入社3年目は転職しやすいタイミング!転職すべき基準と転職成功のコツ

入社3年目は転職しやすいタイミング!転職すべき基準と転職成功のコツ

「入社3年目で転職したい…!」と思う一方で、

疑問

  • 入社3年目は転職に有効なタイミングなのか?
  • 入社3年目で転職すべき基準を知りたい。
  • 転職を成功させるためのポイントを知りたい。

と悩んでいませんか?

実際、私の友人も新卒3年目で転職を検討していた時期は「今より待遇の悪い企業へ入社してしまったらどうしよう…?」と不安を感じていました。

でも、心配ありません。新卒3年目は転職の市場価値が高く、応募先企業の情報収集を念入りに行えば、納得のいく企業へ入社できるかもしれません。

そこでここでは、新卒3年目で優良企業へ転職した友人へのインタビューを元に、入社3年目の主な退職理由ランキングや第二新卒を企業側が求める理由、入社3年目のタイミングで転職すべき基準点、転職を成功させるコツを紹介します。

入社3年目は転職を検討しやすいタイミング!主な退職理由ランキング

入社3年目は転職を検討しやすいタイミングですね。事実、20代向けの転職サービス「ウズキャリ」を運営する株式会社UZUZは第二新卒にアンケートを実施しました。

最も重要な退職理由ランキング

  1. 仕事が自分に合わなかった:12.8%
  2. 社風が合わなかった:12.1%
  3. ワークライフバランスが取れなかった:12.1%
  4. 労働時間が長かった:11.5%
  5. 人間関係がよくなかった:11.3%

(参照:PR TIMES 仕事を知って、学んで、就職できる無料サービス|eラーニング就業サポート「ウズカレオンライン」

新卒3年目になると、周りと比べて自分の仕事の適性がないと感じたり、プライベートとの両立ができない仕事を続けられないと思ったりするんです。

そのため、新卒3年目で転職を検討している人は多いかもしれません。

既卒/フリーターの就活に強い!無料登録しておくべき神サイト

既卒で就職活動を頑張りたいけれど、「どんな就職サイト/サービスを使って就活すればいいの…?」と、悩んでいませんか?

そこで、私が既卒として就活した時に利用した、「既卒歓迎」のホワイト企業の求人を紹介してくれる就職サイトをご紹介します。無料なので登録しておいて損はないと思います!

入社3年目は転職するタイミングとしてベスト!第二新卒を企業側が求める4つの理由

ここがポイント

第二新卒とは、学校を卒業後1〜3年で転職活動を行う25歳前後の若手社会人のこと。

企業側が第二新卒を採用するメリットが多く、転職しやすいかもしれません。

事実、マイナビの実施した調査によると、6割以上の企業が「積極的に第二新卒を採用したい」を回答しています。

(参照:マイナビジョブ20’s 第二新卒とは?

そこでここでは、第二新卒を企業側が求める理由を4つ紹介します。

入社3年目は転職するタイミングとしてベスト!第二新卒を企業側が求める4つの理由

  • ビジネスの基礎が身に付いているため
  • 即戦力社員と比べて柔軟性があるため
  • 退職した新卒同様の若さがあるため
  • 忍耐力を認めてもらいやすいため

ビジネスの基礎が身に付いているため

第二新卒を企業側が求める1つ目の理由は、ビジネスの基礎が身に付いているため。

第二新卒はビジネスマナーなど社会人としての基礎スキルが身についており、研修費用をカットできたり、すぐに実務へ移れたりするんです。

そのため、新卒より教育コストが削減できる+早く戦力になりやすいメリットがあります。

即戦力社員と比べて柔軟性があるため

第二新卒を企業側が求める2つ目の理由は、即戦力社員と比べて柔軟性があるため。

即戦力社員の場合は前職の経験から考え方・やり方に固執する場合も多いんです。一方、第二新卒なら前職の経験が浅く、新しいことを素直に吸収できる傾向があります。

また、転職先の風土や独自のルールへの順応するのも早いかもしれません。そのため、第二新卒の柔軟性は認めてもらいやすいんです。

退職した新卒同様の若さがあるため

第二新卒を企業側が求める3つ目の理由は、退職した新卒同様の若さがあるため。

事実、厚生労働省の調査によると、新卒3年目以内の離職率は32.8%でした。
(参照:厚生労働省 新規大卒就職者の事業所規模別離職状況

企業が継続的に業績を伸ばしていくには若手人材が必要不可欠になります。そのため、長期的に企業へ貢献できる新卒同様の若さのある第二新卒を重宝しているんです。

忍耐力を認めてもらいやすいため

第二新卒を企業側が求める4つ目の理由は、忍耐力を認めてもらいやすいため。

1〜2年目で退職してしまうと「自社もすぐに辞めてしまうのでは?」と不安視されてしまうんです。しかし、入社3年目は第二新卒の中では長めの勤続年数になります。

フジワラ

採用担当者にもよりますが、忍耐力を認めてもらいやすいかもしれません。

入社3年目のタイミングで転職すべき5つの基準点

まだ転職するか迷っている人もいるかもしれません。ただですね。転職すべき基準を満たした人なら転職が成功する可能性はかなり高いんです。

事実、企業口コミサイトの転職会議の調査によると、転職者の73.8%が転職に「成功した」「どちらかというと成功した」と回答しています。

(参照:転職会議Report なんと転職者全体の4人に1人が転職したことを後悔!!転職に失敗してしまう理由とは?

そこでここでは「前職の方が良かった…。」と後悔しないために、入社3年目のタイミングで転職すべき基準点を5つ紹介します。

入社3年目のタイミングで転職すべき5つの基準点

  • 転職でしか不満点を解決できない
  • 現職がブラック企業で心身に悪影響が出ている
  • 仕事の適性がない
  • 現職で得られる経験やスキルが今後のキャリアに必要ない
  • 結婚や介護などの家庭の事情がある

転職でしか不満点を解決できない

入社3年目のタイミングで転職すべき基準点は、転職でしか不満点を解決できないことです。なぜなら、転職以外でも解決できる問題もあるため。

例えば、会社の風土とマッチしているけど、上司との折り合いだけが悪い場合は部署異動すれば、問題が解決するかもしれません。

一方、現職とはガラッと業界や仕事内容を変えたい場合は転職しか選択肢がありません。そのため、転職以外に選択肢がないか考えてから転職を検討してくださいね。

ここに注意!

    昇進・昇給・退職金等は1つの会社で長期的に働いた方が得な場合が多いため、転職する際は天秤にかけましょう。

現職がブラック企業で心身に悪影響が出ている

入社3年目のタイミングで転職すべき基準点は、現職がブラック企業で心身に悪影響が出ていることです。なぜなら、今後の社会人生活や転職活動で不利になってしまうため。

ブラック企業の例

  1. サービス残業や長時間労働を強いられる
  2. 会社の事業に違法性がある
  3. ハラスメントが横行している

特に精神的な疾患は数年かけて治療する必要があります。そのため、悪影響が出る前に勤務年数にこだわらず、早めに退職or休職を検討しましょう。

仕事の適性がない

入社3年目のタイミングで転職すべき基準点は、仕事の適性がないことです。なぜなら、適性のない仕事を続けるメリットがあまりないため。

例えば、話下手なAさんは営業部へ配属されてから新規開拓ができずに悩んでいました。

Aさんは強みである「黙々と作業に集中できること」を活かせるエンジニアへ転職した方が結果を出せるかもしれません。

キヨちゃん

成果が出せれば、年収がアップしやすかったり、周りから頼られて自己肯定感が上がったりするメリットがあるんです。

そのため、仕事の適性がないと感じた場合は異業種への転職をおすすめします。

現職で得られる経験やスキルが今後のキャリアに必要ない

入社3年目のタイミングで転職すべき基準点は、現職で得られる経験やスキルが今後のキャリアに必要ないことです。

例えば、コピーライターになりたい人がメーカーの営業職のキャリアを積んでいても、目標には近づけません。

広告代理店の営業や制作会社のコピーライターへ転職するなどキャリアチェンジする必要があります。

そのため、現職で得られる経験やスキルが今後のキャリアに必要ない場合は転職を検討しましょう。

結婚や介護などの家庭の事情がある

入社3年目のタイミングで転職すべき基準点は、結婚や介護などの家庭の事情があることです。なぜなら、やむを得ない理由は採用担当者も理解してくれるため。

他の退職理由はできるだけ前向きな内容に置き換える必要があります。しかしですね。この理由の場合だけは正直に話しても、評価が下がりにくいので安心してくださいね。

ここに注意!

    嘘をつくのはやめておきましょう。相手は面接のプロなので見抜かれる可能性が高い+信用できない人とみなされて、内定が遠のくため。

入社3年目で転職を成功させる5つのコツ

第二新卒は転職の市場価値が高く、企業を選ばなければ、内定を獲得できるかもしれません。

ただですね。入社したいと思った企業へ転職するには、入念な準備をして第二新卒の弱みをリカバリーする必要があります。

そこでここでは、入社3年目で転職を成功させるコツを5つ紹介します。

入社3年目で転職を成功させる5つのコツ

  • 第二新卒特化型転職エージェントを利用する
  • 在職中に転職活動を行う
  • 自己分析により自分のスキルや実績を整理する
  • 応募先企業の情報収集を念入りに行う
  • 退職理由は前向きな内容へ変換する

第二新卒特化型転職エージェントを利用する

入社3年目で転職を成功させるには、第二新卒特化型転職エージェントを利用しましょう。なぜなら、転職のプロであるキャリアアドバイザーからのサポートを受けられるため。

転職エージェントでは、第二新卒に特化した求人を多数保有しています。求人掲載中の企業も第二新卒を欲しているので、経験の無さなどで落ちることはほぼありません。

むしろ、若手を教育して戦力にしたい企業が多いので、第二新卒とのニーズが合致しているんです。

第二新卒特化型転職エージェントでは他にも以下のようなサポートが受けられます。

第二新卒特化型転職エージェントのサポート一覧

  1. 無料カウンセリング
  2. 求人紹介
  3. 面接対策
  4. 応募書類の添削
  5. 内定後の収入交渉
  6. 面接日の日程調整
  7. 推薦状の記入

アドバイザーは求人掲載中の企業の採用担当者と密接な関係を築いています。

推薦状により「短期離職しているが職種への適性あり」など不利な経歴をリカバリーしてくれるかもしれません。

そのため、第二新卒特化型転職エージェントの利用をおすすめします。

既卒サービス「ウズキャリ既卒」

私も利用しましたが、特におすすめなのが「ウズキャリ既卒」です。とにかくサポートが充実しており、企業面接ごとに、1回2時間をかけ、合計20時間以上にわたって徹底的に面接対策をしてくれます。

私が使ったウズキャリ既卒のおすすめポイント

  1. ブラック企業を完全排除している(そもそもUZUZがホワイト企業大賞特別賞を受賞している)
  2. 既卒採用に積極的な企業を10社以上紹介してもらえる
  3. 一人で就職活動をするより、圧倒的に内定しやすく最短2週間で内定も可能!

離職率や残業時間が慢性的に長いなどの、厳格な基準でブラック企業を徹底排除しているため、内定者の定着率も95%と非常に高いです。

ウズキャリ既卒の詳細を見てみる

既卒サービス「えーかおキャリア」

おすすめなのが「えーかおキャリア」の転職エージェントです。とにかくサポートが充実しており、求人紹介、面接対策や内定後のキャリアプランを含めて、2人3脚であなたの就職・転職を徹底サポートしてくれます。

私が使ったえーかおキャリアのおすすめポイント

  1. 入社後の定着率97%(入社後のミスマッチをなくすため、休日・残業といった聞きづらい部分もすべて伝えてくれます)
  2. 1対1のサポート体制
  3. 内定率が他の転職エージェントの4倍!

事務職・広報・営業など、自分の希望を叶える仕事・職種を紹介してくれるため定着率は97%を誇ります!事務職で働きたい方や1日で内定の実績もあり、早く内定がほしい方にもおすすめです

えーかおキャリアの詳細を見てみる

既卒サービス「ハタラクティブ」

ハタラクティブ
ハタラクティブ

私が実際に使った中でおすすめしたいのは「ハタラクティブ」です。利用者のほとんどが既卒・フリーターで、社会人経験ゼロの人を対象に色々な就活支援をしてくれます。

私が使ったハタラクティブのおすすめポイント

  1. 求人の質が高く、既卒から上場企業の正社員になれる!
  2. 一人で就職活動をするより、圧倒的に内定しやすい
  3. 他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート

求人の紹介だけでなく、既卒の就活を知り尽くしたキャリアコンサルタントによる、「自己分析サポート」「履歴書・エントリーシートの添削」「模擬面接」のサービスを提供していて、既卒の就職を徹底サポートしてくれます。興味がある人は以下をチェックしてみてください。

ハタラクティブの詳細を見てみる

在職中に転職活動を行う

入社3年目で転職を成功させるには、在職中に転職活動を行いましょう。なぜなら、退職後の転職活動は精神的にも経済的にも追い込まれる可能性があるため。

退職後は収入が途絶えるので、経済的に困窮しやすいんです。「早く転職先を見つけないといけない」という焦りから冷静な判断がつかなくなるかもしれません。

結果的に待遇の悪い企業へ転職してしまう可能性があります。そのため、在職中に転職活動を行いましょう。

自己分析により自分のスキルや実績を整理する

入社3年目で転職を成功させるには、自己分析により自分のスキルや実績を整理しましょう。

なぜなら、自分の強みや価値観など知らなければ、どんな仕事を受ければ良いか分からないため。理想の働き方を実現するには自己分析が必要不可欠なんです。

そこで以下の内容を答えて、自分のスキルや実績を整理してみてくださいね。

自己分析の質問

  1. 自分の強みや弱み
  2. 1社目に入社した就活の軸
  3. 前職の退職理由とその状況を作った原因
  4. やりたい仕事
  5. 重視する仕事の条件や価値観
  6. 転職先で実現したい仕事
  7. 転職後のキャリアプラン
  8. 現在持っているスキルの整理

自分の強みや弱みが分からない場合は以下の自己分析ツール・書籍を使用してみましょう。

応募先企業の情報収集を念入りに行う

入社3年目で転職を成功させるには、応募先企業の情報収集を念入りに行いましょう。

なぜなら、応募先企業が自分に合っているのかを知るため。企業情報を調べていくと、事業内容や今後の課題、同業他社にはない強みが浮き彫りになっていきます。

応募先企業の情報収集方法

  1. 企業の公式サイト:代表メッセージ・企業理念・会社概要・会社沿革をチェックする。応募企業が重視している価値観や企業の風土が分かる。面接時にも話が出る場合が多いので、押さえておく。
  2. 企業の採用ページや転職サイトの求人情報:雇用条件を把握しておく。同業他社で気になる企業があれば、求人を検索してみる。
  3. 企業口コミサイト:現職の社員や退職した社員が本音を書き込んでおり、企業の実態が知れる。
  4. 現役社員や同業他社の社員:採用担当者が言えないような鮮度の高い情報が手に入る。
  5. 新聞・ニュース(大手企業+グループ会社限定):企業の最新情報を追える。
  6. IR情報(上場企業限定):近年の業績や今後の成長戦略が分かる。

特に入社後のミスマッチを防ぐためにも、残業時間や有給の取得率、職場の雰囲気など労働環境についての情報は念入りにチェックしておいてくださいね。

退職理由は前向きな内容へ変換する

入社3年目で転職を成功させるには、退職理由は前向きな内容へ変換しましょう。

なぜなら、前職の不満などを伝えてしまうと「現状から逃げたいだけでは?」「自社でも不満を持って辞めてしまいそう」という印象がついてしまうため。

現職では達成できない「転職によって実現したいこと」を考えましょう。

ユウキ君

ネガティブな理由では訴求できなかった企業側へのメリットを提示できますよ!

入社3年目で転職するタイミングに関するQ&A

ここでは、入社3年目で転職するタイミングに関するQ&Aを紹介します。気になるところがあれば、チェックしてみてくださいね。

異業種への転職難易度は高い?

異業種への転職難易度は景気によって影響を受ける傾向があります。

異業種への転職難易度

  1. 景気が上昇している場合:未経験者を歓迎する求人が増える。難易度は低め。
  2. 景気が減退している場合:即戦力を求める求人が増える。難易度はやや高め。

コロナ禍においては即戦力となる経験者を求める傾向が強いですね…。ただですね。少子高齢化により、労働人口が減少傾向にある日本では若手人材は重宝されます。

そのため、経済状況が回復すれば、第二新卒の異業種への転職はしやすくなりますね。

入社3年目で退職した場合、退職金は出る?

入社3年目で退職した場合の退職金は企業によって支給があるかどうか異なります。なぜなら、法律上、退職金支給は義務付けられていないため。

フジワラ

企業の規則で定められているので、退職を検討している方は就業規則を確認しておきましょう。

まとめ:入社3年目は転職のタイミングとしてベスト!早めに転職活動を始めるべき!

今回は、入社3年目の主な退職理由ランキングや第二新卒を企業側が求める理由、入社3年目のタイミングで転職すべき基準点、転職を成功させるコツを紹介しました。

では、記事の内容をまとめます。

記事の内容まとめ

  • 第二新卒の転職の市場価値は高い
  • 応募先企業の情報収集を徹底してミスマッチを防ぐ
  • 第二新卒特化型転職エージェントを利用する

第二新卒は企業から重宝されており、転職先には困りにくいかもしれません。ただですね。自分とベストマッチする企業を探すには念入りな準備が必要です。

事前に企業情報を調べておき、自分とのマッチ度合いや労働環境を知り、ミスマッチを防ぎましょう。

第二新卒は1〜3年目までと非常に短い期間です。

入社3年目のタイミングで転職を検討されている方は、今回紹介した第二新卒特化型エージェントへ無料相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介したサービス

  1.      「ウズキャリ既卒」:離職率の高いブラック企業は紹介しない!他社の10倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート。    
  2.      「ハタラクティブ」:既卒フリーターの内定実績No1!求人の質が高く、既卒から上場企業の正社員になれる!    
  3.      「えーかおキャリア」:最短2週間で内定獲得!既卒で就活するなら登録すべき    

早期退職しても今より満足できる企業に転職できる!

「ウズキャリ既卒」の詳細を見てみる

監修者プロフィール

フジワラ
運営者:フジワラ
27歳の元既卒生。 大学在学中から続けていた塾講師のアルバイト経験のみだったが、一念発起して就職活動に取り組み、既卒の立場で2社から内定を獲得。実体験を元にした確かな情報提供を心がけていきます。

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

1
ウズキャリ既卒(既卒の内定実績86%!他社の10倍時間をかけて、就活をサポート)

他社の10倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート!離職率の高いブラック企業は紹介しないポリシーを貫いています。

imasia_14141661_S-2 2
えーかおキャリア(定着率97%!事務職、広報、営業など、あなたの希望を叶える仕事をご紹介!)

内定率は転職エージェントの4倍を誇る充実のサポート!求人紹介、面接対策や内定後のキャリアプランを含めて、2人3脚であなたの就職・転職を徹底サポートします。

imasia_9065120_S3
ハタラクティブ(未経験・フリーターから有名企業の正社員へ)

既卒フリーターの内定実績No1!他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポートや、既卒から上場企業の正社員になれる求人多数

imasia_9065120_S4
就職カレッジ(最短2週間で内定!内定率80%以上)

外食・投資用不動産・アミューズメントなど、離職率の高い業界は紹介しません!また、正社員の求人以外は紹介しない優良エージェントサービス!

5
ベンチャーセールス(採用決定率95%!他の求人サイトにはない優良求人が400社以上も)

顧客満足度97%!専門アドバイザーによる丁寧なサポートが魅力!