職務内容の書き方|評価されやすい職務経歴書の記載方法まとめ

この記事はこんな人におすすめ

  • 職務内容って何?
  • 職務経歴書の書き方を知りたい
  • 職務経歴書と履歴書の違いは?

職務経歴書(職務内容)は履歴書より実績やスキルを記載する分、採用に大きく関係してきます。とはいえ、どんな風に職務経歴書を書くのが正解なのか分からない人もいるかもしれません。

実際、私の友人も初めての転職活動の際は、職務経歴書の書き方も重要性も分かっていませんでした。

ただですね。職務経歴書で採用担当者が評価しているポイントを抑えれば、ライバルに大きく差をつけられます。工夫しやすい書類だからこそ、選考での評価に直結するんです。

そこで、今回は優良企業への転職を成功させた友人へのインタビューを元に、職務経歴書(職務内容)の概要や職務経歴書に記載すべき項目と正しい書き方、評価されやすい職務経歴書を書くためのポイント、【形式別】職務経歴書(職務内容)の書き方の例つきフォーマットについて紹介します。

職務内容とは社員個人が実際に行っている具体的な仕事内容のこと

ここがポイント

職務経歴書とは、業務経験とスキルなどを確認するための書類のこと。定型のフォーマットがないのが特徴で、分量はA4で1〜2枚にまとめる。職務内容は項目の一つ。

職務経歴書でこれまでの業務経験やスキルを伝えることで、応募先企業から「うちで働いてほしい」を思ってもらうことが目的になります。

既卒/フリーターの就活に強い!無料登録しておくべき神サイト

既卒で就職活動を頑張りたいけれど、「どんな就職サイト/サービスを使って就活すればいいの…?」と、悩んでいませんか?

そこで、私が既卒として就活した時に利用した、「既卒歓迎」のホワイト企業の求人を紹介してくれる就職サイトをご紹介します。無料なので登録しておいて損はないと思います!

職務経歴書に記載すべき項目と正しい書き方

採用担当者は、多忙な業務の合間を縫って書類選考を行います。そこで短時間で採用担当者が面接してみたいと考えるような、第一印象の良い職務経歴書を作成しましょう。

必須項目はもちろん、読みやすいレイアウトや文字数にも気をつけてください。そこでここでは、職務経歴書に記載すべき項目と正しい書き方を紹介します。

職務経歴書に記載すべき項目と正しい書き方

  • 氏名・日付
  • 職務要約
  • 職務経歴・職務内容
  • 応募先で活かせる知識・スキル
  • 資格・免許など
  • 自己PR

氏名・日付

職務経歴書の最上部に右詰めで、自分の名前と提出日を記載します。一番最初に目に入るので、ミスがないか確認することを忘れずに。

職務要約

職務要約は職歴のあらすじの役割を担います。なぜなら、詳しい経歴は職務内容で説明するため。文字数は200〜300文字が適切ですね。

最初の会社へ入社した時点から、現在までのキャリアの流れを簡潔に分かりやすくまとめましょう。

経歴の記載内容

  1. いつ
  2. どこで
  3. 誰に向けて
  4. どんな業務を行っていたのか

職務経歴・職務内容

職務内容は以下の内容を記載する重要な項目です。採用担当者が短い時間で経歴を把握できるように分かりやすくまとめてみましょう。

職務内容でまとめるべき項目

  1. 在籍期間
  2. 会社名
  3. 配属になった部署(職種)
  4. 規模(従業員数)
  5. 担当した業務やプロジェクト
  6. 実績・成果

応募先で活かせる知識・スキル

使用していたソフトや開発言語、語学力などを記載しましょう。

特にデザイナーなどのクリエイティブ職、エンジニアなどの技術職は実務に関わるので確実に記入してくださいね。語学力の場合は「日常会話」「ビジネス」「ネイティブ」などレベルを記載しましょう。

資格・免許など

保有している資格・免許をまとめます。応募先の業務に関連している資格があれば、優先して記載した方が良いですね。

フジワラ

履歴書にも同様の記入欄があるので、補足するような情報を入れた方がアピールになります。

自己PR

自分が応募先で活躍できること+入社後にやりたいことを書きましょう。応募職種で求められている強みがあれば、実績を絡めてエピソードを記載します。

詳しい自己PRの作成方法は以下の記事を参考にしてみてくださいね。

【例文つき】転職で採用担当者に好印象を与える自己PRの作成ステップ4

2021.03.03

選考突破率アップ!評価されやすい職務経歴書を書くための6つのポイント

必須項目を記載するだけは採用担当者に会いたいと思ってもらえるような職務経歴書にはなりません。

書類から「自分の採用するメリット」を読み取ってもらうには、今までの振り返りや企業の情報収集などの下準備が欠かせません。また、書く際に注意点もあるので、ここでチェックしておきましょう。

評価されやすい職務経歴書を書くための6つのポイント

  • キャリアの棚卸しをする
  • 応募先企業が求める人物像を意識して書く
  • 専門用語を多用しない
  • 実績や業務内容は客観的に評価できるように書く
  • 手書きよりPCで作成する
  • 提出する前に見直しをする

キャリアの棚卸しをする

時系列順に勤務先ごとの仕事内容を書き出しましょう。5W1Hで振り返ることで、アピールで使いやすい具体的なエピソードが思い出せますよ。

5W1Hでの振り返り方

  1. When:20〇〇年4月〜20〇〇年3月
  2. Where:株式会社〇〇 法人営業部
  3. What:「オフィス家具 〇〇」
  4. Who:東京都内の一般企業・学校・コワーキングスペース管理会社
  5. Why:売上の拡大を図るため
  6. How:新規開拓(テレアポ)

繰り返すことで、以下の自分の特徴が浮き彫りになっていきます。

特徴

  1. 自分の得意・苦手分野
  2. 身につけたスキル
  3. 評価された経験・実績
  4. 性格・仕事に対する価値観

企業を選ぶ際の判断材料にもなるので、まずはキャリアを棚卸ししてみましょう。

応募先企業が求める人物像を意識して書く

応募先企業が求める人物像を意識して書きましょう。なぜなら、企業側からみて採用したいどうかが重要なため。

そこで「企業側から求められる能力」を分析します。「自分がこれまで培ってきた能力」と重なる部分があれば、転職先で活かせる力としてアピールしましょう。社風も同様で重なる部分があるなら伝えるべきですね。

キヨちゃん

社風には無理に合わせる必要はありません。無理に合わせると、入社後のミスマッチを招く可能性が高まってしまうんです…。

社風や企業から求められる能力を分析する際は企業口コミサイトを利用すると、より鮮明に企業が求める人物像に近い内容をイメージできますよ。

代表的な口コミサイト

  1. 転職会議
  2. en Lighthouse
  3. OpenWork

専門用語を多用しない

専門用語を多用しないようにしましょう。なぜなら、採用担当者が必ずしも職種のスペシャリストではないため。用語が伝わらなければ、アピールとして成立しません。

ここに注意!

  • 特に自社内だけ使われている用語に気をつけましょう。経験社数が1社しかないと、社内用語を社会人なら当たり前に使う言葉だと勘違いしている場合があるんです。

そのため、専門用語はできる限り、一般の人が理解しやすい言葉に置き換えたり、補足したりして職務経歴書を記載してくださいね。

実績や業務内容は客観的に評価できるように書く

実績や業務内容は客観的に評価できるように書きましょう。

採用担当者は職務経歴書から「どんな実績があるのか(過去)」+「入社後のどんな活躍ができるのか(未来)」についてチェックしています。

そこで具体性と客観性がなければ、素晴らしい実績があっても理解しにくくなってしまいます。結果的に一緒に働く姿をイメージできないんです。

例えば、「契約を取れた」よりも「部署内で3番目に多く契約を獲得できた」など具体的な数字を入れた方が、詳しく知らない人にも客観的な判断ができ、実績のレベル感も理解しやすくなります。

そのため、効果的にアピールするためには実績や業務内容は客観的に評価できるように書きましょう。

手書きよりPCで作成する

評価されやすい職務経歴書を書くためには、手書きよりPCで作成しましょう。

PCで作成した方が良い理由

  1. 誤字脱字などのミスを簡単に直せる:手書きなら誤字脱字は1から書き直し。PCならミスした箇所を直すだけ。
  2. レイアウト調整が楽にできる:文字数が増えると、読みにくい印象になってしまう。しかし、Wordを利用すれば、行間の調節やフォントの大きさができ、読みやすい書類にできる。
  3. データが残る:応募書類の使い回しはよくないが、どの企業でも氏名や経歴など同じ内容の部分はある。PC作成なら、データが残るので効率的に書類を作成可能。

そのため、応募企業から指定がない場合は、PCで作成することをおすすめします。

提出する前に見直しをする

職務経歴書は提出する前に見直しをしましょう。なぜなら、職務経歴書はビジネス書類と同様に扱われるため。
重要な取引の書類でミスがあれば、信用を失いかねません。

つまらないことで評価を下げないように、以下のチェックリストで見直しをしましょう。

職務経歴書を提出する際のチェックリスト

  1. 誤字脱字はないか?
  2. 入社・退社などの年月を間違えていないか?
  3. 見出しやタイトルがあり、読みやすいレイアウトになっているか?
  4. 日付や氏名など基本的な項目が抜けていないか?
  5. 文章は誰が読んでも意味が分かるように書けているか?
  6. 分量は適切か

【形式別】職務経歴書(職務内容)の書き方の例つきフォーマット

職務経歴書は履歴書のように書店で販売していません。そのため、主に3つのフォーマットから選んで、職務経歴書を自作する必要があるんです。

その際には自分に合ったフォーマットを選びましょう。なぜなら、適切なフォーマットを使わないと、アピールポイントがぼやけてしまうため。

そこで、ここではフォーマットごとに向いている人や書き方の例を紹介します。

【形式別】職務経歴書(職務内容)の書き方の例つきフォーマット

  • 編年体形式/逆編年体形式
  • キャリア形式

編年体形式/逆編年体形式

編年体形式は、時系列に沿って、その時の業務内容をまとめる方法です。

編年形式のメリット

  1. 職務のレベルを効果的に伝えられる+履歴書と照らし合わせながら経歴を確認しやすい。
  2. 採用担当者のが一番見慣れているので、『初めての転職の人』におすすめ。
  3. 実績を挙げる→昇進の流れが分かりやすい。『同じ職種や業界でキャリアを積んできた人』におすすめ。

編年体形式は、現在から遡ってまとめていく方法ですね。

編年形式のメリット

  1. 現職の経歴が一番最初に目に入る。
  2. キャリアに一貫性がない場合でも安心。『直近の職務を強調したい人』におすすめ。
職務内容 編年体形式/逆編年体形式での書き方

キャリア形式

キャリア形式は、職務経験を業務内容やプロジェクト単位でまとめる方法です。

キャリア形式のメリット

  1. 業務経験やプロジェクトごとでまとめている。『技術職などの専門性が高い職種の人』におすすめ。
  2. どんな実績を挙げてきたかに注目が集まる。『転職回数が多い人』におすすめ。
職務内容 キャリア形式での書き方

職務経歴書(職務内容)の書き方に関するQ&A

ここでは、職務経歴書(職務内容)の書き方に関するQ&Aを紹介します。気になるところがあれば、チェックしてみてくださいね。

履歴書と職務経歴書の違いとは?

履歴書と職務経歴書の違いは以下の通りです。

履歴書と職務経歴書の違い

  1. 履歴書:基本的なプロフィールを伝えるための書類。定型のフォーマットがある。
  2. 箇条書き2つ目
  3. 職務経歴書:過去に担当した仕事や成果について記載した書類。決まった書式がないので、自分なりに工夫をすることもできる。

採用担当者は履歴書から経歴など基本情報をチェックしています。そのため、職務経歴書ほど合否に関係はしない書類ですね。

履歴書で見られるポイント

  1. ビジネスマナーに則った書類作成ができているか?
  2. 学歴や職歴に矛盾はないか?
  3. 転職回数や理由に問題はないか?
  4. 志望動機は適切か?
  5. 勤務場所や働き方などの希望が自社の希望とマッチしているか?

職務経歴書は実績や具体的なスキルなど自社で活躍できるかどうかに関する情報が記載されています。そのため、職務経歴書の内容次第で、書類選考突破が決まる可能性は高いですね。

職務経歴書で見られるポイント

  1. 経験した業務内容や勤めていきた企業・職種
  2. 本人が希望する業務内容と経験・スキルがマッチするか?
  3. 自分の強みを理解しているか?
  4. 自社が求める人物像に近いか?

職務経歴書を提出する際に気をつけることは?

職務経歴書を提出する際に気をつけることは以下の通りです。

【状況別】職務経歴書を提出する際に気をつけること

  1. 郵送する場合:封筒に入れて宛先を記載する。赤字で「応募書類在中」と明記。
  2. 面接時に持参する場合:シワができないように封筒に入れておく。宛先は不要。裏面には氏名と住所を記載しておく。なぜなら、受付で提出する場合もあるため。
  3. メールで送付する場合:職務経歴書はPDF形式に変換して、ファイルにパスワードをかけて送付する。「職種・応募書類を送ります・名前」と採用担当者が判別しやすい件名をつける。

封筒は角形A4号(角A4)or角形2号(角2)がおすすめです。なぜなら、A4サイズの職務経歴書を折らずに入れることができるため。

また、宛名が分からない場合の対処法は、以下の通りです。

宛名が分からない場合の対処法

  1. 部署名は分かる場合:「部署名+御中」と記載する
  2. 部署名も担当者も分からない場合:「採用担当者様」と記載する

職務経歴書(職務内容)の書き方に迷っている場合は転職エージェントの利用がおすすめ

職務経歴書(職務内容)の書き方に迷っている場合は転職エージェントを利用しましょう。なぜなら、転職のプロであるキャリアアドバイザーのサポートが受けられるため。

転職エージェントのサポート一覧

  1. 無料カウンセリング
  2. 求人紹介
  3. 面接対策
  4. 応募書類の添削
  5. 内定後の収入交渉
  6. 面接日の日程調整
  7. 推薦状の記入

応募書類の添削をしてもらえるので、自分の職務経歴書で直すべきポイントが分かります。アドバイザーは企業の内部事情にも詳しいので、頻出質問や求めているスキルを教えてもらえるかもしれません。

そのため、選考突破率がグッと上がりますよ!

既卒サービス「マイナビジョブ20’sアドバンス」

マイナビジョブ20’sアドバンスは、大学・大学院を卒業した人で、未就業の方向けの就職支援サービスです。利用者の対象を絞っているため、普通の就活サイトよりもライバルが少ないのも特徴です。

マイナビジョブ20’sアドバンスの特徴

  1. 既卒を積極的に採用している企業に多数出会える「特別選考会」へ案内してくれる
  2. 仕事擬似体験型研修があるから、就職後のミスマッチが少ない
  3. 最短2週間で内定をもらうことが可能

本来持っている、一人ひとりのパーソナリティを評価する選考会になるから、既卒で未就業という経歴がハンデになることもありません。

登録すると、個人の適性・志向性に合わせた職種別研修を行い、その中で仕事を疑似体験できるため、就職後とのイメージのギャップをおさえることができます。「せっかく就職したのに、嫌な仕事内容だった」なんてこともないでしょう。

実績として、最短2週間で内定を獲得できるため、スピーディーに就職したい人におすすめです。

マイナビジョブ20’sアドバンスの無料登録はこちら

※新宿・大阪オフィスに来社できる方のみを対象としたサービスになりますので、来社が難しい方はサポート対象外になります

既卒サービス「えーかおキャリア」

おすすめなのが「えーかおキャリア」の転職エージェントです。とにかくサポートが充実しており、求人紹介、面接対策や内定後のキャリアプランを含めて、2人3脚であなたの就職・転職を徹底サポートしてくれます。

私が使ったえーかおキャリアのおすすめポイント

  1. 入社後の定着率97%(入社後のミスマッチをなくすため、休日・残業といった聞きづらい部分もすべて伝えてくれます)
  2. 1対1のサポート体制
  3. 内定率が他の転職エージェントの4倍!

事務職・広報・営業など、自分の希望を叶える仕事・職種を紹介してくれるため定着率は97%を誇ります!事務職で働きたい方や1日で内定の実績もあり、早く内定がほしい方にもおすすめです

えーかおキャリアの詳細を見てみる

既卒サービス「ウズキャリ既卒」

私も利用しましたが、特におすすめなのが「ウズキャリ既卒」です。とにかくサポートが充実しており、企業面接ごとに、1回2時間をかけ、合計20時間以上にわたって徹底的に面接対策をしてくれます。

私が使ったウズキャリ既卒のおすすめポイント

  1. ブラック企業を完全排除している(そもそもUZUZがホワイト企業大賞特別賞を受賞している)
  2. 既卒採用に積極的な企業を10社以上紹介してもらえる
  3. 一人で就職活動をするより、圧倒的に内定しやすく最短2週間で内定も可能!

離職率や残業時間が慢性的に長いなどの、厳格な基準でブラック企業を徹底排除しているため、内定者の定着率も95%と非常に高いです。

ウズキャリ既卒の詳細を見てみる

まとめ:職務経歴書(職務内容)は書き方のポイントさえ知っておけば、選考突破率が上がる!

今回は職務経歴書(職務内容)の概要や職務経歴書に記載すべき項目と正しい書き方、評価されやすい職務経歴書を書くためのポイント、職務経歴書(職務内容)の書き方の例つきフォーマットについて紹介しました。

では、記事の内容をまとめます。

記事の内容まとめ

  • キャリアの棚卸しをする
  • 自分に合ったフォーマットを選ぶ
  • 職務経歴書(職務内容)の書き方に迷っている場合は転職エージェントがおすすめ

職務経歴書を書く前にはキャリアの棚卸しをして、企業へアピールできる経験を探してみてくださいね。企業が求める人物像とすり合わせれば、選考突破率はグッとアップします。

職務経歴書は自分に合ったフォーマットを選ばないと、アピールポイントがぼやけてしまいます。初めての転職活動の人は編年体形式を利用しましょう。

良い求人はすぐに募集を終了してしまう可能性があります。チャンスを逃さないためにも、職務経歴書(職務内容)の書き方に迷っている方は、今回紹介した転職エージェントへ無料相談してみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介したサービス

  1.      「ウズキャリ既卒」:ホワイト企業限定!既卒の内定実績86%。他社の10倍時間をかけて、就活をサポート!    
  2.      「えーかおキャリア」:定着率97%!事務職、広報、営業など、あなたの希望を叶える仕事をご紹介!    
  3.      「マイナビジョブ20’sアドバンス」:最短2週間で内定!上場企業/メガベンチャーなど、人気企業の内定実績多数!

監修者プロフィール

フジワラ
運営者:フジワラ
27歳の元既卒生。 大学在学中から続けていた塾講師のアルバイト経験のみだったが、一念発起して就職活動に取り組み、既卒の立場で2社から内定を獲得。実体験を元にした確かな情報提供を心がけていきます。

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

imasia_9065120_S1
ハタラクティブ(未経験・フリーターから有名企業の正社員へ)

既卒フリーターの内定実績No1!他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポートや、既卒から上場企業の正社員になれる求人多数

imasia_14141661_S-2 2
マイナビジョブ20’sアドバンス(最短約2週間で内定獲得!既卒で就活するなら登録必須!)

マイナビが既卒の採用意欲が高い企業を厳選して紹介してくれる!

imasia_14141661_S-2 3
えーかおキャリア(定着率97%!事務職、広報、営業など、あなたの希望を叶える仕事をご紹介!)

内定率は転職エージェントの4倍を誇る充実のサポート!求人紹介、面接対策や内定後のキャリアプランを含めて、2人3脚であなたの就職・転職を徹底サポートします。

imasia_9065120_S4
キャリアパーク就職エージェント既卒・第二新卒(最短1週間で内定!ES・一次選考免除の特別フローへご案内)

年間1,000名以上を面談してきた、就活のプロが内定までサポート。 特別選考の求人や人事責任者に直接推薦するため、最短1週間で内定も可能です。

5
ウズキャリ既卒(既卒の内定実績86%!他社の10倍時間をかけて、就活をサポート)

他社の10倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート!離職率の高いブラック企業は紹介しないポリシーを貫いています。