大卒ニートが就活で内定をもらうためのポイントを徹底解説

「大卒の経歴」を眠らせるのはもったいない!早めに動くことが重要

社会人

就活に失敗して大卒ニートになってしまったことを後悔していませんか?しかし、なってしまったことを悔やんでも仕方ありません。この記事を読んでいるあなたは、後悔しつつも次こそは絶対に就職したいという強い気持ちを持っている人だと思います。

あなたは何の学歴もないただのニートではなく、大卒という肩書をしっかり持っています。どこの大学を卒業していたとしても、大卒という経歴は就活で非常に役に立ちます。そのため、就職しないまま大卒の経歴を眠らせてしまうのはもったいないでしょう。

実は、「大卒ニート」はそんなに不利にならない?

大卒ニートの方は、採用市場では「既卒(大学を既に卒業しているが、その後、就職していない人)」として扱われます。

近年、企業は空前の人手不足なので、若手人材を確保するだけでなく、既卒の人材にも手を伸ばすようになってきました。

大卒ニートの方は「自分を受け入れてくれる企業なんてないかも…」と不安になっている方が多いものですが、実際には、採用市場では、大卒ニートの方を既卒(大学を卒業後、就職しなかった人)」という枠で受け入れ、採用しているのです

7割以上の企業が応募を受け入れ?

スクリーンショット 2018 09 07 15 55 29

実際、厚生労働省の労働経済動向調査によれば、7割以上の企業が既卒者をスキルや職歴を問わない新卒枠と同じ扱いで応募を受け入れています

つまり、7割以上の企業が『既卒=大卒ニート』の方の応募を受け入れているのです。一度、大卒ニートになると、「ニート期間があるし、もう終わりだ」と思ってしまうかもしれませんが、人手不足のため、多少の空白期間は問題にされず、内定のチャンスがあるのです。

「ニート期間」が長い人ほど就職は困難に?

スクリーンショット 2018 09 07 15 55 29
とはいえ、ニートという経歴はやっかいです。ニート期間(空白期間)が長くなるにつれて就職のハードルは高くなっていく傾向があります。

上記のグラフはリクルートによる「企業が職歴なしの応募者を採用する場合、何歳まで採用するのか?」を示したグラフです。23歳までは100%受け入れてくれますが、年齢を経るにしたがって、受け入れてくれる企業はどんどん減ってしまっています

職歴がないという同じ条件なら、一般的に仕事の吸収が早くて今後のキャリアを形成していきやすい若い人の方が重宝されるでしょう。

ニート期間が長引くと絶対に就職ができなくなるわけではありませんが、就職で失敗する可能性を少しでも小さくするためには、早めに動き始めることが重要になります。

大卒ニートに共通するダメな原因とは?

男性と女性

大卒ニートになった理由は人それぞれだと思いますが、多くの人に共通する原因がいくつかあります。

大卒ニートに共通するダメな原因

  • 就活が怖くて何もしなかった(アルバイトの面接に受からなかったなどのトラウマがある)
  • 理由もなく引きこもっていた
  • 内定はもらえたが、希望に妥協できずに就職しなかった

これらの理由が必ずしもダメだとはいいませんが、結果として、就職できずに大卒ニートになっています。

例えば、就活に納得できずに内定を断ったという理由はよく思えますが、就職して1年経験を積み、第二新卒で転職して希望の条件に近づくという選択肢もあったはずです。
総じて、危機感の薄さによってもたらされたものでしょう。

とはいえ、それはあくまで過去の事。今から行動さえすれば、大卒ニートを脱出することは難しくありません

大卒ニートが就職するための2つのポイント

男性と女性

冒頭で、大卒ニートが今すぐに動き出さなければならない理由がはっきりしました。次は、今度こそ就職を実現するためにやった方がいいことを2つご紹介します。
大卒という経歴があるからといって何もせずに就職できるわけではないので、参考にしてみてください。

1.ニート期間を資格取得のために使う

大卒ニートの人は、面接官から必ずといっていいほど「大学を卒業後、何をしていたのですか?」と質問されます。

実際には、ニートなので特に何もしてないかもしれませんが、それを正直に伝えたところで好印象は持ってもらえません。

そこでおすすめしたいのが、資格取得です。

資格取得に少しでも時間を割き、仕事のために勉強していたことをアピールすれば前向きに回答できます。

『勉強している』というだけでアピールになりますが、実際に資格が取れるとなおいいでしょう。ただ、簡単に取得できるような資格ではアピールが弱く、難しい資格だと時間がかかる点には注意が必要です。

2.アルバイトから正社員登用を目指す

大卒ニートが就職する2つ目の方法が、アルバイトからの正社員登用です。まずはアルバイトから始めて働き続け、しっかりと貢献することができれば正社員として雇ってもらえるようになるでしょう。

特に、人手不足のベンチャー企業などは、意欲があれば経歴を問わずに採用したい会社はたくさんあります。社風や勤務実態を知ったうえで、入社できるのでミスマッチも少ないでしょう。

ただ、正社員登用があるアルバイトばかりではないですし、正社員の話を持ち出す前に契約を切られる可能性もあるので確実性はやや低いです。

それでは、今すぐにでも正社員として就職したい人はどうすればいいのでしょうか?ここから、おすすめの方法をじっくりご紹介します!

「ハローワーク」って就職に使えるの?

女性
ハローワークのメリット

  • 求人の数が多い
  • 全国の各地域に点在しているので相談に行きやすい
  • ハローワークのデメリット

  • 求人の質が玉石混交
  • 企業によってはニート期間が不利に響く

大卒ニートから就職をしようと考えた時にまず思いつくのが「ハローワーク」ではないでしょうか?

ハローワークのメリットとしては、「膨大な求人数」があります。東京都内だけでも、数千件の新卒・既卒向け求人があるので、

デメリットとしては、求人の質が玉石混交ということです。ブラック企業や、求人票の内容に嘘をついている企業まであります。その中から、良い会社を見つけ出すのは、なかなか大変です。

また、あなたが「大卒ニート」という事情を応募先の企業は知らないので、「なんで空白期間があるの?え、ニートしてたの?」と、いざ面接で圧迫面接されてしまうリスクもあります。

結論としては、求人の質が玉石混交なこと、大卒ニートという経歴が不利に働くリスクが有ることもあり、メインで使うことはおすすめできません。

ニート脱出には、就職支援サービスを利用してみよう

女性
大卒ニートを脱出するには、就職支援会社を活用するのがおすすめです。

就職支援サービスとは、無料登録すると、専任のキャリアコンサルタントがつき、就職のアドバイスや「大卒ニートOK」の求人を紹介してくれるサービスです。

既卒(大卒ニート)を専門にした就職支援サービスを使えば、一気に内定に近づくことができます。

就職支援サービスを利用するメリットとは?

就職支援サービスのメリット

  • 履歴書へのアドバイスや面接対策をしてくれる
  • ニート期間を問題にしない会社を推薦してくれる
  • 応募企業に推薦状を書いてくれる
  • 就職支援サービスのデメリット

  • 紹介される求人自体は多くない

就職支援サービスを利用すると、専任のコンサルタントが面接対策や履歴書の添削などの就職アドバイスをしてくれます。空白期間を聞かれた時の対策なども、一緒に回答を練ってくれるので、面接を通過しやすくなります。

また、数ある求人の中から「大卒ニートOK」の会社を何社も紹介してくれるので、ニート期間が大きく不利にならず、内定に近づくことが可能です。

「でも、大卒ニートOKの会社ってブラックじゃないの?」と思うかもしれません。しかし、今は若手の人手不足なので、上場企業や経営の安定した中堅企業などでも、「大卒ニートOK」の条件で求人を応募しているのです。

就職支援サービスを使えば、これらの会社の求人に応募し、内定をもらうことができるのです。

複数使って、求人の選択肢を増やしていこう

就職支援サービスのデメリットとしては、「内定の可能性が高い求人だけを紹介するので、紹介される求人自体は多くない(10件程度)」ということです。

だから、選択肢を増やすために、就職支援サービスは1社だけでなく、最低でも2社以上に登録するのが基本です。就職支援サービスによって紹介できる求人は異なるので、複数使うことで選択肢を増やせるからです。新卒や転職者よりも選べる求人が少ないニートにとって、これ以上ないメリットだといえるでしょう。

また、就職支援サービスを適当に選んでしまうと自分の求めるサポートを受けられない可能性が出てくるので、3つのポイントを基準にして選びましょう。

就職支援サービス選びのポイント

  • 1.職場情報を事前に教えてくれるか
  • 2.内定率が高いか
  • 3.紹介求人の種類(業界・職種)が幅広いか

しかし、これらすべてを満たしているところを見つけるのは正直難しいので、この中から最低でも2つ満たしているところを選ぶといいでしょう。

大卒ニートの就職に強い!就職支援サービス3選

ランキング

上記のポイントを満たした就職支援会社を3社ご紹介します。ポイントは、「職歴なし」の求人に対応しているかどうかです。

リクナビやマイナビ等の支援サービスは、社会人を対象にしているため、大卒ニートという経歴で利用しても、紹介してもらえる求人がありません。

以下にあげる3社のような、大卒ニートの条件でも求人紹介・面接トレーニングなどのサポートをしっかり行ってくれるサービスを選ぶようにしましょう。

ハタラクティブ:優良求人の多さと80%を越える高い内定率

ハタラクティブ

最初にぜひ相談してほしい就職支援サービスが、職歴のない20代を専門にサポートしている「ハタラクティブ」です。

長年20代をサポートし続けてきたハタラクティブならではのコツで、企業ごとに面接対策を行ってくれるので内定率は業界でもトップクラスの80%以上となっています。

第一の難関といわれる履歴書に関しても、丁寧な添削によって通過率が90%を超えているので、ほぼ落とされることなく面接に進めるでしょう。

また、ニートはブラック企業など就職先が限定されると思われがちですが、ハタラクティブであれば安心です。IT系やメーカー系など、様々な業界・職種から求人を選ぶことができ、実際に取材をした企業のみを紹介しているので安心感が違います。

利用者の半数以上が上場企業に就職している公式実績もあるので、大卒という経歴に見合った企業を紹介してくれるでしょう。
「優良求人の紹介と安定したサポートの両方を受けたい」という大卒ニートの方は、無料ですのでぜひ相談してみてください。

30秒で完了!ハタラクティブの無料登録はこちら

JAIC:ブラックは紹介しない就職支援サービス

ジェイック

「JAIC」はみなさんに安心して使ってもらうために、3つの約束を守った求人紹介を行っています。

「正社員以外の仕事は紹介しない」「離職率が高い業界は紹介しない」「実際に訪問して社内の雰囲気や福利厚生を確認した企業のみを紹介」の3点です。

そのため、入社してから後悔する人が少なく、定着率と満足度は94.3%と非常に高いです。紹介企業はすべて取材しているので、入社後に”この企業じゃなかった”というミスマッチがほとんどありません。

また、面接対策や履歴書の書き方だけでなくビジネスマナーまで、無料の就活講座で丁寧に教えてくれます。就活をしながら、今すぐ社会に出てもしっかり通用する人材になれるように最初から最後までサポートしてくれるので、初めて就職するニートの方にピッタリです。

「ブラック企業には絶対に行きたくない」「一から就活を教えてほしい」というニートの方にとって、心強いサポーターになってくれること間違いないでしょう。

就職Shop:書類選考で落とされることは一切なし

就職ショップ

「就職Shop」の最大の特徴は、応募する求人に書類選考が一切ない点です。

つまり、誰でも応募すれば面接を受けられるのです。「書類」ではなく「人間」の可能性で見る会社の求人の紹介を約束しているので、自分の人柄や熱意を存分にアピールできるでしょう。

ニートという経歴が影響して書類審査で落とされることが多い中で、いきなり面接に進めるのは大きなアドバンテージです。

業種ではメーカー系やIT・通信、商社に強く、職種では営業職や事務職に強みを持っています。そして、相談場所は駅近でアクセスがいいので、まずは気軽に相談だけでもしてみるといいでしょう。

デメリットとしては、登録企業に中小企業(従業員100人以下)が多い点があります。その分、採用意欲は高い会社が多いので「就職を決めたい!」という想いが強い方には最適なサービスといえるでしょう。

まとめ:就職支援サービスを使って大卒ニートから卒業しよう!

どんな理由であれ、大卒ニートになってしまったことは仕方ありません。この記事を読んでいるあなたは、就職する意思を強く持っていると思いますので、ぜひ就職支援サービスに相談してみてください。

特に、ハタラクティブは大卒ニートが就職支援サービスを選ぶ際の3つのポイントをすべておさえた優良支援サービスなので、非常におすすめです!相談して、求人の紹介と面接を乗り切るアドバイスをもらいましょう。