20代後半ニートの就職難易度が高くない理由と就職の成功コツまとめ

20代後半ニートの就職難易度が高くない理由と就職の成功コツまとめ

「20代後半のニートから正社員になりたい!」と思う一方で、

疑問

  • 就職を検討しているが何から始めていいのか分からない。
  • そもそも20代後半のニートは就職できるのか?
  • 20代後半のニートが就職するための方法を教えてほしい

と悩んでいませんか?

実際、私もニート同然の生活を送っていたフリーター時代は、就職活動の進め方が分からなかったり、自分が正社員になれるイメージが湧かなかったりと不安でした。

ただですね。20代後半のニートの就職難易度はあまり高くないんです。就職活動のポイントを押さえれば、正社員への就職も夢ではありません。

そこで今回は、ニート同然の状態から優良企業へ就職した私の実体験を元に、20代後半のニートの人数や20代後半ニートの就職難易度が高くない理由、早く就職活動を始めるべき理由、就職を成功させるためのコツ、ニートは将来的に生活保護をもらって生活できるかどうかについて紹介します。

20代後半のニートの人数は約14万人!

ここがポイント

ニート(若年無業者)とは、15〜34歳までの家事・通学・就業をせず、職業訓練も受けていない者のこと。

内閣府の調査によると、25歳から29歳までの人口は2019年時点で約14万人でした。割合としては全体の2%程度ですね。

ニートが求職活動を行わない理由は以下の通りでした。

ニートが求職活動を行わない理由

  1. 知識・能力に自信がない
  2. 探したが見つからなかった
  3. 希望する仕事がありそうにない

(参照:内閣府 令和2年版 子供・若者白書

フジワラ

ニート期間が長いと自信がなくなったり、無気力になったりしやすく、就職活動への腰が重くなってしまいます…。

頑張っても報われないなら、行動しない方がマシと思ってしまう人もいるしれません。

ただですね。20代後半のニートでも就職できる可能性は十分にあるんです。そこで、次は20代後半のニートの就職難易度が高くない根拠を紹介します。

既卒/フリーターの就活に強い!無料登録しておくべき神サイト

既卒で就職活動を頑張りたいけれど、「どんな就職サイト/サービスを使って就活すればいいの…?」と、悩んでいませんか?

そこで、私が既卒として就活した時に利用した、「既卒歓迎」のホワイト企業の求人を紹介してくれる就職サイトをご紹介します。無料なので登録しておいて損はないと思います!

20代後半のニートでも就職できる!就職難易度が高くない2つの理由

20代後半のニートの就職難易度は高くありません。もちろん、企業側も20代後半なら経験を積み重ねている即戦力社員を求めているのが本音です。

しかしですね。意外と採用に苦労している企業は多いんです。そのため、20代前半に比べると求人は限定されますが、20代後半でも内定を獲得できるかもしれません。

そこでここでは、20代後半のニートの就職難易度が高くない理由を2つ紹介します。

20代後半のニートでも就職できる!就職難易度が高くない2つの理由

  • 未経験から採用してもらえる業界や職種があるため
  • 20代まで第二新卒や既卒枠で応募できる企業があるため

未経験から採用してもらえる業界や職種があるため

20代後半のニートの就職難易度が高くない1つ目の理由は、未経験から採用してもらえる業界や職種があるため。

慢性的に人手不足に悩まされている業界・職種の場合は、他の業界と比較して書類選考が通りやすく、面接まで進める可能性がグッと上がります

未経験から採用してもらえる業界

  1. IT業界
  2. 飲食業界
  3. 建設業界
  4. 不動産業界

未経験から採用されやすい職種

  1. 営業職:採用数が多い。ビジネスマンとして基礎スキルが身につきやすく、キャリアアップも可能。
  2. 介護職:就職後に資格を取得できる。資格手当がつくので給与も上がる。
  3. ITエンジニア:実務経験が重要になるので資格は不要。教育体制が整っている企業も多い。

上記のような業界・職種は狙い目です。人手不足=ブラック企業というイメージを持っている人もいるかもしれません。

ただですね。人手不足だからこそ、人材に定着してもらうために研修など教育体制を整えている企業は多いんです。

そのため、企業を選ぶ際は人手不足=ブラック企業という偏見は捨てましょう。

20代まで第二新卒や既卒枠で応募できる企業があるため

20代後半のニートの就職難易度が高くない2つ目の理由は、20代まで第二新卒や既卒枠で応募できる企業があるため。

ここがポイント

第二新卒とは、学校を卒業後1〜3年で転職活動を行う25歳前後の若手社会人のこと。

(参照:マイナビジョブ20’s 第二新卒とは?

ここがポイント

既卒とは、大学・短大・専門学校・高校などの卒業後に正社員として勤務したことのない人のこと。

(参照:マイナビジョブ20’s 既卒とは

フジワラ

就業経験がある人は第二新卒枠、正社員として就業経験がない人は既卒枠で応募できるかもしれません。

売り手市場が続いていた背景もあり、企業側は新卒の学生や20代前半の人を採用することが難しくなっています。

そのため、20代後半まで条件を緩めて採用している会社が多いんです。

20代後半のニートは空白期間が伸びないように早く就職活動を始めるべき!

20代後半のニートは早く就職活動を始めるのをおすすめします。

ただですね。いきなり正社員として働くのはハードルが高いと感じる人もいるかもしれません。その場合は週数回のアルバイトや派遣から始めてみるのもアリですね。

非正規雇用でも働き始めると早起きができるようになったり、人とのコミュニケーションが円滑に取れるようになったりするメリットがあります。

しかし、空白期間が伸びるほど、就職には不利になってしまうんです。

事実、厚生労働省によると、フリーター期間が6ヶ月以内の人の就職率が約6割に対して、1年以上の人の就職率は5割でした。

(参照:厚生労働省 若年者雇用を取り巻く現状

そのため、正社員を目指す場合はアルバイトや派遣に慣れてきたら、並行して就職活動を始めてみましょう。

キヨちゃん

就活を始めたらアルバイトのシフトは減らした方が良いですね。就活に割ける時間が増えて、じっくりと応募書類の作成や面接対策ができるため、選考突破率が上がるかもしれませんよ!

20代後半のニートが就職を成功させるための6つのコツ

ここまでで20代後半のニートの就職難易度は高くないことが分かりました。ただですね。

策も練らずに「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」の精神で就職活動を進めていると、取れる内定も取れません。

ニートからの就職活動は念入りな準備が合否をわけるんです。そこでここでは、20代後半のニートが就職を成功させるためのコツを6つ紹介します。

20代後半のニートが就職を成功させるための6つのコツ

  • ニート特化型就職エージェントを利用する
  • 自己分析を徹底的に行う
  • 応募する前に口コミサイトで企業の評判を調べておく
  • 志望動機は自分と企業が求める人物像と接点を持たせる
  • 自己PRは応募する仕事で重要なスキルや強みを活かす方法を記載する
  • ニートになった理由には答えられるようにしておく

ニート特化型就職エージェントを利用する

20代後半のニートが就職を成功させるには、ニート特化型就職エージェントを利用しましょう。

なぜなら、就活のプロであるキャリアアドバイザーのサポートを無料で受けられるため。

若手人材に特化した求人を保有しています。求人を出している企業も若手人材を欲しているので、経験の無さなどで落ちることはほぼありません。

むしろ、若手を教育して戦力にしたい企業が多いので、求職者とのニーズが合致しているんです。

ニート特化型就職エージェントでは他にも以下のようなサポートが受けられます。

ニート特化型就職エージェントのサポート一覧

  1. 無料カウンセリング
  2. 求人紹介
  3. 面接対策
  4. 応募書類の添削
  5. 内定後の収入交渉
  6. 面接日の日程調整
  7. 推薦状の記入

初めての就職活動の人が多いので、初歩的な質問にも丁寧に答えてくれます。

また、面接対策は毎回フィードバックをもらい、改善点と良かった点を教えてもらえるので、着実に内定へ近づけますよ!

そのため、ニート特化型就職エージェントの利用をおすすめします。

既卒サービス「ウズキャリ既卒」

私も利用しましたが、特におすすめなのが「ウズキャリ既卒」です。とにかくサポートが充実しており、企業面接ごとに、1回2時間をかけ、合計20時間以上にわたって徹底的に面接対策をしてくれます。

私が使ったウズキャリ既卒のおすすめポイント

  1. ブラック企業を完全排除している(そもそもUZUZがホワイト企業大賞特別賞を受賞している)
  2. 既卒採用に積極的な企業を10社以上紹介してもらえる
  3. 一人で就職活動をするより、圧倒的に内定しやすく最短2週間で内定も可能!

離職率や残業時間が慢性的に長いなどの、厳格な基準でブラック企業を徹底排除しているため、内定者の定着率も95%と非常に高いです。

ウズキャリ既卒の詳細を見てみる

既卒サービス「えーかおキャリア」

おすすめなのが「えーかおキャリア」の転職エージェントです。とにかくサポートが充実しており、求人紹介、面接対策や内定後のキャリアプランを含めて、2人3脚であなたの就職・転職を徹底サポートしてくれます。

私が使ったえーかおキャリアのおすすめポイント

  1. 入社後の定着率97%(入社後のミスマッチをなくすため、休日・残業といった聞きづらい部分もすべて伝えてくれます)
  2. 1対1のサポート体制
  3. 内定率が他の転職エージェントの4倍!

事務職・広報・営業など、自分の希望を叶える仕事・職種を紹介してくれるため定着率は97%を誇ります!事務職で働きたい方や1日で内定の実績もあり、早く内定がほしい方にもおすすめです

えーかおキャリアの詳細を見てみる

既卒サービス「ハタラクティブ」

ハタラクティブ
ハタラクティブ

私が実際に使った中でおすすめしたいのは「ハタラクティブ」です。利用者のほとんどが既卒・フリーターで、社会人経験ゼロの人を対象に色々な就活支援をしてくれます。

私が使ったハタラクティブのおすすめポイント

  1. 求人の質が高く、既卒から上場企業の正社員になれる!
  2. 一人で就職活動をするより、圧倒的に内定しやすい
  3. 他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート

求人の紹介だけでなく、既卒の就活を知り尽くしたキャリアコンサルタントによる、「自己分析サポート」「履歴書・エントリーシートの添削」「模擬面接」のサービスを提供していて、既卒の就職を徹底サポートしてくれます。興味がある人は以下をチェックしてみてください。

ハタラクティブの詳細を見てみる

自己分析を徹底的に行う

20代後半のニートが就職を成功させるには、自己分析を徹底的に行いましょう。

なぜなら、自己分析を行うことで自分の強みや弱みを認識した状態で企業選びができたり、発言と印象のギャップがなくなり面接で信用されやすくなったりするため。

自分の強みや弱みがわかれば、企業選びに失敗する可能性がグッと下がるんです。

自分の強みや弱みがわかると選べる仕事

  1. 得意な分野を活かせる仕事
  2. 苦手な業務を避けられる仕事
  3. 本人も認識していなかった適性のある仕事

また、発言と印象にギャップがあると「猫を被っているかも」と不安視されやすくなります…。自己分析をすると客観性が生まれ、ギャップが減らせるんです。

素に近い自分の姿が採用担当者に伝われば、自分に合った環境で働けるかもしれません。

自己分析の方法

  1. 自分の性格や価値観を分析する:どんな働き方がしたいか・どんなことでモチベーションが上がるかなど。
  2. 過去の経験から強みや弱みを知る:仕事に限らずに得意・苦手分野を書き出す。

才能や自分の強み・弱みを知りたい方は、以下の自己分析ツール・書籍を使用してみましょう。

応募する前に口コミサイトで企業の評判を調べておく

20代後半のニートが就職を成功させるには、応募する前に口コミサイトで企業の評判を調べておきましょう。

なぜなら、入社してみたら条件が求人票と全く異なる可能性も0ではないため。

そこで企業口コミサイトを利用しましょう。企業口コミサイトは現職の社員や退職した社員が本音を書き込んでおり、企業の実態が分かるんです。

特に企業風土は入社してみないと分からないので、念入りに確認しておくのをおすすめします。そのため、企業研究を徹底して、ミスマッチを起こす可能性を減らしましょう。

代表的な企業口コミサイト

  1. en Lighthouse
  2. 転職会議
  3. OpenWork

ここに注意!

    企業口コミサイトは匿名なので、やや信憑性に欠ける部分があります…。そこで複数のサービスで企業を調べてみましょう。類似した口コミは本当である可能性が高いですよ!

志望動機は自分と企業が求める人物像と接点を持たせる

20代後半のニートが就職を成功させるには、志望動機は自分と企業が求める人物像と接点を持たせましょう。

なぜなら、採用担当者はミスマッチを起こして短期離職されないように、会社の風土に馴染めそうな人材を求めているため。

企業が求める人物像を把握しましょう。前述した企業口コミサイトや企業の公式HPの企業理念や募集職種の仕事内容から読み取ってみてくださいね。

ユウキ君

後は自己分析で分かった自分の人柄や強みが企業とマッチしていることが伝えられれば、内定獲得率はグッと上がりますよ!

自己PRは応募する仕事で重要なスキルや強みを活かす方法を記載する

20代後半のニートが就職を成功させるには、自己PRは応募する仕事で重要なスキルや強みを活かす方法を記載しましょう。

なぜなら、企業へ自分を採用するメリットを提示するため。企業側は未経験者といっても、将来的には企業の業績に貢献できる人を採用したいと考えています。

アルバイトなどの業務経験でもいいので、仕事に活かせそうなスキルをアピールしましょう。

フジワラ

加えて、強みを活かして成果が出せたエピソードを具体的に伝えると入社後に活躍している姿をイメージしてもらいやすくなりますよ!

ニートになった理由には答えられるようにしておく

20代後半のニートが就職を成功させるには、ニートになった理由には答えられるようにしておきましょう。なぜなら、採用担当者はすぐに辞めてしまうのを危惧しているため。

以下のような流れでニートになった理由を話すと、採用担当者からの印象の悪化を防ぎやすいですね。

ニートになった理由の答え方の流れ

  1. ニートになった理由を素直に話す
  2. 反省点や改善しようと努力している点を伝える
採用担当者が納得してくれるような話ができれば、内定を獲得できる可能性が上がるかもしれませんよ!

ここに注意!

    嘘をつくのは絶対にやめましょう。採用担当者は面接のプロなので、見抜かれる可能性が高いんです。面接の目的は信用できる一緒に働く人を探すことでもあるため、採用されにくくなってしまいます。

ニートは将来的に生活保護をもらって生活できる?

単純に働きたくないニートの場合は生活保護を受給できないかもしれません。なぜなら、生活保護を受けるのにも条件があるため。

生活保護の受給条件

  1. 世帯収入が居住地の最低生活費より低い:世帯収入(年金・保険料・車や家など資産の売却金・退職金・親からの仕送りを含む)が最低生活費に満たないことが条件。
  2. 資産を全て売却して生活費に充てる:生活に必要のないと判断された資産は売却を勧められる。土地・別荘・クレジットカード・株・ブランド品など。
  3. 両親や親戚からの援助が無理な場合:経済的に援助できる親族がいても不要の意思がない場合は受給できる。扶養調査は配偶者+3親等までの親族に行われる。
  4. 病気や障害などが原因で就労できる能力がない:精神疾患の場合は医師からの診断書が必要。
  5. 年金制度や国の公的融資など他の制度を利用しても生活費が足りない:年金制度や公的融資制度は、生活保護よりも優先的に利用するように義務付けられている。

生活保護は他の制度を利用できなかったり、身内からの援助を受けられなかったりする場合のセーフティーネットの役割になります。

そのため、受給の条件はかなり厳しめに設定されています。

まとめ:20代後半でも正社員へ就職できる!早めに就活を始めるべき!

今回は、20代後半のニートの人数や20代後半ニートの就職難易度が高くない理由、早く就職活動を始めるべき理由、就職を成功させるためのコツ、将来的に生活保護をもらえるかどうかについて紹介しました。

では、記事の内容をまとめます。

記事の内容まとめ

  • 20代後半のニートの就職難易度は高くない
  • 空白期間が伸びないように早く就職活動を始めるべき
  • ニート特化型就職エージェントを利用する

特に人手不足の業界や職種は若手人材を欲しており、20代後半でも就職難易度は高くありません。募集条件の年齢制限を緩めている企業もあるので、見つけたら積極的に応募しましょう。

アルバイトは社会復帰には最適です。しかしですね。ニート期間+職歴に残らないアルバイト期間が伸びてしまうと、就職には不利になってしまいます…。

そのため、仕事に慣れた頃にはアルバイトと並行して、就活もスタートさせましょう。

ニートから正社員への就職を検討している方は、今回紹介したニート特化型就職エージェントに無料相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介したサービス

  1.      「ウズキャリ既卒」:離職率の高いブラック企業は紹介しない!他社の10倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート。    
  2.      「ハタラクティブ」:既卒フリーターの内定実績No1!求人の質が高く、既卒から上場企業の正社員になれる!    
  3.      「えーかおキャリア」:最短2週間で内定獲得!既卒で就活するなら登録すべき    

早期退職しても今より満足できる企業に転職できる!

「ウズキャリ既卒」の詳細を見てみる

監修者プロフィール

フジワラ
運営者:フジワラ
27歳の元既卒生。 大学在学中から続けていた塾講師のアルバイト経験のみだったが、一念発起して就職活動に取り組み、既卒の立場で2社から内定を獲得。実体験を元にした確かな情報提供を心がけていきます。

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

1
ウズキャリ既卒(既卒の内定実績86%!他社の10倍時間をかけて、就活をサポート)

他社の10倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート!離職率の高いブラック企業は紹介しないポリシーを貫いています。

imasia_14141661_S-2 2
えーかおキャリア(定着率97%!事務職、広報、営業など、あなたの希望を叶える仕事をご紹介!)

内定率は転職エージェントの4倍を誇る充実のサポート!求人紹介、面接対策や内定後のキャリアプランを含めて、2人3脚であなたの就職・転職を徹底サポートします。

imasia_9065120_S3
ハタラクティブ(未経験・フリーターから有名企業の正社員へ)

既卒フリーターの内定実績No1!他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポートや、既卒から上場企業の正社員になれる求人多数

imasia_9065120_S4
就職カレッジ(最短2週間で内定!内定率80%以上)

外食・投資用不動産・アミューズメントなど、離職率の高い業界は紹介しません!また、正社員の求人以外は紹介しない優良エージェントサービス!

5
ベンチャーセールス(採用決定率95%!他の求人サイトにはない優良求人が400社以上も)

顧客満足度97%!専門アドバイザーによる丁寧なサポートが魅力!