第二新卒はいつまで?ベストな退職時期や転職活動を成功させるコツ

「第二新卒として転職したい!」と考える一方で、

疑問

  • 第二新卒の定義とは?
  • 自分は第二新卒に当たるのか?
  • いつ転職するのがベターなのか?

と悩んでいませんか?

転職を検討していても、いつまでが第二新卒として扱われるのか分からない人もいるかもしれません。私の友人も第二新卒の定義があやふやで、転職活動をする前は「自分は第二新卒に当たるのか?」と不安だったそうです。

でも心配ありません。第二新卒の期間は定められており、適切なタイミングで転職活動を始めれば、転職先は見つかりやすいです。

今回は第二新卒から優良企業へ転職を成功させた友人へのインタビューを元に、第二新卒の期間や企業側が積極的に第二新卒を採用している理由、第二新卒の転職のリスク、第二新卒の転職活動で覚えておくべきこと、第二新卒の転職を成功させるためのコツ、状況別の転職活動を行うのにおすすめのタイミング、 第二新卒におすすめの転職エージェントをお伝えしていきます。

第二新卒はいつまでか?既卒との違い

ここがポイント

第二新卒・・・学校を卒業後、一度就職したが3年以内に離職し、転職を志している人。
(参照:マイナビジョブ20’

大学院卒、浪人、留年、留学をしている人もいるため、基本的に年齢の縛りはありません。

ここに注意!

  • 求人によっては、25歳以下や30歳未満など制限をかけている企業もあります。

最近、新たに第二新卒枠を設けて、第二新卒を積極的に採用する企業も増えています。

ここがポイント

既卒・・・学校を卒業後から3年以内に一度も就職したことがない人(社会人経験がない人)(参照:マイナビ転職

第二新卒と既卒の違いは、短期間でも正社員の就労経験があるかどうかです。

社会人経験のある若手を採用できるため、既卒より第二新卒の方が重宝される傾向がありますね。

既卒/フリーターの就活に強い!無料登録しておくべき神サイト

既卒で就職活動を頑張りたいけれど、「どんな就職サイト/サービスを使って就活すればいいの…?」と、悩んでいませんか?

そこで、私が既卒として就活した時に利用した、「既卒歓迎」のホワイト企業の求人を紹介してくれる就職サイトをご紹介します。無料なので登録しておいて損はないと思います!

企業側が積極的に第二新卒を採用しているワケ

終身雇用が崩壊しつつある今、転職活動をして新しい職場に移る人が増えています。若手社員が退職するケースも増えてきたため、第二新卒の需要があるんです。

事実、マイナビ転職の調査によると、第二新卒を積極的に採用したい企業は全体の約60%でした。

(参照:マイナビジョブ20’s 【2021年更新】第二新卒とは? いつまで?転職市場で求められているのは本当か?

そこでここでは、第二新卒を積極的に採用したい企業が増えている理由を解説します。

採用企業側でも入社3年目未満の若手社員が不足している

第二新卒を積極採用しているワケは、採用企業側でも入社3年目未満の若手社員が不足しているため。

事実、厚生労働省の「新規学卒就職者の離職状況(平成28年度3月卒業者)によると、大学卒業後3年以内の離職率は32%でした。

第二新卒枠は、早期退職してしまった若手社員の人員補充を目的としています。

前職の会社に染まりきっていないので馴染みやすい

第二新卒を積極採用しているワケは、前職の会社に染まりきっていないので馴染みやすいため。

第二新卒は、前職の経験年数が長い人より柔軟性がある傾向です。例えば、企業で5〜10年働くと、社風や仕事のやり方が染み付いてしまいます。

ユウキ君

簡単な作業を指示しても、慣れている前の会社のやり方にこだわる人も…

第二新卒は染まるほど前職の経験がないため、新しい知識や仕事のやり方を吸収するスピードが早いです。

ビジネスマナーが身についているので教育コストが少ない

第二新卒を積極採用しているワケは、ビジネスマナーが身についているので教育コストが少ないため。

第二新卒は社会人経験があるため、言葉遣いや振る舞い、社会人としてのマナーが身に付いています。

新卒の場合、名刺の渡し方などのマナー研修が必要ですが、第二新卒の場合は省くことができ、すぐに業務に入ることが可能です。

新卒に年齢が近い

第二新卒を積極採用しているワケは、新卒に歳が近いため。

人材を採用するには、もちろんコストが掛かります。採用するのにも経費がかかりますし、入社後の教育には時間的コストも掛かっているのです。

そんな、投資をして採用・育成した人材にはすぐ辞めずに定着してほしい、できる限り長く勤めてほしいと企業は思っています。

65歳定年だとすると、30代を採用すれば約30年、23〜26歳を採用すれば約40年と、勤務可能年数に10年程度の差が生まれます。新卒に年齢が近く比較的若い第二新卒を採用すれば、それだけ長期的に勤めてもらえる可能性は高くなるのです。

ですから、長期的に勤めてもらえる可能性の高い第二新卒は歓迎されるのです。

入社意欲が高いと企業側から判断されやすい

第二新卒を積極採用しているワケは、入社意欲が高いと企業側から判断されやすいため。

事実、マイナビ転職の調査によると、第二新卒の採用で重視されている基準の中では「入社意欲の高さ」が41.5%と一番高い数値でした。
参照:マイナビジョブ20’s 【2021年更新】第二新卒とは? いつまで?転職市場で求められているのは本当か?

第二新卒は「新卒時にやりたかった仕事に挑戦したい」など明確な動機があると、熱意を評価してもらいやすいです。そのため、入社意欲の高さから転職活動が有利になる可能性がありますね。

第二新卒の就活は厳しい?転職のリスクを知っておく

第二新卒は企業からの需要も高く、転職活動を始めるタイミングとしては最適かもしれません。ただ、転職活動では短期離職者として扱われたり、応募できる求人が少なかったりと不利な側面もあります。

そこでここでは、第二新卒の転職のリスクを解説します。

フジワラ

リスクと今の現状を天秤にかけてから転職活動を始めましょう。

短期離職しているため、信用が低い

第二新卒の転職のリスクは、信用が低いことです。

なぜなら、前職を3年以内に辞めている事実があるため。

転職先から「うちの会社も同じようにすぐに辞めてしまうのでないか?」と思われてしまいます。

企業側は若くて、長期的に定着してくれる人材を雇用したいもの。

企業は採用コストが無駄にならないよう、慎重に選考するので、面接の難易度は低くありません。

即戦力を求める企業は第二新卒の採用を実施していない

気になっている企業が第二新卒枠ではなく、中途採用枠で求人募集している場合もあります。

その場合はどれだけ熱意をアピールしても、内定を獲得することは難しいですね。

なぜなら、通常の中途採用は経験・スキルを重視するため。

育成前提の第二新卒枠と違い、中途採用枠はプロジェクトのために即戦力の人員補充が目的です。

そのため、スキルの乏しい第二新卒には縁遠い求人も存在します。

1年目の場合は基礎的なスキルが身についていないと判断されやすい

第二新卒の転職のリスクは、1年目の場合は基礎的なスキルが身についていないと判断されやすいことです。

同じ基礎的なスキルが身についていない状態なら、短期離職者である第二新卒より新卒生を雇った方が採用コストが無駄になるリスクを背負わずに済みます。

新卒1年目での転職は不利になりやすいため、新卒2〜3年目でビジネスマナーなど基礎的なスキルが身についた状態で転職活動を開始しましょう。

なぜ、第二新卒の転職で退職理由を聞くのか?

退職理由を聞く理由は、長期間定着できる人かどうかを見極めるため。

採用にはコストがかかるため、業績で貢献せずに早期退職されると、大きな損失ですよね。

第二新卒は前職をいわゆる赤字社員のまま辞めているため、採用には慎重になります。

そのため、「同じ失敗を繰り返さないように、前職での反省を活かせる人材」を求めています。

フジワラ

面接官が「この人なら次は入社後のミスマッチを起こさない」と信用されることが内定の最低条件ですね。

社風に馴染め、失敗を改善できる人なら長期的定着できると判断してもらえます。

第二新卒の転職活動で覚えておくべきこと

第二新卒の転職活動では、新卒就活のように選択肢がたくさんありません。

では、狭まった選択肢から最善の転職先を見つけるためにはどうすれば良いでしょうか?

ここでは、第二新卒の転職活動を有利にするために覚えておくべきことを挙げていきます。

第二新卒の転職活動は短期決戦

第二新卒の転職活動は、短期決戦であることを覚えておいてください。

なぜなら、転職の求人は欠員補充が目的なので、企業は早く人材を確保したいため。

転職活動はできるだけ採用フローを削り、入社日を早める必要があります。

一方、新卒就活は多くの応募者から優秀な人材を確保するため、3〜6ヶ月程度じっくり選考を行う長期戦です。

フジワラ

入社日が来年度の4月で統一されているので、急いでも意味がないんですよね。

第二新卒の転職活動が成功しやすい時期は1〜3月or7〜9月

第二新卒の転職活動を行うなら、1〜3月or7〜9月の時期をおすすめします。

なぜなら、4月と10月入社が転職しやすいとされているため。

4月は1年以内に辞めた社員や定年退職者の人員補充が必要になります。

また、新卒社員と研修をまとめて行うことができるため、企業にとって合理的です。

10月は異動や転勤の時期のため、欠員補充の求人を増加します。

キヨちゃん

ボーナスを受け取ってから退職する第二新卒者も多いため、7〜9月に第二新卒の求人を出す企業も多いですね。

未経験の業界・職種にキャリアチェンジするなら最適

第二新卒の転職活動は、未経験の業種・職種にキャリアチェンジするチャンスです。

新卒で入社できなかった業種や職種に再度挑戦することもできます。

逆を言えば、第二新卒を逃すと、未経験の業界・業種への転職の難易度は格段にアップしますね。

経験やスキルを評価する転職市場でも、第二新卒なら意欲や人柄重視のため、採用のハードルは高くありません。

第二新卒の転職を成功させるための7つのポイント

第二新卒の転職活動は新卒就活はもちろん、通常の中途採用枠とも勝手が異なります。企業からの需要があるからといって、闇雲に転職活動を進めて内定を獲得できるほど甘くはありません。

スキルや経験が乏しい第二新卒には独自の転職活動の進め方が存在するんです。そこでここでは、第二新卒の転職を成功させるためのポイントを解説します。

転職活動のスケジュールを立てておく

第二新卒の転職を成功させるためのポイントは、転職活動のスケジュールを立てておくことです。

新卒採用は1年間以内に就職先を決めて4月に入社するスケジュールが確定していますが、第二新卒は自分で前職の退職時期や入社時期を決めるなどスケジュール管理が必要になります。

入社希望時期をゴールとして転職活動時期を逆算しましょう。リクナビNEXTの調査によると、平均的な転職活動期間は3〜6ヶ月と言われています。
(参照:リクナビNEXT 転職活動にはどれぐらいの期間がかかる?ケース別・転職活動スケジュール

転職活動の流れと期間

  1. 転職準備(自己分析/業界・企業研究)〜書類作成:約1ヶ月
  2. 求人応募〜面接:約2ヶ月
  3. 内定・退職:約1ヶ月半


上記のように逆算してスケジュールを決めることで、今やるべきことが明確化されるんです。そのため、転職活動のスケジュールを立てておきましょう。

ここに注意!

    円満退職するには十分な業務の引き継ぎ期間が必要になるため、退職準備の期間をきちんと設けておきましょう。

在職中に転職活動をする

第二新卒の転職を成功させるためのポイントは、在職中に転職活動をすることです。

なぜなら、キャリアに空白期間があると、転職活動に不利になるため。

空白期間の長いと、面接官から就労意欲が低さやどこも採用しない仕事ができない人など色眼鏡で見られてしまいます。

空白期間を作ることで選択肢を狭めてしまうのは勿体ないので、とりあえず退職することはおすすめしません。

ここに注意!

  • 転職活動の時間が確保できない場合や心身の不調が出ている場合は、退職してから転職活動を始めてくださいね。

前職の経験と仕事への意欲をアピールする

ビジネスマナーはもちろん、前職での経験や仕事への意欲もアピールも大切です。

大きな実績がないことは企業側も分かっているので、「どの程度の仕事を任されていたか→その経験から学んだこと」を伝えることをおすすめします。

企業の社風や業務内容とマッチしている前職での経験があれば、アピールしてみてください。

ここに注意!

  • 企業の求める人物像に無理やり合わせにいくと、入社後のミスマッチにつながります。

あくまで自分と企業の一致点があれば、アピールしてみてください。

あまりにも社風と合わない企業は入社して馴染めない可能性があるため、選考を受けること自体おすすめしません。

譲れない条件と妥協できる条件を区別しておく

第二新卒の転職を成功させるためのポイントは、譲れない条件と妥協できる条件を区別しておくことです。

なぜなら、自分がどんな環境や待遇に満足するのかを把握していなければ、「もっと良い条件があるのでは?」と転職先を決められない場合があるため。

実際、完全に自分の要望に沿った条件の会社はほとんど見つかりません。そこで譲れない条件と妥協できる条件を把握してみてください。

譲れない条件と妥協できる条件

  1. 譲れない条件の例:月の平均残業時間20時間未満・転勤なし・職種(事務職)
  2. 妥協できる条件の例:給与額・家賃補助・企業規模


譲れない条件は3つ程度に絞っておくのをおすすめします。

キヨちゃん

最低限譲れない条件さえ満たしている会社なら満足のいく転職になるかもしれませんね。

転職活動に必要な資金を貯金しておく

第二新卒の転職を成功させるためのポイントは、職活動に必要な資金を貯金しておくです。

なぜなら、資格に余裕がないと、納得のいく転職ができなくなるため。

会社を辞めてからの転職活動の場合、失業保険の給付には最低でも3ヶ月かかります。

金銭的な余裕がないと、生活のために早く転職先を見つけなければなりません。

企業が星の数ほどあるため、転職活動の成功には十分な比較検討が必要です。

後悔しない転職活動にするためにも、最低でも転職期間の3ヶ月の生活費は確保しておくことをおすすめします。

複数の転職エージェントに登録する

複数の転職エージェントに登録し、キャリアアドバイザーに、他の転職エージェントの登録している旨を伝えてみてください。

ここがポイント

転職エージェントのビジネスモデル・・・転職が成功した際に、紹介した企業から求職者の年収の30%前後をもらう。

転職エージェントは自社を経由してもらわないとお金が発生しません。

そのため、自社で転職してほしいので、待遇の良い求人を紹介してもらえる可能性が高まります。

退職理由はポジティブな内容に変換する

第二新卒の転職を成功させるためのポイントは、退職理由をポジティブな内容に変換することです。

なぜなら、「上司とそりが合わなかった」などの退職理由は会社や人のせいにしている印象に繋がりやすいため。「自社でも文句を言いそう」と懸念される可能性があります。

退職理由はポジティブな内容に変換しましょう。現状、ポジティブな退職理由の方が採用担当者へのウケが良いです。「採用後も前向きに働いてくれそう」といった考えを持ってくれるかもしれません。

ネガティブな理由→ポジティブな理由

  1. 仕事がつまらない→新しい仕事に挑戦したい
  2. ノルマがきつい→チームで協力して業務に取り組みたい


「〇〇が嫌だから転職がしたい」ではなく、「〇〇がしたいから転職したい」と変換してみましょう。

 第二新卒が転職活動でよく聞かれる質問3選

第二新卒の転職活動では頻出質問があります。ただ、志望動機や自己PRなど新卒就活でも答えた質問ではなく、業務に関する質問や第二新卒ならではの短期離職に関する質問がされやすいです。

質問された際に困らないように、質問に対する回答のコツと回答例をチェックしておきましょう。

今までの業務で学んだことはなんですか?

この質問から採用担当者は、これまでの業務を通じて身につけたスキルや得た経験を把握したいと考えています。

ただ、第二新卒の場合は実務経験に乏しい場合が多いです。そのため、業務の際の工夫など仕事上で心がけていたことを伝えましょう。

質問に対する回答例
私は広告の法人営業職として、クライアントのニーズを把握するためには情報収集が重要だと学びました。訪問する前には以前までの取引のデータを見たり、先輩から担当者の人柄やバックグラウンドについて聞いたりしていました。実際、クライアントの情報収集が上手くいくと、契約を取れる場合が多かったです。御社でも営業職としてクライアントとの円滑な関係性を築いていきたいと思います。

入社して数年で辞めてしまったのはなぜですか?

この質問をする採用担当者は、長期的に定着できる人材かどうかを見極めています。

「職場の人間関係が悪かった」など退職理由によっては、短期離職を繰り返す姿が想像しやすいのでNGです。

フジワラ

就業意欲の高さを見せつつ、ポジティブな内容を伝えましょう。

質問に対する回答例
現職では雑誌媒体の仕事がなくなってしまったからです。元々、雑誌編集者を希望していた私にとっては目標を失ってしまう出来事でした。そこで伝統のある雑誌を発行している御社が編集者を募集していることを知りました。今の会社では雑誌媒体には携わることができないため、退職を決意しました。

転職先に求めることはなんですか?

採用担当者は転職先に求めていることを聞き、求職者が大切にしているポイントを把握しています。加えて、そのポイントから社風とのマッチ度合いが測れるのです。

大企業では裁量権があまりなく、指示に従って正確に仕事をすることが求められる傾向があります。一方、ベンチャー企業の場合は経営者と距離が近く、自分の意見が通りやすかったり、自主性を持って業務に臨む姿勢が評価されたりするなど企業規模や業界によって求められる人物像は異なりますね。

そのため、転職先での働き方をイメージしたり、求める人物像を把握したりしてから面接に臨みましょう。

質問に対する回答例
私が転職先に求めることは裁量権が大きいことです。御社では予算の采配などを若手社員がしているとお聞きしました。新しい企画を出して、プロジェクトを任せていただけるように業務に邁進していきたいと思います。

状況別の転職活動を行うのにおすすめのタイミング

必ずしも第二新卒が転職活動を始めるべきタイミングではありません。その人の状況や目指す職種や企業によっては、転職するタイミングを遅らせた方が良い場合もあります。そこでここでは、状況別の転職活動を行うのにおすすめのタイミングを解説します。

異業種へ転職したいケース

異業種へ転職したいケースは1日でも早く転職するのがベターですね。なぜなら、企業は未経験者を採用する際は育成することを前提に考えているため。

異業種の場合は前職の経験があまり役に立ちにくい傾向があります。若手人材は業務の吸収力があると考えられているため、年齢的に早めに転職した方が有利になるかもしれません。

同業他社へ転職したいケース

同業他社へ転職したいケースは現職である程度結果を出してから転職するのをおすすめします。なぜなら、業界経験者や職種経験者の場合は即戦力として評価してもらえる可能性が高いため。

同業他社への転職するタイミングは経験年数ではなく、自分の実績次第で決めましょう。

キヨちゃん

転職エージェントに登録して、自分の市場価値を測ってみても良いですね。

大手企業へ転職したいケース

第二新卒枠を設けている大手企業は増加の一途を辿っていますが、倍率が高いのがネックになります。大手企業へ転職したいなら、同業他社への転職と同様に現職で結果を出しましょう。

異業種から大手企業へ転職したい場合は今回の転職では希望業界の中小・ベンチャー企業へ転職してみてください。その後転職先で結果を出してから、キャリアアップのタイミングで転職するのをおすすめします。

やむを得ない事情で転職したいケース

やむを得ない事情で転職したいケースは早めに転職活動を開始しましょう。

やむを得ない事情の例

  1. ハラスメントを受けている
  2. 長時間労働により精神・身体に影響を出ている


現職の会社が労働基準法に違反している場合も、すぐに転職活動を始めることをおすすめします。この場合は退職理由をきちんと伝えられれば、応募企業の理解が得られるため、転職活動でも不利になりにくいですね。

第二新卒におすすめの転職エージェント3選

第二新卒に特化したエージェントでは、手厚いサポートを受けることができます。

実際、高い内定率が出ていますし、友人が内定獲得できたのもこちらでした。

今回は第二新卒におすすめの転職エージェントを紹介します。

既卒サービス「ハタラクティブ」

ハタラクティブ
ハタラクティブ

私が実際に使った中でおすすめしたいのは「ハタラクティブ」です。利用者のほとんどが既卒・フリーターで、社会人経験ゼロの人を対象に色々な就活支援をしてくれます。

私が使ったハタラクティブのおすすめポイント

  1. 求人の質が高く、既卒から上場企業の正社員になれる!
  2. 一人で就職活動をするより、圧倒的に内定しやすい
  3. 他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート

求人の紹介だけでなく、既卒の就活を知り尽くしたキャリアコンサルタントによる、「自己分析サポート」「履歴書・エントリーシートの添削」「模擬面接」のサービスを提供していて、既卒の就職を徹底サポートしてくれます。興味がある人は以下をチェックしてみてください。

ハタラクティブの無料登録はこちら

既卒サービス「第二新卒エージェントneo」

第二新卒エージェントneo

私も利用しましたが、特におすすめなのが「第二新卒エージェントneo」です。その名の通り、既卒・第二新卒・フリーター向けの就職支援サービスです。就職/転職満足度No.1の実績を誇り、全てのサービスを無料で使うことができます。

私が使った第二新卒エージェントneoのおすすめポイント

  1. 担当コンサルタントが内定獲得まで完全フォロー
  2. 厳選した企業の未経験OK求人を紹介してもらえる
  3. サービスの満足度が高く過去実績も確か

過去に22,500人以上の支援実績があり、そのうち10,000人以上は職務経験無しの人達です。
未経験で活動の方法が分からないからこそ、イチから丁寧に教えてもらいたい。既卒という立場での活動だからこそ、きちんと準備して優良企業に入りたい。そんな人に向けたサービスとして、業界で確かな実績を残しています。

第二新卒エージェントneoの詳細を見てみる

既卒サービス「マイナビジョブ20’sアドバンス」

マイナビジョブ20’sアドバンスは、大学・大学院を卒業した人で、未就業の方向けの就職支援サービスです。利用者の対象を絞っているため、普通の就活サイトよりもライバルが少ないのも特徴です。

マイナビジョブ20’sアドバンスの特徴

  1. 既卒を積極的に採用している企業に多数出会える「特別選考会」へ案内してくれる
  2. 仕事擬似体験型研修があるから、就職後のミスマッチが少ない
  3. 最短2週間で内定をもらうことが可能

本来持っている、一人ひとりのパーソナリティを評価する選考会になるから、既卒で未就業という経歴がハンデになることもありません。

登録すると、個人の適性・志向性に合わせた職種別研修を行い、その中で仕事を疑似体験できるため、就職後とのイメージのギャップをおさえることができます。「せっかく就職したのに、嫌な仕事内容だった」なんてこともないでしょう。

実績として、最短2週間で内定を獲得できるため、スピーディーに就職したい人におすすめです。

マイナビジョブ20’sアドバンスの無料登録はこちら

※新宿・大阪オフィスに来社できる方のみを対象としたサービスになりますので、来社が難しい方はサポート対象外になります

まとめ:第二新卒の転職は成功しやすい!特に異業種への転職は早めに行動しよう!

今回は第二新卒の期間や企業側が第二新卒を採用する理由、転職のリスク、転職活動で覚えておくべきこと、転職を成功させるためのコツ、状況別の転職活動を行うタイミング、 第二新卒におすすめの転職エージェントを紹介しました。

では、記事の内容をまとめます。

記事の内容まとめ

  • 採用企業側でも入社3年目未満の若手社員が不足している
  • 転職活動のタイミングは置かれている状況や目指す企業や職種によって異なる
  • 第二新卒特化型の転職エージェントを複数登録しておく


第二新卒は入社3年目までの若手社会人のことで、転職の市場価値が高い存在です。基本的に転職するのに最適な第二新卒の時期ですが、同業他社の場合は結果を出してから即戦力として転職した方が良いかもしれません。

良い求人はすぐになくなってしまいます。異業種や将来的に大企業への転職を検討している場合は、第二新卒転職エージェントに無料相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介したサービス

  1.      「ハタラクティブ」:【内定率86%】既卒フリーターの内定実績No1!
  2. 「第二新卒エージェントneo」:【就職/転職満足度No.1!】過去の就職成功者は15,000人以上!
  3. 「マイナビジョブ20’sアドバンス」:就職/転職満足度No.1!既卒・フリーターなら活用必須!  

監修者プロフィール

フジワラ
運営者:フジワラ
27歳の元既卒生。 大学在学中から続けていた塾講師のアルバイト経験のみだったが、一念発起して就職活動に取り組み、既卒の立場で2社から内定を獲得。実体験を元にした確かな情報提供を心がけていきます。

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

imasia_14141661_S-2 1
ハタラクティブ(未経験・フリーターから有名企業の正社員へ)

既卒フリーターの内定実績No1!他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポートや、既卒から上場企業の正社員になれる求人多数

imasia_14141661_S-2 2
えーかおキャリア(定着率97%!事務職、広報、営業など、あなたの希望を叶える仕事をご紹介!)

内定率は転職エージェントの4倍を誇る充実のサポート!求人紹介、面接対策や内定後のキャリアプランを含めて、2人3脚であなたの就職・転職を徹底サポートします。

imasia_14141661_S-2 3
第二新卒エージェントneo(就職/転職満足度No.1!過去の就職成功者は15,000人以上)

就職できるまで二人三脚で、圧倒的に親身になって就職をサポートしてくれる!

4
ウズキャリ既卒(既卒の内定実績86%!他社の10倍時間をかけて、就活をサポート)

他社の10倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート!離職率の高いブラック企業は紹介しないポリシーを貫いています。

imasia_14141661_S-2 5
JHR就職エージェント(内定率92%!上場企業や有名企業など、ご紹介件数5000社以上も!)

JHR就職エージェントに登録すれば、求人紹介だけでなく「面接対策」「自己PRやエントリーシートの添削」のサポートが受けられ、内定後や入社後にも丁寧にサポートしてくれるため利用者の満足度は96%!