ニートが辛いと思う原因5選!社会復帰のステップと就活を成功させる方法

この記事はこんな人向け

  • ニートが辛い原因を知りたい
  • ニートから社会復帰する方法を知りたい
  • 自分にできる仕事はある?

ニートからでも社会復帰することは難しくありません。とはいえ、現在進行形でニート生活の状態が辛い人はこの生活から出すビジョンが持てないかもしれません。

実際、私もニート同然の生活を送っていた時代は気持ちに行動がついていかず、辛かった経験があります。

でも、心配ありません。ニートが辛いという状況は段階を踏んでいけば、改善する可能性が高いんです。

そこで、今回はニート同然の状態から社会復帰を果たした私が、ニートが辛いと感じる原因やニートから社会復帰するためのステップ、ニートから正社員への就職を成功させる方法を紹介します。

好きでニートになる人は少ない!ニートが辛いと感じる原因5選

一部の人を除いて好きでニートになる人はいません。真面目な人ほど以下のような挫折経験からニートになってしまった人も多いんです。

挫折経験の例

  1. 就活が上手くいかなかった
  2. 学校や職場の人間関係で精神的に参ってしまった

逃げることで時間的に自由を得ることはできます。しかしですね。最初のうちは楽しかったニート生活も時間が経過するにつれて、社会から取り残された気分になり、後悔する人もいます…。

そこで、ここではニートが辛いと感じる原因を5つ紹介します。

ニートが辛いと感じる原因5選

  • 単調な生活に飽きたため
  • 家族から冷たい対応を取られたため
  • 自由に使えるお金がないため
  • 友達と会いにくいため
  • 将来に漠然とした不安を感じたため

単調な生活に飽きたため

ニートが辛いと感じる原因は、単調な生活に飽きたため。

時間を潰すために行うことの例

  1. テレビや動画を観る
  2. ゲームする
  3. 料理をする
  4. 運動をする

以上のようなことをしても時間は有り余ってしまいます。旅行や大きな買い物など贅沢ができるわけではないので、好きなことをしていてもいつか飽きるんです。

また、ニートには社会人のように出社の必要がありません。早起きする必要性が見出せず、昼夜逆転生活を送っている人もいますね。

やることや達成感がない単調な毎日を過ごしていると、やる気がどんどんなくなっていきます。「今日も無駄な1日を過ごした」と毎日思っていると、自己肯定感も下がってしまうんです。

家族から冷たい対応を取られたため

ニートが辛いと感じる原因は、家族から冷たい対応を取られたため。

ニートの心配をしてくれるのは親くらいです。一部を除いた友達は、自分の生活が忙しくなるとほとんど心配もしてきません。

実際、家にお金を入れるなどギブアンドテイクの関係なしに養ってくれるのは親くらいです。しかしですね。ニートは学校や職場でのストレスを受けることがなく、些細な言動にも過敏になってしまうんです…。

ストレス耐性がないので、親から「ハローワークにでも行ってきなさい」など少し釘を刺されたくらいでも冷たい対応をされたと感じてしまうかもしれません。

自由に使えるお金がないため

ニートが辛いと感じる原因は、自由に使えるお金がないため。

実家に住んでいれば、生活費がかかることはありません。しかしですね。友達と飲みに行ったり、趣味にお金をたくさん使ったりするなどお金がかかることは我慢せざるを得ない場合もあります…。

そのため、「働いてお金を稼げば我慢しなくてもいいのに、なかなかバイトが受からない」というジレンマを抱えている人もいますね。

友達と会いにくいため

ニートが辛いと感じる原因は、友達と会いにくいため。

社会人になると仕事の話をする場面があり、働いていないことが後ろめたい気持ちになります。上司への愚痴を話したり、将来のビジョンを話したりする友達が大人に見えてきて、別の世界の人のように感じるんです。

人によっては、キャンプやゴルフなどお金のかかる大人な遊びをどんどん覚えていきます。そのため、「話が合わない」「変わってしまった」と思い、友達に会うのを辞めてしまうかもしれません。

将来に漠然とした不安を感じたため

ニートが辛いと感じる原因は、将来に漠然とした不安を感じるため。将来のことを考えて「親がいなくなったら生活できない」と思う人もいます。

そこで、現状を打開するために就職活動をしようと思っても「経歴に傷がある自分に就職は難しい」「入社できてもブラック企業なのでは…?」と失敗する思考に陥ってしまうんです。

フジワラ

実際、私もブラック企業に就職するくらいならニートの方がマシだと思っていました。

ただですね。今はブラック企業を排除した求人を取り扱っている就職エージェントもあるので、心配はありません。正社員として働くことに不安があるなら、まずは社会復帰するためのステップ3を試してみましょう。

既卒/フリーターの就活に強い!無料登録しておくべき神サイト

既卒で就職活動を頑張りたいけれど、「どんな就職サイト/サービスを使って就活すればいいの…?」と、悩んでいませんか?

そこで、私が既卒として就活した時に利用した、「既卒歓迎」のホワイト企業の求人を紹介してくれる就職サイトをご紹介します。無料なので登録しておいて損はないと思います!

ニート生活を辛いと感じる人が社会復帰するためのステップ3

世間体を考えて、働きたいという気持ちはあるけど、ニート生活から抜け出せなくなってしまった人が多いんです。実際、一番焦りを感じているのは本人の場合がほとんどですね。

一念発起して正社員の求人へ応募した結果、不採用になってしまうこともあります。自分の全てを否定された気持ちになり、「自分には社会人は無理」とニート生活に逆戻りしてしまうかもしれません。

そこで、ここではニートが社会復帰するためのステップ3を紹介します。

ニートが社会復帰するためのステップ3

  • 無気力状態を脱出する
  • 生活リズムを整える
  • アルバイトから始めてみる

無気力状態を脱出する

ニートが社会復帰するための1つ目のステップは、無気力状態を脱することです。なぜなら、ニートの中には無気力症候群により、行動を起こしたくても起こせない人が一定数いるため。

ここがポイント

無気力症候群とは、意欲や自発性が低下したり、周囲に無関心になったりする状態のこと。これらの反応は強いストレスから心を守るための逃避行動だとされている。

(参照:厚生労働省 e-ヘルスネット 無気力症候群

無気力状態を脱する手順は以下の通りです。

無気力状態を脱する手順

  1. 抱えている悩みを紙に書き出してみる
  2. 5W1Hを使い原因を深堀する
  3. 悩みが解決するまで繰り返し行う
(参照:ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

「社会復帰できるのか」「早起きできない」などの原因を深堀してみると、意外と簡単に解決できる場合もあるんです。そのため、まずは上記の方法で無気力状態を脱してみましょう。

生活リズムを整える

ニートが社会復帰するための2つ目のステップは、生活リズムを整えることです。

なぜなら、いずれ正社員になった場合、朝型の生活を送ることになるため。昼夜逆転した状態で就職した場合、遅刻をしたり、業務中に眠気で集中できなかったりするかもしれません。

そのため、早起きだけは意識してできるようにしましょう。

ただですね。昼夜逆転していた人がいきなり6時に起きるのは至難の技です。まずは午前中に起きるなど無理しない程度の目標を立て、次の日から1時間ずつ起きる時間を早めていくなどの方法がおすすめですね。

アルバイトから始めてみる

ニートが社会復帰するための3つ目のステップは、アルバイトから始めてみることです。なぜなら、いきなり正社員への就活はハードルが高いため。

正社員より採用される可能性が高いので会話したり、仕事に通ったりするという社会復帰の第一歩を早めに踏み出すことができます。

キヨちゃん

朝のシフトに入れば、早起きも定着させられるので一石二鳥ですよ!

ここに注意!

  • しかし、アルバイトは長く続けることはおすすめできません…。

なぜなら、フリーター期間が伸びると正社員への就職率が下がってしまうため。
フリーター期間別に見た正社員になれた者の割合
事実、厚生労働省の調査によると、フリーター期間が6ヶ月以内で正社員になれた人の割合は64.0%に対して、1年以上の場合は52.2%でした。
(参照:厚生労働省 若者者雇用を取り巻く現状

そのため、アルバイトに慣れてきたら、正社員の就職活動と両立させましょう。

ニートから正社員への就職を成功させる方法5選

経歴に傷があるニートは「自分は就職できない」と考えしまいがちです。しかしですね。経歴に傷がある人や社会人経験がない人を採用したいと考えている企業は多数存在します。

事実、厚生労働省の調査によると、2020年11月時点での有効求人倍率は1.06倍でした。つまり、1人の求職者に1件分以上の求人があるんです。
(参照:厚生労働省 一般職業紹介状況(令和2年11月分)

ここがポイント

有効求人倍率とは、求職者1人に対して何件の求人があるかを示す数値。就職しやすさの目安になる。

新型コロナウイルスの影響で有効求人倍率は下がっている状態ですが、依然として求職者より求人数が上回っています。そのため、正しい方法で就職先を探せば、労働環境の整った企業へ入社できるかもしれません。

そこで、ここではニートから正社員への就職を成功させる方法を5つ紹介します。

ニートから正社員への就職を成功させる方法5選

  • ニート特化型の就職エージェントを利用する
  • できるだけ若いうちに就職活動を始める
  • 「空白期間に何をしていたのか」を答えられるようにする
  • ニートでも就職しやすい職種・業種に絞って応募する
  • 口コミサイトで応募企業の評判を調べておく

ニート特化型の就職エージェントを利用する

ニートから正社員への就職を成功させるためには、ニート特化型の就職エージェントを利用しましょう。なぜなら、1人で就活をするのはニートにとってハードルが高いため。

例えば、1人で就活をする場合は求人情報を集めるために就職のイベントに参加したり、会社見学をしたりするなどかなり主体的に行動しなければなりません。

一方、就職エージェントなら就職のプロであるキャリアアドバイザーから面接対策などサポートが受けられ、内定まで二人三脚で就活を進められます。

ニート特化型就職エージェントのサポート一覧

  1. 無料カウンセリング
  2. 求人紹介
  3. 面接対策
  4. 応募書類の添削
  5. 内定後の収入交渉
  6. 面接日の日程調整
  7. 推薦状の記入

面談で希望の条件を伝えれば、どんどん求人を紹介してくれるので自分は求人を吟味するだけで済みます。

不採用になった場合でも、応募書類の添削や面接のフィードバックが受けられるので、着実に内定へ近づいていくんです。そのため、1人で悩まずに就職エージェントを利用してみましょう。

既卒サービス「ハタラクティブ」

ハタラクティブ
ハタラクティブ

私が実際に使った中でおすすめしたいのは「ハタラクティブ」です。利用者のほとんどが既卒・フリーターで、社会人経験ゼロの人を対象に色々な就活支援をしてくれます。

私が使ったハタラクティブのおすすめポイント

  1. 求人の質が高く、既卒から上場企業の正社員になれる!
  2. 一人で就職活動をするより、圧倒的に内定しやすい
  3. 他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート

求人の紹介だけでなく、既卒の就活を知り尽くしたキャリアコンサルタントによる、「自己分析サポート」「履歴書・エントリーシートの添削」「模擬面接」のサービスを提供していて、既卒の就職を徹底サポートしてくれます。興味がある人は以下をチェックしてみてください。

ハタラクティブの詳細を見てみる

既卒サービス「えーかおキャリア」

おすすめなのが「えーかおキャリア」の転職エージェントです。とにかくサポートが充実しており、求人紹介、面接対策や内定後のキャリアプランを含めて、2人3脚であなたの就職・転職を徹底サポートしてくれます。

私が使ったえーかおキャリアのおすすめポイント

  1. 入社後の定着率97%(入社後のミスマッチをなくすため、休日・残業といった聞きづらい部分もすべて伝えてくれます)
  2. 1対1のサポート体制
  3. 内定率が他の転職エージェントの4倍!

事務職・広報・営業など、自分の希望を叶える仕事・職種を紹介してくれるため定着率は97%を誇ります!事務職で働きたい方や1日で内定の実績もあり、早く内定がほしい方にもおすすめです

えーかおキャリアの詳細を見てみる

既卒サービス「マイナビジョブ20’sアドバンス」

マイナビジョブ20’sアドバンスは、大学・大学院を卒業した人で、未就業の方向けの就職支援サービスです。利用者の対象を絞っているため、普通の就活サイトよりもライバルが少ないのも特徴です。

マイナビジョブ20’sアドバンスの特徴

  1. 既卒を積極的に採用している企業に多数出会える「特別選考会」へ案内してくれる
  2. 仕事擬似体験型研修があるから、就職後のミスマッチが少ない
  3. 最短2週間で内定をもらうことが可能

本来持っている、一人ひとりのパーソナリティを評価する選考会になるから、既卒で未就業という経歴がハンデになることもありません。

登録すると、個人の適性・志向性に合わせた職種別研修を行い、その中で仕事を疑似体験できるため、就職後とのイメージのギャップをおさえることができます。「せっかく就職したのに、嫌な仕事内容だった」なんてこともないでしょう。

実績として、最短2週間で内定を獲得できるため、スピーディーに就職したい人におすすめです。

マイナビジョブ20’sアドバンスの無料登録はこちら

※新宿・大阪オフィスに来社できる方のみを対象としたサービスになりますので、来社が難しい方はサポート対象外になります

できるだけ若いうちに就職活動を始める

ニートから正社員への就職を成功させるためには、できるだけ若いうちに就職活動を始めましょう。

若いうちに就職活動を始めるべき理由

  1. 30代以上は社会復帰の道が狭くなってくる
  2. ニートに対する公的な支援は30代までが中心

30代になると、未経験者歓迎求人でも採用が厳しくなります。なぜなら、20代と比較して企業に貢献できる期間が短かったり、若い方が覚えが良いと考えられていたりするため。

また、ニートの社会復帰を支援する施設は利用が30代までとされている場合が多いですね。ハローワークの職業訓練校も年齢制限があるので、気をつけましょう。

職業訓練校の代表的なコース

  1. PC(Word・Excel)
  2. 簿記・経理
  3. 医療事務
  4. 介護
  5. プログラミング
  6. 機械・電気

そのため、早めに就職活動を始めた方が有利になりますね。

「空白期間に何をしていたのか」を答えられるようにする

ニートから正社員への就職を成功させるためには、「空白期間に何をしていたのか」を答えられるようにしましょう。なぜなら、ニート期間がある人は面接で聞かれる可能性が高いため。

ここに注意!

  • 嘘をつくことだけはやめましょう。採用担当者は面接のプロなので、嘘をついても回答を深掘りされていくうちに嘘がバレてしまうかもしれません。

面接は企業に貢献できることをアピールする場です。ただですね。職種未経験者を募集している企業は、「即戦力のスキルの有無」より「一緒に働いていけるような信用ができる人かどうか」を重視して採用しています。

そのため、「正直に答える→反省している」という流れで話した方が、自分の経歴と正直に向き合っていることを評価してもらえるかもしれません。

以下のような回答を事前に用意しておきましょう。

例文
新卒の就職活動はせず、大学卒業後は実家にいました。どんどん社会に出るのが億劫になり、今に至ります。やはり、在学中に将来のことを考えて、就活を行うべきでした。今後は先のことを考えて、仕事をしていこうと思います。

ニートでも就職しやすい職種・業種に絞って応募する

ニートから正社員への就職を成功させるためには、ニートでも就職しやすい職種・業種に絞って応募しましょう。なぜなら、通常の中途採用の場合、社会人経験者がライバルになるため。

中途採用の目的は新規プロジェクトのための人員補充や退職した人のポジションの穴埋めなど即戦力の人材が求められるんです。そのため、通常の求人で内定を獲得するのは厳しいかもしれません。

そこでニートでも就職しやすい職種・業種に絞って応募しましょう。「ニートでも雇っている企業はブラックなんじゃ…?」と不安になる人もいるかもしれません。

ただですね。ニートや未経験者を歓迎している企業は人手不足なため、人材に定着してもらう必要があります。そのため、丁寧な研修やOJTなど教育体制が整っている場合が多いんです。

ニートでも就職しやすい職種・業種

  1. 介護職:高齢社会の日本では今後も需要が高まっていく職種。就職後に資格を取得すると、資格手当がついたり、キャリアアップしやすかったりする。
  2. 工場勤務:ライン作業の場合は他の職種に比べると、コミュニケーションを取る機会が少ない。黙々と作業を行うことが苦にならない人におすすめ。
  3. SE・エンジニア:業界規模の拡大+人材不足により、未経験者でも採用されやすい。スキルを身につければ独立もできる。給与水準が高い傾向がある。
  4. 警備員:仕事の時間帯は夜勤なので、夜型の生活を送っていた人にもおすすめ。少人数での警備が基本のため、コミュニケーションを取る機会は少ない。

口コミサイトで応募企業の評判を調べておく

ニートから正社員への就職を成功させるためには、口コミサイトで応募企業の評判を調べておきましょう。なぜなら、入社後に後悔することを防ぐため。

企業のHPや採用担当者からは基本的に企業のメリットしか知ることができません。優秀な人材を確保するために自社を良く見せる必要があるんです。

一方、口コミサイトなら現職の社員が匿名で本音を書き込んでいます。

例えば、「求人評には月の平均残業時間が20時間と記載されているが、あれは全国の営業所の平均なので当てにしてはいけない。東京の営業所は60〜80時間は残業している。」など企業の裏側まで分かります。

ユウキ君

入社後に後悔しないように就職エージェントから求人を紹介されたら、まずは口コミサイトで評判を調べてから応募しましょう。

代表的な口コミサイト

  1. 転職会議
  2. en Lighthouse
  3. OpenWork

まとめ:ニート生活が辛いなら社会復帰を目指そう!若いのうちに行動した方が有利!

今回は、ニートが辛いと感じる原因やニートから社会復帰するためのステップ、ニートから正社員への就職を成功させる方法を紹介しました。

では、記事の内容をまとめます。

記事の内容まとめ

  • ニートが社会復帰するためには段階を踏む必要がある
  • ニートでも就職しやすい職種・業種に絞って応募する
  • ニート特化型の就職エージェントを利用する

ニート生活が辛いと感じている人の悩みは社会復帰することで解決する可能性があります。社会復帰する際にはいきなり就活を始めたり、ハードなアルバイトをしたりせず、段階を踏みましょう。

無理をするとまたニート生活に戻ってしまうので、無気力状態を脱する+早起きの習慣がついてから、就活やアルバイトはスタートした方が良いですね。

正社員求人の中でも学歴不問や未経験者歓迎を条件にしている企業もあるので、就職するのに狙い目です。教育体制が整っている企業に入った方が仕事も長続きしますよ!

若いうちに就職活動を始めた方が採用率が高くなります。現在、就活を検討している方は、今回紹介したニート特化型エージェントに無料相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介したサービス

  1.      「ハタラクティブ」:既卒フリーターの内定実績No1!他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート    
  2.      「えーかおキャリア」:定着率97%!事務職、広報、営業など、あなたの希望を叶える仕事をご紹介!    
  3.      「マイナビジョブ20’sアドバンス」:最短2週間で内定!既卒採用に積極的な企業を10社以上紹介してもらえる

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

imasia_9065120_S1
ハタラクティブ(未経験・フリーターから有名企業の正社員へ)

既卒フリーターの内定実績No1!他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポートや、既卒から上場企業の正社員になれる求人多数

imasia_14141661_S-2 2
えーかおキャリア(定着率97%!事務職、広報、営業など、あなたの希望を叶える仕事をご紹介!)

内定率は転職エージェントの4倍を誇る充実のサポート!求人紹介、面接対策や内定後のキャリアプランを含めて、2人3脚であなたの就職・転職を徹底サポートします。

imasia_14141661_S-2 3
マイナビジョブ20’sアドバンス(最短約2週間で内定獲得!既卒で就活するなら登録必須!)

マイナビが既卒の採用意欲が高い企業を厳選して紹介してくれる!

imasia_9065120_S4
キャリアパーク就職エージェント既卒・第二新卒(最短1週間で内定!ES・一次選考免除の特別フローへご案内)

年間1,000名以上を面談してきた、就活のプロが内定までサポート。 特別選考の求人や人事責任者に直接推薦するため、最短1週間で内定も可能です。

5
ウズキャリ既卒(既卒の内定実績86%!他社の10倍時間をかけて、就活をサポート)

他社の10倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート!離職率の高いブラック企業は紹介しないポリシーを貫いています。