フリーターが内定辞退をする際の伝え方と辞退を検討すべき基準4選!

フリーターが内定辞退をする際の伝え方と辞退を検討すべき基準4選!

「フリーターからやっと就職が決まったけど内定を辞退したい…。」と思う一方で、

疑問

  • 穏便に内定辞退するためのマナーや方法を知りたい
  • 内定を辞退すべきかどうかの基準を教えてほしい
  • 内定承諾書を提出した後に内定辞退はできる?

と悩んでいませんか?

実際、私もフリーター時代に複数社の内定を獲得した際は、内定辞退の旨を伝えるのに苦労しました…。

ただですね。内定辞退は企業にとっても想定内の状況なので期限とマナーを守って連絡すれば、怒られたり、引き止められられたりすることはほとんどありません。また、内定辞退する基準も明確に存在します。

そこで今回は、フリーター時代に内定辞退した私の体験談を元に、内定辞退するのは失礼ではない理由や企業へ失礼のないように内定辞退の旨を伝えるポイント、フリーターが内定辞退を検討すべき基準を紹介します。

フリーターとして就活して複数社の内定をゲット…!内定辞退をするのは失礼?

内定先の評判が悪く、内定辞退の連絡をしなければならない人も一定数います。

フジワラ

実際、私は内定辞退を辞退したら「怒られるんじゃないか…?」と恐怖心があり、なかなか連絡に踏み切れなかったですね。

ただですね。内定辞退をするのは別に失礼には当りません。企業も確実に入社してくれると思っていませんし、辞退された経験も多数あるはずです。むしろ、内定辞退の連絡が遅い方が失礼+迷惑になります。

そのため、言いにくいからといって先延ばしにせず、内定辞退の意思を伝えましょう。

既卒/フリーターの就活に強い!無料登録しておくべき神サイト

既卒で就職活動を頑張りたいけれど、「どんな就職サイト/サービスを使って就活すればいいの…?」と、悩んでいませんか?

そこで、私が既卒として就活した時に利用した、「既卒歓迎」のホワイト企業の求人を紹介してくれる就職サイトをご紹介します。無料なので登録しておいて損はないと思います!

内定辞退は選考につきもの!失礼にならない伝え方の4つのポイント!

前述した通り、内定辞退の連絡が遅い方が失礼+迷惑になりますが、決断を先延ばしにせず、しっかり内定辞退の旨を伝えれば採用担当者も納得してくれます。

もちろん、採用コストは無駄になります。しかしですね。すぐに動き出せれば、会社に必要な人材を獲得できるので、一人の人材に固執しない企業が多いんです。

ただですね。退職を伝えるタイミングや伝え方が悪いと採用担当者も困ったり、失礼な行為に腹を立てたりするかもしれません…。そこでここでは内定辞退の失礼にならない伝え方のポイントを4つ紹介します。

内定辞退は選考につきもの!失礼にならない伝え方の4つのポイント!

  • タイミング:内定辞退の意思が固まり次第すぐに次第連絡する
  • 連絡手段:採用担当者に電話で連絡する
  • 辞退理由:正直に事実を伝える
  • 態度:誠実な対応を心がける

タイミング:内定辞退の意思が固まり次第すぐに次第連絡する

内定辞退の失礼にならない伝え方のポイントは、内定辞退の意思が固まり次第すぐに次第連絡することです。なぜなら、内定辞退の連絡が遅れると、企業側にも迷惑がかかるため。

キヨちゃん

内定通知が出てから2、3日以内に連絡するのがベターですね。遅くとも1週間以内までに連絡しましょう。

連絡が遅れると企業側は内定者用の備品や研修など入社のために準備したコストが無駄になったり、内定辞退者の穴埋めのために新しい人を採用しないといけなくなったりするんです。

特に繁忙期のために人員補充を考えていた企業にとっては大きく採用スケジュールが狂い、繁忙期に間に合わない可能性があります…。

早く決断することで並行して進めている選考に時間を割けるようになり、自分にもメリットがあります。そのため、内定辞退の意思を決めたら、1日でも早く連絡しましょう。

連絡手段:採用担当者に電話で連絡する

内定辞退を伝える際のポイントは、採用担当者に電話で連絡することです。なぜなら、電話なら確実に内定辞退の旨を伝えられるため。

メールで内定辞退の連絡をすると、採用担当者にメールを読み落とされてしまったり、迷惑メールに紛れてしまったりする場合もあり得ます。

何より失礼な印象を与えてしまうかもしれません…。言葉の意図がしっかり伝わらずに誤解が生じるリスクもあります。

また、電話で連絡した際に「会社へ来て説明してほしい」と言われた場合は断っても良いですよ。絶対に直接伝えないといけないわけではないので、会社側も無理強いをさせることはできません。

来社して話をすると引き止められやすいんです。目の前で「どうしても入社してほしい」と言われると、断りにくい状況になる可能性もあります。そのため、電話で連絡するのがベストですね。

辞退理由:正直に事実を伝える

内定辞退の失礼にならない伝え方のポイントは、辞退理由を正直に伝えることです。内定辞退の連絡をすると、辞退理由を確実に聞かれます。

そこで、以下のように正直な辞退理由を前持って説明できるようにしておきましょう。

辞退理由の例

  1. 複数社から内定をもらい、考えた結果、他社に入社することに決めた(企業名は答えなくても良い)
  2. 別の業界に興味があり、まだ就職活動を続けたい
  3. やはり、地元に戻って仕事がしたいと考えたので全国転勤がある御社では厳しい

きちんと考えて出した結論なら、ほとんど企業は納得してくれるはずです。

しかしですね。辞退するのを迷っているそぶりを見せると、再度考え直すように説得されてしまうかもしれません。特に押しに弱い人や流されやすい人は気をつけましょう。

そのため、絶対に辞退するという意思を強く持って、連絡した方が良いですね。

ここに注意!

  • 退職理由で嘘をつくのはやめておきましょう。

採用担当者は多くの求職者とやりとりしている採用のプロです。適当な嘘や言い訳は見抜かれてしまうので、事実を伝えてみてくださいね。

態度:誠実な対応を心がける

内定辞退の失礼にならない伝え方のポイントは、誠実な対応を心がけることです。なぜなら、今後の仕事で関わる可能性があるため。

例えば、今後就職する会社と同業他社や同じ業界の場合は顔を合わせる可能性があったり、上司や重役がつながっていたりするかもしれません。

業界や職種が全く違っても、いずれ取引先になる可能性など仕事で関わることもあるので誠実な対応を心がけましょう。

間違っても「どうせ働かない会社だから」といって傲慢な態度を取るのは絶対にNGです。

フリーターが内定辞退を検討すべき4つの基準!

アルバイト経験しかない人の就職活動は難航しやすく、内定がなかなかでない場合もあります。やっと内定が出ても、あまり評判が良くなかったり、自分と相性が悪かったりするかもしれません。

フジワラ

私も内定先の評判が悪いと知った時は「内定を辞退するのは惜しいけど、この会社に入って本当に大丈夫か?」と悩んでました。

ただですね。実際に入社しない方が良い企業は存在するので、内定辞退した方が賢明な場合もあるんです。そこでここでは、フリーターが就職活動で内定辞退を検討すべき基準を4つ紹介します。

フリーターが内定辞退を検討すべき4つの基準!

  • 企業口コミサイトや業界関係者からの評判が悪い
  • ブラック企業の求人の特徴に当てはまっている
  • 社風が合いそうにない
  • 明らかに他の内定先の方が条件が良い

企業口コミサイトや業界関係者からの評判が悪い

フリーターが内定辞退を検討すべき基準は、内定先の企業口コミサイトや業界関係者からの評判が悪い場合です。

なぜなら「火の無い所に煙は立たぬ」と言ったもので、悪い噂や評判は本当であることが多いため。特に同じ業界に入れば、応募企業と関わることもあるので実際の労働環境などを知っている可能性があります。

知人で同じ業界へ勤めている人がいる場合は応募先企業について質問してみた方が良いですね。ただですね。業界関係者の知り合いがいない人もいるかもしれません。

そこで企業口コミサイトを利用しましょう。企業口コミサイトでは現職の社員や退職した社員が本音で書き込んでおり、企業の実態が分かるんです。

特に退職した社員の退職理由は応募先企業の問題点に触れている場合があるので、入社すべきかどうかの参考にしましょう。

応募先企業の問題点の例

  1. 営業部の残業時間は他の部署の倍近くあった
  2. 風通しが悪く、若手の意見はほぼ通らない
  3. 業績が良くても社員に還元されることがほぼなかった

複数の企業口コミサイトで重複しているコメントは信憑性が高いので、以下のサイトに2つ以上登録してみるのをおすすめします。

代表的な口コミサイト

  1. 転職会議
  2. en Lighthouse
  3. OpenWork

ブラック企業の求人の特徴に当てはまっている

フリーターが内定辞退を検討すべき基準は、内定先がブラック企業の求人の特徴に当てはまっている場合です。

ブラック企業の求人の特徴

  1. 常に求人を募集している:低賃金や長時間労働などにより人の入れ替わりが激しい。
  2. 固定残業代を採用している:給与の中にあらかじめ一定時間分の残業代が含まれている。「月20時間の残業代を含む」と記載されている場合は月20時間まで残業代は出ない。
  3. 離職率が高い:人手不足のため、1人の業務量がかなり多い場合がある。
  4. 「若手にチャンスがある」:若手社員の定着率が低いので、リーダー格となる中堅社員がいない。
  5. 業界自体がブラック気質が強い:飲食業界・配送業界・マスコミ業界・介護業界などは入社前に待遇を確認しておく。

以上のような特徴の求人を出している企業は働きにくい可能性が高いので、内定を辞退することを検討しましょう。

社風が合いそうにない

フリーターが内定辞退を検討すべき基準は、内定先の社風と合いそうにない場合です。なぜなら、社風が合わない会社に入ると人間関係で苦労しやすいため。

ここがポイント

社風とは、従業員が感じる会社の雰囲気や特徴のこと。主に企業内・組織内の人間関係など労働環境のこと。

例えば、体育会系の会社に文化系人材が入社すると、会社に馴染めない→社員と価値観が合わないから業務や職場の人間関係の相談もしにくいなどが問題が起こります。そして結果的に早期退職を招く可能性があるんです。

事実、転職会議の調査によると、新入社員の早期退職者のうち36%の人が退職理由を「社風・体制に不満」と回答しています。
新入社員の早期退職者のうち36%の人が退職理由を「社風・体制に不満」と回答
(参照:転職会議Report スピード退職は自己防衛?!新卒入社3ヶ月未満退職者が明かす離職理由ランキング【2016年度版】

ここに注意!

  • 企業側は社風とマッチするような人間を採用しているので、猫を被って面接に挑むのはやめましょう。

嘘をついて入社してしまうと、会社に価値観が合う人や尊敬できる人がほとんどいない状況になりかねません。

社風をきちんと把握して、面接では正直に質問へ回答しましょう。素の自分でいられる職場じゃないと働いていてキツくなるかもしれませんよ。

社風の例

  1. 体育会系
  2. 実力主義
  3. 風通しが良い(若手の意見でも通りやすい)

明らかに他の内定先の方が条件が良い

フリーターが内定辞退を検討すべき基準は、明らかに他の内定先の方が条件が良い場合です。

基本的に「どうしてもやりたい仕事だった」や「実家から通わないと家族の面倒を見れない」などやむを得ない理由がある場合以外は条件の良い方を選びましょう。

ただですね。2つの内定先の評判や待遇がどちらも良い場合は選択に迷うこともあります。その際は自分が就職する会社に求める条件を箇条書きにしてみましょう。

求める条件の例

  1. 月の残業20時間未満
  2. 勤務地は地元限定
  3. 住宅手当付き

そして、求める条件を優先度が高い順に並べましょう。より優先される条件に多く当てはまっていた企業に入社した方がミスマッチを起こす可能性が低いかもしれませんよ!

フリーター特化型就職エージェントを利用すれば、内定辞退の際に相談に乗ってもらえる!

内定辞退するか迷っている場合はフリーター特化型就職エージェントを利用しましょう。なぜなら、転職エージェントのキャリアアドバイザーは就職のプロなので的確なアドバイスができるため。

また、内定辞退後に再度就職活動をする際は、以下のようなサポートを受けられるので内定獲得率がグッと上がるんです。

フリーター特化型就職エージェントのサポート一覧

  1. 無料カウンセリング
  2. 求人紹介
  3. 面接対策
  4. 応募書類の添削
  5. 内定後の収入交渉
  6. 面接日の日程調整
  7. 推薦状の記入

内定をくれた会社への罪悪感や怒られる恐怖心から電話をするのが嫌な人も一定数いるかもしれません。エージェントを利用すれば、アドバイザーが会社へ代わりに連絡してくれる場合もあるんです!

自分で企業へ連絡しなくて済むだけでも精神的なストレスが減ります。企業への連絡が苦手な人も様々な企業の選考にチャレンジできるようになりますね。

既卒サービス「ハタラクティブ」

ハタラクティブ
ハタラクティブ

私が実際に使った中でおすすめしたいのは「ハタラクティブ」です。利用者のほとんどが既卒・フリーターで、社会人経験ゼロの人を対象に色々な就活支援をしてくれます。

私が使ったハタラクティブのおすすめポイント

  1. 求人の質が高く、既卒から上場企業の正社員になれる!
  2. 一人で就職活動をするより、圧倒的に内定しやすい
  3. 他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート

求人の紹介だけでなく、既卒の就活を知り尽くしたキャリアコンサルタントによる、「自己分析サポート」「履歴書・エントリーシートの添削」「模擬面接」のサービスを提供していて、既卒の就職を徹底サポートしてくれます。興味がある人は以下をチェックしてみてください。

ハタラクティブの無料登録はこちら

既卒サービス「DYM就職」

私はフリーター期間が長かったので、書類選考で落とされてしまうことが多く、面接で挽回するためにかなりの数の企業に応募していました。

しかし、DYM就職なら企業側と信頼関係を構築しており、書類選考や一次選考を免除してくれるので、履歴書を書きまくる苦労がいりません。

既卒の就職成功率は過去3年間、45%前後とかなり低い水準です。DYM就職は既卒就活について知り尽くしたキャリアドバイザーの手厚いサポートもあり、既卒の就職成功率は業界トップクラスを誇ります。

面談可能な拠点は全国28箇所あるため、地方でも対面でも面接のフィードバックを受けることができるのが強みです。

私が実際に使って感じたDYM就職の強み

  1. 企業との信頼構築はあり、書類選考、一次選考免除
  2. 既卒就活の戦い方を知っているキャリアアドバイザーがサポート→内定率96%
  3. 電車で1本の場所で面談が受けられた

60秒で完了!DYM就職の無料登録はこちら

既卒サービス「ウズキャリ既卒」

私も利用しましたが、特におすすめなのが「ウズキャリ既卒」です。とにかくサポートが充実しており、企業面接ごとに、1回2時間をかけ、合計20時間以上にわたって徹底的に面接対策をしてくれます。

私が使ったウズキャリ既卒のおすすめポイント

  1. ブラック企業を完全排除している(そもそもUZUZがホワイト企業大賞特別賞を受賞している)
  2. 既卒採用に積極的な企業を10社以上紹介してもらえる
  3. 一人で就職活動をするより、圧倒的に内定しやすく最短2週間で内定も可能!

離職率や残業時間が慢性的に長いなどの、厳格な基準でブラック企業を徹底排除しているため、内定者の定着率も95%と非常に高いです。

ウズキャリ既卒の詳細を見てみる

フリーターの就活の内定辞退に関するQ&A

ここではフリーターの就活の内定辞退に関するQ&Aをまとめました。気になるところがあれば、チェックしてみてくださいね。

内定承諾書を提出した後に内定辞退はできる?

内定承諾書を提出した後でも内定辞退はできます。なぜなら、内定承諾書に法的な拘束力はないため。ただですね。内定承諾書へサインした場合は雇用契約を結んだ状態に近いので注意が必要です。

それでも民法627条では退職の自由を認めており、入社の2週間前に辞退すれば問題ありません。

ここがポイント

民法627条 第1項 当事者が雇用を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申し入れをすることができる。この場合において、雇用は、確約の申し入れの日から二週間を経過することによって終了する。

(引用: e-Gov法令検索 民法

内定辞退は自分から一方的に労働契約を解除することです。正式に内定辞退が確定するのは会社の申し込みから2週間経つことが必須になります。

そのため、入社の2週間前なら内定承諾書を提出した後でも内定辞退は可能ですよ。

電話連絡の後に手紙も送った方が良いのか?

電話で内定辞退の連絡をした場合は手紙を送る必要はありません。

ユウキ君

しかしですね。内定承諾書を出した後に辞退したり、親や友人の紹介で受けた会社だったりする場合は手紙でもお詫びした方が良いですね…。

もちろん、手紙を出した方が礼儀正しい印象になります。今後の関係性に響くと判断した場合は、手紙を出しておいて損はありませんよ。

まとめ:フリーターの就活で内定辞退する際はマナーと期限を守れば問題なし!

内定辞退するのは失礼ではない理由や企業へ失礼のないように内定辞退の旨を伝えるポイント、フリーターが内定辞退を検討すべき基準を紹介しました。

では、記事の内容をまとめます。

記事の内容まとめ

  • 内定辞退する際はマナーと期限を守って連絡する
  • 内定辞退した方が良い企業を見極める
  • フリーター特化型就職エージェントを利用する

内定辞退する際はできるだけ早急に電話で正直に退職理由を伝えれば、問題は起こりません。今後も仕事での関わりがあるかもしれないので、誠実な対応を心がけてくださいね。

内定辞退すべきかどうか客観的に見極めましょう。せっかく内定を獲得した企業を手放して、就活を再開するのはキツいかもしれません…。

ただですね。あと数ヶ月間就活した方が待遇の良い企業でずっと働ける可能性があるので踏ん張りましょう。

内定辞退の返事は遅くとも1週間以内にすべきです。内定辞退するか迷っている方は、今回紹介したフリーター特化型就職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介したサービス

  1.      「ウズキャリ既卒」:離職率の高いブラック企業は紹介しない!他社の10倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート。    
  2.      「ハタラクティブ」:既卒フリーターの内定実績No1!既卒でも上場企業の内定が狙える!    
  3.      「DYM就職」:2000件以上の既卒向け求人から選べる!

監修者プロフィール

フジワラ
運営者:フジワラ
27歳の元既卒生。 大学在学中から続けていた塾講師のアルバイト経験のみだったが、一念発起して就職活動に取り組み、既卒の立場で2社から内定を獲得。実体験を元にした確かな情報提供を心がけていきます。

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

imasia_9065120_S1
ハタラクティブ(未経験・フリーターから有名企業の正社員へ)

既卒フリーターの内定実績No1!他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポートや、既卒から上場企業の正社員になれる求人多数

imasia_9065120_S2
DYM就職(就職できるまで二人三脚!親身な就職サポート!)

DYM就職なら、2000件以上の既卒向け求人の中からエンジニア・企画・マーケティング・事務・管理・クリエイティブ等、様々な職種の仕事を選ぶことができます。

3
ウズキャリ既卒(既卒の内定実績86%!他社の10倍時間をかけて、就活をサポート)

他社の10倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート!離職率の高いブラック企業は紹介しないポリシーを貫いています。

imasia_14141661_S-2 4
マイナビジョブ20’sアドバンス(最短約2週間で内定獲得!既卒で就活するなら登録必須!)

マイナビが既卒の採用意欲が高い企業を厳選して紹介してくれる!

imasia_9065120_S5
就職カレッジ(最短2週間で内定!内定率80%以上)

外食・投資用不動産・アミューズメントなど、離職率の高い業界は紹介しません!また、正社員の求人以外は紹介しない優良エージェントサービス!