【保存版】既卒の面接で聞かれる質問と好印象につながる回答例

既卒の面接は、新卒の面接とは質問の種類が変わってきます。既卒は、面接官に「就職活動に失敗したのでは?」「在学中に就職活動をしなかったのは、就労意欲が低いからでは?」など、マイナスの色眼鏡で見られるのです。

だから、面接官はその不安を確かめるために「既卒になった理由は?」「就職活動に失敗した理由は?」「空白期間について説明して」などの「ネガティブチェック」をしてきます。

これらの質問に上手く回答できなければ、なかなか内定をとれません。

とはいえ、「そんな質問、どう答えればいいの?」という方がほとんどでしょう。そこで、27歳・職歴なし・空白期間あり、という厳しい条件で就活をし、既卒で内定をとった私が、既卒の面接でよく聞かれる質問とその回答法を徹底的に解説いたします!

私が面接をした中でよく聞かれた順にランキング形式で、よく聞かれる質問とその回答法を解説していきます。

聞かれる頻度1位:既卒になった理由

「既卒になった理由」は、面接でほぼ確実に聞かれる質問です。「就職活動に失敗したということは、何か問題がある人なのでは?」「就職活動をそもそもしなかったのなら、就労意欲が低いのかもしれない」と面接官は懸念を抱いているからです。

就職活動に失敗したケースの場合は、「なぜ失敗したのか?それについてどう反省しているのか?」をしっかり答えなければなりません。

就職活動をそもそもしなかったケースの場合は「なぜ就職活動をしなかったのか?それについてどう反省しているのか?」を説明しなければなりません。

どちらも非常に答えにくい内容ですよね。そこで、以下の記事では、詳しい回答例つきで、ケースごとに「既卒になった理由」の回答法を解説しています。

面接で「既卒になった理由」を聞かれた時の効果的な回答法

既卒の就活に強い!既卒で就活するなら登録すべき神サイト

既卒で就職活動を頑張りたいけれど、「既卒者は、どんな就職サイトを使って就活すればいいの…?」と、悩んでいませんか?

そこで、私が既卒として就活した時に利用した、「既卒歓迎」のホワイト企業の求人を紹介してくれる就職サイトをご紹介します!

聞かれる頻度2位:空白期間の説明

卒業後に空白期間(正社員として就業していない期間)がある場合、その時にどんなことをしていたのか?は非常に高い頻度で質問されます。ただ、ダラダラせず目的意識を持って行動していたか?を確かめようとしているのですね。

この質問には「〜という目的があって(目的意識を示す)」「〜という取り組みをし(インターン・アルバイトなど)」「〜という学びを得た」など、「空白期間はあったが、学びを得た」という形で回答するとプラスに評価されます。

以下の記事では、回答例つきで空白期間の上手いごまかし方を解説しています。

既卒の面接で「空白期間」を質問された!実際に私が使った回答を徹底解説【例文あり】

聞かれる頻度3位:逆質問

実は、かなり聞かれるのがこの質問です。面接の最後で「最後に何か質問はありませんか?」と逆質問をされるのですね。既卒で受ける会社は、新卒の時と比べて有名でない会社が多いため、人事も「できるだけ疑問に答えてあげたい」とこの質問をしてくる傾向にあります。

この質問に「特にありません」と答えるのは、「御社に興味がありません」と言っているのも同義です。本気で志望していれば、質問の1個や2個は出てくるはずです。

企業研究を丁寧に行い、企業で務める人に直接聞かなければ分からない質問をしっかり考えましょう。

聞かれる頻度4位:志望動機

志望動機は、新卒以上に既卒では重要です。既卒は年齢面でハンデがあるため「努力でそのギャップをカバーします」という熱意が求められるのです。逆に言えば、多少空白期間などのハンデがあっても、「その仕事でやっていきたい」本気の熱意を見せられれば、面接に通ります。

熱意を示すには、ただ企業研究をしっかりしているだけでは駄目で「実際に会社で働くための行動」を既に起こしていなければなりません。たとえば、応募職種の資格を勉強していれば、「本気度」が伝わります。

以下の記事では、私が内定した時に使っていた回答例つきで、企業に「本気度」を感じさせる志望動機の作り方を解説しています。

面接官に響く!既卒の志望動機で意識すべき5つのポイント

聞かれる頻度5位:自己PR

新卒の時ほどの頻度ではありませんが、既卒の面接でも自己PRは質問されます。自己PRは、あなたの良さを面接官に直接伝えられる機会なので、最大限活用し、内定に近づかなければなりません。

ただ、既卒の場合、空白期間が長い人と、空白期間が短い人では、自己PRの戦略が変わります。空白期間が長い人は、学生時代の活動を自己PRに使えません(こんなに期間があるのに、まだ学生の話かよと思われるため)

そこで、回答例つきで、既卒の面接で自己PRを聞かれた時の回答法を詳しく解説いたします。

既卒の方必見!面接の自己PRで人事の心を掴む4つの技術

既卒面接への不安はエージェントを利用することで解消できる

マイナビ

よく聞かれる質問や回答例を確認したとしても、実践できるかどうか不安な人もいるでしょう。面接の不安を解消するには、練習するしか方法はありません。

模擬面接をしてほしい、プロから直接アドバイスをもらいたいという既卒の方は、就職エージェントを利用するといいです。既卒を専門にサポートしてきたアドバイザーから、実践で使える面接テクニックを教えてもらえるだけでなく、それぞれの企業がよく聞く質問への対策もしっかり受けられます。

既卒ならではの面接対策に強いのが「マイナビジョブ20’sアドバンス」

大手マイナビだからこそ持っている就活ノウハウがあるから、面接通過率はまるで違います。

既卒3年以内の人しか使えないサービスですが、既卒3年以内であれば最短約2週間で就職できるため、ぜひ相談してみるといいでしょう。

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

imasia_13676025_S 1
DYM就職(既卒からでも優良企業の正社員を目指せる!利用者の就職率は驚異の96%)

履歴書を提出しても、既卒というだけで落とされることが多いですが、書類選考なしで面接に進めるので心配いりません。さらに、優良企業を紹介してくれる上に寄り添って就活サポートしてくれるから、相談からの就職率は驚異の96%という実績が出ています!

imasia_9065120_S2
ウズキャリ既卒(既卒の内定実績86%!他社の10倍時間をかけて、就活をサポート)

既卒になると、新卒の時のようにナビサイトが使えなくなり、既卒歓迎の求人を探すのに苦労すると思います。既卒求人の見つけ方を知らないと、「どうしよう」と途方に暮れてしまいますよね。そこで、既卒採用の求人を見つける効率的な方法をご紹介します!

imasia_14141661_S-2 3
マイナビジョブ20'sアドバンス(既卒に特化したマイナビ。豊富な実績で内定も可能)

大手マイナビが、既卒者を積極採用したい優良企業を一気にご紹介。既卒の就活ノウハウも専任のアドバイザーが丁寧に教えてくれ、内定獲得までしっかりバックアップしてくれます。

4
パーソルテクノロジースタッフ「U_29」(未経験からIT業界の安定・優良企業を目指せる)

IT業界の専門職を目指すならオススメのパーソルテクノロジースタッフ!無料プログラムでフリーター、既卒からステップアップできます。

5
ハタラクティブ(既卒・未経験OKの求人が多数だが、厳選されるため紹介数は少ない)

大手人材会社であるレバレジーズの、20代に特化した就職エージェント。内定率が80%を超える上に、利用者の半数以上が上場企業に就職しているという立派な実績もあります。