第二新卒がヤバいと言われる理由と転職成功の秘訣

第二新卒はやばい?

「第二新卒の転職の市場価値は高くなっている」と最近は言われています。それでもやはり、新卒で早々に転職するのは実際どうなのかと思う人も多いのではないでしょうか。

第二新卒の転職について

  • 短期離職が転職に悪い影響を及ぼすのではないか?
  • 今の会社より待遇の良い会社に転職できるのか?

そんな疑問をお持ちの人も多いと思うので、この記事ではそんな第二新卒の転職のお悩みを解決します。

3分くらいで読めて、第二新卒の転職を成功させるためのポイントが分かる可能性が高いので、まずはご一読ください。

フジワラ

第二新卒のうちに転職した方が良い場合が多くなってきているので、詳しく解説していきます。

第二新卒はヤバい?実は転職の市場価値が高いワケ

第二新卒の転職の市場価値は高まっているため、企業側から重宝される場合が多いです。

なぜなら、第二新卒は前職で新卒研修を受けてマナーや基礎スキルを持っており、前職の考えが染み付いていないため、柔軟な対応ができるため。

企業側としては、新卒を採用するよりも教育コストを抑えられるため、転職で不利になるとは限りません。

前職の在職期間が長いと、「以前の会社ではこのやり方でした」と素直に指示を受け取ってもらえない場合があります。

一方、第二新卒なら素直に指示を受け入れてくれる場合が多く、育成しやすいです。

新卒に近い年齢で、会社に馴染みやすく、早く業務に携わることができることが市場価値の高さに繋がっています。

フジワラ

スキルや実績がなくても、転職市場で評価されるのは第二新卒枠の特権ですね。

既卒の就活に強い!既卒で就活するなら登録すべき神サイト

既卒で就職活動を頑張りたいけれど、「どんな就職サイト/サービスを使って就活すればいいの…?」と、悩んでいませんか?

そこで、私が既卒として就活した時に利用した、「既卒歓迎」のホワイト企業の求人を紹介してくれる就職サイトをご紹介します!

第二新卒とは

第二新卒と既卒の違いは、就業経験があるのが第二新卒、就業経験がないのは既卒と区別されています。

第二新卒と既卒の違い

  • 第二新卒:学校を卒業後1〜3年で、転職または転職を志す人のこと
  • 既卒:大学・短大・専門学校・高校などの卒業後に正社員として勤務したことがない人

参照:マイナビジョブ20’s 第二新卒とは
参照:マイナビジョブ20’s 既卒とは

第二新卒の転職では「退職する理由」が重要

第二新卒での転職活動をする際には「新卒で入った会社をなぜ辞めたか」が重要になってきます。ネガティブな辞め方でなく、甘えと捉えられないような前向きな転職である旨をアピールしなければいけません

第二新卒の甘えではない退職理由

  1. 残業や休日出勤が異常に多い
  2. 職場でハラスメントが横行している
  3. 会社に将来性がない
  4. 明確にやりたい仕事がある

きちんとした前向きな退職理由があれば、第二新卒だからといってヤバいと思われるようなことはありません。具体的に解説していきます。

残業や休日出勤が異常に多い

第二新卒の甘えではない退職理由は、残業や休日出勤が異常に多いことです。

なぜなら、休日出勤や残業時間が過労死ラインを超えている場合は、会社側に問題があるため。

過労死ラインとは

健康障害のリスクが高まるとする時間外労働の「時間」を指す言葉です。労働災害認定において、労働と過労死との因果関係判定に用いられます。過労死ラインの目安となる時間は、80時間(月に20日出勤とすると、1日4時間以上の残業・12時間労働)と言われています。(一部抜粋)

引用 :https://partners.en-japan.com/qanda/desc_800

月の残業時間が80時間を超えると、労働災害認定で労働と疲労死の因果関係が認められやすいです。

月80時間に近い残業が多い場合、心身の健康のために退職しても止むを得ません。実際、私が新卒で入社した会社は、月の平均残業時間は20時間と表記されていました。

しかし、私が配属された部署は月60〜80時間近い残業が行われていたので、入社してみないと分からない場合もありますね。

休日出勤の回数や残業時間は配属される部署によって異なることやそもそも求人サイトに偽りの情報が載っている場合もあるので、退職理由として納得されやすいです。

職場でハラスメントが横行している

第二新卒の甘えではない退職理由は、職場でハラスメントが横行している場合です。

なぜなら、ハラスメントは黙認されている会社で良好な人間関係を築きにくく、ハラスメントを受ければ、心身に影響が出てしまうリスクがあるため。

例えば、ハラスメントを受けている人を助けた場合、次は自分がターゲットになる可能性から黙認する雰囲気が生まれているので、人間関係は希薄です。

また、自分がハラスメント受けている場合は、心身に影響が出る前に会社や労働組合、外部の相談窓口に相談するのがおすすめです。

また、判断の基準として「ハラスメントが頻繁におこわれている」「他人が見ても、度を超えている行為」だった場合は、ハラスメントと判断して良いですね。

心身の健康を崩してしまうと、転職にも影響が出てしまうため、ハラスメントの横行は退職理由としても甘えではありません。

ここに注意

  • ハラスメントの対処は1分1秒でも早く
  • ハラスメントが横行している職場にいて良いことは基本的にありません。自分でなく周囲でおこなわれている場合でも、二次被害が拡大する可能性もあります。自身が被害を受けている場合は早めに専門家に相談し、適切な対処をとりましょう。

会社に将来性がない

第二新卒の甘えではない退職理由は、会社に将来性がない場合です。なぜなら、経営の危うい会社に勤めて続けていても、不安で仕事に集中できないためです。

例えば、業績悪化が著しい会社に入ると、達成不可能なノルマを課せられることや、教育体制がしっかりおらず、いきなり業務に取りかからせることが多いです。

長時間労働が常態化しているのに、先輩達の給与は自分と変わらないなど将来に不安を感じてしまいます。そのため、会社に将来性がないという退職理由は納得されやすいです。

明確にやりたい仕事がある

第二新卒の甘えではない退職理由は、明確にやりたい仕事がある場合です。なぜなら、第二新卒は未経験の職種に挑戦できる最後のチャンスのため。

第二新卒のメリットとして、会社や募集職種との相性次第で、ポテンシャル採用してもらえる可能性があります。

第二新卒枠を逃してしまうと、異業種への転職は難しくなる傾向です。事実、私の友人は新卒1年目でホームセンター勤務からデザイナーに転職しています。

友人は美大卒でしたが、デザイン学科ではなかったため、新卒でのデザイナー就職を諦めていました。

しかし、未経験でも美大卒だったことで適正があると判断され、何より若さが内定を獲得することができた要因です。

自分の適性をわかった上でのやりたい職種があるなら、第二新卒のうちに挑戦するのは悪い選択ではありません。

【結論】第二新卒の転職はヤバくない

新卒で入った会社を辞める人はヤバいと思われがちだが、きちんとした前向きな理由があっての転職ならヤバくない

第二新卒が転職活動をするのに最適な時期

就職活動開始時期

第二新卒が転職活動をする場合、1〜3月、または7月〜9月がおすすめです。

なぜなら、1〜3月は早期退職した新卒分の補充求人が出る頃で、7月〜9月はボーナス取得後の退職や異動での欠員を補充する求人が出るため。

1〜3月は4月入社になりやすく、企業側としても第二新卒と新卒をまとめて教育できるメリットがあります。

7〜9月は10月の入社を見込んでおり、異動の時期のため、必要な人員を見直す機会です。

この時期はどの会社も採用に力を入れており、第二新卒の需要は高まっています。

第二新卒の転職成功の秘訣5選

第二新卒で転職をする場合、ただがむしゃらに活動するのではなく、正しい知識をもとに活動する方が効果的です。世の中には多くの会社・多くの求人情報があるので、正しい知識を持たずに活動すると、思わぬ失敗をしてしまう可能性もあります。

第二新卒の転職成功の秘訣

  1. 企業側が第二新卒に求めるニーズを理解する
  2. 会社評判サイトで選考を受ける企業をリサーチする
  3. 退職理由を他人のせいにしない
  4. 新卒の就活は忘れ、第二新卒としての活動方法を理解する
  5. とりあえず転職エージェントの利用はマスト

企業側が第二新卒に求めるニーズを理解する

第二新卒の転職成功の秘訣の1つ目は、企業側が第二新卒に求めるニーズを理解することです。

なぜなら、第二新卒の場合はスキルや実績で採用を決めるのではなく、以下の3つで判断されるため。

企業が求める人材のニーズ

  1. 仕事への意欲があるかどうか
  2. 社風や募集職種とマッチするか
  3. 長く働く継続力があるか

仕事への意欲があるかどうか

やる気だけではダメですが、入社意欲や今後のビジョンを語れるかどうかは大きな判断材料になってきます。

客観的な分析や論理的な会話できることも重要ですが、熱意が伝わってこないと良い印象はなりにくいです

社風や募集職種とマッチするか

募集職種に合った人材かどうかは、直属の上司との相性も絡んでくるので、確実にニーズを理解することは難しいです。

しかし、社風はネットで検索したり、転職エージェントのキャリアコンサルタントに質問して、事前情報を手に入れることができます。

自分の印象とマッチしそうな企業かどうかも求人選び際のポイントにすることはおすすめです。

長く働く継続力があるか

第二新卒は前職を早期退職しているため、企業側としては「自社でもすぐに辞めてしまうのではないか?」という不安を抱えています。

すぐに辞めてしまっては採用コストが無駄になってしまうため、慎重に採用を行います。

第二新卒者は、前職での仕事への取り組み方や継続できるエピソードを話すことで、企業側の不安を取り除くことをおすすめします。

企業が第二新卒に求めるニーズを理解して、選考に臨むことで企業側の懸念点を取り除くことや採用するか迷った際の後押しになります。

キヨちゃん

「会社が自分に何を求めているか」ということから逆算して面接や選考対策をするといいですね!

会社評判サイトで選考を受ける企業をリサーチする

ブラック企業を紹介される可能性あり

第二新卒の転職成功の秘訣の2つ目は、会社評判サイトでリサーチすることです。なぜなら、転職サイトは応募してもらうためのものなので、基本的に良いことしか書いていないため。

「カイシャの評判」という会社評判サイトでは、現職社員のリアルな口コミを記載しており、職場の人間関係や入社後の印象など就職してみないと分からないような情報を仕入れることができます。

実際、前職の会社を評判サイトで調べたところ、おおむね口コミ通りでした。働いている部署にもよりますが、同じ職種の人の口コミは自分がいた環境に近かったです。

気になっている企業や内定を獲得できた企業があれば、入社後のミスマッチをなくすためにも会社評判サイトでリサーチすることをおすすめします。

退職理由を他人のせいにしない

第二新卒の転職成功の秘訣の3つ目は、退職理由を他人のせいにしないことです。なぜなら、企業側に「今の環境から逃げるために転職したいだけでは?」と取られてしまうためです。

人間関係や会社側に問題があるのは事実だったとしても、外的要因のせいにしていると、会社の不満をすぐに他人に話すという印象がついてしまいます。

その会社を選んでしまった自分にも責任があると反省し、前職での失敗した経験を活かした改善案を話すことで印象は良くなります。

退職理由を会社のせいにすることは、会社を見る目がないことや情報収集が足りていないことを教えているようなものです。退職理由は他人のせいにせず、反省点と改善案ベースで話すことがおすすめです。

新卒の就活は忘れ、第二新卒としての活動方法を理解する

第二新卒の転職成功の秘訣の4つ目は、新卒の就活は忘れ、第二新卒としての活動方法を理解することです。

なぜなら、新卒就活と転職活動では、募集している求人数や就活の進め方が全く異なるため。

例えば、前職での実績がないからといって、学生時代のエピソードを話したり、新卒就活の時のように数十社へエントリーし、志望動機を使い回しをしていては、内定獲得は難しいかもしれません。

短い期間でも会社に在籍していたなら、仕事への取り組み方や小さな実績でも話した方が、ポテンシャルを評価してもらえます。

自分の適性に合った企業に応募し、企業ごとに対策を練ることが内定獲得の近道です。第二新卒の需要は新卒ほどではないことを自覚し、第二新卒としての転職活動の方法を知ることが推奨されます。

とりあえず転職エージェントの利用はマスト

第二新卒の転職成功の秘訣の5つ目には、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

担当のキャリアコンサルタントに就活について分からないことは何でも質問することができ、自分の強みや答えづらい質問の回答も一緒に考えてくれます。

なぜなら、第二新卒の就活は新卒就活と勝手が違うことも多く、就活のプロのサポートがあった方が内定を獲得しやすいからです。

また、企業の社風などの内部事情についても教えてくれるため、ミスマッチを減らすことが可能です。

第二新卒から転職成功を目指すなら、転職エージェントを利用することを検討してみてくださいね。

フジワラ

実際、自分1人で転職活動をするのと、エージェントを使って活動するのでは雲泥の差があります。企業はネットや雑誌に求人を出すのではなく、エージェントに対して「良い人を探してください」と依頼する方が、即戦力になる人を取れるんですね。

第二新卒にオススメの就職エージェントサービス

私はこれまでにたくさんの就職/転職サービスを使ってきました。その中でフリーター・既卒・第二新卒にオススメの転職エージェントは、以下の2つです。

私のおすすめできるサービス

  1. 「DYM就職」
        既卒・第二新卒に大きな強みを持つ。相談からの就職率は驚異の96%!
  2. 「第二新卒エージェントneo」
        第二新卒に特化した内定率の高いサービス。満足度はNo.1!

未経験からの正社員案件が多い:DYM就職

DYM就職は第二新卒や既卒向けの就職エージェントです。業界ではかなり大手として知られていて、未経験OKでしかも優良企業の正社員の求人案件をたくさん持っています。

DYM就職の特徴

  • 書類選考免除
  • 内定率は96%
  • 面談可能な拠点は全国28箇所

DYM就職は企業側に信頼されているため、書類選考や一次選考を免除してくれます。また、手厚いサポートもあり、就職率は業界トップの96%を誇ります。

面談可能な拠点は全国28箇所あるため、地方でも対面でも面接のフィードバックを受けることができるのが強みです。

内定率96%!DYM就職の詳細を見てみる

第二新卒にとにかく強い:第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneoも、既卒・第二新卒・フリーター向けの転職エージェントです。ここも私は実際に使いましたが、担当エージェントが非常に親切で、良質な求人案件をたくさん紹介してもらいました。

名前がストレートに「第二新卒エージェントneo」なので、第二新卒を求めている会社との太いパイプをたくさん持っています。

サービスの特徴

  1. 未経験OK+教育体制が整った企業のみ厳選
  2. 10,000人以上の職務経験なしの支援実績がある
  3. 全国に拠点を構えるネオキャリアが運営

第二新卒エージェントneoの未経験求人数は5,000件以上とかなりの数を保持しています。

紹介企業は事前に担当が訪問調査を行なった会社のため、ブラック企業は排除されています。

10,000人以上の職務経験なしの支援実績があり、就活について全く知識がない状態からでもサポートを受けることができます。

また、全国に拠点をあるため、地方に住んでいても面談を受けることが可能です。

第二新卒エージェントneoの詳細を見てみる

まとめ:第二新卒の市場価値は高い!転職を検討するのもあり

この記事では、第二新卒が甘えと取られない退職理由や第二新卒の転職成功の秘訣を紹介してきました。では、この記事のポイントをまとめます。

この記事のポイント

  1. 第二新卒はヤバくない、むしろ需要がある
  2. 新卒で入った会社を辞めた理由をきちんと考える
  3. 新卒の時とは違う、第二新卒ならではの活動を

第二新卒の転職成功の秘訣は、以下の通りです。

第二新卒の転職成功の秘訣

  1. 企業側が第二新卒に求めるニーズを理解する
  2. 会社評判サイトで選考を受ける企業をリサーチする
  3. 退職理由を他人のせいにしない
  4. 新卒の就活は忘れ、第二新卒としての活動方法を理解する
  5. とりあえず転職エージェントの利用はマスト

フジワラ

第二新卒であることを自覚して、転職活動を行うことが重要ですね。

第二新卒で前職より待遇の良い企業に転職することは、十分可能です。

現職に不満がある人や異業種に転職を希望している人にとって、第二新卒枠はチャンスなので、早めに行動してみてくださいね。

市場価値が高いうちに、まずは今回紹介した「第二新卒エージェントneo」「DYM就職」といった転職エージェントを利用して、転職成功を目指してみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介したサービス

  1. 「DYM就職」
        既卒・第二新卒に大きな強みを持つ。相談からの就職率は驚異の96%!
  2. 「第二新卒エージェントneo」
        第二新卒に特化した内定率の高いサービス。満足度はNo.1!

【結論】第二新卒の転職はヤバくない

新卒で入った会社を辞める人はヤバいと思われがちだが、きちんとした前向きな理由があっての転職ならヤバくない

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

imasia_14141661_S-2 1
マイナビジョブ20'sアドバンス(既卒に特化したマイナビ。豊富な実績で内定も可能)

大手マイナビが、既卒者を積極採用したい優良企業を一気にご紹介。既卒の就活ノウハウも専任のアドバイザーが丁寧に教えてくれ、内定獲得までしっかりバックアップしてくれます。

imasia_9065120_S2
ウズキャリ既卒(既卒の内定実績86%!他社の10倍時間をかけて、就活をサポート)

既卒になると、新卒の時のようにナビサイトが使えなくなり、既卒歓迎の求人を探すのに苦労すると思います。既卒求人の見つけ方を知らないと、「どうしよう」と途方に暮れてしまいますよね。そこで、既卒採用の求人を見つける効率的な方法をご紹介します!

imasia_14141661_S-2 3
第二新卒エージェント neo(利用満足度No.1!既卒/フリーター向け未経験OK求人5,000件以上)

大手人材会社であるネオキャリアが運営する、既卒/第二新卒/フリーター向けの就職支援サービスです。相談しやすさ・面接対策満足度・転職就職満足度においてNo.1の実績あり、業界に詳しいアドバイザーが無料で全てをフォローしてくれます。

imasia_13676025_S 4
ハタラクティブ(未経験・フリーターから有名企業の正社員へ)

未経験・フリーターから有名企業の正社員になれます。徹底したカウンセリングで人気上昇中。

5
ネットビジョンアカデミー(既卒・未経験から正社員ITエンジニア就職率98%)

IT業界に興味はあるけれど、いまから就職は難しいと考えている既卒の方でも大丈夫。エンジニアによるIT資格取得サポートで未経験からCCNA資格取得率95%、就職のプロによる履歴書添削・面接練習で就職率98%!ITスクールランキング三冠の高評価をいただいております。