ニートの脱出方法3選!脱出のきっかけと正社員就職へのステップ6!

この記事はこんな人向け

  • ニートを脱出する方法を知りたい
  • できることなら正社員になりたい
  • 人付き合いが苦手な人でもできる仕事はある?

ブランク期間が伸びるほどニートは脱出しにくくなります。長期間ニートをやっていると仕事への恐怖心が増して、就職活動からどんどん遠ざかってしまいますよね。

実際、私もフリーター時代はほとんどニートのような生活を送っていたので、同じような恐怖心や焦りを感じていました。

ただですね。きちんとしたステップを踏めば、ニートを脱出することは難しくありません。就活のコツさえつかめば、正社員になって家族に恩返しすることだってできるんです。

そこで今回はニート同然から正社員への就職を成功させた私が、空白期間が長いと正社員への就職にくくなるワケやニートを脱出できたきっかけ、ニートを脱出するためのポイント、正社員へ就職するためのステップについて紹介します。

ブランク期間が伸びるほどニートを脱出しにくくなる!

ニート期間が伸びるほど、ニートから正社員への就職の難易度は上がっていきます。事実、厚生労働省はフリーター期間別の正社員になれた人の割合を調査しました。

フリーター機関別に見た生者人になれた者の割合のグラフ

正社員になれた人の割合は空白期間6ヶ月未満の人が64.0%に対し、3年以上の人は48.4%と、20%近くダウンしています。ニートの場合はバイトもしていないため、フリーターより厳しい状況になる可能性が高いんです。
(参照:厚生労働省 若者雇用の現状と対策

ブランク期間は伸びるほど就職に不利になるので、早めに行動に移すことが何より大切ですよ。

既卒/フリーターの就活に強い!無料登録しておくべき神サイト

既卒で就職活動を頑張りたいけれど、「どんな就職サイト/サービスを使って就活すればいいの…?」と、悩んでいませんか?

そこで、私が既卒として就活した時に利用した、「既卒歓迎」のホワイト企業の求人を紹介してくれる就職サイトをご紹介します。無料なので登録しておいて損はないと思います!

きっかけは様々!ニートを脱出できた理由3選!

ニートを脱出する転機が訪れる人もいます。どのきっかけにも共通しているのが「安定した給与が必要になった」ということです。自分でお金を稼げるようになれば、自信が持てるようになり、自由度も増します。

今はまだ自分でお金を稼ぐ必要性を感じていないだけかもしれません。

そこでここでは、ニートを脱出できた理由3つを紹介していきます。

ニートを脱出できた理由3選

  • 親が退職して援助できなくなった
  • 結婚願望が芽生えた
  • 将来が不安になってきた

親が退職して援助できなくなった

ニートを脱出できた理由は、親が退職して援助してもらえなくなったため。

例えば、親の収入が無くなり、自分がニートのままでは家計に影響が出ると感じたことがニート脱出のきっかけになる場合があります。

親に養ってもらえないとこれまでと同様の生活は送れません。そのため、生活のために働く選択肢が生まれるんです。

結婚願望が芽生えた

ニートを脱出できた理由は、結婚願望が芽生えたため。

例えば、「恋人ができたけど、ニートのままでは経済的に結婚が厳しい…。」と考えた人がニートを脱出する場合が多いですね。

ニートのままだと、結婚相手の家族の承諾が得られなかったり、結婚生活を営むための資金がなかったり、問題が生じます。

フジワラ

恋人の状態でもデートやプレゼント、食事を奢るなどお金はあるに越したことはありません。

そこで初めて、安定した給与が手に入る正社員への就職が視野に入るんです。そのため、恋人の存在や結婚願望は就職への原動力になりますね。

将来が不安になってきた

ニートを脱出できた理由は、将来が不安になってきたため。

働かなくてもいい状況でも、本人はニートでいることに焦燥感に苛まれている場合があります。

SNSを開けば、同世代は出世して責任のある立場や世帯持ちになっています。そんな中、自分はニートを続けている現状に焦ってしまう人もいるんです。

しかしですね。将来への不安は周りからの信頼やスキルが身につけば、払拭されていくんです。
まずはニートを脱出することから始めてみましょう。

ニートを脱出するための3つのポイント!

今ニートをしている人の中には肩身の狭い思いをしながらも、なかなか行動に移せない人もいるかもしれません。

働かないといけないことは頭で分かっているのにやる気がでなかったり、働くのが怖いと思ってしまったりして、自分を責めてしまう人もいます。

ただですね。自己嫌悪に陥る必要はありません。 適正なステップを踏めば、ニートを脱出できるんです。
ここでは、以下の3つのポイントを紹介します。

ニートを脱出するための3つのポイント

  • 無気力状態から脱出する
  • 働く怖さの原因を突き止める
  • アルバイトから始めてみる

無気力状態から脱出する

ニートを脱出するための1つ目のポイントは、無気力状態から脱出することです。

無気力状態を脱する方法は以下の手順を試してみてくださいね。

無気力状態を脱する方法

  1. 抱えている悩みを紙に書き出してみる
  2. 5W1Hを使って原因を深堀してみる
  3. 悩みが解決するまで繰り返す


原因を深堀してみると、実は大した悩みじゃない場合もあるんです。無気力になってしまう根本を断てば、精力的に活動するための一歩を踏み出せますよ。

働く怖さの原因を突き止める

ニートを脱出するための2つ目のポイントは、働くのが怖いと感じる原因を突き止めて対処することです。

人が持つ悩みは2種類あります。原因が分かる悩みと原因が分からない悩みです。実は原因が分からない悩みの方がストレスがかかります。

例えば、風邪を引いた際に長期間症状が治らないと「何か違う病気なのでは?」と不安になります。つまり、原因が分からないと一種の恐怖につながるんです。 仕事が怖いと思う原因を明確にすれば、悩みは解決できます。

仕事が怖いと思う原因と例

  1. 人間関係が怖い:周りと上手くコミュニケーションが取れずに孤立してしまうのではないか?
  2. 正社員になるのが怖い:ミスをして人格否定されるほど怒られるのではないか?
  3. ブラック企業へのトラウマがある:長時間労働やパワハラがあるのではないか?
実際、世の中は悪い人や企業ばかりではありません。自分に合った企業を選ベば、以上のような状況に陥ることを防げますよ。そのため、自己分析や企業研究は徹底的に行いましょう。

アルバイトから始めてみる

ニートを脱出するための3つ目のポイントはアルバイトから始めてみることです。なぜなら、アルバイトには正社員登用制度があったり、ニート生活の空白期間を埋めて評価を上げたりできるため。

ここがポイント

正社員登用制度とは、パートやアルバイト、契約社員などの雇用形態で働く労働者が正社員へ転換する制度のこと。



人間の体は太陽の光を浴びることで体内時計が整います。ニート生活が長いと、夜型生活など生活習慣が乱れがちになり、体力も衰えてしまいます。

アルバイトへ行く口実があれば、徐々に生活サイクルを朝方に移していけるんです。

キヨちゃん

短期バイトもあるので、少ない勤務日数から働いて体を慣らしていけば、社会復帰しやすくなりますよ。

ニート脱出後に正社員へ就職するためのステップ6!

ニート脱出できたなら、次は正社員を目指すことをおすすめします。前述した通り、ニート・フリーター期間が伸びるほど正社員への就職難易度は上がってしまうため。

正社員になることはハードルが高いと考えている人もいるかもしれません。ただですね。生産年齢人口が現象の一途を辿っており、特に中小企業は人手不足なんです。

そのため、未経験者のニートでも就職できる可能性は十分ありますよ!

ここではニート脱出後に正社員へ就職するためのステップを6つ紹介します。

ニート脱出後に正社員へ就職するためのステップ6

  • ニート特化型転職エージェントを利用する
  • 自己分析により自分の強み・弱みを把握しておく
  • 口コミサイトで応募企業の情報収集をする
  • 未経験歓迎求人に絞って応募する
  • 身だしなみを整えておく
  • 空白期間の伝え方を工夫する

ニート特化型就職エージェントを利用する

正社員へ就職するにはニート特化型就職エージェントを利用しましょう。なぜなら、就職のプロであるキャリアアドバイザーのサポートを受けられるため。

ニート特化型エージェントのサポート一覧

  1. 無料カウンセリング
  2. 求人紹介
  3. 面接対策
  4. 応募書類の添削
  5. 内定後の収入交渉
  6. 面接日の日程調整


アドバイザーは「初めての就職で進め方が分からない」「どんな企業に応募すればいいの?」など初歩的な質問にもきちんと相談に乗ってくれます。

求人を紹介してくれるので、その中から選ぶだけで応募ができるんです。 エージェントは長時間労働やパワハラが横行しているような企業の求人を完全に排除しています。

掲載する企業を徹底的に取材しているので、ブラック企業へ入社する可能性はほぼありません。

自己分析により自分の強み・弱みを把握しておく

正社員へ就職するためには、自己分析により自分の強み・弱みを把握してみてください。なぜなら、自分の強みや弱みを正しく認識できれば、働きやすい職場を見つけやすくなるため。

例えば、強みが集中力に長けていることで、弱みが緊張しやすい人なら、工場勤務や事務職などの仕事を選んだ方が働きやすいんです。
自分の特徴を知れば、人から頼りにされることも増え、弱みを克服する必要がないのでストレスを抱える心配も減りますよ。

自己分析は、以下のツールや書籍を利用してみましょう。

口コミサイトで応募企業の情報収集をする

正社員へ就職するには、口コミサイトで応募企業の情報収集をしておきましょう。 なぜなら、応募企業の情報を知っておけば、入社後のミスマッチを起こす可能性が減ったり、厚みのある志望動機や自己PRを伝えたりできるため。

口コミサイトは現職の社員や退職した社員が書き込んでいるので、会社のHPや面接より本音が知れるんです。

そのため、企業の実態がわかりやすいのが魅力ですね。

応募企業の知っておくべき情報

  1. 同業他社にはない強み
  2. 社風
  3. 事業内容
  4. 業績
  5. 年間休日
  6. 平均残業時間


社風は通常は入社後にしか分かりませんが、口コミサイトでは知ることができます。

例えば、「体育会系でノルマを達成できないと詰められる」など悪い評判が入社前に分かるので、自分に合うかどうかを考えてから応募できるんです。 また、ありきたりな志望動機では採用したいと思ってもらえません。

「うちの会社じゃなくてもいいですよね?」と面接官からの質問に答えられなければ、選考突破は難しいんです。

そこで同業他社にはない強みを知っていれば、「他社より自社を選んでくれた」「仕事に対する意識が高い」と評価を得られる可能性が上がりますよ。

代表的な口コミサイト

  1. en Lighthouse
  2. 転職会議
  3. OpenWork

未経験歓迎求人に絞って応募する

正社員へ就職するには、未経験歓迎求人に絞って応募することをおすすめします。なぜなら、人手不足な企業が多く、業務未経験者でも就職しやすいため。

「未経験者を受け入れるなんてブラック企業なんじゃ…?」と思う人もいるかもしれません。しかしですね。未経験者を歓迎している会社は教育体制が整っている場合が多いんです。

人手不足の業界・企業は、未経験者を教育して長期的に定着してもらう必要があります。そのため、初歩的なところから丁寧に教えてくれるので、初心者でも安心なんです。

未経験者歓迎求人を出している職種の例

  1. 警備:人と話す機会が少ないので、コミュニケーションが苦手な人でも採用されやすい。
  2. 介護職:高齢社会の昨今で今後も需要が高まっていく職種。資格を取得すれば、キャリアアップも可能。
  3. 営業職:飛び込み営業のイメージが強いが、ルート営業では顔見知りの顧客回りを行う。
  4. ドライバー職:ネット通販の利用者が増えたので、今後も需要が高まっていく職種。
  5. サービス業:アルバイトからの正社員登用もある職種。店舗によっては賄いがついてくるので食費が浮く。
  6. 製造業:黙々と作業に集中できるライン作業の募集が多い。機械部品から食品まで多くの工場がある。

身だしなみを整えておく

正社員へ就職するなら、身だしなみを整えておきましょう。なぜなら、身だしなみは社会人の最低限のマナーのため。

面接は一緒に働く人を探す場なので、清潔感がなかったり、TPOをわきまえていなかったりすると選考突破は厳しいんです。

気をつけておくべき身だしなみ

  1. 髪型:目を隠れるような髪型はNG。対人職種の場合はおでこを出しておくと印象が良くなる。
  2. 体型:あまりにも太りすぎていると不健康な印象になる。不利になる可能性もあるので、運動しておくべき。
  3. 服装:黒・紺・グレーの無地のスーツが良い。サイズが合っていないとだらしない印象になるので新調すべき。

空白期間の伝え方を工夫する

空白期間の伝える際は、空白期間を肯定的に説明しましょう。なぜなら、面接は自分を売り込む場であるため。

例えば、空白期間にアルバイトを始めておけば、以下のポイントを押えておけばアピールできます。

空白期間をポジティブに伝えるための流れ

  1. 〜目的意識を持って、〜という活動に取り組んだ(目的意識をアピール)
  2. 少しでも成果を上げるため〜を心がけて取り組んだ(活動の中で工夫・努力したこと)
  3. 結果、〜という学びを得ることができた


自分なりに目的意識を持って物事に取り組み、学びを得る力があれば、「自社でも活躍できる可能性がある」と期待してもらいやすいんです。

ユウキ君

空白期間も肯定的に説明できれば、大きなマイナスポイントにはなりませんよ!

詳しい空白期間の質問への返答方法を知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてくださいね。

既卒の面接で「空白期間」を質問された!実際に私が使った回答を徹底解説【例文あり】

2020.02.19

【年代別】ニート脱出できた人の成功談

ここでは、年代別のニートを脱出できた人の成功談を紹介します。

20代のニート

30代のニート

40代のニート

ニート脱出に関するQ&A

ここでは、ニートからの脱出に関するQ&Aをまとめてみました。気になるところがあれば、チェックしてみてくださいね。

自己肯定感を上げる方法は?

自己肯定感を上げる方法は、以下の通りです。

自己肯定感を上げる方法

  1. 前向きな言葉を口にする:後ろ向きな思考は脳にストレスを与える。前向きな思考の方が結果も好転しやすい。
  2. 今の自分を認める:自分の優れたところに目を向ける。ニートである現状を分析して、行動に移すのが大事。
  3. 小さな成功を積み重ねる:挨拶など小さい成功から積み重ねていく。毎日の進歩が大きな成功を生み出す。


些細なことで自己肯定できるようになっていくので、これらの方法を意識して試してみてくださいね。

就活のモチベーションを保つにはどうすれば良い?

ニートの就活のモチベーションを保つにはリフレッシュが必要です。リフレッシュ方法は、以下の通りです。

◆就活のモチベーションを保つ方法

  1. 適度に体を動かす:就活に向けて体力をつけるため。過度な運動は疲れからやる気が削がれるので注意。
  2. 趣味を没頭する:気分転換がないと気が滅入る。履歴書を書く→ドラマを鑑賞するなど目標達成後のご褒美にする。
  3. 資格を取得する:資格を取得できれば、履歴書に記載できる。就職に有利になり、自信もつく。


就職活動で心が折れないように、適度にリフレッシュを挟みましょう。

まとめ:ニートから脱出できる!早めの行動を起こすのが吉!

この記事では、空白期間の長いと正社員への就職にくくなるワケやニートを脱出できたきっかけ、ニートを脱出するためのポイント、正社員へ就職するためのステップについて紹介しました。

では、記事の内容をまとめます。

記事の内容まとめ

  • ブランク期間が伸びるほどニートは脱出しにくくなる
  • 空白期間の伝え方を工夫する
  • ニート特化型就職エージェントを利用する


ニート期間が伸びるほど、就職難易度は上がっていきます。しかしですね。ニート脱出するためには段階を踏んで、行動していくことが大切なんです。

空白期間はポジティブに伝えることで、面接官からの悪い印象を緩和しやすいんです。

そのため、ニート特化型の就職エージェントに登録して、無料相談から初めてみてはいかがでしょうか。

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

1
第二新卒エージェントneo(就職/転職満足度No.1!過去の就職成功者は15,000人以上)

就職できるまで二人三脚で、圧倒的に親身になって就職をサポートしてくれる!

imasia_14141661_S-2 2
マイナビジョブ20’sアドバンス(最短約2週間で内定獲得!既卒で就活するなら登録必須!)

マイナビが既卒の採用意欲が高い企業を厳選して紹介してくれる!

imasia_9065120_S3
ハタラクティブ(未経験・フリーターから有名企業の正社員へ)

既卒フリーターの内定実績No1!他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポートや、既卒から上場企業の正社員になれる求人多数

imasia_9065120_S2
DYM就職(既卒の就職率96%!就職できるまで二人三脚!親身な就職サポート!)

DYM就職なら、2000件以上の既卒向け求人の中からエンジニア・企画・マーケティング・事務・管理・クリエイティブ等、様々な職種の仕事を選ぶことができます。

5
ウズキャリ既卒(既卒の内定実績86%!他社の10倍時間をかけて、就活をサポート)

他社の10倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート!離職率の高いブラック企業は紹介しないポリシーを貫いています。