30代職歴なしから正社員になる!私が使った就職支援サービスと必須ノウハウを公開

この記事はこんな人向け

  • 職歴なしのまま30代を迎えて、今後どうしよう…
  • 職歴なしでもちゃんとした仕事に就ける?
  • 職歴なしの人はどんなサービスを使うのが効果的?

20代で働いた経験があるのはアルバイトと派遣のみ。いわゆる「職歴なし」のまま年齢を重ねると、これからの巻き返しがどんどんきつくなってきます。おそらく現時点で周囲の同年代に比べて、かなり置いていかれてしまっていることでしょう。

でも心配はいりません。仮に職歴なしのまま30代を迎えたからといって、正しい活動方法で職探しをすれば、きちんと安定した会社で働くことができます。私もアラサーまで塾講師アルバイトの経験しかありませんでしたが、職歴なしの人向けの就職サービスを使って2社から内定を得ることができました。

今回は実際の体験談をベースに、職歴なしの人でも安定した仕事に就くためのノウハウをお伝えします。

30代職歴なしの人が理解すべき現実

30代で職歴がない状態は、目に見えないデメリットがたくさんあります。しかし、自分が現実を知っておくことで、正社員になることの重要性がはっきりします。

具体的には、下記のような現実を理解しなければなりません。

30代職歴なしの人が理解すべき現実3つ

  1. 現時点ですでに同年代と大きな差がついている
  2. これから正社員として就職するのは可能だが楽な道ではない
  3. スキルや経験がないと給与も低い

現時点ですでに同年代と大きな差がついている

30代職歴なしの人が理解すべき現実は、現時点ですでに同年代と大きな差がついていることです。なぜなら、同世代の正社員は収入が上がり、生活水準が上がっているため。

例えば、30代の正社員は貯金があるため、車を購入したり、趣味のゴルフに没頭したり、旅行に行くなど贅沢をできるようになります。

一方、30代で職歴がない場合、20代から生活水準は変わらず、贅沢は基本できません。また、どんどん同年代の話についていけなくなり、孤独感を感じることも増えていきます。

これから正社員として就職するのは可能だが楽な道ではない

30代職歴なしの人が理解すべき現実は、これから正社員として就職するのは楽な道ではないことです。

なぜなら、20代のように若さからポテンシャル採用されることは少ないため。

20代なら、現時点で戦力ではなくても、数年後には成果を出してくれると見込んで、採用される場合があります。

30代は成長性が薄く、即戦力でないと、採用するメリットがほとんどありません。そのため、30代で職歴がないと、正社員に就職するには難しくなってきます。

スキルや経験がないと給与も低い

30代職歴なしの人が理解すべき現実は、スキルや経験がないと給与も低いことです。なぜなら、スキルや経験がないと、誰にでもできる仕事しかさせてもらえないため。

例えば、接客のアルバイトにはマニュアルがあり、誰かが休んでも業務が回るように仕組み化されているため、給与は安めに設定されています。

しかし、弁護士など専門性の高い職種はイレギュラーな案件が多く、代わりが利かないため、高収入です。つまり、スキルや経験がないと、単調な仕事しか選べなくなり、給与は低いままです。

フジワラ

30代が就職する最後のチャンスかもしれませんね…

既卒/フリーターの就活に強い!無料登録しておくべき神サイト

既卒で就職活動を頑張りたいけれど、「どんな就職サイト/サービスを使って就活すればいいの…?」と、悩んでいませんか?

そこで、私が既卒として就活した時に利用した、「既卒歓迎」のホワイト企業の求人を紹介してくれる就職サイトをご紹介します。無料なので登録しておいて損はないと思います!

職歴なしで将来待ち受けている現実

30代で職歴がない状態でも、厳しい現実が待ち受けています。

では、このまま40代や50代まで職歴なしでいるとどうなってしまうのでしょうか。具体的には、以下のような状況になってしまいます。

ずっと職歴なしでいるとどうなるか

  1. 雇ってくれる会社がどんどん減る
  2. 生活がどんどんキツくなる
  3. 結婚も厳しく孤独な老後になる可能性も…

雇ってくれる会社がどんどん減る

ずっと職歴なしでいると、雇ってくれる会社がどんどん減っていきます。なぜなら、30代後半以上の職歴なしの未経験者を採用している企業はほとんどないため。

事実、ハローワークでは正社員の求人のほとんどが35歳以下を条件としています。未経験でもスキル不足でもいいから、35歳以下の条件だけは譲れない企業も多いのが現状です。

30代前半なら未経験者歓迎の業界なら就職先はありますが、30代後半は体力の衰えもあり、就職の難易度は上がってしまいます。そのため、職歴のなしもままでいると、就職できる会社は少なくなっていきます。

生活がどんどんキツくなる

ずっと職歴なしでいると、生活がどんどんキツくなっていきます。なぜなら、退職などで親に養える財力がなくなれば、一人で生活していく必要があるため。

妻が専業主婦、夫が正社員として40年間就業した場合の国民年金と厚生年金の額は、以下の通りです。

平成31年度(月額)
国民年金(老齢基礎年金(満額):1人分) 65,008円
厚生年金(夫婦2人分の老齢基礎年金を含む額) 221,504円

(参照:厚生労働省

もらえる年金額の合計は、約35万程度と夫婦で生活していくだけで精一杯です。

親が頼れなくなったら、生活保護を受給すれば良いと考えている人もいますが、生活保護は条件を満たさないともらえません。

親族に金銭的な援助が求めることができたり、車や家などの資産がある場合は売らない限り、生活保護の受給対象からは外れてしまいます。

職歴なしでいるとの状態が続くと、どんどん生活はキツくなります。

結婚も厳しく孤独な老後になる可能性も…

ずっと職歴なしでいると、結婚も厳しく孤独な老後になる可能性も出てきます。なぜなら、職歴がない状態だと結構したい相手がいても、結婚を断られたり、相手の親から結婚の許しが出ないことがあるため。

職歴がない状態は「将来のことを考えていない」など悪いイメージが付いているため、結婚適齢期の恋人から別れを切り出されたり、恋人の親に結婚を反対されることもあります。

結婚出来なければ、老後に面倒を見てくれる家族がいないため、寂しい晩年を過ごす可能性が出てきます。

キヨちゃん

当たり前の話ですが、無職の人と結婚するのは将来の生活が心配なので、できればきちんと働いている人と結婚したいですね…。

30代職歴なしから就職する方法

30代で職歴がないことは、正社員への就職に不利な状況で、今後歳を取るたびに就職しづらくなっていきます。

しかし、30代からでも正社員になる方法はちゃんと存在します。具体的には、以下の通りです。

30代職歴なしから就職するために

  1. 未経験から応募可能な求人に応募する
  2. 紹介予定派遣に応募する
  3. 正社員登用制度があるアルバイトや契約社員に応募する

未経験から応募可能な求人に応募する

30代職歴なしから就職する方法は、未経験から応募可能な求人に応募することです。

理由として、人手不足な業界や職種なら年齢や経験を問わずに採用される場合があるため。具体的には、以下の職種や業界がおすすめです。

ここがポイント

  • 人手不足な職種:営業職や介護職
  • 人手不足な業界:IT業界や飲食業界

営業職は、メーカーなど自社商品を売る営業から広告など無形商材を売る営業などがあります。

ジャンルが豊富なため、求人の募集数も多く、未経験からの採用されやすいです。

また、ビジネスの基本となるスキルや知識を学ぶことができ、営業職以外に転職することも可能ですね。

介護職は、超高齢化社会の日本では需要が高まっています。外国人採用や40代の未経験者採用など人手を欲している状態で、就職しやすい職種です。

資格を取得すれば手当がつきますし、今後も国が給与アップや労働環境を改善していく動きがあります。

今はどの業界もIT化が進んでいるため、ITスキルを持つ人材が不足しています。未経験のエンジニアを採用し、育成して戦力にする企業もあり、就職しやすい業界です。今後の伸びていく業界のため、転職にも有利に働きます。

飲食業界は仕事が大変な分、人の入れ替わりがあるため、未経験からでも就職しやすいです。ホールの場合、お客さんと直接接するため、やりがいが大きい仕事です。

また、食文化は流行り廃りありますが、日本の食べ物は海外旅行客から評判も良いため、今後もさらに発展していきます。

紹介予定派遣に応募する

30代職歴なしから就職する方法は、紹介予定派遣に応募することです。

フジワラ

紹介予定派遣とは、派遣社員として一定期間就業して、問題がなければ派遣先に正社員として入社できる制度のことです。

正社員として採用される可能性が高く、働いてみて自分に合わないと思えば、入社を断ることもできます。

派遣として働いている期間も職歴になるので、就活に有利に働きます。

紹介予定派遣で働くことで、じっくり会社の善し悪しを見極められるのでおすすめです。

正社員登用制度があるアルバイトや契約社員に応募する

30代職歴なしから就職する方法は、正社員登用制度があるアルバイトや契約社員に応募することです。

フジワラ

正社員登用制度とは、一定期間アルバイトや契約社員として働き、成果を出せれば、正社員に登用できる制度のことです。

成果の基準は企業ごとに異なるため、採用の際に質問してみるのがいいでしょう。必ずしも正社員になれるわけではないため、注意が必要です。

職歴なしのから正社員を目指すならエージェントを使うべき

30代で職歴なしでも正社員になれる方法はあります。

しかし、就活に時間がかかり、年齢が上がれば、正社員への就職を逃す結果になるかもしれません。

そのため、効率的な就活を行うためにもエージェントを使用するのがおすすめです。

理由1:アドバイザーに相談に乗ってもらえる

エージェントのアドバイザーは就活のプロのため、初歩的な質問にも丁寧な回答してくれます。

就活に不安がある人は、相談だけでもしてみるのがおすすめですね。

理由2:ブラック企業を回避できる

求人は転職エージェントが独自に調査した企業のみ掲載しています。

「離職率が高い」「残業時間が長い」「ハラスメントがある」「求人情報と大きく異なる」などブラック企業は排除されています。

そのため、安心して、求人を紹介してもらえます。

理由3:そもそも全てのサービスが無料で使える

転職エージェントでは、以下のサービスを無料で受けることができます。

エージェントのサービス一覧

  1. 無料カウンセリング
  2. 求人紹介
  3. 面接対策
  4. 応募書類の添削
  5. 面接日の日程調整
  6. 内定後の収入交渉

面接対策ではエージェントからフィードバックや、掲載求人の内部事情を教えてくれるため、就活を有利に進めることが可能です。

転職エージェントのビジネスモデルは、求人企業への求職者の就職が決定した際に紹介手数料が発生し、それがエージェント側の報酬になります。

そのため、求職者は無料で全てのサービスを使うことができます。

30代職歴なしが就活する前のセルフチェックシート

ニート歴が長い人が、いきなり就活をしても失敗に終わるかもしれません。しかし、就活の前にリハビリをすることで、就職の成功率はかなり上がります

ここでは、以下の30代のニートが就活する前にやるべきことを紹介します。

職歴なしの人が就活前にやった方がいいこと

  • 無気力状態を脱しておく
  • アルバイトや資格の勉強を始めて、就活のネタ作りをしておく
  • 職業訓練校に通い、社会復帰をする

無気力症候群を脱しておく

ニートは就活をする前に、無気力状態を脱しておく必要があります。

無気力症候群

なにもする気力がないこと。意欲のないこと。意欲が低下したり、自発性が低下したり、感情の起伏が小さくなったり、周囲に無関心になったりするような無気力な症状を呈することを「無気力症」「無気力症候群」「アパシー・シンドローム」といいます。(一部抜粋)

引用 :https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/heart/yk-059.html

改善策としては、抱えている悩みを紙に書き出して、気持ちをスッキリさせてください。

また、同時に生活習慣の見直しも行うことで、就職後の規則正しい生活への免疫をつけることができます。

まずは就活に対して、意欲的になるために、無気力状態を脱しておきましょう。

アルバイトや資格の勉強を始めて、就活のネタ作りをしておく

ニートは就活をする前に、アルバイトや資格の勉強を始めて、就活のネタ作りをすることがおすすめです。

なぜなら、面接ではほとんど「空白期間に何をしていたか?」という厳しい質問されるため。

ニート期間に何をしていたかを答えられないと、成長意欲がない人だと思われてしまいます。

アルバイトや就活する職種で役立つ資格を取得することで、入社後も成果を出すために努力し続けられる人という印象をつけることができます。

まずはアルバイトや資格の勉強から始めてみることが検討してみてくださいね

職業訓練校に通い、社会復帰をする

ニートは就活をする前に、職業訓練校に通い、社会復帰をすることがおすすめです。

なぜなら、社会に出る前に学校で周りの人とコミュニケーションを取りながら、スキルを学ぶことができるため。

職業訓練校では、PC、簿記、営業、ITなどを学べる基礎コースと実践コースがあり、期間は3〜6ヶ月です。

学んだスキルは就活のアピールにもなり、給与をもらうこともできます。

職業訓練校は社会復帰に打ってつけのため、就活前の通うことを検討することをおすすめします。

まとめ:30代で職歴なしでも正社員になれる!今行うべきことを認識して、行動に移そう

この記事では、30代職歴なしの人が理解すべき現実や30代職歴なしから就職する方法を紹介してきました。

では、この記事の内容をまとめます。

この記事のポイント

  • これから正社員として就職することは可能
  • 未経験から応募可能な求人に応募する
  • 職歴なしの人はエージェントを使うべき

30代職歴なしから就職する方法は、以下の通りです。

この記事のまとめ

  1. 未経験から応募可能な求人に応募する
  2. 紹介予定派遣に応募する
  3. 正社員登用制度があるアルバイトや契約社員に応募する

フジワラ

就職する方法は様々ありますが、どれを選ぶにしても今行動を起こすことが重要ですね。

30代職歴なしでも、未経験から応募可能な求人なら十分に採用される可能性はあります。

しかし、30代後半になると、正社員への就職の難易度は上がってしまうので、早めの行動が必要です。

手遅れにならないように、まずは今回紹介した就職エージェントに無料相談して、正社員を目指してみてはいかがでしょうか。

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

imasia_9065120_S1
ウズキャリ既卒(既卒の内定実績86%!他社の10倍時間をかけて、就活をサポート)

既卒になると、新卒の時のようにナビサイトが使えなくなり、既卒歓迎の求人を探すのに苦労すると思います。既卒求人の見つけ方を知らないと、「どうしよう」と途方に暮れてしまいますよね。そこで、既卒採用の求人を見つける効率的な方法をご紹介します!

imasia_9065120_S2
Re就活(20代専門の転職サイト実績No.1)

Re就活は、20代専門の転職サイトで実績No.1となっており、実際に登録している人の93%以上が20代と、若手に特化しています。掲載企業の幅も広く、20代の若手が使うには便利なサイトです!

3
ネットビジョンアカデミー(正社員就職率90%!既卒未経験から1ヶ月で資格取得→優良企業へ行ける!)

未経験から無料でITの資格を取得できて、優良企業への就職支援までサポートしてくれるサービス!

imasia_13676025_S 4
ハタラクティブ(未経験・フリーターから有名企業の正社員へ)

未経験・フリーターから有名企業の正社員になれます。徹底したカウンセリングで人気上昇中。

imasia_14141661_S-2 5
DYM就職(既卒の就職率96%!既卒で就活するなら登録必須!)

利用者の内定率96%と、既卒就活サイトの中でもNo.1ともいえる実績を持っています。