【例文付き】面接官の印象が良くなる仕事を辞めた理由の伝え方まとめ

【例文付き】面接官の印象が良くなる仕事を辞めた理由の伝え方まとめ

「面接で退職理由を聞かれた際に印象良く答えたい!」と思う一方で、

疑問

  • 退職理由は正直に答えても良いのか?
  • 面接官へ好印象を与えられる回答は?減点されやすい回答は?
  • 退職理由の例文があれば参考にしたい

と悩んでいませんか?

実際、私の友人も面接で退職理由を問う質問へ上手く回答できずに、選考落ちを繰り返していました。

ただですね。退職理由を伝える際のコツを知れば、採用担当者に好印象を与えられえます。また、採用担当者が退職理由を問うワケを知っておくと質問の意図が分かり、答えやすくなるかもしれません。

そこで今回は、優良企業への転職を成功させた友人へのインタビューを元に、面接で採用担当者が退職理由を聞くワケや退職理由の伝える際のポイント、マイナス評価につながりやすい退職理由の伝え方、状況別の面接官の印象が良くなる仕事を辞めた理由の例文を紹介します。

採用担当者はチェックしている?面接で仕事を辞めた理由を聞く3つのワケ

採用担当者が仕事を辞めた理由を聞くのは「短期離職しないか」「自社で活躍できそうか」「責任を持って仕事に取り組めるか」を確かめるためです。

理由が分かれば、質問の意図が把握しやすくなります。そこで、ここでは面接で仕事を辞めた理由を聞く3つのワケを3つ紹介します。

採用担当者はチェックしている?面接で仕事を辞めた理由を聞く3つのワケ

  • 入社後に短期離職しないかを確かめるため
  • 自社で活躍できそうな人材かを見極めるため
  • 責任を持って仕事に取り組めるかを知るため

入社後に短期離職しないかを確かめるため

採用担当者が面接で仕事を辞めた理由を聞く1つ目のワケは、入社後に短期離職しないかを確かめるため。

短期離職しないかどうかを見極める主な質問

  1. なぜ転職しようと思ったのか
  2. どうして今の会社を辞めようと考えたのか

例えば、退職理由が「残業したくなかったから」と多忙な業界の企業の面接で伝えれば、短期離職する可能性はかなり高いかもしれません。

短期離職されてしまっては採用コストや時間が無駄になってしまいます。加えて、新たに人員補充しないといけないため、選考をやり直さないといけなくなるんです。

そのため、採用担当者は「長期的に定着してくれる人材かどうか」を採用の基準としています。

フジワラ

特に前職の在職期間が短い場合は「また辞めるのでは…?」と不安視される傾向がありますね…。

自社で活躍できそうな人材かを見極めるため

採用担当者が面接で仕事を辞めた理由を聞く2つ目のワケは、自社で活躍できそうな人材かを見極めるため。

自社で活躍できる人材かを判断する基準

  1. 活躍できるスキルがあるか
  2. 仕事への価値観が会社と合っているか
  3. 社風とのマッチ度合いはどうか

いくら即戦力の実力があっても、会社の風土や方針とズレている場合は環境が合わずに思ったような活躍ができないかもしれません。

そのため、自社で活躍できそうな人材は、スキル面+会社や職種との相性も加味されて判断しているんです。

責任を持って仕事に取り組めるかを知るため

採用担当者が面接で仕事を辞めた理由を聞く3つ目のワケは、責任を持って仕事に取り組めるかを知るため。

チェックしているポイント

  1. 退職理由を他責にしている
  2. 前職の悪口ばかり言っている

本当に前職の環境が劣悪だったり、上司から酷い仕打ちを受けていたりしたとします。

しかしですね。実際の状況を知らない採用担当者は「この人にも問題があるのでは…?」と不安視する場合もあるかもしれません。

そのため、以上を確認をすることで「責任を持って仕事に取り組めるか」を判断しています。

キヨちゃん

圧迫面接もストレス耐性を見て、仕事に対しての責任感をチェックしている場合が多いですね。

既卒/フリーターの就活に強い!無料登録しておくべき神サイト

既卒で就職活動を頑張りたいけれど、「どんな就職サイト/サービスを使って就活すればいいの…?」と、悩んでいませんか?

そこで、私が既卒として就活した時に利用した、「既卒歓迎」のホワイト企業の求人を紹介してくれる就職サイトをご紹介します。無料なので登録しておいて損はないと思います!

面接で仕事を辞めた理由を伝える際の4つのポイント

退職理由は伝え方によっては大きく減点の対象になります。前述した通り、短期離職する可能性がある人材は採用を見送られるため。

企業は長期的に貢献できる人材を欲しており、それを念頭に置いて回答する必要がありますね。

そこでここでは、面接で仕事を辞めた理由の伝える際のポイントを4つ紹介します。

面接で仕事を辞めた理由を伝える際の4つのポイント

  • ポジティブな内容に変換する
  • 前職の不満を改善するために起こした行動を話す
  • 志望動機と一貫性を持たせる
  • 大きな声でハキハキと話す

ポジティブな内容に変換する

面接で仕事を辞めた理由を伝える際の1つ目のポイントは、ポジティブな内容に変換することです。

なぜなら、ネガティブな理由を正直に伝えてしまうと「入社後も不満ばかり言うのでは…?」とマイナスな印象を与える可能性があるため。

そこでネガティブな退職理由はできるだけポジティブな理由へ変換しましょう。

ネガティブな理由→ポジティブな理由

  1. ノルマが厳しい競争主義の会社だった→個人主義ではなく、協力しながら働ける職場で働きたい
  2. 過労死ラインギリギリの残業があった→メリハリをつけて効率良く働きたい

ここがポイント

過労死ラインとは、働き過ぎによる健康被害が生じて、労働災害と認定の因果関係を判断するために設けられた時間外労働時間の目安となる時間のこと。一般的には月の残業80時間とされている。

現状、ポジティブな退職理由の方が採用担当者ウケは良いんです。そのため、退職理由はポジティブな内容に変換するのをおすすめします。

前職の不満を改善するために起こした行動を話す

面接で仕事を辞めた理由を伝える際の2つ目のポイントは、前職の不満を改善するために起こした行動を話すことです。

退職理由を深堀りされた際は、前職の不満を改善するために起こした行動を話しましょう。

なぜなら、前職の問題点や不満点だけ話すと「自発的な行動を起こせない」というマイナスな印象がついてしまいやすいため。

不満点を改善するための行動例

  1. 接客態度が改善されないため、店舗専用の接客マニュアルを作った
  2. 自社製品の独自の強みを見つけるために他社製品を使ったり、徹底的に情報を集めたりした

以上の後に「改善できなかったので転職を決意した」と締めましょう。具体的な行動を伝えることで課題解決能力をアピールできるかもしれませんよ!

志望動機と一貫性を持たせる

面接で仕事を辞めた理由を伝える際の3つ目のポイントは、志望動機と一貫性を持たせることです。

なぜなら、退職理由と志望動機に結びつきがないと採用担当者によっては「伝えたいことが分かりにくい」と言う印象につながるため。

前述したようなネガティブな退職理由は転職後の改善したいポイントでもあります。そのポイントを志望動機に繋げましょう。

志望動機の流れ
志望していた部署へ配属されかった→広報の仕事がしたい。前職では他部署で成果を挙げても移動できなかった。そこで前職と同じ分野の知識が活かせる広報職を募集していた御社へ転職したい。

ユウキ君

「自分なりに対策をしたが、前職では叶えられなかった」というニュアンスが伝わると採用担当者の納得感が増したり、入社意欲の高さをアピールできたりします。

そのため、退職理由と一貫性のある志望動機を作成しましょう。

大きな声でハキハキと話す

面接で仕事を辞めた理由を伝える際の4つ目のポイントは、大きな声でハキハキと話すことです。

なぜなら、退職理由をボソボソと小さな声で話すと「他に後ろめたい理由があるのでは…?」と勘繰られてしまうため。

ポジティブに変換した退職理由なら大きな声でハキハキと話せば、採用担当者に良い印象を与えられますよ!

マイナス評価につながりやすい!退職理由の伝え方5選!

退職理由はマイナス評価につながる点を避けるだけでも評価が高まります。今までの面接で行っていた場合はすぐに直しましょう。

そこでここでは、マイナス評価につながりやすい退職理由の伝え方を5つ紹介します。

マイナス評価につながりやすい!退職理由の伝え方5選!

  • 嘘をつく
  • 前職の不満だけを話す
  • 年収や待遇面の話をする
  • 前職の仕事に関する名称まで出してしまう
  • 暗いトーンで話す

嘘をつく

マイナス評価につながりやすい退職理由の伝え方は、嘘をつくことです。

実際、退職理由を伝える際に嘘をつく必要はありません。なぜなら、転職を希望している=前職に不満があったことは採用担当者も理解しているため。

また、印象が良さそうな嘘の退職理由を言っても、面接のプロではある採用担当者には見抜かれる可能性が高いんです。

何より嘘の理由を伝えると採用担当者が感じる印象が変わってしまうため、入社後のミスマッチにつながるかもしれません。

そのため、退職理由を伝える際は本当の理由をポジティブな内容へ変換して伝えましょう。

前職の不満だけを話す

マイナス評価につながりやすい退職理由の伝え方は、前職の不満だけを話すことです。なぜなら、面接は文句を言う場所ではないため。

採用担当者も人間なので不満を聞くのは気持ちが良いものではありません。

フジワラ

「場や立場をわきまえない人」という印象がつくと、採用から遠ざかってしまいやすいんです。

年収や待遇面の話をする

マイナス評価につながりやすい退職理由の伝え方は、年収や待遇面の話をすることです。

年収や待遇面の話自体は悪いことではありません。なぜなら、企業側も退職理由にネガティブな要素があるのは理解しているため。

ただですね。年収や待遇面の話をする際は伝え方に気をつけましょう。

ここに注意!

    「年収が低いから退職した」「福利厚生がないのがキツかった」だけ伝えると、不満を持ちやすいという印象を与えてしまうんです。

そのため、「成果が給与に反映されやすい実力主義の会社で働きたい」「将来家庭を持った際に補償の手厚い企業に勤めた方が安心だと思った」など伝え方には細心の注意を払いましょう。

前職の仕事に関する名称まで出してしまう

マイナス評価につながりやすい退職理由の伝え方は、前職の仕事に関する名称まで出してしまうことです。なぜなら、守秘義務を守れないのは企業にとって危険な人材なため。

例えば、入社後に新規のプロジェクト内容を友人や家族に話したとします。今は些細な発言でもネットに拡散されれば、大規模な情報流出につながるかもしれません。

そのため、前職の仕事に関する名称を出す際は、社外秘の内容かどうかの確認を取ってから伝えましょう。

暗いトーンで話す

マイナス評価につながりやすい退職理由の伝え方は、暗いトーンで話すことです。

ただですね。病気や親の介護など大きな声や明るいトーンで話せない退職理由もあるかもしれません。その場合は無理に明るく振る舞わず、面接官の目を見てはっきりとした声で伝えましょう。

それだけでも印象はグッと良くなるはずですよ!

【状況別】面接官の印象が良くなる仕事を辞めた理由の例文3選

面接官の印象を良くする例文を参考にするにも、状況は人それぞれ異なります。そこで多くの人に当てはまりやすい退職理由をピックアップしました。

以下はdodaが調査した20〜30代の転職経験者が話した転職理由ランキングです。

(参照:doda 面接で転職理由(退職理由)を質問されたときの正しい答え方と回答例文

ここではランキング上位3つの退職理由で面接官の印象が良くなる例文を紹介します。自分の状況に近いものをあれば、参考にしてみてくださいね。

【状況別】面接官の印象が良くなる仕事を辞めた理由の例文3選

  • 給料・収入アップを実現するため
  • 労働時間の短縮のため
  • キャリアアップを実現させるため

給料・収入アップを実現するため

給与への不満は自分の仕事を正当に評価してほしいと思いがあります。

そこで「正当な評価が仕事の成果につながる」「若手でも活躍できる」という企業風土を求めていることを伝えましょう。


例文
現職では法人営業職として新規開拓を5年間担当しており、部署内の売上も3位以内を複数回経験しました。しかし、実績より社歴が重視される企業風土だったため、正当な評価を受けられていない印象でした。

実力主義で評価体制の整った御社で働くことでモチベーションを維持しつつ、実績を上げることに貪欲になれるという考えから転職を決意いたしました。

労働時間の短縮のため

労働時間を短縮したいという退職理由の場合、伝え方次第では「就労意欲が低い」とみなされる場合があります…。

しかしですね。「前の職場ではなかった余暇時間を自己研鑽に使う」と伝えることで、転職への本気度が伝わりやすくなるんです。加えて、会社の業績に貢献する意思を表明しましょう。

例文
前職では過労死ラインギリギリの残業時間があり、スキルアップの時間を取ることができませんでした。

今後はWebマーケターとして、変化の激しい業界をリードしていくために余暇時間を使い、自己研鑽に励んでいきます。加えて、実績も積むことで会社の業績へ貢献したいと考え、転職を決意しました。

キャリアアップを実現させるため

実はキャリアアップは採用担当者によっては「あまり深く考えていない」とマイナスな印象を抱く人もいるんです。

そこでキャリアアップという曖昧な言葉を使わずに、具体的に挑戦したいことを伝えましょう。

例文
私は情報誌の編集者として5年間勤務してきました。半年前に地元を舞台にした映画への密着を担当したことで、映画史の奥深さと細部へのこだわりを人に伝えたいと感じました。

今までは幅広いジャンルの編集に携わってきましたが、今後は映画という一つの領域に特化していき、業界と御社に貢献したいと考え、転職を決意しました。

面接での仕事を辞めた理由の伝え方で迷っているなら転職エージェントの利用がおすすめ!

面接での仕事を辞めた理由の伝え方で迷っているなら転職エージェントを利用しましょう。なぜなら、転職のプロであるキャリアアドバイザーのサポートを無料で受けられるため。

転職エージェントのサポート一覧

  1. 無料カウンセリング
  2. 求人紹介
  3. 面接対策
  4. 応募書類の添削
  5. 内定後の収入交渉
  6. 面接日の日程調整
  7. 推薦状の記入

転職エージェントでは面接対策の後に毎回フィードバックをもらえます。面接の良かった点と改善点が分かるので、退職理由関係の回答を直すべきかで悩む必要がありません。

そのため、退職理由の伝え方で悩んでいる方こそ、転職エージェントの利用をおすすめします。

既卒サービス「ハタラクティブ」

ハタラクティブ
ハタラクティブ

私が実際に使った中でおすすめしたいのは「ハタラクティブ」です。利用者のほとんどが既卒・フリーターで、社会人経験ゼロの人を対象に色々な就活支援をしてくれます。

私が使ったハタラクティブのおすすめポイント

  1. 求人の質が高く、既卒から上場企業の正社員になれる!
  2. 一人で就職活動をするより、圧倒的に内定しやすい
  3. 他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート

求人の紹介だけでなく、既卒の就活を知り尽くしたキャリアコンサルタントによる、「自己分析サポート」「履歴書・エントリーシートの添削」「模擬面接」のサービスを提供していて、既卒の就職を徹底サポートしてくれます。興味がある人は以下をチェックしてみてください。

ハタラクティブの無料登録はこちら

既卒サービス「DYM就職」

私はフリーター期間が長かったので、書類選考で落とされてしまうことが多く、面接で挽回するためにかなりの数の企業に応募していました。

しかし、DYM就職なら企業側と信頼関係を構築しており、書類選考や一次選考を免除してくれるので、履歴書を書きまくる苦労がいりません。

既卒の就職成功率は過去3年間、45%前後とかなり低い水準です。DYM就職は既卒就活について知り尽くしたキャリアドバイザーの手厚いサポートもあり、既卒の就職成功率は業界トップクラスを誇ります。

面談可能な拠点は全国28箇所あるため、地方でも対面でも面接のフィードバックを受けることができるのが強みです。

私が実際に使って感じたDYM就職の強み

  1. 企業との信頼構築はあり、書類選考、一次選考免除
  2. 既卒就活の戦い方を知っているキャリアアドバイザーがサポート→内定率96%
  3. 電車で1本の場所で面談が受けられた

60秒で完了!DYM就職の無料登録はこちら

既卒サービス「ウズキャリ既卒」

私も利用しましたが、特におすすめなのが「ウズキャリ既卒」です。とにかくサポートが充実しており、企業面接ごとに、1回2時間をかけ、合計20時間以上にわたって徹底的に面接対策をしてくれます。

私が使ったウズキャリ既卒のおすすめポイント

  1. ブラック企業を完全排除している(そもそもUZUZがホワイト企業大賞特別賞を受賞している)
  2. 既卒採用に積極的な企業を10社以上紹介してもらえる
  3. 一人で就職活動をするより、圧倒的に内定しやすく最短2週間で内定も可能!

離職率や残業時間が慢性的に長いなどの、厳格な基準でブラック企業を徹底排除しているため、内定者の定着率も95%と非常に高いです。

ウズキャリ既卒の詳細を見てみる

まとめ:面接で辞めた理由を答える際は伝え方が重要!転職エージェントで良し悪しを判断してもらおう!

今回は、面接で採用担当者が仕事を辞めた理由を聞くワケや退職理由の伝える際のポイント、マイナス評価につながりやすい退職理由の伝え方、状況別の面接官の印象が良くなる退職理由の例文を紹介しました。

では、記事の内容をまとめます。

記事の内容まとめ

  • 採用担当者が退職理由を聞くのは「短期離職しないか」「自社で活躍できそうか」「責任を持って仕事に取り組めるか」を確かめるため
  • 退職理由はマイナス評価につながる点を避けるだけでも評価が高まる
  • 転職エージェントを利用する

採用担当者は転職者が長期的に自社へ貢献できるかを見抜く必要があるため、退職理由について深堀します。

短期離職されたり、戦力にならなかったりすると採用コストや時間が無駄になってしまうため。

退職理由を伝える際に好印象を与えるコツはもちろん、減点されるような回答をしないだけでも選考突破率はグッと上がるかもしれません。

転職エージェントでは面接対策の後に毎回フィードバックがもらえるため、良かった点と改善点が分かります。退職理由関係の回答の治すべき点が分かり、着実に内定へ近づいていくんです。

待遇の良い求人はすぐに応募を締め切ってしまいます。そのため、退職理由の伝え方で悩んでいる方は、今回紹介した転職エージェントに無料相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介したサービス

  1.      「ウズキャリ既卒」:離職率の高いブラック企業は紹介しない!他社の10倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート。    
  2.      「ハタラクティブ」:既卒フリーターの内定実績No1!既卒でも上場企業の内定が狙える!    
  3.      「DYM就職」:2000件以上の既卒向け求人から選べる!

監修者プロフィール

フジワラ
運営者:フジワラ
27歳の元既卒生。 大学在学中から続けていた塾講師のアルバイト経験のみだったが、一念発起して就職活動に取り組み、既卒の立場で2社から内定を獲得。実体験を元にした確かな情報提供を心がけていきます。

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

imasia_9065120_S1
ハタラクティブ(未経験・フリーターから有名企業の正社員へ)

既卒フリーターの内定実績No1!他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポートや、既卒から上場企業の正社員になれる求人多数

imasia_9065120_S2
DYM就職(就職できるまで二人三脚!親身な就職サポート!)

DYM就職なら、2000件以上の既卒向け求人の中からエンジニア・企画・マーケティング・事務・管理・クリエイティブ等、様々な職種の仕事を選ぶことができます。

3
ウズキャリ既卒(既卒の内定実績86%!他社の10倍時間をかけて、就活をサポート)

他社の10倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート!離職率の高いブラック企業は紹介しないポリシーを貫いています。

imasia_14141661_S-2 4
マイナビジョブ20’sアドバンス(最短約2週間で内定獲得!既卒で就活するなら登録必須!)

マイナビが既卒の採用意欲が高い企業を厳選して紹介してくれる!

imasia_9065120_S5
就職カレッジ(最短2週間で内定!内定率80%以上)

外食・投資用不動産・アミューズメントなど、離職率の高い業界は紹介しません!また、正社員の求人以外は紹介しない優良エージェントサービス!