第二新卒とは?市場価値が高い理由3選と転職成功の秘訣5選

この記事はこんな人向け

  • 第二新卒の定義や適応される期間が知りたい
  • 自分は第二新卒扱いを受けられるのか?
  • 第二新卒は企業から本当に需要があるのか?

最近、「第二新卒」とよく耳にすることが増えましたが、はっきりと定義が分かっていない人もいると思います。第二新卒は市場価値が高く、企業から重宝される存在です。

とはいえ、短期離職した若い社会人の需要が本当に高いのか不安ですよね。

私の友人も第二新卒時代に転職活動を経験しましたが、「転職が上手くいかなかったらどうしよう?」と相談を受けたことがありました。

ただですね。実際、第二新卒の市場価値は高く、企業から引く手数多の状態です。また、定義や年齢もおおよそ決まっているので、自分が当てはまっているかどうかも判断しやすいですよ。

そこで今回は、第二新卒の転職を成功させた友人へのインビュー形式で、第二新卒の定義・期間と概要、転職の市場価値が高い理由、転職の際に不利になる要因、転職を成功させるためのポイントを紹介していきます。

第二新卒とは?定義・適応される期間と概要

ここがポイント

第二新卒とは、学校卒業後3年以内で転職を志す若(参照:マイナビジョブ20’s 第二新卒とは?


第二新卒は学校卒業後に一度就職→離職し、転職活動を行う若者を差します。年齢に関しては卒業後3年以内を差すので25歳前後ですね。浪人・留年、学歴によって年齢が異なるので、厳格な基準はありません。

また、20代であれば、第二新卒と認める企業もあるので、応募条件を確認しておくことをおすすめします。

一度も正社員雇用されていない場合は既卒

ここがポイント

既卒とは、大学・短大・専門学校・高校などの卒業後に正社員として勤務したことがない若者(参照:マイナビジョブ20’s 既卒とは

混同されやすい第二新卒は短期間でも社会に出た経験がある人を差します。一方、既卒は社会人経験がありません。そのため、既卒と第二新卒は明確に区別することができます。

約6割の企業が第二新卒を積極採用

第二新卒の企業からの需要は非常に高くなっています。なぜなら、新卒の採用市場は売り手市場なので、思うように採用が進まず、予定の採用人数を満たせなかった企業も多いため。

フジワラ

一昔前までは会社を3年もたずに辞めた短期離職者という扱いでした。しかし、今は第二新卒の年齢層の若手社員が不足しているので、企業からの評価が高いんです。

(参照:マイナビジョブ20’s 第二新卒とは?

事実、マイナビ転職の調査によると、「今後1年間、第二新卒を積極的に採用したい」と考えている企業は約6割を超えています。

第二新卒歓迎求人も増加しており、第二新卒は就職しやすくなっています。

企業が第二新卒の採用する基準は入社意欲の高さとポテンシャル

企業が第二新卒の採用する基準は入社意欲の高さとポテンシャルです。なぜなら、スキルや実績重視の転職市場と違い、第二新卒は人物評価をメインにしているため。

キヨちゃん

第二新卒は職歴が短いので経験やスキルに乏しいので、学歴や職種への適性などポテンシャル採用になりがちです。

事実、マイナビの調査によると、「経験を問わない第二新卒者」の採用基準は「熱意・ポテンシャル」「入社意欲の高さ」など人物評価を重視しています。

(参照:マイナビ転職 【2020年更新】第二新卒とは?いつまで?「転職しやすい」は本当か?

特別なスキルや経験がなくても、異業種への転職や新卒の時に入社できなった大手企業への転職できる可能性が十分にあるんです。

既卒/フリーターの就活に強い!無料登録しておくべき神サイト

既卒で就職活動を頑張りたいけれど、「どんな就職サイト/サービスを使って就活すればいいの…?」と、悩んでいませんか?

そこで、私が既卒として就活した時に利用した、「既卒歓迎」のホワイト企業の求人を紹介してくれる就職サイトをご紹介します。無料なので登録しておいて損はないと思います!

第二新卒が転職の市場価値が高い3つの理由

第二新卒は転職を検討している人にとって良い時期と言われています。なぜなら、第二新卒は転職市場において需要が高い存在のため。

とはいえ、「中小企業やベンチャー企業の話で大手企業は別でしょ?」と思う方もいますよね?しかし、2016年に広告業界の大手企業である博報堂が第二新卒の採用数を2倍に増やしているんです。

(参照:日本経済新聞 第二新卒、大手各社が熱い視線 博報堂は採用数2倍に

そのため、新卒時に入れなかった大手企業への転職も夢ではありません。なぜ、第二新卒は転職の市場価値が高いのか?ここでは、その理由を3つ紹介します。

第二新卒が転職の市場価値が高い3つの理由

  • 社会人としての基礎スキルが身についており、新卒よりも教育コストがかからない
  • 柔軟性に優れており、企業風土に馴染みやすい
  • 新卒に年齢が近く、企業へ貢献できる期間が長い

社会人としての基礎スキルが身についており、新卒よりも教育コストがかからない

第二新卒が転職の市場価値が高い理由は社会人としての基礎スキルが身についており、新卒よりも教育コストがかからないため。

ビジネスマナーやPCスキルなど社会人しての基礎スキルを身に付けている第二新卒者を企業は求めています。

新卒者の場合は一から研修や業務内で教える必要がありますが、第二新卒は教える手間やコストを削減できるんです。そのため、採用ニーズは高まっています。

◆柔軟性に優れており、企業風土に馴染みやすい
第二新卒が転職の市場価値が高い理由は柔軟性に優れており、企業風土に馴染みやすいため。

例えば、前職の社歴が長い転職者は自分が培ってきたスキルにこだわりが強く、会社に馴染むのに時間がかかるかもしれません。

しかし、第二新卒は若さゆえに自社の風土に染まりやすく、会社独自のルールにも柔軟に対応してくれます。

ユウキ君

社会に一度出たことでキャリアビジョンや仕事のイメージが明確に持って企業を選択するため、ミスマッチを起こしにくいんです。

新卒に年齢が近く、企業へ貢献できる期間が長い

第二新卒が転職の市場価値が高い理由は、新卒に年齢が近く、企業へ貢献できる期間が長いため。

企業が継続して業績を残していくには若手社員の存在が必要不可欠です。中途採用で30・40代の即戦力社員を雇っても企業に貢献できる期間は10年前後です。

しかし、第二新卒なら長期定着すれば、30年近く戦力として活躍してくれます。そのため、第二新卒は辞めてしまった新卒の穴を埋めてくれるんです。

事実、厚生労働省の調査によると、大学新卒者の約30%が3年以内に退職しています。そのため、企業としては第二新卒から人材を求めて、不足している若手層を補填することが目的です。(参照:厚生労働省 新規大卒就職者の事業所規模別離職状況

第二新卒が転職の際に不利になる要因3選

ここまでは第二新卒が転職活動において有利かを説明してきました。実際、第二新卒を求めている企業は多いです。

しかし、スキル・キャリア重視の即戦力を求めている企業や新卒の離職率が低いor新卒採用至上主義の会社からの人気はほぼありません。

そこでここでは、第二新卒が転職の際に不利になる要因を3つ紹介していきます。

title

  • 短期離職者である
  • 実績やスキルに乏しい
  • 社会人歴1年未満だと第二新卒としてのメリットを活かせない

短期離職者である

第二新卒が転職の際に不利になる要因は短期離職者であることです。なぜなら、企業は「前職同様、うちもすぐに辞めてしまうんじゃないか」と不安視しているため。

不利な状況を打破するためには自分の弱みや短期間で辞めた原因を明確にし、改善する前向きな姿勢を見せましょう。

例えば、「前職では私のリサーチ不足が原因でミスマッチを起こしたと考えています。私は行動する前に情報取集を徹底することを意識し、長期的に御社に貢献していきます。」と分析→反省→改善の流れで話しましょう。

フジワラ

失敗から何を学んだのを伝えることが大切ですね。

実績やスキルに乏しい

第二新卒が転職の際に不利になる要因は実績やスキルに乏しいことです。なぜなら、中途採用には実績やスキルが求められるため。

「第二新卒歓迎」「未経験者OK」など求人の条件に記載されている企業なら問題ありません。

キヨちゃん

しかし、どうしても入りたい企業が経験者を優遇している求人を募集している場合は、内定を獲得できる望みは薄いですね…。

そのため、社会人経験が少なく、実績・スキル不足がネックになる場面もあります。

社会人歴1年未満だと第二新卒としてのメリットを活かせない

第二新卒が転職の際に不利になる要因は、社会人歴1年未満の場合です。なぜなら、社会人歴1年未満の場合はビジネスマナーやPCスキルが完全に身についていないと判断する企業も多いため。

社会人としての経験があり、教育コストがかからないのが第二新卒最大の採用メリットです。

ユウキ君

しかし、新卒同様の教育コストがかかってしまう場合、短期離職者の第二新卒より経歴がまっさらな新卒を採用した方が良いと考える企業も多いんですよね…。

ただ、「柔軟性に優れており、企業風土に馴染みやすい」「新卒に年齢が近く、企業へ貢献できる期間が長い」というメリットは企業側にもあります。

そのため、会社の社風や職種との相性次第ではポテンシャル採用される可能性もありますよ!

第二新卒から転職を成功させるための5つのポイント

第二新卒は転職に有利な時期なのは間違いありません。しかし、短期離職者というデメリットもあるので、転職活動では不利にならないように対策を練っておくべきです。

そこでここでは、第二新卒から転職を成功させるためのポイントを5つ紹介します。

第二新卒から転職を成功させるための5つのポイント

  • 第二新卒特化型転職エージェントを利用する
  • 転職したい理由を明確にする
  • 退職理由はポジティブな言葉に変換する
  • 前職の業務経験を転職先でどう活かせるかをアピールする
  • 転職しやすい4月入社or10月入社を狙う

第二新卒特化型転職エージェントを利用する

第二新卒特化型転職エージェントを利用することです。なぜなら、転職のプロであるキャリアドバイザーから質の高いサポートを受けられるため。

転職エージェントで受けられるサポートは、以下の通りです。

第二新卒特化型転職エージェントのサポート一覧

  1. 無料カウンセリング
  2. 求人紹介
  3. 面接対策
  4. 応募書類の添削
  5. 内定後の収入交渉
  6. 面接日の日程調整

転職エージェントには「総合型」と「特化型」があります。第二新卒は特化型エージェントの利用をおすすめします。

第二新卒特化では総合型より「第二新卒歓迎求人」「未経験歓迎求人」などポテンシャル採用が多いんです。第二新卒を優遇している会社は教育体制が整っており、第二新卒の採用に抵抗がありません。

ここに注意!

  • キャリアアドバイザーは転職できそうな人から優遇してサポートします。そのため、スキルのない第二新卒の場合、総合型では思うように転職活動ができません。

第二新卒特化型なら初めての転職活動でも、職務経歴書の記載方法や面接対策などしっかりサポートしてもらえます。面接の日程調整や給与交渉も担当してくれるので、自分は選考に集中できますよ!

既卒サービス「第二新卒エージェントneo」

第二新卒エージェントneo

私も利用しましたが、特におすすめなのが「第二新卒エージェントneo」です。その名の通り、既卒・第二新卒・フリーター向けの就職支援サービスです。就職/転職満足度No.1の実績を誇り、全てのサービスを無料で使うことができます。

私が使った第二新卒エージェントneoのおすすめポイント

  1. 担当コンサルタントが内定獲得まで完全フォロー
  2. 厳選した企業の未経験OK求人を紹介してもらえる
  3. サービスの満足度が高く過去実績も確か

過去に22,500人以上の支援実績があり、そのうち10,000人以上は職務経験無しの人達です。
未経験で活動の方法が分からないからこそ、イチから丁寧に教えてもらいたい。既卒という立場での活動だからこそ、きちんと準備して優良企業に入りたい。そんな人に向けたサービスとして、業界で確かな実績を残しています。

第二新卒エージェントneoの詳細を見てみる

既卒サービス「ハタラクティブ」

ハタラクティブ
ハタラクティブ

私が実際に使った中でおすすめしたいのは「ハタラクティブ」です。利用者のほとんどが既卒・フリーターで、社会人経験ゼロの人を対象に色々な就活支援をしてくれます。

私が使ったハタラクティブのおすすめポイント

  1. 求人の質が高く、既卒から上場企業の正社員になれる!
  2. 一人で就職活動をするより、圧倒的に内定しやすい
  3. 他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート

求人の紹介だけでなく、既卒の就活を知り尽くしたキャリアコンサルタントによる、「自己分析サポート」「履歴書・エントリーシートの添削」「模擬面接」のサービスを提供していて、既卒の就職を徹底サポートしてくれます。興味がある人は以下をチェックしてみてください。

ハタラクティブの詳細を見てみる

既卒サービス「マイナビジョブ20’sアドバンス」

マイナビジョブ20’sアドバンスは、大学・大学院を卒業した人で、未就業の方向けの就職支援サービスです。利用者の対象を絞っているため、普通の就活サイトよりもライバルが少ないのも特徴です。

マイナビジョブ20’sアドバンスの特徴

  1. 既卒を積極的に採用している企業に多数出会える「特別選考会」へ案内してくれる
  2. 仕事擬似体験型研修があるから、就職後のミスマッチが少ない
  3. 最短2週間で内定をもらうことが可能

本来持っている、一人ひとりのパーソナリティを評価する選考会になるから、既卒で未就業という経歴がハンデになることもありません。

登録すると、個人の適性・志向性に合わせた職種別研修を行い、その中で仕事を疑似体験できるため、就職後とのイメージのギャップをおさえることができます。「せっかく就職したのに、嫌な仕事内容だった」なんてこともないでしょう。

実績として、最短2週間で内定を獲得できるため、スピーディーに就職したい人におすすめです。

マイナビジョブ20’sアドバンスの無料登録はこちら

※新宿・大阪オフィスに来社できる方のみを対象としたサービスになりますので、来社が難しい方はサポート対象外になります

転職したい理由を明確にする

第二新卒から転職を成功させるためには、転職したい理由を明確にすることです。なぜなら、前職の不満を解消できる会社を選べばミスマッチを起こさずに済むため。

そこで自分が前職のどこに不満を感じているのかを把握しておきましょう。

前職での不満点の例

  1. 仕事内容
  2. 労働環境
  3. 給与

また、不満を明確にすれば、面接で転職理由を質問された際に納得感のある返答でできるようになりますよ。

退職理由はポジティブな言葉に変換する

第二新卒の本来の退職理由は「仕事内容」「人間関係」「労働条件」の不満にあります。現状、前向きな内容の退職理由が一番面接官ウケが良いため。

例えば、「地味な作業が多く、スキルアップできないと感じた」より「裁量権のある仕事で自分のスキルを伸ばしたい」と言った方が前向きに働く意欲が感じられます。

フジワラ

前職も不満よりも本当にやりたいことや仕事の価値観にフォーカスして退職理由は考えてみましょう。

前職の業務経験を転職先でどう活かせるかをアピールする

第二新卒から転職を成功させるためには、前職の業務経験を転職先でどう活かせるかをアピールしましょう。なぜなら、第二新卒は業務経験が浅く、アピールできるスキルや実績が少ないため。

しかし、職務経歴書の欄を無理やり埋めても企業側に採用するメリットがないと判断されてしまいます。そこで前職の業務中に感じたこと・学んだこと・経験をどう転職先で活かせるかをアピールすべきです。

キヨちゃん

企業は前向きな姿勢を評価してくれる可能性が高いので、大きな実績では必要ありません。

転職しやすい4月入社or10月入社を狙う

第二新卒から転職を成功させるためには、転職しやすい4月入社or10月入社を狙ってみてください。なぜなら、第二新卒の求人が増える募集期間のため。

4月(転職活動は1〜3月)は、1年間に辞めた新卒や定年退職者など人員が不足する時期です。4月入社なら新卒をまとめて研修やOJTを受けることができるので教育コストも削減できます。

10月(転職活動は7〜9月)は、異動や転勤で欠員が出たり、夏季ボーナスを受け取ってから退職する社員が出たりするので求人募集が増える時期です。10月は下半期の始まりのため、4月と同様に社員研修に混ざれます。

ここに注意!

  • しかし、通年で求人を出している場合は、離職率の高さから人手不足のブラック企業の可能性もあります。

そのため、念入りに情報収集をしてから応募しましょう。

第二新卒についてのQ&A

ここでは第二新卒への質問をまとめました。気になったところがあれば、チェックしてみてくださいね。

第二新卒の転職理由にはどんな内容がある?

第二新卒の転職理由は大きく分けて「仕事内容」「人間関係」「労働条件」の3つです。

事実、マイナビの調査によると「転職活動を始めた理由」は以下の通りでした。

第二新卒が転職活動を始めた理由

  1. 休日や残業などの待遇に不満があった
  2. 会社の将来性・安定性に不安があった
  3. 給与が低かった
  4. 仕事内容に不満があった
  5. 職場の人間関係が悪かった

(参照:マイナビ転職 【2020年更新】第二新卒とは?いつまで?「転職しやすい」は本当か?

社会人として働くイメージと現実のギャップから退職につながる傾向がありますね。

第二新卒の転職活動はどの程度の期間がかかる?

第二新卒の転職活動の期間はおよそ1〜2ヶ月です。

事実、マイナビの調査によると、現在の勤務先に応募して内定通知を受けるまでの期間は男女ともに8割以上が「2ヶ月未満」でした。

(参照:マイナビ転職 【2020年更新】第二新卒とは?いつまで?「転職しやすい」は本当か?

転職活動は短期決戦が基本です。新卒採用に比べて選考フローが少なく、欠けた人員の補充が目的なので採用をスピーディーに行う必要があるためです。

ユウキ君

転職活動に3ヶ月以上かかっている場合は活動の仕方を見直した方が良いですね。転職エージェントのキャリアドバイザーに相談すれば、問題点が見つかるかもしれませんよ!

第二新卒とは学校卒業後3年以内の転職者!転職するには最適な時期!

今回は第二新卒の定義・期間と概要、転職の市場価値が高い理由、転職の際に不利になる要因、転職を成功させるためのポイントを紹介してきました。

では、記事の内容をまとめます。

記事の内容まとめ

  • 第二新卒とは学校卒業後3年以内で転職を志す若者
  • 第二新卒は転職の市場価値が高い
  • 第二新卒特化型転職エージェントを利用する

第二新卒は学校卒業後3年以内に正社員として就職し、その後転職を志す若者でした。年齢の定義はなく、学歴も関係ありません。転職の市場価値が高く、特に新卒採用に苦戦している企業から需要があります。

第二新卒の転職では異業種へのキャリアチェンジや大手企業への転職できるかもしれません。ただ、第二新卒の期間は3年目までと短いので、転職を希望している人は早めに行動を起こすべきですね。

転職活動に興味がある人は、今回紹介した転職エージェントに無料相談してみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介したサービス

  1.      「第二新卒エージェントneo」:就職/転職満足度No.1!既卒・フリーターなら活用必須!    
  2.      「マイナビジョブ20’sアドバンス」:最短2週間で内定!既卒採用に積極的な企業を10社以上紹介してもらえる    
  3.      「ハタラクティブ」:既卒フリーターの内定実績No1!他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

1
第二新卒エージェントneo(就職/転職満足度No.1!過去の就職成功者は15,000人以上)

就職できるまで二人三脚で、圧倒的に親身になって就職をサポートしてくれる!

imasia_14141661_S-2 2
マイナビジョブ20’sアドバンス(最短約2週間で内定獲得!既卒で就活するなら登録必須!)

マイナビが既卒の採用意欲が高い企業を厳選して紹介してくれる!

imasia_9065120_S3
ハタラクティブ(未経験・フリーターから有名企業の正社員へ)

既卒フリーターの内定実績No1!他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポートや、既卒から上場企業の正社員になれる求人多数

imasia_9065120_S2
DYM就職(既卒の就職率96%!就職できるまで二人三脚!親身な就職サポート!)

DYM就職なら、2000件以上の既卒向け求人の中からエンジニア・企画・マーケティング・事務・管理・クリエイティブ等、様々な職種の仕事を選ぶことができます。

5
ウズキャリ既卒(既卒の内定実績86%!他社の10倍時間をかけて、就活をサポート)

他社の10倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート!離職率の高いブラック企業は紹介しないポリシーを貫いています。