既卒2年目でも大丈夫!ハンデのある既卒就活で内定する秘訣

imasia_2196784_S

既卒2年目になると、履歴書に一年の空白期間が出来てしまいますし、年齢も上になってしまうため、就職活動では不利になります。

だから、「既卒2年目になってしまった・・・もう人生終了だ」と悩んでしまっている方も少なく無いでしょう。

でも、大丈夫。既卒2年目になっても、やり方次第で内定をとることは可能です。どうしてそう言えるのか?私は既卒4年目で就活をしましたが、2社から内定をとれたからです。2年目のあなたが、取れないわけがありません。そこで、既卒就活をして2社の内定をとった私が、既卒2年目の就職活動で意識するべきポイントを徹底的に解説いたします。

新卒ナビサイトと既卒向けサイトの二刀流でいこう

imasia_13203650_S-1

既卒2年目になったら、新卒ナビサイトと既卒向けの就活サイトの二刀流をお勧めします。新卒ナビサイトは大手企業の求人にアプローチできますが、内定はしづらい。既卒は、中堅企業の求人が中心になりますが、既卒でも内定が出やすい。

だから、この2つのサービスを組み合わせることで「大手を目指しつつ、正社員になる保険もできる」メリットが生まれます。

既卒2年目でも新卒ナビサイトを利用できる

既卒2年目になっても、新卒の時に使っていたナビサイト(リクナビ・マイナビ)を使うことができます。厚労省の通達で、既卒3年以内は新卒として採用選考をするようにと要望が出ているからです。

いわゆる有名企業は、新卒ナビサイト経由でないと応募できないため、大手の就職を目指すなら是非使いたいところです。

意外と既卒を採用している企業は多い

「既卒可」の条件で検索してみると、意外と多くの優良企業が既卒を採用しているのがわかるはずです。ヤマハ、ソフトバンク、トヨタ、ホンダ・・・様々な企業が既卒採用をしています。

何の職歴もない人間が、大手の選考を受けられるのは、既卒3年以内の時だけなので、このチャンスは積極的に利用しなければなりません。

意外と多い!既卒者を採用している大手企業リスト100選

2016.02.11

内定率をあげるため既卒用のサイトも使おう

新卒ナビサイトは大手の求人にアプローチできますが、基本は新卒対象のため、既卒はやや不利です。リクナビで大手ばかりにアプローチしていると「無内定⇒空白期間がさらに空く⇒より就職しづらくなる」のスパイラルが始まってしまいます。

だから、既卒向けの求人も受けて、できるだけ早く正社員の内定を獲得するべきです。足場を固めるために使えるのが、既卒向けのサービス「リクナビダイレクト」と「ハタラクティブ」です。

リクナビダイレクト

リクナビダイレクトは、既卒者限定のリクナビなので、既卒採用意欲の高い企業ばかりが掲載されています。既卒の内定率が非常に高く、利用者は4社受けて、1社の内定を獲得しています。

⇒リクナビダイレクトの公式サイトはこちら

ハタラクティブ

ハタラクティブは、既卒・フリーター向けの就職エージェントです。登録すると、キャリアコンサルタントがつき、既卒向け求人の紹介や、履歴書の添削、模擬面接による面接指導をしてくれます。利用者の内定率が高く、80%以上が正社員の内定を獲得しています。

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

どちらのサービスも既卒採用意欲の高い企業が中心なので、既卒2年目でも不利にならず、正社員の内定を獲得することができます。

空白期間を説明できるロジックを用意する

imasia_14755246_S

既卒2年目になると、履歴書・ESに一年の空白期間が出来るはずです。日本の企業は、応募者の空白期間を嫌うため、面接で突っ込まれる可能性があります。この質問に上手く答えられなければ、内定は遠のきます。

「空白期間はあるが、生産的に過ごした」と言えるように

面接官の評価を獲得するには、「空白期間はあるが、自分なりに目的意識を持って過ごし、生産的に過ごした」といえるようにしましょう。たとえば、

空白期間を肯定的に語る例

  • コミュニケーション力に苦手意識があったので、苦手を克服するため営業のテレアポのインターンをした
  • 就職活動に失敗したのは、「働く」ことへのリアルなイメージがなかったことだと思い、「働く」ことを感じるため、ベンチャー企業でインターンをし、社員並に働いた

など「正社員としての就業こそしていないが、目的意識を持って生産的に過ごした」と空白期間を説明できるようにしましょう。このように空白期間を+の方向に話せれば、大きな+評価を得られます。

武器がないならインターンもあり

上記のように「空白期間を説明できる武器」がないなら、インターンに参加するのもアリです。ベンチャー企業などのインターンは、実際の業務をそのまま体験できるため、自己PRの材料が見つかりますし、「就職活動の失敗の原因は〜で、それを克服するため〜というインターンに参加し、〜という学びを得た」と語れるようになります。

空白期間を説明できる武器がないなら、インターンに参加するのは非常に有効な手段です。

とにかく数を受けていこう

imasia_13178431_S

就活中の行動量(アプローチする企業の数)は内定率に直結します。マイナビの調査によれば、在学中に内定がとれた人のエントリー数は55社、エントリーシート提出数は20社です。一方で、内定がとれなかったい人のエントリー数は24社、エントリーシート提出数は11社に過ぎませんでした。

明らかに内定率と就活中の行動量には相関がありますよね。よく考えれば当たり前のことです。「受ける企業の数が多ければ、自分を採用してくれる企業に出会える確率が増す」だけの話ですから。

新卒サイトで受けたい会社はどんどん受けていくこと

既卒になると、新卒の時と比べて、条件が悪くなり、内定が出づらくなります。しかし、だからこそ、新卒の時以上に多くの企業を受けなければなりません。

職歴のない人が大手有名企業の採用選考を受けられるのは、新卒の時だけです。このチャンスを活かさない手はありません。受けられる企業にはどんどんエントリーし、選考に参加してください。

既卒サイトで足場を固める

既卒サイトは、企業の既卒採用意欲が高いため、内定が出やすい傾向にあります。多少は誇張されているのでしょうが、ハタラクティブでは利用者の80%以上が正社員としての内定を得ています。

いくら大手を目指したいからといって、正社員になれなければ意味がありませんよね。既卒3年目になり、空白期間が空けば空くほど採用では不利になってしまいます。だから、内定は決めなければならない。

少しでも良い正社員の内定をとるために、新卒ナビサイトで数を受けていき、既卒ナビサイトで厳選した企業を受け確実に内定をとる・・・これが既卒2年目の正しい戦略になります。

面接で受からない理由を把握する

imasia_14777212_S

既卒2年目で就職活動をしている人は、現役時の就職活動に失敗した方が多いと思います。企業の面接に受かることが全てではありませんが、面接に落ち続けているなら、何らかの原因があるはずです。

面接が上手くいかない理由に対処しよう

就活が上手くいかない原因に対処しなければ、どれだけ企業を受けても内定は得られません。たいていの場合、僕も含めて、就職活動が上手くいかなかった人は、面接に大きな原因があることが多い。だから、その原因を取り除かなければなりません。

原因に対処しないまま就活をしても、穴の空いたひしゃくで水をすくうようなもので、いくらやっても上手くいきません。そんなことをしているうちに、どんどん空白期間があき、どんどん就職活動で不利になってしまいます。

模擬面接がオススメ

面接が上手くいかない原因を探るには、模擬面接が一番です。模擬面接をすると、自分では気がつけなかった弱点に気がつけます。

たとえば、僕はハタラクティブのキャリアカウンセラーに「話している内容は悪くなく、賢い人なのはわかるが、早口で声が小さいため、暗い人・社会性のない人に見える。既卒というハンデもあるため、「大丈夫かな?」と面接官に思われるリスクがある」と指摘されました。

この弱点を意識し、コンサルタントと「ゆっくり、大きな声で話す」が出来るまで何度も模擬面接を繰り返し、面接に望んだ結果、面接官の反応がとてもよくなり、既卒4年目という条件でしたが内定をとることができました。

このように模擬面接で弱点を把握し、克服のために練習すれば短期間で面接力がぐっとアップします。ハタラクティブのような民間企業を使うのが嫌な方は、新卒応援ハロワークを利用すると良いでしょう。相談員に頼めば模擬面接をしてくれます。

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

imasia_9065120_S1
ハタラクティブ(既卒の内定実績No1!既卒から正社員の内定を目指すなら)

既卒になると、新卒の時のようにナビサイトが使えなくなり、既卒歓迎の求人を探すのに苦労すると思います。既卒求人の見つけ方を知らないと、「どうしよう」と途方に暮れてしまいますよね。そこで、既卒採用の求人を見つける効率的な方法をご紹介します!

imasia_12756285_S2
UZUZ(IT・ベンチャー企業の求人に強く、就活サポートが充実している)

既卒の面接は、新卒とは少しルールが違います。「既卒ということは、新卒の時に上手くいかなかった問題のある人物なのでは?」と色眼鏡で見られ、その懸念を払拭するべき受け答えをしなければならないからです ...

imasia_14141661_S-2 3
いい就職(既卒・フリーター向けの求人多数。地方支店も多く、利用しやすい)

既卒になると、履歴書の書き方がわからず困りますよね。新卒の時のように大学指定の履歴書を使うべきか?市販のものを使うべきかでも迷いますし、職歴欄にアルバイト経験を書くかどうかでも迷うはずです ...

imasia_13676025_S 4
ジェイック(ニート・高齢でも求人を紹介してくれる。ただし、営業系の求人が多い)

「既卒になると就職できないんでしょ・・・?」と思っていませんか。既卒だから就職できないわけではありません。実際、私は27歳、職歴なしという立場でしたが、2社の内定を獲得することが出来ました ...

imasia_9331572_S 5
Re就活(既卒向けの求人を多数掲載。ただし、サポートはほとんど無い)

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。