社会人3年目は仕事で悩みやすい?不安の原因と対処法5選

この記事はこんな人向け

  • 社会人3年目になったけど仕事に全然慣れない
  • 転職すべきか、現職を続けるか悩んでいる
  • 同世代より給与が低い気がする

社会人3年目になると、会社の将来性や自分の仕事への適性も分かってきます。同期と比べて仕事ができないと、このまま仕事を続けべきか、転職すべきか悩みどころですよね。

私の友人も社会人3年目まで会社に居場所がなく、転職を考えていた1人でした。

でも、心配ありません。社会人3年目は自分のキャリアに不安を感じやすい時期です。今の仕事や職場が合わなくても、自分に適性のある仕事や居心地の良い職場は必ず見つかります。

そこで、今回は社会人3年目に優良企業への転職を成功させた友人へのインタビュー形式で、社会人3年目は転職市場の需要の高さやキャリアに不安を感じる原因と対処法、転職活動は在職中と退職後どちらにすべきかをお伝えてしていきます。

会社を辞めたい?社会人3年目はキャリアチェンジを考えやすい時期

社会人3年目はキャリアチェンジを考えやすいので、当然退職を検討している人もいます。なぜなら、社会人3年目を区切りとして考えている人も多いため。

事実、口コミサイトのOpen Workの調査よると、『キャリア成長が望めない』『仕事内容とのミスマッチ』『企業の方針や組織体制・社風などとのミスマッチ』など会社や仕事が合わない理由が上位に食い込んでいました。
(参照:Openwork
3年目は同期や同僚が退職や部署異動、新人の教育係を任されることもあり、会社での自分の立場が大きく変化しやすい時期です。

フジワラ

3年も勤務していると、会社の事業や状況が掴めてくるので、将来性を見て転職活動を始める人もいますよね。

社会人3年目は第二新卒なので転職市場では比較的有利です。そのため、会社や仕事に不満があるのなら、社会人3年目のうちに転職することをおすすめします。

既卒/フリーターの就活に強い!無料登録しておくべき神サイト

既卒で就職活動を頑張りたいけれど、「どんな就職サイト/サービスを使って就活すればいいの…?」と、悩んでいませんか?

そこで、私が既卒として就活した時に利用した、「既卒歓迎」のホワイト企業の求人を紹介してくれる就職サイトをご紹介します。無料なので登録しておいて損はないと思います!

社会人3年目は転職市場での需要が高い!転職するのにおすすめな理由4選

社会人3年目で転職する人は多いです。なぜなら、社会人3年目は第二新卒最後の年にあたるため。

ここがポイント

第二新卒とは、学校卒業後1〜3年で、転職または就職を志す25歳前後の若者のこと。

例えば、4年目になると中途採用枠での転職になり、スキルや経験が重視されます。周りのライバルも経験が豊富な求職者が多く、社会人4年目程度のスキルや経験では不利になりやすいんです。

しかし、第二新卒の場合、企業側はスキルや経験よりポテンシャルに期待して採用することが多いです。

ポテンシャルとは学歴や職歴のことを差します。一般的に高学歴の方が地頭が良く、仕事ができるイメージが強いですよね。また、大企業の勤務経験がある人は社会人としての基礎力が高いと判断されやすいです。

事実、マイナビ転職の調査では、およそ6割の企業が『本年より積極的』『本年と変わらず積極的』と第二新卒の採用を積極的に行うと回答しています。
(参照:マイナビジョブ20’s 第二新卒とは?

ここではもっと具体的に第二新卒で転職するのにおすすめな理由を4つ紹介します。

第二新卒で転職するのにおすすめな理由

  • 企業は第二新卒を求めている
  • スキルや経験を評価してもらえる
  • 異業種への転職が成功しやすい
  • 大手企業に入社できる可能性もある

企業は第二新卒を求めている

企業側が第二新卒を新卒に近いレベルで求めています。なぜなら、社会人3年目は最低限のビジネスマナーを身に付けていると認識されやすいため。

例えば、別の業種に転職したとしても3年目なら新卒と年齢が近いので、育成して戦力にすることができます。

新卒はマナースタートですが第二新卒なら研修を省いて実務に入れるので、時間とコストがカットできる強みがあるんです。特に金融業界のようなマナーに厳しい業界出身者は企業からの評判が良いですね。

第二新卒の魅力は他にもあるので、企業側にアピールしてみてください。

第二新卒の魅力

  1. 前職の会社のやり方や風土に染まっていないので、馴染みやすい
  2. 若さから柔軟な発想や対応ができる
  3. 素早く会社を見切る判断力に長けている

スキルや経験を評価してもらえる

第二新卒を採用する際にネックになるのがスキルと経験不足です。入社後に本当に戦力になるのか不安を持たれてしまいます。しかし、社会人3年目ならスキルや経験もあるので、第二新卒の弱みをカバーできるんです。

実際、1〜2年目は仕事を覚えるので精一杯で転職市場で評価されるような実績を作れる人はほとんどいません。しかし、社会人3年目なら基礎を自分のやり方に落とし込み、成果を出せるコツを掴めている人もいます。

フジワラ

友人の会社では、社会人3年目の人が会社の営業成績トップでした!

学歴や職歴に左右されやすい第二新卒の転職活動ですが、実績があれば大きく評価は変わりますよ。

異業種への転職が成功しやすい

社会人3年目なら異業種への転職が成功しやすいです。なぜなら、第二新卒枠としてポテンシャルが評価されて、有利になりやすいため。

一方、4年目以降の異業種への転職は厳しくなってしまうんです…。4年目以降は第二新卒枠ではなく、中途採用枠で転職活動を受けることになります。

中途採用枠で企業側はスキルと経験豊富な即戦力の人材を募集しているので、必然的に経験者が有利になってしまうんです。

例えば、営業職から広告会社のデザイナーに転職希望の場合、第二新卒なら転職できるかもしれません。しかし、4年目以降は転職できたとしても、下請けの広告制作会社の場合が多く、長時間労働で薄給の可能性が高いです…。

そのため、異業種へ転職するなら、第二新卒がラストチャンスだと思っていた方が良いですね。

大手企業に入社できる可能性もある

第二新卒の場合、大手企業に入社できる可能性も十分にあります。なぜなら、大手企業が第二新卒の採用数を増やしているため。

例えば、以下のような難易度の高い大手企業も第二新卒採用を行っているんです。

第二新卒採用を行っている大手企業

  1. P&G
  2. マッキンゼー
  3. アクセンチュア
  4. リクルート
  5. DeNA
  6. GREE
  7. Google
  8. 博報堂

事実、博報堂は2016年の秋採用から第二新卒の採用数を二倍に増やしています。もちろん、大手企業なので第二新卒の若さ+実力が伴っていないと採用には至りません。(参照:日本経済新聞

キヨちゃん

挑戦してみる価値は十分にあるので、新卒の際に落ちてしまった会社にリベンジするチャンスですね。

社会人3年目にキャリアに不安を感じる5つの原因

社会人3年目は1〜2年目から溜まっていた不安が限界になる人や3年目まで続けることを目標してきた人も多いです。

では、仕事に不満を感じる原因は具体的にどんなことがあるのでしょうか?ここで紹介していきます。

社会人3年目にキャリアに不安を感じる5つの原因

  • 貢献度に比べて給与が安いと感じ始めるため
  • 上司を尊敬できないから
  • この会社で取得できるスキルの限界が分かってくるため
  • 仕事が向いていないとハッキリしたから
  • 同期と差がつき始める時期だから

1.貢献度に比べて給与が安いと感じ始めるため

社会人3年目にキャリアに不安を感じる1つの原因は、貢献度に比べて給与が安いと感じ始めるため。

仕事ができる人だと『自分が会社に貢献している価値』と『会社からの給与がつり合わない』と思うことがあるんです。

例えば、営業で300万円近い利益を出しているのに自分の給与は20万円前後だと、「うちの会社は社員に利益を還元してくれない!」と不満を持つようになります。

ユウキ君

仕事に余裕が出てくる他社の社員との交流を持つようになるため、他社の年収を知り、自社の給与が低いと感じてしまうこともありますね。

2.上司を尊敬できないから

社会人3年目にキャリアに不安を感じる2つの原因は、上司を尊敬できないため。上司は選ぶことができないので、新卒の頃から不満が溜まっている人も多いですよね。

例えば、「プレゼン資料を明後日まで作っといて」と指示されたとします。しかし、次の日出勤したら、「今日までって言ったろ!」と指示がコロコロ変わる上司もいます。

そんな上司を尊敬するのは無理がありますよね。嫌な上司にも様々なタイプが以下のような様々なタイプがいます。

嫌な上司のタイプ

  1. 気に入っている人にだけ優しくする
  2. セクハラ・パワハラ発言をする
  3. マウンティングしてくる
  4. 部下の手柄を横取りする
  5. 責任は部下に押し付ける

正当な評価をしてれない上司の前に努力しても、意味がありません。そのため、限界を感じる前に環境を変えるための行動をした方が良いですね。

3.この会社で取得できるスキルの限界が分かってくるため

社会人3年目にキャリアに不安を感じる3つの原因は、会社で取得できるスキルの限界が分かってくるため。3年も働けば、どんなスタンスで、どんな業務をこなせば、どの程度のスキルが付くのか把握できます。

「このまま働いて自分の理想像に近づくことができるのか?」と疑問を持つようになりやすいです。

例えば、あなたがメーカーの営業社員でいずれ商品企画やマーケティングの仕事がしたいとします。しかし、そんな人事異動が近年ない場合はどんなモチベーションで仕事を続けていけば良いもか分からなくなりますよね。

そのため、自分の将来のビジョンと現実の差を痛感してしまう人もいます。

4.仕事が向いていないとハッキリしたから

社会人3年目にキャリアに不安を感じる4つの原因は、仕事が向いていないとハッキリしたため。

例えば、交渉や話すのが得意なのに経理職をしている人や口下手で裏方気質なのに、営業職で飛び込み営業をしている人など明らかにミスマッチな人事もあります。

もちろん、石の上にも三年の精神で経験を積めば、苦手分野もマシになるかもしれません。しかし、自分の得意分野が分かっているならその分野で活かした方が良いですよね。

苦手意識のあることに向き合い続けることは根気が入りますが、得意分野なら自然と努力ができるので、成果も出やすいです。

5.同期と差がつき始める時期だから

社会人3年目にキャリアに不安を感じる5つの原因は、同期と差がつき始める時期のため。

社会人3年目になると同期が昇進したり、プロジェクトのリーダーを任されたり、自分との差を痛感する場面が増えてきます。

2年目の後輩が一気に頭角を表してくることもあるので、自信がなくなってしまうかもしれません。その際に上司が同期や後輩と比べてくる人だったら、大きなストレスを抱えることもあります。

そのため、周りとの差を感じてネガティブになりやすい人は多いです。

社会人3年目の仕事の不安を解消する5つの対処法

では、仕事の不安を解消するためにどうすれば良いでしょうか?転職して環境を変えることも大事ですが、他にもできることはたくさんあります。

そこでここでは、社会人3年目の仕事の不安を解消する対処法を紹介します。

会人3年目の仕事の不安を解消する5つの対処法

  • 第二新卒特化型の転職エージェントに登録してみる
  • 人事に部署異動を希望する
  • 副業でスキルを身につける
  • 自己分析をして、将来のビジョンを明確化する
  • 適性のある・やりたい仕事について調べてみる

1.第二新卒特化型の転職エージェントに登録してみる

まずは第二新卒特化型の転職エージェントに登録してください。なぜなら、自分の市場価値を知ることができるため。

市場価値を知れば、無理に会社にしがみつく必要性がなくなり、気持ちが楽になりやすいです。また、転職のプロであるキャリアアドバイザーのサポートがあれば、転職活動をする際も成功率はグッと上がります。

第二新卒特化型転職エージェントのサポート一覧

  1. 無料カウンセリング
  2. 求人紹介
  3. 面接対策
  4. 応募書類の添削
  5. 内定後の収入交渉
  6. 面接日の日程調整
キヨちゃん

応募書類の添削や面接対策で選考突破率が上がることがもちろん、面接の日程調整など雑務をこなしてくるのも魅力の一つですね。

既卒サービス「ハタラクティブ」

ハタラクティブ
ハタラクティブ

私が実際に使った中でおすすめしたいのは「ハタラクティブ」です。利用者のほとんどが既卒・フリーターで、社会人経験ゼロの人を対象に色々な就活支援をしてくれます。

私が使ったハタラクティブのおすすめポイント

  1. 求人の質が高く、既卒から上場企業の正社員になれる!
  2. 一人で就職活動をするより、圧倒的に内定しやすい
  3. 他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート

求人の紹介だけでなく、既卒の就活を知り尽くしたキャリアコンサルタントによる、「自己分析サポート」「履歴書・エントリーシートの添削」「模擬面接」のサービスを提供していて、既卒の就職を徹底サポートしてくれます。興味がある人は以下をチェックしてみてください。

ハタラクティブの詳細を見てみる

既卒サービス「ウズキャリ既卒」

私も利用しましたが、特におすすめなのが「ウズキャリ既卒」です。とにかくサポートが充実しており、企業面接ごとに、1回2時間をかけ、合計20時間以上にわたって徹底的に面接対策をしてくれます。

私が使ったウズキャリ既卒のおすすめポイント

  1. ブラック企業を完全排除している(そもそもUZUZがホワイト企業大賞特別賞を受賞している)
  2. 既卒採用に積極的な企業を10社以上紹介してもらえる
  3. 一人で就職活動をするより、圧倒的に内定しやすく最短2週間で内定も可能!

離職率や残業時間が慢性的に長いなどの、厳格な基準でブラック企業を徹底排除しているため、内定者の定着率も95%と非常に高いです。

ウズキャリ既卒の詳細を見てみる

2.人事に部署異動を希望する

職場の上司に対して不満がある人は人事に部署異動を希望することをおすすめします。なぜなら、部署さえ変われば、悩みの元凶がなくなるため。

人間関係の悩みですぐに転職するのはおすすめではありません。今でも年功序列型の会社は多く、一つの会社で働いた方が昇進や昇給、退職金などで有利になることが多いんです。

異動を希望する際には理由を必ず聞かれるので考えておくことをおすすめします。

部署異動を交渉する際には辞めたいというニュアンスより、新しい仕事に挑戦したいなど前向きな感じで伝えた方が良いですね。退職をほのめかした噂が広がると、次の部署で腫れ物扱いされる可能性があるためです。

そのため、人事に部署異動を交渉する際には別の部署の仕事に興味があることを伝えてください。

3.副業でスキルを身につける

副業でスキルを身につけることもおすすめ対処法の一つですね。なぜなら、個人で稼げるようになると自己肯定感が上がり、自信がつくため。

また、本業に活かせるスキルを副業で身に付けると会社での評価も上がります。

例えば、Webマーケティングの会社に勤めている人は個人ブログで運営すると、メディアでやるべきことが分かるようになり、本業の成果に直結しやすいです。

副業で生活費を稼げれば、いつでも独立できると心に余裕ができ、本業にも良い影響を与えます。

ユウキ君

副業をやる時間を捻出するだけでも大変なので、副業可能で定時退社できる会社に転職するのもアリですね。

4.自己分析をして、将来のビジョンを明確化する

転職活動をする際には、まず自己分析をして、将来のビジョンを明確化にしてください。なぜなら、やりたいことも分からずに適当に転職してしまうとミスマッチを起こす可能性が高いため。

自己分析の項目

  1. なぜ、退職したいのか
  2. どんな環境を求めているのか
  3. 5年や10年後どんな仕事がしたいのか

現職での不満を解消できる会社を転職先に選ばないと、また転職したくなってしまいます。ミスマッチをおこなさないためにも自己分析は必要です。

5.適性のある・やりたい仕事について調べてみる

具体的にやりたい仕事がある場合は仕事を調べてみてください。やりたい仕事がない人も多いですよね…。

しかし、やりたい仕事がなくても焦る必要はありません。その場合は現職で自分の得意分野があれば、長所を活かせる業界・職種を調べてみることをおすすめします。

様々な仕事を知れば、次第に興味が湧いていき、転職のモチベーションが上がる可能性が高いです。

転職活動は在職中と退職後、どちらにすべき?

基本的に転職活動は在職中に行った方が良いですね。なぜなら、転職活動が長期化すると、金銭的に困窮する可能性があるため。

例えば、退職して無収入の状態が半年以上続く、貯金がどんどんなくなっていき、焦りが増していきます。また、空白期間は伸びると転職にも不利になります。

冷静な判断力を欠いたまま、転職すると、前職よりも待遇の悪い会社に転職してしまうかもしれません。そのため、転職先を決めてから退職しましょう。

しかし、精神的でも身体的にも調子が悪い場合はすぐに会社を辞めることをおすすめします。長期的に体調を崩していると、転職に不利です。

フジワラ

異変がある場合は我慢せずに病院に行き、休職や退職することを検討してくださいね。

社会人3年目はキャリアに悩みがち!転職活動には有利な時期なので早めの行動を!

社会人3年目は転職市場の需要の高さやキャリアに不安を感じる原因と対処法、転職活動は在職中と退職後どちらにすべきかをお伝えてしていきました。

では、記事の内容をまとめます。

記事の内容まとめ

  • 社会人3年目は転職市場での需要が高い
  • 企業側は第二新卒を求めている
  • 部署異動で解決しない場合は転職を検討すべき

社会人3年目は第二新卒最後の年でもあり、キャリアに悩みやすい時期です。しかし、何も行動を起こさないと、ずっと同じ環境で不満を持って仕事していく可能性が高いです。

そのため、第二新卒枠としてポテンシャル採用されるこの一年間が狙い目ですね。転職活動をしたいと考えた方は、今回紹介した就職エージェントに無料相談してみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介したサービス

  1.      「ハタラクティブ」:求人の質が高く、既卒から上場企業の正社員になれる!    
  2.      「DYM就職」:既卒の就職率96%!DYM就職なら、2000件以上の既卒向け求人の中から様々な職種の仕事を選ぶことができます。

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

imasia_9065120_S1
ハタラクティブ(未経験・フリーターから有名企業の正社員へ)

既卒フリーターの内定実績No1!他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポートや、既卒から上場企業の正社員になれる求人多数

2
ウズキャリ既卒(既卒の内定実績86%!他社の10倍時間をかけて、就活をサポート)

他社の10倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート!離職率の高いブラック企業は紹介しないポリシーを貫いています。

3
ベンチャーセールス(採用決定率95%!他の求人サイトにはない優良求人が400社以上も)

顧客満足度97%!専門アドバイザーによる丁寧なサポートが魅力!

imasia_9065120_S4
DYM就職(就職率96%!就職できるまで二人三脚!親身な就職サポート!)

DYM就職なら、2000件以上の求人の中からエンジニア・企画・マーケティング・事務・管理・クリエイティブ等、様々な職種の仕事を選ぶことができます。

5
JHR就職エージェント(内定率92%!上場企業や有名企業など、ご紹介件数5000社以上も!)

JHR就職エージェントに登録すれば、求人紹介だけでなく「面接対策」「自己PRやエントリーシートの添削」のサポートが受けられ、内定後や入社後にも丁寧にサポートしてくれるため利用者の満足度は96%!