リクルートエージェントで転職成功!キラキラIT系24歳女子の体験談

リクルートエージェント体験談

フジワラ

既卒成功ナビの管理人フジワラです!今回は大手転職サービスとして有名な「リクルートエージェントについて、実際にサービスを利用した24歳の玲奈さんに体験談を伺いました。サービス内容・求人情報の数や質・アドバイザーの対応・ネットの評判が真実かどうか等、細かく聞いていきます!

利用者プロフィール

  1. 名前(仮名):玲奈
  2. 性別:女性
  3. 在住:東京都
  4. 申し込み時の年齢:24歳
  5. 利用期間:2017年3月
玲奈さんの写真(ご本人提供)と利用時のメール

サービス利用時の詳細情報

  • 転職回数:1回
  • 最終学歴:大卒
  • 利用前年収:320万円
  • 希望年収:400万円
  • 業界/業種:通信業界・専門職(コンサルタント・金融・不動産など)
  • 利用前雇用形態:正社員

【はじめに】リクルートエージェントのサービス内容と特徴

リクルートエージェント

ここにタイトルを入れてください

  1. WEBで申し込み
  2. 受付完了メールが届く
  3. 簡単な電話ヒアリングと面談の日程調整
  4. リクルートオフィスで面談
  5. 求職者の希望を元に求人紹介
  6. エントリーシート・職務経歴書の添削
  7. 応募・書類選考
  8. エージェントによる選考の日程調整
  9. 内定獲得

特徴【1】業界トップの転職支援実績数

自分と同業界・同業種の人たちは今どんなところに転職しているのか、自分が希望している企業は どんな人が採用されているのかなど、いままでたくさんの転職者を見てきたからこそわかるリアルな転職市場を教えてもらうことができます。

また自分が受ける企業を過去に受けてきた人たちが面接でどんなことを質問されたかなど、受験でいう「過去問」を豊富に持っているため転職初心者には安心です。

特徴【2】エージェントと企業担当のダブルサポート

転職活動のはじめから終わりまで自分と並走してくれるエージェントに加えて、特定の企業の採用情報に精通している企業担当の両方のサポートを得ることで、職務経歴書など転職活動の基礎部分から、特定の企業に特化した面接対策まで幅広いサポートを受けることができます。

特徴【3】転職活動をトータルプロデュース

業界業種の説明から職務経歴書の書き方、面接対策、内定後の給与交渉、前職への退職交渉対策まで転職活動がはじまった時から入社するまで常に寄り添ってサポートしてくれます。サービス利用料が0円なのが信じられません。

何と言っても東証一部上場のリクルートグループなので安心感がありますし、業界大手だからこその信頼があります。

キヨちゃん

「転職・就職ならまずはリクルート」という認識を持っている人も多いんじゃないでしょうか。それぐらい有名ですね。

リクルートエージェントの詳細を見てみる

【体験談】リクルートエージェントを使った率直な評価

では、ここからは実際にリクルートエージェントを利用した体験談をもとに、本音でレビューをお届けします。

年齢やサービス利用時期により多少の違いはあるかもしれませんが、これから利用を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

フジワラ

はじめに、リクルートエージェントを選んだ理由を教えて下さい

  玲奈さん:

とても単純な理由ですが、ホームページに「転職支援実績No.1」と書いてあったので登録しました。

転職活動をはじめた頃はまだ社会人1年目だったので、周りに転職を経験している友だちもおらず、相談できる人がいなかったので、転職活動で何から手をつけたらいいのかもわからない状態でした。

とりあえず大きいエージェントに登録してみようと思い、色んななキーワードで検索したのですが、「転職エージェント おすすめ」「転職エージェント 比較」など、どんなキーワードでも必ずリクルートエージェントの名前があったので、これだと思いました。

フジワラ

申し込みをしたのは、いつどんなタイミングですか

  玲奈さん:

2017年の3月末に申し込みをしました。

当時は新卒で大手メーカーに就職して 社会人1年目だったので、転職するには早いのではないかという迷いもありましたが、このままモヤモヤした気持ちで仕事を続けるのはよくないと思ったので、まずはどんな求人が出ているのかを見てみよう程度の気持ちでサービスに登録しました。

フジワラ

新卒1年での転職は確かに早いですね。

  玲奈さん:

3月中にエージェントとの面談を終え、転職活動を決心しました。4月から本格的に活動を開始し、5月半ばには今の会社から内定をいただくことができました。

ゴールデンウィーク中は企業も選考がストップするので、実質転職活動をしていた期間は約5週間でした。

転職エージェント利用の流れ

フジワラ

申し込み方法とその後の流れについて教えて下さい

  玲奈さん:

メールで申し込みした後、現職の状況や転職意向(すぐにでも転職したいのか、いいところがあれば転職したのかなど転職希望の度合い)を確認するための簡単なヒアリングが電話でありました。

私は はじめての転職で、そもそも転職活動のやり方が全くわからなかったため、面談で直接エージェントと会って転職についての話を聞きたい旨を電話で伝えました。

フジワラ

電話でヒアリングをした後、来社の案内もありましたか?

  玲奈さん:

はい。その後、メールで担当エージェントから面談の日程調整の案内がありました。面談は遅い時間でも対応しており、仕事帰りでも行けたので 日程調整で手こずるようなことはありませんでした。

面談終了後、メールで担当エージェントとは別の方から 面談についての感想アンケートが届きました。

リクルートエージェントの面談(カウンセリング)について

フジワラ

面談の場所はどちらに行かれましたか

  玲奈さん:

面談の場所は、リクルートが入っているグラントウキョウサウスタワーでした。東京駅からも近くわかりやすかったです。

広く綺麗なビルのエントランスをぬけてエレベーターで23階まで上がると、リクルートエージェントの個人カウンターがあります。係員の方が3~4人いらっしゃいました。カウンターで名前と担当エージェントのお名前を告げるとスムーズに面談室へ案内されました。

フジワラ

実際に面談をおこおなった場所はどんな場所でしたか?

  玲奈さん:

面談室は板で仕切られたブースではなく、1人1部屋ずつの個室になっているため話が外に聞こえることはありませんでした。

また、通路からは個室の中が見えにくくなっており、万が一知り合いがいたとしても鉢合わせることがないように作られていて安心でした。

フジワラ

面談を担当してくれたエージェントはどんな方でしたか?

  玲奈さん:

30代の女性でした。社会人歴が浅く年収も高くない自分に、こんなにもちゃんとしたエージェントがついてくれるのかと感動したことを覚えています。

私が頭の中で思ってはいるけれど上手く言葉にできないことを、汲み取って言語化することが非常に上手い方でした。

フジワラ

具体的にはどんな点をヒアリングしてくれましたか?

  玲奈さん:

今の会社ではもう働きたくないけれど、具体的にどんなところに転職したいのか明確な希望が無い私に対して、「今の会社のどんなところが嫌ですか?」と質問され、現職に対する不満を聞いてもらった後、「今の業界と真逆の風土を持つ業界に行けば悩みは解決するかもしれません。」と転職活動の軸を決めてくれました。

これは自分一人だけで考えていたら絶対に出ないアイデアだったので担当エージェントにはとても感謝しています。

紹介された求人情報について

フジワラ

どのような業界・業種・会社を希望されてたのですか?

玲奈さんの希望

  • IT業界・データ取り扱い系の業種を希望
  • 20代が活躍している若手企業
  • 前職の基本給+家賃補助の金額が最低ライン
  玲奈さん:

前職では完全な年功序列で若手社員の裁量や発言権が少なかったことが不満だったため、20代が活躍している実力主義の風土がある企業を探しました。

給与面は社会人歴が浅いということもあり高望みはしませんでしたが、前職では福利厚生が充実しており家賃補助がしっかりあったため、前職の基本給+家賃補助の金額を希望給与の最低ラインにしていました。

フジワラ

それに対して実際に紹介された求人情報はいかがでしたか?

  玲奈さん:

事前の面談で希望は「IT業界でデータを扱う職種」であることをエージェントと相談して絞れていたので、紹介される業界や職種はいい意味で偏りがありました。

求人数も適切で、少なすぎず、また闇雲にたくさん送ってくるのではなく、一つ一つエージェントが選んで送ってきてくれていることがわかるような納得感のある求人情報でした。紹介数も一つ一つにしっかりと目を通せるくらいでちょうどよかったです。会社の規模は私が希望していたこともあり、大きいところが多かったです。

フジワラ

逆に紹介求人で不満に感じるような点はありませんでしたか?

  玲奈さん:

強いて言えば、未経験の状態からIT業界を希望しており、IT業界は職種名だけでは 具体的に何をしているのかがわかりにくい職種が多くあるため、求人票をみただけでは何をする仕事なのかがわからないものがありました。

【結果】2社から内定獲得

フジワラ

何社に応募しましたか?また、内定獲得はできましたか?

  玲奈さん:

5社に書類を出し、4社と面接を行なって、最終的には2社から内定をいただきました。

推測にはなりますが、面接で落ちてしまった2社は「入社後にどんなことをやりたいのか?」ということを細かく質問されたのですが、当時はまだ明確にやりたいことがなかったため、意思の無さが落選理由だったのではないかと思います。

内定をいただいた2社は、自分自身の性格に関する質問が多く、スキルやビジョンよりもその人と一緒に働けるかどうかを重視していたのではないかと思います。

担当者のサポートについて

フジワラ

書類作成についてのアドバイスや面接対策などはありましたか?

  玲奈さん:

新卒就活でエントリーシートは書いたことがあったのですが、職務経歴書を書くのが初めてだったので、書いたものをエージェントに添削してもらっていました。

社会人歴が浅く、経験が少なく、際立ったスキルもないため書類に書けるようなことがほとんど無いのではないかと思っていたのですが、今まで仕事でやってきたことを隅々までエージェントに聞いてもらい「これはアピールポイントになりますよ!」と自分の強みを一緒に探してもらいました。

フジワラ

担当エージェントのサポート・フォローはいかがでしたか?

  玲奈さん:

どんなに遅い時間に面接が終わっても、いつも必ず電話で面接の感想を聞いていただいたり、「お疲れ様でした」と言葉をかけていただきました。面接の結果がわかると、先方からのフィードバックも事細かに教えていただきました。

また選考が進んでくると、面接前にエージェントではなく、企業担当のスタッフと電話で話すことができました。企業担当は、自身が担当している企業の採用状況に非常に詳しく、面接で出てくる人はどんな役職の人なのか、この企業ではどのような人材を求めているのか、過去にこの企業を受けた人が実際に面接で聞かれた質問などを教えていただきました。

フジワラ

選考中だけでなく内定獲得後も何かサポートはありましたか?

  玲奈さん:

内定後は、「実際にどんな人と一緒に現場で働くのかが気になる」と伝えたところ、先方と交渉して現場の社員の方とお食事をする機会まで設けていただき、入社前の不安がなくなりました。

リクルートエージェントのネット上の評判の真実は?

口コミ評判

ネットでリクルートエージェントの評判を調べるとTwitterをはじめとする色々な所に良い評判も悪評も記載されています。公式サイトには当然ながら良いことばかり書かれていて、一方でネット上には悪評ばかりと、何を信じていいか分からない状態だったりします。

そこで、ネット上の口コミを抜粋して紹介し、それに対しての見解を述べていただきました!

【評判】人によって対応が大きく変わる…?

フジワラ

まずはこちらですが、送られてくる求人票はきちんと厳選されているのでしょうか。

  玲奈さん:

私も業界未経験の企業を希望していましたが、求人票が雑に送られてきている感じはしませんでした。

事前の面談で企業規模、会社の風土や若手社員が活躍しているかなど、自分が重要視しているポイントをエージェントとすり合わせできていたことが要因かと思います。自分の希望をはっきりと伝えられていれば、的外れな求人票が来る確率は低くなると思います。

【評判】担当者に当たりハズレがある…?

フジワラ

これは業界ではよくある話ですが、リクルートエージェントも担当者に当たりハズレはあるのでしょうか。

  玲奈さん:

よくいわれる「担当のあたりはずれ問題」はリクルートエージェントに限らず大手転職エージェント会社のあるあるかなと思います。

実際にわたしも複数社の転職エージェントに登録していましたが、合わないなと思うエージェントもありました。結果的に合わないこともあるかもしれませんが、求人数が豊富な分 、自分が持てる選択肢の数は多いのでまずは食わず嫌いせず申し込みしてみることをおすすめします。

【評判】紹介される求人の中にはブラック企業も…?

フジワラ

紹介された求人に、ブラック企業が混じっているといった意見もありましたが…?

  玲奈さん:

確かに、私たちはエージェントから無料でサービスを受けており、転職が成立することで初めてエージェントにお金が入る仕組みになっているため、エージェントによっては早く転職させて利益を出したいという考え方もあるかもしれません。

ですが、個人の体験では2社から内定をいただきどちらに行くか迷っているときでも十分に考える時間をもらえたので、必ずしもこの通りではないかなと思います。

【結論】リクルートエージェントは総合的に判断してオススメ

  玲奈さん:

当時の自分の状況を踏まえると「とりあえず転職をしたいけれど、具体的にやりたいことが明確にあるわけではない人」には特にオススメだと思いました。

リクルートエージェントがおすすめな理由

  1. シンプルに求人数が多い
  2. 運営が東証一部上場企業なので安心
  3. やりたい事がない人にも色々な提案をしてくれる
  玲奈さん:

求人数が多いということは、エージェントもそれだけ色々な業界・職種の知識を幅広く網羅しています。

私は転職活動をはじめた頃、転職はしたいけれど具体的にやりたいことがありませんでした。ですが、こんな状態でも面談でエージェントと会話していく中で、私の適正や希望をみて色々な選択肢を提示してくれました。

今の会社・職種のことはエージェントから紹介してもらうまで全く知らなかったので、選択肢をたくさん持っていることは転職エージェントを選ぶ上で重要なポイントだと思います。

フジワラ

ありがとうございました!

リクルートエージェントの詳細を見てみる

複数の転職サービスを同時に使うと◎

複数の転職/就職サービスを使う

リクルートエージェントだけでも転職に成功できる可能性はもちろんあるのですが、さらに可能性を上げたいなら複数の転職サイト・エージェントを活用するのがオススメ。

理由はいたってシンプルで、無料で利用者側のデメリットがほとんど無いうえ、紹介してもらえる求人数やアドバイスの量が純粋に増えるからです。

総合型の転職エージェントである「doda」「マイナビ」はもちろん、既卒やフリーター向けの就職支援サービスである「DYM就職」「ウズキャリ既卒」なども合わせて検討してみましょう。

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

imasia_13676025_S 1
DYM就職(既卒からでも優良企業の正社員を目指せる!利用者の就職率は驚異の96%)

履歴書を提出しても、既卒というだけで落とされることが多いですが、書類選考なしで面接に進めるので心配いりません。さらに、優良企業を紹介してくれる上に寄り添って就活サポートしてくれるから、相談からの就職率は驚異の96%という実績が出ています!

imasia_9065120_S2
ウズキャリ既卒(既卒の内定実績86%!他社の10倍時間をかけて、就活をサポート)

既卒になると、新卒の時のようにナビサイトが使えなくなり、既卒歓迎の求人を探すのに苦労すると思います。既卒求人の見つけ方を知らないと、「どうしよう」と途方に暮れてしまいますよね。そこで、既卒採用の求人を見つける効率的な方法をご紹介します!

imasia_14141661_S-2 3
第二新卒エージェント neo(利用満足度No.1!既卒/フリーター向け未経験OK求人5,000件以上)

大手人材会社であるネオキャリアが運営する、既卒/第二新卒/フリーター向けの就職支援サービスです。相談しやすさ・面接対策満足度・転職就職満足度においてNo.1の実績あり、業界に詳しいアドバイザーが無料で全てをフォローしてくれます。

4
ネットビジョンアカデミー(既卒・未経験から正社員ITエンジニア就職率98%)

IT業界に興味はあるけれど、いまから就職は難しいと考えている既卒の方でも大丈夫。エンジニアによるIT資格取得サポートで未経験からCCNA資格取得率95%、就職のプロによる履歴書添削・面接練習で就職率98%!ITスクールランキング三冠の高評価をいただいております。

imasia_14141661_S-2 5
マイナビジョブ20'sアドバンス(既卒に特化したマイナビ。豊富な実績で内定も可能)

大手マイナビが、既卒者を積極採用したい優良企業を一気にご紹介。既卒の就活ノウハウも専任のアドバイザーが丁寧に教えてくれ、内定獲得までしっかりバックアップしてくれます。