短期退職でもすぐ再就職できる!転職のコツと退職理由の伝え方まとめ

短期退職でもすぐ再就職できる!転職のコツと退職理由の伝え方まとめ

「入社して数ヶ月しか経ってないけど、既に退職したい…。」と思う一方で、

疑問

  • 短期退職後にすぐに再就職できるのか不安
  • 効率良く再就職する方法を知りたい
  • 面接での短期退職の理由の答え方を教えてほしい

と悩んでいませんか?

私の友人も短期離職をしてしまった時は「もう再就職は厳しいんじゃないか…。」と弱気になっていました。

でも、心配ありません。短期退職すると再就職の難易度は上がるものの、転職活動のやり方や退職理由の伝え方次第ですぐに再就職はできるんです。

そこで、今回は短期退職後に優良企業へ再就職した友人へのインタビューを元に、短期退職後に転職活動が不利になるケースや短期退職は隠してもバレてしまう理由、短期退職者が再就職するためのポイント、【例文つき】短期退職者の印象を良くする退職理由の伝え方を紹介します。

短期退職しても再就職はできる!しかし転職活動で不利になる可能性もある!

短期離職とは、一般的には1つの会社を3年未満で辞めること。決まった定義はありません。

昔は新卒で入った会社に定年まで勤めるのが普通な時代もありました。しかしですね。今は終身雇用が崩壊しかけており、短期間での退職は珍しいことではありません。

事実、厚生労働省の調査によると、新卒3年目までに会社を辞めた人の割合は32.8%でした。
平成28年卒のうち新卒3年目までに退職した人の割合表
(参照:厚生労働省 新規大卒就職者の事務所規模別離職状況

辞めた人のほとんどは転職しているので、転職しやすい世の中になってきています。

ただですね。勤務期間が一年未満の場合は転職に不利になりやすいんです…。前職のスキルが身についていないと判断されてしまう可能性が高く、面接でも不利になってしまいます。

特に新卒の場合は社会人歴が1年未満だと、ビジネスマナーなど社会人としての基礎スキルも身についていないとみなされるかもしれません。

ここに注意!

  • 例外として心身ともに影響が出ている場合はすぐに退職を検討しましょう。今後の社会人生活を送るのもままならなくなってしまうこともあるので無理は禁物ですよ。

ここでは、短期退職後に転職活動で起こる問題を3つ紹介します。

短期退職後に転職活動で起こる問題

  • 書類選考が通過しにくくなる
  • 複数回の短期退職があると転職成功率がかなり下がる
  • スキルが身につきにくく転職の市場価値が上がらない

書類選考が通過しにくくなる

短期退職後に転職活動で起こる問題の1つ目は、書類選考が通過しにくくなることです。なぜなら「前職のようにすぐに辞める可能性がある」と考える採用担当者もいるため。

あまりにも書類選考で落ちてしまう場合は、後述する転職エージェントのキャリアアドバイザーに応募書類の添削をしてもらうor書類選考免除の求人へ応募した方が良いかもしれません。

複数回の短期退職があると転職成功率がかなり下がる

短期退職後に転職活動で起こる問題の2つ目は、複数回の短期退職があると転職成功率がかなり下がることです。

事実、リクナビNEXTが調査によると、転職歴3回目になると転職で不利になる可能性があります。
転職歴は何回目から気になるか?のアンケート結果グラフ
(参照:リクナビNEXT 転職回数が多いと不利?年代別の転職回数と採用実態
採用担当者は複数回の短期退職の経歴があると「うちの会社もすぐに辞めるかもしれない」と採用を避ける傾向があります。短期退職されると再度求人を出したり、備品を揃えたりと採用コストが無駄になるんです。

そのため、短期退職のリスクがある転職者は採用担当者の信用を得にくくなりますね。

また、dodaの調査によると、転職を繰り返すほど転職の成功率は下がっていきます。
年齢別転職回数と成功率のグラフ
(参照:doda 転職は何回まで許される?転職回数と成功率の関係性

初めての転職者の成功率を100%とすると、社会人2年目に当たる24歳以下の2回目の転職成功率は58%程度まで下がっています。更に3回目は28%程度でした。

経歴やスキルを重視する会社が多いので、年齢が若くても継続力がないと不利になりますね。そのため、転職回数が多いと、転職成功率が下がるリスクは避けられません。

スキルが身につきにくく転職の市場価値が上がらない

短期退職後に転職活動で起こる問題の3つ目は、スキルが身につきにくく転職の市場価値が上がらないことです。なぜなら、短期退職の期間次第では仕事を覚えられないと考える採用担当者もいるため。

入社1年目は少しずつ仕事を教える企業もあるので、すぐに辞めてしまうとスキルが蓄積していきません。そのため、アピールできるスキルや実績を積む前に転職活動をすることになるので不利になりやすいんです。

フジワラ

自分のキャリアビジョンに沿った仕事なら「この会社で得られるスキルはほぼ会得した」という状態になってから転職した方が市場価値は上がっていきますね。

既卒/フリーターの就活に強い!無料登録しておくべき神サイト

既卒で就職活動を頑張りたいけれど、「どんな就職サイト/サービスを使って就活すればいいの…?」と、悩んでいませんか?

そこで、私が既卒として就活した時に利用した、「既卒歓迎」のホワイト企業の求人を紹介してくれる就職サイトをご紹介します。無料なので登録しておいて損はないと思います!

短期退職は隠してもバレてしまう

職務経歴書や履歴書に短期退職の経歴を書かずに隠し通すことはできません。なぜなら、前職で社会保険に加入していると、記録として残ってしまうため。

ここがポイント

社会保険とは、厚生年金や健康保険のこと。給与明細で会社から保険料が天引きされている場合は年金手帳や雇用保険関係の書類に記録として残る。

社会保険の記録は、転職先の経理担当者が必ず確認する書類です。そのため、短期退職の職歴は必ずバレてしまいます。

ここに注意!

  • 短期退職の職歴を書かないと経歴詐称になってしまいます。

入社後にバレた場合、解雇など重い判断が下ることはほとんどありません。しかしですね。会社からの信用が下がり、職場に馴染みにくくなる可能性があるのでやめておきましょう…。

短期退職者が再就職するための5つのポイント!

ここまでで短期退職をすると再就職の難易度が上がることが分かりました。ただですね。短期退職者でも企業の選び方や転職活動のやり方を工夫すれば、自分が理想とする企業へ転職できる可能性は十分にあります。

そこで、ここでは短期退職者が再就職するためのポイントを5つ紹介します。

短期退職者が再就職するための5つのポイント!

  • 転職エージェントを利用する
  • キャリアビジョンを明確化する
  • 在職中に転職活動を行う
  • 応募する前に口コミサイトで企業の評判を調べる
  • 人手不足の業界・職種に絞って応募する

転職エージェントを利用する

短期退職者が再就職するための1つ目のポイントは、転職エージェントを利用することです。なぜなら、転職のプロであるキャリアアドバイザーのサポートを無料で受けられるため。

転職エージェントのサポート一覧

  1. 無料カウンセリング
  2. 求人紹介
  3. 面接対策
  4. 応募書類の添削
  5. 内定後の収入交渉
  6. 面接日の日程調整
  7. 推薦状の記入

選考が通らない場合は履歴書添削や面接対策でアドバイザーからフィードバックが受けられるので、直すべきところが分かり、確実に選考突破へ近づいていきます。

また、キャリアアドバイザーから企業へ推薦状を送ることで「短期退職の経験があるが、覚えが早い」など短期退職をカバーしてくれるんです。そのため、転職エージェントの利用をおすすめします。

既卒サービス「マイナビジョブ20’sアドバンス」

マイナビジョブ20’sアドバンスは、大学・大学院を卒業した人で、未就業の方向けの就職支援サービスです。利用者の対象を絞っているため、普通の就活サイトよりもライバルが少ないのも特徴です。

マイナビジョブ20’sアドバンスの特徴

  1. 既卒を積極的に採用している企業に多数出会える「特別選考会」へ案内してくれる
  2. 仕事擬似体験型研修があるから、就職後のミスマッチが少ない
  3. 最短2週間で内定をもらうことが可能

本来持っている、一人ひとりのパーソナリティを評価する選考会になるから、既卒で未就業という経歴がハンデになることもありません。

登録すると、個人の適性・志向性に合わせた職種別研修を行い、その中で仕事を疑似体験できるため、就職後とのイメージのギャップをおさえることができます。「せっかく就職したのに、嫌な仕事内容だった」なんてこともないでしょう。

実績として、最短2週間で内定を獲得できるため、スピーディーに就職したい人におすすめです。

マイナビジョブ20’sアドバンスの無料登録はこちら

※新宿・大阪オフィスに来社できる方のみを対象としたサービスになりますので、来社が難しい方はサポート対象外になります

既卒サービス「えーかおキャリア」

おすすめなのが「えーかおキャリア」の転職エージェントです。とにかくサポートが充実しており、求人紹介、面接対策や内定後のキャリアプランを含めて、2人3脚であなたの就職・転職を徹底サポートしてくれます。

私が使ったえーかおキャリアのおすすめポイント

  1. 入社後の定着率97%(入社後のミスマッチをなくすため、休日・残業といった聞きづらい部分もすべて伝えてくれます)
  2. 1対1のサポート体制
  3. 内定率が他の転職エージェントの4倍!

事務職・広報・営業など、自分の希望を叶える仕事・職種を紹介してくれるため定着率は97%を誇ります!事務職で働きたい方や1日で内定の実績もあり、早く内定がほしい方にもおすすめです

えーかおキャリアの詳細を見てみる

既卒サービス「ウズキャリ既卒」

私も利用しましたが、特におすすめなのが「ウズキャリ既卒」です。とにかくサポートが充実しており、企業面接ごとに、1回2時間をかけ、合計20時間以上にわたって徹底的に面接対策をしてくれます。

私が使ったウズキャリ既卒のおすすめポイント

  1. ブラック企業を完全排除している(そもそもUZUZがホワイト企業大賞特別賞を受賞している)
  2. 既卒採用に積極的な企業を10社以上紹介してもらえる
  3. 一人で就職活動をするより、圧倒的に内定しやすく最短2週間で内定も可能!

離職率や残業時間が慢性的に長いなどの、厳格な基準でブラック企業を徹底排除しているため、内定者の定着率も95%と非常に高いです。

ウズキャリ既卒の詳細を見てみる

キャリアビジョンを明確化する

短期退職者が再就職するための2つ目のポイントは、キャリアビジョンを明確化することです。なぜなら、キャリアビジョンを明確化すれば、次の会社選びの基準になるため。

キャリアビジョンに沿った会社なら、経験を積むことで転職の市場価値を上げることにつながるので無駄な仕事をしている感覚はあまりありません。

キャリアプランを明確化させるための質問

  1. 将来は何になりたいか?
  2. どんなスキルを会得したいのか?
  3. 何ができるようになりたいのか?
  4. 5・10年後どんな生活を送っていたいか?etc.

そのため、転職活動を始める前にキャリアビジョンを立てる時間を作ってみてくださいね。

在職中に転職活動を行う

短期退職者が再就職するための3つ目のポイントは、在職中に転職活動を行うことです。なぜなら、退職してから転職活動を始めると無職期間が生まれてしまうため。

無職期間が長くなると、金銭的にも困窮してきたり「早く就職先を見つけないといけない」という精神的な焦りにもつながってしまったりします。

キヨちゃん

その結果、前職よりも待遇の悪い会社へ転職してしまう場合もあるんです。

そのため、金銭的にも精神的にも余裕のある在職中に転職活動を行うのをおすすめします。

応募する前に口コミサイトで企業の評判を調べる

短期退職者が再就職するための4つ目のポイントは、応募する前に口コミサイトで企業の評判を調べることです。なぜなら、企業のHPの情報では企業の実態は掴めないため。記載されている待遇が事実とは限りません。

そこで企業口コミサイトを利用しましょう。口コミサイトは現職の社員が本音を書き込んでいるため、企業の実態が分かるんです。社風や有給の取得度合いなど入社後にしか分からないような内容も知れます。

企業のことをよく知らないまま、転職してしまうとミスマッチを起こして短期退職を繰り返してしまうかも知れません。そのため、口コミサイトを利用して情報収集を徹底しましょう。

代表的な口コミサイト

  1. 転職会議
  2. en Lighthouse
  3. OpenWork

人手不足の業種・職種に絞って応募する

短期退職者が再就職するための5つ目のポイントは、人手不足の業種・職種に絞って応募することです。なぜなら、人手不足の業界や職種は採用されやすい+教育体制が整っている企業が多いため。

人手不足の業種・職種の例

  1. 営業職・販売職:専門スキルよりコミュニケーション能力など人物評価メインの採用を行っているため。
  2. ITエンジニア:未経験から教育する基盤が整っているため。IT業界は市場拡大中なので将来性が高い。
  3. Webデザイナー:経歴よりスキル重視のため。
  4. MR(製薬会社の営業職):専門知識は必要になるが、未経験者を積極的に採用しているため。

ここに注意!

  • 特に大手・有名企業に応募することはおすすめできません。職歴や短期離職の回数で判断する傾向があるため。

そのため、企業規模や知名度に囚われず、以上のような業種・職種に応募してみましょう。

【例文つき】短期退職者の印象を良くする退職理由の伝え方

退職理由は正直に伝えましょう。なぜなら、曖昧な表現や嘘をつくと採用担当者に不信感を抱かれるため。

採用担当者は面接のプロです。嘘はほとんど見抜かれてしまいます。

面接では「企業の業績に貢献してくれる人材を確保すること」と「一緒に働く信用できる仕事仲間を探すこと」が重要な目的です。そのため、大事な場面で嘘をつくような人材は採用を見送られてしまうんです。

そこでここでは、短期退職者の印象を良くする退職理由の伝え方を紹介します。

【例文つき】短期退職者の印象を良くする退職理由の伝え方

  • やむを得ない理由の場合はそのまま伝える
  • ネガティブな理由の場合は他責にせず前向きな内容に変換する

やむを得ない理由の場合はそのまま伝える

退職理由がやむを得ない理由の場合はそのまま伝えましょう。

加えて、入社の際に企業研究不足だったことなど反省点を伝えると、より退職理由を採用担当者に納得してもらいやすくなりますよ。

やむを得ない理由の例

  1. 経営不振による事業縮小・リストラ
  2. 求人情報や面接で提示された労働条件と異なる内容だった
  3. 自身の体調不良や家族の介護
例文
入社時に残業は月に20時間程度だと聞いていたのですが、配属された部署では80時間近い残業を余儀なくされました。

入社後に再度上司や人事部に質問したところ、全ての支店や部署を合わせると、平均残業時間が20時間程度だそうです。

効率化により定時で業務を終わらせても、新たに仕事を振られたり、無意味に会社に残らされたりすることが多々ありました。入社前に詳細な質問をしたり、職場見学を申し出たりするべきだったと反省しています。
私は平日にオンラインスクールを利用してスキルアップしたい気持ちが強かったので、余裕のある環境で働きたいと感じ、転職を決意しました。

ネガティブな理由の場合は他責にせず前向きな内容に変換する

退職理由がネガティブな理由の場合は他責にせず前向きな内容に変換しましょう。なぜなら、ネガティブな理由だと「自社でも同じような理由で辞めるんじゃないか…?」と思われてしまうため。

会社の不満だけ伝えても効果的なアピールにはなりません。本当に会社や上司に問題があったことが事実でも、全てを会社のせいにするのはNGです。

ユウキ君

できるだけ前向きな内容かつ自分の仕事観などを交えると効果的ですよ。

例文
前職は数字こそ全ての体育会系の社風で個人主義が根付いている環境でした。私は成果を上げる工夫を考えるのが得意なので、競争自体は苦ではありません。

しかし、同僚と連携を取れれば、もっとお客様のニーズに合った提案になり、本当に役立つ仕事ができると考えていました。

御社はチームで案件に取り組むと説明を受けました。同僚とコミュニケーションをとり、情報を共有して、お客様の潜在的な問題を解決したいという考えから、御社を志望いたしました。

短期退職からの再就職に関するQ&A

ここでは短期退職からの再就職に関するQ&Aをまとめました。気になるところがあれば、チェックしてみてくださいね。

短期退職に対して寛容な業界・企業はあるか?

IT業界やベンチャー企業は短期退職していても、受けいれてくれる企業が多いですね。なぜなら、元々人の入れ替わりが激しいため。
業界の変化のスピードが早く、新しいスキルを身につけることが目的に転職する人も多いんです。

フジワラ

「即戦力として活躍できるなら経歴に関しては気にしない」というスキル・実力重視の側面がありますね。

そのため、短期退職していても必ずしも転職活動で不利になるとは限りません。

転職活動が有利になる時期はいつ?

転職活動が有利になる時期は2〜3月or8〜9月です。

企業側の採用ニーズが高まる理由

  1. 2〜3月(4月入社):年度が変わるタイミングのため。人事異動があったり、新規事業が立ち上がったり、退職者が増えたりする時期でもある。
  2. 8〜9月(10月入社):下半期が始まり、新しい人員を補充する必要があるため。退職や人事異動で空いたポジションの穴埋めをしなければならない。

そのため、2〜3月と8〜9月は企業側の採用ニーズが高まり、求人も増えるので転職におすすめの時期ですね。

まとめ:短期退職してもすぐに再就職できる!転職活動や退職理由の伝え方を工夫しよう!

今回は短期退職後に転職活動が不利になるケースや短期退職は隠してもバレてしまう理由、短期退職者が再就職するためのポイント、【例文つき】短期退職者の印象を良くする退職理由の伝え方を紹介しました。

では、記事の内容をまとめます。

記事の内容まとめ

  • 短期退職は珍しくないが転職活動で不利になる
  • 退職理由はやむを得ない理由orネガティブな理由によって伝え方を変える
  • 転職エージェントを利用する

終身雇用の崩壊により、転職することが増えた今、短期退職をする人は珍しくありません。ただですね。書類選考の突破率が下がったり、転職回数が増えると不利になったりするので無闇に転職すべきではないですね…。

退職理由の伝え方次第で、企業側からの短期退職者へのイメージはかなり変わります。そのため、やむを得ない理由は正直に答え、ネガティブな理由は前向きな内容に変換して悪い印象を緩和させましょう。

特に退職後に転職活動をする際は、無職期間が伸びると転職が不利になるかもしれません。転職するか悩んでいる方は、今回紹介した転職エージェントに無料相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介したサービス

  1.      「ウズキャリ既卒」:ホワイト企業限定!既卒の内定実績86%。他社の10倍時間をかけて、就活をサポート!    
  2.      「えーかおキャリア」:定着率97%!事務職、広報、営業など、あなたの希望を叶える仕事をご紹介!    
  3.      「マイナビジョブ20’sアドバンス」:最短2週間で内定!上場企業/メガベンチャーなど、人気企業の内定実績多数!

監修者プロフィール

フジワラ
運営者:フジワラ
27歳の元既卒生。 大学在学中から続けていた塾講師のアルバイト経験のみだったが、一念発起して就職活動に取り組み、既卒の立場で2社から内定を獲得。実体験を元にした確かな情報提供を心がけていきます。

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

imasia_9065120_S1
ハタラクティブ(未経験・フリーターから有名企業の正社員へ)

既卒フリーターの内定実績No1!他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポートや、既卒から上場企業の正社員になれる求人多数

imasia_14141661_S-2 2
マイナビジョブ20’sアドバンス(最短約2週間で内定獲得!既卒で就活するなら登録必須!)

マイナビが既卒の採用意欲が高い企業を厳選して紹介してくれる!

imasia_14141661_S-2 3
えーかおキャリア(定着率97%!事務職、広報、営業など、あなたの希望を叶える仕事をご紹介!)

内定率は転職エージェントの4倍を誇る充実のサポート!求人紹介、面接対策や内定後のキャリアプランを含めて、2人3脚であなたの就職・転職を徹底サポートします。

imasia_9065120_S4
キャリアパーク就職エージェント既卒・第二新卒(最短1週間で内定!ES・一次選考免除の特別フローへご案内)

年間1,000名以上を面談してきた、就活のプロが内定までサポート。 特別選考の求人や人事責任者に直接推薦するため、最短1週間で内定も可能です。

5
ウズキャリ既卒(既卒の内定実績86%!他社の10倍時間をかけて、就活をサポート)

他社の10倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート!離職率の高いブラック企業は紹介しないポリシーを貫いています。