第二新卒の転職の市場価値は高い!転職が失敗する原因と対処法5選

この記事はこんな人向け

  • 第二新卒に自分は当てはまる?
  • 転職しやすい時期はあるのか?
  • 第二新卒の転職を成功させる方法を知りたい

第二新卒の市場価値は高く、転職しやすい時期に当たります。とはいえ、第二新卒で実績が乏しい場合は転職できるか不安ですよね。

実際、私の友人も第二新卒の転職活動を始める前はリスクを犯してまで、転職するべきなのかどうか迷っていました。

ただですね。第二新卒が企業から求められている理由は若さやポテンシャルにあり、実績はあまり加味されません。また、工夫次第では転職活動を有利に進められるんです。

そこでここでは、第二新卒からの転職を成功させた友人のインタビューをもとに、第二新卒の概要や第二新卒の市場価値が高い理由、転職が失敗してしまう原因、転職を成功させるためのポイントを紹介します。

第二新卒とは学校卒業後3年以内に転職活動を行う人

ここがポイント

第二新卒とは、学校卒業後1〜3年で、転職活動を行う25歳前後の人。

(参照:マイナビジョブ20’s 第二新卒とは?

第二新卒には明確な定義がありません。ただですね。企業側は高校・短大・専門学校・大学・大学院を卒業して3年以内で転職している人を対象にしています。企業によっては20代なら第二新卒として扱う場合もあります。

ここがポイント

既卒とは、大学・短大・専門学校・高校などの卒業後に正社員として勤務したことのない人。

(参照:マイナビジョブ20’s 既卒とは

同じような既卒という分類もあります。既卒と第二新卒の違いは「正社員雇用経験があるか」どうかです。自分がどちらに当てはまるかどうかで応募できる求人が変わってくるので、確認しておきましょう。

既卒/フリーターの就活に強い!無料登録しておくべき神サイト

既卒で就職活動を頑張りたいけれど、「どんな就職サイト/サービスを使って就活すればいいの…?」と、悩んでいませんか?

そこで、私が既卒として就活した時に利用した、「既卒歓迎」のホワイト企業の求人を紹介してくれる就職サイトをご紹介します。無料なので登録しておいて損はないと思います!

転職する絶好のタイミング!第二新卒の市場価値が高い3つの理由!

昔は「会社に入ったら3年は勤めるべき」というのが常識でした。しかしですね。最近は転職市場の活発化により、3年未満で退職する人は増加の一途を辿っています。
今後1年間の第二新卒者採用の見通しの割合グラフ
つまり、第二新卒を求めている企業が増えているんです。事実、マイナビ転職の調査によると、第二新卒を積極的に採用したいと考えている企業は約6割を超えています。
(参照:マイナビジョブ20’s 第二新卒とは?

そこで、ここでは第二新卒の市場価値が高い理由を3つ紹介します。

第二新卒の市場価値が高い3つの理由

  • 社会人の基礎スキルを身につけているため
  • 前職に染まりきっておらず、柔軟な対応ができるため
  • 新卒と変わらない若さがあるため

社会人の基礎スキルを身につけているため

第二新卒の市場価値が高い理由は、社会人の基礎スキルを身につけているため。

第二新卒の特徴として、新卒時代にどこかの企業へ就職した経験があります。ほとんどの第二新卒は新入社員研修で名刺の渡し方などビジネスマナーを取得していたり、業務でPCスキルを会得していたりするんです。

新卒の場合は一から教える必要があり、教育コストや時間もかかります。その点、第二新卒は研修をカットして、すぐに現場の業務に移れるんです。

前職に染まりきっておらず、柔軟な対応ができるため

第二新卒の市場価値が高い理由は、前職に染まりきっておらず、柔軟な対応ができるため。

 

フジワラ

第二新卒は前職の社歴が短いので、仕事に対して先入観がまだありません。

 

例えば、即戦力の中途社員の場合は前職の仕事の進め方に固執してしまう場合があるんです。一方、第二新卒なら教えてもらった内容を素直に実行できる人が多いですね。

そのため、会社の独自のルールに柔軟に対応できたり、会社の風土に馴染みやすかったりすることが企業から評価されています。

新卒と変わらない若さがあるため

第二新卒の市場価値が高い理由は、新卒と変わらない若さがあるため。

近年は少子化により、新卒採用の競争率が激化しており、採用人数を観たせていない企業も多いんです。そのため、現在の採用市場は新卒有利の「売り手市場」となっております。
平成28年卒のうち新卒3年目までに退職した人の割合表
加えて、厚生労働省の調査によると、新卒入社した会社を3年以内に退職した人は全体の32.0%でした。つまり、新卒3年目までに3人に1人が転職しているんです。
(参照:厚生労働省 新規大卒就職者の事業所規模別離職状況

そのため、新卒と年齢が近い第二新卒からも人材を集めて、不足する若手層を補充する企業も少なくありません。

第二新卒の転職が失敗してしまう4つの原因!

ここまでで第二新卒の需要の高さが分かりました。ただですね。いくら市場価値が高くても、もちろん転職活動や転職後に失敗してしまう人も存在します。

そこでここでは、第二新卒の転職が失敗してしまう原因を4つ紹介します。

第二新卒の転職が失敗してしまう4つの原因

  • 職歴1年未満で転職したから
  • 他責の理由で転職したから
  • 会社を辞めるために転職したから
  • また企業とミスマッチを起こしてしまったから
 

キヨちゃん

ここで紹介するような失敗をしないよう、反面教師にしてみてくださいね。

 

職歴1年未満で転職したから

第二新卒の転職が失敗してしまう原因は、職歴1年未満で転職したから。

職歴1年未満だと、第二新卒の市場価値はグッと下がってしまいます。3ヶ月や半年程度の職務経験では、社会人としての基礎スキルが身についていないと見なす企業もあるんです。

そのため、仕事が続けられそうなら1年間は頑張ってみましょう。

ただですね。以下ような場合は無理せず、すぐに退職や休職を検討してくださいね。

退職や休職を検討すべき場合

  1. 長時間残業が慢性化している
  2. ハラスメントが横行している
  3. 些細なレベルでも心身に影響が出ている

他責の理由で転職したから

第二新卒の転職が失敗してしまう原因は、他責の理由で転職したから。

上司のせい・会社のせいなどネガティブな理由で転職するのはおすすめできません。どの会社も似たような状態だったり、転職先でも嫌なところばかり目についてしまったりします。

妥協もある程度覚えないと、いつまでも理想の企業は見つかりません。それより自分のやりたいことなどポジティブな軸で転職した方が、多少の会社の嫌な部分も許容できるようになりますよ。

会社を辞めるために転職したから

第二新卒の転職が失敗してしまう原因は、会社を辞めるために転職したから。

退職後の転職活動には以下のようなデメリットがあります。

退職後の転職活動のデメリット

  1. 金銭的な余裕がなくなる:自己都合退職の場合は失業手当も3ヶ月間は出ない
  2. 転職活動が長期化する:焦りが生まれ、待遇の悪い企業へ転職する可能性がある

忙しい在職中に転職活動を行うのは大変かもしれません。

しかしですね。金銭的なピンチが焦りを生み、「待遇の良い転職先を見つけること」から「生活のために転職先を見つけること」へ転職の目的が変化してしまう可能性もあるんです…。

そのため、転職活動はできるだけ在職中に行いましょう。

また企業とミスマッチを起こしてしまったから

第二新卒の転職が失敗してしまう原因は、また企業とミスマッチを起こしてしまったから。

やりたいことや給与面などおいしい部分を優先して、社風・労働時間・年間休日などの情報収集をおざなりにしてはいけません。

社風と合わなかったり、労働環境が過酷だったりした場合は何度も転職を繰り返すことになります。そのため、企業の情報収集を徹底してください。

口コミサイトなら現職の社員や元社員が匿名で本音を書き込んでおり、企業の実態が分かりやすいので企業研究におすすめです。

代表的な口コミサイト

  1. 転職会議
  2. en Lighthouse
  3. OpenWork

第二新卒の転職を成功させるための5つのポイント!

第二新卒の転職は実績よりポテンシャルが重視されるため、アピールが抽象的になってしまう傾向があります。その分、効果的なアピールをするためには工夫が必要です。

そこでここでは、第二新卒の転職を成功させるためのポイントを5つ紹介します。

第二新卒の転職を成功させるための5つのポイント

  • 第二新卒特化型エージェントを利用する
  • 転職活動のスケジュールを作成する
  • 退職理由は前向きな内容に変換する
  • 志望動機とキャリアビジョンには一貫性を持たせる
  • 優先すべき条件を決める

第二新卒特化型エージェントを利用する

第二新卒の転職を成功させるためには、第二新卒特化型エージェントを利用しましょう。

第二新卒特化型転職エージェントを利用すべき3つの理由

  1. 第二新卒歓迎求人を豊富に保有している
  2. 転職のプロであるキャリアアドバイザーの支援を受けられる
  3. 推薦状により選考突破率が格段に上がる

第二新卒の転職活動では新卒就活に比べて、応募できる求人が少ないんです。

また、基本的に中途採用では新規プロジェクトの人員補充など即戦力を求める傾向があります。そのため、通常の求人では即戦力社員がライバルになり、内定はほぼ獲得できません。

そこで第二新卒歓迎求人なら企業も第二新卒を求めているので、採用されやすいんです。

キャリアアドバイザーは転職のプロです。豊富な転職ノウハウにより始めての転職でも手厚くバックアップしてくれるので、無料面談だけでも受けてみることをおすすめします。

転職エージェントのサポート一覧

  1. 無料カウンセリング
  2. 求人紹介
  3. 面接対策
  4. 応募書類の添削
  5. 内定後の収入交渉
  6. 面接日の日程調整
  7. 推薦状の記入

アドバイザーは掲載企業とのつながりがあり、推薦状で転職者を企業へプッシュしてくれるんです。 そのため、「〇〇さんの紹介なら選考してみるか」となりやすく、選考に有利になります。

既卒サービス「マイナビジョブ20’sアドバンス」

マイナビジョブ20’sアドバンスは、大学・大学院を卒業した人で、未就業の方向けの就職支援サービスです。利用者の対象を絞っているため、普通の就活サイトよりもライバルが少ないのも特徴です。

マイナビジョブ20’sアドバンスの特徴

  1. 既卒を積極的に採用している企業に多数出会える「特別選考会」へ案内してくれる
  2. 仕事擬似体験型研修があるから、就職後のミスマッチが少ない
  3. 最短2週間で内定をもらうことが可能

本来持っている、一人ひとりのパーソナリティを評価する選考会になるから、既卒で未就業という経歴がハンデになることもありません。

登録すると、個人の適性・志向性に合わせた職種別研修を行い、その中で仕事を疑似体験できるため、就職後とのイメージのギャップをおさえることができます。「せっかく就職したのに、嫌な仕事内容だった」なんてこともないでしょう。

実績として、最短2週間で内定を獲得できるため、スピーディーに就職したい人におすすめです。

マイナビジョブ20’sアドバンスの無料登録はこちら

※新宿・大阪オフィスに来社できる方のみを対象としたサービスになりますので、来社が難しい方はサポート対象外になります

既卒サービス「えーかおキャリア」

おすすめなのが「えーかおキャリア」の転職エージェントです。とにかくサポートが充実しており、求人紹介、面接対策や内定後のキャリアプランを含めて、2人3脚であなたの就職・転職を徹底サポートしてくれます。

私が使ったえーかおキャリアのおすすめポイント

  1. 入社後の定着率97%(入社後のミスマッチをなくすため、休日・残業といった聞きづらい部分もすべて伝えてくれます)
  2. 1対1のサポート体制
  3. 内定率が他の転職エージェントの4倍!

事務職・広報・営業など、自分の希望を叶える仕事・職種を紹介してくれるため定着率は97%を誇ります!事務職で働きたい方や1日で内定の実績もあり、早く内定がほしい方にもおすすめです

えーかおキャリアの詳細を見てみる

既卒サービス「ウズキャリ既卒」

私も利用しましたが、特におすすめなのが「ウズキャリ既卒」です。とにかくサポートが充実しており、企業面接ごとに、1回2時間をかけ、合計20時間以上にわたって徹底的に面接対策をしてくれます。

私が使ったウズキャリ既卒のおすすめポイント

  1. ブラック企業を完全排除している(そもそもUZUZがホワイト企業大賞特別賞を受賞している)
  2. 既卒採用に積極的な企業を10社以上紹介してもらえる
  3. 一人で就職活動をするより、圧倒的に内定しやすく最短2週間で内定も可能!

離職率や残業時間が慢性的に長いなどの、厳格な基準でブラック企業を徹底排除しているため、内定者の定着率も95%と非常に高いです。

ウズキャリ既卒の詳細を見てみる

転職活動のスケジュールを作成する

第二新卒の転職を成功させるためには、転職活動のスケジュールを作成してみてください。

なぜなら、転職先への入社日というゴールを決めて、スケジュールを逆算することで、今行うべき転職準備が明確になるため。

転職には約2〜3ヶ月かかる場合が多いので、以下のようなスケジュールを立ててみましょう。

転職活動のスケジュールの例

  1. 事前準備(1〜2週間):自己分析(強み・弱みや転職の目的を明確化する)を行う。
  2. 応募(1〜2週間):企業研究をしながら、複数の会社に並行してエントリーする。
  3. 面接(1〜2週間):転職エージェントの面接対策を受けながら、精度を上げていく。
  4. 内定(1週間):内定獲得後は指定の期限までに企業へ回答する。強みや転職の目的をブラさずに判断する。
  5. 退職・引継ぎ(4週間):今の会社へ退職交渉をする。「退職日の〇日前までに伝える」と決まっている場合もあるので就業規則を確認しておく。引継ぎ資料は転職活動中に作成しておくとスムーズ。
  6. 入社

このようなスケジュールを決めておくと、転職活動の成功率がグッと上がりますよ!

退職理由は前向きな内容に変換する

第二新卒の転職を成功させるためには、退職理由を前向きな内容に変換してみてください。なぜなら、前向きに会社の業績に貢献してくれる人材を求めているため。

退職理由を他責にしていると「この人は自社でも不満を持って辞めそう」と採用担当者が不安になってしまいます。そこでネガティブな退職理由をポジティブな内容に変換しましょう。

ネガティブな理由→ポジティブな理由

  1. 希望部署に配属されなかった→希望部署でなかったスキルアップできた。ただ、若いうちから希望の職種で経験を積みたいと考え転職に至った。
  2. 営業ノルマがキツく職場がギスギスしていた→目標達成能力が身についた。ただ、個人プレーではなく、チームで協力して仕事をしてみたいと考え転職に至った。

会社のせいするのではなく、「現状を変えるor目標を達成するには転職しかないこと」を伝えてみましょう。採用担当者に転職する理由を納得してもらいやすくなりますよ!

志望動機とキャリアビジョンには一貫性を持たせる

第二新卒の転職を成功させるためには、志望動機とキャリアビジョンには一貫性を持たせてみてください。

なぜなら、キャリアビジョンと応募企業の業務内容が異なっていたり、志望動機と矛盾があったりすると「適当に応募企業を決めているのでは…?」とマイナスな印象がついてしまうため。

どの企業でも志望動機とキャリアビジョンについては質問されます。そこで、以下の内容を自問自答してキャリアビジョンを明確化させましょう。

キャリアビジョンを明確化させるための質問

  1. 将来の夢は何か?
  2. 1・5・10年後にどんな仕事をしていたいか?

その目標・夢を達成するには「どんな企業で経験を積み、スキルを身に着けるべきなのか」を考えれば、キャリアビジョンと一貫性のある志望動機が作成できますよ。

優先すべき条件を決める

第二新卒の転職を成功させるためには、優先すべき条件を決めましょう。なぜなら、転職することで全ての条件が叶うことはないため。

優先すべき条件と妥協すべき条件の例

  1. 転勤なし
  2. 月の平均残業20時間未満
  3. 年間休日120日以上
  4. 年収400万円以上
  5. 家賃補助(全額)
  6. やりたい業務内容

どうしても譲れない条件を3つ程度に絞り、その条件と合致する企業かどうかで入社を判断しましょう。

 

ユウキ君

やはり、転職にはある程度妥協も必要ですね…。

 

第二新卒の転職に関するQ&A

ここでは、第二新卒の転職に関するQ&Aをまとめました。気になったところがあれば、チェックしてみてくださいね。

新卒就活と第二新卒の転職活動で見られるポイントの違いとは?

新卒就活と第二新卒の転職活動で見られるポイントの違いは以下の通りです。

新卒採用では就業経験がない学生が対象です。そこで現象のスキルや実績より、就労意欲やキャリアビジョン、性格など人物評価メインの選考になるんです。

新卒採用で企業がチェックするポイント

  1. ポテンシャル
  2. 就業意欲
  3. キャリアビジョン
  4. 柔軟性
  5. 性格
  6. 地頭の良さ

第二新卒の場合も基本的に社会人経験に乏しいので、新卒と求められる部分はほぼ変わりません。ただですね。正社員として就業経験がある分、新卒にはない+αの内容が求められます。

第二新卒の転職活動で企業がチェックするポイント

  1. 基本的なビジネスマナー
  2. 前職で身につけたスキル・経験
  3. 自社との社風とのマッチ具合

第二新卒の転職活動では新卒時代と重点的に見られるポイントが変わります。そのため、新卒就活を同じような感覚で臨むと、なかなか内定を獲得できないかもしれません。

履歴書と職務経歴書にはどんな内容を書くべき?

履歴書と職務経歴書では入社への意欲が伝わるように書きましょう。仕事の経験が浅いからと言って、書類の記入欄を空欄にしたり、無理やり職務経験を埋めたりしてはいけません。

入社意欲を伝えるためのポイント

  1. 得意分野・今まで真剣に取り組んだことは社会人経験でアピールできない場合は学生時代の経験でも良い。
  2. 前職の会社で感じたこと・学んだこと・その経験を転職先でどう活かすかをアピールする。

これらのポイントを意識してアピールすると、企業側が前向きな姿勢を評価してくれるかもしれません。

転職しやすい時期はある?

転職しやすい時期はあり、求人が増える時期を狙いましょう。

転職しやすい理由

  1. 4月入社(転職活動時期1〜3月):辞めた新卒の補充や定年退職など欠員が多い。
  2. 10月入社(転職活動時期7〜9月):異動や転勤、賞与をもらってから退職する人など欠員が多い。

4月入社は新卒入社と同時期、10月入社は下半期の始まりなので社内研修をまとめて行えるなど人事的にもメリットが大きいんです。そのため、転職を狙うなら4月or10月入社をおすすめします!

まとめ:第二新卒の転職の市場価値は高い!早めに転職活動を始めるべき!

ここでは、第二新卒の概要や第二新卒の市場価値が高い理由、転職が失敗してしまう原因、転職を成功させるためのポイントを紹介しました。

では、記事の内容をまとめます。

記事の内容まとめ

  • 社会人2年目になってから第二新卒として転職すべき
  • 退職理由は前向きな内容に変換する
  • 第二新卒特化型エージェントを利用する
第二新卒はビジネスマナーが身についている・会社への馴染みやすさ・新卒同様の若さなど企業から重宝される存在です。
ただですね。職歴が1年未満だと、社会人の基礎スキルが身についていないとみなす企業もあります…。そこで転職するなら新卒2〜3年目がおすすめですね。

また、退職理由を他責にしているとマイナスイメージがつき、採用を見送られるかもしれません。そのため、企業のニーズに沿って、前向きな退職理由に変換した方が転職成功率は上がりますよ!

第二新卒の期間は新卒1〜3年目までと短いので、転職を迷っている場合、まず今回紹介した第二新卒特化型転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介したサービス

  1.      「ウズキャリ既卒」:ホワイト企業限定!既卒の内定実績86%。他社の10倍時間をかけて、就活をサポート!    
  2.      「えーかおキャリア」:定着率97%!事務職、広報、営業など、あなたの希望を叶える仕事をご紹介!    
  3.      「マイナビジョブ20’sアドバンス」:最短2週間で内定!上場企業/メガベンチャーなど、人気企業の内定実績多数!

監修者プロフィール

フジワラ
運営者:フジワラ
27歳の元既卒生。 大学在学中から続けていた塾講師のアルバイト経験のみだったが、一念発起して就職活動に取り組み、既卒の立場で2社から内定を獲得。実体験を元にした確かな情報提供を心がけていきます。

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

imasia_9065120_S1
ハタラクティブ(未経験・フリーターから有名企業の正社員へ)

既卒フリーターの内定実績No1!他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポートや、既卒から上場企業の正社員になれる求人多数

imasia_14141661_S-2 2
マイナビジョブ20’sアドバンス(最短約2週間で内定獲得!既卒で就活するなら登録必須!)

マイナビが既卒の採用意欲が高い企業を厳選して紹介してくれる!

imasia_14141661_S-2 3
えーかおキャリア(定着率97%!事務職、広報、営業など、あなたの希望を叶える仕事をご紹介!)

内定率は転職エージェントの4倍を誇る充実のサポート!求人紹介、面接対策や内定後のキャリアプランを含めて、2人3脚であなたの就職・転職を徹底サポートします。

imasia_9065120_S4
キャリアパーク就職エージェント既卒・第二新卒(最短1週間で内定!ES・一次選考免除の特別フローへご案内)

年間1,000名以上を面談してきた、就活のプロが内定までサポート。 特別選考の求人や人事責任者に直接推薦するため、最短1週間で内定も可能です。

5
ウズキャリ既卒(既卒の内定実績86%!他社の10倍時間をかけて、就活をサポート)

他社の10倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート!離職率の高いブラック企業は紹介しないポリシーを貫いています。