第二新卒におすすめの楽な仕事10選!仕事探しや内定獲得のポイント

第二新卒におすすめの楽な仕事10選!仕事探しや内定獲得のポイント

「次はできるだけ楽な仕事に転職したい…。」と思う一方で、

疑問

  • 楽な仕事にはどんなものがあるのか?
  • 異業種への転職がしやすいうちに楽な仕事に就きたい
  • 楽な仕事へ転職するコツを知りたい

と悩んでいませんか?

実際、私の友人も第二新卒時はブラック企業で消耗しており「楽な仕事なんてあるのかな…?」と不安になっていました。

簡単な仕事は明確に存在します。ただですね。万人が楽だと感じる仕事はありません。そのため、自分が楽だと感じる仕事を見つけることからスタートしましょう。

そこで今回は第二新卒で楽な仕事へ転職を成功させた友人へのインタビューを元に、楽な仕事の種類や第二新卒の転職の市場価値が高い理由、第二新卒向きの10の楽な仕事&楽な理由、自分にとって楽な仕事を見つける&内定を獲得する方法を紹介します。

フジワラ

楽な仕事に就ければ、今よりプライベートに避ける時間が増えるかもしれませんよ!

第二新卒の自分が楽な仕事の種類を知っておくべき!

楽に働ける仕事の定義は人によって異なります。まず自分にとってどんな仕事が楽なのかを知っておきましょう。

楽な仕事の種類

  1. 精神的ストレスが少ない
  2. ノルマがない
  3. クレーム対応が少ない
  4. 体力を使わない
  5. 長時間労働じゃない
  6. ルーティンワーク

楽な条件を明確化させてから、仕事を選びましょう。

また、自己分析をすることで自分の得意分野や苦手分野が分かり、仕事選びに役立ちます。以下の自己分析ツールや書籍を使って調べてみましょう。

おすすめの自己分析ツール・書籍

  1. グッドポイント診断
  2. ストレングス・ファインダー

既卒/フリーターの就活に強い!無料登録しておくべき神サイト

既卒で就職活動を頑張りたいけれど、「どんな就職サイト/サービスを使って就活すればいいの…?」と、悩んでいませんか?

そこで、私が既卒として就活した時に利用した、「既卒歓迎」のホワイト企業の求人を紹介してくれる就職サイトをご紹介します。無料なので登録しておいて損はないと思います!

第二新卒は転職の市場価値が高い!楽な仕事の異業種へ転職できるチャンス!

第二新卒は市場価値が高く、転職できる可能性が高いんです。楽な仕事が異業種の場合は転職するのに絶好の機会かもしれません。

第二新卒が企業から求められている理由

  1. 基本的な社会人マナーが身についているため:研修など教育コストがかからない+早めに実務へ進める。
  2. 考え方に柔軟性がある:即戦力の社員は前職でのやり方に固執する場合がある。一方、第二新卒は前職の社歴が短いので自社の風土に馴染みやすい+柔軟に対応してくれる。
  3. 新卒と同様の若さがある:近年は新卒採用で規定人数が採用できなかったり、新卒社員が数年で離職してしまったりする企業が多い。継続的に業績を上げていくには若手人材の確保が必要になる。

事実、広告業界大手の博報堂は第二新卒を積極的に採用しています。
(参照:日本経済新聞 第二新卒、大手各社が熱い視線 博報堂は採用数2倍

ただですね。年齢を重ねるにつれて異業種への転職の難易度も上がっていくんです。特に30代になると、専門スキル+マネジメント能力が求められます。未経験者は選考を突破しにくくなるんです…。

そのため、異業種へ転職するなら第二新卒は絶好のチャンスかもしれませんよ!

【第二新卒向き】10の楽な仕事&楽な理由!

前述した通り、どんな仕事を楽だと感じるかは人それぞれです。そこで自分にとっての楽な仕事を見つけるため、ここでは楽な仕事&楽な理由を10個にまとめました。

気になる仕事があれば、チェックしてみてくださいね!

【第二新卒向き】10の楽な仕事&楽な理由!

  • 事務職
  • 警備員
  • データ入力
  • 工場作業員
  • 品質管理
  • ドライバー(トラック運転手)
  • ビルメンテナンス
  • ルート営業
  • 社内SE
  • インストラクター

事務職

第二新卒向けの1つ目の楽な仕事は事務職です。業務内容は多種多様なので、希望する際には業務内容を詳しく調べておきましょう。

業務内容

  1. 一般事務:書類の作成やデータ入力など。
  2. 経理:伝票・小口集計や帳簿の作成など。
  3. 人事:採用や従業員の労務管理など。
  4. 法務:契約書の作成・確認など。
  5. 営業事務:営業職のサポート業務がメイン。資料の作成や受発注の手続きなど。

他にも備品の管理や事務所の管理、電話対応や受付業務など問い合わせ対応などが業務の一環になります。

事務職が楽な理由

  1. デスクワークであるため
  2. 定時退社できる企業が多いため

事務職は座り仕事でPC業務がメインになるため、体力を消耗しにくいんです。

事務職は基本的に残業が発生しにくいので、ワークライフバラスを保って働けます。

警備員

第二新卒向けの2つ目の楽な仕事は警備員です。警備員は派遣される現場によって、業務が異なります。

屋内or外で労働環境が変わるため、会社がどんな施設を警備しているのかを調べておきましょう。

業務内容

  1. 建物の巡回
  2. 駐車場の出入り口の警備
  3. イベント会場内の警備

警備員が楽な理由

  1. ルーティンワークなため
  2. 激しく体力を消耗しないため

警備員の仕事はルーティンワークで、イレギュラーな対応も多くありません。また、立ち仕事ですが、力仕事があまりないので体力を消耗しにくいんです。

データ入力

第二新卒向けの3つ目の楽な仕事はデータ入力です。業務内容はPCで所定のフォーマットに従って文字情報や数字などデータを入力することです。

データ入力が楽な理由

  1. 業務内容が比較的簡単なため
  2. デスクワークであるため

座り仕事がメインになり、体力を消耗せずに働けるのは大きなメリットかもしれません。

キヨちゃん

自発的に動いて仕事をするより受動的に仕事をこなしたい人におすすめですね。

工場作業員

第二新卒向けの4つ目の楽な仕事は工場作業員です。業務内容はライン作業やピッキングがメインになります。

詳細には部品の組み立てや梱包、塗装などですね。

工場作業員が楽な理由

  1. ルーティンワークなため
  2. 対人コミュニケーションが少ないため
  3. 覚える業務が少ないため

同じ業務を繰り返すことが多く、黙々と作業したい人におすすめですね。

また、業務連絡以外のコミュニケーションを必要としないので、人と話すのが苦手でも問題ありません。

最近は工場も機械化が進んでおり、機械を操作する作業が多いんです。そのため、覚える作業はかなり簡略化されている傾向があります。

品質管理

第二新卒向けの5つ目の楽な仕事は品質管理です。業務内容は商品の動作や見た目に問題がないかなどの商品の質を判断することです。

事前に用意されたマニュアルに沿ってチェックしていくため、特段難しい作業ではありません。

品質管理が楽な理由

  1. ルーティンワークなため
  2. 対人コミュニケーションが少ないため
  3. 覚える業務が少ないため

ドライバー(トラック運転手)

第二新卒向けの6つ目の楽な仕事はドライバー(トラック運転手)です。業務内容は荷物の積み下ろしを行い、企業や店舗へ荷物を配送することですね。

トラック運転手が楽な理由

  1. ルーティンワークなため
  2. 1人の時間が多いため
  3. 必須スキルが運転免許のみなため

特に決まった道を回るルート配送の場合はルーティンワークの要素が強いかもしれません。

トラックの運転中は一人きり+休憩を取る時間は決められておらず、自分のペースで仕事ができます。

ビルメンテナンス

第二新卒向けの7つ目の楽な仕事はビルメンテナンスです。業務内容は多岐に渡りますね。

ここがポイント

ビルメンテナンスとは、ビルの異常や不備の有無の点検や保守管理を行う仕事のこと。

業務内容

  1. 建物内部・外部の清掃
  2. 空気環境の測定や空調用のダクトの清掃
  3. 害虫駆除や廃棄物処理
  4. 電気通信まわりの管理

ビルメンテナンスが楽な理由

  1. 現場によっては1人作業になるため
  2. 日勤と夜勤を選べる会社もあるため

作業内容や現場によっては1人で作業できるので、人間関係で苦労することがほぼありません。

また、日勤と夜勤を選べる会社もあり、朝が苦手な人は夜勤、規則正しい生活をしたい人は日勤など自分の生活リズムにあわせた働き方ができるんです。

ルート営業

第二新卒向けの8つ目の楽な仕事は、ルート営業です。営業職はノルマがキツいと前述しましたが、ルート営業は比較的楽に働ける場合が多いかもしれません。

業務内容は既存の顧客に対して、自社商材の感想や要望をヒアリングをしたり、新商材の提案したりすることです。

新規開拓の必要がなく、ノルマの設定も比較的緩い場合があります。

ルート営業が楽な理由

  1. 新規開拓をする必要ないため
  2. ノルマが緩い傾向があるため

新規開拓営業はアポを取るのも一苦労であり、飛び込み営業先では煙たがられる可能性もあります。

一方、ルート営業なら取引先との関係性が構築されており、比較的楽に商談を進めるられるんです。

既に顧客との間で取引が発生しているため、ノルマを達成しやすいのも楽なポイントかもしれません。

ユウキ君

特にBtoBのルート営業がおすすめですね。ビジネスマナーが身についている法人相手なので、話が通じやすく、ストレスが溜まりにくい傾向があります。

社内SE

第二新卒向けの9つ目の楽な仕事は社内SEです。業務内容はシステム管理や保守運用、企画などになります。

社内のシステム管理を行うので、クライアントからの要望に振り回されて修正が積み重なり、納期ギリギリになることもありません。

社内SEが楽な理由

  1. 厳しい納期がないため
  2. クライアントからの無茶な要望がないため
  3. デスクワークであるため

ここに注意!

    社内のシステム管理やPCのトラブルシューターなど同じ社内SEでも、企業によって業務内容が異なります。

そのため、求人情報により業務内容をきちんと確認しましょう。

インストラクター

第二新卒向けの10個目の楽な仕事はインストラクターです。

ジム・ヨガ・スイミングスクールなど自分の得意分野を活かして働けます。得意な仕事の方が業務の飲み込みも早く、精神的なストレスもかかりにくいかもしれません。

インストラクターが楽な理由

  1. 得意分野を活かせるため
  2. 好きな仕事なら時間の流れが早く感じるため

自分にとって楽な仕事を見つける&内定を獲得する方法4選

自分にとって楽な仕事を見つけるためには前述した自己分析を行うだけでは足りません。仕事との相性がバッチリでも、転職先企業とミスマッチを起こす可能性もあるため

そこで企業とのミスマッチを防ぐ方法を知りましょう。第二新卒は転職で不利になる可能性もあるので、内定を獲得するにはリカバリーが必要になります。

ここでは、自分にとって楽な仕事を見つける&内定を獲得する方法を4つ紹介します。

自分にとって楽な仕事を見つける&内定を獲得する方法4選

  1. 第二新卒特化型転職エージェントを利用する
  2. 企業口コミサイトにより条件にあった企業か確かめる
  3. 選考で落ちる可能性が高いので求人には継続して応募する
  4. 退職理由をポジティブな内容に変換する

第二新卒特化型転職エージェントを利用する

自分にとって楽な仕事を見つける&内定を獲得するには、第二新卒特化型転職エージェントを利用しましょう。なぜなら、転職のプロであるキャリアアドバイザーからのサポートを受けられるため。

キャリアアドバイザーは応募企業の内部事情に詳しく、楽な仕事や自分と相性が良さそうな企業を紹介してくれるんです。

また、多くの第二新卒に特化した求人を保有しています。求人を出している企業も第二新卒を欲しているので、経験の無さなどで落ちることはほぼありません。

むしろ、若手を教育して戦力にしたい企業が多いので、第二新卒とのニーズが合致しているんです。

第二新卒特化型転職エージェントでは他にも以下のようなサポートが受けられます。

第二新卒特化型転職エージェントのサポート一覧

  1. 無料カウンセリング
  2. 求人紹介
  3. 面接対策
  4. 応募書類の添削
  5. 内定後の収入交渉
  6. 面接日の日程調整
  7. 推薦状の記入

アドバイザーは求人掲載中の企業の採用担当者と密接な関係を築いています。

推薦状により「短期離職しているが職種への適性あり」など不利な経歴をリカバリーしてくれるかもしれません。

そのため、第二新卒特化型転職エージェントの利用をおすすめします。

既卒サービス「ウズキャリ既卒」

私も利用しましたが、特におすすめなのが「ウズキャリ既卒」です。とにかくサポートが充実しており、企業面接ごとに、1回2時間をかけ、合計20時間以上にわたって徹底的に面接対策をしてくれます。

私が使ったウズキャリ既卒のおすすめポイント

  1. ブラック企業を完全排除している(そもそもUZUZがホワイト企業大賞特別賞を受賞している)
  2. 既卒採用に積極的な企業を10社以上紹介してもらえる
  3. 一人で就職活動をするより、圧倒的に内定しやすく最短2週間で内定も可能!

離職率や残業時間が慢性的に長いなどの、厳格な基準でブラック企業を徹底排除しているため、内定者の定着率も95%と非常に高いです。

ウズキャリ既卒の詳細を見てみる

既卒サービス「DYM就職」

私はフリーター期間が長かったので、書類選考で落とされてしまうことが多く、面接で挽回するためにかなりの数の企業に応募していました。

しかし、DYM就職なら企業側と信頼関係を構築しており、書類選考や一次選考を免除してくれるので、履歴書を書きまくる苦労がいりません。

既卒の就職成功率は過去3年間、45%前後とかなり低い水準です。DYM就職は既卒就活について知り尽くしたキャリアドバイザーの手厚いサポートもあり、既卒の就職成功率は業界トップの96%を誇ります。

面談可能な拠点は全国28箇所あるため、地方でも対面でも面接のフィードバックを受けることができるのが強みです。

私が実際に使って感じたDYM就職の強み

  1. 企業との信頼構築はあり、書類選考、一次選考免除
  2. 既卒就活の戦い方を知っているキャリアアドバイザーがサポート→内定率96%
  3. 電車で1本の場所で面談が受けられた

60秒で完了!DYM就職の無料登録はこちら

既卒サービス「えーかおキャリア」

おすすめなのが「えーかおキャリア」の転職エージェントです。とにかくサポートが充実しており、求人紹介、面接対策や内定後のキャリアプランを含めて、2人3脚であなたの就職・転職を徹底サポートしてくれます。

私が使ったえーかおキャリアのおすすめポイント

  1. 入社後の定着率97%(入社後のミスマッチをなくすため、休日・残業といった聞きづらい部分もすべて伝えてくれます)
  2. 1対1のサポート体制
  3. 内定率が他の転職エージェントの4倍!

事務職・広報・営業など、自分の希望を叶える仕事・職種を紹介してくれるため定着率は97%を誇ります!事務職で働きたい方や1日で内定の実績もあり、早く内定がほしい方にもおすすめです

えーかおキャリアの詳細を見てみる

企業口コミサイトにより条件にあった企業か確かめる

自分にとって楽な仕事を見つける&内定を獲得するには、企業口コミサイトにより条件にあった企業か確かめましょう。なぜなら、入社してみたら条件が求人票と全く異なる可能性も0ではないため。

そこで企業口コミサイトを利用しましょう。企業口コミサイトは現職の社員や退職した社員が本音を書き込んでおり、企業の実態が分かるんです。

条件面だけでなく、社風とのマッチ度合いや企業が求めるスキルが自分にあるかどうかをチェックしてみてくださいね。

それらが合致していれば、転職成功率がグッと上がるかもしれません。そのため、企業研究を徹底して、ミスマッチを起こす可能性を減らしましょう。

代表的な企業口コミサイト

  1. en Lighthouse
  2. 転職会議
  3. OpenWork

選考で落ちる可能性が高いので求人には継続して応募する

第二新卒が内定を獲得するには、選考で落ちる可能性が高いので求人には継続して応募することです。なぜなら、第二新卒は短期離職者でもあるため。

書類選考の時点で敬遠する企業も多いかもしれません。ただですね。転職活動では空いたポジションの補充など元から少ない枠を争う必要があるんです。

そのため、根気強く継続して応募し続けましょう。

フジワラ

前述した通り、第二新卒特化型転職エージェントでフィードバックをもらっていけば、着実に選考突破に近づけますよ!

退職理由をポジティブな内容に変換する

第二新卒が内定を獲得するには、退職理由をポジティブな内容に変換しましょう。なぜなら、前職への不満を伝えると「入社後に嫌なことがあったら辞めてしまうのでは…?」と不安視する面接官もいるため。

早期退職されると再度採用をやり直したり、採用コストが無駄になったりしてしまいます。そのため、不満を伝えてしまうと、採用を見送られるかもしれません。

そこで退職理由を話すときは前職への不満をポジティブな内容に変換するのをおすすめします。

不満→ポジティブな内容

  1. 営業ノルマがキツかった→お客様一人ひとりと向き合う時間が欲しいと思ったため。提案の質を重視したい。
  2. 成果主義の社風に嫌気が差した→個人の成果を重視するあまり、ライバル意識が強かった。チームとして協力して働きたいと思ったため。

ポジティブな退職理由の方が面接官ウケが良いんです。そのため、本音と建前を上手く使い分けましょう。

まとめ:第二新卒が楽な仕事を狙うなら異業種へ転職しやすい今がチャンス!

今回は、楽な仕事の種類や第二新卒は転職の市場価値が高い理由、第二新卒向きの10の楽な仕事&楽な理由、自分にとって楽な仕事を見つける&内定を獲得する方法を紹介しました。

では、記事の内容をまとめます。

記事の内容まとめ

  • 自分にとって楽な仕事を知る
  • 第二新卒は市場価値が高く異業種へ転職しやすい
  • 第二新卒特化型転職エージェントを利用する

万人が楽だと感じる仕事はありません。ただですね。自分が楽だと感じる仕事は明確に存在するので、まずは様々な仕事を見ておきましょう。

加えて、自己分析で得意分野と苦手分野を把握すれば、自分が楽だと感じる仕事が明確化されて、選びやすくなりますよ!

第二新卒は企業から重宝されており、未経験の職種へ転職しやすいんです。年齢を重ねるにつれて、転職の難易度も上がっていくので今がチャンスかもしれません。

第二新卒は1〜3年目までと非常に短い期間です。異業種の楽な仕事への転職を検討されている方は、今回紹介した第二新卒特化型エージェントへ無料相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介したサービス

  1.      「ウズキャリ既卒」:離職率の高いブラック企業は紹介しない!他社の10倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート。    
  2.      「DYM就職」:既卒でも大手企業の内定が狙える!    
  3.      「えーかおキャリア」:【最短2週間で内定】業界トップクラスの実績を誇る!

監修者プロフィール

フジワラ
運営者:フジワラ
27歳の元既卒生。 大学在学中から続けていた塾講師のアルバイト経験のみだったが、一念発起して就職活動に取り組み、既卒の立場で2社から内定を獲得。実体験を元にした確かな情報提供を心がけていきます。

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

1
ウズキャリ既卒(既卒の内定実績86%!他社の10倍時間をかけて、就活をサポート)

他社の10倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート!離職率の高いブラック企業は紹介しないポリシーを貫いています。

imasia_9065120_S2
DYM就職(既卒の就職率96%!就職できるまで二人三脚!親身な就職サポート!)

DYM就職なら、2000件以上の既卒向け求人の中からエンジニア・企画・マーケティング・事務・管理・クリエイティブ等、様々な職種の仕事を選ぶことができます。

imasia_14141661_S-2 3
えーかおキャリア(定着率97%!事務職、広報、営業など、あなたの希望を叶える仕事をご紹介!)

内定率は転職エージェントの4倍を誇る充実のサポート!求人紹介、面接対策や内定後のキャリアプランを含めて、2人3脚であなたの就職・転職を徹底サポートします。

4
ベンチャーセールス(採用決定率95%!他の求人サイトにはない優良求人が400社以上も)

顧客満足度97%!専門アドバイザーによる丁寧なサポートが魅力!

imasia_9065120_S5
ハタラクティブ(未経験・フリーターから有名企業の正社員へ)

既卒フリーターの内定実績No1!他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポートや、既卒から上場企業の正社員になれる求人多数