Web・手書きで面接官に好印象を与える履歴書を作成する際のポイント!

Web・手書きで面接官に好印象を与える履歴書を作成する際のポイント!

「履歴書をWebで作成したい!」と思う一方で、

疑問

  • Webの履歴書を作成するメリットとデメリットは?
  • 手書きとWeb作成ならどちらが良い?
  • Webの履歴書を作成する際のポイントや注意点を知りたい

と悩んでいませんか?

私も就職活動中は履歴書をWebで作成した経験がなく、具体的にどんなポイントを注意して作成すれば良いのか分かりませんでした。

ただですね。WEB作成と手書きの履歴書を使い分ける基準と作成のコツさえ掴めば、採用担当者に好印象を与えられます。

そこで今回は、Webの履歴書作成経験者の私の実体験を元に、履歴書をWEB作成と手書きを使い分ける基準とそれぞれの企業で評価される理由や手書きorWebで履歴書を作成するメリット・デメリット、採用担当者に好印象を与えるための履歴書作成のポイント、Web作成した履歴書の提出後に記載ミスがあった場合の対処法を紹介します。

Web作成or手書きの履歴書のどちらが評価されるかは企業によって異なる!

Web作成or手書きの履歴書のどちらが評価されるかは企業によって異なります。手書きとWEB作成を使い分ける基準は以下の通りです。

WEB作成と手書きを使い分ける基準と評価される理由

  1. 手書きが好まれる傾向がある:ハローワークや紙媒体の求人誌で採用を行う企業・老舗企業・家族経営の企業。文字の書き方から応募者の人柄や仕事の丁寧さを読み取るため。
  2. WEB作成が好まれる傾向がある:転職サイトに求人掲載中の企業・公式HPから応募できる企業。ITリテラシーやPCでの文章作成スキルが分かるため。しかし、手書き作成がNGではありません。

ここに注意!

    指定とは別の方法で作成した履歴書を提出した場合は「募集要項を読んでいない」と選考で不利になるかもしれません。特に外資系企業やITベンチャー企業ではWEB作成のみの場合が多いんです。

そのため、まずは企業から履歴書作成の指定がないかの確認をしてくださいね。

既卒/フリーターの就活に強い!無料登録しておくべき神サイト

既卒で就職活動を頑張りたいけれど、「どんな就職サイト/サービスを使って就活すればいいの…?」と、悩んでいませんか?

そこで、私が既卒として就活した時に利用した、「既卒歓迎」のホワイト企業の求人を紹介してくれる就職サイトをご紹介します。無料なので登録しておいて損はないと思います!

手書きorWebで履歴書を作成するメリット・デメリット

企業から指定がない場合、履歴書は手書きor Webで作成しても問題ありません。WEB作成と手書きを使い分ける基準を元に、評価されやすい方を選ぶのがベターですね。

ただですね。手書きでもWebでもメリットとデメリットが存在するため、履歴書を作成する前に確認しておきましょう。

そこでここでは、手書きorWebで履歴書を作成するメリット・デメリットを紹介します。

手書きで履歴書を作成するメリット・デメリット

手書きで履歴書を作成するメリット・デメリットは以下の通りです。

手書き作成のメリット

  1. 個性が出やすい:文字から誠実さなど人柄が伝わりやすい。
  2. 文字で気持ちや熱意が伝わる:丁寧に記載することで応募意欲の高さをアピールできる。

手書き作成のデメリット

  1. 文章が読みにくい場合がある:長文+読みにくい場合は「まとめる能力がない」と判断されやすい。
  2. 作成に時間がかかる:十分な時間をかけず、雑に仕上げてしまった場合は「仕事も雑かもな…」と思われやすい。一箇所でも間違えると、最初からやり直す必要がある。
  3. Web作成を評価する企業の場合、評価に繋げられない恐れがある:WEB作成と手書きを使い分ける基準を見て、どちらが評価されるかを判断する。

履歴書を手書きで作成することにより、企業側に「丁寧な仕事ができる人」「入社意欲が高い人」と人柄や特性を伝えることができます。

一方で、時間がかかるのが大きなデメリットで、自分の時間と天秤に掛ける必要があります。

フジワラ

在職中に転職活動を行う人や新卒就職活動で数十社にエントリーする人には、非効率な方法かもしれません。

Webで履歴書を作成するメリット・デメリット

Webで履歴書を作成するメリット・デメリットは以下の通りです。

Web作成のメリット

  1. 文字が読みやすい:綺麗な字が書けない人でも整った書類を作成できる。
  2. 作成時間が短縮できる:間違えた箇所だけすぐに修正できる。
  3. データを転用できる:作成したデータを保存しておけば、自己PRや志望動機を変更して、他の企業への応募もできる。
  4. PCスキルを証明できる: 特に事務職やIT企業などPCを頻繁に使う企業では証明になる。

Web作成のデメリット

  1. 文字から熱意や志望度の高さを伝えられない:企業の風土によってはあまり評価されにくい。
  2. ケアレスミスに気づかない:PCやスマートフォンでの作成に慣れておらず、間違ったまま提出してしまうかもしれない。
  3. 手書きを評価する企業の場合、評価に繋げられない恐れがある:WEB作成と手書きを使い分ける基準を見て、どちらが評価されるかを判断する。

Webでの履歴書作成は間違えた箇所だけすぐに修正できたり、データを転用できたりするので効率的に活動を進めらえるのが大きなメリットかもしれません。

キヨちゃん

しかしですね。履歴書は手書きという文化が根付いている老舗企業も存在するので、直筆の方がより評価が高まる企業があるのも事実なんです…。

【Web作成編】採用担当者に好印象を与えるための履歴書作成の4つのポイント

履歴書はWebで作成した方がかなり効率が良いんです。一方、機械任せになってしまい、ミスが起こりやすいリスクもあります。

そこでここでは採用担当者に好印象を与える履歴書をWebで作成するためのポイントを4つ紹介します。

【Web作成編】採用担当者に好印象を与えるための履歴書作成の4つのポイント

  • 読みやすさに気を配る
  • 作成した履歴書を使い回さない
  • 専門紙に印刷する
  • 変換ミスや文字化けに気をつける

読みやすさに気を配る

履歴書をWebで作成する際の1つ目のポイントは、読みやすさに気を配ることです。特に指定がない場合は以下のような項目を参考にして作成するのがベターですね。

特に指定がない場合

  1. 文字サイズ:10.5pt〜11pt
  2. フォント:明朝体またはMSPゴシック
  3. 文字の色:黒
  4. 適度な改行・行間を心がける:余白がないと読みにくさを感じてしまうため。

文字のサイズやフォントを統一しましょう。読みやすい履歴書はそれだけで採用担当者に好印象を与えますよ!

作成した履歴書を使い回さない

履歴書をWebで作成する際の2つ目のポイントは、作成した履歴書を使い回さないことです。

もちろん、名前や住所など共通する内容を転用するのは効率的な履歴書作成には欠かせません。

ただですね。志望動機を応募先企業ごとに変えるなどの工夫は必要ですよ!

ここに注意!

    うっかり、同じ内容の志望動機や自己PRの履歴書を送らないように確認する癖をつけましょう。使い回しだとバレたら、ほぼ確実に落とされてしまいます…。

専門紙に印刷する

履歴書をWebで作成する際の3つ目のポイントは、専門紙に印刷することです。なぜなら、一般的な薄いコピー用紙では間に合わせ感が出てしまうため。

専門紙の例

  1. 上質紙
  2. 履歴書印刷専門用紙
ユウキ君

上記の専門用紙は家電量販店やネット販売店で購入できるのでチェックしてみてくださいね!

変換ミスや文字化けに気をつける

履歴書をWebで作成する際の4つ目のポイントは、変換ミスに気をつけることです。

なぜなら、同じ読みの全く意味の違う言葉に変換されている場合があるため。Webで作成した履歴書は「音声読み上げ機能」で確認できるのがメリットです。

効率的に自分の書いた文章を確かめられる一方で、音では変換ミスに気づきにくいのがデメリットかもしれません。

そのため、ケアレスミスを防ぐためにも音声+自分の目で二重チェックを行うのをおすすめします。

Wordなど文章作成ソフトなら不自然な箇所に波線が入るので、事前にミスを防げますね。

ここに注意!

    旧字体や機種依存文字は閲覧環境によって、文字化けする可能性があります。使う必要がない場合は避けて、文字化けしないものに置き換えましょう。

【手書き編】採用担当者に好印象を与えるための履歴書作成の4つのポイント

履歴書は手書きという文化が残っている企業も多く、採用担当者に好印象を与えられる可能性はあります。ただですね。手書きで履歴書を書くだけでは印象アップにはなりません。

アピールしやすい履歴書を選んだり、人より丁寧に作成したりする手間や工夫が必要なんです。

そこでここでは、採用担当者に好印象を与える履歴書を手書きで作成するためのポイントを4つ紹介します。

【手書き編】採用担当者に好印象を与えるための履歴書作成の4つのポイント

  • 自分に合った市販の履歴書を選ぶ
  • ボールペンで記載する
  • 証明写真の裏に名前を記載しておく
  • 誤字脱字に注意する

自分に合った市販の履歴書を選ぶ

履歴書を手書きで作成する際の1つ目のポイントは、自分に合った市販の履歴書を選ぶことです。

市販の履歴書を選ぶ際には「自分をアピールしやすい項目の履歴書」かどうかで判断してみてください。

自分をアピールしやすい項目の履歴書の例

  1. 就業経験が浅いorない人(第二新卒or新卒):長所/短所・資格・自己PR・志望動機が個別に大きめに用意されているものがおすすめ。職歴・経験以外の部分をアピールできる。
  2. キャリアアップしたい人:志望動機・自己PRが個別に用意されているものがおすすめ。自分の強みや志望度の高さをアピールできる。
  3. 異動が多い人や転職回数が多い人:学歴や職歴欄が大きいものがおすすめ。職歴欄に担当してきた業務内容を詳しく記載できる。

自分の経歴やアピールしたい内容に沿った履歴書を選んだ方が内定獲得率はグッと上がりますよ!

疑問を解決!既卒は大学指定の履歴書を使った方が良いのか?

2019.10.03

ボールペンで記載する

履歴書を手書きで作成する際の2つ目のポイントは、ボールペンで記載することです。

ここに注意!

    大事な部分が目立つように太字や赤字を使うのはやめましょう。「社会人としての常識が欠けている」と判断され、採用を見送られてしまうかもしれません。

証明写真の裏に名前を記載しておく

履歴書を手書きで作成する際の3つ目のポイントは、証明写真の裏に名前を記載しておくことです。なぜなら、履歴書から証明写真が剥がれた際に誰のものを分かるため。

フジワラ

証明写真が剥がれても名前が書かれていれば、「万が一のリスク管理ができる人」としてマイナス評価になるのを防げるかもしれません。

そのため、念の為、証明写真の裏に名前を記載しておいてください。

誤字脱字に注意する

履歴書を手書きで作成する際の4つ目のポイントは、誤字脱字に注意することです。

なぜなら、あまりにもミスが多いと「仕事も雑にこなすのでは…?」と不安視されてしまうため。

採用担当者は普段から多くの履歴書を確認しているので、細かい誤字脱字にも気づく可能性が高いです。そのため、提出する前に最終チェックを行ってください。

【共通編】採用担当者に好印象を与えるための履歴書作成の4つのポイント

WEB・手書きのどちらでも履歴書を作成する際には印象アップにつながるポイントがあります。注意すべきポイントでもあるので、確実に覚えておきましょう。

【共通編】採用担当者に好印象を与えるための履歴書作成の4つのポイント

  • 転職エージェントを利用する
  • PREP法で文章を記載する
  • 証明写真はスタジオで撮ってもらう
  • 略語は使わない

転職エージェントを利用する

履歴書を作成する際は、転職エージェントを利用しましょう。なぜなら、転職のプロであるキャリアアドバイザーのサポートを無料で受けられるため。

特に履歴書添削では、毎回フィードバックがもらえるので改善点と良かった点が分かります。そのため、確実に内定へ獲得に近づけるんです。

転職エージェントのサポート一覧

  1. 無料カウンセリング
  2. 求人紹介
  3. 面接対策
  4. 応募書類の添削
  5. 面接日の日程調整
  6. 推薦状の記入

転職エージェントのキャリアアドバイザーは企業の採用担当者と密接な関係を築いています。

企業の内部事情にも詳しいので、企業が求める人物像やスキル・経験を教えてもらい、自己PR作成に活かせるかもしれません。

既卒サービス「ウズキャリ既卒」

私も利用しましたが、特におすすめなのが「ウズキャリ既卒」です。とにかくサポートが充実しており、企業面接ごとに、1回2時間をかけ、合計20時間以上にわたって徹底的に面接対策をしてくれます。

私が使ったウズキャリ既卒のおすすめポイント

  1. ブラック企業を完全排除している(そもそもUZUZがホワイト企業大賞特別賞を受賞している)
  2. 既卒採用に積極的な企業を10社以上紹介してもらえる
  3. 一人で就職活動をするより、圧倒的に内定しやすく最短2週間で内定も可能!

離職率や残業時間が慢性的に長いなどの、厳格な基準でブラック企業を徹底排除しているため、内定者の定着率も95%と非常に高いです。

ウズキャリ既卒の詳細を見てみる

既卒サービス「DYM就職」

私はフリーター期間が長かったので、書類選考で落とされてしまうことが多く、面接で挽回するためにかなりの数の企業に応募していました。

しかし、DYM就職なら企業側と信頼関係を構築しており、書類選考や一次選考を免除してくれるので、履歴書を書きまくる苦労がいりません。

既卒の就職成功率は過去3年間、45%前後とかなり低い水準です。DYM就職は既卒就活について知り尽くしたキャリアドバイザーの手厚いサポートもあり、既卒の就職成功率は業界トップの96%を誇ります。

面談可能な拠点は全国28箇所あるため、地方でも対面でも面接のフィードバックを受けることができるのが強みです。

私が実際に使って感じたDYM就職の強み

  1. 企業との信頼構築はあり、書類選考、一次選考免除
  2. 既卒就活の戦い方を知っているキャリアアドバイザーがサポート→内定率96%
  3. 電車で1本の場所で面談が受けられた

60秒で完了!DYM就職の無料登録はこちら

既卒サービス「えーかおキャリア」

おすすめなのが「えーかおキャリア」の転職エージェントです。とにかくサポートが充実しており、求人紹介、面接対策や内定後のキャリアプランを含めて、2人3脚であなたの就職・転職を徹底サポートしてくれます。

私が使ったえーかおキャリアのおすすめポイント

  1. 入社後の定着率97%(入社後のミスマッチをなくすため、休日・残業といった聞きづらい部分もすべて伝えてくれます)
  2. 1対1のサポート体制
  3. 内定率が他の転職エージェントの4倍!

事務職・広報・営業など、自分の希望を叶える仕事・職種を紹介してくれるため定着率は97%を誇ります!事務職で働きたい方や1日で内定の実績もあり、早く内定がほしい方にもおすすめです

えーかおキャリアの詳細を見てみる

おすすめの総合転職エージェント6選!エージェントの選び方・活用方法!

2021.02.24

PREP法で文章を記載する

ここがポイント

PREP法とは、Point(結論)→Reason(理由)→Example(具体例)→Point(結論)の順番で展開するフレームワークのこと。

履歴書を作成する際は、PREP法で文章を記載しましょう。話の意図が伝わりやすくなるメリットがあります。

PREP法を使用した例文は以下の通りです。

PREP法の例文

  1. Point(結論):私の強みは〜です。
  2. Reason(理由):〜ためです。
  3. Example(具体例):〜という案件を担当し、〜結果的に〇〇%アップにつながりました。
  4. Point(結論):〜(強み)を活かして、御社に貢献したいと考えています。

分かりやすい文章を書くのに苦手意識がある場合は、PREP法で記載するのをおすすめします。

証明写真はスタジオで撮ってもらう

履歴書を作成する際は、証明写真をスタジオで撮ってもらいましょう。なぜなら、専門の背景や機材を使って、好印象を与えやすい写真が撮れるため。

履歴書では証明写真が第一印象になります。「表情が暗い」などマイナスな第一印象を好転させるのは難しいかもしれません。

スタジオの場合は表情や姿勢のアドバイスをもらえるので安心ですね。

スピード写真でも評価が下がらない可能性はあります。しかしですね。プロの撮影に比べると質は劣ります。

キヨちゃん

就職活動や転職活動は人生で数回程度の機会なので、投資だと思ってお金をかけるのをおすすめします。

略語は使わない

履歴書を作成する際は、略語を使わないようにしてください。特に学校名・企業名・資格名は正式名称を使いましょう。

略語の例

  1. 運転免許証:普通自動車第一種運転免許
  2. 県立〇〇高校:県立〇〇高等学校
  3. 〇〇エージェンシー:株式会社〇〇エージェンシー

特に企業名の場合は前株or後株なのかをきちんと確認した方が良いですね。

Web作成した履歴書の提出後に記載ミスがあった場合はどう対処すべき?

1〜2箇所の誤字程度なら再送する必要はありません。なぜなら、再送すると担当者が混乱する+新しいデータへの差し替えが必要になるため。

実際、1〜2箇所の誤字なら不採用になることはほぼありません。

ここに注意!

    メールアドレス・住所など連絡先の誤表記は選考に支障をきたします。そのため、速やかに訂正しましょう。

そこでWeb作成した履歴書に訂正するレベルの記載ミスがあった場合は以下のように対処しましょう。

対処法

  1. 間違いに気づいた場合(提出直後):すぐに採用担当者へメールor電話で連絡する。訂正箇所と正しい内容を伝える。
  2. 間違いに気づいた場合(面接直前):面接時に口頭で訂正する。面接が間違った方向に進まないよう、早めに切り出すべき。

早めに訂正すること+丁寧な対応を心がけましょう。

まとめ:履歴書を手書きorWebで作成するかは使い分けの基準によって変える!

今回は、履歴書をWeb作成と手書きを使い分ける基準と評価される理由や手書きorWebで履歴書を作成するメリット・デメリット、履歴書作成のコツ、提出後のミスの対処法を紹介しています。

では、記事の内容をまとめます。

記事の内容まとめ

  • 履歴書を手書きorWebで作成するかは使い分けの基準によって決める
  • 履歴書を作成する前にWebと手書きのメリット・デメリットを確認しておく
  • 転職エージェントを利用する

手書き作成とWeb作成の履歴書のどちらを評価するかは企業によって異なります。企業から指定がない場合は使い分けの基準に沿って、どちらを選ぶか決めましょう。

WEB作成と手書きを使い分ける基準

  1. 手書きが好まれる傾向がある:ハローワークや紙媒体の求人誌で採用を行う企業・老舗企業・家族経営の企業。
  2. WEB作成が好まれる傾向がある:転職サイトに求人掲載中の企業・公式HPから応募できる企業・外資系企業・ITベンチャー企業。

また、履歴書を作成する前にWebと手書きのメリット・デメリットを確認しておきましょう。

例えば、熱意を伝えたいから手書きを選ぶのもアリですが、その分作成に時間がかかり、量産ができないのがデメリットです。

書類選考落ちの理由が分からないと、履歴書の改善はできません。履歴書の添削に興味がある方は、そこで今回紹介した転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

第二新卒の履歴書の正しい記載方法!採用担当者が減点する5つのポイント

2021.01.27

この記事で紹介したサービス

  1.      「ウズキャリ既卒」:離職率の高いブラック企業は紹介しない!他社の10倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート。    
  2.      「DYM就職」:既卒でも大手企業の内定が狙える!    
  3.      「えーかおキャリア」:【最短2週間で内定】業界トップクラスの実績を誇る!

監修者プロフィール

フジワラ
運営者:フジワラ
27歳の元既卒生。 大学在学中から続けていた塾講師のアルバイト経験のみだったが、一念発起して就職活動に取り組み、既卒の立場で2社から内定を獲得。実体験を元にした確かな情報提供を心がけていきます。

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

1
ウズキャリ既卒(既卒の内定実績86%!他社の10倍時間をかけて、就活をサポート)

他社の10倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート!離職率の高いブラック企業は紹介しないポリシーを貫いています。

imasia_9065120_S2
DYM就職(既卒の就職率96%!就職できるまで二人三脚!親身な就職サポート!)

DYM就職なら、2000件以上の既卒向け求人の中からエンジニア・企画・マーケティング・事務・管理・クリエイティブ等、様々な職種の仕事を選ぶことができます。

imasia_14141661_S-2 3
えーかおキャリア(定着率97%!事務職、広報、営業など、あなたの希望を叶える仕事をご紹介!)

内定率は転職エージェントの4倍を誇る充実のサポート!求人紹介、面接対策や内定後のキャリアプランを含めて、2人3脚であなたの就職・転職を徹底サポートします。

4
ベンチャーセールス(採用決定率95%!他の求人サイトにはない優良求人が400社以上も)

顧客満足度97%!専門アドバイザーによる丁寧なサポートが魅力!

imasia_9065120_S5
ハタラクティブ(未経験・フリーターから有名企業の正社員へ)

既卒フリーターの内定実績No1!他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポートや、既卒から上場企業の正社員になれる求人多数