ニートの書類選考が通らない原因と選考突破のためのポイント6選!

ニートの書類選考が通らない原因と選考突破のためのポイント6選!

「ニートから正社員へ就職するために、まずは書類選考を突破したい!」と思う一方で、

疑問

  • なぜ書類選考に落ち続けてしまうのか?
  • 採用担当者が書類選考でチェックしているポイントは?
  • ニートが書類選考を突破するためのコツを教えてほしい

と悩んでいませんか?

私もニート同然だった時は書類選考を突破できず、改善点も分からないので闇雲に様々な企業へ書類を送っていました。

ただですね。ニートだから書類選考が通らないわけではなく、他にも原因があるんです。原因を知れば、応募書類の改善点が見えてくるので、選考突破できる可能性がグッとアップしますよ!

そこで今回はニート同然の状態から優良企業への就職を成功させた私の実体験を元に、ニートが書類選考を通過できない原因やニートが書類選考を突破するための書き方のポイントを紹介します。

ニートだけが問題じゃない!書類選考に通らない6つの原因!

職歴のないニートだから書類選考に落ち続けているわけではありません。確かに職歴のないニートを敬遠する企業は一定数存在します。

しかしですね。ニートでも書類選考を突破できる人はいます。それは高学歴や即戦力のスキルを持っているなどハイスペックな人だけではありません。

受かる人は書類選考を突破できない原因をしっかり把握し、選考を突破できるように対策をきちんと練ったり、悪い部分を直したりしているんです。そのため、原因を知ることが選考突破の鍵になります。

そこで、ここではニートが書類選考を通過できない原因を6つ紹介します。

ニートだけが問題じゃない!書類選考に通らない6つの原因!

  1. 空白期間が長すぎる
  2. 職歴で足切りをされている
  3. 身の丈にあっていない求人へ応募している
  4. 証明写真に気を配っていない
  5. 志望動機がどの企業にも当てはまる内容になっている
  6. ハローワークからのみ応募している

空白期間が長すぎる

ニートが書類選考を通過できない1つ目の原因は、空白期間が長すぎるため。事実、厚生労働省の調査によると、非正規雇用の期間(空白期間)が長いほど正社員への就職成功率が下がるんです。
非正規雇用の期間(空白期間)が長いほど正社員への就職成功率が下がる
空白期間が半年以内の場合の就職成功率が64.0%に対して、1年以上の場合は52.2%まで落ちています。さらに3年以上になると48.9%まで下がるので、早めに就職活動を始めた方が良い理由が分かりますね。
(参照:厚生労働省 若年者雇用を取り巻く現状

フジワラ

労働をしているフリーターのデータなので、ニートの場合はより就職成功率が落ちるかもしれません…。

採用担当者は空白期間を不安視する傾向があります。特に長い空白期間がある人に対して「忍耐力がない」「すぐに仕事から逃げてしまいそう」などネガティブな印象を持っているかもしれません。

もちろん空白期間を気にしない会社もあります。しかしですね。現時点で書類選考に落ちてしまう場合は空白期間の長さが関係している可能性がありますね。

職歴で足切りをされている

ニートが書類選考を通過できない2つ目の原因は、職歴で足切りをされているため。

ニートは新卒採用ではなく、中途採用枠での採用になります。中途採用枠は新規プロジェクトの人員補充や退職した社員のポジションの穴埋めが目的です。つまり、会社は即戦力を求める傾向があります。

採用担当者は「卒業してから今まで何をしてきたのか?」を気にします。そのため、職歴がない時点で会社が求める実務経験がないと判断され、足切りをされているかもしれません。

身の丈にあっていない求人へ応募している

ニートが書類選考を通過できない3つ目の原因は、身の丈にあっていない求人へ応募しているため。

例えば、誰でも知っているような有名な大企業ばかりに応募したり、即戦力のスキルが必要とされている企業へ応募したりしていては書類で落とされるのが関の山です。

事実、中小企業庁の調査によると、日本の企業の99.7%は中小企業なんです。
日本の企業の99.7%は中小企業
(参照:経済産業省 2017年版中小企業白書 概要

有名な大企業や特殊なスキルが必要な企業以外にも働きやすい優良企業は存在します。

そのため、ニートという自分の立場を理解して、まずは未経験者歓迎求人など育成も行ってくれる企業を探しましょう。

証明写真に気を配っていない

ニートが書類選考を通過できない4つ目の原因は、証明写真に気を配っていないため。

例えば、写真が曲がっていたり、写真写りが悪かったりするとあまり印象が良くありません。

「仕事でも些細なミスが多そう」「清潔感がない」などの印象がつき、書類選考の時点で採用しないと判断される可能性があります。

ニートの場合は過去の実績やスキルがほぼありません。そのため、特に応募者が多い場合は履歴書の一番上に貼られている証明写真が目に止まりやすいんです。

キヨちゃん

採用担当者は細かいところをチェックしています。きちんと気を配りましょう。

志望動機がどの企業にも当てはまる内容になっている

ニートが書類選考を通過できない5つ目の原因は、志望動機がどの企業にも当てはまる内容になっているため。

ネットに載っていたようなテンプレートでは「企業に入りたい」という気持ちは伝わりません。採用担当者は採用のプロなので、自社への志望度の低さを見抜かれてしまいます。

ユウキ君

「貴社の企業理念に共感した」などはテンプレートですね。

応募書類は、この人に会ってみたいと思わせるような採用担当者に響く内容でないとなかなか面接に進めません。そのため、どの企業にも当てはまるようなテンプレートを使い回すのだけはやめましょう。

ハローワークからのみ応募している

ニートが書類選考を通過できない6つ目の原因は、ハローワークからのみ応募しているため。

ハローワークから応募している人の就労意欲にはバラツキがあり、企業もその実情を知った上で求人を掲載しています。本当に就労意欲があっても、企業側の警戒心が強いんです。

さらに空白期間があると、正社員として働いていない理由を詰めてくる面接官もいます。

必ずしもそのような面接官だけではありませんが、書類選考で落ちてしまう場合は後述する就職エージェントなどのサービスを利用した方が良いですね。

ここに注意!

  • ハローワークは求人掲載料が無料なので、お金に余裕のないブラック企業の求人が紛れている可能性があります。

加えて、多くのハローワークの相談員は求人を出している企業の情報をあまり把握していません。なぜなら、相談員は3年間の契約雇用で任期満了→解雇→新しい契約雇用で採用する場合が多いため。

ハローワークは国の財政悪化によって、正社員として優秀な相談員を集める機関ではなくなっています。そのため、利用はあまりおすすめできないですね。

既卒/フリーターの就活に強い!無料登録しておくべき神サイト

既卒で就職活動を頑張りたいけれど、「どんな就職サイト/サービスを使って就活すればいいの…?」と、悩んでいませんか?

そこで、私が既卒として就活した時に利用した、「既卒歓迎」のホワイト企業の求人を紹介してくれる就職サイトをご紹介します。無料なので登録しておいて損はないと思います!

ニートが書類選考を突破するための書き方のポイント6選!

ここまでは書類選考を通過できない原因としてNG行為を紹介してきました。NG行為を避けるだけでも選考突破率は上がるかも知れません。

ただですね。もうひと工夫すれば、応募先の企業から欲しい人材だと思われるような効果的なアピールができるんです。そこでここでは、ニートが書類選考を突破するための書き方のポイントを6つ紹介します。

ニートが書類選考を突破するための書き方のポイント6選!

  • 空白期間がある場合はその理由も書く
  • アルバイト経験があれば記載する
  • 身だしなみを整える+写真館で証明写真を撮る
  • 応募先企業の同業他社にはない強み+力を入れている分野を見つける
  • 自己PRを作成するために企業が採用したい人物像を把握しておく
  • ニート特化型就職エージェントを利用する

空白期間がある場合はその理由も書く

ニートが書類選考を突破するための書き方の1つ目のポイントは、空白期間がある場合はその理由も書くことです。なぜなら、空白期間の悪い印象をリカバリーするため。面接では必ず質問される項目ですね。

面接官が納得できないような内容だと、採用を見送られてしまう場合があります。

そこで以下のように空白期間でやっていたことを記載しましょう。

空白期間に取り組んでいたことの例

  1. スキル不足を感じて資格の勉強をしていた
  2. 親の介護をしていたので就活の時間が取れなかった

このように理由をきちんと説明できれば、採用担当者も空白期間があることに対して、納得してくれる可能性が高まりますよ。

アルバイト経験があれば記載する

ニートが書類選考を突破するための書き方の2つ目のポイントは、アルバイト経験があれば記載することです。

学校を卒業してからアルバイトしかしてこなかった場合は、アルバイト経験も記載しましょう。なぜなら、学歴だけでは履歴書の空欄が目立ち過ぎて、書類選考に通らない可能性もあるため。

ニートの場合は大学卒業後に何をしてきたかが重要視されます。何も書かずに空欄を作るよりはアルバイト経験を書いた方が効果的なアピールになりますね。

身だしなみを整える+写真館で証明写真を撮る

ニートが書類選考を突破するための書き方の3つ目のポイントは、身だしなみを整える+写真館で証明写真を撮ることです。

なぜなら、顔や身だしなみは大きく第一印象に関わってくるため。前述した通り、履歴書の一番上に貼られている証明写真が目に止まりやすいんです。

【男性編】身だしなみのポイント

  1. スーツ:無地or薄いストライプ。色は黒or紺。ネクタイは柄物NG。
  2. シャツ:白シャツが好印象。
  3. 髪型:程よい短髪が良い。整髪料で前髪を上げる。額を出したり、サイドを流すと好印象。

【女性編】身だしなみのポイント

  1. 服装:スーツは無地or薄いストライプ。色は黒or紺。インナーは白でカットソーorブラウスがおすすめ。
  2. 髪型:ロングヘアーは後ろで一本に結ぶ。ショートはサイドの髪を横に流す。前髪で顔が隠れないように。
  3. メイク:ナチュラルメイクで全体的にオレンジやコーラル系の色でまとめる。

もしスピード写真機の証明写真を使っているのであれば、写真館で撮ってもらうのをおすすめします。当たり前ですが、スピード写真より写真館の方が写りの良い写真を撮ってもらえるため。

ただですね。証明写真機でも撮影する際、膝の上に白のハンカチを置くことで写真の印象を明るくすることは可能です。

ユウキ君

書類選考の締め切りが迫っている場合は、この方法を試してみてくださいね。

応募先企業の同業他社にはない強み+力を入れている分野を見つける

ニートが書類選考を突破するための書き方の4つ目のポイントは、応募先企業の同業他社にはない強み+力を入れている分野を見つけることです。なぜなら、志望動機はライバルと差がつけられる項目になるため。

応募先のHPや企業口コミサイトで情報収集して、応募先企業の同業他社にはない強み+力を入れている分野を見つけましょう。

ここがポイント

企業口コミサイトとは、現職の社員と退職した社員が本音で企業について書き込んでいるサイト。社風や各部署の残業時間など企業の実態が分かる。

代表的な口コミサイト

  1. 転職会議
  2. en Lighthouse
  3. OpenWork

差別化された強みと力を入れている分野に魅力を感じたことを伝えるだけでも、十分に志望動機としての厚みが増しますよ。

自己PRを作成するために企業が採用したい人物像を把握しておく

ニートが書類選考を突破するための書き方の5つ目のポイントは、自己PRを作成するために企業が採用したい人物像を把握しておくことです。

なぜなら、職務経歴書や履歴書は「採用するのにふさわしい人物かどうか」を確認する役割のため。

そこで応募企業がどんな人物を採用したいのかを調べる必要があります。

企業が求める人物像の調べ方

  1. 企業のHPや求人票をチェックする:求めるスキルや人物像が記載されているため。
  2. 就職エージェントのアドバイザーに聞く:企業から欲しい人材を聞いている+エージェント経由で入社した人のデータを持っているため。
  3. 企業口コミサイト:実際にどんな人が働いているのかが分かるため。

加えて、以下の自己分析ツールや書籍を使い、自分の強み・弱みを知っておきましょう。

おすすめの自己分析ツール・書籍

  1. グッドポイント診断
  2. ストレングス・ファインダー

自分の強みと企業の求める人物像が合致する部分をアピールできれば、企業に自分がマッチしていることの説得力が増し、内定獲得にグッと近づきますよ!

ニート特化型就職エージェントを利用する

ニートが書類選考を突破するための書き方の6つ目のポイントは、ニート特化型就職エージェントを利用することです。なぜなら、就活のプロであるキャリアアドバイザーから無料で応募書類の添削を受けられるため。

キャリアアドバイザーはどんな応募書類が選考突破しやすいのかを熟知しています。自分では気づかないような直すべきポイントも教えてもらえるので、どんどん受かりやすい書類にブラッシュアップされていくんです。

その他にも転職エージェントでは以下のようなサポートを行ってくれます。

ニート特化型就職エージェントのサポート一覧

  1. 無料カウンセリング
  2. 求人紹介
  3. 面接対策
  4. 応募書類の添削
  5. 内定後の収入交渉
  6. 面接日の日程調整
  7. 推薦状の記入

また、ハローワークと違って求人掲載料がかかるので、財政基盤の整っている企業が多いんです。そのため、ブラック企業を紹介される可能性はほとんどありません。

既卒サービス「ウズキャリ既卒」

私も利用しましたが、特におすすめなのが「ウズキャリ既卒」です。とにかくサポートが充実しており、企業面接ごとに、1回2時間をかけ、合計20時間以上にわたって徹底的に面接対策をしてくれます。

私が使ったウズキャリ既卒のおすすめポイント

  1. ブラック企業を完全排除している(そもそもUZUZがホワイト企業大賞特別賞を受賞している)
  2. 既卒採用に積極的な企業を10社以上紹介してもらえる
  3. 一人で就職活動をするより、圧倒的に内定しやすく最短2週間で内定も可能!

離職率や残業時間が慢性的に長いなどの、厳格な基準でブラック企業を徹底排除しているため、内定者の定着率も95%と非常に高いです。

ウズキャリ既卒の詳細を見てみる

既卒サービス「えーかおキャリア」

おすすめなのが「えーかおキャリア」の転職エージェントです。とにかくサポートが充実しており、求人紹介、面接対策や内定後のキャリアプランを含めて、2人3脚であなたの就職・転職を徹底サポートしてくれます。

私が使ったえーかおキャリアのおすすめポイント

  1. 入社後の定着率97%(入社後のミスマッチをなくすため、休日・残業といった聞きづらい部分もすべて伝えてくれます)
  2. 1対1のサポート体制
  3. 内定率が他の転職エージェントの4倍!

事務職・広報・営業など、自分の希望を叶える仕事・職種を紹介してくれるため定着率は97%を誇ります!事務職で働きたい方や1日で内定の実績もあり、早く内定がほしい方にもおすすめです

えーかおキャリアの詳細を見てみる

既卒サービス「ハタラクティブ」

ハタラクティブ
ハタラクティブ

私が実際に使った中でおすすめしたいのは「ハタラクティブ」です。利用者のほとんどが既卒・フリーターで、社会人経験ゼロの人を対象に色々な就活支援をしてくれます。

私が使ったハタラクティブのおすすめポイント

  1. 求人の質が高く、既卒から上場企業の正社員になれる!
  2. 一人で就職活動をするより、圧倒的に内定しやすい
  3. 他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート

求人の紹介だけでなく、既卒の就活を知り尽くしたキャリアコンサルタントによる、「自己分析サポート」「履歴書・エントリーシートの添削」「模擬面接」のサービスを提供していて、既卒の就職を徹底サポートしてくれます。興味がある人は以下をチェックしてみてください。

ハタラクティブの詳細を見てみる

フジワラ

求人を掲載している企業の調査へ出向き、求人からブラック企業を排除している就職エージェントもありますよ!

ニートの書類選考に関するQ&A

ここでは、ニートの書類選考に関するQ&Aをまとめました。気になるところがあれば、チェックしてみてくださいね。

書類選考なしの求人には応募すべき?

ニートの場合は書類選考が免除されている求人へ応募しましょう。採用基準が緩いと「ブラック企業なんじゃ…?」と不安視する人も一定数います。
でも、心配ありません。書類選考がない理由は、面接で人物評価メインの採用を行っている企業が多いためです。

学歴や職歴に左右されず、やる気やポテンシャル、配属部署の人との相性などを重視したいという考えを持っている企業があります。そのため、職歴や学歴に自信がないニートにとっては打ってつけの求人なんです。

企業のHPから直接応募するのはアリ?

企業のHPから直接応募するのはおすすめできません。なぜなら、企業のHPからの求人の応募に対して、全ての応募書類を精査しない企業もあるため。

採用担当者は日々の業務と採用業務により、多忙を極めてます。企業によっては求める能力の水準に達していない人材の応募が多く、全ての書類を精査する時間がありません。

キヨちゃん

応募者の学歴や実績で足切りを行う場合もありますね…。

一方、就職エージェントは企業の採用担当者とキャリアアドバイザーが密接な関係性を気づいています。そのため、推薦状を企業へ提出することにより「〇〇さんの推薦なら面接してみるか!」と選考突破しやすいんです。

まとめ:ニートの書類選考が通らない場合はニート特化型就職エージェントへ相談しよう!

今回は、ニートが書類選考を通過できない原因やニートが書類選考を突破するための書き方のポイントを紹介しました。

では、記事の内容をまとめます。

記事の内容まとめ

  • 書類選考を突破できない原因をしっかり把握して対策を練る
  • ハローワークや企業のHPから応募しない
  • ニート特化型就職エージェントを利用する

書類選考を突破できない原因はニートであること以外にもあります。志望動機の内容だったり、応募する求人の選び方だったり原因は様々なんです。

「ニートだから受からない」と言い訳せずに、原因を把握して悪い部分を直した人が選考を突破していきます。

また、求人の質があまり良くないハローワークや足切りされやすい企業のHPから応募するのはやめましょう。

就職エージェントなら財政基盤の整った優良企業の求人を紹介してくれたり、推薦状により選考突破しやすくなります。

ただですね。良い求人はすぐになくなってしまいます…。そこで就職を検討している方は今回紹介したニート特化型就職エージェントに無料相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介したサービス

  1.      「ウズキャリ既卒」:離職率の高いブラック企業は紹介しない!他社の10倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート。    
  2.      「ハタラクティブ」:既卒フリーターの内定実績No1!求人の質が高く、既卒から上場企業の正社員になれる!    
  3.      「えーかおキャリア」:最短2週間で内定獲得!既卒で就活するなら登録すべき    

早期退職しても今より満足できる企業に転職できる!

「ウズキャリ既卒」の詳細を見てみる

監修者プロフィール

フジワラ
運営者:フジワラ
27歳の元既卒生。 大学在学中から続けていた塾講師のアルバイト経験のみだったが、一念発起して就職活動に取り組み、既卒の立場で2社から内定を獲得。実体験を元にした確かな情報提供を心がけていきます。

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

1
ウズキャリ既卒(既卒の内定実績86%!他社の10倍時間をかけて、就活をサポート)

他社の10倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート!離職率の高いブラック企業は紹介しないポリシーを貫いています。

imasia_14141661_S-2 2
えーかおキャリア(定着率97%!事務職、広報、営業など、あなたの希望を叶える仕事をご紹介!)

内定率は転職エージェントの4倍を誇る充実のサポート!求人紹介、面接対策や内定後のキャリアプランを含めて、2人3脚であなたの就職・転職を徹底サポートします。

imasia_9065120_S3
ハタラクティブ(未経験・フリーターから有名企業の正社員へ)

既卒フリーターの内定実績No1!他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポートや、既卒から上場企業の正社員になれる求人多数

imasia_9065120_S4
就職カレッジ(最短2週間で内定!内定率80%以上)

外食・投資用不動産・アミューズメントなど、離職率の高い業界は紹介しません!また、正社員の求人以外は紹介しない優良エージェントサービス!

5
ベンチャーセールス(採用決定率95%!他の求人サイトにはない優良求人が400社以上も)

顧客満足度97%!専門アドバイザーによる丁寧なサポートが魅力!