疑問を解決!既卒は大学指定の履歴書を使った方が良いのか?

既卒就活の履歴書

既卒になると、頭を悩ませるのが履歴書をどうするか?問題です。市販の履歴書は、職務経歴の欄が多く、就業経験のない人には向いていません。一方で、大学指定の履歴書を使うのも「大学卒業してるしなぁ」と使うのが不安なはず。

そこで、実際に既卒として就職活動をして内定をとった経験から「既卒者は大学指定の履歴書を使うべきか?」問題について、ズバッと回答いたします!

フジワラ

学生ではないのに大学指定の履歴書を使っても良いのか、気になる疑問についてお答えします!

結論…既卒者は大学指定の履歴書を避けた方が良い

imasia_11638516_S

結論から最初にいうと、既卒者は大学指定の履歴書は避けた方が良いでしょう。

というのも、人事の中には、「大学を卒業しているのに、大学指定の履歴書を使うのはおかしい。学生気分が抜けていないのでは?」という感想を持つ方がいるからです。

プロのキャリアアドバイザーに聞いてみた

私も不安だったので、キャリアアドバイザーに聞いてみました。ハローワークの相談員は「就業経験がないなら、大学指定の履歴書でいいですよ」と教えてくれました。

しかし、ある民間のキャリアアドバイザーは「大学指定の履歴書は、企業によって嫌うところもある。こちらで自己PR欄が多い履歴書を用意したのでそれを使って欲しい」と言われました。

このように意見が分かれる問題のようです。ただ、やはり「企業によっては嫌うところがある」以上、大学指定の履歴書は避けた方が無難でしょう。

「既卒者は大学指定の履歴書を使うべきか?」は人によって意見が分かれる

人事の中には「就業経験がないのだから、大学指定の履歴書で構わない」という方もいます。一方で「もう大学生でもないのに大学指定の履歴書はおかしい」と違和感を抱く人がいるのも事実です。

人事の中でも、意見が分かれる問題のようです。

あなたの志望企業の人事が、「大学指定の履歴書OK」なのか「大学指定の履歴書NG」なのかは、調べようがありません。大学指定の履歴書を嫌う人がいる以上、大学指定の履歴書は避けるのがベターでしょう。

既卒/フリーターの就活に強い!無料登録しておくべき神サイト

既卒で就職活動を頑張りたいけれど、「どんな就職サイト/サービスを使って就活すればいいの…?」と、悩んでいませんか?

そこで、私が既卒として就活した時に利用した、「既卒歓迎」のホワイト企業の求人を紹介してくれる就職サイトをご紹介します。無料なので登録しておいて損はないと思います!

では、既卒者はどんな履歴書を使うべきなのか?

imasia_9596991_S

ただ、大学指定の履歴書には「自己PR欄や志望動機欄のスペースが広く、就業経験がなくても自分をアピールしやすい」メリットがあります。

市販の履歴書は職務経歴の欄が大半を占めたフォーマットです。市販の履歴書をそのまま使うと、職務経歴の欄がほぼ空白になり、印象が悪い履歴書になってしまいます。

大学指定の履歴書は嫌われるリスクがある、市販の履歴書は既卒向けじゃない…では、どんな履歴書を使えばよいのでしょうか?

既卒者にオススメの履歴書とは?

そこで、実際に私が使用していた、既卒者が使いやすい履歴書をご紹介します。

オススメは、アピカの「自分を売り込む履歴書」です。

61qycarugfL SL1040

(画像クリックでAmazonのページへ)

この履歴書をオススメする理由

なぜこの履歴書がオススメなのか?それは、「自己PR」「志望動機」の欄が広く、就業経験がなくても自分をアピールしやすい履歴書だからです。履歴書のフォーマットも大学指定の履歴書とほぼ一緒です。

つまり「大学指定の履歴書と同じように使えて、かつ、既卒者が使っても違和感がない」履歴書なわけです。これを使っておけば安心です。

民間の既卒就職エージェント経由で渡された履歴書も、この「自分を売り込む履歴書」と同じようなフォーマットでした。だから、この形式が就業経験がない人が自分をアピールするには効果的なフォーマットなのですね。

ということで、大学指定の履歴書は人によってはマイナスの評価を受ける場合があるので、こちらの履歴書を使った方がベターです。

履歴書の書き方や既卒就活に悩んだら、就活エージェントに相談するのがおすすめ!

私が既卒就活をしていた時も、どの履歴書を使えばいいのか、またどんな内容を書けばいいのか、悩みを就活エージェント相談したらすぐに答えてくれました。

履歴書の書き方のレクチャーを受けてから、ES選考の段階で落ちることはなくなり、2社も内定を獲得することができたのです!私が実際に利用した、おすすめの就活エージェントをご紹介します。

おすすめの既卒サービス!

既卒サービス「ウズキャリ既卒」

私も利用しましたが、特におすすめなのが「ウズキャリ既卒」です。とにかくサポートが充実しており、企業面接ごとに、1回2時間をかけ、合計20時間以上にわたって徹底的に面接対策をしてくれます。

私が使ったウズキャリ既卒のおすすめポイント

  1. ブラック企業を完全排除している(そもそもUZUZがホワイト企業大賞特別賞を受賞している)
  2. 既卒採用に積極的な企業を10社以上紹介してもらえる
  3. 一人で就職活動をするより、圧倒的に内定しやすく最短2週間で内定も可能!

離職率や残業時間が慢性的に長いなどの、厳格な基準でブラック企業を徹底排除しているため、内定者の定着率も95%と非常に高いです。

ウズキャリ既卒の詳細を見てみる

既卒サービス「DYM就職」

私はフリーター期間が長かったので、書類選考で落とされてしまうことが多く、面接で挽回するためにかなりの数の企業に応募していました。

しかし、DYM就職なら企業側と信頼関係を構築しており、書類選考や一次選考を免除してくれるので、履歴書を書きまくる苦労がいりません。

既卒の就職成功率は過去3年間、45%前後とかなり低い水準です。DYM就職は既卒就活について知り尽くしたキャリアドバイザーの手厚いサポートもあり、既卒の就職成功率は業界トップの96%を誇ります。

面談可能な拠点は全国28箇所あるため、地方でも対面でも面接のフィードバックを受けることができるのが強みです。

私が実際に使って感じたDYM就職の強み

  1. 企業との信頼構築はあり、書類選考、一次選考免除
  2. 既卒就活の戦い方を知っているキャリアアドバイザーがサポート→内定率96%
  3. 電車で1本の場所で面談が受けられた

60秒で完了!DYM就職の無料登録はこちら

既卒サービス「オールジョブコミット」

20代の若手におすすめなのが「オールジョブコミット」です。採用決定率はなんと95%! 若手に特化したエージェントの中でもトップクラスの実績を誇り、履歴書の添削や面接対策はもちろん、転職についての相談やお悩みなど、アドバイザーが丁寧にサポートしてくれます。

短期間で退職してしまった方でも、今まで数々の採用を成功に導いた「オールジョブコミット」なら、どの条件でも成功に導くことが可能です。

独自の審査基準で優良企業を厳選。ブラック企業を排除し、400件以上の優良企業の中からあなたに合った企業を紹介してくれます。

オールジョブコミットの強み

  1. 他の求人サイトにはない優良求人が400社以上も!
  2. 顧客満足度97%!専門アドバイザーによる丁寧なサポートが魅力!
  3. めんどくさい応募手続きを代行!忙しくても効率よく転職活動ができる!

60秒で完了!オールジョブコミットの無料登録はこちら

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

imasia_9065120_S1
ウズキャリ既卒(既卒の内定実績86%!他社の10倍時間をかけて、就活をサポート)

既卒になると、新卒の時のようにナビサイトが使えなくなり、既卒歓迎の求人を探すのに苦労すると思います。既卒求人の見つけ方を知らないと、「どうしよう」と途方に暮れてしまいますよね。そこで、既卒採用の求人を見つける効率的な方法をご紹介します!

imasia_14141661_S-2 2
かつやくカレッジ(就職祝い金10万円!)

オンラインで全国から参加可能!Officeソフトや履歴書作成サポート〜面接対策など、既卒・第二新卒の手厚い就職サポート!

imasia_14141661_S-2 3
DYM就職(既卒の就職率96%!既卒でも大手企業の内定が狙える)

既卒向け求人2000件以上から、企画・マーケティング・事務・クリエイティブなど、様々な職種の仕事を選ぶことができます。

imasia_9065120_S4
オールジョブコミット(採用決定率95%!専門アドバイザーによる丁寧なサポートが魅力!)

400件以上の厳選ホワイト企業から、あなたに合った企業を紹介!めんどくさい応募手続きもエージェントが代行してくれます!

5
ハタラクティブ(既卒フリーターの内定実績No1!)

ハタラクティブで「既卒内定のプロによる模擬面接トレーニング」を受ければ、厳しい既卒の面接にも万全な対策が可能です。求人の質も高く、既卒から上場企業の正社員になれます!