ニートでも出来る仕事6選!就活成功のコツは就職しやすい仕事選びにあった!

この記事はこんな人向け

  • そろそろ、ニートを脱却しないといけない…
  • ニートでもできる仕事なんてあるの?
  • ニートはどんな就活サービスを利用すべき?

だらだらとニート生活を続けてしまい、「そろそろ就職しないとな…」と焦りを感じてきた頃。さらにニート期間が長引いてしまうと、巻き返しが難しくなってきます。年齢によっては、現時点でも就職活動が難航する可能性もあります。

しかし、心配ありません。ニートの状態だとしても、就職しやすい職種を知り、正しい方法で就活すれば、きちんとした会社で働くことができます。私もアラサーまで塾講師の経験しかなく、ほぼニートのような状態でしたが、内定を獲得することができました

今回は実際の体験をベースに、ニートでも出来る仕事を紹介し、就職するためのノウハウをお伝えします

ニートの基本情報

そもそもニートとは、どのような人のことを言うのでしょうか?ニートにも定義があります。

言葉としてはかなり有名になりましたが、しっかりと定義を知っている人は多くありません。就職活動を行う前に、知っておいた方が履歴書作成や面接などでもスムーズに進みます。

全国にどれくらいいるのか、フリーターとは何が違うのか、人口や定義などまずは基本情報を確認してみましょう。

ニートの定義

ニートの定義とは、「15~34歳の失業者や無業者のうち、学生や主婦を除き、求職活動にいたっていない者」と厚生労働省は定義しています。

年齢は15歳から34歳で求職活動にいたっていない者とあります。

つまり、失業者や無業者でも就職活動をしている人に関してはニートの定義に当てはまりません。

一般的には、働いていない若者全般に使われる場合が多いようですね。

参照:厚生労働省「ニートの状態にある若年者の実態及び支援策に関する調査研究報告書 」

ニートの人口

内閣府の調査によれば、直近2019年のニートの数は74万人と発表されています。前年度より、約3万人も増加していることが分かります。

年齢別に見ると、15歳~19歳が9万人、20歳~24歳が15万人、25歳~29歳が14万人、30歳~34歳が18万人、35歳~39歳が18万人。

最初のピーク時の2002年に比べて、30歳~39歳のニートの人口は4万人も増加していますね。

30代ニートが増加していることが、現状は社会問題となってきているようです。

参照:令和2年版「子供・若者白書」

ニートとフリーターとの違い

アルバイトやパートなど、少しでも働いていれば「フリーター」働いておらず、就職活動や職業訓練をしていない状態のことを「ニート」に分類されます。分類の仕方は国ごとにそれぞれ違います。日本の分け方には疑問が呈されることもあるようです。

下記は厚生労働省によるフリーターの定義です。

フリーターの定義

  1. 雇用者のうち「パート・アルバイト」の者
  2. 完全失業者のうち探している仕事の形態が「パート・アルバイト」の者
  3. 非労働力人口で、家事も通学もしていない「その他」の者のうち、就業内定しておらず、希望する仕事の形態が「パート・アルバイト」の者
参照:厚生労働省「若年者雇用に関する参考資料」

ニートでも出来る仕事はあるが、早めの行動が重要

仕事はこの世にたくさん存在するため、ニートでも出来る仕事はあります。しかし、早くニートを脱却しないと仕事の選択肢が狭まってしまいます。なぜなら、企業側が未経験者を採用する際に重視する点は、若さだから。

例えば、20代は即戦力の能力がなくても、若さと職種への適正次第でポテンシャル採用してもらえる可能性が高いです。

しかし、30代になると、経験とスキルを求める採用になりやすいため、就職の難易度が上がってしまいます。そのため、20代のうちに就職活動をすることが何より有利に働きます。

ニートでも出来るおすすめの仕事

ニートから就職する時には、自分のタイプにあった無理なく働ける仕事を選ぶことがおすすめです。

「苦手を克服したいから」という理由で仕事選ぶことも良いですが、正社員の場合はすぐに辞めてしまうと、職歴に傷がついてしまいます。

短期離職は転職でかなり不利になるので、仕事選びは慎重になった方が良いですね。大きく分けると、2種類の仕事があります。

ニートでも出来る仕事のタイプ

  • 人と関わらない黙々と作業する仕事
  • と関わるコミュニケーション能力が問われる仕事

人と関わらない黙々と作業する仕事

【1】 エンジニア

IT業界は人手不足のため、ニートからでも採用されやすいです。 なぜなら、IoTの普及により、電化製品にもプログラムが組み込まれるなど、どの業界でもIT技術が必要になっているため。

経済産業省: IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果

事実、経済産業省の調査によると、2030年までに59万人もの人材不足が予想されています。

未経験からでも採用しようとする企業は教育体制が整っていることが多く、仕事をしながらスキルを取得することも可能です。

エンジニアはPCと向き合う仕事です。対人コミュニケーションは少ないため、黙々作業したい人におすすめの仕事です。

【2】 製造業作業員

ニートにおすすめな仕事は、主に単純作業を行う製造業作業員です。

なぜなら、自分の興味関心のある分野の製造に携われるなどやりがいのある仕事のため。

フジワラ

実際、私の友人は飛行機が好きが理由で、飛行機の部品を作る工場に勤めています。

さらに日本の製造業は品質の高さから、企業の安定性が高いのが魅力です。

特に大手の工場は労働基準監督署のチェックが厳しく、充実した福利厚生加えて、残業が少ないのが特徴です。

大手企業も中途採用枠を設けているため、プライベートを充実させたい人におすすめですね。

【3】 警備員

警備員はコミュニケーションが苦手な人におすすめです。なぜなら、主な業務監視・巡回・点検で、決められたエリアを一人で担当するため。人と話す機会が少なく、人間関係は悩むこともほとんどありません。

しかし、長時間待機していることも多く、立ちっぱなしの仕事のため、体力面に自信がある人向きの仕事です。

キヨちゃん

夜勤もあるので、昼夜逆転していてもいる人でも仕事がしやすいメリットがあります。

人と関わるコミュニケーション能力が問われる仕事

【4】 介護職

将来性を考えて就職したい人は、介護職がおすすめです。なぜなら、会社のサポートを受けながら、介護福祉士の資格も取得できる企業もあるため。

介護職は業界全体で人手不足が深刻化しており、未経験から正社員に就職しやすいです。

公益財団法人 介護労働安定センター : 平成 30 年度 「介護労働実態調査」の結果

事実、介護労働安定センターの調査によると、介護サービスに従業員の不足感を抱いている事業所は67.2%と、5年連続で増加しています。

しかし、高齢化社会は日本の問題のため、これからの国の対応で労働環境や低賃金の改善されていくので、雇用は安定していく将来性があります。

【5】 営業職

未経験からでも高収入を狙いたい人は、営業職がおすすめです。なぜなら、基本給+歩合制の会社もあるので、成果次第で年収が変動する場合があるため。

フジワラ

私の会社も歩合制だったため、同年代でも若手時代から100万円近く年収が違う人もいました。

営業職は未経験でも挑戦しやすく、職種の適性や社風へのマッチすれば、就職することが難しくありません。

成果が分かりやすいため、やりこみ要素のある仕事がしたい人におすすめですね。

【6】 接客業

シンプルな業務内容を求める人は、接客業がおすすめです。なぜなら、ほとんどの接客業にはマニュアルがあるため、フリートークは少ない可能性が高いため。

フジワラ

口が達者でなくても、商品やプランの説明は練習すれば上手くなりますね。

人が相手の仕事なので、人物重視で採用する企業も多く、未経験から就職できる職種です。

ニートの就活が失敗する原因は主に3つ

ニートの就活は失敗に終わるケースが多々あります。しかし、他のニートと同じ轍を踏まないためにも、失敗する原因を知っておくことが大切です。

ここでは、以下のニートの就活が失敗する原因を紹介します。

ニートの就活が失敗する原因

  • 自信がないため、アルバイトでも良いと考える
  • 親が過保護で自立する動機がない
  • 面接での失敗を引きずっている

自信がないため、ずっとアルバイトでも良いと考える

ニートの就活が失敗する原因は、自信がないため、ずっとアルバイトでも良いと考えているため。

正社員として週5日8時間労働はいきなりは厳しいと考えて、アルバイトから始めることは悪い選択ではありません。

しかし、アルバイトの期間が長引くと、就職できる可能性は低くなってしまいます。

厚生労働省: 若年者雇用を取り巻く現状

事実、厚生労働省の調査によると、フリーター期間が半年未満の人の就職成功率が64.0%に対して、3年以上の人は48.9%とかなり下がっています。

そのため、「正社員になりたい」ともう一度考えた頃には、すでに手遅れになっている場合が多いです。

親が過保護で自立する動機がない

ニートの就活が失敗する原因は、親が過保護で自立する動機がないため。

例えば、親の経済力に余裕があると、成人しても親の扶養に入れば、無収入でも生きていけます。

保険料の支払いや家賃の支払いもないため、「働かなければ生きていけない」という切羽詰まった気持ちがなくなる場合が多いです。そのため、社会に出てストレスを感じるくらいならニートの方が良いという思考になってしまいます。

面接での失敗を引きずっている

ニートの就活が失敗する原因は、面接での失敗を引きずってしまうため。

ニートは打たれ弱い人が多く、一度の失敗を過度に受け止めてしまいます。例えば、面接に落ちる度に1ヶ月近く休んでしまうと、面接で得た経験値もリセットされ、空白期間も伸びてしまい、なかなか内定を獲得できません。そのため、就活を諦めてしまうニートもいます。

ニートの仕事の探し方のコツ

若いうちならポテンシャル採用があるため、内定を獲得できる可能性は高いです。しかし、やみくもに就活していると、自分の希望の条件の企業の内定を獲得することはできません。

ここでは、ニートの仕事の探し方のコツを紹介していきます。

ニートの仕事の探し方のコツ

  • 有効求人倍率の高い求人に的を絞る
  • 正社員登用制度のある契約社員ではなく、正社員採用を狙う
  • 就職のプロに相談してみる

有効求人倍率の高い求人に的を絞る

ニートの仕事の探し方のコツは、有効求人倍率の高い求人に的を絞ることです。

有効求人倍率とは

求職者1人あたり何件の求人があるのかを示す指標。

引用 :https://www.elite-network.co.jp/dictionary/yukokyujinbairitsu.html

なぜなら、有効求人倍率の数値が高いほど、求職者に多くの仕事があり、就職しやすいため。

例えば、有効求人倍率が1.7の職種と0.9の職種では、ライバルの多さやレベルの高さが段違いです。

そこで、各職種に有効求人倍率は厚生労働省の統計やハローワークは確認できるので、数値の高い職種に応募してみることをおすすめします。

正社員登用制度のある契約社員ではなく、正社員採用を狙う

ニートの仕事の探し方のコツは、正社員登用制度のある契約社員ではなく、いきなり正社員採用を狙うことです。

正社員登用制度とは

アルバイトやパート、契約社員などの雇用形態で働く労働者が正社員に転換できる制度

引用 :https://hataractive.jp/useful/1664/

なぜなら、正社員登用制度は必ずしも正社員になれる保証はないため。

正社員登用制度があっても、登用を滅多に行わない企業や筆記や面接など再度テストしてから、正社員にするか決めるなど厳しい場合が多いです。

自分の結果より企業側のさじ加減で登用が決まることもあるため、最初から正社員採用を目指すことをおすすめします。

就職のプロに相談してみる

ニートの仕事の探し方のコツは、就職のプロに相談してみることです。なぜなら、転職エージェントは相談だけでなく、手厚いサポートが受けられるため。

転職エージェントのサポート一覧

  1. 無料カウンセリング
  2. 求人紹介
  3. 面接対策
  4. 応募書類の添削
  5. 内定後の収入交渉
  6. 面接日の日程調整

担当のキャリアアドバイザーが付いてくれるため、質問や希望条件に合った求人紹介してもらうことができます。

正社員への就活は若い方がポテンシャルで採用してくれることもあるので、早めに行動を起こすことが大切です。

ニートこそ就職支援サービスを使うべき!理由とおすすめサイトを紹介

2020.01.27

ニートが面接を突破するための方法

企業側のニートのイメージは「すぐに辞めてしまいそう」「将来について考えが甘い」などあまり良いものではありません。

しかし、面接官が納得できるような回答や面接での立ち振る舞いを見せれば、内定を獲得できる可能性は上がります。

ここでは、ニートが面接を突破するための方法を紹介します。

ニートが面接を突破するための方法

  • 自己分析により、ニートを脱却したい理由を明確にしておく
  • 基本的なビジネスマナーを身につけておく
  • 空白期間の説明を出来るようにする
  • 就職先のリサーチを念入りに行う
  • 本命の前に面接対策や複数の会社を受けておく

ニートを脱却したい理由を明確にしておく

ニートが面接を突破するための方法は、ニートを脱却したい理由を明確にしておくことです。なぜなら、就活のモチベーションの維持や仕事選びの軸が見つかりやすくなるため。

例えば、実家での過ごしづらさから「地位を向上させること」がニートを脱出したい理由だとします。

その場合、大学の同級生と同じ営業職などの仕事を選ぶことが軸になり、同世代に負けたくないような大きな仕事をすることが就活のモチベーションにもなります。あくまで自分自身が満足できることが重要なのですね。

基本的なビジネスマナーを身につけておく

ニートが面接を突破するための方法は、基本的なビジネスマナーを身につけておくことです。

なぜなら、いくら面接の受け答えが良くても、ビジネスマナーができていないと減点されてしまうため。ビジネスマナーは以下のポイントを抑えておく必要があります。

身につけておくべきビジネスマナー

  1. 入退出の仕方
  2. 言葉遣い
  3. 面接中の立ち振る舞い

詳しいビジネスマナーについては以下の記事でしっかり抑えておくのがおすすめです。

既卒内定者が教える!既卒が面接を突破するための5つの極意

2020.01.06

空白期間の説明を出来るようにする

ニートが面接を突破するための方法は、空白期間の説明を出来るようにすることです。なぜなら、ニート期間のある人には必ずされる質問のため。

内定獲得のためには、「この人は長期的に定着してきちんと働いてくれる」と面接官に思わせなければいけません。

ポイントは正直に答えることです。相手は面接のプロのため、そのあとの質問や言動で辻褄が合わなくなってくるため、いずれバレてしまいます。

ニート期間中にしていたことを正直に答える→ニート期間の反省を伝える→前向きに努力していることをアピールするのがおすすめです。

回答例

空白期間中は目標もなく、毎日自堕落な生活を送っていました。働いていないことで、親にも迷惑をかけてしまったことを反省しています。今は少しでも家にお金を入れるためにアルバイトを始めて、社会復帰を目指しています。

説得力のある内容なら、面接官を納得させることができるはずです。

自己分析+就職先のリサーチを念入りに行う

ニートが面接を突破するための方法は、自己分析+就職先のリサーチを念入りに行うことです。なぜなら、自分の適性にあった企業でないと内定獲得は難しいため。

内定を獲得できたとしても、自分に合っていない会社での仕事は辛く、ミスマッチに繋がってしまいます。自分の適性を知るためには、自己分析は以下の通りです。

自己分析の内容

  1. これまで頑張ったこと
  2. 長所・短所
  3. 性格
  4. 興味関心が会うこと

適正に合いそうな仕事をキャリアアドバイザーと相談して受けていくのがおすすめです。カイシャの評判などの口コミサイトを使って、以下の項目を確認してみてくださいね。

企業の待遇のチェックポイント

  1. 残業や休日出勤の有無
  2. 社風や職場環境
  3. 転勤はあるか

本命の前に面接対策や複数の会社を受けておく

ニートが面接を突破するための方法は、本命の前に面接対策や複数の会社を受けておくことです。なぜなら、面接は数をこなして、慣れることが重要なため。

面接で聞かれることはある程度パターン化されているので、傾向がわかれば、質問には流暢に答えられるようになります。

志望動機や自己PRはあらかじめ用意できるので、キャリアアドバイザーからのフィードバッグでどんどんブラッシュアップしておくことをおすすめします。

面接対策は転職エージェントで無料でサポートしてもらえるので、是非利用してみてくださいね。

ニートがハローワークと転職エージェントを使ってガチで就職を目指して見た結果

2020.03.04

私が実際に使用したニート特化型エージェント

総合型の転職エージェントはニートでも利用はできるけど、正直内定獲得は難しいです。

なぜなら、正社員経験者の転職支援がメインなので、ニートは冷遇されてしまうため。そこで、実質ニートだった私が実際に内定を獲得したニート特化型エージェントを紹介します

既卒サービス「ハタラクティブ」

ハタラクティブ
ハタラクティブ

私が実際に使った中でおすすめしたいのは「ハタラクティブ」です。利用者のほとんどが既卒・フリーターで、社会人経験ゼロの人を対象に色々な就活支援をしてくれます。

私が使ったハタラクティブのおすすめポイント

  1. 求人の質が高く、既卒から上場企業の正社員になれる!
  2. 一人で就職活動をするより、圧倒的に内定しやすい
  3. 他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート

求人の紹介だけでなく、既卒の就活を知り尽くしたキャリアコンサルタントによる、「自己分析サポート」「履歴書・エントリーシートの添削」「模擬面接」のサービスを提供していて、既卒の就職を徹底サポートしてくれます。興味がある人は以下をチェックしてみてください。

ハタラクティブの詳細を見てみる

既卒サービス「ウズキャリ既卒」

私も利用しましたが、特におすすめなのが「ウズキャリ既卒」です。とにかくサポートが充実しており、企業面接ごとに、1回2時間をかけ、合計20時間以上にわたって徹底的に面接対策をしてくれます。

私が使ったウズキャリ既卒のおすすめポイント

  1. ブラック企業を完全排除している(そもそもUZUZがホワイト企業大賞特別賞を受賞している)
  2. 既卒採用に積極的な企業を10社以上紹介してもらえる
  3. 一人で就職活動をするより、圧倒的に内定しやすく最短2週間で内定も可能!

離職率や残業時間が慢性的に長いなどの、厳格な基準でブラック企業を徹底排除しているため、内定者の定着率も95%と非常に高いです。

ウズキャリ既卒の詳細を見てみる

まとめ:ニートでも出来る仕事はある!正社員になるなら、早めの行動を

この記事では、ニートでも出来る仕事や仕事選びのコツを紹介してきました。では、記事の内容をまとめます。

記事の内容まとめ

  • 早くニートを脱却しないと仕事の選択肢が狭まってしまう
  • 有効求人倍率の高い求人に的を絞る
  • 本命の前に面接対策や複数の会社を受けておく

ニートでも出来る仕事はあり、適性さえあれば、仕事で活躍することも難しくありません

しかし、20代と30代では選べる仕事の幅がかなり狭まってしまうため、早めの行動が重要になります。

そろそろ就職を考えているけど、何から始めて良いか解らない人は、とりあえず今回紹介した無料の転職エージェントに相談してみると良いかもしれません

この記事で紹介したサービス

  1.      「ハタラクティブ」:求人の質が高く、既卒から上場企業の正社員になれる!    
  2.      「DYM就職」:既卒の就職率96%!DYM就職なら、2000件以上の既卒向け求人の中から様々な職種の仕事を選ぶことができます。

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

imasia_9065120_S1
ハタラクティブ(未経験・フリーターから有名企業の正社員へ)

既卒フリーターの内定実績No1!他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポートや、既卒から上場企業の正社員になれる求人多数

2
ウズキャリ既卒(既卒の内定実績86%!他社の10倍時間をかけて、就活をサポート)

他社の10倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート!離職率の高いブラック企業は紹介しないポリシーを貫いています。

3
ベンチャーセールス(採用決定率95%!他の求人サイトにはない優良求人が400社以上も)

顧客満足度97%!専門アドバイザーによる丁寧なサポートが魅力!

imasia_9065120_S4
DYM就職(就職率96%!就職できるまで二人三脚!親身な就職サポート!)

DYM就職なら、2000件以上の求人の中からエンジニア・企画・マーケティング・事務・管理・クリエイティブ等、様々な職種の仕事を選ぶことができます。

5
JHR就職エージェント(内定率92%!上場企業や有名企業など、ご紹介件数5000社以上も!)

JHR就職エージェントに登録すれば、求人紹介だけでなく「面接対策」「自己PRやエントリーシートの添削」のサポートが受けられ、内定後や入社後にも丁寧にサポートしてくれるため利用者の満足度は96%!