ハタラクティブってどうなの?不満点も含めて既卒の私が本音でレビュー

既卒・フリーター向けの就職サービス「ハタラクティブ」は、これまで60000人以上の既卒者・フリーターの就職を支援している就職サービスです。

サービスに登録すると、ハタラクティブが抱えている2,300件以上の既卒者歓迎を含む未経験OK求人を紹介してもらえたり、専任のコンサルタントによる模擬面接による面接指導のサポートを受けることができます。

ただ、「本当に任せて安心なの?」と不安な方もいるかもしれません。そこで、実際にハタラクティブを利用した私がメリット・デメリット含めて本音でレビューします。

これを読めば、ハタラクティブを使うかどうかの判断ができるはずです。

ハタラクティブを使う3つのメリット

1.新卒と同等レベルの求人を紹介してもらえる


ハタラクティブを使う場合の特に大きなメリットは、新卒と同等レベルの条件の良い求人を紹介してもらえる点です。

ハタラクティブは「キャリアチケット」という新卒採用のサービスを運営している企業でもあるのですが、そのコネクションを活かして、若手人材を求めている求人を数多く把握しているのです。

一般的に、既卒向けの就活サービスは新卒に比べて、紹介してもらえる求人の質があまり高くないことが多いです。

しかし、ハタラクティブは新卒サービス運営のコネクションから「若手人材を求めている」「新卒だけでは必要な内定数を確保できない」企業を多く知っているので、それらの企業を既卒に紹介できるのです。

実際に、紹介される求人の質が高いので、ハタラクティブを利用したユーザーの51%が既卒から上場企業の正社員への就職を成功させ、31%が資本金一億円以上の安定した中堅企業に内定しています(2019年3月時点での公式サイトを参考)。

既卒でも、新卒と同等レベルの条件の良い求人にトライできるのは、ハタラクティブを使うメリットだといえます。

2.しっかり希望条件をヒアリングして、こちらの希望を尊重してくれる


既卒の就活をしていない人には「しっかり希望条件をヒアリングしてくれる?当たり前じゃないの?」と思うかもしれません。しかし、既卒就活の場合、そうではないのです。

ほとんどの既卒向け就活サービスは、企業と「1人内定したら〜万円」という契約をしています。(だから既卒者を無料で支援できる)内定してもらわないと利益にならないため、既卒向け就活支援会社の中には「既卒なんだから、選り好みするな」という形で、こちらの希望もろくに聞かずに、面接に進ませる会社が少なくないのです。

私が経験した限りでは、正直、1社や2社ではなく、半分以上が「ゴリ押し」で無理に会社を受けさせるサービスでした。

しかし、ハタラクティブではこちらの希望を聞かずに無理やり会社を受けさせるような姿勢は全く感じませんでした。最初のキャリア面談でも、数時間かけて、こちらの希望業種・職種をしっかりとヒアリングしてくれました。

私の希望条件から少し外れる会社を紹介する時にも、「あなたの条件とは少し違うが、『自分の裁量で様々な試行錯誤ができる』という点では、ネット広告運用の仕事もそれに近い点がある」等と、あくまで私の希望を尊重して提案をしてくれました

ハタラクティブの持つ2,300件以上の未経験OK求人の中から、納得のいく会社の選考だけを受けていけるので、非常に効率的に就職活動が進められます

3.履歴書の添削から、模擬面接まで丁寧に指導してくれる


私がハタラクティブを利用して感じた一番のメリットが「既卒の就活をゼロから徹底的に指導してくれる」ということです。自己分析、履歴書、面接まで、とても丁寧に指導してくれます。

たとえば、私の場合、模擬面接では「言っている内容は良いが、早口すぎてコミュニケーション能力がない人に見える。ゆっくり話せるようになるだけで、ぐっと受かるようになるはず」とハタラクティブのコンサルタントが指摘してくれ、きちんと面接ができるまで何度もつきあってくれまいた。

結果、面接の通過率がぐんと上がり、既卒ながら最終的に2社から内定を得られました。

既卒の就活は新卒と違い、情報が出回っていないので、ハタラクティブのゼロからじっくり教えてくれるスタイルはとても助かりました

マイナビの調査によれば、既卒者の内定率は42%ですが、ハタラクティブ利用者の内定率は80.4%です。サポートを活用すれば、厳しい既卒の就活の内定率を2倍近くに引き上げられます。

既卒の就活に強い!既卒で就活するなら登録すべき神サイト

既卒で就職活動を頑張りたいけれど、「既卒者は、どんな就職サイトを使って就活すればいいの…?」と、悩んでいませんか?

そこで、私が既卒として就活した時に利用した、「既卒歓迎」のホワイト企業の求人を紹介してくれる就職サイトをご紹介します!

ハタラクティブのデメリットは?

1.経歴によっては紹介してもらえない求人がある

ハタラクティブのデメリットの一つに、「内定する可能性が低い求人は紹介を控えられる」という点があります。

私は、最初、論理的に考える力に自信があったので、コンサル・企画の仕事を希望していました。しかし、「紹介することは可能ですが、27歳で、空白期間が3年以上空いているため、内定の可能性は低いと思われます」と紹介を控えられてしまいました。

人気の求人は、私のように年齢が高く、ハンデがある経歴だと、なかなか内定は難しいとのことでした。

ハタラクティブに限らず、既卒就職エージェントは、学生と企業のマッチングを重視して、内定の可能性が高い求人を紹介し、両者の選考の手間を減らすサービスです。そのため、内定する見込みが薄い求人は紹介を控えられる場合があります

ハタラクティブは「既卒3年以内向け=新卒ニーズの求人」と「それなりのキャリアを積んだ第二新卒向けの求人」が中心なので、大学卒業後に3年以上経過してしまって年齢もいっている私のような条件の人の場合、一部で受けられない求人があります。

ナビサイトなら、合格可能性は低くても、チャレンジ自体はできますよね。だから、自分で受けられる求人を完全に選べないのはデメリットといえます。逆にいえば、合格可能性の高い求人だけを紹介してもらえるので、時間を無駄にすることなく、就活を進められるともいえます

2.地方から利用しにくい

支店が東京・大坂なので、北海道・東北・中部・東海・四国などの地方の既卒者には利用しにくいサービスです。

キャリア面談に一度や二度訪れるくらいなら何とかなるかもしれませんが、面倒見のよいハタラクティブでは、既卒の就活中、何度も支点に脚を運ぶことになるので、距離が遠いとかなり厳しいでしょう。

地方の既卒者には、支店が多く、地方からでも利用しやすい「いい就職.com」や「就職shop」がオススメです。

ハタラクティブはどんな人におすすめ?

新卒と同等レベルの条件の良い求人が多く、サポートも充実している「ハタラクティブ」は既卒で就活を頑張る人には非常に便利なサービスです。

ただ、既卒向けの求人が多いため、「大卒後、3年以上ニート・フリーターをしていた」など、既卒3年以上経過している人には、少し相性が悪い面があるかもしれません。私は27歳・既卒4年・職種なしで利用しましたが、一部条件のせいで紹介してもらえない求人がありました。

既卒3年以内で、より良い条件の求人を探している人には、ハタラクティブは非常にオススメできるサービスです。

ハタラクティブを活用して、内定を勝ち取りましょう。

30秒で完了!ハタラクティブの無料登録はこちら

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

imasia_13676025_S 1
DYM就職(既卒からでも優良企業の正社員を目指せる!利用者の就職率は驚異の96%)

履歴書を提出しても、既卒というだけで落とされることが多いですが、書類選考なしで面接に進めるので心配いりません。さらに、優良企業を紹介してくれる上に寄り添って就活サポートしてくれるから、相談からの就職率は驚異の96%という実績が出ています!

imasia_9065120_S2
ウズキャリ既卒(既卒の内定実績86%!他社の10倍時間をかけて、就活をサポート)

既卒になると、新卒の時のようにナビサイトが使えなくなり、既卒歓迎の求人を探すのに苦労すると思います。既卒求人の見つけ方を知らないと、「どうしよう」と途方に暮れてしまいますよね。そこで、既卒採用の求人を見つける効率的な方法をご紹介します!

imasia_14141661_S-2 3
マイナビジョブ20'sアドバンス(既卒に特化したマイナビ。豊富な実績で内定も可能)

大手マイナビが、既卒者を積極採用したい優良企業を一気にご紹介。既卒の就活ノウハウも専任のアドバイザーが丁寧に教えてくれ、内定獲得までしっかりバックアップしてくれます。

4
パーソルテクノロジースタッフ「U_29」(未経験からIT業界の安定・優良企業を目指せる)

IT業界の専門職を目指すならオススメのパーソルテクノロジースタッフ!無料プログラムでフリーター、既卒からステップアップできます。

5
ハタラクティブ(既卒・未経験OKの求人が多数だが、厳選されるため紹介数は少ない)

大手人材会社であるレバレジーズの、20代に特化した就職エージェント。内定率が80%を超える上に、利用者の半数以上が上場企業に就職しているという立派な実績もあります。