新卒2年目で仕事を辞めたい人は多い!辞める際の判断基準と注意点3選!

この記事はこんな人向け

  • 仕事を辞める際の判断基準は?
  • 短期離職者は転職できるのか?
  • 退職する際の注意点を知りたい

新卒2年目で仕事を辞めても転職できる可能性は高いんです。とはいえ、石の上にも3年という言葉もあるし、仕事を辞めることに抵抗がある人もいるかもしれません。

私の友人も新卒2年目で退職するかどうかを判断する際は転職が上手くいかないリスクも考えて、慎重になっていました。

でも、心配ありません。新卒2年目は転職の市場価値が高い存在なので、転職先は見つかりやすいんです。辞める際の判断基準さえ知っておけば、退職後に後悔する可能性を減らせます。

そこで、ここでは、新卒2年目で退職→優良企業へ転職した友人へのインタビューを元に、新卒2年目で辞めている人の割合と退職理由や仕事を辞めても転職できる理由、仕事を辞めるべきかの判断基準、仕事を辞めたいなら知っておくべき注意点、新卒2年目が転職を成功させるためのステップを紹介します。

新卒2年目は仕事を辞めたいと思う人が多い時期!約1割の人が退職している!

新卒2年目は仕事を辞めたいと思う人が多い時期なんです。

事実、厚生労働省の調査によると、新卒2年目で退職した人の割合は11.2%でした。新卒3年目までには約3割近い人が転職するので、珍しいことではありません。実際、転職がベストな対処法である場合は多いんです。
(参照:厚生労働省 新規学校卒業就業者の在職期間別離職状況

2年目で仕事を辞めたい理由と転職が有効な対処法である理由

  1. 仕事がキツい(労働時間が長い・業務量が多い):労働環境は自分では変えようがない。身体を壊す前に環境を変えた方が良いため。
  2. 給与が安い・待遇が悪い:同じ会社では大きく変化することはないため。
  3. 人間関係が悪い:小規模な会社では転職しか方法がない。異動できても、社風的に同じタイプの人間がいる可能性が高いため。

そのため、仕事を辞めたいと感じている場合は転職を検討してみるのも良いかもしれません。

既卒/フリーターの就活に強い!無料登録しておくべき神サイト

既卒で就職活動を頑張りたいけれど、「どんな就職サイト/サービスを使って就活すればいいの…?」と、悩んでいませんか?

そこで、私が既卒として就活した時に利用した、「既卒歓迎」のホワイト企業の求人を紹介してくれる就職サイトをご紹介します。無料なので登録しておいて損はないと思います!

新卒2年目は仕事を辞めても転職できる可能性が高い

新卒2年目は仕事を辞めても転職できる可能性が高いんです。なぜなら、新卒3年目以内なら第二新卒枠として応募できる企業が多いため。

ここがポイント

第二新卒とは、学校卒業後1〜3年で、転職を志す25歳前後の社会人。

(参照:マイナビジョブ20’s 第二新卒とは?

即戦力が求められる中途採用に比べると、スキルよりポテンシャルが重視されるので転職しやすいんです。異業種への転職もしやすいので、仕事が向いていないと感じている場合はキャリアチェンジする絶好の機会ですね。

そこでここでは、新卒2年目が仕事を辞めても転職できる可能性が高いワケを紹介します。

新卒2年目が仕事を辞めても転職できる可能性が高いワケ

  • 第二新卒を積極的に採用する企業は多い
  • 長く同じ企業に勤めることの価値が薄れている

第二新卒を積極的に採用する企業は多い

新卒2年目が仕事を辞めても転職できる可能性が高いワケは、第二新卒を積極的に採用する企業が多いため。事実、2021年2月現在dodaの第二新卒歓迎求人数は25,164件でした。
(参照:doda 第二新卒歓迎の転職・求人検索結果

企業が第二新卒を求める理由

  1. 社会人としての基礎スキルが身についている:研修や育成費を抑えられる
  2. 前職の社歴が短い:新しい環境に馴染みやすい

新卒の場合はビジネスマナーなど社会人としての基礎を研修や業務で教えていくため、費用や時間がかかります。一方、第二新卒なら前職で社会人としての基礎スキルが身についており、育成コストの削減になるんです。

即戦力を中途で採用すると前職との業務の進め方が違ったり、社風に馴染めなかったりとギャップに苦しむかもしれません。

ただですね。第二新卒は職歴が浅いので、会社独自のルールなどの飲み込みも早く、柔軟な対応ができる場合が多いんです。そのため、第二新卒は企業から求められているんです。

長く同じ企業に勤めることの価値が薄れている

新卒2年目が仕事を辞めても転職できる可能性が高いワケは、長く同じ企業に勤めることの価値が薄れているため。

現在、日本の終身雇用は崩壊しかけています。

フジワラ

実際、一部の大企業では退職金を割増して早期退職を募るなど、新卒入社した会社でずっと働き続けるのが困難になってきました。

同じ会社で働くほど昇進・昇給しやすくなる年功序列型の企業以外にも、年齢や社歴より実績が年収に反映されやすい実力主義の会社も増えてきました。

そのため、長く同じ企業に勤めることより市場価値の高いスキルを保有していることが重要視されていますね。

2年目で仕事を辞めるべきかの判断基準3選!

「1・2年で仕事を辞めると甘えている」「とりあえず3年は続けてみないと仕事の向き不向きなんて分からない」と転職経験がない人は言うかもしれません。

ただですね。第二新卒枠で異業種に転職したら、適性がある仕事につけたケースもあります。向いていない仕事を無理に続けることは今後のキャリアを考えても損失なんです。

そこで、ここでは新卒2年目で仕事を辞めるべきかの判断基準を3つ紹介します。

新卒2年目で仕事を辞めるべきかの判断基準3選

  • 仕事により心身に影響が出ている
  • 現職では叶えられないビジョンがある
  • 過労死ラインを超える残業時間を行っている

仕事により心身に影響が出ている

2年目で仕事を辞めるべきかの判断基準は、仕事により心身に影響が出ていることです。なぜなら、持病になれば、今後の社会人生活でも不利になるため。

身体を壊した後では転職活動でもハンデを背負うことになります。

心身に影響が出ている場合の例

  1. 会社へ向かう際に動悸がする
  2. 食欲がない
  3. 眠れない日が多い

社会人は体が資本です。そのため、精神的にも身体的にも些細な異常があれば、無理な我慢をせずに退職や休職を検討しましょう。

現職では叶えられないビジョンがある

2年目で仕事を辞めるべきかの判断基準は、現職で叶えられないビジョンがあることです。なぜなら、同じ会社にいても自分の理想には近づけないため。

例えば、デザイナー志望の人が家電メーカーで営業職をしていても、デザインの仕事をするチャンスはほとんどありません。その場合はいち早く広告制作会社などデザインに関われる仕事へ転職すべきです。

ただですね。同じ家電メーカーの営業職勤務でも商品企画職志望の場合は、部署異動で商品企画の業務ができる可能性があります。実際、営業職で培ったスキルも役立つ場面も多いんです。

そのため、部署異動の希望を出しつつ、目の前の業務に取り組んだ方が良いかもしれません。

キヨちゃん

今の仕事で得られるスキルが、今後のキャリアで不必要な場合のみ転職を検討しましょう。

過労死ラインを超える残業時間を行っている

2年目で仕事を辞めるべきかの判断基準は、過労死ラインを超える残業時間を行っていることです。

ここがポイント

過労死ラインは、月80時間(月20日出勤で1日4時間以上の残業)とされている。健康障害の発症2〜6ヶ月間で平均80時間超の時間外労働をしている場合、健康障害と長時間労働の因果関係が認められやすいという目安。

ただですね。過労死ラインはあくまで目安です。月に45時間超の残業でも健康障害と業務の関連性はあります。人によって、体力やストレスの感じ方には差があるので、最悪の状況になる前に退職を検討しましょう。

2年目で仕事を辞めたいなら知っておくべき3つのポイント

2年目は転職先が見つかりやすく、無理して仕事を続ける必要はありません。ただですね。準備や心構えもせずに辞めてしまうと、転職活動で苦戦を強いられたり、転職後に後悔したりする可能性があるんです。

そこでここでは、悪い状況を引き起こさないように、2年目で仕事を辞めたいなら知っておくべきポイントを3つ紹介します。

2年目で仕事を辞めたいなら知っておくべき3つのポイント

  • 転職活動は在職中に行う
  • 失業手当は受給開始まで時間がかかる
  • 転職活動では短期離職者として扱われる

転職活動は在職中に行う

2年目で仕事を辞めたいなら知っておくべきポイントは、転職活動は在職中に行うことです。なぜなら、経済的にも精神的にも余裕が生まれるため。

転職活動中にかかる主な費用

  1. 交通費
  2. 履歴書の写真撮影費用
  3. 生活費・税金・保険料

安定した収入があれば、転職活動に集中できます。ただですね。退職後の転職活動では収入0の期間が続くため、内定を獲得するまで上記の費用がかさんでいきます。

金銭的な焦りがあると「自分の条件に合った企業へ転職すること」から「早く転職先を見つけること」へ目的が変わってしまうかもしれません。

結果的に前職より待遇の悪い企業へ転職してしまうケースがあります。

そのため、在職中に転職活動を行った方が上手くいく可能性が上がるんです。

失業手当は受給開始まで時間がかかる

ここがポイント

失業手当とは、公的保険制度の一種。加入者は失業した場合や自己都合退職した場合に受給できる。
自己都合退職の場合、失業手当が決定した日(離職日の翌日)から待機期間(7日間)+2ヶ月後に支給される。

(参照:doda Q.失業手当(失業給付金)の給付の手続きはどうすればいいですか?手当がもらえるのはいつから?

2年目で仕事を辞めたいなら知っておくべきポイントは、失業手当は受給開始まで時間がかかることです。転職活動の平均期間が3〜6ヶ月程度とされています。
(参照:リクナビNEXT 転職活動にはどのくらいの期間がかかる?ケース別・転職活動スケジュール

つまり、退職後に転職活動をする場合、2ヶ月は無収入+失業保険なしの状態で生活費・税金・保険料を支払っていく必要があるんです。失業手当に加えて、貯金をしておくのも重要ですね。

そして、失業手当を受給するには、以下の条件を満たす必要があるのでチェックしておきましょう。

失業手当を受給するための条件

  1. 失業状態である
  2. 退職日の直近の2年間で通算12ヶ月以上雇用保険に加入している
  3. ハローワークで求職申し込みをしている

転職活動では短期離職者として扱われる

2年目で仕事を辞めたいなら知っておくべきポイントは、転職活動では短期離職者として扱われることです。なぜなら、「うちの会社もすぐに辞めるのでは?」と採用担当者に不安視されやすいため。

ユウキ君

多くの若手社員は1〜2年目まで企業へ貢献度の低い赤字社員の場合がほとんどです。3年目以降、黒字の利益を出せるようになっていきます。

つまり、2年目で退職している場合は採用・教育コストの方が出した利益より少なく、短期離職されると企業側としてはデメリットしかありません。

また、中途採用枠で応募した場合は経験年数が足りないと判断され、書類選考突破が厳しくなります。

同じ職種や業界の業務に特化していきたい場合は、現職で経験を積んだ方がキャリアアップしやすくなります。そのため、場合によっては異動や休職を検討した方が良いかもしれません。

【仕事が辞めたい人必見】新卒2年目が転職を成功させるためのステップ5

中途採用の面接には、業績貢献できる人材を見つける+一緒に働く信用できる人を探す目的があります。「仕事を辞めるためにとりあえず転職先を探していること」が見えすいていると、受かる選考も受かりません。

そのため、企業への志望度高さをアピールすべきなんです。ここでは、志望度の高さを伝える=転職を成功させるためのステップを5つ紹介します。

【仕事が辞めたい人必見】新卒2年目が転職を成功させるためのステップ5

  • 第二新卒特化型転職エージェントに登録する
  • 自己分析で次の職場に求める条件を明確化する
  • 企業研究は口コミサイトを利用する
  • 応募する求人の視野を広く持つ
  • 面接対策を受ける

第二新卒特化型転職エージェントに登録する

新卒2年目が転職を成功させるためには、第二新卒特化型エージェントに登録しましょう。なぜなら、転職のプロであるキャリアアドバイザーのサポートを無料で受けられるため。

第二新卒特化型転職エージェントのサポート一覧

  1. 無料カウンセリング
  2. 求人紹介
  3. 面接対策
  4. 応募書類の添削
  5. 内定後の収入交渉
  6. 面接日の日程調整
  7. 推薦状の記入

第二新卒は書類選考で落とされる可能性の高さがネックになります。

しかし、アドバイザーが推薦状に「経験こそ少ないけど優秀な人材です」など記載して、企業側にアピールしてくれる可能性があるんです。そのため、選考突破率がグッと上がりますよ!

既卒サービス「ウズキャリ既卒」

私も利用しましたが、特におすすめなのが「ウズキャリ既卒」です。とにかくサポートが充実しており、企業面接ごとに、1回2時間をかけ、合計20時間以上にわたって徹底的に面接対策をしてくれます。

私が使ったウズキャリ既卒のおすすめポイント

  1. ブラック企業を完全排除している(そもそもUZUZがホワイト企業大賞特別賞を受賞している)
  2. 既卒採用に積極的な企業を10社以上紹介してもらえる
  3. 一人で就職活動をするより、圧倒的に内定しやすく最短2週間で内定も可能!

離職率や残業時間が慢性的に長いなどの、厳格な基準でブラック企業を徹底排除しているため、内定者の定着率も95%と非常に高いです。

ウズキャリ既卒の詳細を見てみる

既卒サービス「えーかおキャリア」

おすすめなのが「えーかおキャリア」の転職エージェントです。とにかくサポートが充実しており、求人紹介、面接対策や内定後のキャリアプランを含めて、2人3脚であなたの就職・転職を徹底サポートしてくれます。

私が使ったえーかおキャリアのおすすめポイント

  1. 入社後の定着率97%(入社後のミスマッチをなくすため、休日・残業といった聞きづらい部分もすべて伝えてくれます)
  2. 1対1のサポート体制
  3. 内定率が他の転職エージェントの4倍!

事務職・広報・営業など、自分の希望を叶える仕事・職種を紹介してくれるため定着率は97%を誇ります!事務職で働きたい方や1日で内定の実績もあり、早く内定がほしい方にもおすすめです

えーかおキャリアの詳細を見てみる

既卒サービス「ハタラクティブ」

ハタラクティブ
ハタラクティブ

私が実際に使った中でおすすめしたいのは「ハタラクティブ」です。利用者のほとんどが既卒・フリーターで、社会人経験ゼロの人を対象に色々な就活支援をしてくれます。

私が使ったハタラクティブのおすすめポイント

  1. 求人の質が高く、既卒から上場企業の正社員になれる!
  2. 一人で就職活動をするより、圧倒的に内定しやすい
  3. 他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート

求人の紹介だけでなく、既卒の就活を知り尽くしたキャリアコンサルタントによる、「自己分析サポート」「履歴書・エントリーシートの添削」「模擬面接」のサービスを提供していて、既卒の就職を徹底サポートしてくれます。興味がある人は以下をチェックしてみてください。

ハタラクティブの詳細を見てみる

自己分析で次の職場に求める条件を明確化する

新卒2年目が転職を成功させるためには、自己分析で次の職場に求める条件を明確化しましょう。なぜなら、漠然と転職すると、次の職場でも同じような悩みを抱えてしまうため。

フジワラ

「現職の不満」は次の職場に求めていることの裏返しです。

まずは現職の不満を書き出してみましょう。

現職の不満

  1. 労働時間が長い→残業20時間未満
  2. 仕事の裁量が狭い→裁量権のあるベンチャー企業
  3. 話すのが苦手なのに営業に配属された→内勤の事務職やエンジニア

また、自分が向いている職種についた方が収入も上がりやすく、自己肯定感も上がっていきます。向いている職種の見つけ方は自己分析ツールや転職エージェントの面談を利用するのがおすすめです。

おすすめの自己分析ツール

  1. グッドポイント診断
  2. ストレングス・ファインダー

特に転職エージェントなら適職を見抜いてくれる+客観的な意見ももらえるので、無料相談だけ利用してみましょう!

企業研究は口コミサイトを利用する

新卒2年目が転職を成功させるためには、企業研究は口コミサイトを利用しましょう。なぜなら、企業のHPや採用担当者からは会社の悪い側面を知ることができないため。

話を鵜呑みにしてしまうと、入社後に後悔するかもしれません。ただですね。企業口コミサイトで情報収集すれば、現職の社員が匿名で本音を知ることができるんです。

口コミサイトの項目

  1. 福利厚生・オフィス環境
  2. 企業文化・組織体制
  3. 成長・働きがい
  4. 事業展望・強み・弱み
  5. 働き方(勤務時間・休日休暇・制度)
  6. 女性の働きやすさ
  7. 入社前とのギャップ
  8. 年収・給与

ただですね。企業口コミサイトには信憑性の薄い情報も紛れ込んでおり、全てを鵜呑みにしてはいけません。複数のサイトを併用し、書き込みの内容を比較しましょう。重複している書き込みがあれば、情報の信憑性は高いですね。

代表的な口コミサイト

  1. 転職会議
  2. en Lighthouse
  3. OpenWork

応募する求人の視野を広く持つ

新卒2年目が転職を成功させるためには、応募する求人の視野を広く持つことです。なぜなら、新卒時に比べて応募できる求人の分母が少ないため。

第二新卒は実績がないので、未経験歓迎求人に応募しましょう。

キヨちゃん

少しでも気になる求人を見つけた場合は、応募して内定を獲得してから入社するかを考えても遅くありません。

未経験者歓迎求人にも経験者は応募できます。そのため、選り好みしていると書類選考を突破できない場合もあるので、様々な業種の求人に応募してみましょう。

面接対策を受ける

新卒2年目が転職を成功させるためには、面接対策を受けましょう。なぜなら、面接は慣れが重要なため。

面接の質問は自己PRや志望動機、短期離職した理由などほとんど決まっています。そこで、面接対策で企業が求める人物像に合った回答を対策しておくことが重要です。

転職エージェントでは事前に面接時の身だしなみのポイントや職種・業界の頻出質問を教えてくれるので、内定獲得率がグッとアップしますよ。

まとめ:2年目で仕事を辞めたい人は多い!きちんと準備をしておけば転職先には困りにくい!

今回は2年目で辞めている人の割合と退職理由や仕事を辞めても転職できる理由、仕事を辞めるべきかの判断基準、仕事を辞めたいなら知っておくべき注意点、2年目が転職を成功させるためのステップを紹介しました。

では、記事の内容をまとめます。

記事の内容まとめ

  • 第二新卒を積極的に採用する企業は多い
  • 自己分析で次の職場に求める条件を明確化する
  • 第二新卒特化型転職エージェントに登録する

新卒2年目で仕事を辞めている人は約1割もおり、第二新卒の市場価値の高さから転職しやすい状況です。仕事を辞めることは悪いことではなく、それより次もまた同じ失敗を繰り返さないことが大切になります。

そのため、前職の不満を洗い出し、次の職場に求める条件を明確化しておきましょう。

第二新卒は3年目までと非常に短い期間です。転職を検討している方は、今回紹介した第二新卒特化型転職エージェントに無料相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介したサービス

  1.      「ウズキャリ既卒」:離職率の高いブラック企業は紹介しない!他社の10倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート。    
  2.      「ハタラクティブ」:既卒フリーターの内定実績No1!求人の質が高く、既卒から上場企業の正社員になれる!    
  3.      「えーかおキャリア」:最短2週間で内定獲得!既卒で就活するなら登録すべき    

早期退職しても今より満足できる企業に転職できる!

「ウズキャリ既卒」の詳細を見てみる

監修者プロフィール

フジワラ
運営者:フジワラ
27歳の元既卒生。 大学在学中から続けていた塾講師のアルバイト経験のみだったが、一念発起して就職活動に取り組み、既卒の立場で2社から内定を獲得。実体験を元にした確かな情報提供を心がけていきます。

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

1
ウズキャリ既卒(既卒の内定実績86%!他社の10倍時間をかけて、就活をサポート)

他社の10倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート!離職率の高いブラック企業は紹介しないポリシーを貫いています。

imasia_14141661_S-2 2
えーかおキャリア(定着率97%!事務職、広報、営業など、あなたの希望を叶える仕事をご紹介!)

内定率は転職エージェントの4倍を誇る充実のサポート!求人紹介、面接対策や内定後のキャリアプランを含めて、2人3脚であなたの就職・転職を徹底サポートします。

imasia_9065120_S3
ハタラクティブ(未経験・フリーターから有名企業の正社員へ)

既卒フリーターの内定実績No1!他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポートや、既卒から上場企業の正社員になれる求人多数

imasia_9065120_S4
就職カレッジ(最短2週間で内定!内定率80%以上)

外食・投資用不動産・アミューズメントなど、離職率の高い業界は紹介しません!また、正社員の求人以外は紹介しない優良エージェントサービス!

5
ベンチャーセールス(採用決定率95%!他の求人サイトにはない優良求人が400社以上も)

顧客満足度97%!専門アドバイザーによる丁寧なサポートが魅力!