既卒にはリクルートエージェントは厳しい?実際に利用して感じた違和感

この記事はこんな人向け

  • 既卒でもリクルートエージェントを登録できる?
  • リクルートエージェントは既卒が利用しやすいサービス?
  • 既卒は他にどんなサービスを使うべき?

大学卒業後、働いた経験があるのはアルバイトと派遣のみ。既卒で職歴なしの状態から就職するには、転職エージェントの力を借りるしかありません。転職エージェントは数が多く、どれが良いサービスがわからないため、とりあえず最大手のリクルートエージェントに登録を検討している人も多いでしょう

でも、本当にそれで良いのでしょうか?結論から言って、既卒で就職を目指す人にとっては、リクルートエージェントはオススメできないというのが個人的な意見です。

既卒でもリクルートエージェントを利用は可能で、登録しておいて損はない転職エージェントです。私も実際にリクルートエージェントを使いましたが、結果的に内定獲得をすることはできず、別の就活サービスで内定獲得しました。

今回は実際の体験談をベースに「リクルートエージェントというサービスが既卒にとってどうなのか」をお伝えします。

 

リクルートエージェントの特徴紹介

リクルートエージェント

総合評価

★★★★★
★★★★★
3.7

口コミ者の近況情報全項目を表示

  • 求人情報の数:3.6

    東証一部上場の業界大手だけあって求人数は豊富

  • 業界の広さ:3.6

    多業界の求人情報があるがハードルは少し高め

  • 職種の多さ:3

    事務職・営業職・専門職など基本的に何でも揃う

  • 求人の質:3.4

    良質求人が多くブラック企業は少ないという意見が目立つ

  • 紹介先会社の待遇/給与:3.5

    福利厚生や給与の希望に見合った求人を紹介

  • 紹介先会社の規模/知名度:3.2

    上場企業・大企業が多く揃う

  • 書類作成/添削:3.8

    書類作成支援ツールあり。アドバイスは担当者次第

  • 面接対策:3.7

    面接力向上セミナー実施。個別アドバイスも有

  • 選考のアドバイス:3.8

    リクルートグループの豊富なノウハウ有り

  • 業界の知識・経験:3.9

    担当者によるが、転職成功実績No.1なので高水準

  • 分析・考察:4

    カウンセリング時の自己分析で強みを見つけられる

  • アドバイス/提案力:3.7

    キャリアの棚卸しをして多くの提案をしてくれる

  • 面談時の対応:4.2

    評価は高いが「高圧的」や「見下ろしてる」という意見も

  • 電話/メールの対応:4

    対応は早いがメールの量が多いと感じるケースも

  • アフターフォロー:3.6

    希望すれば入社日や給与の調整なども担当

求人の質

リクルートエージェントは公開求人数152,180件、非公開求人163,129件とトップクラスの求人数を誇ります。(2020年3月現在)

そのため、求人=リクルートというイメージが強い人も多いのではないでしょうか。業界大手だけあって、大企業から上場企業まで多くの求人情報が揃っています。

対応の質

担当キャリアアドバイザーが数多く在籍しているため、利用者に合わせた適切なサポートを実現しています。

他の転職エージェントでは、担当者によって、対応にバラつきが出てしまうことがデメリットです。

しかし、リクルートエージェントでは累計40万人以上の転職支援のノウハウやデータ共有がされているので、面談の質にバラつきはほとんどありません。

オフィスの環境

私は実際に東京駅に直結しているリクルートエージェントのオフィスに面談に行きました。ビルも大きく内装もキレイで、面談ブースも完全個室になっているため、話しやすい環境になっています。

リクルートエージェントの詳細を見てみる

既卒/フリーターの就活に強い!無料登録しておくべき神サイト

既卒で就職活動を頑張りたいけれど、「どんな就職サイト/サービスを使って就活すればいいの…?」と、悩んでいませんか?

そこで、私が既卒として就活した時に利用した、「既卒歓迎」のホワイト企業の求人を紹介してくれる就職サイトをご紹介します。無料なので登録しておいて損はないと思います!

既卒でもリクルートエージェントを利用できるが…

リクルートエージェントは正社員として就業経験のない既卒生でも利用できます。事実、公式サイトにも「正社員として就業経験がない方でも利用できる」と記載されています。

しかし、リクルートエージェントの求人は即戦力を求めるものが多く、実務経験を重視する傾向があります。そのため、実務経験経験がない場合は紹介案件が少なくなり、内定獲得の可能性は低くなります

「既卒」のキーワードで検索すると、公開求人はほとんどありません。そこで、20代の既卒ならポテンシャルで採用される可能性がある未経験応募可能の求人を探してみてください。未経験応募可能求人は、以下の通りです。

未経験応募可能求人の種類

  1. 業種経験不問:勤務業種を問わない
  2. 職種経験不問: 勤務職種を問わない
  3. 業種・職種経験不問:どちらの経験も問わない

未経験歓迎の案件数は42,825件で、全体の約35%に応募することが可能です。既卒者は未経験歓迎求人に応募することをおすすめします。

実際にリクルートエージェントを利用してみた印象

リクルートエージェント

私もリクルートエージェントの登録時は、正社員としての職歴のない既卒生でした。ちなみに私のリクルートエージェント登録時のスペックは以下の通りです。

申し込み時のステータス

  • 年齢:27歳
  • 職歴:塾講師アルバイトのみ
  • 学歴:大学卒
  • 希望職:IT系の事務かマーケティング
  • 希望年収:300万円~

リクルートエージェントは就業経験のある転職者向けのエージェントのため、既卒生は高待遇を受けることは難しいです。ここでは、私がリクルートエージェントを利用してみた印象を紹介していきます。

実際にリクルートエージェントを利用してみた印象

  1. 就職をかなり積極的に促される
  2. 紹介される求人は希望ではないものも含まれている
  3. 利用者層のメインは20代後半〜30代の正社員経験者
  4. 大卒以上でないと不利になりやすい
  5. 営業職とエンジニアの求人の割合が大きい
  6. 地方に拠点がなく、電話での面談になる
  7. 既卒は優先度が低い

就職をかなり積極的に促される

リクルートエージェントでは、就職をかなり積極的に促されることが多いです。なぜなら、転職エージェントのビジネスモデルは成功報酬制のため。

ここがポイント

転職エージェントのビジネスモデル・・・企業へ入社が決まった時、成功報酬として企業側から転職エージェントに求職者の給与のおよそ3分の1が支払られる。

担当アドバイザーは利益を出すには求職者を入社させる必要があるため、企業とのマッチングに積極的です。

私は塾講師のアルバイト経験があったので、教育関係や営業職の求人を紹介してもらいました。慎重派の私はブラック企業を恐れて、口コミサイトでの評判の悪い企業への応募を避ける戦略でした。

しかし、「口コミサイトは会社に不満がある人や会社を辞めた人が書いているから、信用しない方は良い」とキャリアドバイザーに言われ、評価の低い企業に応募することになった経験があります。

フジワラ

口コミサイトには社員の本音が書き込まれていることがあり、参考にするのは就活の定石です。

このように、既卒では条件の良い求人に応募しても就職成功率は低く、利益を出すために就職しやすい企業を紹介されることもあります。

紹介される求人は希望ではないものも含まれている

リクルートエージェントでは、紹介される求人に希望ではないもの含まれていることです。なぜなら、リクルートエージェントでは多めに求人を紹介し、求職者自身が受ける求人を絞る形をとっているため

私はIT系の事務かマーケティングの仕事を希望をしていましたが、スキルも実績もありませんでした。そのため、紹介された求人は教育関係や営業職が多く、希望通りとはいきませんでした

実際、大企業では営業職でビジネスの基礎スキルを身につけてから、やっとマーケティングの仕事に就く場合もあります。

倍率の高い仕事やスキルがないとできない仕事を希望している場合は、希望していない条件の求人への応募も検討しなくてはなりません。

利用者層のメインは20代後半〜30代の正社員経験者

実際にリクルートエージェントを利用してみた印象は、利用者層のメインは20代後半〜30代の正社員経験者が多いことです。

なぜなら、求人を出している企業は即戦力を求めているため。

画像引用:リクルートエージェント公式ページ

事実、公式サイトによると、年間約2万3000名の転職決定者の7割が20代後半から30代前半でした。(2011年度)

割合を見る限り、求人企業のニーズは25歳以下の第二新卒を育てることではなく、前職で実績があり、スキルを所有している人材を獲得し、すぐに戦力として働いてもらうことです。

フジワラ

正社員経験のなかった私には手の届かないレベルの高い求人が多々ありました。

そのため、利用者はキャリアアップを目指す20代後半〜30代が多いです。

大卒以上でないと不利になりやすい

リクルートエージェントでは、大卒以上でないと不利になりやすいです。なぜなら、高卒でも登録自体はできますが、内定を獲得できた人の割合は少ないため。

既卒就活ナビではリクルートエージェントの利用者20人にアンケート実施しました。その結果が以下の通りで、リクルートエージェントを利用しているのは大卒の人ばかりでした。

結果は大学卒と大学院卒が16人(80%)を占め、そのうち内定獲得者は9人でした。

フジワラ

私は大卒で、教育関係のアルバイト経験者と正社員就職に繋がりやすい経歴だったので、求人を紹介してもらえました。

しかし、高卒の場合は求人を見る限り、「大卒以上」を条件にしている企業も多く、応募もしにくい印象です。

高卒でも登録できますが、実際に利用している人は大卒が多く、学歴が高い方が内定獲得しやすいのが現状ですね。

営業職とエンジニアの求人の割合が大きい

実際にリクルートエージェントを利用してみた印象は、営業職とエンジニアの求人の割合が大きいことです。

なぜなら、どちらも未経験から応募できる求人で、IT業界は特に人手不足の業界のため。2020年3月現在、リクルートエージェントの公開求人数は152,180件でした。

そのうち、「営業・販売・カスタマーサービス」の公開求人は54,301件、「SE・ITエンジニア 」 は38,255件と全体の求人のおよそ半分を占めています。

スキルのない求職者には未経験から応募できる営業職を提案し、人手不足でエンジニアを欲している企業がある場合は、未経験でもエンジニアを提案しているということでしょう。

地方に拠点がなく、電話での面談になる

リクルートエージェントでは、電話での面談がメインになる地方があります。なぜなら、リクルートエージェントは都心や地方中枢都市にしか拠点がないため。

私の場合は東京のオフィスでの面談だったので、問題ありませんでした。しかし、地方に住んでいる友人は電話面談のためエージェントの方との意志の疎通が難しくと言っていました。

また、面接対策や履歴書添削などのサポートを受けることができないのは大きなデメリットです。

フジワラ

リクルートエージェントは、地方に住んでいる人にはおすすめしづらいかもしれません。

既卒は優先度が低い

リクルートエージェントでは、既卒の優先度が低いです。なぜなら、リクルートエージェントは正社員就業経験のある中途採用者向けの転職エージェントのため。

既卒でも利用することはできるが、正社員としての就業経験が少ないと紹介できる求人は少ないです。

また、転職エージェントは企業側に入社が決まったときの成功報酬で利益を得ているビジネスモデルでした。

そのため、経験やスキルのない既卒生は転職できる可能性が正社員経験者より低いので、後回しにされる傾向があります。

リクルートエージェント利用者の実態調査|口コミ評判まとめと実体験レポート

2020.03.12

個人的には既卒特化型サービスの方がおすすめ

正直リクルートエージェントはハードルが高かったので、私のような既卒には少々厳しいかなと感じました。

なぜなら、既卒では選べる求人が少なく、優先度が正社員経験より低いため。

既卒特化型サービスの方がおすすめな理由

  1. 既卒である自分の要望をきちんと聞いてくれる
  2. 未経験OKの求人が多くハードルが低め
  3. 企業側もフリーターや既卒を求めているので内定率が高い

上記のような理由から、個人的には既卒特化型のサービスの方が良いと思います。

実際、高い内定率が出ていますし、自身が内定獲得できたのもこちらでした。

私が実際に利用した既卒特化型サービス

  • DYM就職
  • UZUZ
  • ハタラクティブ

内定率を重視するなら:DYM就職

働き方は多様化していますが、世間のフリーターの印象は「将来のことを考えていない」「自堕落な生活を送っていそう」などあまり良いものではありません。

私もフリーター期間が長かったので、書類選考で落とされてしまうことが多く、面接で挽回するためにかなりの数の企業に応募していました。

しかし、DYM就職なら企業側と信頼関係を構築しており、書類選考や一次選考を免除してくれるので、履歴書を書きまくる苦労がいりません。

データ参照: マイナビ

既卒の就職成功率は過去3年間、45%前後とかなり低い水準です。DYM就職は既卒就活について知り尽くしたキャリアドバイザーの手厚いサポートもあり、既卒の就職成功率は業界トップの96%を誇ります。

面談可能な拠点は全国28箇所あるため、地方でも対面でも面接のフィードバックを受けることができるのが強みです。

私が実際に使って感じたDYM就職の強み

  1. 企業との信頼構築はあり、書類選考、一次選考免除
  2. 既卒就活の戦い方を知っているキャリアアドバイザーがサポート→内定率96%
  3. 電車で1本の場所で面談が受けられた

内定率96%!DYM就職の詳細を見てみる

ホワイト企業が希望なら:UZUZ

UZUZはサポートにこだわっており、初回から2時間近いキャリアカウンセリングを行うことで、本人も認識していない適正やアピール材料を見つけ出してくれます。

「離職率が高い」「残業時間が長い」「ハラスメントがある」「求人情報と大きく異なる」などブラック企業は排除されており、それが入社後の定着率95%に繋がっています。

UZUZでは、塾講師フリーターの私も応募できる求人が多く、他のエージェントを利用した時よりも選択肢がかなり広がりました

私が実際に使って感じたUZUZの強み

  1. とにかくアドバイザーが親身で手厚い
  2. ブラック企業を本当に排除している→入社後定着率95%
  3. フリーター・ニートが本当に使っていた(現地で遭遇して仲良くなった)

UZUZの詳細を見てみる

未経験から大手を目指すなら:ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブは応募書類の添削を徹底的にしてくれるので、書類選考の通過率が90%とかなり高い水準を誇っています。

私自身、書類選考に落ちていた時は経歴のせいだと考えていたので、応募書類の内容を気にしていませんでした。

しかし、担当のキャリアアドバイザーによって、募集企業のニーズに合った志望動機を完成させることができました。他の既卒の転職エージェントより求人の質が高く、利用者の内定先の51%が上場企業でした。

総合型のエージェントでは紹介してもらえないような企業に、ポテンシャルを評価してもらい採用される可能性があるので、面接へのモチベーションも上がります。

丁寧な面談により、求職者の希望にあった求人を紹介してくれるため、入社してからのミスマッチを起こさずにすみます。

私が実際に使って感じたハタラクティブ の強み

  1. キャリアアドバイザーが募集企業のニーズを教えてくれる→書類選考の通過率90%
  2. 求人の質が高く、モチベーションに繋がる
  3. ミスマッチを起こさないように入社後のことも考えた丁寧な面談をしてくれる

ハタラクティブの詳細を見てみる

まとめ:既卒はリクルートより既卒特化型サービスがオススメ

この記事では、実際にリクルートエージェントを使ってみた印象と既卒が使うべき就職エージェントを紹介してきました。では、記事の内容をまとめます。

記事の内容まとめ

  • リクルートエージェントは既卒でも利用できる
  • 既卒は正社員経験者より優先度が低くなる
  • 既卒が内定獲得を目指すなら既卒特化型サービスがおすすめ

リクルートエージェントは圧倒的な求人数を誇りますが、正社員就労経験のある中途採用者向けのサービスのため、既卒の優先度は低いです。

しかし、既卒特化型サービスは既卒で就労経験がなくても、待遇の良い企業を紹介してくれます。

既卒特化型サービスの求人企業は即戦力ではない未経験者を育成して、戦力するため、若い方が市場価値は高いです。

そろそろ就職を考えているけど、何から始めて良いか解らない人は、とりあえず既卒特化型サービスに相談してみると良いかもしれません。

この記事で紹介したサービス

  1. 「DYM就職」
        既卒・第二新卒に大きな強みを持つ。相談からの就職率は驚異の96%!
  2. 「ウズキャリ既卒」
        既卒/フリーター専門の就職支援サービスで就職内定率86%!サポートが親身で充実。
  3. 「ハタラクティブ」
        上場企業への就職を希望ならココ、内定率は80%以上!

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

imasia_14141661_S-2 1
マイナビジョブ20'sアドバンス(既卒に特化したマイナビ。豊富な実績で内定も可能)

大手マイナビが、既卒者を積極採用したい優良企業を一気にご紹介。既卒の就活ノウハウも専任のアドバイザーが丁寧に教えてくれ、内定獲得までしっかりバックアップしてくれます。

imasia_14141661_S-2 2
第二新卒エージェント neo(利用満足度No.1!既卒/フリーター向け未経験OK求人5,000件以上)

大手人材会社であるネオキャリアが運営する、既卒/第二新卒/フリーター向けの就職支援サービスです。相談しやすさ・面接対策満足度・転職就職満足度においてNo.1の実績あり、業界に詳しいアドバイザーが無料で全てをフォローしてくれます。

imasia_9065120_S3
ウズキャリ既卒(既卒の内定実績86%!他社の10倍時間をかけて、就活をサポート)

既卒になると、新卒の時のようにナビサイトが使えなくなり、既卒歓迎の求人を探すのに苦労すると思います。既卒求人の見つけ方を知らないと、「どうしよう」と途方に暮れてしまいますよね。そこで、既卒採用の求人を見つける効率的な方法をご紹介します!

imasia_13676025_S 4
ハタラクティブ(未経験・フリーターから有名企業の正社員へ)

未経験・フリーターから有名企業の正社員になれます。徹底したカウンセリングで人気上昇中。

5
ネットビジョンアカデミー(既卒・未経験から正社員ITエンジニア就職率98%)

IT業界に興味はあるけれど、いまから就職は難しいと考えている既卒の方でも大丈夫。エンジニアによるIT資格取得サポートで未経験からCCNA資格取得率95%、就職のプロによる履歴書添削・面接練習で就職率98%!ITスクールランキング三冠の高評価をいただいております。