既卒が就活に疲れた場合の対処法!リフレッシュ法と就活のコツまとめ

「既卒就活を続けているけど疲れてしまった…。」と思う一方で、

疑問

  • 選考に落ちた時の気持ちの切り替え方やリラックス方法を知りたい
  • このまま就活を続けていてもいいのか?
  • 既卒就活を成功させるコツを知りたい

と悩んでいませんか?

実際私も既卒就活中は選考落ちする度に落ち込んでいて、就職を諦めようかと思っていた時期もありました。

ただですね。気持ちを切り替える方法を知るだけでも就活の結果は好転しますし、就活のコツを知れば、内定獲得できる可能性はグッと上がります。

そこで今回は、既卒から優良企業の内定を獲得した私の実体験を元に、既卒の就活がつらい理由や疲れたまま既卒就活を続けることで起こる問題点、就活に疲れた場合の気持ちの切り替え方、就活を成功させるためのポイントを紹介します。

既卒の就活がつらい4つの理由

既卒就活中の人には今の状況を「漠然とつらい」と捉えているかもしれません。もちろん、選考に落ちるのはつらいことですが、気づいていないだけで他にもつらいことがあるんです。

つらさの原因さえ自覚できれば、悩みが軽くなったり、対処法が分かったりします。そこでここでは、既卒の就活がつらい理由を4つ紹介していきましょう。

既卒の就活がつらい4つの理由

  • 同級生との差がつくのが不安なため
  • 周りに相談相手がいないため
  • 応募できる企業が新卒時よりも少ないため
  • 面接官によっては既卒への対応が厳しいため

同級生との差がつくのが不安なため

既卒の就活がつらい理由の1つ目は、同級生との差がつくのが不安なため。

学生時代の同級生が社会で活躍していると思うと、自分の現状を責めてしまうかもしれません。「このまま就職が決まらなかったらどうしよう…。」と世間体を気にして、不安になってしまう人もいますね。

周りに相談相手がいないため

既卒の就活がつらい理由の2つ目は、周りに相談相手がいないため。

学生の頃は同級生が同じ時期に就活をしていた人が多いと思います。しかしですね。既卒は1人で就活をしなけれなばなりません。

フジワラ

新卒時は就活のつらさを共有できた同級生がいましたが、今は大半が社会人なので相談しにくいかもしれません。

そのため、孤独感が強くなり、既卒の就活はつらいと感じやすいんです。

応募できる企業が新卒時よりも少ないため

既卒の就活がつらい理由の3つ目は、応募できる企業が新卒時よりも少ないため。

実は厚生労働省により「3年以内の既卒者は新卒枠で応募できるようにすること」が定められています。つまり、既卒生も新卒生として扱ってもらえます。
(参照:厚生労働省 3年以内既卒者は新卒枠で応募受付を!!

しかしですね。実際に既卒生が新卒枠で就活して内定を獲得するのは難しいんです…。

例えば、同じ実力の新卒生と既卒生がいれば、「一度就活に失敗している既卒生」より「経歴が真っ白な新卒生」を採用することが多いんです。実際、新卒生の有利には変わりません。

やはり、応募できる企業は少ないながら、既卒枠を利用するしかありません。そのため、新卒の時に就職しておけば良かったと後悔する人も多いんです。

面接官によっては既卒への対応が厳しいため

既卒の就活がつらい理由の4つ目は、面接官によっては既卒への対応が厳しいため。面接官の中には「既卒=新卒就活で失敗した人」というイメージがあり、新卒より厳しく面接する人もいます。

自社でやっていけるかどうかを判断するために、圧迫面接を選択する企業もありますね。そのため、面接自体を恐れてしまう既卒生もいるかもしれません。

既卒/フリーターの就活に強い!無料登録しておくべき神サイト

既卒で就職活動を頑張りたいけれど、「どんな就職サイト/サービスを使って就活すればいいの…?」と、悩んでいませんか?

そこで、私が既卒として就活した時に利用した、「既卒歓迎」のホワイト企業の求人を紹介してくれる就職サイトをご紹介します。無料なので登録しておいて損はないと思います!

疲れたまま既卒就活を続けることで起こる問題点3選

既卒就活は内定を獲得するまで終わりがありません。内定を獲得するor就職を諦めることかの二択になってしまう場合が多いんです。

就活が長引くと精神的に追い込まれてしまい、正常な判断ができなくなってしまいます。

そこでここでは、休息を取った方が結果につながりやすい+健康的にも良いことを知るためにも、疲れたまま既卒就活を続けることで起こる問題点を3つ紹介します。

疲れたまま既卒就活を続けることで起こる問題点3選

  • 就職活動期間が伸びてしまう
  • 既卒の就活を辞めてしまう
  • メンタル的に弱ってしまう

就職活動期間が伸びてしまう

疲れたまま既卒就活を続けることで起こる問題点は、就職活動期間が伸びてしまうことです。なぜなら、新卒と違って就活期間が限られていないため。

既卒の場合は制限がないので、2年でも3年でも就活を続けることができてしまうんです。一見じっくり就職先が選べるメリットのようにも見えます。

しかしですね。既卒の就職活動は若さ=ポテンシャルとして評価されます。

キヨちゃん

つまり、歳をとる度に市場価値が下がっていき、20代後半や30代には正社員になる難易度がかなり上がっているかもしれません…。

そのため、既卒就活は期間を決めて取り組むことをおすすめします。

既卒の就活を辞めてしまう

疲れたまま既卒就活を続けることで起こる問題点は、既卒の就活を辞めてしまうことです。なぜなら、非正規雇用でも生活できるため。

既卒就活をしながら、アルバイトで生計を立てている人もいるかもしれません。すると、アルバイト生活も悪くないと感じ、正社員になることを諦めてしまう人もいるんです。

しかしですね。非正規雇用だと将来の生活が苦しくなるかもしれません。

非正規雇用のまま起こる可能性がある問題

  1. 子供を大学にあげられない
  2. 病気で働けない月があると収入が0になる
  3. もらえる年金が少ない・一生働く必要が出てくる

そのため、就活で落ち続けるのはキツいですが、チャンスがあるうちに就職するのがベターですよ。

メンタル的に弱ってしまう

疲れたまま既卒就活を続けることで起こる問題点は、メンタル的に弱ってしまうことです。なぜなら、就活の期間が長引くと精神的に疲れてしまう場合が多いため。

精神的に疲れてしまうと起こる問題

  1. 夜眠れなくなる
  2. やる気が出なくなる
  3. 食欲がなくなる

これらがひどくなると、病気になってしまいます。その場合は無理をせずに病院へ行ったり、一度就活を休んで休憩したりしましょう。

不採用が続くと全否定されたような気持ちになるかもしれません。しかしですね、就活は学歴や学生時代の実績だけではなく、会社との相性という運の要素も関係してきます。

そのため、悪い部分は直しつつ、一つの会社に執着せずに気持ちを切り替えて、次の企業の選考へ臨みましょう。

既卒の就活に疲れた場合の気持ちの切り替え方3選

既卒の就活は新卒就活と違い、同じ時期に就活している同級生がいないので、孤独になりがちです。そのため、自分でモチベーションを管理する必要があるんです。

そこで重要なのが息抜きの方法です。息抜きが上手くいけば、就活のモチベーション維持がしやすくなるため、結果にもつながるかもしれません。

そこでここでは、既卒の就活に疲れた場合の気持ちの切り替え方を3つ紹介します。

既卒の就活に疲れた場合の気持ちの切り替え方3選

  • 気分転換のための1日を作る
  • 1日の終わりに進歩したことを書き留めておく
  • 知り合いと就活以外の話をする

気分転換のための1日を作る

既卒の就活に疲れた場合の気持ちの切り替え方は、気分転換のための1日を作ることです。なぜなら、ストレスが溜まっている状態では余裕を持って就活に臨めないため。

例えば、趣味に没頭したり、スポーツやサウナで思いっきり汗をかいたり、美味しいものを食べたりなど就活のことを考えずにすむような1日にしましょう。

ユウキ君

家で何もしていない時に、就活のことを考えてしまう人には特におすすめですね。

1日の終わりに進歩したことを書き留めておく

既卒の就活に疲れた場合の気持ちの切り替え方は、1日の終わりに進歩したことを書き留めておくことです。なぜなら、就活で落ち込んでいる状態のときこそ自己肯定感を高めることが重要なため。

就活では選考落ちで自信を失ったり、社会人の同級生との差を感じたり不安になる場面があります。しかし、内定が出るまでは自分が進んでいるのか、後退しているのかが分かりにくいんです。

そこで、1日一行でも良いので進歩したことを書き留めておきましょう。例えば、「エントリーシートを5枚提出した」「一次選考を突破した」など記載しておけば、無駄な日ではなかったと感じられるようになります。

そのため、自分の頑張りを認めてあげるためにも1日の進歩を書き留めてみてください。

知り合いと就活以外の話をする

既卒の就活に疲れた場合の気持ちの切り替え方は、知り合いと就活以外の話をすることです。

なぜなら、就活中や既に働いている人と会うと、就活が上手くいっていないことを思い出してしまうため。そこで、できれば、就職活動から縁遠い人と話してみるのがおすすめですね。

話すべきおすすめの人

  • 趣味の話ができる人
  • 歳の離れた知り合い
  • バイト仲間

視野が広がり、就活が全てではないことが分かってきます。気持ちも楽になりやすいのでおすすめですね。

ここに注意!

  • 就活の話をしたくないからといって、周囲との関係を絶ってしまうのはやめておきましょう。

事実、東京都健康長寿医療センター研究所老年病態研究チームの調査によると、会話がなくなると無意識にストレスが溜まってしまうそうです。
(参照:日テレ ゾンビ細胞は免疫力を高めて殺せ!免疫力がアップする7つの習慣

そのため、就活以外の話をするのは良い気分転換になりますよ。

既卒の就活を成功させるための6つのポイント

実は既卒の市場価値は低くありません。なぜなら、人手不足の企業が増えているため。少子化の影響で新卒採用だけで若手人材を確保するのは難しくなってきました。

特に中小企業や知名度の低い企業は若手人材の採用に苦戦しています。そのため、20代前半の若手人材が多い既卒は企業からの需要があるんです。

ただですね。新卒よりエントリーできる企業は少なく、既卒へのネガティブなイメージを持っている人も一定数います….。やはり、就活の難易度は新卒より高いかもしれません。

そこで、ここでは就活の成功率を上げるためのコツを6つ紹介します。

既卒の就活を成功させるための6つのポイント

  • 既卒特化型就職エージェントを利用する
  • 短期集中で就活に挑む
  • 自己分析で適性のある職種を知っておく
  • 企業研究は口コミサイトを利用する
  • 行動量を落とさない
  • 希望する企業と同じ業種・職種へ就職して第二新卒を狙う

既卒特化型就職エージェントを利用する

既卒特化型就職エージェントを利用しましょう。なぜなら、既卒就活のプロであるキャリアアドバイザーのサポートを無料で受けられるため。

既卒特化型就職エージェントのサポート一覧

  1. 無料カウンセリング
  2. 求人紹介
  3. 面接対策
  4. 応募書類の添削
  5. 内定後の収入交渉
  6. 面接日の日程調整
  7. 推薦状の記入

既卒生が悩みがちな応募書類の添削をしてくれたり、面接対策により面接の場数を踏む+フィードバックをもらったりして着実に内定へ近づけるんです。

また、企業へ推薦状を送ってくれます。「営業職への適性がある」などの記載により、既卒のデメリットをカバーしてくれるので、選考突破率がグッと上がるんです。

既卒サービス「マイナビジョブ20’sアドバンス」

マイナビジョブ20’sアドバンスは、大学・大学院を卒業した人で、未就業の方向けの就職支援サービスです。利用者の対象を絞っているため、普通の就活サイトよりもライバルが少ないのも特徴です。

マイナビジョブ20’sアドバンスの特徴

  1. 既卒を積極的に採用している企業に多数出会える「特別選考会」へ案内してくれる
  2. 仕事擬似体験型研修があるから、就職後のミスマッチが少ない
  3. 最短2週間で内定をもらうことが可能

本来持っている、一人ひとりのパーソナリティを評価する選考会になるから、既卒で未就業という経歴がハンデになることもありません。

登録すると、個人の適性・志向性に合わせた職種別研修を行い、その中で仕事を疑似体験できるため、就職後とのイメージのギャップをおさえることができます。「せっかく就職したのに、嫌な仕事内容だった」なんてこともないでしょう。

実績として、最短2週間で内定を獲得できるため、スピーディーに就職したい人におすすめです。

マイナビジョブ20’sアドバンスの無料登録はこちら

※新宿・大阪オフィスに来社できる方のみを対象としたサービスになりますので、来社が難しい方はサポート対象外になります

既卒サービス「えーかおキャリア」

おすすめなのが「えーかおキャリア」の転職エージェントです。とにかくサポートが充実しており、求人紹介、面接対策や内定後のキャリアプランを含めて、2人3脚であなたの就職・転職を徹底サポートしてくれます。

私が使ったえーかおキャリアのおすすめポイント

  1. 入社後の定着率97%(入社後のミスマッチをなくすため、休日・残業といった聞きづらい部分もすべて伝えてくれます)
  2. 1対1のサポート体制
  3. 内定率が他の転職エージェントの4倍!

事務職・広報・営業など、自分の希望を叶える仕事・職種を紹介してくれるため定着率は97%を誇ります!事務職で働きたい方や1日で内定の実績もあり、早く内定がほしい方にもおすすめです

えーかおキャリアの詳細を見てみる

既卒サービス「ウズキャリ既卒」

私も利用しましたが、特におすすめなのが「ウズキャリ既卒」です。とにかくサポートが充実しており、企業面接ごとに、1回2時間をかけ、合計20時間以上にわたって徹底的に面接対策をしてくれます。

私が使ったウズキャリ既卒のおすすめポイント

  1. ブラック企業を完全排除している(そもそもUZUZがホワイト企業大賞特別賞を受賞している)
  2. 既卒採用に積極的な企業を10社以上紹介してもらえる
  3. 一人で就職活動をするより、圧倒的に内定しやすく最短2週間で内定も可能!

離職率や残業時間が慢性的に長いなどの、厳格な基準でブラック企業を徹底排除しているため、内定者の定着率も95%と非常に高いです。

ウズキャリ既卒の詳細を見てみる

短期集中で就活に挑む

短期集中で就活に挑みましょう。なぜなら、終わりが見えないとモチベーションが下がってしまうため。

例えば、3ヶ月以内と期限を決めて内定までのスケジュールを逆算すれば、今行動すべきことが分かります。そのため、ダラダラと就活を続けずに短期集中で就活に臨んでみてくださいね。

フジワラ

もしも、期限内に決まらなかった場合は1〜2週間休んで再度仕切り直しをしましょう。

自己分析で適性のある職種を知っておく

自己分析で適性のある職種を知っておきましょう。なぜなら、適性のある仕事に就職した方が活躍できる+やりがいを見出せる可能性があるため。

例えば、口下手な人が興味のある営業職についても成績が伴わず、仕事が嫌になるかもしれません。一方、黙々と作業ができるならエンジニアなど適性のある仕事につけば、結果がついてきやすいんです。

人から頼られたり、褒められたりすることも増えるので自然とモチベーションも上がっていきます。そのため、自己分析をして、適性のある職種を知っておくことが大切なんです。

そこで自己分析ツール・書籍を使って、適性のある職種を探しましょう。

企業研究は口コミサイトを利用する

企業研究は口コミサイトを利用しましょう。なぜなら、企業のHPや採用担当者への質問では企業の実態が分からないため。会社側は求職者に就職してほしいので、悪い部分を教えてくれません。

そこで、入社後のミスマッチを防ぐためにも企業口コミサイトを利用しましょう。

企業口コミサイトは現職の社員や退職した社員が本音を書き込んでいるので、実際の残業時間や実際の働く職場の雰囲気など就職後に分かるような内容を知れるんです。

代表的な口コミサイト

  1. 転職会議
  2. en Lighthouse
  3. OpenWork

行動量を落とさない

既卒就活では行動量を落としてはいけません。

事実、マイナビが行った既卒者の内定率(活動量比較)調査では「活動量が増えた」「あまり変わらない」既卒生の内定率が約36%に対して、「活動量が減った」既卒生は約23%と結果が出ていない傾向がありました。
既卒者の内定率(活動量比較)調査
(参照:新卒採用サポネット 2020年度 マイナビ既卒者の就職活動に関する調査
新卒時より既卒の方がエントリーできる企業が少ないのがネックです。しかし、その中でも自分に合った企業を探して積極的に行動していくのが内定獲得の近道になりますね。

希望する企業と同じ業種・職種へ就職して第二新卒を狙う

希望する企業と同じ業種・職種へ就職して第二新卒を狙いましょう。なぜなら、第一志望の会社へ転職できる可能性があるため。

ここがポイント

第二新卒とは、学校卒業後3年以内で転職を志す若者のこと。

(参照:マイナビジョブ20’s 第二新卒とは?

今は大企業も第二新卒枠を設けて採用を行っています。事実、広告業界大手の博報堂は第二新卒の採用数を2倍に増やしています。
(参照:日本経済新聞 第二新卒各社が熱い視線 博報堂は採用数2倍に

例えば、広告業界の大手企業で営業職として働きたいなら、他の企業で広告など無形商材の営業職としての経験を積んでから第二新卒として転職することをおすすめします。

類似業界・職種での経験+若さのポテンシャルがあれば、転職が成功する可能性は十分にありますよ。そのため、既卒時は第一志望にこだわり過ぎず、自分のキャリアプランに沿った企業を選びましょう。

キヨちゃん

卒業してまもない既卒生なら既卒枠で入社→第二新卒枠で転職するのに間に合いますね。

まとめ:既卒就活に疲れたなら期限を決めて就活しよう!転職エージェントを利用するのがおすすめ!

今回は既卒の就活がつらい理由や疲れたまま既卒就活を続けることで起こる問題点、就活に疲れた場合の気持ちの切り替え方、就活を成功させるためのポイントを紹介しました。

では、記事の内容をまとめます。

記事の内容まとめ

  • 就活がつらい原因を見つける
  • 短期集中で就活に挑む
  • 既卒特化型就職エージェントを利用する

就活がつらい原因を野放しにして、正社員を諦めてしまうのが一番もったいないことです。つらさの原因を自覚するだけでも気持ちが楽になるかもしれません。

既卒生の強みは若さなので、歳を取るほど就活の難易度は上がってしまいます。そのため、3ヶ月程度のスケジュールを立てて、短期集中で就活に挑みましょう。

既卒の就活が上手くいってない方は、今回紹介した既卒特化型就職エージェントへ無料相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介したサービス

  1.      「ウズキャリ既卒」:ホワイト企業限定!既卒の内定実績86%。他社の10倍時間をかけて、就活をサポート!    
  2.      「えーかおキャリア」:定着率97%!事務職、広報、営業など、あなたの希望を叶える仕事をご紹介!    
  3.      「マイナビジョブ20’sアドバンス」:最短2週間で内定!上場企業/メガベンチャーなど、人気企業の内定実績多数!

監修者プロフィール

フジワラ
運営者:フジワラ
27歳の元既卒生。 大学在学中から続けていた塾講師のアルバイト経験のみだったが、一念発起して就職活動に取り組み、既卒の立場で2社から内定を獲得。実体験を元にした確かな情報提供を心がけていきます。

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

imasia_9065120_S1
ハタラクティブ(未経験・フリーターから有名企業の正社員へ)

既卒フリーターの内定実績No1!他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポートや、既卒から上場企業の正社員になれる求人多数

imasia_14141661_S-2 2
マイナビジョブ20’sアドバンス(最短約2週間で内定獲得!既卒で就活するなら登録必須!)

マイナビが既卒の採用意欲が高い企業を厳選して紹介してくれる!

imasia_14141661_S-2 3
えーかおキャリア(定着率97%!事務職、広報、営業など、あなたの希望を叶える仕事をご紹介!)

内定率は転職エージェントの4倍を誇る充実のサポート!求人紹介、面接対策や内定後のキャリアプランを含めて、2人3脚であなたの就職・転職を徹底サポートします。

imasia_9065120_S4
キャリアパーク就職エージェント既卒・第二新卒(最短1週間で内定!ES・一次選考免除の特別フローへご案内)

年間1,000名以上を面談してきた、就活のプロが内定までサポート。 特別選考の求人や人事責任者に直接推薦するため、最短1週間で内定も可能です。

5
ウズキャリ既卒(既卒の内定実績86%!他社の10倍時間をかけて、就活をサポート)

他社の10倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート!離職率の高いブラック企業は紹介しないポリシーを貫いています。