第一志望への内定を獲得する就活浪人の過ごし方!就活のコツまとめ

第一志望への内定を獲得する就活浪人の過ごし方!就活のコツまとめ

「第一志望の企業へ就職するために就活浪人の期間を有意義に過ごしたい!」と思う一方で、

疑問

  • 就活浪人が不利な理由やこれからの過ごし方について知りたい
  • 就活浪人と新卒の差とは?
  • 就活浪人が就活を成功させる方法とは?

と悩んでいませんか?

実際、私の友人も就活浪人時代は企業から評価される過ごし方が分からず、様々なことに手を出していました。

ただですね。企業から評価されやすい就活浪人期間の過ごし方は明確に存在します。もちろん、新卒と比べて不利になりますが、就活の工夫次第では納得する企業へ就職するのは難しくありません。

そこで今回は、就活浪人を経て優良企業へ就職した友人へのインタビューを元に、就活浪人の概要や就活浪人が不利になりやすい理由、採用担当者から評価されやすい就活浪人期間の過ごし方、就活浪人が就活を成功させるためのコツを紹介します。

就活浪人とは大学を卒業しても就職活動をする人のこと

ここがポイント

就活浪人とは、大学卒業後に既卒として再度就職活動をする人のこと。

就活浪人をする主な理由

  1. 新卒の就職活動がうまくいかなかったため
  2. 第一志望の企業へ入社したいため
  3. 留学や資格の勉強など明確な目標があったため

以上のように就活浪人をあえて選択する人は多いですね。

就活浪人の割合は全体の2.4%

就活浪人の割合は全体の2.4%程度なんです。

事実、文部科学省の調査によると、就職希望の大学生の就職率は97.6%でした。つまり、残りの2.4%が就活浪人にあたります。

大学院進学・フリーランス・起業など就職希望しなかった人が27.6%のため、就職浪人の割合はかなり少ないかもしれませんね。
(参照:文部科学省 大学等卒業者及び高校卒業者の就業状況調査

就活浪人と就活留年の違い

ここがポイント

就活留年とは、大学に在籍するために意図的に留年して新卒として再度就職活動をすること。就活浪人との違いは大学を卒業しているorしていないか。

就活浪人のメリット

  1. 第一志望の企業に再挑戦できる:自己分析や企業研究を徹底する+スキルを磨いて、リベンジできる。
  2. 学費がかからない:もし、学費を親が出してくれない場合はアルバイトが必要になる。就活に割ける時間がなくなってしまうので学費がかからないのは大きなメリット。
  3. 就活に避ける時間が多い:学生時代は就職活動の他に卒業論文やアルバイトがあった。就活浪人なら自己分析や企業研究に時間をかけて取り組めたり、面接練習もたくさんできたりする。

ただですね。就活浪人は就活留年・新卒生に比べて圧倒的に不利になりやすいんです。なぜなら、新卒カードを失ってしまうため。

そのことでどれだけ不利になるのかを次で紹介していきます。

既卒/フリーターの就活に強い!無料登録しておくべき神サイト

既卒で就職活動を頑張りたいけれど、「どんな就職サイト/サービスを使って就活すればいいの…?」と、悩んでいませんか?

そこで、私が既卒として就活した時に利用した、「既卒歓迎」のホワイト企業の求人を紹介してくれる就職サイトをご紹介します。無料なので登録しておいて損はないと思います!

就活浪人は新卒扱いではない!就活が不利になりやすい3つの理由!

就活浪人が不利になる一番の原因は新卒カードを失ってしまうためです。特に日本の大企業では新卒至上主義が根強く残っており、新卒しか受けられない企業もたくさんあります。

人材の定着率も高い+新卒至上主義の会社はかなりの実績やスキルがないと中途採用では入れません…。

加えて、大企業に関わらず応募できる企業が減るので大きなハンデを背負うことになるんです。

そこでここでは、就活浪人が不利になりやすい理由を3つ紹介します。

就活浪人は新卒扱いではない!就活が不利になりやすい3つの理由!

  • 既卒になり受けられる企業がかなり減るため
  • 採用担当者から印象が悪くなる場合があるため
  • 精神的に追い込まれる場合があるため

既卒になり受けられる企業がかなり減るため

就活浪人が不利になりやすい1つ目の理由は、既卒になり受けられる企業がかなり減るため。

実際、大企業では新卒採用至上主義のところが多く、既卒は採用対象外にしている場合もありますね…。

一方、厚生労働省は「青少年雇用機会確保指針」により、卒業3年以内の既卒生を新卒枠で応募できるようにすることを定めています。
(参照:厚生労働省 3年以内既卒者は新卒枠で応募受付を!!

ただですね。実際の選考で新卒生と競った際に「何か問題があるかもしれない既卒生」と「経歴がまっさらな新卒生」では新卒生が有利になるんです…。

そのため、既卒枠での応募がメインになり、就活が不利になりやすいかもしれません。

採用担当者から印象が悪くなる場合があるため

就活浪人が不利になりやすい2つ目の理由は、採用担当者から印象が悪くなる場合があるため。

やはり、日本の就職活動は大学卒業と就職がセットで考えられています。就職浪人をしている場合「計画性や能力に問題があるかもしれない…?」と不安視する人も一定数いるんです。

そのため、新卒採用時よりも選考落ちを経験するかもしれません。

精神的に追い込まれる場合があるため

就活浪人が不利になりやすい3つ目の理由は、精神的に追い込まれる場合があるため。

例えば、学生時代の同級生がすでに働いているのに、自分だけまだ就職できていないことに引け目を感じてしまうなどですね。

また、なかなか内定が獲得できないと焦りが生まれてしまいます。

フジワラ

その気持ちを理解できる同じ境遇の人が少ないのも精神的に追い込まれる原因かもしれません。

採用担当者から評価されやすい!就活浪人期間の過ごし方3選

就活浪人は新卒と比べてかなり不利になりやすいのが現状です…。ただですね。就活浪人期間の過ごし方次第で、採用担当者へ良い印象を与えることができるかもしれません。

就活浪人は就職活動2年目なので、1年目から変わった点・努力してきた点が評価されます。

より評価されるには実績があれば一番ですが、業種に関する経験があるだけでも大きなアピールになる可能性が高いんです。

そこでここでは、採用担当者から評価されやすい就活浪人期間の過ごし方を3つ紹介します。

採用担当者から評価されやすい!就活浪人期間の過ごし方3選

  • 志望する業種の長期インターンを受ける
  • 志望する業種に関連する資格を取得する
  • 留学をする

志望する業種の長期インターンを受ける

採用担当者から評価されやすい就活浪人期間の過ごし方は、志望する業種の長期インターンを受けることです。

なぜなら、社会人としてのマナーや常識を身につけられたり、志望業種の実務経験を得られたりするため。

例えば「社員と同程度の〇〇万円の売上を上げた」などインターン先で成果が出せれば、大きなアピールポイントになります。

そのため、就職浪人としてかなり有益な過ごし方かもしれません。

志望する業種に関連する資格を取得する

採用担当者から評価されやすい就活浪人期間の過ごし方は、志望する業種に関連する資格を取得することです。なぜなら、分かりやすく説得力が出るため。

勉強時間がかかる難易度の高い資格は就活までに取得が間に合わないかもしれません。

キヨちゃん

その場合は「〇〇の資格取得の勉強中です」と伝えるだけでも、その業種での就業意欲をアピールできますよ!

留学をする

採用担当者から評価されやすい就活浪人期間の過ごし方は、留学をすることです。なぜなら、留学の場合は新卒カードを失わない+留年のようなネガティブな印象がつかないため。

留学中に取り組めることの例

  1. 語学力を磨く
  2. インターンシップに参加する
  3. ジョブフェアに参加する
  4. ボランティアに参加する

目的を持って留学に臨めば、就職活動でアピールできるポイントになりますよ。

就活浪人が就職を成功させるための5つのコツ

就活浪人が不利になりやすいのは事実です。

しかしですね。就活浪人の現状を知り、今後のキャリアを形成するために必要な求人へ応募していけば、内定獲得に限りなく近づけるかもしれません。

そこでここでは、就活浪人が就職を成功させるためのコツを5つ紹介します。

就活浪人が就職を成功させるための5つのコツ

  • 既卒特化型就職エージェントを利用する
  • 未経験者歓迎求人or既卒応募可能求人へ応募する
  • 活動量を落とさない
  • 頻出質問に答えられるようにしておく
  • 第二新卒の転職でキャリアアップを目指す

既卒特化型就職エージェントを利用する

就活浪人が就職を成功させるためには、既卒特化型就職エージェントを利用しましょう。なぜなら、既卒就活のプロであるキャリアアドバイザーのサポートを無料で受けられるため。

既卒特化型就職エージェントでは他にも以下のようなサポートが受けられます。

既卒特化型就職エージェントのサポート一覧

  1. 無料カウンセリング
  2. 求人紹介
  3. 面接対策
  4. 応募書類の添削
  5. 内定後の収入交渉
  6. 面接日の日程調整
  7. 推薦状の記入

既卒特化型就職エージェントでは多数の既卒向け求人を保有しています。求人を出している企業も既卒を欲しているので、経験の無さなどで落ちることはほぼありません。

数年後の戦力にするために教育体制が整っている企業が多いので、既卒生とのニーズが合致しているんです。ブラック企業の求人を排除しているエージェントが多いので、安心ですね。

そのため、既卒特化型就職エージェントの利用をおすすめします。

既卒サービス「ハタラクティブ」

ハタラクティブ
ハタラクティブ

私が実際に使った中でおすすめしたいのは「ハタラクティブ」です。利用者のほとんどが既卒・フリーターで、社会人経験ゼロの人を対象に色々な就活支援をしてくれます。

私が使ったハタラクティブのおすすめポイント

  1. 求人の質が高く、既卒から上場企業の正社員になれる!
  2. 一人で就職活動をするより、圧倒的に内定しやすい
  3. 他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート

求人の紹介だけでなく、既卒の就活を知り尽くしたキャリアコンサルタントによる、「自己分析サポート」「履歴書・エントリーシートの添削」「模擬面接」のサービスを提供していて、既卒の就職を徹底サポートしてくれます。興味がある人は以下をチェックしてみてください。

ハタラクティブの無料登録はこちら

既卒サービス「DYM就職」

私はフリーター期間が長かったので、書類選考で落とされてしまうことが多く、面接で挽回するためにかなりの数の企業に応募していました。

しかし、DYM就職なら企業側と信頼関係を構築しており、書類選考や一次選考を免除してくれるので、履歴書を書きまくる苦労がいりません。

既卒の就職成功率は過去3年間、45%前後とかなり低い水準です。DYM就職は既卒就活について知り尽くしたキャリアドバイザーの手厚いサポートもあり、既卒の就職成功率は業界トップクラスを誇ります。

面談可能な拠点は全国28箇所あるため、地方でも対面でも面接のフィードバックを受けることができるのが強みです。

私が実際に使って感じたDYM就職の強み

  1. 企業との信頼構築はあり、書類選考、一次選考免除
  2. 既卒就活の戦い方を知っているキャリアアドバイザーがサポート→内定率96%
  3. 電車で1本の場所で面談が受けられた

60秒で完了!DYM就職の無料登録はこちら

既卒サービス「ウズキャリ既卒」

私も利用しましたが、特におすすめなのが「ウズキャリ既卒」です。とにかくサポートが充実しており、企業面接ごとに、1回2時間をかけ、合計20時間以上にわたって徹底的に面接対策をしてくれます。

私が使ったウズキャリ既卒のおすすめポイント

  1. ブラック企業を完全排除している(そもそもUZUZがホワイト企業大賞特別賞を受賞している)
  2. 既卒採用に積極的な企業を10社以上紹介してもらえる
  3. 一人で就職活動をするより、圧倒的に内定しやすく最短2週間で内定も可能!

離職率や残業時間が慢性的に長いなどの、厳格な基準でブラック企業を徹底排除しているため、内定者の定着率も95%と非常に高いです。

ウズキャリ既卒の詳細を見てみる

未経験者歓迎求人or既卒応募可能求人へ応募する

就活浪人が就職を成功させるためには、未経験者歓迎求人or既卒応募可能求人へ応募することです。なぜなら、就活浪人は新卒扱いされないため。

前述した通り、既卒生は新卒枠で採用を受けられますが、不利になる可能性が高いんです。

一方、通常の中途採用枠で応募すると、企業側は実務経験のある即戦力の求職者を求めており、内定獲得はもっと厳しくなります。

そこで未経験者歓迎求人or既卒応募可能求人へ応募しましょう。

既卒や未経験者を採用したい企業が求人を出しており、就活浪人と企業のニーズがマッチしているんです。

そのため、未経験者歓迎求人or既卒応募可能求人へ応募した方が採用される可能性が高いかもしれません。

活動量を落とさない

就活浪人が就職を成功させるためには、活動量を落とさないことです。なぜなら、活動量は内定獲得に比例しやすいため。

事実、マイナビが行った既卒者の就職活動に関する調査によると、活動量が増えた既卒生の内定率は36.2%で、減った学生より10%以上高かったんです。

(参照:新卒採用サポネット 2020年度マイナビ既卒者の就職活動に関する調査

既卒は応募できる求人自体が少なく、活動量が落ちてしまうかもしれません。そこで打開策として、就活浪人生は受ける業界や職種の視野を広げてみましょう。

面接は慣れが重要なので第一志望の企業にこだわらず、多くの企業へエントリーしてみてくださいね。

頻出質問に答えられるようにしておく

就活浪人が就職を成功させるためには、頻出質問に答えられるようにしておきましょう。

なぜなら、質問にはっきり答えられないと無計画な印象がついてしまい「入社後も計画的に動けなそうだな…。」と思われてしまう可能性があるため。

頻出質問の例

  1. なぜ既卒で就活をしているのか
  2. 卒業から今まで何をしていたのか

誠実な姿勢や前向きな態度が伝わるように、頻出質問にはあらかじめ回答を用意しておきましょう。

ここに注意!

    答えにくい質問に対して、言い訳をしたり、嘘をついたりするのはマイナスな印象を与えます。

面接の目的は「企業の業績に貢献できるような人を見つけること」と「同じ職場で働ける信用できる人を見つけること」です。

言い訳をしたり、嘘をついたりする人は信用を得られず、採用を見送られてしまいます。

第二新卒の転職でキャリアアップを目指す

就活浪人が就職を成功させるためには、第二新卒の転職でキャリアアップを目指しましょう。なぜなら、転職により第一志望の企業へ入れる可能性があるため。

ここがポイント

第二新卒とは、学校卒業後1〜3年以内で転職を志す25歳前後の若手社会人のこと。

(参照:マイナビジョブ20’s 第二新卒とは?いつまで?

第二新卒は実績+ポテンシャルが評価されやすく、転職活動の市場価値が高いんです。事実、広告業界大手の博報堂は第二新卒の採用数を2倍にしています。
(参照:日本経済新聞 第二新卒、大手各社が熱い視線 博報堂は採用数2倍に

以下は第二新卒の転職でキャリアアップを目指す際のポイントです。

第二新卒の転職でキャリアアップを目指す際のポイント

  1. 残業時間の少ない企業に入社する:働きながら転職できる環境が必要なため。忙しすぎると転職活動をする気力がなくなってしまう。
  2. 第一志望の企業と同じ業界へ入る:類似した業務をこなしていた方が実績を評価してもらいやすいため。
ユウキ君

一度就職して第二新卒の転職活動でキャリアアップを目指すのも選択肢の一つですよ!

就活浪人に関するQ&A

ここでは就活浪人に関するQ&Aをまとめました。気になるところがあれば、チェックしてみてくださいね。

就活浪人が就職しやすい会社の特徴は?

就活浪人が就職しやすい会社の特徴は、以下の通りです。

就活浪人が就職しやすい会社の特徴

  1. IT業界:市場規模が拡大傾向にあるため。その分人手が足りてない場合が多く、すぐに働ける既卒生は重宝されやすい。学歴フィルターをかけている企業も少なく、就職しやすいかもしれない。
  2. 中小企業:新卒生が内定辞退しやすい+コスト削減のために既卒生を採用する場合が多いため。

志望企業を迷っている方は以上のような求人に応募してみましょう。

就活浪人をしたら同じ企業を再度受けられるのか?

就活浪人が同じ企業を再度受けられるのかどうかは、企業によって異なります。

ここに注意!

    「過去2年以内に応募されている方は不可」など条件に挙げている企業もあるんです。

同じ企業を受ける場合の明暗

  1. 「志望度が低い」という理由で不採用になった場合:自社を受けるために就活浪人してくれたのかと思われやすく、採用される可能性が上がる。
  2. 「適正が低い」という理由で不採用になった場合:適正(性格など)は、1年程度で大きく変化しないので不採用になりやすい。

そのため、自分がどんな理由でその企業に落ちたのかを分析して、再度応募するか決めた方が良いですね。

フジワラ

特に2次試験で落ちている場合は受かる可能性は低いかもしれません。書類選考・1次選考では基礎的な学力やマナーが見られていますが、2次選考では人柄や社風との相性が見られているため。

新卒生と就活浪人の内定率は?

マイナビが実施した調査によると、新卒生と就活浪人の内定保有率は以下の通りでした。

新卒生と就活浪人の内定保有率

  1. 新卒生:82.6%
  2. 就活浪人:45%

(参照:マイナビ 2019年度マイナビ既卒者の就職活動に関する調査

つまり、新卒生と就活浪人では内定保有率に倍近い差があるんです。そのため、再度就活をしても内定を獲得できるとは限りません…。

まとめ:就活浪人期間の過ごし方によって採用担当者へ好印象を与えられる!

今回は、就活浪人の概要や就活浪人が不利になりやすい理由、採用担当者から評価されやすい就活浪人期間の過ごし方、就活浪人が就職を成功させるためのコツを紹介しました。

では、記事の内容をまとめます。

記事の内容まとめ

  • 就活浪人期間は志望業種に関する経験を積む
  • 新卒時よりも活動量を落とさない
  • 既卒特化型就職エージェントを利用する

就活浪人をすると受けられる企業が減ったり、企業からの印象が悪くなったりと不利になる場合が多いんです。

ただですね。就活浪人期間は過ごし方次第で採用担当者が抱く印象をアップさせられます。

特におすすめなのが、志望業種の長期インターンに参加して、アピールできる実績を作ることです。業界・職種とのマッチ度合いが伝わりやすく、結果を出してくれそうなビジョンが湧くため。

活動量と内定獲得率はおおよそ比例します。既卒は応募できる求人自体が少ないので、難しいかもしれません。そこで就活エージェントから求人紹介を受けて、活動量を維持してください。

良い求人はすぐに募集が終了してしまいます。既卒就活を始める方は、今回紹介した既卒特化型就職エージェントに無料相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介したサービス

  1.      「ウズキャリ既卒」:離職率の高いブラック企業は紹介しない!他社の10倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート。    
  2.      「ハタラクティブ」:既卒フリーターの内定実績No1!既卒でも上場企業の内定が狙える!    
  3.      「DYM就職」:2000件以上の既卒向け求人から選べる!

監修者プロフィール

フジワラ
運営者:フジワラ
27歳の元既卒生。 大学在学中から続けていた塾講師のアルバイト経験のみだったが、一念発起して就職活動に取り組み、既卒の立場で2社から内定を獲得。実体験を元にした確かな情報提供を心がけていきます。

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

imasia_9065120_S1
ハタラクティブ(未経験・フリーターから有名企業の正社員へ)

既卒フリーターの内定実績No1!他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポートや、既卒から上場企業の正社員になれる求人多数

imasia_9065120_S2
DYM就職(就職できるまで二人三脚!親身な就職サポート!)

DYM就職なら、2000件以上の既卒向け求人の中からエンジニア・企画・マーケティング・事務・管理・クリエイティブ等、様々な職種の仕事を選ぶことができます。

3
ウズキャリ既卒(既卒の内定実績86%!他社の10倍時間をかけて、就活をサポート)

他社の10倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート!離職率の高いブラック企業は紹介しないポリシーを貫いています。

imasia_14141661_S-2 4
マイナビジョブ20’sアドバンス(最短約2週間で内定獲得!既卒で就活するなら登録必須!)

マイナビが既卒の採用意欲が高い企業を厳選して紹介してくれる!

imasia_9065120_S5
就職カレッジ(最短2週間で内定!内定率80%以上)

外食・投資用不動産・アミューズメントなど、離職率の高い業界は紹介しません!また、正社員の求人以外は紹介しない優良エージェントサービス!