既卒で内定が欲しい人は営業職を視野に入れよ!既卒のための営業職入門

既卒で就職活動をしているけど、どんな職種を受ければいいのかわからない…と悩んでいませんか?

既卒で正社員の内定を決めるためには、営業職を中心に受けていくのが有効です。営業職は、企業に利益を運んでくる職種。たとえ不況でも「商品を売らなくて良い」なんて企業はありませんから、どんな時でも営業の求人が切れることはありません。

ただ、「営業はなんか押し売りをするみたいで、強引な性格じゃないと務まらなそう」など、営業に不安を抱いている方も多いでしょう。そこで、既卒の就活生のために営業職について詳しくまとめました。これを読めば、営業職への誤解と不安がとけ、積極的に就職活動を進めていけるはずです!

新規開拓か既存の取引先か(ルートセールス)

営業には、大きく二種類あります。新規開拓営業と既存の取引先との営業(ルートセールス)です。具体的に書くと下記のようになります。

営業は大きく分けて2種類

  1. 新規開拓営業…新規の営業先に対して、自社の商品・サービスを新たに売り込む営業
  2. ルートセールス…既に取引のあるお客様に対して、自社の商品・サービスを販売する営業

新規開拓ができれば、怖いもの無し

新規開拓の営業は、営業候補先への電話営業⇒アポイント取り⇒クロージングまで行います。営業のために必要なステップを全て経験することができます。

電話をしても全くとりあってもらえず袖にされることもあり、辛いこともある仕事ですが、新規開拓の実績があれば、転職でもすぐに仕事が見つかります。

また、新規開拓営業は、成果報酬のことも多く、頑張れば頑張るほど稼げる利点があります。

既存取引先への営業(ルートセールス)

既存取引先への営業は、既に別の担当者が関係を構築した企業へ商品・サービスを販売する仕事です。

一見、簡単に見えますが、前任者と比較されたり、付き合いがあるからこそ厳しい要求をされることもあり、大変な部分もあります。ビジネスパーソンとしての交渉力が試される面もあるのですね。

ビジネスとして長期的なやり取りをする企業が相手なので、「ヒアリングから相手の現状の課題を理解する」「相手の現状を解決する手段として商品を提案する」高度なコミュニケーションが求められます。

「新規開拓に比べて楽そう」なイメージを持たれるルートセールスですが、決して簡単な仕事ではありません。

どちらも並行して応募したいところ

既卒の求職者には、既存の取引先への営業(ルートセールス)が人気です。確かに、新規開拓は大変そうで避けたくなるのもわかりますが、求人数としては新規開拓の方が多いので、ルートセールスをメインにして、保険として新規開拓営業の求人にも応募するのが良いでしょう。

既卒/フリーターの就活に強い!無料登録しておくべき神サイト

既卒で就職活動を頑張りたいけれど、「どんな就職サイト/サービスを使って就活すればいいの…?」と、悩んでいませんか?

そこで、私が既卒として就活した時に利用した、「既卒歓迎」のホワイト企業の求人を紹介してくれる就職サイトをご紹介します。無料なので登録しておいて損はないと思います!

BtoBか、BtoCか

また、営業職の求人をみる際にチェックするべきなのか「BtoBの営業なのか」「BtoCの営業なのか」という点です。というのも、商品を売り込むお客様が法人なのか、個人なのかで営業のスタイルは大きく関わってくるからです。

営業職を志望するなら、双方の違いを詳しく理解して、求人に応募しなければなりません。

BtoCの営業ってどんな仕事?

BtoCの営業は、個人のお客様に対して、商品・サービスを販売する営業です。

個人相手の営業では、お客様の心をつかむ人間力や会話術が重要になってきます。また、個人のお客様は取引金額が小さいため、数多くのお客様にアプローチをすることになります。場合によっては、飛び込みもあります。皆さんのイメージする「営業」はこのタイプでしょう。

個人相手の営業は、成果が営業の年収に直結することも多く、「頑張れば頑張るほど稼げる」利点もあります。

BtoBの営業ってどんな仕事?

BtoBの営業は、法人相手に商品・サービスを売り込む仕事です。お客様も「ビジネスに役立つ商品」を求めていますから「お客様の課題」を深く理解し、その解決策として自社の商品を売り込むことになります。

営業=押し売りではない

BtoBの営業は、いわゆる「押し売り」では成功しません。扱う金額も大きいため「お願いです、買ってください」では成り立たないのです。

営業を成功させるには、「お話を伺ったところ、お客様の課題は〜ですね。その課題解決には、このサービスが最適です。」と、『ビジネスの課題解決策』として商品を売り込まなければなりません。

自分のタイプにあった営業手法を見つけよう

このように、BtoCの営業と、BtoBの営業では、求められる資質も仕事内容も全く違います。自分がどんなタイプなのかを考え、応募する求人を決めましょう。

「新規開拓がいいのか、既存取引先への営業がいいのか?」「BtoCなのか、BtoBなのか」をじっくり考え、自分にあった求人に応募してみましょう。

営業が考えられない既卒はどうすればいいのか?

ただ、中には「引っ込み思案のため、お客様に商品を売り込める自信がない・・・コミュ力ないし・・・」と、どうしても営業に苦手意識を感じてしまう人もいるでしょう。そんな方はどうすればいいのか?

実は、自分も当初は営業を考えていたのですが、受けてみても上手くいかず、既卒就職エージェントのすすめでITエンジニアへ志望を変え、正社員の内定をとりました。

「文系だけど、大丈夫なの?」と不安になる人もいるかもしれません。大丈夫。僕も文系です。実際、大手システム会社でも、社員のうち、情報系の学部・専門を卒業しているのは全体の半分もいません。ほとんどが初心者から学んでいるのです。

だから、勉強を熱心にする気があるなら、文系でもITエンジニアになることができます。文系のためのITエンジニア職のススメについては、以下の記事で詳しく解説しています。

文系だけど営業は嫌な既卒がITエンジニアを目指すべき理由

2020.03.03

自分にできる仕事が解らない場合はエージェント相談がおすすめ

就職支援サービス

無料のエージェントを活用

  1. 自分のやりたい仕事が解らない
  2. 自分にできる事は何だか解らない
  3. 何でも良いから収入や待遇の良い仕事がしたい

上記のように考えている人も、少なからずいることでしょう。そんな人はまず「自分で探すのではなくエージェントに相談してみる」のがおすすめです。

実際に私も、大学を卒業してから塾講師のアルバイトしか経験がありませんでしたが、無料の就職エージェントに相談したところ様々な可能性についてアドバイスをもらえて、最終的に内定獲得までできました。

エージェントは業界について詳しいので、給与水準・資格・働き方・将来性などについて色々と教えてもらえます。私が使った中では「DYM就職」「ウズキャリ既卒」のエージェントが特に親切で、かなり役に立つ情報をもらえました。

既卒は就職できないって本当?僕が既卒で就活してわかった真実

2020.02.19

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

1
第二新卒エージェントneo(就職/転職満足度No.1!過去の就職成功者は15,000人以上)

就職できるまで二人三脚で、圧倒的に親身になって就職をサポートしてくれる!

imasia_14141661_S-2 2
マイナビジョブ20’sアドバンス(最短約2週間で内定獲得!既卒で就活するなら登録必須!)

マイナビが既卒の採用意欲が高い企業を厳選して紹介してくれる!

3
JHR就職エージェント(内定率92%!上場企業や有名企業など、ご紹介件数5000社以上も!)

JHR就職エージェントに登録すれば、求人紹介だけでなく「面接対策」「自己PRやエントリーシートの添削」のサポートが受けられ、内定後や入社後にも丁寧にサポートしてくれるため利用者の満足度は96%!

imasia_14141661_S-2 4
For A-career(定着率97%!事務職、広報、営業など、あなたの希望を叶える仕事をご紹介!)

内定率は転職エージェントの4倍を誇る充実のサポート!求人紹介、面接対策や内定後のキャリアプランを含めて、2人3脚であなたの就職・転職を徹底サポートします。

5
ウズキャリ既卒(既卒の内定実績86%!他社の10倍時間をかけて、就活をサポート)

他社の10倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート!離職率の高いブラック企業は紹介しないポリシーを貫いています。