既卒者必見!「最後に質問はありますか?」の効果的な返答法

imasia_2506781_S-1

既卒の面接を受けていると、面接の最後に「最後に何か質問ありますか?」と聞かれることがありますよね。

意外と多くの就活生が「特にありません」と回答しています。しかし、それでは採用内定は遠のいてしまうでしょう。興味があれば、質問は必然的に湧いてくるもの。「質問がない」というのは、「あなたの会社にあまり興味がない」というのと同義だからです。

逆に、鋭い質問をすれば「地頭の良さ」や「会社研究の深さ」「会社への関心度の高さ」をアピールでき、採用では非常に有利になります。

とはいえ、「どんな質問をすればいいのか全くわからない」方が大半だと思います。そこで、既卒の面接で役に立つ「最後に質問はありますか?」と聞かれた時の回答リストをご紹介します。

「最後に質問はありますか?」と聞かれた時に使える質問リスト

imasia_14332566_S

「企業のことを調べ尽くして、それでも出てくる疑問」を質問すれば、自然と良い質問になります。だから、「聞くべき質問」は、あなたが自分自身で考えるべきです。

とはいえ、「なかなか思いつかない」と言う方もいるでしょう。そこで、困ったときに使える「最後に何か質問はありますか?」と聞かれた時の質問リストをご紹介します。

ポイントは「質問を通して、自分の会社への意欲を伝え、アピールにつなげる」ことです。これを徹底的に意識してください。

1.現在、○○の勉強をしているのですが、その他に入社前に準備しておくべきことはありますか?

既に「○○を勉強している」というアピールに加え、さらに勉強をする意欲を見せている質問です。仕事への意欲をアピールできますし、質問としても意味のある質問のため、面接官から+に評価されるでしょう。

2.未経験から入社されて活躍されている人たちには、どのような特徴がありますか?

「未経験で活躍している人たちの特徴」を知って、自分の今後に活かそうという意欲が感じられる質問です。質問としては「どのような特徴(What?)」で聞いているので、面接官も答えやすいはずです。困ったときには、とても便利な質問といえます。

3.このお仕事には、○○や○○という能力が必要だと考えているのですが、他にどのような能力が求められますか?

これも2と似たタイプの質問です。加えて、自分なりに「このお仕事には、○○と○○という能力が求められる」と、自分なりに企業研究をした結果を話しているので、面接官に仕事への意欲が伝わります。

ポイントは意欲を示すこと

もちろん、質問は上記の質問以外でも構いません。大事なのは、「質問を通して、仕事への熱意・意欲」を示すことです。既卒は、新卒に比べてハンデがある分、「スタートダッシュで遅れたからこそ頑張りたい」という意欲を求められます。

だから、最後の質問の部分でも、きっちり自分の意欲をアピールし、内定を勝ち取ってください。

要注意!聞くべきではないNG質問

imasia_11421623_S

まず、「やりがちなNG質問のパターン」を押さえておきましょう。NG質問のパターンを理解しておけば、無駄な失敗をせずにすみます。

残業時間に関する質問

「残業はどのくらいありますか?」は大事な情報ではありますが、面接では聞かない方が良いでしょう。この質問はいかにも「あまり長時間働きたくない」「キツイのはイヤだ」という本音が透けて見えてしまっています。

「本当にヤバイ」会社の場合は、聞いても嘘をついてごまかしてくるだけです。だから、本質的に聞いても仕方のない質問といえます。残業時間が気になる場合は「転職会議」などの企業口コミサイトで評判をチェックしておくと良いでしょう。

福利厚生に関する質問

同じく福利厚生に関しても、あまり聞くべきではありません。面接官によっては、福利厚生制度にあまり詳しくない場合(人事部ではなく、現場の面接官)もありますし、何より「わざわざ聞くのがそれかよ」という気持ちになってしまいます。

クローズドクエスチョンを使った質問

これは内容ではなく、質問の仕方に関するNGです。クローズドクエスチョンはあまり使わない方が良いでしょう。クローズドクエスチョンとは「YES/NO」で答える質問です。たとえば、「お仕事にやりがいはありますか?」というような質問を指します。

「YES/NO」でしか答えられない質問は話が広がりません。たとえば「お仕事にやりがいはありますか?」と聞いても、「ありますよ」だけで終わってしまう可能性がありますよね。クローズドクエスチョンは話が続かないリスクがあるので、避けましょう。

質問をするときは、「5W1h」で答えられるオープンクエスチョンを使いましょう。たとえば、やりがいについて聞くなら「お仕事でやりがいを一番感じるのは、どんな瞬間ですか?」と聞くのです。これなら相手が自由に答えられるので、答えやすいですよね。話も広がります。

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

imasia_9065120_S1
ハタラクティブ(既卒の内定実績No1!既卒から正社員の内定を目指すなら)

既卒になると、新卒の時のようにナビサイトが使えなくなり、既卒歓迎の求人を探すのに苦労すると思います。既卒求人の見つけ方を知らないと、「どうしよう」と途方に暮れてしまいますよね。そこで、既卒採用の求人を見つける効率的な方法をご紹介します!

imasia_12756285_S2
UZUZ(IT・ベンチャー企業の求人に強く、就活サポートが充実している)

既卒の面接は、新卒とは少しルールが違います。「既卒ということは、新卒の時に上手くいかなかった問題のある人物なのでは?」と色眼鏡で見られ、その懸念を払拭するべき受け答えをしなければならないからです ...

imasia_14141661_S-2 3
いい就職(既卒・フリーター向けの求人多数。地方支店も多く、利用しやすい)

既卒になると、履歴書の書き方がわからず困りますよね。新卒の時のように大学指定の履歴書を使うべきか?市販のものを使うべきかでも迷いますし、職歴欄にアルバイト経験を書くかどうかでも迷うはずです ...

imasia_13676025_S 4
ジェイック(ニート・高齢でも求人を紹介してくれる。ただし、営業系の求人が多い)

「既卒になると就職できないんでしょ・・・?」と思っていませんか。既卒だから就職できないわけではありません。実際、私は27歳、職歴なしという立場でしたが、2社の内定を獲得することが出来ました ...

imasia_9331572_S 5
Re就活(既卒向けの求人を多数掲載。ただし、サポートはほとんど無い)

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。