【25歳で職歴なしのあなたへ】内定をもらうための必勝マニュアルを公開!

「25歳職歴なし」でも就職はできるのか?

落ち込む男性
フリーターやニートを続けたまま、25歳を迎え「そろそろ正社員の仕事につかないとなぁ…でも、職歴もないし内定なんて出るのかなぁ……」と不安になっていませんか?

でも、不安だからといって就職を諦めたくはないですよね。25歳で職歴なしのあなたが就職するための方法をご紹介します。

「職歴なしでも内定は出るのか?」「就職活動をする際は、どんな点に注意するべきか?」など大事なポイントを徹底的に解説します。

「25歳職歴なし」を気にしすぎる必要なし!チャンスはかなりある

女性
結論からいえば、25歳職歴なしという条件でも、採用してくれる企業はかなり沢山あります

昨今の好景気で、就活市場は売り手市場になり、企業は新卒の人材を上手く確保できなくなっています。

そこで、企業は若手人材を確保するために、フリーターや既卒(大学を卒業後、正社員として就職していない人)を積極的に採用するようになったのです。

25歳という年齢は、就職市場においては、若手人材の枠として扱われます。若手人材にはスキルはあまり問われず、職歴がなく、未経験でも不利にはなりません

『25歳・大卒』なら52%以上の企業がスキル不問の「新卒枠」で受け入れ

スクリーンショット 2018 09 07 15 55 54
また、もし、あなたが大卒の場合は、25歳だと、卒業してから3年以内のはずです。

厚生労働省「労働経済動向調査(2015)」によれば、卒業後3年以内なら60%の企業が、スキル・職歴を問わない「新卒枠」で応募を受け付けいれています

もちろん、「卒業後の期間は何をしていたのか?」と厳しい質問をされることもあり、楽ではありませんが、職歴がない事自体は大きく問題にならず、採用選考を受け付けてくれるのです。

このように、採用市場では、25歳という年齢は「未経験が前提」な年齢となっているので、職歴がなくてもあまり不利にはならないのです。

アルバイト経験があれば就活を有利にできるかも?

スクリーンショット 2018 09 07 15 55 54
職歴はなくても、アルバイトをしていた人もいるのではないでしょうか。そういった人はアルバイト経験もアピールすると、就活を有利にできます。

実際に2018年に実施されたリクナビNEXTの調査によれば、「アルバイト経験は評価対象にはならない」と答えた人事は46名中ひとりもいませんでした。

人事は、「一定の責任をもって働いていた経験があれば、バイトでも評価対象になる」と回答しています。

居酒屋で働いていた、コンビニでレジ打ちをしていたなど何でも構いませんので、具体的なエピソードを交えてアルバイト経験を有効にアピールしましょう。

▶参考資料:リクナビNEXT

25歳のうちに正社員として就職しておくべき理由とは?

男性
25歳で職歴なしでも就職のチャンスはかなりあるとはいっても、ゆっくりはしていられません。

それは、25歳が正社員で就職できる最後のチャンスだからです。上のグラフは、リクナビNEXTの同調査で、職歴なしの応募者を正社員として採用する場合、何歳までを対象にするかを調査したデータです。

23歳なら100%の企業が受け付けてくれますが、24歳、25歳とだんだん受け入れる企業の割合が減っていき、25歳を過ぎると、受け入れる企業は25%まで減ってしまいます

25歳なら受け入れる企業は55%。つまり、25歳という年齢は正社員として就職をするためのラストチャンスの年齢なのです。

つまり、25歳を迎えて就職を考えた今、動き出さなければチャンスが大幅に減ってしまうわけです。「あと1年くらい平気だろう」「何とかなるだろう」といった楽観的な考えは、今のうちに捨てておきましょう。

25歳・職歴なしの条件で、就職を成功させるための3つのポイント

男性

1.「やる気」のアピールが合否を分ける

リクナビの同調査によれば、職歴なしの若者を正社員で採用する際に、重要視されるのは「やる気」です。

未経験者の場合、スキルには期待ができないので、どれだけやる気・意欲を見せられるかが内定を分かつキーになるのですね。

やる気をアピールするには、業務に関連する資格の勉強を始める等が効果的です。

実際に、資格を取得をしていなくても「勉強をはじめて、こんなことをやっている」というだけでも、意欲をアピールできます。(他に、そこまでしてくる応募者はいないからです)

たとえば、事務職に応募するなら、MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)検定の勉強を始めるなど、業務に関連する資格の勉強を「始める」だけでアピールになるのです。

面接では「○○に特に興味があり、少しでも早く即戦力になるため○○という資格を勉強しています」とアピールしましょう。かなりの差別化になります。

2.よく知らない会社だからこそ、志望動機を練ろう

未経験者歓迎で応募できる会社は、どうしても新卒の時に応募できるような有名企業(トヨタ、ソニー等)とは違い、就活前には名前も知らなかった会社が多くなってくるでしょう。

でも、だからこそ、志望動機をしっかり練ってください

会社の業務内容をよく調べて「その会社でどんな仕事がしたいのか?」「その仕事には、自分のどんな強み・性格が活かせるのか?」を回答できるように準備するのです。

他の応募者も、会社の業務をよく知らずに「正社員になりたい」と応募している人が多いので、しっかり志望動機を練っていくだけでも、他の志望者と大きな差別化ができるのです。

3.「職歴なし」が不利にならない就職支援サービスを使う

ハローワークやリクナビ等の転職サイトは、社会人経験がある人を前提にした求人も多く、職歴なしの条件だと、不利になる場合があります。

職歴なしで正社員の就職を目指すなら、「未経験者を対象にした就職支援サービス」を活用しましょう。

就職支援サービスとは、登録すると、専任のキャリアコンサルタントがつき、求人の紹介や面接のアドバイスをしてくれるサービスです。

就職支援サービスを使えば、数ある求人の中から、職歴なし・25歳の条件でも歓迎の求人を多数紹介してくれます。企業は、職歴がないことを前提に募集をしているので、職歴がない期間が不利に働きません。

また、キャリアコンサルタントが履歴書の添削や、面接の対策をみっちりやってくれるので、一人で黙々と就活するよりも、圧倒的に内定しやすくなります。

「25歳職歴なし」でも使い勝手がいい就職支援サービスを厳選!

男性2人組

とはいっても、就職支援サービスであればどこでも使い勝手がいいわけではありません。

就職支援サービスにも様々な特徴があり、新卒限定のところがあれば、中小で紹介できる求人が少ないところなどがあります。

そこで、あなたの就職を本気で叶えるために、「25歳職歴なし」という条件でも、使い勝手がいい就職支援サービスを数ある中から厳選して2つご紹介します。

ハタラクティブ:職歴がなくても内定率は80%越え!

ハタラクティブ

まず、ぜひ相談してほしい就職支援サービスが、スキルや職歴のない20代を専門にサポートしている「ハタラクティブ」です。

長年、20代をサポートし続けてきたハタラクティブならではのノウハウで、企業ごとに面接対策を行ってくれるので内定率は業界でもトップクラスの80%以上となっています。

第一の難関といわれる履歴書に関しても、丁寧な添削によって通過率が90%を超えているので、ほぼ落とされることなく面接に進めるでしょう。

また、職歴のない20代はブラック企業など就職先が限定されると心配かもしれません。しかし、ハタラクティブでは、未経験者専門での長年の実績があるため、数多くの優良企業の紹介が可能です。

実際に、ハタラクティブでは、利用者の半数以上が上場企業に就職し、残りの利用者も経営の安定した中堅企業に内定しています。

もちろん無料ですので、「優良求人の紹介と安定したサポートの両方を受けたい」という方は、ぜひ相談してみてください。

30秒で完了!ハタラクティブの無料登録はこちら

JAIC:離職率の高い業界と正社員以外の紹介は一切なし

ジェイック

「JAIC」は若手人材の安定したキャリアを支えるために、3つの約束を守った求人紹介を行っています。

それは、「正社員以外の仕事は紹介しない」「離職率が高い業界は紹介しない」「実際に訪問して社内の雰囲気や福利厚生を確認した企業のみを紹介」の3点です。

そのため、入社してから後悔する人が少なく、入社後の定着率は94.3%とかなり高いです。

また、面接対策や履歴書の書き方だけでなくビジネスマナーまで、無料の就活講座で丁寧に教えてくれます。

就活をしながら、今すぐ社会に出てもしっかり通用する人材になれるように最初から最後までサポートしてくれるので、初めて就職するあなたにピッタリです。

「ブラック企業には絶対に行きたくない」「一から就活を教えてほしい」という人の心強いサポーターになってくれること間違いないでしょう。

1分で完了!JAICの無料登録はこちら

複数の支援サービスに登録すれば内定のチャンスも広がる

女性

おすすめの就職支援サービスを2社、厳選してご紹介しました。

どちらに登録しようか迷ったかもしれませんが、結論、どちらも登録することをおすすめしています。

理由は、そうすることによって、求人の選択肢が大幅に増えるためです。職歴なしのフリーターやニートはどうしても選択肢が狭まりがちで、妥協して就職先を選ぶことを求められることが多いです。

しかし、別々の求人をもつ「ハタラクティブ」「JAIC」に登録すれば、紹介される求人の幅をさらに広げることができます。
また、もらえるアドバイスも2倍となるので、就活を有利に進めることができるようになるのです。

まとめ:「25歳職歴なし」なら今日から動くことが大切

この記事では、25歳で職歴なしの方に向けて、内定をもらう方法をご紹介してきました。

繰り返しになりますが、職歴がないまま26歳になってしまうと、就職できる可能性は一気に小さくなってしまいます。そのため、20代の節目となる今が最後のチャンスだといえるでしょう。

ひとりで就活するのもありですが、少しでも有利に進めて内定をもらいたい人は就職支援サービスに相談してみましょう。優良求人の紹介から選考対策のアドバイスまで、何でも頼れるので非常におすすめです。