リクナビダイレクト(既卒)の評判は?実際に利用して本音でレビュー

既卒者に特化した「リクナビダイレクト(既卒)」の評判はどうか気になりませんか?

新卒で馴染みのあるリクナビの系列サイトですから、既卒verのリクナビダイレクトの利用を検討している既卒の方も多いでしょう。

そこで、既卒として就職活動をした私が、実際に利用した経験をもとに、不満点も含めて、リクナビダイレクト(既卒)を徹底的にレビューいたします。

リクナビダイレクト(既卒)を利用して感じた不満点

キヨちゃん

リクナビって知名度はバツグンだけど、必ずしも自分に合うかどうかは別問題ですよね?

フジワラ

もちろん、人によっては色々な評価があります。その中でも先に悪い評判・不満点から先に紹介していきます!

自分で企業を検索することができない

まず、私が一番駄目だと思った欠点から。リクナビダイレクトは検索が使えません。こちらで条件をかけて企業を検索することができないのです。

最初に、希望する条件・職種を登録すると、それにマッチする企業が紹介されてきます。(週2回)

週2回と頻度がすくない割に、企業と私の希望条件とのマッチング率も微妙なので、希望の企業を紹介してもらえるまで1ヶ月もかかりました。

「自分で検索して、好きな企業を受けられない」これは結構なマイナスポイントでした。

薦められる企業は中小企業が多く、魅力的な企業が少ない

また推薦される企業の質も、残念ながら高いとはいえません。私の場合、紹介された求人の多くは、従業員100人程度の中小企業でした。ベンチャー企業のような革新性があるわけではなく、下請けの会社や、自社製品を持たない営業の会社が多かったです。

企業を自分から検索できず、企業を紹介されるペースもゆっくりで、その上、企業の質もあまり高くないので、希望の求人に出会えるまで非常に時間がかかります。

「あまり魅力的な会社がなく、良い求人に出会えるまで辛抱強く待たなければならない」これが私が感じた一番の不満点です。

既卒の就活に強い!既卒で就活するなら登録すべき神サイト

既卒で就職活動を頑張りたいけれど、「既卒者は、どんな就職サイトを使って就活すればいいの…?」と、悩んでいませんか?

そこで、私が既卒として就活した時に利用した、「既卒歓迎」のホワイト企業の求人を紹介してくれる就職サイトをご紹介します!

既卒の私が感じた、リクナビダイレクト(既卒)を使うメリット

キヨちゃん

なるほど~、確かに弱点って言える部分はあるんですね。でも、リクナビって有名だから、それなりに優れてる部分もあるんですよね?

フジワラ

もちろん!ここまで悪い点ばかりを述べてきましたが、リクナビダイレクトにはとても良い面もあります。上手く使えば、非常にスムースに正社員の内定にこぎつけます。

企業の既卒採用意欲がとても高い

私はリクナビダイレクトを利用して、渋谷にあるシステム会社を受けたのですが、採用意欲がとても高い印象を受けました。

私一人のために、人事が1時間以上も時間をとり、自社のことを詳しく説明してくれたり、質問にもいくらでも答えてくれました。ハローワーク経由の求人では、門前払いに近い対応を受けたこともあるので、この対応は非常に嬉しかったです。

リクナビダイレクト(既卒)は、若手の採用に苦戦している中小企業が「とにかく若い人材が欲しい」と使っているサイトなので、採用意欲が全体的にとても高いです。

書類選考なしで面接が受けられるので、選考のペースが早い

既卒で企業を受けると、書類選考で落とされることがありますが、リクナビダイレクト(既卒)は、書類選考がなく、必ず面接を受けさせてもらえます。

書類選考もなく、企業の採用意欲も高いため、とんとん拍子に面接が進みます。私が受けた会社も、2週間ほどで最終面接まで進むことができました。

仕事についていない期間は不安なもの。少しでも就職を早く決められるこのシステムは、とても有り難かったです。

リクナビダイレクト(既卒)はおすすめ?

キヨちゃん

で、結局はリクナビダイレクトって既卒の私にとっては良いサービスなんですか?

フジワラ

結論、向いている人とそうでない人がいます。また、リクナビダイレクトと合わせて使うことで効率よく進められる就職支援サービスもあります!

リクナビダイレクトに登録している企業は、既卒の採用意欲が高いため、何社も受ければ内定を得られる可能性は高いです。「正社員になりたい」思いが特に強い人にはいいと思います。

ただ、リクナビダイレクトの他にも、既卒向けの求人を紹介してくれるサイトは多々あります(以下でおすすめをご紹介します!)。

既卒就職サイトをメインで利用して、駄目だった時の保険としてリクナビダイレクト(既卒)を使うと良いでしょう、リクナビダイレクトは通年で使えるサイトなので、駄目だった時から利用をはじめても問題ありません。

採用意欲が高い企業と出会えるリクナビダイレクト(既卒)は、保険としては非常に使えます。

既卒で就職するなら個人的には「DYM就職」がおすすめ

DYM就職の特徴

  • 既卒を積極的に採用している企業に多数出会える
  • 就職できるまで二人三脚で、圧倒的に親身になって就職をサポート
  • 面談からの就職率がなんと96%!

既卒・第二新卒から正社員を目指すにあたって外せないのが、この「DYM就職」です。私も実際に使いましたが、かなり満足度が高く、それまで他の就職サービスを使っていましたが一瞬で心が動きました

まず凄いのが、相談からの就職率が96%という点。この数値だけを見ても、かなり確かな実績を出している事がわかります。そもそも企業側が既卒生を求めているので、既卒で未就業という経歴がハンデになることもありません。

無料登録すると、担当エージェントが面談をしてくれます。個人の適性・志向性に合わせた仕事を紹介してもらえるので、就職後とのイメージのギャップをおさえることができます。「せっかく就職したのに、嫌な仕事内容だった」なんて可能性も低いでしょう。

面接対策・書類選考対策・服装のアドバイスなど、細かく教えてくれるので安心です。実際、就職活動の事をまったく知らなかった私にも、時間をかけて丁寧に指導してくれました。

合わせて「ウズキャリ既卒」も活用すると◎

ウズキャリ既卒

ウズキャリ既卒の特徴

  • 他社の10倍の時間をかけて徹底サポート!
  • ブラック企業を徹底排除して紹介先企業を選定
  • 就職内定率は86%!入社後の定着率は95%!

私が実際に合わせて使った就活サイトがもう1つあって、それが「ウズキャリ既卒」です。ここも既卒専門なのでかなりオススメ。ウズキャリのオフィスにはワーキングスペースがあり、そこで出会ったフリーターやニートの人とも仲良くなりました。

こちらも担当の人がすごく丁寧で、私の希望や性格を細かく聞いたうえで色々な求人案件を紹介してくれました。実際に紹介してもらった企業の中には、聞けば誰でも名前を知っている会社がゴロゴロありました

ちなみに紹介する会社の選定にはかなり力を入れていて、ブラック企業は徹底的に除外しているのだとか。残業時間や年間の休日数を大切にしたい人にはオススメです。

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

imasia_13676025_S 1
DYM就職(既卒からでも優良企業の正社員を目指せる!利用者の就職率は驚異の96%)

履歴書を提出しても、既卒というだけで落とされることが多いですが、書類選考なしで面接に進めるので心配いりません。さらに、優良企業を紹介してくれる上に寄り添って就活サポートしてくれるから、相談からの就職率は驚異の96%という実績が出ています!

imasia_9065120_S2
ウズキャリ既卒(既卒の内定実績86%!他社の10倍時間をかけて、就活をサポート)

既卒になると、新卒の時のようにナビサイトが使えなくなり、既卒歓迎の求人を探すのに苦労すると思います。既卒求人の見つけ方を知らないと、「どうしよう」と途方に暮れてしまいますよね。そこで、既卒採用の求人を見つける効率的な方法をご紹介します!

imasia_14141661_S-2 3
マイナビジョブ20'sアドバンス(既卒に特化したマイナビ。豊富な実績で内定も可能)

大手マイナビが、既卒者を積極採用したい優良企業を一気にご紹介。既卒の就活ノウハウも専任のアドバイザーが丁寧に教えてくれ、内定獲得までしっかりバックアップしてくれます。

4
パーソルテクノロジースタッフ「U_29」(未経験からIT業界の安定・優良企業を目指せる)

IT業界の専門職を目指すならオススメのパーソルテクノロジースタッフ!無料プログラムでフリーター、既卒からステップアップできます。

5
ハタラクティブ(既卒・未経験OKの求人が多数だが、厳選されるため紹介数は少ない)

大手人材会社であるレバレジーズの、20代に特化した就職エージェント。内定率が80%を超える上に、利用者の半数以上が上場企業に就職しているという立派な実績もあります。