を探す5つの方法

imasia_9065120_S

既卒になると、新卒の時のようにナビサイトが使えなくなり、既卒歓迎の求人を探すのに苦労すると思います。既卒求人の見つけ方を知らないと、エントリーする先が見つからなくなり、「どうしよう」と途方に暮れてしまいますよね。

でも、大丈夫。既卒で就活をし、2社から内定を得た私が効率的に既卒の求人を探す5つの方法をご紹介します。

既卒が使えるナビサイトを利用する

既卒で正社員の内定を確実にとりたいなら、「既卒向けのナビサイト」を利用するのが一番です。新卒向けのナビサイトは、新卒も応募してくるため、年齢を経ている既卒はどうしても不利になってしまいます。

既卒用のナビサイトは、「既卒に向けて求人を出している」ので、既卒採用意欲が高く、採用で不利になりません。

リクナビダイレクト(既卒版)

スクリーンショット-2016-02-08-14.30.49.png

既卒ナビサイトで一番オススメなのがリクナビダイレクトです。これはリクナビの既卒版で、自分のプロフィールを登録すると、それにマッチする企業が紹介され、その企業の選考を「書類選考なしで」受けることができます。

既卒限定のサービスなので、新卒や社会人経験者との争いにならず、既卒が不利になりません。

求人は中小企業が多いですが、既卒の採用意欲が高く、公式サイトによれば「利用者はサイト経由で4社を受けて1社内定を獲得している」のです。既卒が使いやすいナビサイトといえるでしょう。

⇒リクナビダイレクト(既卒版)の公式サイトはこちら

いい就職.com

スクリーンショット 2016-02-05 13.07.05

ブラッシュアップジャパンが運営している「既卒・第二新卒」向けのナビサイトです。職歴がなくても不利にならない既卒向け求人を多数紹介しています。

また、求人検索だけでなく、自己分析セミナー、企業研究セミナー、面接対策セミナーなど、各種就活セミナーを積極的に開催しているので、就活対策にも使えます。

⇒いい就職.comの公式サイトはこちら

ハローワークを利用して求人を探す

imasia_13188079_S

ハローワークでも既卒の求人を探すことができます。求人の数という一点においては、ハローワークに勝るサービスはありません。

求人数ならハローワークがNo1

たとえば、「勤務地東京・大卒・既卒可」の条件で検索すると、なんと4706件もの求人が見つかります(2015.1.21時点)これほど既卒の求人が見つかる媒体は他にないので、求人探しに困ったら、まずはハローワークを利用すれば間違いありません。

また、都内のヤングハローワークでは、学生を対象にした就活指導や履歴書の添削なども行っています。機会があれば利用したいところです。

⇒ハローワークの求人検索はこちら

ハローワークを利用するときの注意点

ただ、ハローワークにはデメリットがあります。それは、「求人の質が玉石混交すぎて、ブラック企業の求人が多数混ざっている」「掲載情報が少なすぎて企業のことがわかりにくい」ということです。

ハローワークは公的サービスのため、他のサービスと違って、掲載にお金が必要ありません。つまり「どれだけお金のない企業でも求人を載せられる」ということ。必然的に玉石混交の「石」が増えてしまいます。

社会経験のない既卒の就活生には、大量の求人から「玉」を見つけるのは困難ですよね。だから、この記事で紹介している他の手段で既卒求人にアタックしてみて、それでも駄目ならハローワークを使う、という流れにした方が良いと思います。

新卒ナビサイトの既卒求人を探す

意外と知られていない!既卒でもナビサイトを利用できる

実は、既卒になっても、卒業後3年以内なら、新卒用のナビサイトを使うことが出来ます。ライバルが新卒になるので、既卒向けのナビサイトよりは不利な条件となりますが、新卒ナビサイトに紹介されている求人が一番質が良いため、積極的に利用したいところです。

リクナビは既卒になっても便利

スクリーンショット 2016-02-09 12.07.20

既卒になっても(既卒3年以内)なら、リクナビをどんどん使っていきましょう。リクナビは「既卒可」の条件で検索できるので、既卒でも受けられる求人を大量に見つけることができます。

求人の質も大企業・上場企業のものがたくさんあり、非常に良いです。たとえば、「上場企業」「既卒可」で探しても、1000件以上の求人が見つかります。アタックした時の成功率は、既卒向けのナビサイトには劣りますが、是非利用したいサイトです。

⇒リクナビの公式サイトはこちら

マイナビは既卒にちょうど良い

スクリーンショット 2016-02-09 12.07.42

マイナビもリクナビと同じく、既卒可の条件で検索することができます。卒業後3年以内なら、積極的に利用するべきです。求人の質としては、リクナビにやや劣る点がありますが、
就活生の人気はそれほど高くない企業が多いので、リクナビの求人に応募するよりもチャンスがあります。

⇒マイナビの公式サイトはこちら

既卒が新卒ナビサイトを利用するときの注意点

リクナビ・マイナビは、新卒向けのナビサイトですから、既卒で応募するとやや不利であることは理解しておきましょう。特に有名企業は、優秀な新卒との闘いになるので、経歴にハンデがある既卒だとなかなか内定は厳しいです。

ただ、求人の質はいいので「内定できたら儲けもの」くらいの気持ちで積極的に利用しましょう。ただし、上記の「既卒ナビサイト」や後述する「既卒就職エージェント」で既卒の採用意欲の高い企業を受けていきましょう。

社会人向けの転職サイトで既卒求人を探す

若手社会人(第二新卒)を対象にした求人サイトでも、既卒の求人が見つけられます。社会人向けの転職サイトは、求人数が多く、ナビサイトなので求人も探しやすいというメリットがあります。

代表的な既卒が使える社会人向けの転職サイトには以下のようなサイトがあります。

リクナビネクスト

スクリーンショット 2016-02-09 11.59.30

社会人向けのリクナビ「リクナビネクスト」にも多数の既卒求人が登録されています。リクナビですから検索も使いやすく、目当ての求人を探しやすいという利点があります。

ただし、リクナビネクストの求人は「既卒可」であっても、社会人も応募する求人のため、職歴のない既卒の就活生が応募しても勝算が少ないというデメリットがあります。

つまり、リクナビの「既卒可求人」は「既卒が受けても良い」という意味であって、既卒をメインの対象にしたものではないのです。

⇒リクナビネクストの公式サイトはこちら

Re就活

スクリーンショット 2016-02-05 12.37.32

Re就活は、第二新卒・既卒を対象とした求人ナビサイトです。「既卒歓迎」の条件で求人を検索でき、かなりの件数の求人が見つかります。職種などでの検索が使いやすく、求人を探しやすいサイトです。

ただし、リクナビネクストと同じく、社会人経験者(第二新卒)も求人に応募してくるため、職歴のない既卒ではやや不利になります。

また、リクナビネクストに比べて、求人の質は若干悪い傾向があり、評判を調べると「ブラック企業」という評判しか出てこない企業の求人があったりします。

⇒Re就活の公式サイトはこちら

社会人向けの転職サイトはあまり既卒に向いていない

何度も述べているように、社会人向けの転職サイトは、「既卒をメインにした求人ではない」ため、社会人経験者も求人に応募してきます。すると、どうしても職歴のない既卒では不利になってしまいます。条件の良い求人ほど競争が激しくなるので、内定は困難です。

したがって、これらのサイトの利用優先順位はあまり高くありません。他の手段で求人にアタックして、それでも駄目なら使ってみましょう。

既卒就職エージェントを利用する

既卒になったら必ず利用したいサービスがあります。それが既卒向けの就職エージェントです。

既卒向けの就職エージェントに登録すると、専任のキャリアコンサルタントがつき、既卒歓迎の求人の紹介・履歴書の添削指導・模擬面接による面接指導をしてくれます。この指導のためだけでも、登録する価値があります。

既卒就活の指導なら、エージェントが一番

imasia_12629641_S

一般的な就職対策だけでは駄目

既卒の就活は、一般的な就職・転職のノウハウだけでは上手くいきません。たとえば「なぜ在学中の就活に失敗したのか?」「空白期間を説明せよ」のような厳しい質問に的確に答えられなければ、既卒の就活では結果を出せません。

キャリアセンターやハローワークの新卒指導センターでは、一般的な指導しかしておらず、既卒向けの指導をしてくれません。

既卒には既卒のノウハウがある。

一方で、既卒向けの就職エージェントに登録すれば、「就職に失敗した理由は下手に言い訳をせずに、自分の非を認めよう。そうすると、面接官はそれ以上せめてこなくなる」等の超具体的な既卒ノウハウをコンサルタントが教えてもらえます。

他のどの媒体を利用するにせよ、既卒就活指導のために既卒向けの就職エージェントは利用するべきです。

ハタラクティブ

hatarakutelibu.png

既卒向けの就職エージェントは様々ありますが、その中でも一番オススメなのが、私も利用して正社員の内定を獲得した「ハタラクティブ」です。

とにかく指導が親身で、私の履歴書を真っ赤になるまで添削してくれたり、第一志望の企業の面接前に何度も模擬面接をしてくれました。

特に、模擬面接で指導してもらった「話している内容は論理的で筋が通っているが、早口なので自信がないように見える。説得力がない。3倍ゆっくり話せば、嘘みたいに受かるようになる」とのアドバイスを意識して面接を受けたところ、本当に面接官の反応が変わり、選考に通過するようになりました。

このように模擬面接を受けると、自分の重大な欠点に気づき、対策ができるので、やっているのといないのでは大きな差が生まれます。既卒就活指導のためだけでも、絶対にオススメできるサービスだと思います。

既卒の就活が不安な人は、キャリアコンサルタントの力を借りて、万全な就活対策をしましょう。

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

imasia_9065120_S1
ハタラクティブ(既卒の内定実績No1!既卒から正社員の内定を目指すなら)

既卒になると、新卒の時のようにナビサイトが使えなくなり、既卒歓迎の求人を探すのに苦労すると思います。既卒求人の見つけ方を知らないと、「どうしよう」と途方に暮れてしまいますよね。そこで、既卒採用の求人を見つける効率的な方法をご紹介します!

imasia_12756285_S2
UZUZ(IT・ベンチャー企業の求人に強く、就活サポートが充実している)

既卒の面接は、新卒とは少しルールが違います。「既卒ということは、新卒の時に上手くいかなかった問題のある人物なのでは?」と色眼鏡で見られ、その懸念を払拭するべき受け答えをしなければならないからです ...

imasia_14141661_S-2 3
いい就職(既卒・フリーター向けの求人多数。地方支店も多く、利用しやすい)

既卒になると、履歴書の書き方がわからず困りますよね。新卒の時のように大学指定の履歴書を使うべきか?市販のものを使うべきかでも迷いますし、職歴欄にアルバイト経験を書くかどうかでも迷うはずです ...

imasia_13676025_S 4
ジェイック(ニート・高齢でも求人を紹介してくれる。ただし、営業系の求人が多い)

「既卒になると就職できないんでしょ・・・?」と思っていませんか。既卒だから就職できないわけではありません。実際、私は27歳、職歴なしという立場でしたが、2社の内定を獲得することが出来ました ...

imasia_9331572_S 5
Re就活(既卒向けの求人を多数掲載。ただし、サポートはほとんど無い)

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。