社会人1年目がきつい原因と対処法6選!退職を検討すべき基準点とは

社会人1年目がきつい原因と対処法6選!退職を検討すべき基準点とは

「社会人1年目で仕事がきつい…。辞めたいかもしれない…。」と思う一方で、

疑問

  • つらさの原因と対処法を教えてほしい
  • 退職した方が良いレベルのきつさなのか?
  • 社会人1年目で仕事を辞めたらどうなるのか?

と悩んでいませんか?

実際、私の友人も社会人1年目の頃は入社した企業の業務についていけず、転職を検討していました。

ただですね。きついと感じる原因を知っておけば対処法が分かります。また、退職しても社会人1年目なら転職する難易度は高くありません。

そこで、今回は社会人1年目で転職を成功させた友人へのインタビューを元に、社会人1年目がきついと感じる主な理由や社会人1年目のきついを緩和する方法、退職を検討した方が良い基準点を紹介します。

社会人1年目がきついと感じる主な理由6選

社会人1年目は学生時代とのギャップを感じ、仕事をキツいと感じる人が多いんです。事実、厚生労働省の調査によると、20代の57.6%が「仕事で強いストレスを感じたことがある」と回答していました。
(参照:厚生労働省 平成30年労働安全衛星調査(実態調査)

つまり、2人に1人以上は仕事がキツいと感じています。しかしですね。キツいと感じる原因を知っておけば、対処法を講じることもできるんです。

そこでここでは、社会人1年目がきついと感じる主な理由を6つ紹介します。

社会人1年目がきついと感じる主な理由6選

  • 人間関係に疲れる
  • 社会人の生活リズムに慣れていない
  • 業務のメインが雑用になる
  • 同僚より仕事ができないと感じる
  • 社会人の常識や適切なビジネスマナーを求められる
  • 周りに迷惑をかけてしまう

人間関係に疲れる

社会人1年目がきついと感じる主な理由は、人間関係に疲れるため。

初対面の人と人間関係を構築するだけで疲れてしまう人もいます。さらに学生時代は同い年から3歳程度上の人しかいませんでしたが、社会人の場合は数十歳程度上の人まで関わり合いになります。

目上の人との接することに慣れていない人はストレスが溜まりやすいんです。最初は飲み会なども多く、気疲れしてしまうのもキツさの原因ですね。

フジワラ

学生時代は苦手な人がいれば、距離を取ることもできました。しかし、社会人になると、仕事で協力関係にあるので苦手な人とも最低限のコミュニケーションを取る必要がありますね…。

そのため、社会人1年目は人間関係に疲れてしまう人が多いんです。

社会人の生活リズムに慣れていない

社会人1年目がきついと感じる主な理由は、社会人の生活リズムに慣れていないため。

一般的な社会人の生活リズム

  1. 6時半:起床
  2. 7時半:家を出る
  3. 8時半から17時まで:定時
  4. 20時前後:残業後に帰宅
  5. 23時半:就寝

高卒の場合は高校生の時と生活リズムに大差がない場合も多いですが、大卒の場合は起床時間も就寝時間も大幅に異なる人もいるかもしれません。

人によっては満員電車で通うことになり、朝からストレスを感じる場面もありますね。

また、学生の頃は自由な時間がたくさんありますが、社会人になると拘束時間が伸び、平日の自由時間は1時間程度に減ってしまう場合が大半です。疲れが溜まっていると仕事から帰ってすぐに寝てしまうこともあります。

そのため、社会人の生活リズムに慣れるまではキツいと感じる人は多いですね。

業務のメインが雑用になる

社会人1年目がきついと感じる主な理由は、業務のメインが雑用になるため。

主な雑用

  1. 電話対応
  2. 来客対応
  3. お茶出し
  4. 資料のコピー

早く実務を覚えたい人にとっては時間を無駄にしている気分になるかもしれません。新人をゆっくり育成する会社もあるので、1年目は雑用がメインになってしまう人もいますね。

同僚より仕事ができないと感じる

社会人1年目がきついと感じる主な理由は、同僚より仕事ができないと感じるため。

周りより仕事ができないと感じる瞬間

  1. 仕事でミスが重なった時
  2. 同期がどんどん成果を上げている時

周りより劣っていると感じてしまう瞬間に自信が失くなってしまう人は多いんです。上司に「〇〇を見習え」「〇〇ならできていた」など同期と比較して叱る人がいると、余計に落ち込んでしまうかもしれません。

社会人の常識や適切なビジネスマナーを求められる

社会人1年目がきついと感じる主な理由は、社会人の常識や適切なビジネスマナーを求められるため。

社会人になった途端に、学生時代に知り得なかったマナーや常識を知ってて当たり前のように要求されるんです。

社会人の常識やビジネスマナーの例

  1. ビジネスメールの書き方
  2. 電話対応
  3. 挨拶や敬語
  4. 取引先の前での座る位置
  5. 朝のニュースのチェック

ただでさえ、業務を覚えるので精一杯の中で時事問題の知識やマナーを求められるため、キャパシティオーバーになってしまう人もいるかもしれません。

周りに迷惑をかけてしまう

社会人1年目がきついと感じる主な理由は、周りに迷惑をかけてしまうため。

例えば、問い合わせをどの部署に聞けば良いのか分からなかったり、確認不足がたたって上司に同じことで注意されてしまったりと失敗ばかりで周りに迷惑をかけることが多々あります。

雑用も上手くこなせないと自分に自信が失くなってしまいます。

既卒/フリーターの就活に強い!無料登録しておくべき神サイト

既卒で就職活動を頑張りたいけれど、「どんな就職サイト/サービスを使って就活すればいいの…?」と、悩んでいませんか?

そこで、私が既卒として就活した時に利用した、「既卒歓迎」のホワイト企業の求人を紹介してくれる就職サイトをご紹介します。無料なので登録しておいて損はないと思います!

社会人1年目のきついを緩和する6つの方法

前述した通り、社会人1年目はきついと感じる人が大半を占めています。ただですね。2年目以降も続けている社員も多いのも事実です。その中には自分なりに問題を対処した人もいます。

そこでここで紹介する対処法を試してみましょう。もしかしたら、仕事がつらさが軽減される方法が見つかるかもしれませんよ。

社会人1年目のきついを緩和する6つの方法

  • 信頼できる人に相談してみる
  • 休日に生活リズムを乱さない
  • リフレッシュする時間を作る
  • 休日に仕事のことを考えないようにする
  • 自分の意見を持って質問する
  • 自分の問題と他人の問題を区別する

信頼できる人に相談してみる

社会人1年目のきついを緩和する方法は、信頼できる人に相談してみることです。なぜなら、真剣に向き合ってくれる人なら新卒のつらい気持ちを理解してくれるため。

アドバイスをもらう人の例

  1. 同期や友達:共感してくれる
  2. 先輩社員:経験に基づいたアドバイスをしてくれる

様々な年齢の人に聞いた方が視点の異なるアドバイスがもらえるのでおすすめですよ。

休日に生活リズムを乱さない

社会人1年目のきついを緩和する方法は、休日に生活リズムを乱さないことです。特に昼に起きるのはやめましょう。なぜなら、休日に過度な寝坊をすると平日に響くため。

人間の体は早起きになかなか慣れません。週末に生活リズムを崩してしまうと、週明けまでそのリズムがすぐには戻らないんです。そのため、最低でも起床時間は平日との誤差2時間以内にしましょう。

リフレッシュする時間を作る

社会人1年目のきついを緩和する方法は、リフレッシュする時間を作ることです。なぜなら、休日にリフレッシュすることでストレスが溜まるのを防ぐため。

おすすめのリフレッシュ方法

  1. ウォーキングなどの有酸素運動:太陽を浴びると自律神経を整えるストレスを緩和するセロトニンが分泌される。特に緑のある場所を歩くと、ストレスホルモンが減少する。
  2. ヨガ:身体中に血液を巡らせる効果+酸素を十分に摂取できるのでリフレッシュ効果がある。
  3. サウナ:新陳代謝が活発になり、疲労物質が汗と共に対外へ排出される。
  4. 瞑想:脳に酸素が行き渡り、スッキリする。ストレス解消に効果がある。

リフレッシュのために外に出るのもおすすめですね。

休日に仕事のことを考えないようにする

社会人1年目のきついを緩和する方法は、休日に仕事のことを考えないようにすることです。

「先週の仕事の進め方は合っていたのか?」「月曜にやることってなんだっけ?」と休日に考えてしまうかもしれません。休日に仕事のことを考えていては取れる疲れも取れません。

そこでおすすめの方法は休日の前日(金曜日)の就寝前に、次の出勤日でやるべきことを考えて、メモしておくことです。次の出勤日はそのメモを確認すれば、業務の漏れはなくなります。

仕事をやり切ったという安心感も生まれるため、休日に仕事のことを考える時間が減っていきますよ。

自分の意見を持って質問する

社会人1年目のきついを緩和する方法は、自分の意見を持って質問することです。

質問する際は「自分なりの答え(結論)を出す→AプランとBプランの二択にする→どちらにすべきか聞く」と先輩も1から教える必要がありません。

「Bの方はコンプライアンス的に問題があるからAかな」や「どっちも厳しいから〇〇の方向で進めよう」など質問に答えやすいんです。

自分の結論と先輩の結論の違いを知ると、正しい結論を導き出すノウハウが身についていき、今後問題が発生した際に応用して対応できるようになります。そのため、質問の際に自分を意見を持つことは大切なんです。

自分の問題と他人の問題を区別する

社会人1年目のきついを緩和する方法は、自分の問題と他人の問題を区別することです。なぜなら、人間関係がキツいと感じる人は、他人にフォーカスしている傾向があるため。

例えば、提出する書類によって上司が怒られることを恐れている人がいたとします。しかし、自分の仕事(提出する書類の出来)はコントロールできますが、上司の意思(部下を叱る)まではコントロールできません。

キヨちゃん

あなたの行動は変えられますが、他人の行動は変えられないことを根底に置いてみてください。

自分の問題を解決することに意識を集中させることができれば、精神的にだいぶ楽になりますよ。

仕事がきつい…!退職を検討した方が良い基準点3選!

仕事がきついと感じる人の中には退職した方が良い人と退職しなくても良い人がいます。

キツさが新卒1年目の一過性のものであったり、実は他の会社より恵まれていたりする人もおり、退職後に後悔する場合もあるんです。

そこで、退職した方が良い明確な基準を3つ用意したので紹介します。

仕事がきつい...!退職を検討した方が良い基準点3選!

  • 仕事の適性がない
  • 職場の労働環境が悪すぎる
  • 過労死ラインを超えるレベルの残業が常態化している

仕事の適性がない

退職を検討した方が良い基準は、仕事の適性がないことです。なぜなら、適性のない仕事を頑張っても成果があまり出ないため。

例えば、話術に長けている同期は少しの努力で結果を出せますが、口下手な自分はかなり努力しても一件も契約が取れない場合もあるんです。

当たり前ですが人には得意不得意があります。そのため、自分の能力を知って適性のある仕事を選べば、会社で怒られることが減ったり、仕事ができる側になったりするんです。

ユウキ君

今の仕事が向いていないと感じ、別の会社で自分のスキルや知識が活かせそうな場合は退職を検討するのもアリですね。

退職を考えている人は現職で向いている業務を書き出したり、以下の自己分析ツール・書籍で自分の適性のある仕事を調べたりしましょう。

ここに注意!

  • 今後のキャリアで必要なスキルが身に付く場合は仕事を辞めない方が良いかもしれません。今後のキャリアビジョンを立ててから行動を起こしましょう。

職場の労働環境が悪すぎる

退職を検討した方が良い基準は、職場の労働環境が悪い場合です。なぜなら、ひどい職場環境で我慢していると、体調を崩したり、精神的に参ってしまったりしてしまうため。

劣悪な労働環境の例

  1. 配属部署の人間関係が悪い
  2. ハラスメントが横行している
  3. 体育会系でノルマが厳しい

上記のような場合は会社の人事に相談して異動を願い出るなど対策を打ちましょう。

ただですね。別の部署に移動できても同じように職場の環境が自分に合わず、悩みが解決しない場合もあります…。なぜなら、会社の社風自体が自分に合っていない場合もあるため。

その場合は心身ともに影響を及ぼす前に、退職を検討した方が良いですね。

過労死ラインを超えるレベルの残業が常態化している

退職を検討した方が良い基準は、過労死ラインを超えるレベルの残業が常態化していることです。なぜなら、仕事を続けることで心身に悪影響を与えるため。

ここがポイント

過労死ラインとは、残業80時間(月20時間出勤・1日4時間以上の残業・12時間労働)とされている。健康障害の発症2〜6ヶ月間で80時間超えの残業があると、健康被害と長時間労働の因果関係が認めやすいという目安。

過労死ラインは絶対ではありません。80時間より少なくても労働環境やその人のストレス耐性次第で心身に影響が出ることもあります。そのため、体力に余力がある内に転職を検討しましょう。

ここに注意!

  • 以下の症状が出ている場合は早急に病院へ行き、休職を検討すべきですよ!

休職を検討すべき症状

  1. 仕事の緊張でお腹が痛い・冷や汗が出る・動悸がする
  2. 休みの日もだるさから何もできない

社会人1年目で転職を検討している人は第二新卒特化型転職エージェントを利用するのがおすすめ!

社会人1年目で転職する人は珍しくありません。事実、厚生労働省の調査によると、大卒1年目の社員の離職率は11.7%でした。つまり、10人に1人は仕事を辞めているんです。
(参照:厚生労働省 新規大卒就職者の事業所規模別離職状況
https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/prod-kisotsu-navi/wp-content/uploads/2021/04/13130451/e0519f6657e701cbc227303d52ec73c7.png

フジワラ

辞めたほとんどの人が転職して働いているので安心してくださいね。

そこで、転職を検討しているなら第二新卒特化型転職エージェントを利用しましょう。なぜなら、転職のプロであるキャリアアドバイザーのサポートを無料で受けられるため。

第二新卒特化型転職エージェントのサポート一覧

  1. 無料カウンセリング
  2. 求人紹介
  3. 面接対策
  4. 応募書類の添削
  5. 内定後の収入交渉
  6. 面接日の日程調整
  7. 推薦状の記入

履歴書添削や面接対策でアドバイザーからフィードバックが受けられるので、直すべきところが分かり、確実に選考突破へ近づいていきます。

また、キャリアアドバイザーから企業へ推薦状を送ることで「新卒一年目ですが地頭が良く、覚えが早い」など選考に不利にならないようにしてくれるんです。

そのため、第二新卒特化型転職エージェントの利用をおすすめします。

既卒サービス「えーかおキャリア」

おすすめなのが「えーかおキャリア」の転職エージェントです。とにかくサポートが充実しており、求人紹介、面接対策や内定後のキャリアプランを含めて、2人3脚であなたの就職・転職を徹底サポートしてくれます。

私が使ったえーかおキャリアのおすすめポイント

  1. 入社後の定着率97%(入社後のミスマッチをなくすため、休日・残業といった聞きづらい部分もすべて伝えてくれます)
  2. 1対1のサポート体制
  3. 内定率が他の転職エージェントの4倍!

事務職・広報・営業など、自分の希望を叶える仕事・職種を紹介してくれるため定着率は97%を誇ります!事務職で働きたい方や1日で内定の実績もあり、早く内定がほしい方にもおすすめです

えーかおキャリアの詳細を見てみる

既卒サービス「マイナビジョブ20’sアドバンス」

マイナビジョブ20’sアドバンスは、大学・大学院を卒業した人で、未就業の方向けの就職支援サービスです。利用者の対象を絞っているため、普通の就活サイトよりもライバルが少ないのも特徴です。

マイナビジョブ20’sアドバンスの特徴

  1. 既卒を積極的に採用している企業に多数出会える「特別選考会」へ案内してくれる
  2. 仕事擬似体験型研修があるから、就職後のミスマッチが少ない
  3. 最短2週間で内定をもらうことが可能

本来持っている、一人ひとりのパーソナリティを評価する選考会になるから、既卒で未就業という経歴がハンデになることもありません。

登録すると、個人の適性・志向性に合わせた職種別研修を行い、その中で仕事を疑似体験できるため、就職後とのイメージのギャップをおさえることができます。「せっかく就職したのに、嫌な仕事内容だった」なんてこともないでしょう。

実績として、最短2週間で内定を獲得できるため、スピーディーに就職したい人におすすめです。

マイナビジョブ20’sアドバンスの無料登録はこちら

※新宿・大阪オフィスに来社できる方のみを対象としたサービスになりますので、来社が難しい方はサポート対象外になります

既卒サービス「第二新卒エージェントneo」

第二新卒エージェントneo

私も利用しましたが、特におすすめなのが「第二新卒エージェントneo」です。その名の通り、既卒・第二新卒・フリーター向けの就職支援サービスです。就職/転職満足度No.1の実績を誇り、全てのサービスを無料で使うことができます。

私が使った第二新卒エージェントneoのおすすめポイント

  1. 担当コンサルタントが内定獲得まで完全フォロー
  2. 厳選した企業の未経験OK求人を紹介してもらえる
  3. サービスの満足度が高く過去実績も確か

過去に22,500人以上の支援実績があり、そのうち10,000人以上は職務経験無しの人達です。
未経験で活動の方法が分からないからこそ、イチから丁寧に教えてもらいたい。既卒という立場での活動だからこそ、きちんと準備して優良企業に入りたい。そんな人に向けたサービスとして、業界で確かな実績を残しています。

第二新卒エージェントneoの詳細を見てみる

社会人1年目のきつい状況に関するQ&A

ここでは、社会人1年目のきつい状況に関するQ&Aをまとめました。気になるところがあれば、チェックしてみてくださいね。

社会人1年目できついと感じる時期は?

社会人1年目できついと感じる時期は以下の通りです。

社会人1年目できついと感じる時期

  1. 繁忙期:1人当たりの業務量が増え、先輩に頼りにくくなるため。残業や休日出勤が続くと、心身ともに疲れてしまう場合もある。
  2. 一人暮らしに慣れていない時:帰宅後の疲れた状態で家事をしないといけないため。実家暮らしは親が家事をしてくれたり、話し相手になってくれたりと何かと助かる場面が多い。

社会人生活には慣れも重要なので、無理しない程度に仕事を続けていきましょう。しかし、前述したように、心身に影響が出た場合は休職や退職を検討してみてくださいね。

職場が帰りにくい雰囲気の時はどうするの?

帰りにくい雰囲気になる前に、仕事の進捗状況や予定を伝えましょう。

事前に伝えるべき内容

  1. 事前に伝えるべき内容
  2. 予定の内容と指定の時間に帰りたい理由を伝える

以上の2つを事前に伝えておき、今日頼まれた仕事を完了させておきましょう。そうすれば、大半の人は「何であの人だけ先に帰っているんだろう」とは思いません。

自分の仕事を終えたら、周りに手伝うことがないか聞いてみましょう。それで何もなければ、帰宅してもOKです。

キヨちゃん

気遣いもできる印象になるのでおすすめですよ。

まとめ:社会人1年目はきつい!退職した方が良い場合もある!

今回は社会人1年目がきついと感じる主な理由や社会人1年目のきついを緩和する方法、退職を検討した方が良い基準点を紹介しました。
では、記事の内容をまとめます。

記事の内容まとめ

  • 仕事がつらい原因を知っておく
  • 仕事を辞めた方が良い基準に当てはまる場合は退職を検討すべき
  • 第二新卒特化型転職エージェントを利用するのがおすすめ

仕事がキツいと感じる原因を知っておけば、対処法を講じることができます。どの対処法が自分に適しているかは試してみないと分かりません。興味のあるものから試してみましょう。

仕事を辞めた方が良い基準は明確に存在します。辞めた方が良い仕事を続けていると、心身に影響が出て、今後の社会人生活で不利になってしまうかもしれません。そのため、直ちに退職を検討するのをおすすめします。

すぐに転職したい方は、今回紹介した第二新卒特化型転職エージェントに無料相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介したサービス

  1.      「マイナビジョブ20’sアドバンス」:最短2週間で内定!業界大手のマイナビだからできる既卒の就活サポート!    
  2.      「えーかおキャリア」:定着率97%!事務職、広報、営業など、あなたの希望を叶える仕事をご紹介!    
  3.      「第二新卒エージェントneo」:就職/転職満足度No.1!厳選した企業の未経験OK求人を紹介してもらえる!    

監修者プロフィール

フジワラ
運営者:フジワラ
27歳の元既卒生。 大学在学中から続けていた塾講師のアルバイト経験のみだったが、一念発起して就職活動に取り組み、既卒の立場で2社から内定を獲得。実体験を元にした確かな情報提供を心がけていきます。

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

imasia_14141661_S-2 1
えーかおキャリア(定着率97%!事務職、広報、営業など、あなたの希望を叶える仕事をご紹介!)

内定率は転職エージェントの4倍を誇る充実のサポート!求人紹介、面接対策や内定後のキャリアプランを含めて、2人3脚であなたの就職・転職を徹底サポートします。

imasia_14141661_S-2 2
マイナビジョブ20’sアドバンス(最短約2週間で内定獲得!既卒で就活するなら登録必須!)

マイナビが既卒の採用意欲が高い企業を厳選して紹介してくれる!

3
第二新卒エージェントneo(就職/転職満足度No.1!過去の就職成功者は15,000人以上)

就職できるまで二人三脚で、圧倒的に親身になって就職をサポートしてくれる!

imasia_9065120_S4
キャリアパーク就職エージェント既卒・第二新卒(最短1週間で内定!ES・一次選考免除の特別フローへご案内)

年間1,000名以上を面談してきた、就活のプロが内定までサポート。 特別選考の求人や人事責任者に直接推薦するため、最短1週間で内定も可能です。

imasia_9065120_S4
ハタラクティブ(未経験・フリーターから有名企業の正社員へ)

既卒フリーターの内定実績No1!他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポートや、既卒から上場企業の正社員になれる求人多数