20代後半の転職は第二新卒より難易度が高い!転職すべき基準点3選

20代後半の転職は第二新卒より難易度が高い!転職すべき基準点3選

「20代後半からの転職を成功させたい!」と思う一方で、

疑問

  • 20代後半と第二新卒ではどちらが転職に有利なのか?
  • 20代後半で未経験職種や業界へ転職できるのか?
  • 20代後半で転職すべきかどうかの判断基準を知りたい。

と悩んでいませんか?

実際、私の友人も20代の頃は転職するor今の会社に残るかで葛藤していました。

でも、心配ありません。20代で転職すべきかどうかの判断基準は明確に存在するので、自分に当てはめて考えれば、転職で後悔する可能性は低くなります。

そこで今回は20代後半で転職を成功させた友人へのインタビューを元に、20代後半の転職は第二新卒と比べるとやや難易度が高い理由や20代で転職すべきかどうかの基準点、20代後半の転職が失敗しやすい人の共通点、転職活動を成功させるためのポイントを紹介します。

20代後半の転職は第二新卒と比べるとやや難易度が高い!

ここがポイント

第二新卒とは学校卒業後1〜3年で転職を志す主に20代前半の社会人のこと。


(参照:マイナビジョブ20’s 第二新卒とは?

20代後半の転職は第二新卒と比べるとやや難易度が高いんです。なぜなら、企業から求められるポイントが変わってくるため。

【年代別】企業がチェックしているポイント

  1. 20代前半:ポテンシャル・人柄・仕事に対する価値観が重視される。年齢が若く、採用したい企業のニーズが高い。
  2. 20代後半:実績・専門的なスキル面が重視される。

20代前半は同業他社と異業種どちらでも転職できる可能性が高いんです。一方、20代後半になると企業から即戦力としての扱いを受ける場合があり、異業種への転職難易度が上がるかもしれません。

【年代別】企業へアピールすべきポイント

  1. 20代前半:資料作りなど社会人として経験したことを伝える。専門的なスキルは必要ないが、ビジネスマナーや一般常識は必須。
  2. 20代後半:業務で身についたスキル+新人指導の経験もあると尚よし。これからどう成長したいかという熱意を伝える。

やはり、20代後半で今より好待遇な企業への転職を検討しているなら、ある程度の実績やスキルが必要になります…。

ただ、同業種なら1人で業務を進められるようになっている場合も多く、内定を獲得しやすいですね。

既卒/フリーターの就活に強い!無料登録しておくべき神サイト

既卒で就職活動を頑張りたいけれど、「どんな就職サイト/サービスを使って就活すればいいの…?」と、悩んでいませんか?

そこで、私が既卒として就活した時に利用した、「既卒歓迎」のホワイト企業の求人を紹介してくれる就職サイトをご紹介します。無料なので登録しておいて損はないと思います!

20代で転職すべきかどうかの3つの基準点

20代前半(第二新卒)または20代後半で転職すべきか迷っている人も多いかもしれません。前述した通り、20代は市場価値が高く、内定を獲得できる可能性は高いんです。

ただですね。衝動的に転職して自分の理想の企業へ転職できるほど甘くなく、タイミングを間違えると「前職に残ればよかった…」と後悔する場合もあります。

そこでここではそんな後悔をしないために20代で転職すべきかどうかの基準点を3つ紹介します。

20代で転職すべきかどうかの3つの基準点

  • 現職で実績・成果を出している
  • これまでの経験が活かせる職種or同業他社への転職を希望している
  • 転職回数が少ない

現職で実績・成果を出している

20代で転職すべきかどうかの1つ目の基準点は、現職で実績・成果を出していることです。なぜなら、理想の働き方や年収を実現できる可能性が高いため。

例えば「営業部で月間トップの売上を出す」など客観的に分かりやすい個人目標を立てて、達成できるとベストですね。

目標を達成するには直面した課題→問題解決のために行動した経験があり、効果的な自己PRが作成できます。

効果的な自己PRの流れ

  1. 達成した個人目標(実績)
  2. 直面した課題
  3. 解決策

また、30代と比較して、20代なら異業種への転職でもスキルや経験よりポテンシャルを重視してくれます。

面接や応募書類で前職の実績をアピールできれば、将来性を見込んで採用してもらえるかもしれませんよ!

これまでの経験が活かせる職種or同業他社への転職を希望している

20代で転職すべきかどうかの2つ目の基準点は、これまでの経験が活かせる職種or同業他社への転職を希望していることです。

なぜなら、業務の親和性が高いほど経験が活かせるので、転職しやすいため。採用担当者も求職者が自社で活躍している姿を想像しやすいんです。

業務の親和性が高いほど経験の例

  1. 扱っている商材が同じ
  2. 現職と転職先の業務内容が近い

現職の仕事を続けたい人は経験が活かせる職種or同業他社への転職なら成功しやすいのでおすすめです。

転職回数が少ない

20代で転職すべきかどうかの3つ目の基準点は、転職回数が少ないことです。

なぜなら、転職回数が多ければ多いほど「自社もすぐに辞めてしまうのでは…?」と思われてしまうため。

3回以上の転職経験があると、転職回数が多い人という印象がつきやすいですね…。採用担当者によっては2回でも多いと考える人もいます。

同じ企業に3年以上定着した経験がない場合は、今の会社に数年留まってから転職した方が採用担当者から印象が良くなる可能性がありますね。

フジワラ

一般的に仕事を覚える+イレギュラーなトラブルへの対応ができるようになるまでに三年かかると言われてるんです!

20代後半の転職が失敗しやすい人の共通点

20代後半の転職が失敗しやすい人の共通点は以下の通りです。

20代後半の転職が失敗しやすい人の共通点

  1. 転職理由を他責にしている:自社でも失敗を環境や同僚のせいにすると考えられてしまうため。社内の雰囲気が悪くなると採用を避けられるかもしれない。
  2. 福利厚生など条件を気にしていない:福利厚生制度の種類だけでなく、制度がきちんと機能しているかどうかを確認しておく。
  3. 新卒と同じような就職活動を行っている:新卒採用と中途採用では求人企業が求めていることや面接で確認されるポイントが異なるため。新卒時と同じ準備や対策では内定を獲得しにくい。

転職を成功させたいなら、以上のような転職が失敗しやすい人を反面教師にして、当てはまらないように転職活動を行いましょう。

20代後半の転職活動を成功させるための6つのポイント

第二新卒とは違い、専門的なスキルや実績が求められる分、20代後半の転職活動の難易度は高めです。

ただですね。30代に比べれば、ポテンシャルや熱意も加味してもらえたり、20代のうちは年齢制限で落とされることがなかったりと転職しやすい年齢でもあるんです。

後は念入りな転職活動の準備さえ行えば、自分の理想とする待遇の職場へグッと近づけますよ!

そこでここでは20代後半の転職活動を成功させるためのポイントを6つ紹介します。

20代後半の転職活動を成功させるための6つのポイント

  • 転職エージェントを利用する
  • 在職中に転職活動を行う
  • キャリアプランを明確化する
  • 条件には優先順位をつける
  • 企業口コミサイトを利用して情報収集を徹底する
  • 転職先で自分のスキルがどう役立つのかを説明できるようにする

転職エージェントを利用する

20代後半の転職活動を成功させるための1つ目のポイントは、転職エージェントを利用することです。

なぜなら、転職エージェントのキャリアアドバイザーは既卒就活のプロなので的確なアドバイスができるため。

既卒特化型就職エージェントのサポート一覧

  1. 無料カウンセリング
  2. 求人紹介
  3. 面接対策
  4. 応募書類の添削
  5. 内定後の収入交渉
  6. 面接日の日程調整
  7. 推薦状の記入

キャリアアドバイザーは推薦状により、企業へ求職者をプッシュしてくれます。

アドバイザーと企業の採用担当者は密接な関係を築いている場合が多く「〇〇さんの推薦なら面接だけでもしてみるか!」と選考突破率がグッと上がるんです。

既卒サービス「ウズキャリ既卒」

私も利用しましたが、特におすすめなのが「ウズキャリ既卒」です。とにかくサポートが充実しており、企業面接ごとに、1回2時間をかけ、合計20時間以上にわたって徹底的に面接対策をしてくれます。

私が使ったウズキャリ既卒のおすすめポイント

  1. ブラック企業を完全排除している(そもそもUZUZがホワイト企業大賞特別賞を受賞している)
  2. 既卒採用に積極的な企業を10社以上紹介してもらえる
  3. 一人で就職活動をするより、圧倒的に内定しやすく最短2週間で内定も可能!

離職率や残業時間が慢性的に長いなどの、厳格な基準でブラック企業を徹底排除しているため、内定者の定着率も95%と非常に高いです。

ウズキャリ既卒の詳細を見てみる

既卒サービス「えーかおキャリア」

おすすめなのが「えーかおキャリア」の転職エージェントです。とにかくサポートが充実しており、求人紹介、面接対策や内定後のキャリアプランを含めて、2人3脚であなたの就職・転職を徹底サポートしてくれます。

私が使ったえーかおキャリアのおすすめポイント

  1. 入社後の定着率97%(入社後のミスマッチをなくすため、休日・残業といった聞きづらい部分もすべて伝えてくれます)
  2. 1対1のサポート体制
  3. 内定率が他の転職エージェントの4倍!

事務職・広報・営業など、自分の希望を叶える仕事・職種を紹介してくれるため定着率は97%を誇ります!事務職で働きたい方や1日で内定の実績もあり、早く内定がほしい方にもおすすめです

えーかおキャリアの詳細を見てみる

既卒サービス「ハタラクティブ」

ハタラクティブ
ハタラクティブ

私が実際に使った中でおすすめしたいのは「ハタラクティブ」です。利用者のほとんどが既卒・フリーターで、社会人経験ゼロの人を対象に色々な就活支援をしてくれます。

私が使ったハタラクティブのおすすめポイント

  1. 求人の質が高く、既卒から上場企業の正社員になれる!
  2. 一人で就職活動をするより、圧倒的に内定しやすい
  3. 他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート

求人の紹介だけでなく、既卒の就活を知り尽くしたキャリアコンサルタントによる、「自己分析サポート」「履歴書・エントリーシートの添削」「模擬面接」のサービスを提供していて、既卒の就職を徹底サポートしてくれます。興味がある人は以下をチェックしてみてください。

ハタラクティブの詳細を見てみる

在職中に転職活動を行う

20代後半の転職活動を成功させるための2つ目のポイントは、在職中に転職活動を行うことです。なぜなら、退職後に転職活動を行うと、精神的にも経済的にも追い込まれる可能性が高いため。

転職活動は3〜6ヶ月程度かかると言われています。つまり、退職してしまうとその分収入が0の期間が続くんです。

(参照:リクナビNEXT 転職活動にはどのくらいの期間がかかる?ケース別・転職活動スケジュール

なかなか転職先が決まらないと、焦りから冷静な判断が付かなくなり、「自分の条件に合った企業へ転職したい」という目的が「早く転職先を見つけること」へ変化してしまいかねません。

そのため、経済的にも精神的にも余裕のある在職中に転職活動を行いましょう。

キャリアプランを明確化する

20代後半の転職活動を成功させるための3つ目のポイントは、キャリアプランを明確化することです。なぜなら、初めての転職の場合、入社後のことを考えられていない人が多いため。

キャリアプランを明確にするための質問の例

  1. なぜ転職しようと思ったか
  2. 転職して何を実現したいか
  3. 5・10年後にどんな仕事をしていたいか

キャリアプランに沿った転職先を選べば、入社後のミスマッチを防げる可能性があります。そのため、必ずキャリアプランを立ててから転職活動を始めましょう。

上記のような質問は面接でよくされるので、模範回答を考えておいて損はありませんよ!

条件には優先順位をつける

20代後半の転職活動を成功させるための4つ目のポイントは、条件に優先順位をつけることです。

なぜなら、自分の希望条件を全て満たす職場はほぼないため。希望条件を書き出して、優先順位(妥協できる条件と譲れない条件)を明確化させましょう。

例えば、「スキルが身につくなら労働時間はある程度長くても良い」「給与が少なくても良いから月の残業は20時間未満を希望する」など価値観によって惹かれる部分は異なります。

キヨちゃん

自分なりに転職する上で譲れない条件を把握して、納得する転職先を探してみてくださいね。

企業口コミサイトを利用して情報収集を徹底する

20代後半の転職活動を成功させるための5つ目のポイントは、企業口コミサイトを利用して情報収集を徹底することです。

事実、フレッシャーズパートナーズが20代の転職経験者を対象に行った調査によると、「過去の転職活動で後悔したことは?」という質問に対し、3人に1人が「入社前の情報収集が足りていなかった」と回答しました。

転職活動 後悔

(参照:PRTIMES 20代転職経験者500人に聞きました/転職を経験した3人に1人が「入社前の情報収集が足りていなかった」と後悔

ただですね。情報収集は企業のHPや採用担当者への質問では不十分なんです。なぜなら、採用担当者は企業へ入社してほしいので、伝えられないことが多いため。

採用担当者が伝えにくいこと

  1. 業績の悪化
  2. 社員の離職理由
  3. 本当の残業時間

そこで企業口コミサイトを利用しましょう。企業口コミサイトでは現職の社員や退職した社員が本音で書き込んでおり、企業の実態が分かるんです。


複数の企業口コミサイトで重複しているコメントは信憑性が高いので、以下のサイトに2つ以上登録してみるのをおすすめします。

代表的な企業口コミサイト

  1. en Lighthouse
  2. 転職会議
  3. OpenWork

転職先で自分のスキルがどう役立つのかを説明できるようにする

20代後半の転職活動を成功させるための6つ目のポイントは、転職先で自分のスキルがどう役立つのかを説明できるようにすることです。

なぜなら、前職で身につけたスキルが転職先で活かせるのかが明確になっていないと効果的なアピールにならないため。

スキルを説明する際の前準備

  1. 転職する前に次の職場で必要なスキルを調べる
  2. 活かせそうな前職のスキルをピックアップする

転職先の業界の状況を調べておき、今後の必要になるだろうスキルを予想してアピールできれば、より効果的ですね。

20代後半の転職活動に関するQ&A

ここでは20代後半の転職活動に関するQ&Aについてまとめました。気になるところがあれば、チェックしてみてくださいね。

20代後半の未経験者が転職しやすい職種・企業は?

20代後半の未経験者が転職しやすい職種・企業は以下の通りです。

20代後半の未経験者が転職しやすい職種・企業

  1. 営業職:スキルや実績よりコミュニケーション能力など人物評価メインの選考を行っているため。
  2. 介護職:慢性的な人材不足なため。スキルや経験より人柄や体力など適性が重視される傾向がある。
  3. ITエンジニア:IT技術の普及により、需要が高まっているため。経験を積めば、キャリアアップしやすい。
  4. ベンチャー企業:新しい施策を打って会社を大きくする必要があり、共に成長できる人材を求めている。ネームバリューがないので、人材獲得に苦労している場合があるため。

以上の職種や企業は経験や実績がない状態でも受かる可能性は高いです。ただですね。

加えて、前職で身につけた社会人としてのスキル+熱意をアピールすると採用されやすくなりますよ!

20代後半の女性が転職する際に注意すべきポイントは?

女性は転職の際に注意すべきポイントが多いんです。なぜなら、結婚や出産などのライフイベントにより、キャリアが中断されるため。

転職先はライフイベントを見越して、選ぶことをおすすめします。

注意すべきポイント

  1. 女性が活躍できる環境か?
  2. 女性の比率は高いか?
  3. 結婚・出産しても仕事を続けられるか?(時短勤務が可能・育児休暇の取得実績があるなど)

転職において大切なことや優先したい条件を明確にしておきましょう。

ユウキ君

キャリアプランとライフイベントに沿った企業を選ぶべきですね。

まとめ:20代後半は転職しやすい時期!実績や目指す業界・職種、転職回数を加味して決断しよう!

今回は20代後半の転職は第二新卒と比べるとやや難易度が高い理由や20代で転職すべきかどうかの基準点、20代後半の転職が失敗しやすい人の共通点、転職活動を成功させるためのポイントを紹介しました。

では、記事の内容をまとめます。

記事の内容まとめ

  • 第二新卒(20代前半)と後半では企業から求められるポイントが変わる
  • 20代で転職すべき基準点は明確にある
  • 転職エージェントを利用する
20代前半はポテンシャル・人柄・仕事に対する価値観を重視しているんです。年齢が若いので、異業種への転職でも引く手数多な傾向があります。

一方、20代後半は実績・専門的なスキル面を評価されるので、異業種への転職の難易度はグッと上がります…。ただですね。スキルがある分、同業他社への転職はしやすいですよ!

20代で転職するなら、自分の実績や目指す業界・職種、転職回数を加味して転職するか決めましょう。タイミング次第では自分を高く買ってもらえるので、見極めが肝心ですね。

転職するかどうか迷っている方は、今回紹介した転職エージェントに無料相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介したサービス

  1.      「ウズキャリ既卒」:離職率の高いブラック企業は紹介しない!他社の10倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート。    
  2.      「ハタラクティブ」:既卒フリーターの内定実績No1!求人の質が高く、既卒から上場企業の正社員になれる!    
  3.      「えーかおキャリア」:最短2週間で内定獲得!既卒で就活するなら登録すべき    

早期退職しても今より満足できる企業に転職できる!

「ウズキャリ既卒」の詳細を見てみる

監修者プロフィール

フジワラ
運営者:フジワラ
27歳の元既卒生。 大学在学中から続けていた塾講師のアルバイト経験のみだったが、一念発起して就職活動に取り組み、既卒の立場で2社から内定を獲得。実体験を元にした確かな情報提供を心がけていきます。

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

1
ウズキャリ既卒(既卒の内定実績86%!他社の10倍時間をかけて、就活をサポート)

他社の10倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート!離職率の高いブラック企業は紹介しないポリシーを貫いています。

imasia_14141661_S-2 2
えーかおキャリア(定着率97%!事務職、広報、営業など、あなたの希望を叶える仕事をご紹介!)

内定率は転職エージェントの4倍を誇る充実のサポート!求人紹介、面接対策や内定後のキャリアプランを含めて、2人3脚であなたの就職・転職を徹底サポートします。

imasia_9065120_S3
ハタラクティブ(未経験・フリーターから有名企業の正社員へ)

既卒フリーターの内定実績No1!他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポートや、既卒から上場企業の正社員になれる求人多数

imasia_9065120_S4
就職カレッジ(最短2週間で内定!内定率80%以上)

外食・投資用不動産・アミューズメントなど、離職率の高い業界は紹介しません!また、正社員の求人以外は紹介しない優良エージェントサービス!

5
ベンチャーセールス(採用決定率95%!他の求人サイトにはない優良求人が400社以上も)

顧客満足度97%!専門アドバイザーによる丁寧なサポートが魅力!