第二新卒はいつまでか?退職理由の伝え方やベストな転職時期を紹介!

この記事はこんな人向け

  • 第二新卒っていつまで?
  • 第二新卒でも待遇の良い会社に入れるか?
  • 第二新卒のベストな転職時期を知りたい

第二新卒だけど、今すぐにでも転職したい!でも、「石の上にも3年」と言いますし、「辛くても我慢すべきかな…」とお悩みではありませんか?

現在、第二新卒の需要が高くなっており、ベストな転職の時期なんです。第二新卒向けの転職エージェントもあるため、初めての転職活動でも不安はありません。

今回は第二新卒の転職成功者の知人へのインタビュー形式で、転職活動での退職理由の不利にならない伝え方、第二新卒の転職を成功させるためのポイントをお伝えしていきます。

第二新卒はいつまでか?既卒との違い

ここがポイント

第二新卒・・・学校を卒業後、一度就職したが3年以内に離職し、転職を志している人。
(参照:マイナビジョブ20’

大学院卒、浪人、留年、留学をしている人もいるため、基本的に年齢の縛りはありません。

ここに注意!

  • 求人によっては、25歳以下や30歳未満など制限をかけている企業もあります。

最近、新たに第二新卒枠を設けて、第二新卒を積極的に採用する企業も増えています。

ここがポイント

既卒・・・学校を卒業後から3年以内に一度も就職したことがない人(社会人経験がない人)(参照:マイナビ転職

第二新卒と既卒の違いは、短期間でも正社員の就労経験があるかどうかです。

社会人経験のある若手を採用できるため、既卒より第二新卒の方が重宝される傾向がありますね。

既卒/フリーターの就活に強い!無料登録しておくべき神サイト

既卒で就職活動を頑張りたいけれど、「どんな就職サイト/サービスを使って就活すればいいの…?」と、悩んでいませんか?

そこで、私が既卒として就活した時に利用した、「既卒歓迎」のホワイト企業の求人を紹介してくれる就職サイトをご紹介します。無料なので登録しておいて損はないと思います!

なぜ、第二新卒の転職で退職理由を聞くのか?

退職理由を聞く理由は、長期間定着できる人かどうかを見極めるため。

採用にはコストがかかるため、業績で貢献せずに早期退職されると、大きな損失ですよね。

第二新卒は前職をいわゆる赤字社員のまま辞めているため、採用には慎重になります。

そのため、「同じ失敗を繰り返さないように、前職での反省を活かせる人材」を求めています。

フジワラ

面接官が「この人なら次は入社後のミスマッチを起こさない」と信用されることが内定の最低条件ですね。

社風に馴染め、失敗を改善できる人なら長期的定着できると判断してもらえます。

転職活動での退職理由の不利にならない伝え方

前向きな退職理由は、企業から評価が高いです。

退職理由は人間関係や労働条件、仕事内容などネガティブな理由になりがちです。

「残業が多かった」「上司との相性が合わなかった」など理由は、会社や人のせいにしている印象を受けます。

すると、「この人にも問題があるのではないか?」「うちの会社でも同じように文句を言うのでは?」と警戒されてしまいます。

会社が嫌な理由ではなく、自分にも問題があるという視点で退職理由を考えてみてください。

そうすると、自分がしたかった働き方(転職先に求める条件)が分かってきます。

キヨちゃん

前職の悪口は控え、退職理由と転職先に求める条件に一貫性を持たせると、前向きで説得力のある印象がつきますよ。

企業側が積極的に第二新卒を採用しているワケ

終身雇用制度を崩壊しつつある現在、一つの会社に勤め続ける人の方が少数派です。

そんな状況のため、第二新卒の需要は年々高まっています。

事実、マイナビ転職「中途採用状況調査」によると、第二新卒を積極的に採用したい企業が約60%を占めています。

ここでは、企業側が積極的に第二新卒を採用しているワケを解説します。

採用企業側でも入社3年目未満の若手社員が不足している

第二新卒を積極採用しているワケは、採用企業側でも入社3年目未満の若手社員が不足しているため。

事実、厚生労働省の「新規学卒就職者の離職状況(平成28年度3月卒業者)によると、大学卒業後3年以内の離職率は32%でした。

第二新卒枠は、早期退職してしまった若手社員の人員補充を目的としています。

前職の会社に染まりきっていないので馴染みやすい

第二新卒を積極採用しているワケは、前職の会社に染まりきっていないので馴染みやすいため。

第二新卒は、前職の経験年数が長い人より柔軟性がある傾向です。例えば、企業で5〜10年働くと、社風や仕事のやり方が染み付いてしまいます。

ユウキ君

簡単な作業を指示しても、慣れている前の会社のやり方にこだわる人も…

第二新卒は染まるほど前職の経験がないため、新しい知識や仕事のやり方を吸収するスピードが早いです。

ビジネスマナーが身についているので教育コストが少ない

第二新卒を積極採用しているワケは、ビジネスマナーが身についているので教育コストが少ないため。

第二新卒は社会人経験があるため、言葉遣いや振る舞い、社会人としてのマナーが身に付いています。

新卒の場合、名刺の渡し方などのマナー研修が必要ですが、第二新卒の場合は省くことができ、すぐに業務に入ることが可能です。

新卒に年齢が近い

第二新卒を積極採用しているワケは、新卒に歳が近いため。

新卒の年齢に近い若手が入社すると、ベテラン社員や中堅社員は仕事を教える場面が増えます。

業務をしっかり理解していないと教えることはできません。そのため、教えるたびに自社のサービスや商品、仕事内容についての理解が深まります。

若手に成績を抜かれないように競争意識が生まれ、相乗効果で会社の業績も伸びやすいです。

第二新卒の就活は厳しい?転職のリスクを知っておく

第二新卒は転職のベストな時期であることに間違いはありません。

しかし、必ずしも就活が成功する保証はなく、短期離職者というレッテルを貼られることになります。

ここでは、第二新卒の転職のリスクを紹介していきます。

短期離職しているため、信用が低い

第二新卒の転職のリスクは、信用が低いことです。

なぜなら、前職を3年以内に辞めている事実があるため。

転職先から「うちの会社も同じようにすぐに辞めてしまうのでないか?」と思われてしまいます。

企業側は若くて、長期的に定着してくれる人材を雇用したいもの。

企業は採用コストが無駄にならないよう、慎重に選考するので、面接の難易度は低くありません。

即戦力を求める企業は第二新卒の採用を実施していない

気になっている企業が第二新卒枠ではなく、中途採用枠で求人募集している場合もあります。

その場合はどれだけ熱意をアピールしても、内定を獲得することは難しいですね。

なぜなら、通常の中途採用は経験・スキルを重視するため。

育成前提の第二新卒枠と違い、中途採用枠はプロジェクトのために即戦力の人員補充が目的です。

そのため、スキルの乏しい第二新卒には縁遠い求人も存在します。

第二新卒の転職活動で覚えておくべきこと

第二新卒の転職活動では、新卒就活のように選択肢がたくさんありません。

では、狭まった選択肢から最善の転職先を見つけるためにはどうすれば良いでしょうか?

ここでは、第二新卒の転職活動を有利にするために覚えておくべきことを挙げていきます。

第二新卒の転職活動は短期決戦

第二新卒の転職活動は、短期決戦であることを覚えておいてください。

なぜなら、転職の求人は欠員補充が目的なので、企業は早く人材を確保したいため。

転職活動はできるだけ採用フローを削り、入社日を早める必要があります。

一方、新卒就活は多くの応募者から優秀な人材を確保するため、3〜6ヶ月程度じっくり選考を行う長期戦です。

フジワラ

入社日が来年度の4月で統一されているので、急いでも意味がないんですよね。

第二新卒の転職活動が成功しやすい時期は1〜3月or7〜9月

第二新卒の転職活動を行うなら、1〜3月or7〜9月の時期をおすすめします。

なぜなら、4月と10月入社が転職しやすいとされているため。

4月は1年以内に辞めた社員や定年退職者の人員補充が必要になります。

また、新卒社員と研修をまとめて行うことができるため、企業にとって合理的です。

10月は異動や転勤の時期のため、欠員補充の求人を増加します。

キヨちゃん

ボーナスを受け取ってから退職する第二新卒者も多いため、7〜9月に第二新卒の求人を出す企業も多いですね。

未経験の業界・職種にキャリアチェンジするなら最適

第二新卒の転職活動は、未経験の業種・職種にキャリアチェンジするチャンスです。

新卒で入社できなかった業種や職種に再度挑戦することもできます。

逆を言えば、第二新卒を逃すと、未経験の業界・業種への転職の難易度は格段にアップしますね。

経験やスキルを評価する転職市場でも、第二新卒なら意欲や人柄重視のため、採用のハードルは高くありません。

第二新卒の転職を成功させるためのポイント

第二新卒の転職は、新卒就活はもちろん、通常の中途採用とも若干勝手が異なります。

そこで、第二新卒には第二新卒の戦い方が存在するんです。

ここでは、転職を成功させることためのポイントを挙げていきます。

在職中に転職活動をする

第二新卒の転職を成功させるためのポイントは、在職中に転職活動をすることです。

なぜなら、キャリアに空白期間があると、転職活動に不利になるため。

空白期間の長いと、面接官から就労意欲が低さやどこも採用しない仕事ができない人など色眼鏡で見られてしまいます。

空白期間を作ることで選択肢を狭めてしまうのは勿体ないので、とりあえず退職することはおすすめしません。

ここに注意!

  • 転職活動の時間が確保できない場合や心身の不調が出ている場合は、退職してから転職活動を始めてくださいね。

転職にベストな年齢は入社2〜3年目

第二新卒の転職活動をするなら、入社2〜3年目がおすすめです。

なぜなら、入社1年目は、必要最低限のビジネスの知識やマナーが身についていないと判断されやすいため。

例えば、入社1年目の第二新卒と新卒のどちらかを採用する場合、短期離職者で信用の低い第二新卒より経歴がまっさらな新卒を採用した方がメリットが大きいです。

入社2〜3年目の場合、電話対応やメールのやりとりにも慣れ、企業が求めている第二新卒像に当てはまります。

そのため、現状の企業に不満を感じている入社2〜3年目は転職を検討してみてくださいね。

前職の経験と仕事への意欲をアピールする

ビジネスマナーはもちろん、前職での経験や仕事への意欲もアピールも大切です。

大きな実績がないことは企業側も分かっているので、「どの程度の仕事を任されていたか→その経験から学んだこと」を伝えることをおすすめします。

企業の社風や業務内容とマッチしている前職での経験があれば、アピールしてみてください。

ここに注意!

  • 企業の求める人物像に無理やり合わせにいくと、入社後のミスマッチにつながります。

あくまで自分と企業の一致点があれば、アピールしてみてください。

あまりにも社風と合わない企業は入社して馴染めない可能性があるため、選考を受けること自体おすすめしません。

転職活動に必要な資金を貯金しておく

第二新卒の転職を成功させるためのポイントは、職活動に必要な資金を貯金しておくです。

なぜなら、資格に余裕がないと、納得のいく転職ができなくなるため。

会社を辞めてからの転職活動の場合、失業保険の給付には最低でも3ヶ月かかります。

金銭的な余裕がないと、生活のために早く転職先を見つけなければなりません。

企業が星の数ほどあるため、転職活動の成功には十分な比較検討が必要です。

後悔しない転職活動にするためにも、最低でも転職期間の3ヶ月の生活費は確保しておくことをおすすめします。

複数の転職エージェントに登録する

複数の転職エージェントに登録し、キャリアアドバイザーに、他の転職エージェントの登録している旨を伝えてみてください。

ここがポイント

転職エージェントのビジネスモデル・・・転職が成功した際に、紹介した企業から求職者の年収の30%前後をもらう。

転職エージェントは自社を経由してもらわないとお金が発生しません。

そのため、自社で転職してほしいので、待遇の良い求人を紹介してもらえる可能性が高まります。

第二新卒におすすめの転職エージェント3選

第二新卒に特化したエージェントでは、手厚いサポートを受けることができます。

実際、高い内定率が出ていますし、友人が内定獲得できたのもこちらでした。

今回は第二新卒におすすめの転職エージェント3選を紹介します。

既卒サービス「マイナビジョブ20’sアドバンス」

マイナビジョブ20’sアドバンスは、大学・大学院を卒業した人で、未就業の方向けの就職支援サービスです。利用者の対象を絞っているため、普通の就活サイトよりもライバルが少ないのも特徴です。

マイナビジョブ20’sアドバンスの特徴

  1. 既卒を積極的に採用している企業に多数出会える「特別選考会」へ案内してくれる
  2. 仕事擬似体験型研修があるから、就職後のミスマッチが少ない
  3. 最短2週間で内定をもらうことが可能

本来持っている、一人ひとりのパーソナリティを評価する選考会になるから、既卒で未就業という経歴がハンデになることもありません。

登録すると、個人の適性・志向性に合わせた職種別研修を行い、その中で仕事を疑似体験できるため、就職後とのイメージのギャップをおさえることができます。「せっかく就職したのに、嫌な仕事内容だった」なんてこともないでしょう。

実績として、最短2週間で内定を獲得できるため、スピーディーに就職したい人におすすめです。

マイナビジョブ20’sアドバンスの無料登録はこちら

※新宿・大阪オフィスに来社できる方のみを対象としたサービスになりますので、来社が難しい方はサポート対象外になります

既卒サービス「ウズキャリ既卒」

私も利用しましたが、特におすすめなのが「ウズキャリ既卒」です。とにかくサポートが充実しており、企業面接ごとに、1回2時間をかけ、合計20時間以上にわたって徹底的に面接対策をしてくれます。

私が使ったウズキャリ既卒のおすすめポイント

  1. ブラック企業を完全排除している(そもそもUZUZがホワイト企業大賞特別賞を受賞している)
  2. 既卒採用に積極的な企業を10社以上紹介してもらえる
  3. 一人で就職活動をするより、圧倒的に内定しやすく最短2週間で内定も可能!

離職率や残業時間が慢性的に長いなどの、厳格な基準でブラック企業を徹底排除しているため、内定者の定着率も95%と非常に高いです。

ウズキャリ既卒の詳細を見てみる

既卒サービス「DYM就職」

私はフリーター期間が長かったので、書類選考で落とされてしまうことが多く、面接で挽回するためにかなりの数の企業に応募していました。

しかし、DYM就職なら企業側と信頼関係を構築しており、書類選考や一次選考を免除してくれるので、履歴書を書きまくる苦労がいりません。

既卒の就職成功率は過去3年間、45%前後とかなり低い水準です。DYM就職は既卒就活について知り尽くしたキャリアドバイザーの手厚いサポートもあり、既卒の就職成功率は業界トップの96%を誇ります。

面談可能な拠点は全国28箇所あるため、地方でも対面でも面接のフィードバックを受けることができるのが強みです。

私が実際に使って感じたDYM就職の強み

  1. 企業との信頼構築はあり、書類選考、一次選考免除
  2. 既卒就活の戦い方を知っているキャリアアドバイザーがサポート→内定率96%
  3. 電車で1本の場所で面談が受けられた

60秒で完了!DYM就職の無料登録はこちら

第二新卒の需要は高い!転職を検討している人は早めに

今回は、転職活動での退職理由の不利にならない伝え方や第二新卒の転職を成功させるためのポイントを紹介しました。

では、記事の内容をまとめます。

記事の内容まとめ

  • 転職活動で退職理由を伝える時は前向きな理由を
  • 採用企業側でも入社3年目未満の若手社員が不足している
  • 第二新卒特化型の転職エージェントを複数登録しておく

第二新卒の定義は入社3年まで人で、積極採用している企業はたくさんあります。

スキルと経験が評価される転職市場で、人柄と意欲で転職が可能な第二新卒カードは貴重です。

現在の会社に不満を感じているのなら、入社2〜3年目の人は迷わず、転職することをおすすめします。

第二新卒の転職を検討している人は、今回紹介した転職エージェントに無料相談してみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介したサービス

  1.      「マイナビジョブ20’sアドバンス」:最短2週間で内定!就活のプロが全面サポート    
  2.      「ウズキャリ既卒」:離職率の高いブラック企業は紹介しない!.他社の10倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート!    
  3.      「DYM就職」:既卒の就職率96%!既卒でも大手企業の内定が狙える!

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

imasia_9065120_S1
ウズキャリ既卒(既卒の内定実績86%!他社の10倍時間をかけて、就活をサポート)

既卒になると、新卒の時のようにナビサイトが使えなくなり、既卒歓迎の求人を探すのに苦労すると思います。既卒求人の見つけ方を知らないと、「どうしよう」と途方に暮れてしまいますよね。そこで、既卒採用の求人を見つける効率的な方法をご紹介します!

imasia_14141661_S-2 2
マイナビジョブ20’sアドバンス(最短約2週間で内定獲得!既卒で就活するなら登録必須!)

マイナビが既卒の採用意欲が高い企業を厳選して紹介してくれる!

imasia_14141661_S-2 3
DYM就職(既卒の就職率96%!既卒でも大手企業の内定が狙える)

既卒向け求人2000件以上から、企画・マーケティング・事務・クリエイティブなど、様々な職種の仕事を選ぶことができます。

imasia_9065120_S4
オールジョブコミット(採用決定率95%!専門アドバイザーによる丁寧なサポートが魅力!)

400件以上の厳選ホワイト企業から、あなたに合った企業を紹介!めんどくさい応募手続きもエージェントが代行してくれます!

5
ハタラクティブ(既卒フリーターの内定実績No1!)

ハタラクティブで「既卒内定のプロによる模擬面接トレーニング」を受ければ、厳しい既卒の面接にも万全な対策が可能です。求人の質も高く、既卒から上場企業の正社員になれます!